Top > 配信者情報 > WERDNA ch

配信者情報/WERDNA ch

Last-modified: 2017-12-14 (木) 22:34:09
 

WERDNA ch とは Edit

  • 2010/01/10からゲーム配信開始。
  • レトロ系渋ゲー配信者。由来はモチロンWizのジジイから。
  • 変態紳士の談話室
  • 掲示板:http://jbbs.livedoor.jp/radio/14665/
  • にんげんがたのいきもの(1):http://werdnach.web.fc2.com/



  • よくある質問:レッスルエンジェルスサバイバー2でよく使ってる改造はどうやるんですか?
  • 全員登場:未登場キャラは15歳で登場
    2023F1FC 00000000
    2023F208 10000009
  • 資質:TypeB化 (1P2P共通化)
    405101E4 009E0212
    00000003 00000000
    405101E8 009E0212
    00000003 00000000
    405101EC 009E0212
    00000006 00000000
    40510218 009E0212
    FFFFFFFF 00000000

これまで打開したゲーム Edit

[13/09/18] 【もう書くのも大変なんでやったの思い出せる限り羅列して凍結】 Edit

・パラケルススの魔剣(PC-98)感想:よかった(ボスは弱い)
・緋王伝(PC-98)感想:よかった。(手が疲れた)
・コミックロード(PC-FX)感想:よかった(クソ漫画描いて家賃滞納生活)
・ロックマンDASH2(PS)感想:よかった。(ロールさんにお金を支払える幸せ)
・オーディンスフィア(PS2)感想:よかった。(ケモキッチン)
・ダイナソア リザレクション(Win98)感想:よかった(ちょうちょ)
・あと桜坂消防隊と太閤立志伝も2回目とかやったよ。よかったよね。

 

あと忘れたけど全部よかった。

[13/07/28] 【トイズドリーム(PS)】 Edit

[13/07/01] 【青の6号 歳月不待人(DC)】※3回目くらい Edit

はい、毎年恒例の青の6号ですね。もう3回目ですかね。
もう細かい説明は省きますが、海中・深海などの表現において、これに並ぶゲームは無いと断言しますね。ええ。
サルベージゲーとしても最高です。

[13/06/25] 【サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜(DC)】 Edit

燃えましたね、巴里も、そして俺も。
当時、何度もプレイした身ではあるけど、久々にやってもやっぱり最高でしょうコレは!!
シリーズ未プレイの方は、なんとなくギャルゲーのような印象を持ってるかもしれませんが・・・いや、事実そうなんだけど、でも違うんです!
各所を移動して会話をして好感度を上げたりイベントを見たり、戦闘になるとターンシミュレーション。これだけ見ると「へー、フツーじゃん?」と思うだろうけど、なぜか純粋にゲームとして面白い。
それはなんでだろう?と考えてみると、それぞれの作りが丁寧なんですね。
一つ一つのシステム、イベントやシナリオ、会話の差し込まれ方やアニメーションに至るまで非常に完成度が高いのですね。
それらを一つ引っこ抜いて別のゲームと比べた場合、そりゃかなわない部分も多々あるのだが、全部ひっくるめて一つの作品として見た場合の統一感というのは本当に良く出来ている。
(ドリキャスの場合はビジュアルメモリが通信機器として動作したり、戦闘時にレーダーとしての役割を果たすなど、メイン画面以外にもきちんと意味を持たせている。んもー素晴らしいの一言!)

 

3億かけたと言われるOPムービーも当たり前だが高クオリティ。
おそらくゲームのOPとしては現時点でも最高峰ではないだろうか?何度見ても飽きないですね。
未プレイの人は(可能であれば)移植のPS2版より高解像度のDC版をプレイしていただきたい。

[13/06/11] 【正義の味方(PS2)】 Edit

1話30分、主人公の行動によって視聴率(!)が変わっていく、ヒーロー番組そのものを作るようなゲーム。
各話が終わると、己の取った行動について視聴者からハガキが届くあたりはとても面白い(これがまたよく出来ていて、懐かしい気持ちにさせられる)。
最初はコミカルでありながら、後半に向かうにしたがって徐々にシリアスな展開に・・・となかなか基本を抑えている。
ゲームとしての評価はおそらく分かれるとは思うが、古き良きヒーロー番組が好きであれば楽しめるのではないでしょうか。

 

・・・と、ここまで書いたところで少し気付いた点がある。
タイトルが「正義の味方」とあるが、それは本来そのままの意味で「正義を体現する人の協力者」でなければならないのだが、このゲームには該当者が居ない。
正確には悪の組織と戦い続ける老刑事さんは居るのだが、終始役立たずであり、結局は主人公が全てを解決してしまう。
主人公としても特に老刑事と協力して戦うわけではないので、「意識は高いが、無能な警察」に成り下がってしまっている。これはちょっとあんまりだ。
作品自体が仮面ライダー踏襲型であるので仕方ないのではあるが、それは庶民のヒーローではあっても正義の味方ではないと思う。
正義そのものである主人公と、それに寄り縋る市民達・・・なので、特撮好きとしてはタイトルについてはややマイナス評価。
・・・どうでもいいといえばどうでもいい話かもしれないけど。

[13/04/23] 【どきどきポヤッチオ(PS)】 Edit

元・良い子のみんな、ポヤってるかぁい?・・・俺?俺はまぁ・・・そっとしといてくれよ。
ポヤッチオというのは幸せを呼ぶ呪文のような言葉らしい。まあ造語であるので深く考えずとも良いだろう。
主人公は夏休みの期間、従姉のお姉さんのパン屋をお手伝いするためにやってきた12歳のクソジャリである。
ジャリは毎朝クソ田舎の町の人達のためにお姉さんが焼いたパンを配達したり、パンの材料を代理購入したり、時には森で材料を拾ってお駄賃を着服したりしながら同年代のおにゃのこ達とプラトニックでイノセントなラヴを育んでいくのだ!ふざけるな!俺にはそんな素敵な少年期は無かった!ふざけるな!
おにゃのこは海腹川背の近藤敏信さんによる、ふっくらやわらかそうな良い感じにデザインされていて思わず拝みたくなる。
特にピア様(様は必須)の小生意気な感じが高橋美紀ボイスと合わせて辛抱たまらん。ピア様の歩いた後の床を舐めて綺麗にすることすら至上の喜びであると断言できる。
町の人々はリアルタイムで行動し、日によって行動自体が変わってくるというこだわりっぷり。
ウルティマ6もスゴいと思うが、これだけ「NPCが生活している」感が出せているのは当時のゲームの中でも類を見ないのではないだろうか。
街の人一人一人に何かしらドラマがあり、ずっと行動を監視していると思わぬ発見も・・・。
なぜか非常に練りこまれた世界観のため、会話を読み解いていくとゲーム中には出てこない様々なバックボーンや人々の過去を垣間見ることができる。ここはぜひ想像力を膨らませて楽しんでいただきたい。
ゲームは淡々と進んでいくのだが、なにかしら感情を揺さぶられる良い作品でした。

[13/04/22] 【ハイリワード(PC-98)】 Edit

肩幅が異常に広い人達が莫大な借金を返すため、武装商団による貿易や傭兵団を率いて各国の軍事・民事依頼をこなしていく隠れた名作的シミュレーションゲーム。
簡単に言えば大航海時代+メリーメント・キャリング・キャラバン+ルナティックドーン/3って感じなのです。
シンプルなインターフェースのわりにやれることは多く、傭兵の種類も豊富。
中には各地で興行をひらくための踊り子や歌姫、商売を行うための商人、山賊に奪われた町や城を奪還するための各種兵器を運用する砲兵・戦車兵・パイロットなど、総勢30種以上の職種が登場する。
それぞれ兵器にも膨大な種類があるため、お金と相談してグレードアップしていこう。
ただし毎週最低5000ずつ借金取りのお姉さんにもってかれるので、使い込みには注意だ。(別にそこまで可愛くもないが)お姉さんに「体で払う」や「臓器を売却する」といったコマンドは存在しないのが残念である。
とあるフラグをたてていけば隠し財宝を発掘して一発返済可能な金額をゲットすることもできるので、攻略の幅は広い。
近頃は国内製のこういう自由度が高いシミュレーションが少なくなったな・・・と思う。

[13/04/10] 【ヴィーナス&ブレイブス(PS2)】 Edit

メモカが死んで中断中ファァァァック!

[13/03/20] 【70年代ロボットアニメ ゲッP-X(PS)】 Edit

シューティングなのに脅威の4枚組み!なんで?それはアニメとオマケがすごいから。
しかしパッケージが地味なせいで埋もれた。ただゲッP-Xのバストアップだしなー・・・とか思ったらパッケージデザインはウルトラマンでおなじみの開田裕治さんでした。
メカデザインはサンライズの鈴木兄弟。アニメ演出は吉本毅。
音響監督が藤岡央とか書いてあるけど、さすがに同姓同名か・・・?
(それぞれがどんな人なのかは各自でググろう)
協力は青島文化教材社と海洋堂、なんとアオシマからは「合体ロボット アトランジャー」が参戦。
海洋堂はゲーム中に流れるCMで使われる超合金ロボを制作してます。またこのCMがレトロで泣かせます。
キャラデザインはやや新しめではあるものの、それ以外の箇所においては懐古的ロボットアニメのお約束を内外共にブチ込みまくり。
思わずおじさんの目からも汗が。
ストーリーも分岐し、それによって後に挿入されるアニメまでもが変わってくる。あれ?これちょっとつじつま合わなくない?って箇所もあるが、そこまでおそらく意図的であろう。打ち切り決定したアニメっぽさを出しているものと思われる。

世にパロディモノは数あれど、「打ち切りが決定してスタッフのやる気が下がってるので作画もストーリーもちょっとおざなりになってきた」的な演出を意図的に組み込んだゲームなんて他に見たことがないw
タイトルこそ某有名ロボットアニメをもじってはいるものの、本作が目指しているのはB級である(ゴーバリアンとか、アルベガスとか)。

真に楽しむには数々のレトロかつマイナーな知識を求められるので、間口が広いとは言えないが、70年代・80年代をロボットアニメや玩具と共に過ごした人なら共感はできるはずだ。

オマケモードの充実や声優の豪華さについては語るとキリがないので割愛。
あ、シューティング部分はまぁ中の下ってとこですね・・・そこに価値を見出すのはちょっと苦しいとは思う。

[13/02/22] 【ボカンですよ(PS)】 Edit

ドロンボーを使ってタイムボカンシリーズの善玉達をやっつけろ!なシューティングゲーム。
(サターン、プレステで出た「ボカンと一発!ドロンボー」のバージョンアップ作品)
山本正之のオリジナル主題歌をはじめ、各所に挿入されるアニメーションも全て新規に撮り直しという丁寧に作られたキャラゲーだ。
しかもアニメのクオリティは当時(1979年頃)のまま再現というこだわりっぷりに思わず涙が出る。
作監も笹川氏自ら手がけているため、再現度100%といってもいい。
声優も、この当時すでにお亡くなりの富山敬さん(説明しよう!のナレーション担当)以外はオリジナルキャストなので大安心だコロン!
とはいえスタッフロールを見ていると、今はお亡くなりになられた方もチラホラと・・・悲しいものである。
ドロンボー達とドクロベー様の「そうそう、これこれw」と思えるいつもの掛け合いを見ていると、やはりこの三人組は万人に愛される悪役だよなぁと、改めて感じる。
いいもんですよ、タイムボカン。リメイク版ヤッターマンもなかなか良かったし、また作ってほしいよね。
三人組の中の人もいつまでも元気で居て欲しい。
あ、ゲームの方も普通に面白いです。難易度は高くないけどシューティングとしてはしっかりしてますので。
当時タイムボカン見てた世代であれば絶対に楽しめるはず。

