Top > 組織一覧
HTML convert time to 0.223 sec.


組織一覧

Last-modified: 2017-03-27 (月) 11:10:25

有志による組織名鑑まとめはこちら
◆3大ニンジャ組織の特徴がよく分からない人向けガイド◆(ネオサイタマ電脳IRC空間)



ニンジャ中心の武力組織 Edit

暗黒メガコーポ Edit

複数のエピソードにまたがって登場し物語に影響する巨大企業。主要なものを掲げる。

反オムラ企業連合 Edit

第2部で組織された反オムラ企業連合に名を連ねる企業

カルト教団 Edit

治安機構 Edit

ネオサイタマ Edit

キョート・リパブリック Edit

ヤクザクラン Edit

暴走者クラン Edit

教育機関 Edit

ネオサイタマ Edit

ネオサイタマ#教育施設参照。

キョート・ガイオン Edit

ミュージシャン・アイドル Edit

芸能・アート・文化も参照。

企業 Edit

食品関連産業 Edit

食料品の製造および小売(外食産業など)に関わる企業や店舗。

旅客運輸業 Edit

輸送機器製造業 Edit

自動車・オートバイ・航空機・船舶等を製造する企業。乗り物も参照。

  • イチバンデス・オート社 (自動車を製造)
  • オナタカミ
  • オムラ・インダストリ (車両・航空機を製造)
    • オムラ自動車 (高級セダン「ハヤテウルフ」製造元)
    • クロキ自動車 (輸送トラック「粗忽野郎」製造元)
  • カタナ・オート・チカラ社 (ビークルを製造)
  • ヘルヒキャク社 (アイアンオトメの製造元)
  • ロードキル社 (40年以上前に倒産。ナンシー・リーの愛車デトネイターの製造元)

武器製造業 Edit

銃器や武器など、武器・兵器の製造業。大型の車両等については「輸送機器製造業」と重なるかもしれない。

ハイテク関連産業 Edit

UNIXコンピュータとかUNIXパーツとかサイバネとかAIとか、サイバーパンクのサイバーな部分に関わる企業

  • オムラ・メディテック (オムラ・インダストリ系列)
  • オモテ社(大手オイランドロイドメーカー)
  • 新免 (UNIXメーカー)
  • スガタ社 (サイバネ人工皮膚を製造)
  • スゴイテック
  • デンワ・テレコム社 (暗黒メガコーポ。20年以上前に倒産)
  • ハヤイ社 (IRC・サイバネパーツ?を製造)
  • ピグマリオン・コシモト兄弟カンパニー
  • メガロ・キモチ社
  • ヤサシイ・サイバーウェア社(ヤサシイ社)
  • ヤマダ社 (小型発信器やLAN直結型拳銃などを製造)
  • ヨロシ・バイオサイバネティカ (ヨロシサン製薬系列)

メディア産業 Edit

報道機関など。

  • NSTV社
  • NSレディオ
  • ドクセン・プレス社
  • ネオサイタマ新聞社(NSNW)

