Top > ペイバック
HTML convert time to 0.078 sec.


ペイバック

Last-modified: 2017-03-17 (金) 23:15:17

◆忍◆ ニンジャ名鑑#391 【ペイバック】 ◆殺◆
アマクダリの末端ニンジャ。フリーランス・ヤクザのワタリ・ジロチョに邪悪なニンジャソウルが憑依。
組織の暗黒非合法ネゴシエーターを生業とする。ネンリキによって相手の心臓を握りつぶす、恐るべきソクシ・ジツの使い手だ。

登場エピソード Edit

 

「運悪く、車が襲撃されてな」


人物 Edit

  • アマクダリ・セクト所属の末端ニンジャ。本名は「ワタリ・ジロチョ」
  • 表の顔はフリーランス・ヤクザ。実際タフなネゴシエーターらしい一面を見せていた。
  • 二十年前にハイスクールを卒業したとのことで、年齢は三十代後半と思われる。
  • ギョクヤマ・ストリートの出身で、若い頃はサルーン「アタマ・ハンザイ」に入り浸るヨタモノだったらしい。作中にて生まれ育ったストリートへ問題事の調停のため久々の帰還を果たす。
  • ショーユ・オニギリが高校時代からの好物であり、仲間内でも有名であるらしい。

外見 Edit

  • ヤクザとして振る舞う際の出で立ちは、襟を立てたサイバー・ピーコートにギャング帽。
    • コートの下にニンジャ装束を着込んでいるが、そちらについての詳細な描写はない。

元ネタ・考察 Edit

  • "Payback"は「借金の返済」や「見返り」を意味する。ニンジャ交渉人らしいアトモスフィアが感じられるネーミングと言えるかもしれない。
    • また、転じて「復讐」や「報復」を意味するスラングでもある。

ワザ・ジツ Edit

  • ヒサツ・スリケンと称していたことから、スリケンの腕には自信があるのかもしれない。

ソクシ・ジツ Edit

  • ネンリキで相手の心臓を潰すという実際恐ろしいジツ。遠隔地からの不意討ちならばかなりの脅威であっただろう。
  • しかし、相対した状況ではニンジャ相手のイクサならば余程の格下でもない限り相討ちがせいぜいであろう、支援向けのジツと言える。

ストーリー中での活躍 Edit

「ブッダ、たちの悪いネタバレだな」

一言コメント

「デスアンコウ・ヤクザクランから、コメントに来た」