[13/02/19] 【太閤立志伝V(PS2)】 Edit

よくある質問。


Q. 太閤立志伝は信長の野望みたいな感じ?
A. うーん、違います


信長の野望は(エンディングは様々あるが)あくまで目的は全国制覇である。
対して太閤立志伝は一人の人間として戦国時代をどう生きるかである。
武将として立身を計れば、足軽→武将→大名となり、他国を支配下にするべく戦や調略に精を出す。これは信長の野望と似ていると言えよう。
だが他にも忍者、商人、海賊、剣豪などとしてそれぞれの分野で身を立てることもできるし、武将でありながら茶人や鍛冶屋、もしくは医者というように二足の草鞋を履くこともできる。

それぞれ目的も多様であり、例えば剣豪ならば
・他流派を全て打ち破り己の流派が実戦において日本一であることを証明する
・兵法指南役として仕えた大名に天下統一させる
・門弟を増やす
・天覧試合で優勝し、帝に認めてもらう
など、どんな道を通っても良い。

他にも、固有キャラ特有のエンディングやイベントもあり、登場人物の多さも相まって非常にやり応えがある。
この、とてつもない自由度こそが最大にして唯一の売りなので、そういうのが好きな人にはたまらないのではないだろうか。
一度始めると止め時を失う時間泥棒ゲームでもあるので、最悪の場合、学校や会社を辞めることも視野に入れておこう。

 

もしプレイヤーである君が「今日はおしっこの出るところが変にムズムズするから、立志伝は置いといて、ちょっといやらしいゲームをしよう」と思えば、もちろんそうしても構わない。
なんという自由度だろうか!
志も、そうでない所も、存分に立てていただきたい。
ちんちんおっき伝である。

[13/01/24] 【ディガンの魔石(PC-98)】 Edit

自航惑星ガデュリンを舞台としたSFモチーフRPG。同シリーズにSFCのRPG「ガデュリン」がある。
宇宙の戦士でおなじみの加藤直之氏のイラストをゲーム中にも用いているため、キャラ絵やイベントCGはまるで油絵のような色彩を見せる。
特筆すべきはOPの誤差拡散法で描かれた美しい8色グラフィック。
名曲と名高い「honeymoon」と合わせて、特徴的かつ幻想的な透明感を演出している。知らない人は一度見てほしい。

システムの自由度もシンプルでありながら非常に高く、街の人に対し知っているキーワードを全て尋ねることが出来たり、襲い掛かって持ち物を奪い取ったりも可能。当然、無益な殺生は仲間達に嫌われる。
ちなみに好感度が下がると寝ている間に全所持金を持ち逃げされたりして面白いw
他のマスクデータとしては、街の人との会話数やアルバイトの繰り返しにより上昇する「知名度」なんかもあり、知名度が上がることで会話の内容が変化したり、街の人が仲間になってくれたりと、フロッピー1枚にゲームデータが収まっているとは思えないほどの多様な変化を見せてくれる。戦闘ですら仲間はAIによって勝手に行動しちゃうのだから大変だ。

この世界には時間の概念があり、行動するたびに時間が経過し、腹も減れば眠くもなる。
食料をとらなければ体力は減っていき、仲間には愚痴られる。眠らなければ正気度を失い奇行を繰り返す。
戦えば傷を負い、治さなければ負傷箇所に応じた能力が下がる。病気の種類も千差万別で、パーティメンバーが風邪を皆にうつしてしまうこともあれば、風俗店に入り浸ったせいで性病をもらうこともある(予防策としてなんとコンドームまであるwしかも嬢に勝手に外されて結局性病にかかったりも・・・)。

もちろん全ての解消にはお金がかかる上、モンスターがどれもお金を落とすなんていう世界でもないので働かなければならない。

つまり、ディガンの魔石は「生活」に根付いたゲームなのだ。

パーティを気遣いつつ旅の準備をすることは本来とても大変なことだと思い知らされるだろう。
しかし、そこに煩わしさは一切無く、むしろそれ自体が楽しい・・・と感じるようにもなってくる。
まるでウルティマを一歩進化させたような素晴らしいシステムだと思う。

異形に変わりつつある妻を救うというストーリーも感情移入度が高い。
知名度は低く、家庭用ゲームハードに移植もされてないのがとても惜しい。

[13/01/11] 【バトルゴルファー唯(MD)】 Edit

バトルゴルファー唯は改造人間である。
ゴルフによる世界征服を目論む悪の組織ダークハザードにさらわれて強化改造を受けた唯は、組織を脱走し
共に攫われた親友の蘭を救出するために単身ダークハザードと戦い続ける!ゴルフで!
変態共から奪い取った必殺ショットを駆使して頭おかしい設計のコースを攻略していくのだ!
怪傑ディボットは今なら訴訟モノだろう。いや、当時でだって訴訟モノだな。
あんまり売れてなくて本当に良かった。
ANO清水氏のキャラクターは本当に良い味を出しておるわ、魔剣道もパケ買いしたのは良い思い出よ。
6人の刺客を倒せば、感動のエンディングはすぐそこだ。
あとはキミの目で確かめよう!
爆発はいいぞ!

[12/12/27] 【幻影都市(PC-98)二回目】 Edit

二回目だけど前回と違って今回は98版をプレイ。
だって幻影都市が好きだから!
妖撃隊も2回やったけど、どちらもフェイバリットすぎて甲乙付けがたい。
一日でクリアできちゃうけど、そこがまたいい。一度もクリア前に投げ出したことが無いのが自慢!
たぶんトータルで30回はクリアしてるけど、不思議と飽きないんだなぁ。
好きなRPGを3本挙げろと言われたら、1本は確実にコレ。

[12/12/25] 【スーパーロボット大戦Impact(PS2)】 Edit

二ヶ月くらいかけてクリアしましたね。
なんせ101話ですよ。後半は1マップ2時間くらいかかりました。
江戸ものとかやってたんですけど、完全にImpactに食われました。時間が。
難易度は確かに高い、敵も固い。でもね、ロマンがある(ニッコリ
グレンダイザーの出番の多さと頼り甲斐かっこいいですね。ワイズマン伍長にもだいぶ助けてもらいましたね。
みんなの命も預かりました。耳元でも叫ばれます。忍者は資金を盗んでいきました。
一つのMAPがきつい分、達成感も多い、だから続けられます。
このスパロボは、ステージ構成を理解し綿密な計画を立てられるようになってからが本番ですよ!
作業感だけでプレイできるほど甘いMAPはないと思います。

[12/10/15] 【麗獣 Twin Load(PC98)】 Edit

18xタイトルのFE系SLG。
以前、似た系統のゲームでエンゲージエランスをプレイしたけど、こちらの方は本格的なストーリー仕立てになっている。
タイトル通り、二人の主人公の視点が交互に入れ替わりながらプレイが進む。

 

主人公1:
食料庫放火の濡れ衣によって処刑されそうになっている猫耳族(ひどいネーミングだよw)の女の子を救出し、追っ手から逃げる。
逃亡の末に、迫害される亜人種たちの現実や、人類との対立を煽る本当の黒幕に迫るというシリアスなストーリーで時々頭おかしいテキストが混ざる。

 

主人公2:
主人公1の妹が主人公。
兄が放火犯と逃げたおかげで家事その他から開放され清々としていたが、追っ手として派遣される騎士団の男がイケメンなので一緒に兄を追跡する旅に出る。最後まで兄の身の心配はしない。途中、同じく騎士に惚れるライバル魔術師が仲間になっておちんちんの奪い合いをするという、ギャクテイストで明るいストーリーで全般的に頭おかしいテキストで埋め尽くされている。

 

ひとつのマップは短く、テンポは素晴らしく良いのでサクサク遊べる。戦略性もまぁまぁ、この時期のエロゲにしては充分に及第点といえる。
余談だが、同レーベルにはLOVE・LOVE・ロボッ娘や美少女雀士Muなどキチガイテイスト溢れる良作が多い。

[12/10/01] 【トロンにコブン(PS)】 Edit

ロックマンDASHのスピンオフ作品。
借金のカタに攫われた兄貴を取り返すために、トロンちゃんが41体の個性的なコブン達と共に(主に悪事で)お金を稼ぐミニゲーム集。
ミニゲーム集というとアッサリした印象があるけど、意外とやることは多いので安心だ。1プレイごとの区切りが良いのでテンポ良く遊べる。
中でもコブン達の育成はなかなか面白く、難易度もそれなりにあるので思わずムキになってしまうほど。
社食(?)の配膳係ゲームはあまりの可愛さにほっこり。
カレーライス!とかうどん!とか叫ぶコブン(CV:横山智佐)の愛らしさにメロメロメロリンラブだ。
3Dアクションパートにおいては、指令弾を撃った方向にコブン達が向かっていって、敵やオブジェクトに対し様々なアクションを取るのだが、それもまたカワイイ。
(木を揺らしてリンゴを落とす、パトカーをバラしてパーツを奪う等)
そんなコブン達を見ているだけでちょっと癒される。

[12/10/01] 【ルナ シルバースターストーリー/エターナルブルー(2作品)(SS)】 Edit

グランディアの前身。国民的名作なので説明いらないよね

[12/10/01] 【ブランマーカーTwin(Win95)】 Edit

ころみさん主演。
えーと、途中なのでまた今度。

[12/09/19] 【ナムコクロスカプコン(PS2)】 Edit

格ゲーだと思ってた人が居たみたい。(カプエスとかタツカプとかあるし仕方ないよね)
実際はスパロボ風味のシミュレーションで、ホアァー!戦闘はコマンド方式でスモークボムッ!結構面白く、コンボの組み立て方なんかを突き詰めていくのは奥深いと思う。その辺のシステムを理解した上でプレイすると難易度は易しめ、ホアァー!適当にボタン押してるだけだとそれなりに難しい。
上記の戦闘システムと増援が結構いやらしいので1ステージあたりのスモークボムッ!所要時間は長い。良い方向に考えればホアァー!長く楽しめる作品か。(それでも100時間はかかる)ホアァー!
おじさんゲーマーには嬉しい登場作品ラインナップとイベントに目頭が熱くなった。
バーニングフォース+バラデューク、ワンダーモモ+ベラボーマンなどの二人一組ユニットも違和感無く作られてて良い。合体攻撃にも細かい小ネタが含まれていて非常ホアァー!にマニアックだ。
個人的にはバーニングフォース(元作品)の被弾エフェクト(エアバイクから上空に回転しながらハイジャンプ)が回避行動として使われていたり、シルフィーの持っている盾が「戦いの挽歌」だったりするところにニヤリとした。
さすがに強キャラ、弱キャラスモークボムッ!との差が出てきてしまうが、そんなこと気にせず好きなユニットを育てるのが一番楽しめると思う。
何部隊かで分かれて進む形のため、終盤まで全ユニット強制的に使わされるのがこの場合スモークボムッ!良かったと感じる。愛着が沸くからね。
だが御剣テメーはダメだ。おまえスタッフに嫌われてたのか?
タキもどうでもいいポジションだったが、わや姫さまとコンビを組むことで我々を幸せに導いたホアァー!。

[12/09/15] 【ヴァンパイアコレクション(PS2)】 Edit

LOVEレイレイ

[12/09/14] 【ストライダー飛竜1&2(PS)】 Edit

だから貴様は飼い犬なのさ

[12/08/01] 【天外魔境II(PCE)】 Edit

太郎!太郎!太郎!極楽太郎ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!太郎太郎極楽太郎ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!極楽太郎たんの赤色ギザギザの髭をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髭髭モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
人魚の檻に千年閉じ込められる極楽太郎たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
卍丸が子分になって良かったね極楽太郎たん!あぁあああああ!かわいい!極楽太郎たん!かわいい!あっああぁああ!
ロリ嫁、千代ちゃんのおにぎり食べれて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!千代ちゃん千年前に死んでる!!!!!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!嘆きの谷ぃいいいい!!
この!ちきしょー!やめてやる!油壷を撒く係なんかやめ…て…え!?見…てる?地獄釜の肉助ちゃんが僕を見てる?
地獄釜の肉助ちゃんが僕を見てるぞ!肉助ちゃんが僕を見てるぞ!凍竜も当てられないザコはこっち見んな!!
卍丸ちゃんが絹に話しかけてるぞ!!!運命なんてクソっくらえなんだねっ!このイチャイチャバカップル!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には極楽太郎ちゃんがいる!!やったよデュークペペ!!愛しているよ卍丸!!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ女彦へ届け!!大霊院の女彦へ届け!