発行母体の名称は不明であるが「日刊コレワ」はしばしば登場する。

その他企業 Edit

  • アサノサン・パワーズ社 (動力炉を製造。エネルギー関連企業か)
  • アズモ・トータル・エンタープライズ社
  • アビシナ・アソシエイツ (ユダカ・コナタニの勤務先)
  • イカモチ社
  • ウットコ建設グループ
  • オウテ社 (ショウギ板製造業か)
  • オメコボシ・アカウンティング (監査法人)
  • オモチ社 (業種不明。巨大企業)
  • カンタロウ・パワーズ社 (発電業か)
  • ケンコウ・ミネラルズ社 (ドサンコのコロニー都市開発に関与)
  • コケシマート (大手小売業)
    • コケシモール
  • コケシ・マニュファクトリ社
  • コブラ・リアルエステート社 (不動産業)
  • サバマート
  • サタマ金属 (オムラ・インダストリ傘下企業)
  • サラカイカ・ヘクト社 (製紙業大手)
  • シカ・イツモ (キョートの大手旅行会社)
  • シトネ出版社
  • シュンシナム・グラウンドスフィア (4部に登場。欧州の企業?)
  • スマコチラ社
  • タケノコマート
  • タコデンキ社 (大手家電メーカー)
  • タダオ&ヒロシ重工 (橋梁建設に関与。第1部以前に倒産)
  • タナカスター社
  • タラバー歌カニ (大手カラオケチェーン)
  • タラマキ社
  • ドウグ社
  • フォーダマ・バヤシノ社 (ロケット燃料を製造)
  • ふわふわローン
  • ミハル・オプティ社 (監視カメラを製造)
  • ムラサキシキブ化粧品
  • メッキキ・エンパイア社 (格付け会社)
  • モママ銀行
  • ユタカ・アンド・クラシ貿易会社 (キョートの企業)
  • ユバナ・キャピトル (4部に登場するネオサイタマの企業)
    • ユバナ・ベッドクローズ (ハイ・テック寝具を製造)
  • ヨシイ・セキュリティ社
  • ヨロコビ・マート社 (大手小売業)
  • リロン・ケミカル社
  • をべなや (スーパーマーケット。登場した店舗は廃墟)

その他の作中組織 Edit


平安時代のニンジャクラン Edit

マディソンおばあちゃんによるニンジャクランの数についての解説(2012/04/15)

ニンジャクランの数かね!「古事記に記されし24のニンジャクラン」ってやつがまずあるね。その後作られたクランにも、それらに匹敵するほど強力なものが幾らでもあったろうから、ニンジャクランの正確な数は把握できないところだねえ。クランのボスはアーチだが、クランを作らないアーチもいた。

以下は平安時代にリアルニンジャが所属していたニンジャクラン……。
つまり、各ニンジャのニンジャソウルがかつて所属していたクランの名称と特徴である。
なお、本文中におけるクラン名の表記については「○○ニンジャ・クラン」「○○・ニンジャクラン」「○○・ニンジャ・クラン」など、箇所によってまちまちで統一されていない。ここでは「○○ニンジャ・クラン」に統一して記載する。

