Top > 裏サクセス
HTML convert time to 0.005 sec.


裏サクセス

Last-modified: 2017-10-08 (日) 17:53:57

 表サクセスとは別の世界で展開されるサクセス。パワポケ1やパワポケ6*1以外の作品が搭載する。尚、パワポケ4までは「おまけ」扱いだった。表サクセスのジオット・セヴェルスは、裏サクセスのカメダが度々登場する裏サクセスの世界を「フィクション世界」と呼んでいる。*2

『戦争編』『昭和冒険編』『地獄ダンジョン編』『札侍編』を除き主にゲームシステムはRPGである。
 スターシステムを採用しており、表サクセスで登場したキャラクターが別人として登場し、作品を超えて共演している。

 『戦争編』『地獄ダンジョン編』を除き「野球人形」という野球をさせる人形が登場し、パーツを揃えて完成させることで選手を作成する。『RPG風ファンタジー編』『忍者戦国編』ではこの人形を完成させる事が物語の目的となっている。又、裏サクセスの物語は殆ど繋がりが無いが『RPG風ファンタジー編』『装甲車バトルディッカー編』と『大正冒険奇譚編』『昭和冒険編』は繋がりが有る。

 尚、『9』以降*3作品は表サクセスと裏サクセス以外の選手育成モードが存在しているが、表サクセスと裏サクセスとは区別されている為に別のサクセスとして扱い、ここには記載していない。

 

裏サクセス一覧 Edit

パワポケ2 戦争編
パワポケ4 RPG風ファンタジー編
パワポケ5 忍者戦国編
パワポケ7 大正冒険奇譚編
パワポケ8 昭和冒険編
パワポケダッシュ 地獄ダンジョン編
パワポケ9 スペースキャプテン編
パワポケ10 装甲車バトルディッガー編
パワポケ11 怪奇ハタ人間編
パワポケ12 秘密結社編
パワポケ13 海洋冒険編
パワポケ14 札侍編

表との関係性 Edit

 裏サクセスは表サクセスとは無関係のスターシステムを使用したシナリオだと思われていたが、14ハームレスのプロフィール及びリセット座談会に、10裏の天使はハームレスの成れの果てと解釈が可能な文章が記載され、同じく10裏のヤシャも表の大江和那のクローンだということが発覚した。
 これにより、表の世界と10裏世界が同一の時間軸上に存在すると言うことが可能であり、それに伴い10裏の世界で昔話として伝えられている4裏の世界は同一軸と考えることが可能になった。
 また、カタストロフ発動に成功した場合の世界(14アルバムNo.9)では、ギオスやハッパ、ライムといった裏サクセスのモンスターが登場していることやTX-110「システム」、JX-122「ジェノサイド」が4、10のシステム、ジェノサイド(ジェノサイドシステム)と同じ外見であることからも表との繋がりが推測できる。
 ただし、あくまで「同一の時間軸上」であって「正史の時間軸上」では無い点に注意する必要がある。

裏サクセス間の繋がり Edit

 各作品の裏サクセスの間に物語の繋がりは基本的に無いが、大正編と昭和編は例外的に繋がりがある。
 時間軸の繋がりは、装甲車バトルディッガー編でRPG風ファンタジー編の登場人物である主人公(4)やオオガミと思われる話が会話シーンに登場していることから、この両者は同一時間軸にあると推定が可能。

 ただし、多くの作品において「マナ」という用語が共通して使われており、それらの世界には何らかの関連性があると思われる。

「マナ」 Edit

 裏サクセス世界の大半に共通した設定。この用語の使用が確認されているのはRPG風ファンタジー編・忍者戦国編・大正冒険奇譚編&昭和冒険編・装甲車バトルディッガー編・秘密結社編・海洋冒険編。表サクセスでもしあわせ草に含まれる成分で具現化を引き起こすということが語られている。
 また、用語そのものは使用されていないが、カメダが時空を超えて世界を移動する為に使っているガンダーゴーレムの動力はマナであり、カメダが登場する全作品においてこの設定は共有されているものと考えられる。

時空越え移動 Edit

 裏サクセスの登場人物は基本的に毎回別人設定として出演しているが、例外として別の裏サクセスで登場した人物が同一人物として登場する事例もある。

  • カメダ
     ガンダーゴーレムに搭載された時空間移動装置を使用して毎回違うフィクション世界へ移動している為にカメダは全員同一人物である。フィクション世界を舞台とした裏サクセスは『RPG風ファンタジー編』『装甲車バトルディッカー編』と『大正冒険奇譚編』『昭和冒険編』を除き物語の繋がりが無いが、フィクション世界を舞台とした裏サクセスで必ず登場する人物な為にある意味フィクション世界を舞台とした裏サクセスのもう1人の主人公と言える。
  • イル
     『RPG風ファンタジー編』の話を『忍者戦国編』で話している事から同一人物だと分かる。彼女自身の魔法で『RPG風ファンタジー編』の世界から『忍者戦国編』の世界へ飛んで来た事が『忍者戦国編』のイルと綾華のアルバムで判明している。カメダと違い元居た世界に帰還する事も可能な模様。又、『忍者戦国編』から更に『大正冒険奇譚編』の世界に飛び、『装甲車バトルディッガー編』でもイルの特徴と合致する人物の話題が出る。
    • 黒羽根綾華
       イルに連れられて『大正冒険奇譚編』『昭和冒険編』の世界に移動して登場。
  • ジオット・セヴェルス
     裏サクセスのジオットでなく表サクセスのジオット・セヴェルス。カタストロフの失敗後にフィクション世界の門を通り『札侍編』の世界へ移動。