[12/07/11] 【雷の戦士ライディ(PC98)】 Edit

[12/07/15] 【わくぷよダンジョン決定版(PS)】 Edit

[12/07/10] 18X【エンゲージエランズ 〜魅惑の使徒たち〜(PC98)】 Edit

ポニーテールソフトの隠れた名作。
天界でノゾキをしたせいで地上に落とされた天使が、魔物に追われた少女達を率いて魔女の軍隊に立ち向かう。ついでにちょっとエロいこともしちゃえといったストーリー。
戦記物だがポニーテールソフトらしく軽く明るい雰囲気が好印象、深山観音氏の描く丸みのある女の子はとってもカワイイし最高!
とはいえ18禁ゲームの中でも、戦略性が強い本格SLGに仕上がっている所がさすがだ。
女の子だらけのFEみたいなもんですね。
倒されたキャラがいる場合は、同ターン内に撤退すれば蘇生できます。しなかった場合は死亡・・・ユニット数が少ないこのゲームにおいて死亡者を出すのは難易度が上がりすぎてヤバイ!絶対に死なせてはならん、だってカワイイし。
特に中盤に差し掛かるあたりの難易度はかなりのもので、クラスチェンジのタイミングが遅くなればなるほど詰み易い。敵の強化スピードが速いので、足が遅いからと後方で何もしてないキャラは生き残れない。満遍なく育てよう。
レベルアップのステータス上昇もFEと同じくブレ幅が大きいので無音連発だと泣ける・・・が、それがまた複数プレイも楽しめる要素になっている。
一応ライトな要素として、撤退を繰り返すことでの経験値稼ぎはできるのだが、実はできる回数が決まっている。
1MAPにつき一日が経過するのだが、そもそもゲームの目的が「○日以内に魔女を倒すこと」なので、不慮の死者が出た以外では撤退稼ぎをするMAPを吟味した方がいいだろう。
ちなみに撤退縛りプレイをした場合、難易度はFE並になるw

[12/07/03] 【絶体絶命都市2(PS2)】 Edit

[12/06/30] 【サバッシュII(PC-98)】 Edit

[12/06/13] 【DR2ナイト雀鬼(PC-98)】[18x作品] Edit

White Albumや東鳩でおなじみのLeaf制作第一弾ソフト。ドラドラナイトじゃんき、と読みます。
アドベンチャーパートのある脱衣麻雀ですね。水無月徹さんの絵柄は今ではもう懐かしくもあります。
双子の悪魔ちゃんがイチオシ。ロリ可愛いですよ!

[12/06/02] 【妖撃隊 邪神降魔録(PC-98)】 Edit

ウルフチームによるクトゥルフ三部作の一つ。
マイクロキャビンの幻影都市と並び(個人的に)愛してやまないRPGの一つ。

 

* 以下、ストーリー概略みたいなかんじ *
1996年に発見された太陽系第十惑星「魔王星」。
この星の影響により世界は徐々に怪異に侵食され、異形の化物達が人間に紛れて数々のおぞましい事件を起こすようになった。
警察機関でも手に負えないこれらの事件に立ち向かうのは、妖撃能力者を集い、民間で結成された「妖撃隊」と呼ばれる者達であった。
妖魔を操りし存在を突き止め、1999年12月25日に迫る世界の破滅を阻止せよ!
* はい、お疲れさまでした *

 

プレイヤーは妖撃隊の隊長として、隊員の役割分担やスケジュール管理を行うのがメイン。
主な役割は武器防具の開発・量産化、入手した呪物の鑑識、そして事件発生していればその調査と探索という計4種類がある。
このゲームの特徴として、初期メンバーを含めて入隊してくる隊員も全てランダム、事件の起こる順番や時期もランダム、開発の進行具合もランダム・・・と、ひたすら乱数に左右される。
システムとしてはやや大雑把でバランスも何も無いといった感じだが、これが不思議なことに中毒性を助長しているように思える。
ティル・ナ・ノーグではないが、一度のプレイでは全員を仲間にすることはおろか全てのイベントを見ることもできないだろう。イベント自体が少ないのがやや残念ではある。(没データは大量にあるのに・・・)
各キャラクターについては簡素なプロフィールと顔グラのみで多くは語られない。個々が持つスキルや職業などからキャラクターの内面を想像するのがとても楽しい。
スキルも「神秘学」「金持ち」「警察不信」「きき耳」など数多くの種類がある。ほとんどがフレーバー的な存在だが、それらがどこで役立つかはやってみないとわからないw
そう、これはとてもTRPG的なゲームなのだ。
ゲームとしての完成度が高いとは言えない非常に惜しい作品ではあるが、これほどの年月を経ても熱狂的なファンを持つ魅力的な作品には変わりない。
クトゥルフの呼び声が好きならばプレイしてみて損は無いはず。

[12/05/28] 【レッスルエンジェルスV2・V3(PC-98)】 Edit

レッスルエンジェルス2のリメイクであるV2と、その後のオリジナルストーリーを描いたV3を通してプレイ。
キャラデザが松永直己さんから変わってしまっているが、まーこれはこれで嫌いじゃない。
育成方法がシリーズの中でも変わっているので旧作やサバイバーのみのプレイヤーは少し戸惑うかもしれない。
(例:ロープワークの特訓をすると飛の攻防値が伸びる、等)
久々にやってみた感想は、やはり2のストーリーは最高だってことだ!

武藤めぐみ、結城千種のうち1人を選んで育成していくわけだが、選ばなかった方は親友として、時にはライバルとして存在し、互いを意識しあいながらレスラーとして成長していく・・・と王道ストーリーがまた良い。
でも単に王道だけではなく、自分の選択によって海外に行ったり他団体に所属したりする上で状勢が変化するので、『動乱のマット界において自分はどう生きるのか』というロールプレイがとても楽しい。
V3は一本道なのでプレイヤーはそこに介入できないのがちょっと残念。
その他登場キャラクター達もきちんと性格付けされているので、些細な会話からも存在感を醸し出してくれる。
あと普通にみんな可愛い。特に練習嫌いなレイちゃんが猫背可愛い。ぺろぺろしたい!龍子も!特に脇!

 

ちなみに各キーポイントの試合の勝敗によってもストーリーは若干変化するが、ゲームオーバーは無い。これも良い。
プロレスラーには負けても次へ繋がるドラマ(あえてアングルだのブックだのと無粋なことは言わない)があり、プロレスは選手とファンが互いに補完しあって成り立つものであると思う。
一つの負けは次に勝つためへの過程でもある。その過程を作るのがこの作品の魅力であるので、結果を受け入れるのが正しいプレイスタイルだろう。
(ただ誤解されないように言うと、マルチシナリオであるがマルチエンドではない。主人公の目的は女子プロレス界のトップに立つ、その一つだからだ。)

 

プロレスが好きな人にも、そうでない人にも一度はやってもらいたい。
家庭用機だとPCエンジン版しか無いのが残念なところ・・・

[12/05/20] 【メタルサーガ 砂塵の鎖(PS2)】 Edit

メタルマックスシリーズ、PS2で待望の新作!・・・と発売直前あたりまでは楽しみにしていたのだが、他に何かやりたい物があったのか結局購入もせず、その後の評判が芳しくない事も合わせて今まで存在を忘れていた。
最近、たまたま安く見かけたので購入してみたが、なんともしっかりしたメタルマックスであった。
今までやらなかったのは本当にもったいなかったと感じるほどである。
後ほど知ったことだが、悪評はロードの長さ、キャラデザの安っぽさ、メインストーリーの薄さだという。(あとフリーズするようなバグがちょっとある)。
ロードは確かにちょっと長いかな?とは思ったが、それも町やダンジョンの切り替えくらいなものでエンカウントその他はサクサクしすぎるくらいにサクサクしている。
キャラデザは・・・確かにちょっと同人っぽい気もしないでもない。媚び過ぎてはいないのでまぁ良しとする。
あの絵柄でも主人公を意地でも喋らせなかったのはむしろ評価していいかも。
メインストーリーについてはメタルマックスってそういうものだしなぁで済んでしまった。
(2には育ての親を殺された復讐という目的が薄らぼんやりあったにはあったが、やはり主人公は大崩壊後の世界で生きる術としてハンターを選んだという理解でおおよそ間違いないんじゃないかな)
何の役にも立たないイベントが大量に存在していたり、最初から移動の縛りもなくどこへでも行けるのは不親切ではなく自由度や世界観の構築に一役買ってると考えるべきだろう。

 

賞金首を倒して得た金を戦車や装備の強化じゃなく女に貢いで酒を飲むダメハンターであるも良し、ギャンブルで全額スるも良し、朝から晩までドラム缶を押したっていいんだぜ!
そんでもって、もののついでに世界を救っちゃうことだってある。これはそういうゲームです。

[12/05/13] 【ラプラスの魔(PCE CD-ROM)】 Edit

和製Wizardryリスペクトの金字塔といえばラプ魔(ただしPC88版・MSX版に限る)。
移植作であるこのPCエンジン版には年齢、ロスト、アイテム消滅などが無いのでやや難易度は低く抑えられている。
とはいえ序盤から終盤まで常に全滅の危険に晒されていることには変わりなく、そこいらのRPGとは一線を画す高難度で多くのプレイヤーの心を折った。
原作はクトゥルフを題材にしたホラーノベルであり、雰囲気はなかなかに暗く、ラブプラスと間違えてブヒりながらプレイした者(居るか?)を壁ドンに追い込んでいくだろう。

敵はお金を落とさないため、心霊写真を売りさばいて金策するシステムは斬新。
そのため序盤はカメラを使えるジャーナリストが必須職業となるが、彼を守りつつ探索を行う緊張感も面白さに拍車をかけていると思う。
終盤の「ソロモン72柱全員との72連戦」はいろんな意味で圧巻。

[12/05/07] 【幻影都市 -Illusion City-(MCD)】 Edit

いやもうほんと最高。PC98のオカルティックサイバーパンクの金字塔(のリメイク)。
ビジュアルシーンを設けず、ドットキャラに全ての行動を表現させる『操演システム』は必見。
職人芸とはこういうものですなぁ。
OPのかっこよさ、BGMのかっこよさは頭一つ抜けている。

[12/05/01] 【ファンタシースター 千年紀の終りに(MD)】 Edit

誰にとっても説明不要の名作であると信じて疑わないので特に書くことは無いですー(手抜きではないですー)

