Top > モミジ・ヤンガ
HTML convert time to 0.001 sec.


モミジ・ヤンガ の変更点


 >◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【モミジ・ヤンガ】 ◆殺◆
 
 **登場エピソード [#pcc08780]
 -[[「シャドー・コン」]]
 
 #br
 ''「……あのドージョーは渡せんよ……俺の夢だ、死んだって渡せない」''
 
 ----
 **人物 [#k795366f]
 -[[キョート・アンダーガイオン>キョート・リパブリック#t5974582]]で秘密裏に開催される地下格闘大会「シャドー・コン」に選手を送り出すドージョーの一つ、「グリズリー穴」を運営する初老の男。
 -ニンジャであるが、重篤な負傷によってカラテ能力を失っており、もはや戦える身体ではない。
 #br
 -かつては[[ザイバツ]]の下部組織に所属し、「''グリズリー''」のコードネームでシャドー・コンに出場。もっぱら[[スモトリ>コトダマ(あ行〜な行)#bbb35e17]]やクマを相手としていたが、バイオベアーを倒させれば一番のワザマエの持ち主だった事から、この名を与えられたらしい。
 -成り上がりを夢見て参戦したニンジャ・イクサにおいて二人のニンジャに勝利を収めたものの、[[三人目のニンジャ>サラマンダー]]に惨敗。この時に受けた致命的な打撃の後遺症が原因で、[[ケジメ>コトダマ(あ行〜な行)#y0f84c8f]]を経て引退することになった。
 #br
 -しかしその後もシャドー・コンへの夢を捨てきれず、ドージョー「グリズリー穴」を開設。フラッシュガンやサーベルタイガーといったニンジャを育成してきたが、フラッシュガンは他ジムに引き抜かれ、サーベルタイガーもジムの名を上げることはできなかったようで、結果グリズリー穴は同じくシャドー・コンにニンジャを送り出しているジムのボス・タネバから「弱小」と呼ばれている。
 -そんな彼にとって、サーベルタイガーに続いてスカウトした[[アイアンリング]]は、最後の賭けとでもいうべき存在だった。しかしそのアイアンリングもスパーリング中に[[スクランブラー]]の卑劣な反則攻撃を受け、帰らぬ身となる。奇しくもこの攻撃は、自らが引退する原因となったものと同じ「脊髄への肘打ち攻撃」であった……。
 ***外見 [#t9712a5c]
 -いかつい体格の、くたびれた初老の男。
 -眉間には深い皺が刻まれ、額に大きな傷がある。
 
 ----
 **ストーリー中での活躍 [#y2d55320]
 #region(ネタバレの為閲覧注意重点)
 -起死回生の夢を失い、半ば捨鉢となっていた彼の元に現れた[[謎の男>ニンジャスレイヤー]]。男との悪魔めいた取引により、彼はシャドー・コンのリングに戻ってきた……死んだはずの「アイアンリング」のセコンドとして。
 
 >''「やれ!なんてこった!ブッダだ!お前はブッダウォーリアだ!やれーッ!」''
 ''「ざまあ見ろ身の程知らずめが!これが!これがよ……」''
 ''「負け犬の夢、へへ……」''
 
 -その「あしたのジョー」の丹下段平めいたマケグミ姿には、多くのヘッズが涙した。
 #br
 -サラマンダーの死によりシャドー・コンは幕を閉じ、彼自身ドージョーをきっぱりとやめるつもりでいた……が、行き場のない[[孤児ら>ヤメジ]]と出会い、彼らを養ってカラテを教える為に再びグリズリー穴を開く決心をする。
 --忍殺らしからぬ爽やかなエピローグに多くのヘッズが感動した。
 -ちなみに、再興費用は偽アイアンリングの大穴勝ち金によりしっかり確保していた。マケグミのたくましさである。
 --とはいえ、謎の男が差し出したファイトマネーは頑として受け取らず、(報酬は)己の賭け金のみで充分だと言い切る辺り、筋を通す性格でもある。
 #endregion
 
