Top > アンドウ・コウタロウ
HTML convert time to 0.001 sec.


アンドウ・コウタロウ の変更点


 **登場エピソード [#vc4a8ec7]
 -[[「ネクロマンティック・フィードバック」]]
 
 #br
 ''「イーグルとカラスが食らい合う炎の夜……血の使徒が現れ、滅びの日を告げるであろう……罪人は再生し現世を食らう……血の使徒は燃える剣を突き刺し、やがて朝は死を洗い流し、聖杯に光は満たされり……アーマゲドン!」 ''
 
 ----
 **人物 [#bba5e330]
 -スピリチュアリスト。非ニンジャ。
 -独自にインスパイアされたチャントを唱えながら、アーマゲドンへの祈りを捧げる日々を過ごしている。&br;''「アーマゲドン! ナムアミダブッダ!」''
 -独自にインスパイアされたチャントを唱えながら、アーマゲドンへの祈りを捧げる日々を過ごしている。
 
 >''「アーマゲドン! ナムアミダブッダ!」''
 
 -以前はダンゴ工場でモチ・プレッサーを操作する職に就き、平凡ながらも幸せに暮らしていた。
 -「ネクロマンティック・フィードバック」の始まる三か月前、突如、娘と婿を襲った不幸な事故により、「インスパイアされ」スピリチュアリストとなった。
 
 #region(ネタバレにつき格納)
 -行動を見れば完全な狂人である彼だが、実際には心の奥底では完全に狂いきれていない凡人である。辛い記憶から逃れるため、自らを狂気に駆り立て、正気を消し去ろうとしていたのだ。
 --[[ヤクザ天狗]]とは似ていても正反対である。
 --むしろ家族を失った悲しみから逃れるために狂気に走ろうとする姿は[[フジキド>ニンジャスレイヤー]]の合わせ鏡であり、作中でもアンドウとフジキドが同じ苦しみを共有していることが示唆さている。
 -しかし、自分がでたらめに創作した啓示(妄想)が、ニンジャによって現実として目の前に繰り広げられることになり混乱に陥る。
 -錯乱する彼はイクサに勝利した[[血の使徒>ニンジャスレイヤー]]に導きを求めるも、当然すげなく突き放されてしまう。
 #br
 -[[ニンジャスレイヤー]]の言いつけを守り、重傷を負っていた[[シンゴ・アモ]]を病院まで送り届ける。
 -その後、シンゴの口利きにより、病院の清掃員として働くことになった。妄想の産物から突き放されたことで、彼はようやくマッポーの世の現実と向き合うことができたのだろう。
 #endregion
 ----
 ''一言コメント''
 #region(コメント欄な)
 - 「狂人の真似をしたら実際狂人」と言うけれど、アンドウ=サンが狂人であろうとしてもありきれなかったのは実際ゼンめいている。 --  &new{2015-12-03 (木) 01:34:24};
 - 実際アーマゲドン=サンが出たよな。 --  &new{2015-12-03 (木) 12:20:05};
 
 #comment(noname)
 #endregion