[12/04/18] 【Wizardry DIMGUIL(PS)】 Edit

初プレイ。恒例(?)のフェアリーのみ縛り。
正確にはフェアリーロールプレイを楽しむキモオタ6人という設定。拙者らフェアリー♀15歳でござるよフォカヌポゥwww
・・とかはどうでもよくて、なんでフェアリー縛りかというとWizの普通のプレイは散々やったからって理由と純粋に楽しいから。
フェアリーは装備できるものが少なく非力な上、武器防具も9割近くが装備不可なので攻撃力を装備で補う事ができない。
ACが最初から5低いよ!なんてのも、それこそ最初の最初くらいしか恩恵が得られず、普通の防具が装備できる種族に軽く追い抜かれる。
だから拙者らは考えに考え抜いて初期職とか転職計画を立てる必要があるのでござるよwwwwコポォwwっうぇwwww
と、テクニカルな発想や戦術が求められる。非常に楽しいのでオススメだけどやる人は少なそうだw
フェアリーは専門装備がなかなか優秀なので*最終的には*そんなに弱くはないはずだが・・・道は相当に遠い。

 

ちなみに、初期職業は【僧僧僧サ魔レ】
通常のセオリーからは程遠い、この編成の説明をちゃんとしておこうと思う。
戦士はフェアリーの弱点であるHPを底上げできるが、どうせ装備できるものがなく戦力外になるため選択肢から除外。
盗賊も同様の理由と、魔法を覚えないのでこれまた除外。どうせアイテムの大半はボルタック商店行きなのだから無理にトレハンには注力しない。
だからといって中盤以降の箱を無視するわけにもいかないので、多少の盗賊技能を持ちアルケミ魔法を覚えるレンジャーを採用。HPもそこそこに上がる(現に転職前まではレンジャーがトップだった)。
ちなみに罠識別は盗賊スキルのダイス判定によって決まるが、罠解除についてはレベルと素早さでカバーできるのだ。カルフォで識別すれば解除はレンジャーでもさほど問題はない。
アルケミ魔法L3のマオスロは迷宮から出るまで力を2上昇できるため、殴り僧侶にとって有無は死活問題である。
L4のフォフィックは魔法防御上昇と、HPの少ないフェアリー達にこれまた生命線となる。
なんたって素のままではLv8前後でもラハリト一発で全滅すらありうるのだ、当然リスクヘッジは最大限取るべきだろう。
5人目、魔法使いは言うまでもなく攻撃の起点となる。居なければ話にならない。
最後にサイオニックを入れた理由は一にも二にも、アイテム識別効果のある呪文「カルドゥ」のためだ。ウチに魔法習得激遅野郎の司祭を入れる余裕など1D2ほども無い。敵全員のACを2上げ、同時に自PTのACを-2するマポーバもかなり有用な呪文である。攻撃呪文はややレジストされやすいが、グループにダメージを与えつつ混乱を引き起こせるリオス系が使えるのも魅力。

 

第一次転職は【魔魔魔詩僧サ】
それぞれがL8呪文を覚えてからの転職なので、転職時期は各自バラける。
まず、魔法使い3人になることで攻撃力は大幅アップだ。この3人は僧侶を経由してるのでHPも高めであり、そうそう死に難い、もちろん主力だ。
サイオニック→詩人。唯一中立で作っておいたサイオを詩人にし、罠解除は彼女(彼?)に任せる。体感ではレンジャーより信頼度はやや低めだが、危ない罠に手を出さなければ問題無い。念のため箱にはカルフォを2人以上で唱えよう。
習得スピードはやや遅めだが魔法使い呪文を覚え、フェアリーの種族適性が高いためレベルアップは最速である。短剣が装備できるので、装備可能で強力な短剣は彼女(彼・・・?)に持たせて前列へ。HPにやや不安はあったが、中盤の優秀なアタッカーとして活躍してくれた。
魔法使い→僧侶。定番である。僧侶呪文は計4人は使えるのが好ましいのと、HPの底上げのため。
レンジャー→サイオニック。2回続けて成長スピードの遅い職業であるが、やはり後半に向けてロークス、マポーバ枠が2人は欲しい。ティルトウェイトとて万能ではないのだから、動きを封じる選択肢は多ければ多いほど良い。

 

最終転職は【盗盗盗盗盗盗】(個人的ルールで訓練所による転職は2回までと決めてます)
最終的に全員を盗賊のナイフで忍者にする・・・つもりであったが、ここで本編クリア。
この編成はドラゴンの洞窟を想定したものであるのだが、なんせLv100近くまで上げねば忍者に変えても意味がないし、配信でレベラゲするのはダレそうなので、この続きはオフでやることにした。
現在Lvは35前後、まだまだ先は遠いが・・・果たして想定通りにいくものかどうか?
機会があれば報告したいと思う。

 

【プレイ記録】
全滅:3回(内1回は救助隊も全滅w)
ロスト:1名(カドルトェ・・)
リセット:無し
プレイ時間:約70時間

[12/02/26] 【パチパラ14 -パチプロ風雲録6-(PS2)】 Edit

毎度のことだが、パチンコシミュレーターのおまけゲームにあるまじき膨大なボリュームの風雲録。
ドラマ性の高いストーリーに、細部にまで拘った箱庭エリアが楽しすぎる。
アイレムのセンスがキラリと光る選択肢の豊富さにより、キャラ付けはプレイヤーに一任されているため、遊ぶ人によって見方も全然違うだろう。
僕はどこに出しても恥ずかしくない立派なパチンカスとして生きました。とてもとても楽しかったです。

[12/02/06] 【必殺裏家業(PS2)】 Edit

世知辛きこの世を生きていれば、誰しも一人や二人は殺したい奴が居る・・・。
よし、じゃあ殺そう!
そんなわけで(?)闇に紛れて悪を討つ、必殺仕事人をオマージュしたこのゲームが必要なのです。
世間じゃ評判がイマイチだったりするようだが、自分にとってこれはドンピシャリなゲームだった。
アクションシーンが短く、悪事の情報を集めるお使いパートが長い。確かにそれはそうだろう。
もっと爽快に悪を斬りたいんだ!という声、それもそうだろう。
だが、時代劇としてみれば、人がなぜそいつを恨み、殺してほしいのか・・・そこを表現しなければならない。
ターゲットの悪事の様々が浮き彫りとなった後での暗殺こそがカタルシスを開放してくれるのではないだろうか?
ここはひとまず若先生に成りきって下町をぶらり歩いてみれば、景色や店内に至るまでの背景美術の素晴らしさに心奪われること必至。
通りを賑やかす町人の全てがフルボイスで喋り、なんとも味がある。そして生活感がある。
裏家業シーンについては非常に良くできたスニーキングアクションなので、程よい緊張も得られるぞ。
一話完結なので気楽にプレイができるし、エンディングテーマも頭に残る出来、サントラが無いのが惜しまれる。

[12/01/26] 【ヘビーメタルサンダー(PS2)】 Edit

プラレス三四郎+メタル的世界観。そして全体を覆う昭和ノリ。ハイテンポ&ハイセンス!
各話ごとに挿入される無駄に高クオリティアニメ、無駄に熱いセリフ、無駄に豪華なメンバー。
そしてツッコミが追いつかない超展開。でもゲームとしてはちゃんと遊べる。
バカゲー?とんでもない、これはヘビーメタルサンダーという独自のジャンル。やるじゃないかスクエニ!
Don't Stop The 闘い!Let's ヘビーメタルサンダー!

[12/01/20] 【装甲騎兵ボトムズ(PS2)】 Edit

これはもう一般常識レベルの話なんで説明不要ですね。素晴らしい作品です。
女や学業は二の次だ、ボトムズ(最低野郎ども)なら黙ってATに載れ!

[12/01/14] 【エスピオネージェンツ(DC)】 Edit

スパイ組織のボスとして、エージェント達にリアルタイムで指令を出し、謎を解いていくシミュレーションパズル。
AIのクセをつかむまではやや難易度が高いが、わかってくると爽快。

[12/01/10] 【時空要塞マクロス(PS2)】 Edit

初代マクロスのゲームにはあまり良い思い出が無い・・・(サターン版はそれなりに遊べるが)
そんなジレンマを吹き飛ばしてくれたこのソフト、予想以上に良かった。
バルキリーの操作性はVF-Xを簡略化したような感じで、ドッグファイトっぽさは少し薄れたが、コマンド入力による回避や納豆ミサイルの演出で板野サーカスっぷりは向上。
難易度はそこそこといった感じで、誰でもプレイできる間口の広さ。
何よりもTVシリーズと劇場版「愛おぼ」の双方を収録しているのが嬉しい。
こんなマクロス作品は他には無いですね。
キャラゲーと侮る無かれ!ファンなら買いでしょう。ファンじゃなければ買ってファンになってください。

[11/12/24] 【どろろ(PS2)】 Edit

雨宮慶太監修による、原作とはまた一味違うドロリとした暗い世界観が非常にマッチしていた。
見た目やストーリーはややリアル志向にアレンジされているが、各モーションや演出等は紛れも無く手塚作品のソレである。
刀コレクションや隠し魔神の探索など、少々ではあるがやり込み要素もある。
体の一部を取り戻していく度に能力は上がるが、それに伴いアクションも軽快になっていく(片足を手に入れるとダッシュが可能になったり)。
序盤は思い通りに動かせずレスポンスにイライラするかもしれないが、体を取り戻していくことでアクション性を上げていくという思い切ったシステムは個人的には好評価。だってそういう原作だもの。
各所各所に原作愛を強く感じる・・・どこかの劇場版も見習ってほしいものである。
大谷ボイスの「どろろパーンチ」「どろろアッパー」は一月ほど頭に残ると思う。

[11/11/22] 【セブンスクロス(DC)】 Edit

通称セクロス。
微生物から始まり、より強靭な生命体へと進化していく、(ライトではない)46億年物語。
環境に合わせた進化パーツを自分でチップを置き換えることで生成し、捕食した生物の栄養素を使って各部位を進化させる。
ゲーム開始時の戸惑いは恐らく誰しも通る道・・・よくわからないうちにカニに食われてがめおべら。
よくわからない、わからないが生き残ることが第一の命題なのだな・・・と手探りに色々やっているうちに段々とゲームがわかってくる。
わかってくると、これがまた不思議と楽しい。
新しい進化パーツを生成できた喜びと、進化による能力の変化がかなり劇的で、見た目のユニークさも笑いを誘うw
進化シミュレーターと侮ってプレイしていると、後半から思いもよらない展開が・・・。

[11/11/22] 【Lack of Love(DC)】 Edit

ラブデリック最後の作品。
とある惑星に誕生した一生命として、周囲の奇妙奇天烈な生物を捕食したり仲良くなったりして進化を繰り返すアクションADV。
ラブデ作品だけにテキストによるヒントは一切存在せず、生物の名前や行動からトモダチになれる条件を予想するしかない。
ああでもない、こうでもないとトライ&エラーの繰り返しの中で、パッとひらめく瞬間が気持ちいい。
ユーザーを突き放したゲームデザインと、“自分が中心ではない”ストーリーは人を選ぶかもしれないが・・・
本来ゲームは想像力で楽しむものだと改めて実感させられる、個人的名作。

[11/11/22] 【deSPIRIA(DC)】 Edit

アトラスによるアドベンチャーRPGの怪作。
近未来の日本を舞台に退廃的なサイバーパンクとサイキック、薄暗い宗教観と陰鬱な人々の精神をこれでもかと表現した挑戦的な世界観に圧倒される。
プレイヤーは“教会”に属する精神暗殺者の少女を主人公となり、具象化したマインドを使役しミッションをこなしていく。
なんといっても見所は「マインドダイブ」、人々の精神にダイブすることにより心や記憶を操作したり、場所・物・あるいは死体に残された残留思念を読み取ることで物語の謎を追うことができる。
画面上にまばらに表示される(断片化した)思念の多くは、グロテスクであり、狂気じみていて、なんともいえない不安感に苛まされる・・・が、不思議とその世界観に引き込まれてしまう。
内容が内容だけに今後リメイクされることも無いだろうが、アトラスファンなら一度は触れておきたい。