クラン名代表的ニンジャ特徴
アカシニンジャ・クランアモクウェイブニンジャ野伏力に極めて長けており、虫の知らせを聞いたり、相手の足跡を辿る能力において、他のクランの追随を許さない秘伝のジツ・ワザを多く有している。
アクマニンジャ・クランカコデモン
バロール
ヘルフィーンド
アクマ変身で知られ、神話伝説の怪物アクマ・ニンジャを崇拝するニンジャたちにより創設されたクラン。
血中カラテを過剰消費することでアクマ変身、それにより異常な身体能力を引き出し戦うアクマカラテの使い手。
ただしアクマ変身中は強い光でダメージを受けるようになる(日光程度は平気)。
アワビニンジャ・クランドラゴンニンジャ・クランと兄弟の契りを交わしたクラン。治癒系のジツに長けていたらしい。
作中既にその血統は絶えて久しいが、彼らのシュラインは現存しており、ドラゴン・ゲンドーソーが利用した。
イカニンジャ・クランクラーケン
デビルフィッシュ
詳細不明。イカめいて多数の手足を操るクランか?
だとすると、「サイバネ技術の実用化されていない平安時代でどうやって多腕、多脚を実現していたのか」という疑問が湧くが、14の腕を持つ神話級リアルニンジャが実際存在することを見るに、修行や特殊なジツで肉体を変異させることができた可能性は十分高い。
あるいは、クランの高位のソウルを宿したクラーケンのように、肉体の変異した触手を生やしていたのかもしれない。
ザ・ヴァーティゴ=サンによれば「(ソウル憑依後に)腕や足を増やしたくなる衝動に駆られる奴もいるんじゃない?」とのこと。
イタミニンジャ・クランアゴニィ
ディスエイブラー
サディズムとマゾヒズムを極めた、イタミ・ジツを扱うニンジャ達のクラン。
自身の「痛み」や「苦痛」をエネルギーに変えるが、自らが与えた苦痛では発動しない。
クラン外の者からは理解不能な繊細さを持つジツらしい。ラオモト・カンが宿した七つのニンジャソウルのひとつ。
イヌニンジャ・クランブラッドチェイサーニンジャ嗅覚に優れ、俊敏さと獲物への執念深さを見せるクラン。憑依者は犬歯が発達する。
ウィッチニンジャ・クランブラックウィッチダークニンジャの口から存在が語られたのみで詳細不明。
オオカミニンジャ・クランダイアウルフオオカミ人間に変身する能力を持つ。月の満ち欠けで力が変動する特徴を持ち、満月では無敵の強さを誇るが、逆に新月ではまるで力を発揮できず、その弱点を突かれて滅びたらしい。
オーロラニンジャ・クランコールドホワイト雪原での戦いを得意とするようだが、詳細は不明。
カイコニンジャ・クランブラックヘイズ投網や糸を武器として用いるクランと思われる。
カゼニンジャ・クランウィンドブラスト
ソニックブーム
ロングゲイト
衝撃波を放つソニックカラテの使い手が確認されている。風に関するジツのクランか。
ワンインチ距離でのイクサが弱点である事が知られるようになり、大きく落ちぶれてしまったらしい。
キノコニンジャ・クランスカーレットテング
スカベンジャー
ディムライト
ドトン・ジツを得意とし、キノコから毒薬・秘薬を調合していた者達のクラン。
山野のイクサでは無敵を誇っていたらしいが、自然が人工物に代わり、キノコも絶滅・バイオ化してしまっている現代では十分な力を発揮できないようだ。
クジャクニンジャ・クランピーコッククジャクの生態を模して生み出されたジツ、クジャク・ジツを使用するクラン。
キリカゼニンジャ・クランナハトローニン詳細不明。ナハトローニンの戦闘スタイルから推測するに、イアイドーを主なカラテとするクランか。
コブラニンジャ・クランアナンタ
サーペンタイン
ニーズヘグ
バジリスク
ビホルダー
フドウカナシバリ・ジツで知られるクラン。カエル・セラピーのコトワザにあるように、コブラの眼光で相手を射竦めるのだろう。他に、ニンジャ柔軟性に依拠したコブラ・カラテという蛇めいたカラテを使う者もいるほか、体液を毒に変えるジツも持つものもいる。
アイサツ前のアンブッシュが認められるようになったのは、コブラ・ニンジャが「自分はアンブッシュ・ジツを鍛えたが、アイサツをしてからではアンブッシュの意味が無い。この掟を改めて欲しい」とカツ・ワンソーに訴えたためと伝えられている。
ラオモト・カンが宿した七つのニンジャソウルのひとつ。