 ----
 ''一言コメント''
 #region(コメント欄な)
 - 三部になって明かされたクマチャン真実から、バイオベアを倒すワザマエが実際スゴイなのが分かったな。あれきっとそこらのサンシタより強いよ  --  &new{2013-06-28 (金) 19:25:43};
 - じゃあベアハンター=サンにも期待だな  --  &new{2013-06-29 (土) 00:45:37};
 - ベアハンター=サンはうん…  --  &new{2013-06-29 (土) 12:51:29};
 - ザイバツきってのツワモノのミラーシェード=サンとやりあって(試合形式とはいえ)生き残れた辺りヤバイ級だと思う  --  &new{2013-06-29 (土) 18:06:37};
 - ↑サラマンダー=サンと間違えたのでケジメします……アバーッ!  --  &new{2013-06-29 (土) 18:08:09};
 - 後遺症があるとはいえ、さすがにモータルのヨタモノに太刀打ちできないということは無いよね。ウミノ=サン同様、体以上に心の傷が重篤な  --  &new{2013-07-28 (日) 12:00:35};
 - 書籍版の扉絵で額に大きな傷があるように見えませんがこれはミラーシェードさんのケジメ案件では?  --  &new{2014-01-01 (水) 01:12:41};
 - ↑額の左端に傷のようなものが見える気がしないでもない  --  &new{2014-01-01 (水) 19:41:30};
 - 書籍版イラストがあからさまにダンペー=サンなのだ!  --  &new{2014-01-02 (木) 10:13:54};
 - そういえば、トゥモロー・ジョー=サンはダンペー=サンに育てられた施設出の孤児だった筈。  --  &new{2014-01-05 (日) 14:21:10};
 - シャドー・コンラストのキリオの主人公オーラが半端じゃない。その後のグリズリー穴を描いたスピンオフが出ないものだろうか  --  &new{2014-01-05 (日) 18:51:32};
 - 「タイガー穴」のトラ・オーメン=サンも孤児院出身で、ファイトマネーをそっちに寄付してたデスネー。  --  &new{2014-01-18 (土) 09:05:24};
 - ヤメジも? --  &new{2014-03-20 (木) 15:53:55};
 - ヤメジもだ! --  &new{2014-03-22 (土) 19:31:58};
 - モミジ=サンの後遺症は歩くのにも不自由するレベルだから、チャカ持ったヤクザにでも囲まれたらオタッシャ不可避。殴る蹴るで相手の気が済むなら耐えるほうが得策な --  &new{2014-06-23 (月) 02:36:30};
 - ドージョーがニンジャにとって特別な物なのだということがわかってから読み直すと、エピローグがさらに味わい深いモノになった。3部からの人もぜひよんでほしいエピソード --  &new{2014-06-24 (火) 21:05:18};
 - あれだけ無茶苦茶に荒らされたシャドー・コンでもちゃんと配当は支払われてたんだな。 --  &new{2014-10-16 (木) 23:33:39};
 - そっかーヤメジもかー --  &new{2014-10-23 (木) 23:38:52};
 - サラッと流されてるけど、赤黒の忍殺センサーに触れすらしていない稀有なニンジャなのよね。まぁカラテは失われてるからフジキド的には完全対象外だけど。 --  &new{2014-10-26 (日) 07:57:49};
 - ↑x3 きっと結果確定と同時に即口座にキャバァーンされるハイ・テックなシステムだから手動で緊急停止しない限り止まらないのだ --  &new{2014-10-27 (月) 09:34:24};
 - キャバーン!試合終了と同時に電子マネーが振り込ま --  &new{2014-10-28 (火) 00:54:00};
 - やべ、途中送信、ケジメしま・・・・アイエエエエエ!ケジメするものがありません! これはセプクか!? --  &new{2014-10-28 (火) 00:54:49};
 - 試合終了と同時に賭け金が振り込まれる!キャバーン!勝者はオイランの胸を揉み、敗者は失禁!即時入金制!実際これは観戦者たちの興奮を過剰にあおる優れた演出なのだ! --  &new{2014-10-28 (火) 00:58:23};
 - ↑5 たぶんニンジャ力(←某龍玉の戦闘力みたいだが)のようなものが低いと感知できないんじゃ --  &new{2014-10-28 (火) 08:20:07};