[11/11/07] 【レッスルエンジェルスサバイバー2(PS2)】 Edit

そうですね、一言で言うならば、この作品をプレイできて本当に良かったといいますか。
プロレスゲームってのはね、単に技の掛け合い、そういうモンじゃねェだろう!と。
そりゃね、私もストロングスタイル一本で長ぇ間現役やってましたから、技をね、力を磨くなんてぇのは極々当然。
レスラーとしての前提以前の話であるなんざ充分承知の上でね、こういった話をさせていただいてるわけです。
空手道、柔道・・・格闘技にはね、道があるんだと。つまり心のね、置き所っていいますか、尊厳がねプロレスにもあるワケです。
各々が想うプロレス道をね、言葉じゃねェな、試合で魅せるんダァー!と言いてぇワケですよコノヤロウッ!!
そういったモンがちゃんと伝わるんだねコレは・・・ゲーム中のテキストに無ぇ?バカかオメェはッ!(バシッ)
選手をきちんと愛情を持って育成してやればね、ちゃんと結果は出してくるんで・・・あ?育成シミュはめんどくせえ!?
やる前にナゲること考えるバカ居るかよッ!(バシッ)
やれんのか!オメェに本当にやれんのか!と。やってみろ!と。
・・・まぁ、ちょっと話がズレましたが、つまり私が言いてぇのは
千草にハーフハッチ・スープレックスを覚えさせてェのになんでねェんだよ!と。
まぁ、そういうアレだわな。

[11/10/21] 【ファザナドゥ(FC)】 Edit

「ぼくは しにたい たびにでていた」
マル超シリーズ第二作目。ファはファミコンのファ!
どのへんがザナドゥなのよ?と当時より批判は出ていたが、ゲームとしては良作。
一般的なドワーフのイメージを大きく逸脱した、不気味でグロテスクな敵キャラデザイン。ゲームの舞台が枯れかけた巨大な世界樹となっていたりと、薄暗く泥臭い世界観は俺好み。
BGMもこれまた素晴らしく、北欧風と中東風が混ざり合ったような不思議なメロディラインはハドソンを黎明期より支えた竹間淳さんの力作です。この人って本職はアラブ古典音楽家なんですね。
あんまり関係ないけど、肉屋の主人はどう見ても高橋名人だね。

[11/09/21] 【ジャイアントグラム2000 全日本プロレス3 栄光の勇者達(DC)】 Edit

「プロレスで泣いて、プロレスで笑って、気が付くと僕は大人になっていた」

 

AM2研が制作したNAOMIによるコンシューマー・アーケード連動型の対戦格闘ゲーム最終作。
開発中に全日本プロレスが分裂した為、ノア選手の出場している最後の全日本プロレスゲームとなった・・・。
前年に逝去した馬場さんをはじめ、キラー・コワルスキー、ボボ・ブラジルなど往年の名レスラー達が豪華に勢揃い、まさしくファン感涙モノである。
スティーブ・ウィリアムスは居るのだが、なぜかテリー・ゴディが居ないので殺人魚雷コンビの再現は不可能であり少し残念。あと渕もラッシャー木村も居ない、惜しい。
対戦格闘ゲームにマイクパフォーマンスの入り込む余地は無いのかもしれないが、好きなレスラーだけに少し残念。
実写取り込み型テクスチャによる選手の表情はまさしくリアル、いや本人そのものである。
カメラワークによる試合の躍動感・臨場感は最高潮を極め、各選手のパーソナルアクションまで完全再現と、全日への愛が詰め込まれている。
若林リングアナの実況も嬉しい限り。

 

三沢が舞い、小橋が食いしばり、川田が怒り、鶴田が叫び、和田京平が音も無く横にステップを刻む。
まさに90年代全日本プロレスの全てがそこにあった。

[11/09/01] 【アイドル雀士スーチーパイ4(PS2)】 Edit

スーチーファンを自称しておきながらプレイを放置していた最後のスーチーパイ。
新キャラも多いが、やはり旧キャラに食われている印象がやや強く、旧スーチーキャラの色の濃さを改めて再確認した。
牌娘に続いて登場のれーこちゃんには何も文句は無い。むしろお礼を述べておきたい。ありがとう、本当にありがとう、と。
今回のYOU&MEはメイドカフェ。自分の店にメイドを引き抜くための麻雀対決となり、勝てば着エロ的な撮影タイムに突入する。
CERO15という縛りの中で、この着眼点には敬服した。これはいろいろと捗らざるを得ない!
衣装デザインについては賛否両論あるような気がする、個人的にはちょっとゴテゴテしすぎであまり好きではないが・・・。
しかし、みゆり&みるくコンビの掛け合いには全てのマイナス要素を吹き飛ばす破壊力がある。
海馬が爆散するほどオススメだ!

[11/08/31] 【俺の屍を越えてゆけ(PS)】※二週目 Edit

交神相手・職業・名前を安価でしっかりモードクリア。
精子地獄雨とか水子万歳殺など問題のありそうな奥義ばかり生み出される。

[11/08/13] 【フリートーク・スタジオ 〜マリの気ままなおしゃべり〜(PS)】 Edit

國府田マリ子による國府田マリ子ファンのためのラジオDJシミュレーション。
新人DJである香坂マリ(CV:国府田マリ子)となって、番組に次々やってくる問題児なゲスト達を相手に悪戦苦闘しつつも番組を盛り上げよう!
フルボイスでなんか豪華な感じも出ちゃってる!買いだね!

 

と、説明は一言で済んでしまうのだが、これがなんとも難しい。選択肢を選ぶだけのはずなのに?
嗚呼なんということでしょう、ゲストが見事にサイコパスだらけ。
突如、宇宙意識(アカシックレコード)の話を始める洗練されたキチガイさんに目の前がホワイトアウト寸前。
こいつと会話は成り立つのか?ていうか誰だよこいつをゲストに呼んだのは、腹を切れ。
突然キレだすゲストに荒れるスタジオ、視聴率が取れず「おまえのせいで番組がメチャメチャだぁぁぁっ!」と怒られる理不尽さ。
いやだからさセッティングしたヤツをクビにしろよ。
末端が責任を負わされる放送業界の闇の部分まで完全シミュレートってか?
「いや、笑いは取れてますよ、たぶん」と言い返したいがそんな選択肢は存在しない。おかしい。
視聴率が悪ければ即クビである。クビて。ふっざけんな労基署に訴えてやる!もちろん出来ない。おかしい。
でもマリは負けないの、強い子だから。合言葉はBeeでがんばろっ。
ゲームオーバー画面で若干デッサンの崩れた笑顔を見ているともうなんでもいいやって感じの黒元気が沸いてくるよ。

 

ゲストに気を遣ってぜんぜん気ままにおしゃべりできないけど、その・・・面白いゲームですので。
配信向きってやつなのかな?しょうがないにゃあ・・・

[11/08/13] 【ロードス島戦記 邪神降臨(DC)】 Edit

ロードス島を舞台としたDiablo型Hack&Slashアクション。
邪神カーディスを復活せしめんとする悪の司祭バグナードに立ち向かうため、
六英雄の一人である賢者ウォートはかつての仲間でもある初代マーモ皇帝ベルドを復活させた。
プレイヤーはベルド(ただし本人に自身の記憶はない)となり、邪神カーディスを封印する旅に出る。
システムはかなりDiabloに近いが、コントローラー操作のためアクションは軽快。
敵がドロップするレア装備の入手や、ミスリルを使って任意に武具を成長させていくオリジナル要素がやりこみ意欲を強く刺激する。

 

レベルは一応あるものの上昇する能力値はさほど多くなく、基本的には武具の性能が強さを決定するため、状況に合わせて複数の武具を携帯するのが定石である。
が、上級者はあえて武器以外の装備を排除した裸マントプレイなんてのを好んだりもして奥が深い。(その場合は高い操作テクニックを要求されるが)

 

よくある攻撃力・防御力・魔法耐性だけでなく、相手の体勢を崩して行動を鈍らせる武器のImpactや、こちらが体勢を崩さないためのDurabilityなど様々なステータスに気を配るのが楽しく、それでいてこの手の作品に多い面倒臭さを感じない。
プレイヤーのスタイルによってベルドの能力はかなりの違いが出ると思われる。そうなると当然攻略方法も変わってくるだろう。
複数回プレイや縛りプレイにも充分耐えられる隠れた良作である。

 

ちなみにタイトルにロードス島戦記とあるが、ゲームの舞台は正確にはマーモ島である。

[11/07/24] 【イルブリード(DC)】 Edit

ある有名ホラー映画監督が55億ドルもの私財を投じて作り上げた体感型ホラーエミューズメントパーク「イルブリード」
参加者は文字通り命を賭けてアトラクションをクリアし、多額の賞金を手にするのだ!

 

このゲームはホラーゲームとは少し異なる。B級ホラー映画にあるようなしょうもないメタネタやブラックなジョークが各所に散りばめられた・・・つまりバカゲーに位置する。
ドンッと脅かされた直後にワハハと笑えるイタリアンホラー的センス、判っていても引っかかりたくなるような愉快なトラップ郡がプレイヤーを待ち受ける。
初見殺しも多いが、悔しさよりも「そうきたかw」と思わずニヤリ。各ステージの趣向も凝りに凝っていて面白い。
故・西垣氏はMDの名作「ランドストーカー」を手がけたことで有名だが、この作品も有象無象のバカゲーとは一線を画したシビアかつ絶妙なゲームバランスにより今でも名作と評価されている。
XBOXでのリメイクがお流れになった事が非常に残念でならない・・・。
こちらもドリキャスがあるなら買いの一本!高い?文句言うな。

[11/07/14] 【青の6号 歳月不待人(DC)】 Edit

GONZOのデビュー作である青の6号のゲーム化作品。
主人公である速水鉄が青の6号に乗る前の、つまり本編の前日談となるオリジナルストーリーである。
ゲームの基本進行は、ギルドから依頼を受け海に潜り依頼品をサルベージ、報酬で自機をパワーアップしていき、より様々な状況に対応できるようにしていく。
海はミュータント化した危険な水棲生物で溢れているため、サルベージに対する緊張感も非常に高い。

 

バラスト注水して深度を下げていくと、緑がかった景色の先に見えてくる沈んだ都市郡の美しさに心打たれ、
自身の打つソナー音を頼りに、静かで光も届かぬ深海に潜っていく時間に心細さを感じ、
狭い視界の端に映る巨大生物に怯えながらの探索が恐ろしくも、楽しい。
操作性も快適で、潜る事を止められなくなる中毒性を兼ねた良作である。
他ハードに移植されていないのでプレミア価格となっているが、それでも買って損は無いだろう。

 

「なんだ、青の6号とかよくしらねーし」とか言わずに(ハードがあるなら)プレイしてみよう。
原作など知らなくても楽しめるから。

[11/07/14] 【機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY(SS)】 Edit

※忘れてました。
「コロニーの落ちた地で」の前身に当たるアクション・シューティングの名作。
全3部作とボリュームは多く、地上から宇宙への移り変わりは勿論、ジムコマンド→BD-1→BD-3への乗り換えによる性能のパワーアップはまさに劇的。
まさに一年戦争とは技術革新のカンブリア大爆発であるなッ!

