Top > ミエザル
HTML convert time to 0.007 sec.


ミエザル

Last-modified: 2017-11-21 (火) 07:27:50

◆忍◆ ニンジャ名鑑#476 【ミエザル】 ◆殺◆
ニンジャソウル憑依後、強制的に発動したソウル由来の永続的なジツにより、不可逆の透明の肉体を得た。体内に取り込んだものも透明となる。衣服は透明化せず、抜け落ちた毛や吐いた唾も即座に可視化される。透明犯罪に明け暮れる外道サイコパス。

登場エピソード Edit

 

『エッヒヒ……一応やっとかねえと、気持ちがシャキッとしねえからよ。間近で見ると、無表情を努める奥で心が動いているのが感じられて、たまらねえ。勃つぜ。アバーッ!』


人物 Edit

  • カブキ・フォースのカブキコム部隊所属のニンジャであり「マジックモンキー」の一人。
  • 同僚からも「下劣」と評される下品な性格の男。アッパーガイオンにて下劣な犯罪を行っていたところをカブキ・フォースに捕まり、マジックモンキーにされた模様。
    • 自分の性欲を隠そうともせず、ミコシに言い寄っては電気ショックによる制裁を受けるコントめいた場面が見られた。
  • デスドレインを「旦那」と呼んでおり、色々優遇されている彼の存在を羨む素振りを見せている。

外見 Edit

  • 透明な肉体故か身体的描写は無いが、平時は宙に浮かぶジュー・ウェアなどで存在を表現している。
  • イクサの際は外付けの装備である首輪だけが宙に浮いていることから、そもそも首輪以外を身に着けていない全裸である。

元ネタ・考察 Edit

  • 不可視の肉体を持つ事から、由来は日本語の「見えざる」と思われる。

ワザ・ジツ Edit

  • 透明な肉体を生かしたアンブッシュを得意とする。
  • カブキ・フォース側は、ミエザルのことを「実際戦力となるか否か、議論の余地がある」と評価していることから、そこまでカラテのワザマエは高くないのだろう。

不可視の肉体 Edit

  • 名鑑にもある通り、ソウル由来の永続的なジツにより、常に姿が消えている。
    • 首輪を消すことができない弱点を抱えながらも、カラテを積んだニンジャにさえアンブッシュを悟らせない高いニンジャ野伏力を発揮する。

ストーリー中での活躍 Edit

「やッちまった……アアー、たまらねえよォ……!」ネタバレの主は見えない。

一言コメント

「アヒィ……もうコメントできねえよォ、わかってくださいますよねェ?」