Top > 武田信玄
HTML convert time to 0.005 sec.


武田信玄

Last-modified: 2017-08-30 (水) 09:15:29

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【武田信玄】 ◆殺◆

人物 Edit

  • ミヤモト・マサシと並び、イクサの模範としてその名が挙げられることの実際多い歴史上の偉人。初期の頃はタケダ・シンゲンとカタカナ表記されたこともある。
  • 後述の歴史的経緯を鑑みるに、平安時代末期を生きた人物であろう。
  • ショーグン・オーヴァーロードことエド・トクガワの配下の武将(ウォーロード)の一人。
  • ネオサイタマツチノコ・ストリートにシンボル的存在として彼の像が建てられているほか、各地で彼の名を記した看板やノボリが確認されている。単に武将の代名詞として扱われるだけでなく、しばしば非ニンジャ世界においてセキュリティが脅威的な敵勢力を『武田信玄級』と表すなどその強さは底が知れない。
  • また額面は不明ながら、少なくとも「マシン・オブ・ヴェンジェンス」の時点では紙幣にも彼の肖像がプリントされている模様。

ワザ Edit

サンダンウチ・タクティクス Edit

  • 武田信玄が対ニンジャ用に編み出した禁断の戦術。
  • 集団で狭い空間内へ向けて銃器を一斉射撃し、再装填し、三歩前進する事を繰り返すという戦術である。ちっとも三段になっていない。
  • これは「非ニンジャがニンジャと戦う場合、最も有効なのは狭い空間を銃弾で満たす事」という理論を反映させた物であり、その妥当性はヤクザ天狗のイクサなどからも垣間見れる。
     
  • 「武田はむしろ信長に三段撃ちで敗れた側では…?」と思う人もいるかもしれないが、なにももんだいはない。
    • ちなみに日本で鉄砲を最初に生産した大名家「島津家」が三段に陣を構え、発射、装填、進軍を繰り返すという「車撃ち」を考案している。サンダンウチ・タクティクスはむしろこちらに近い。

ストーリー中での活躍 Edit

  • 当時最強のウォーロードと名高い。セキバハラで起こった江戸戦争において、騎馬武者軍団を率い、平安時代の日本を支配していたニンジャ勢力と果敢に戦い死んだらしい。彼の活躍もあり、江戸戦争はトクガワ勢力の勝利に終わり、平安時代からのニンジャ支配は終焉を迎え、江戸時代が幕を開けた。
    • 騎士軍団を率いてランス突撃をしていたともいう。
    • 彼が、ニンジャなのか非ニンジャなのかは未だ不明であるが、非ニンジャであった場合、歴史上最もニンジャ狩りに成功した非ニンジャと言えるのではないだろうか?ゴ…ゴウランガ!
    • しかし同じく江戸戦争に参加したマツオ・バショーハンカバ・カブキの使い手と違い、多数のニンジャを葬ったという直接の記述は今のところ無い。
  • 彼の兵法書にはミヤモト・マサシも詠んだという故事「前門のタイガー・後門のバッファロー」が死地として記されている。
  • 「武田信玄がセキバハラの地下に莫大な額の埋蔵金を残した」という伝承は、キョートの人間なら誰でも知っているほど有名である。
  • ナンシー=サンは「知らない過去を美化する例え」として、「誰もが彼やハンニバルを名将だと信じていること」を挙げている。

一言コメント

...