コリニンジャ・クランアイスジャベリン
クリスタライズド
ダイヤモンドダスト
チリングブレード
ホワイトドラゴン
〈残忍なる氷の刃の〉シロ?
氷に関するジツを使用するクラン。コリ=氷(kori)か。
創始者はコリ・ニンジャだが、クーデターが起こったためアーチニンジャはトゥララ・ニンジャらしい。
エド戦争時は「〈残忍なる氷の刃の〉シロ」が頭目であったという。
現代においても、このクランのニンジャ達はアマクダリに所属するアーチ憑依者ホワイトドラゴンの元に集結し、不穏な動きを見せている。
平安時代以前、カツ・ワンソーの命の元で現在のツキジ・ダンジョンの地下深くにアクマ・ニンジャを封印した実績がある由緒正しいクランでもある。
コロスニンジャ・クランデソレイション
デリヴァラー
ジツを無効化させる(殺す)固有結界めいたキリングフィールド・ジツを扱うクラン。
この特異なジツは、ジツ重点の相手には特効だが、カラテに勝る相手には逆効果であろう。
更にキリングフィールドは使用者固有のサツバツとした原風景を見せ、そこに引きずり込んだ相手の精神を(自分もろとも)荒廃させてしまう副作用を持つ。
またクラン特有のスキルとして痛覚切除がある。
サソリニンジャ・クランスコルピオン
〈卑劣なる炎の〉ナカジマ?
恐るべきサソリの構えを用いるクラン。
エド戦争時は「〈卑劣なる炎の〉ナカジマ」が頭目であったという。
両手にナイフを持ち、腰を落とした姿勢で滑らかに移動し、上からの攻撃はオジギめいた前傾姿勢からの蹴りで迎撃する。
恐るべきと言いつつスリケン攻撃にはまるで対抗するすべを持たず、江戸時代に途絶えたのもむべなるかな。
ラオモト・カンが宿した七つのニンジャソウルのひとつ。
サメニンジャ・クランザ・ヴァーティゴ=サンの質疑応答にて名前が言及されているのみで、詳細は不明。
ニンジャの中にはサメを餌付けしてサーフィンみたいにして戦う者も存在するらしいが、そういった者達のクランだろうか。
シ・クランヤモト・コキシ・ニンジャによって率いられたクラン。「シの眷族」とも。
ホウリュウ・テンプルには「シ・クランと神話伝承における死神について」という書物が所管されており、実際「死」に関連付けされる描写が多い。
その実態は、おそらくエンハンスメント・ジツを主に取り扱うクランではないかと推測される。
またナラク・ニンジャと深い因縁を持つクランでもある。
シノビニンジャ・クランコンジャラー
シズケサ
ノーシーアム
バンダースナッチ
フォビア
隠密行動を得意とするニンジャ達のクラン。
変幻自在のブンシン・ジツや、レーダーすらも無効化するステルス隠密能力を誇る。
最も「忍者」めいたニンジャ達のクランであり、日本のヘッズ達の間では地味に人気がある。
ジョルリニンジャ・クランサーヴィタージョルリ人形めいて無生物を遠隔操作するクランと思われる。
スライムニンジャ・クランシースラッグ
モルディスライム
ザ・ヴァーティゴ=サンの質疑応答にて名前が言及されているのみで、詳細は不明。
不定形のスライムめいて常人の入り込めないような場所に身を潜ませるジツを得意とするクランか?
セミニンジャ・クランシケイダー「アーバン・レジェンド・アブナイ」にてシケイダーの口から語られたニンジャクラン。
音波による攻防を得意とするクランか。あるいは蝉めいて6本足が生えていたか。
タナカニンジャ・クランエンキドゥ
ソードフィッシュ
マインスイーパ
テレキネシス・ジツで知られるクラン。
花札タロットには、タナカのカードが存在する模様。タナカという言葉が何を意味するのかは実際気になるところである。
ラオモト・カンが宿した七つのニンジャソウルのひとつ。
ダマシニンジャ・クランメンタリストゲン・ジツを得意とするクラン。幻それ自体のみならず、弁舌と手振りと噂の流布もジツの一環とし、敵を弄び殺す。
ツバメニンジャ・クランメイレイン詳細不明。
ツルニンジャ・クラン詳細不明。ナラク・ニンジャがモズニンジャ・クランと間違えた。
テッポウニンジャ・クランガンスリンガー
ハーヴェスター
名前の通り、銃器の扱いを得意とするクラン。
タカギ・ガンドーが使う暗黒カラテ「ピストルカラテ」の開祖はこのクランの首領である。