 

ジムではかなりの苦戦を強いられてたドムやゲルググを圧倒できるBD(ブルーディスティニー)の機動性は爽快そのもの。
しかも、なんとハイゴッグやズゴッグEまで出てくる!ジオン水泳部ファン必見だ!
カッコイイ・・・その美しい流線型フォルムにウットリしていると撃墜されて即がめおべら。ふざけんなこのガマ野郎!

 

対ニュータイプ用であるEXAMシステムが発動するとその反応はさらに上がり、ニュータイプの世界を垣間見ることが出来る、制御には一苦労だ。機体に振り回されるとはこういう事を言うのだろう・・・。
オールドタイプでありながらもニュータイプに等しい戦闘を繰り広げるBDとイフリート改の高速戦闘は息つく暇もない程、足を止めたら負けだ!トイレ?後にしろ、もしくはそこでしろ。
ストーリーもゲームオリジナルの中では一番出来が良いのではなかろうか、アニメ化の話が出なかったのが不思議だ。

 

三部通してクリアするとプレイできる「対アムロシミュレーター」の難易度は鬼。連邦のニュータイプは化け物か・・・。

[11/06/23] 【サイレント・デバッガーズ(PCE-Hu)】 Edit

※これも忘れてた
「怪物共に乗っ取られた宇宙ステーション、調査に向かったデバッガーズ(何でも屋)の二人が見た物は・・・」
斬新なアイデアと衝撃的なストーリーが今でも多くのファンの心を掴んでいる3Dダンジョン型シューティング。
クリアまでリアルタイムに刻一刻と迫る100分の制限時間の中、音を頼りに怪物の位置を探り、追い詰め、倒せ!・・・無理だ!助けてーっ(;ω;)
敵のAIが良く出来ていて、体力が減れば全力で逃げたりもする。追いかければ今度は挟み撃ちを食らって即ゲームオーバー・・・となかなか一筋縄ではいかない。
また、ステーション内には照明の電源施設や回復装置、弾薬庫などの重要施設もあるのだが、これらを怪物共から守りきらないと破壊されてしまう。
破壊されて即ゲームオーバーになるわけではなく、そのままゲームは進行する。
代替品となるアイテムが相棒から提供されたりもするが、基本的に不利になることに変わり無いので常に緊張感が漂う作りとなっている。
曲がり角から急に襲い掛かる怪物・・・姿は見えずともセンサー音だけが徐々に大きくなっていく不安・・・照明を落とされ暗くなった通路を照らす暗視スコープ・・・。
本作はSFホラーの基本をすべて抑えていて、まさに“手に汗を握る”ようなプレイを楽しめる。

 

某エネミー○ロは本作を真似たと言っても過言ではない。ていうかそのまんまやんけ!

[11/06/23] 【マジカルチェイス(PCE-Hu)】 Edit

更新漏れてました。
Huカードにおいて脅威的に描きこまれたグラフィックと快適な操作性で話題となった魔女っ娘横シューティング。
ショップで魔法やアイテム等を買いつつ、ステージを攻略していくファンタジーゾーンのようなシステム。
難易度はちょっと低めかな?と思っていると後半いきなり難しくなったりもするが、基本的に少し頑張れば誰でもクリアまで到達できるバランスとなっている。
とにかく可愛らしいグラと、ちょっとクセのあるスター(バリア兼オプション)の扱いにハマるとなかなか抜け出せない魅力を持つ作品。ちなみに開発はオウガバトルで有名なクエスト。
余談だが、トラブル☆ウィッチーズにも本作の主人公のパロディと思われるキャラが居たり、ショップのカボチャを真似ていたりと、何気にオマージュされている。

[11/06/20] 【タコのマリネ(DC)】 Edit

幼女とタコのパズルゲー。
可愛いマリネちゃんを上手に誘導して、タコツボの中に閉じ込められたパパや町の人達を助けてあげよう。
ボイスこそ無いが、マリネちゃんの動作一つ一つがツボにくる。
おぱんちゅも見えます(白です。パパは良い子を育てましたね)。
これ今発売できないんだろうな。

[11/06/20] 【あしたのジョー 真っ白に燃え尽きろ!!(PS2)】 Edit

あしたのジョーのゲームと言うと正直あまり出来のよろしくないものが多いという印象があった。
普通のボクシングゲームだったり、単にミニゲームの集まりだったりと、素材の味を引き出せていなかった。
しかし、この作品はスタッフの原作愛に溢れている。
諸事情で一部の声優は挿しかわっているものの、あおい輝彦さん、松尾隆聖さん等はそのまま採用。
老いたとはいえあおい輝彦の演じるジョーの威勢の良さは耳に心地よい。
ファンなら買いです。ファンなら買いですよ。

[11/06/18] 【機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で(DC)】 Edit

通称コロ落ち。
ガンダムシミュレーター最高峰と名高い(本当ですよ?)アクション・シューティング。
コックピット画面に写る情報を頼りに、ジムで構成されるホワイトディンゴ隊の隊長として仲間を指揮し、索敵から迎撃、挟撃や地上物の破壊を主とした作戦を実行していく。
操作感覚はブルーディスティニーを基準としているが、ややこちらのほうが自由度が高く癖が強い。
コックピットから見える視界は狭く、地上である故に砂塵や障害物で見通しも良くはない。
だが、それこそがMS戦闘の醍醐味だと言える。
突如視界から消える敵機、「ヤツめ!どこへ消えた!」等と言ってる隙にアッサリ沈められる。
その時に初めて、自分の背後に回りこまれたことを知る。MSでの近接戦闘とは、やはりこうでなくてはならない。
ドムの驚異的な機動力に。一瞬で間合いを詰めてトリッキーな攻撃を浴びせてくるグフに。破壊したと思いきや上部だけが分離し空中から砲撃してくるマゼラトップに。
一年戦争の戦場の怖さを存分に思い知らされることになるだろう。
当然ガンダムなぞには乗せてもらえる訳もなく、支給されるのはジム系統と量産ガンキャノンのみという渋いラインナップ。
機体性能に頼らず、仲間を信じて連携していこう。まさに気分はMS08小隊。
また、ストーリーや各隊員のセリフ等も良く練られていて飽きさせない。ボリュームが少なめなのがやや残念か。

[11/06/13] 【ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章(DC)】 Edit

ドリキャスの配信テストを兼ねて。
断罪篇以降〜グリフィス再会までの期間を外伝化した、三浦健太郎が自ら脚本を書いたことで話題となった。
全体的に漂う暗さとグロさ、救いの無いストーリーはどっからどうみてもベルセルクそのままでファンも納得。
ドラゴン殺しをはじめ、ボウガン・ナイフ・炸裂弾・仕込み大砲など多彩な武器とアクションを駆使してガッツを操作するのは(マジで)気持ち良い。モンスターの断面図とかが見えてしまう数少ない作品のひとつだ。

 

アクション性については、ドラゴン殺しが狭い箇所では壁に弾かれてしまうので、おのずとサブ武器を使わざるを得ない。そのため大剣でバッサバッサ薙ぎ倒すような爽快感を求めていた人にはやや不評であった。
(狂戦士化すれば壁には弾かれないので、一応の救済策はあるが)
ただ個人的には初期のガッツのように様々な武器を使いこなす姿が好きなので、サブ武器にスポットが当たるこのバランスは◎!
納刀状態でのみ使えるボウガンの爽快感は病み付きになる。止まって撃てば一転集中、歩きながらだと扇状に広がるので状況に合わせて使い分けよう。
気付けばドラゴン殺しよりもボウガンを極める方に夢中になってしまうぞ。威力も高いし!
ダウンさせた相手の顔に向けてザクザク撃っていると思わず「すげえぞ!さずが超越者!ほんとに死なねえぜ!」と叫んでしまう。普通の人間の兵にも同じことが出来るけど。
ちなみに今作では大砲斬りも使える。カッコイイがやや使いどころが難しい・・・

[11/05/20] 【新創世記ラグナセンティ(MD)】 Edit

劣化ゼルダとは言わせない。
メガロープレプロジェクト第一弾。「人語を忘れるARPG」こと、新創世記ラグナセンティ。
※ちなみに第二段はザ・ストーリー・オブ・トアである。


突如世界に湧き出した謎のモンスターを倒すため、男子は14歳で剣を取り戦いに出る世界。
主人公も例外ではなく、14歳の誕生日に剣を渡され、モンスター討伐の旅に出ることになった。
だが、とある占い師に出会った直後から人間の言葉がわからなくなり、代わりに動物達の言葉がわかるようになったのだった。


ポップな外見と裏腹にシリアスなストーリーと、徐々に開放されていく多彩なアクションの数々。
仲間にした動物達を同時に二匹連れ歩け(動物達はなぜか浮いているが、そういうものだ)、その組み合わせにより攻撃方法や魔法が変わるぞ!

 

なぜモンスターは突然世界にあふれたのか?彼らを殺す事は正しいのか?
さりげなく心の在り様や原罪について問いを突きつけられる、重い・・・。でも動物は可愛いので癒される。
実はエンディングには深い意味が隠されているのだが・・・配信を見ていて気付いた人は居ただろうか?
ニッチなファンからVCでの配信が望まれる埋もれた名作である。

[11/05/10] 【ランドストーカー(MD)】 Edit

クライマックスの中のクライマックスたる作品。メガドライブ最高峰のアクションゲーム。
全てのマップが立体的に繋がっているマップデザインと、右脳も左脳も指先もフル回転させる謎解きの数々は、今でも通用するセンスの塊だ。
ヒントの少なさに戸惑うも、諦めなければ道は開く絶妙なバランス・・・と、一度始めるとのめり込まずにいられないので睡眠時間はガリガリ削られる。
ただしクォータービューの操作には若干のクセがあり、何よりも空間認識能力を問われる。
アクションに自信があるだけでは解けないが、一度はプレイしてほしい。
(クライマックスのロゴにもなっている)サッキュバスのフライデーもかわいい。ガチで。

[11/05/10] 【悪魔城ドラキュラX 血の輪廻(PCE)】 Edit

マリアちゃんちゅっちゅっ。でもやっぱリヒターは動かしてて気持ちいいわ。
隠しステージと分岐が多数で何度もプレイできるのが嬉しい。
ステージギミックもVKに負けず芸術的だ。

[11/05/02] 【ぽっぷるメイル(MCD)】 Edit

あとで。

[11/05/02] 【フォーセット・アムール(PCE)】 Edit

ビキニアーマーは正義。何度でも言おう、ビキニアーマーは圧倒的に正義である。
魔界村+ヒットラーの復活のような(あくまでも“ような”)アクションゲーム。
天井に突き刺して移動もできる二節棍を駆使して姉を救出に行く、伝説の勇者の娘コルクちゃん(推定17歳)はとっても可愛い。
さらに攻撃を食らうと鎧が脱げる(ここが魔界村チック)、その状態で更にダメージを負うと全裸になって倒れる。もう一度言おう、全裸になって倒れるのだ。
どこの変態・・・いや紳士が用意したのか知らないが伝説の鎧はものすごくオマタに食い込んでいるので脱げていなくても(俺達が)ヘブン状態なので何の問題も無い。
逆に男が主人公だったらどうなっていたのか考えると背筋が寒い。
全体的なゲーム性は中の下くらいのような気もするが、ワイヤーアクションはかなり気持ち良かった。

[11/05/02] 【ワードナの森Special(MD)】 Edit

サウスパーク顔のデブ主人公がワードナという悪の魔道師にさらわれた恋人を助けに行くぜ!
デブだからジャンプもショボいし、タイトルの割にWizとは全く関係ないぞ!上からくるぞ気をつけろ!
怒りを笑いに変えるほどの初見殺しトラップの数々に心を折られるプレイヤーを多数排出した、同シリーズのメガドラ移植。
死んで覚えろとはまさにこの作品のためにある言葉だろう。
ギリジャンや針の目を通すような精密な操作を要するくせに、エンディングはデブと彼女が燃える館をバックに微笑むだけ。
「貴様等にそんな達成感は必要無い(by飛龍)」と言わんばかりにプレイヤーを地獄の底に叩き落してくれる。
無限コンティニューは無いが、デフォルトでクレジットは8も存在する。が、初見では余裕で全消費するから困る。
さすが俺達の東亜プランだぜ!ヌルゲーマーお断りだ、そこにシビれる憧れるゥ!
あ、BGMはなかなか良いです。

[11/05/02] 【コミックスゾーン(MD)】 Edit

一時期プレミアとされていたがXBOXでのリメイクやVCでの発売により誰でもプレイできるようになった、メガドラ晩年の名作アクション。
自分の描いたアメコミに閉じ込められたマッチョな漫画家の主人公が、コマからコマへ縦横無尽に移動しながらバトルを繰り広げる。
フキダシで交わされる会話。コマ割をブチ抜き、敵を隣のコマへふっとばす豪快な攻撃!軽快なコンボ攻撃、etc...
と、飽きさせない展開とアクションゲーマーにも納得の歯ごたえは完全保障。アイデア一つで今でも通用するゲーム性。
ステージがやや少ないが、実は一応のマルチエンディングとなっている点にも注目。
あえて言おう、セガのゲームは世界一ィィィッ!