 - ニンジャである事はフジキドも気付いてたけど、ぜんぜん邪悪そうに見えないし実害もなかったので空気を読んで言及しなかったとか? --  &new{2014-10-28 (火) 08:33:29};
 - 一応ニンジャであることを忘れてしまうくらい控えめかつ邪悪でない人だが、身体がちゃんと動く頃は一般的憑依者程度には邪悪だったのだろうか --  &new{2014-11-15 (土) 15:55:41};
 - ↑目の前にストレス解消物(スモトリ、クマ、バイオベアー等)を供されるから、わざわざモータルを玩ぶ気にはならなかったのかも。それでも無造作にモータル殺っちゃう様な邪悪なニンジャも居るだろーけど。 --  &new{2014-11-15 (土) 21:05:13};
 - 普通にディープスロートから殺すなと釘を刺されていたのでは? --  &new{2014-11-30 (日) 08:23:51};
 - 第一部なら殺されてたかもね --  &new{2014-11-30 (日) 17:14:17};
 - 多分バイオじゃないスモトリも手にかけた筈なので、用が終わった後は忍殺されてもそう不思議でもなかった。  が、まぁ生かしたお陰で救われた子供居るしこれで良かったのであろう。 --  &new{2014-11-30 (日) 17:21:02};
 - フジキドは断罪者ではない --  &new{2014-11-30 (日) 17:55:25};
 - 良くも悪くも全ニンジャ殺すべしな殺忍マッスィーンだった初期と違って、最近は割と都合よい断罪者じみた気もする。 スカムラーシュとか昔なら即忍殺モンだろう多分 --  &new{2014-11-30 (日) 19:05:06};
 - あなたはニンジャスレイヤー帝国の主ではない。思い込みのニンジャスレイヤー概念に惑わされてはいないか?・・・実際のところ第一部では「敵であるソウカイニンジャ」以外のニンジャはほとんど登場していないから、「敵として戦えばその場で殺すが、敵でなければ状況判断する」で一貫しているように思える。ウチコワシに対してもギリギリまで様子見していたし、スシ回でもメイヴェンがカラテしてくるまで「殺す」とは言っていない。 --  &new{2014-12-02 (火) 05:42:24};
 - モミジ=サンはアイアンリング=サンについて「あのまま放っておきゃあ、ギルドで暗殺まがいの…」って語ってたし、殺人に忌避感持ってたと思う --  &new{2014-12-02 (火) 09:02:54};
 - ↑もしくは「なんたる奸計……正々堂々勝負せよ……」みたいな武人気質で暗殺を嫌っていたのかも。現役時にはスモトリとの対戦歴もある(≒殺人歴アリ?)ようだし --  &new{2014-12-02 (火) 17:26:07};
 - やっぱりタンゲ・ボックスカラテ・ドージョーめいている --  &new{2015-03-05 (木) 17:28:32};
 - ↑5 ネトラレーシュ=サンのことをスカム呼ばわりするのはやめないか --  &new{2015-03-05 (木) 20:35:07};
 - 最初は単に利用するだけのつもりで近づいたのが、義理と情が後からついてきちゃったんだろうなと思う フジキドはそういうやつだ --  &new{2015-05-10 (日) 01:05:22};
 - ヤメジもだ! --  &new{2015-06-23 (火) 22:18:10};
 - フジキドのワザマエを見せる前から察知できる辺り、そこらのフシアナなサンシタより遥かに見る目あるな。 --  &new{2016-11-16 (水) 14:00:35};
 - でもガンドー=サンは「もしニンジャだったら殺さなければならなかった」らしい。時系列的に既にヤモト=サンとは会ってるからフジキド=サンの中でも明確に基準があるわけじゃないんだろう --  &new{2017-03-30 (木) 15:05:43};
 - まあ、かなり重罪の犯罪ニンジャだから、殺されてもおかしくは無い。後はフジキド次第かな  --  &new{2017-03-30 (木) 15:28:46};
 - トビッコ・スシ食べるシーンが哀愁漂ってて大好き…。 --  &new{2017-06-09 (金) 21:33:17};
 - 実際ニンジャ同士のイクサの経験あって勝ち上がってるんだからそこらのサンシタ程度のカラテでは無かったんじゃ? --  &new{2017-06-26 (月) 20:15:37};
 
 #comment(noname)
 #endregion