物理書籍版パラゴンが解説したところによれば、このクランはマスケット銃の発明以降に結成され、黎明期の銃の不安定さを補うために、一発の射撃で多数の敵を殺すピストルカラテを編み出した。しかし銃の性能向上により後のテッポウニンジャ・クランはこのカラテを不要としたという。
トカゲニンジャ・クランコブラニンジャ・クランと義兄弟関係にあり、ドク・ジツに特化したカラテが恐れられ、「アフリカ投げナイフめいた邪悪なスリケン」を好んで使用した。
連載初期に一度名前が出たきり言及されておらず、最近ではヘビニンンジャ・クランの名前の方が使われている。設定変更であろうか。
トブニンジャ・クラン詳細不明。ナラク・ニンジャがモズニンジャ・クランと間違えた。
ドラゴンニンジャ・クランドラゴン・ゲンドーソー
ユカノ
平安時代から存続を続けてきた由緒あるクラン。パラゴン曰く、カラテに特徴があるらしい。
チャドードラゴン・トビゲリを奥義とする。
ナイトニンジャ・クランクルセイダー
ナイトメア
古代ヨーロッパで結成されたニンジャクラン。騎乗しての戦いを得意とするクランか。
ネズミニンジャ・クランブラックウィッチダークニンジャの口から存在が語られたのみで詳細不明。
ハクメイニンジャ・クランジツの行使者の周囲を毒から守るブレッシング・ジツを秘伝とするクラン。
ハチニンジャ・クランクラウドバスター蜂めいて空を飛び回るジツの使い手達によるクランか?
ナラク・ニンジャ曰く「弱小ニンジャクラン」。
ハヤブサニンジャ・クラン物理書籍の名鑑にてその存在が明かされたのみで詳細不明。翼を生やしたニンジャのクランの模様。
ヒカリニンジャ・クランジャスティス
トワイライト
ムーンビーム
レイディアンス
体から光を放つ系統のジツを操るクラン。
アマクダリサーカディアン・スリーなどが代表的。
ビッグニンジャ・クランアースクエイク
エルダーコング
ガーディアン
サイクロプス
フォートレス
レッドゴリラ
巨体を活かしたビッグカラテを得意とするクラン。頭突きはこのクランの代名詞らしい。
ザ・ヴァーティゴ=サンによると、このクランのアーチニンジャはニオー・ニンジャであり、ビッグ・ニンジャという名のニンジャは存在しない。
物理書籍版では、このクランのソウル憑依者は、個人差はあるものの憑依してから体が大きくなると解説されている。
ラオモト・カンが宿した七つのニンジャソウルのひとつ。
ヘビニンジャ・クラングリーンパイソン
ニーズヘグ
バジリスク
詳細やコブラニンジャ・クランとの差異は不明。
連載の中で、トカゲニンジャ・クランの名称がこのクラン名に設定変更された可能性があり、最近ではニーズヘグとバジリスク両名も本編やしつもんコーナーにおいてヘビニンジャ・クランとして扱われている。
ホロビニンジャ・クランナックラヴィー
ペスティレンス
ヤマイ・ニンジャビョウキ・ニンジャの双子の兄弟によって統治されていたクラン。
病毒を操る危険なクラン。
ムカデニンジャ・クラングレイウィルム
ゲオフィルス
シャン・ロア
セストーダル
ムカデを使役してイクサに用いるクラン。ムカデめいた軟体性を持つ者もいる。クランの長であるムカデ・ニンジャは魔術方面にも通ずる。
モズニンジャ・クランアルバトロス空中高く飛び上がっての急降下攻撃「モズ・ダイブキック」を特徴とする。
ラオモト・カンが宿した七つのニンジャソウルのひとつ。
ヨロイニンジャ・クランスクワッシャー詳細不明。
ナラク・ニンジャ曰く「黒鉄の甲冑を身にまといながらセキバハラを馬よりも疾く駆けてみせた」という。甲冑を纏ってのイクサに長けたクランか。

現代のニンジャクラン Edit

クラン名代表的ニンジャ特徴
サヴァイヴァー・ドージョーフォレスト・サワタリ
フロッグマン
ノトーリアス
ディスターブド
ハイドラ
フォレスト・サワタリが創設した、脱走バイオニンジャたちのクラン。
シャーテックガントレット
ディアハンター
ディスタンス
ロングカット
ソウカイヤ所属のガントレットによって創設された狙撃ニンジャのクラン。
互いに敵対するザイバツとアマクダリ双方に門下生を送り込んでいる。
ドラゴン・ドージョードラゴン・ゲンドーソー
ユカノ
サラマンダー
アンサラー
ニンジャスレイヤー
平安時代から続くドラゴンニンジャ・クランの教えを受け継ぐドージョー。

その他 Edit