※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • >外国に人を襲うゴキブリやライムと言う怪物 これは超能力者の失業対策? -- 2011-01-23 (日) 19:50:43
  • ↑確かに生態兵器であるからおかしいことはないな。問題はいつ生み出したかだろうが -- 2011-01-23 (日) 20:01:20
  • 裏の天使=ハームレスみたいに言われてるから表と裏で繋がりがあるのでは? -- 2011-12-08 (木) 18:21:19
  • バトルディッガー編が表と同一の世界ならばRPG風ファンタジー編とも繋がっているのか? -- 2011-12-09 (金) 21:06:19
  • 戦争編って裏サクセスに含めていいのかな? -- 2011-12-12 (月) 19:18:26
  • 全く根拠は無いんだが、裏の世界って表の世界の分岐した未来のどれかな気がする。 -- 2011-12-24 (土) 00:49:40
  • 10裏とか4裏とかはともかく、表世界の平行世界が裏世界ってことに実際のところ意味はない気がする -- 2011-12-29 (木) 04:03:23
  • 12裏でカメダが言ってた「平行世界の同一存在」。14裏でジオットがフダガミを見た時の「この世界でもバケモノとはね。なるほど、読めてきたぞ」というセリフ。平行世界には同じような姿の者たちがいてどの世界でもそれぞれが似たような性質を持ったり人生を歩むってこと? -- 2012-01-31 (火) 08:52:40
  • ↑そうかもな。ただ、それだけだとひっかかる点もある。なんで、表と同一世界のはずの4・10裏に表と同じ外見のやつらがいるんだろう? -- 2012-01-31 (火) 16:14:34
  • 先祖じゃないのか? -- 2012-02-01 (水) 08:28:50
  • ガンダーは一度訪れた世界には行けなくなる設定がなかったか? それでも4,10に出てたから4と10の裏サクセスは別世界ってことにならないか? -- 2012-07-11 (水) 23:21:54
  • 10裏主が4裏主の活躍が書いてある本にカメダって名前のやつがいたっていってなかったか? -- 2012-07-28 (土) 23:13:48
  • ↑一応カメーダだったはずだがな -- 2012-08-02 (木) 20:01:23
  • 単に10裏に4裏の奴が飛ばされたとかいう可能性は?ヤマダか主人公あたりが… -- 2012-08-15 (水) 00:33:03
  • そういえばパワポケ7裏の湯田君は主人公の体験談書いて金持ちになったって書いてあったからヤマダがポケ10裏に飛ばされてポケ4裏の出来事を書いたって可能性もあるな -- 2012-10-19 (金) 16:19:04
  • ↑↑↑↑↑↑11裏では別人だと堤がいっている(リセットしたとき) -- 2013-03-12 (火) 21:37:31
  • 4裏のRPGファンタジー編と10裏の装甲車バトルディッガー編は正史に含まれていると思うよ。 -- 2013-07-08 (月) 13:48:18
  • 「同一の時間軸上」であって「正史の時間軸上」では無い  本文読んでから書いてくれ -- 2013-07-08 (月) 22:32:01
  • 装甲車バトルディッガー編で高科奈桜が出てきたからと言いたいんだろう。 -- 2013-08-15 (木) 19:22:14
  • 11の裏って1章と2章のバランスがおかしい。というか、かなり運が必要なゲームだよね。 -- 2015-01-09 (金) 15:39:32
  • 裏サクセス上一番強い主人公は 9>10>12=4≧13>5>その他 って感じでいいのかな?78主も強そうだけど、忍者やら魔法使う奴やらに勝てそうな気がしない -- 2015-09-27 (日) 20:30:32
  • 13のユウキは、14でも同じマツダイラ家の人として出ています。これは関連あるのでしょうか? -- 2016-03-07 (月) 00:42:23
  • ↑2 -- 2016-09-06 (火) 07:43:49
  • ↑2 -- 2016-09-09 (金) 09:38:28
  • ミスった。↑4 -- 2016-09-09 (金) 09:38:53
  • また…すみません…ディッガー編の世界で、ロクな性能じゃないリンにビビる10主が12主や13主より上とは到底思えないんだが… -- 2016-09-09 (金) 10:08:45
  • リコやグントラムに一騎打ちして勝った13が最強じゃない? -- 2016-11-16 (水) 23:11:19

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 『6』裏サクセス「謎のしあわせ島編」は、表サクセスの正史に組み込まれている為に『7』『8』公式サイトと『ダッシュ』パワポケ図鑑には「裏サクセス」ではなく「もう1つの表サクセス」として扱われている。このWikiでもそれに従い、裏サクセスとしては扱わない。10の質問コーナーでは「6裏」と回答されているものがある)。
*2 『14』裏サクセス『札侍編』の世界をそう呼んでいる事から。
*3 『10』を除く