[11/05/02] 【バトルマニア】【バトルマニア大吟醸(MD)】 Edit

ビック東海から出た横スクロール(と見せかけて縦もある)シューティング。
同時に大鳥居マニアと羽田マリアの二人を操作していくのだが、これがまた攻略意欲を掻き立ててくれる。
シューティングといえば覚えゲーと言ってしまえばそれまでであるが、この作品では覚えていなくてもアドリブでどうにかさせてくれる程良い難易度、ステージギミックの楽しさと爽快感で、まさしく誰にでもオススメできるシューティングとなっている。
「おい、ここで(マリアを)後ろ向かせろよ!じゃねえと死ぬゾ」と言わんばかりの敵の配置と、そのバランス調整にスタッフの繊細さが垣間見える気がする。
メカと美少女とドタバタコメディ・・・80年代テイスト溢れる展開は懐かしくも安心のクオリティ。

 

極楽超B級シューティングの名は伊達じゃない!

[11/05/02] 【コナミワイワイワールド(FC)】 Edit

もはや説明不要なので紹介は割愛。
鬼のジャンプアクションと意外にも高い難易度、そしてコングを救出したら存在意義が消えるマイキー。
記憶の彼方に忘れ去った攻略を思い出しながらのプレイは歯ごたえ十分であった。

[11/04/20] 【ベアルファレス(PS)】 Edit

独特な世界観、宗教観を持つアクションRPG。
地下遺跡の上に立てられた村を拠点に、遺跡・村を往復するWizライクなゲーム進行をする。
目的は非常にシンプルでありながら、濃厚で暗いストーリー。また、トラップをメインに攻略するというプレイスタイルが斬新かつアクション自体も非常に良く出来ている。
難易度は難しすぎず、ヌルくもなく・・・何度か失敗しながら学んでいくようなギリギリのバランス調整は製作者のこだわりを感じさせる。
主人公の職業によって使用武器が変わってくるため、自分に合った攻略法を確立していこう。

 

仲間に出来る人間も総勢13人と多く、彼らの能力も攻略には欠かせない。
各キャラクターとの交友度を高めることによってイベント進行やエンディングが変化するので複数回プレイも楽しめる嬉しい作り。
特に彼らの内面描写や、これでもか!と言わんばかりのドットによる挙動の描き込みはメジャー作品に優るとも劣らない。
一回のプレイ時間も10〜20時間程度と長くないので気楽に遊べる・・・が、前述の通りストーリーが非常に重い。毎度毎度やりきれない思いをすることになるので心を強く保とうw

 

制作会社はすでに無いが、アーカイブスでも配信されている。
ちなみにキャラクターデザインはFEで有名な小屋さん。

[11/04/20] 【グーニーズ2 フラッテリー最後の挑戦(FC)】 Edit

説明不要のグーニーズ続編。オリジナルキャラの人魚のアニーと、またしても捕まった無能なグーニーズの仲間を助けるためにマイキーがヨーヨーを武器に立ち上がる。
表と裏に分かれた複雑で広大なMAPとワープゾーンに頭を悩ませつつ地上から海中(地底湖?)までと、前作を大幅に上回るボリューム。
フラッテリー一家はタイトルにあるくせにほとんど出てこない、相変わらず影の薄い悪党である。
とはいえゲームオーバー時のフラッテリーママの顔芸は必見。
パッケージデザインのクオリティが映画のポスター並に気合入ってるのがキモ。
発売当時は応募券を送るとグーニーズのロゴ入りヨーヨーが貰えました(持ってた気がする、懐かしいなあ)

[11/04/15] 【虹色ドッジボール 乙女たちの青春(PS)】 Edit

アトラスの三大代表作の一つ、虹色ドッジボール!
ちなみに残り2つは「雀偵物語3」と「えりかとさとるの夢冒険(販売元:ナムコ)」(お客様!胸倉を掴まないでください!)
く○おくんのドッジボールを手がけた元テク○スジャパンスタッフによって作られたドッジボールゲームの草分け的存在。
好きなチームを一つ選んでリーグ優勝に向けてチームを育成するストーリーモードと、おなじみの対戦モードがある。
ゲーム性はく○おくんと全く同じ。強いて言えばドッジボールだけにドッジ(避ける)アクションが使用できるようになっていたり、外野も必殺技を使えたりするのが新しいか?
各演出も同じで必殺シュートで地球一周や、体力が尽きれば天使になって飛んでいったり・・・と懐かしい感じ。
登場キャラは漫画家・イラストレーターが多数参加。一般的な知名度はともかくとして、なかなかの豪華さ。
対戦メインのゲームのくせにストーリーモードのボイスがやたらと充実していたり、と妙なところにも力が入っている。
単なるギャルスポーツゲーと馬鹿にしないでください。

[11/04/12] 【風雨来記(PS)】 Edit

PSNアーカイブス発売記念!
PS2にリメイクと続編がある今作だが、値段がなかなか下がらないのでアーカイブス化は素直に嬉しいところ。

 

一ヶ月間、北海道をバイクで旅しながら各地を巡り、野宿できる場所を見つけて夜はキャンプでルポ書き、Webサイトにアップするのが大まかな流れ。
3000枚にも及ぶ各地の写真は圧巻。ガイドブックにも無いようなレアなポイントも訪れることができる。
なんといってもツーリング感がたまらない、夏の北海道の情緒や魅力を余すことなく伝えてくれるテキストも最高だ。
ルポも自分の好きな文章や出来事を選択して書くことが出来、それによって読者の反響も大きく変わってくる。
掲示板に書き込まれた感想にニヤリとしたり、落ち込んだりと・・・やけに既視感を感じると思ったら、そうか!配信に似ているw

 

旅先で出会う女の子達も魅力的(実は恋愛ADVである)。
目的は北海道ルポなので女の子と触れあう機会はそう多くないのが、だからこそ旅先での偶然の出会いが引き立つのかもしれない。
イベントが少ないとは言ったが、心情描写はかなり丁寧で感情移入度も高い・・・ついでに言えばホロリ涙では済まない。

 

だが、旅には終わりがあるように、出会いにも別れがある。
とてもとても情緒溢れる作品です。

[11/04/04] 【かえるの絵本 〜なくした記憶を求めて〜(PS)】 Edit

自分の物語が絵本になる、暖かみのあるRPG。
記憶をなくした旅のかえるが、ある日出会った賢者によって元は人間であったことを知らされる。
賢者の力で1年間だけ人間の姿に戻してもらい、限られた期間で自分にかけられた呪いの正体と解呪方法を探していく・・・といったストーリー。
マルチシナリオにより、呪いの正体も理由も異なってくるので複数回のプレイを推奨。
また、主人公が男女・職業共に選べ、仲間達とのエンディングも当然それによって変わってくる。美形男子も多いため女の子にも人気が高い作品(と思う)。
スキルの種類やその使い方は、なんとなくTRPGっぽくもあり(綱を渡る、岩をどかす、等)古参ゲーマーもニヤリとできる(と思う)。

 

物語も仕事や訓練のスケジュールを引きながら、一つの街で依頼を任意にこなしていくだけなので(アトリエシリーズのようなモノ)プレイはカンタン。ただし、やや単調に感じるかも。
RPG特有のとっつきにくさが無い分、個人的にはこの点は評価したい。歳をとるとRPGが面倒に感じてしまうのは自分だけだろうか・・・これくらいシンプルだと気軽にプレイできて嬉しい。
高田明美さんの描くキャラが好きな人は勿論、最近ゲーム離れをしている人にもお勧めしたい。
とにかくモブキャラのかえるがとても可愛い。

[11/03/30] 【リアル麻雀アドベンチャー 海へ(SS)】 Edit

タイトルからでは到底想像付かないであろうが、麻雀ゲームではありませぬ。
夏の一ヶ月間を海辺の旅館で過ごし、“化石グランプリで優勝するために化石を掘り”ながら、スーパーリアル麻雀P5〜P6に登場する女の子と仲良くなろうという、どの層を狙った企画かよくわからない迷作恋愛アドベンチャー。
グランプリは掘り当てた化石の組み合わせを役に見立てた麻雀らしきルールになっているのだが、余計に意味が判らない。
(同一地層:1翻、とか言われてもそんなの化石マニアじゃないとわからないのでは・・・と思ったが、そもそも登場する化石がほとんど創作物なのでマニアでもわからない)
主人公も名前はともかく一人称まで無駄に選べる仕様になっていて、学生にも関わらず「拙者」や「ワシ」などが候補に含まれており、プレイヤーのシナプスを静かに破壊していく。
その上、あろうことか「選択肢に逆らう」「重要な場面で選択肢を出さずに勝手に下衆な冗談を吐く」など、シナリオライターの首を捻じ切りたい衝動に駆られながらプレイすることになるので、血圧の高い人はプレイを避けるべき。
エロゲキャラ顔負けのクズな性格は、(製作者が意図したわけでは無いのだろうが)唯一無二と言ってもいい。多分ろくな死に方をしない。
この逆カタルシスを体験できる稀有なバカゲーを、無責任にオススメしたいと思います。

[11/03/30] 【装甲騎兵ボトムズ -ウド・クメン編-(PS)】 Edit

なんか抜けてるなと思ったらボトムズ書いてなかった。
PS2以前のボトムズゲーは不作と言われ続けているのだが(否定はしない)、個人的に気に入ってるのが本作品。
当時、外伝系が大半を占めていた中で、貴重な本編ストーリーを題材にしたボトムズゲー。
ポリマーリンゲル液のコントロール、ミッション毎にスコープドッグをカスタマイズとマニアックな作りをしている。
そしてそれが操作性の難解さと理不尽に高い難易度の要因にもなってしまっているのだが、AT操作という面ではいっそリアリティすら感じる。
人間のような小さな的こそ狙いづらく、ボトムズの特徴である対人戦の厳しさを体感するだろう。
上にも挙げた操作性の難解さによって即座に投げ出したプレイヤーも少なくないと思うが、難解故に上達の喜びも大きいのではないか。
評価したい点としては、アニメそのままを3Dで表現したOPはファン感涙モノである。
また、本編の名シーンを再現したムービーのクオリティは短いながらも高いレベルで安定している。
悪い点も挙げるとキリは無いのだが、しいて言えば敵ATが硬すぎるのと、クメン編と銘打ってる割に途中で終わってしまってるところか。

