Top > レツマギ・シトシ
HTML convert time to 0.003 sec.


レツマギ・シトシ

Last-modified: 2017-02-16 (木) 09:09:49

登場エピソード Edit

 

「私は懐が広い。キョート人というものはね。……嫌味一つでボロが出る、それがあなた方です。それをわきまえて来週またいらっしゃい」


人物 Edit

  • 駐ネオサイタマキョート大使。髪型は1:9分け。キョート人としての自負が強いようで、ネオサイタマの気風や気候は肌に合わないようだ。
  • 外交の現場ではタフネゴシエイターである一方、大使館スタッフへの気配りを欠かさない。ネオサイタマ湾岸警備隊(に偽装したアマクダリ)の襲撃に際しても、自制心を失わずメイドたちに避難を促すなど実際傑物。
  • ネオサイタマ外交官に対する高圧的な態度から、当初ヘッズらはキョート上流階級にありがちな傲慢な人物ではないかと疑ったが、あにはからんや有能かつ高潔な人格の持ち主だった。忍殺世界のエリートとしては希少である。
    • ヘッズの反応も最初は冷ややかだったが、その性格が明らかになるや一斉に手のひらを返した。
    • 雇われとはいえ、ニンジャでありいつでも彼を見捨てることのできるハーキュリーズが命を賭して守るのも頷ける。
  • 襲撃の中、重点目標の自分からメイド達を離れさせ、自分は倉庫へと隠れたが結局アマクダリに戦争の生け贄とされた。高潔かつ外交の機微も知っていた彼の喪失はこのマッポーの世において大きいものであった可能性は高い。ナムアミダブツ。
ハーキュリーズとの関係についての考察

一言コメント

「来週にはまた再度のコメントをしますよ。さあ時間切れだ」