[11/03/25] 【That's QT(PS)】 Edit

ザッツ・キューティー!君も今日から服飾デザイナー!メーカーはコーエー!
街の人との会話からインスピレーションを受けたキーワードを組み合わせて、新しいデザインを考えよう。
「まるい+まる」「短い+広がる」「ぴったりした+お花」等、「それから何が出来るんだろう?」と思わせるようなユニークなキーワードを組み合わせていく事で素敵な服をデザインできる。なんだか、せがれいじりのようですな。
帽子・髪型・シャツ・ボトム・アウターからドレス、時には水着まで。デザインの幅はとても広く、数も多い。
作った作品は自分の店で売ることが出来るぞ!
各ステージごとに定められた目標をクリアして、どんどんお店を大きくしていこう。お店が大きくなれば店内レイアウトからバイトの雇用まで自由に行えるようになる。
店内では悩めるお客さんに話しかけ試着させて購買意欲を煽ってみたり、商品の陳列からレジ打ちまで・・・と経営要素もシッカリ遊ばせてくれる。
自分のデザインを流行らせたい!とくればファッション雑誌に載せたり、マヌカンを雇って街の人に注目させよう。
街の人が「あ、この服いいな!」って感じたら(服に注目しているのがグラフィック上でも判るのがイイ)、その人は店に来て服を買ってくれるし、街に自分の服を着た人が増えれば宣伝せずとも客が集まる・・・と、かなり細かいところまで作りこんである。
とにかくキャラや仕草が可愛らしく、プレイや操作も簡単。流行を作り上げるためにどうしたら良いだろうか?と試行錯誤も楽しい、普段あまりゲームをやらない女性にもオススメの作品。なんとDSにも移植されてるよ!

[11/03/22] 【Bad Mojo(Win95)】 Edit

タグ:作者は病気シリーズ
クソ汚いアメ公の貧乏アパートを綿密なグラフィックで表現した、唯一にして至高のゴキブリゲー。
*時には仲間(?)の死体を上を渡って進むゴキブリホイホイの中を
*時には食いかけの昼食の皿を
*時にはネズミの死体を上を
*時には寝ている人の顔の上を進む

Gが苦手な人が見たら卒倒しそうなシチュエーションを潜り抜け、即死トラップにも負けず、天敵の猫から逃げながら、早く人間に戻ろう!
こう見えてテーマは家族愛。ころみさんの話をした奴は屋上な。

[11/03/22] 【デザーテッド・アイランド(PS)】 Edit

無人島物語やレッスルエンジェルスを世に送り出したKSSの埋もれた名(迷?)作。
近年まで真エンドの存在が明らかになっていなかった事もあるせいか、所々でクソゲー扱いをされている不遇な作品である・・・。
(通常は「帰国」コマンドを使用することで任意にエンディングを迎えることが出来る)
ちなみにDeserted Islandとはまんま無人島の意。

 

本作は西暦1904年、日露戦争の最中に発見された未踏の無人島を舞台とした箱庭型探検シミュレーション。
大英帝国、プロシア帝国、アメリカ合衆国、大日本帝國の内ひとつを選び、その国の探検隊として未知なる生物や植物などを発見していこう。
一応は無人島物語シリーズとなっているらしいが、コチラの方はよりシンプル。新たに道具を調達・作成する必要はなく、食料や装備品は最初から用意されている。
(無論、数に限りはあるので探索が長期化した場合は現地調達が必要になるが)
隊長・助手・ポーター・医者・ハンター・犬の“5人と1匹”のメンバーを一人でも失うことのないよう気をつけながら、ただひたすらと島を探索するだけのゲームである。
これだけだと「え、それの何が楽しいの?」と思うかもしれないが、時折交わされる隊員同士の会話が非常に読ませるテキストとして存在している。
ユーモア溢れたジョークもあれば、哲学的な見解、時には詩的であったり情緒的な意見もあり・・・感性豊かで愉快なキャラクター達がプレイヤーをこの世界にグイグイと引き込んでくれる。
プレイを始めて1時間も経つ頃には、気分はすでに探検隊の一員?

 

* 未踏の地に足を踏み入れるというのは、人を虜にする危険な魅力を持っているのかもしれないね
* へぇ、あっしにとっちゃ故郷の田舎以外は全部おんなじでさ
* わんわん!

[11/03/10] 【だいな♥あいらん(SS)】 Edit

「ゆみみみっくす」に始まるインタラクティブコミックの第二段。後にWin95にも移植された。
竹本泉の描く、非日常の世界の中にありながら日常的に過ごすキャラクターのドタバタコメディ。
俗に言う「竹本ワールド」をフルアニメーション・フルボイスで実現したゲームアーツの技術力に乾杯!なんと開発費が採算割れだというw
カクつく事もボイスが途切れることも無い滑らかなアニメーションはサターンの中でも郡を抜いている。
大谷育江・松下美由紀コンビの演技がまた、当時を思い出すような懐かしさと可愛らしさで心を奪われる。

 

恥ずかしながら当時は「こんなゲーム性の無いモノを」と冷めた目線で見ていたのだが、歳を経て初めて判る、竹本ワールドの魅力。懐古補正を含めても、やっぱり安心して見ていられる安定したクオリティだと思う。
ゲーム性が低いと言いつつも、選択肢ごとに変わる展開(アニメーションの使いまわしの少なさに驚愕!)や、クリア後に追加される選択肢からの追加シナリオ等、マルチエンドもやたら豊富にあるから馬鹿に出来ない。
(特定選択肢後にしか表示されない隠しアイキャッチ等、細かいところも芸が細かい)

 

疲れた心の清涼剤として、老若男女にオススメできる。訓練された育江ニストであれば精力増強剤にもなろう。
二人で歌う主題歌がとってもプリチー。

[11/03/07] 【LOVE&DESTROY(PS)】 Edit

ひっそりと佇む日陰の花のような良作品。世間では不当にクソゲーの烙印が押されている事が多い・・・。
キャラデザイン:桂正和、ムービー制作:Production I.Gという豪華な組み合わせの恋愛3Dアクションシューティング。

 

謎の未確認生物[ジャム]に破壊され尽くした未来の地球からやってきた3人の女の子人造人間Q-TRON達と共に、対ジャム決戦兵器バトルポッドを操り、未来を変えよう的なお話である。
対ジャム用攻撃手段であるS.E.E.D.はQ-TRONとの心の結び付きによって育まれていく・・・らしいので勿論、このすばらしいお尻ちゃん達と仲良くしていこう!
戦闘中の通信や各ムービーでの選択肢によってS.E.E.D.は上下し、数値では判らないがQ-TRONの言動や態度に変化が見られ、その結果によりマルチストーリー、マルチエンドが展開していくが・・・全般的にやや切なさが残るストーリーである。

 

クソゲーと判を押された最もたる原因は操作性にある・・・。
左アナログスティックで移動、右アナログスティックで照準を合わせ、R3を押し込む事で武器を使用する。
十字キーは使用しない(ボタンコンフィグはあるので自由に変えられるのだが)
この当時としては斬新すぎる操作性が敬遠されてしまう原因になった。慣れるまでは確かに若干の時間を要すると思う。
だが慣れてからの操作は純粋に「動かすだけで楽しい」。Z.O.Eの前身とも言えそうな軽快な動きと迫力あるカメラアングル、それぞれクセのある武器を使用することで変わってくる攻略性が肝。難易度はやや低め、なぜならヌルゲーマーな俺でもあっさりとクリアできるから。
特別とっつきづらい印象も無く、1プレイ時間は一時間程と手を出しやすい。桂尻に魅了されたい方は是非プレイを。

[11/03/07] 【北斗の拳 世紀末救世主伝説(PS)】 Edit

かつて、北斗ゲーといえばクソゲーであった。(評価できるポイントが皆無というわけではないが)
原作改悪であったり、もしくは耐え難いゲーム性であったり、それらの心無い作品は北斗を愛する原作ファン達を幾度と無く屠ってきた・・・。
「ヒャッハァー!待ちに待った北斗ゲーだゼェーッ!」と駆け寄るモヒカンゲーマー達が3秒もすれば「ぶべら」や「ひでぶ」と叫びながら飛散するような、北斗残悔拳のようなクソゲーが定番だったのだ!
嗚呼、北斗ゲーの世界には俺達を救ってくれる者はおらんか・・・。

 

否、遂に現れたのだ。我々モヒカンゲーマーを救ってくれる救世主たる作品が!
それがこの、バンダイから発売されたプレイステーション版「北斗の拳 世紀末救世主伝説」である。
原作を出来る限り忠実に再現した名シーンの数々。今や聴くことの適わぬ往年の声優達の怪演。
かの公式MAD制作ツールである「世紀末シアター」をはじめとした充実のオマケモードの数々!
「んん〜?ゲ〜ム性?聞こえんなァ〜?」とのたまうウイグル獄長をホワタと吹き飛ばす軽快な操作性!
カウンターヒットからの秘孔入力でザコは周囲を巻き込みながら爆散!
しかもザコの断末魔はセリフに割り込む入力タイミングに合わせて変化し、なんとその数200種類以上!これほどまでにザコに力を入れた作品があっただろうか?開発労力を正しく間違えた方向性の賜物である!
「ろば!」「いぐあな!」「ぼさのば!」リアルタイムあべしシステムの生み出す芸術品のような断末魔が、疲れた現代人の心にヒーリング効果をもたらしてくれます。

 

今作によって、プレイヤーはモヒカンから北斗神拳伝承者にようやくなれたのだ・・・それは長い道のりだった。
とうとうケンシロウにこの俺が・・・いや、この俺こそがケンシロウだったのだ!
そんな気持ちにさせてくれる名作です。

[11/03/07] 【タッチ(FC)】【アキラ(FC)】 Edit

これはそのうち。一言じゃとてもとても・・・

[11/03/02] 【DEBUT21(PS)】 Edit

「I-D21TP3[神崎アイ]はアンドロイドである。
 彼女を開発したネオ・エナジー・コミュニティは
 汎用アンドロイドのシェア独占を企む総合電気メーカーである。
 神崎アイは僅か1年の寿命の中で芸能界トップアイドルとなるべく、
 日夜レッスンやバージョンアップを行うのだ!」

 

どうやら最近はアイドル育成ゲームが流行っているようじゃないかということで満を持してのDEBUT21、大変お待たせいたしました。
プレイヤーは神崎アイのテストに協力しているJACK SHOWプロダクション(弱小?)でマネージャーとして、神崎アイのマネジメントを行うことになる。
神崎アイの動作可能期間はたった1年。期限を過ぎると神崎アイは停止してしまう・・・という最初から切ないストーリー。
能力に合った仕事を選んでやり、レッスンによって成長を見届け、稼いだギャラを使ってアイをバージョンアップしていく。
パーツも数箇所あり、INPUTモジュールをバージョンアップすれば感受性や学習能力が上がり、FACEモジュールを変えれば表情が増えて魅力が上がる等、優先順位を考えながらバージョンアップしていくのが楽しい。
仕事の種類も豊富で、TVドラマや写真集、歌番もあれば映画やCMもある。
中にはライバルとのオーディションに勝たなければ受諾できない仕事もあり、ライバルの人気を奪う事が出来る上にギャラも高価だ。上手く育てて勝ち取ろう。
月に一度のアイドル番組で人気の程を確認できるが、この番組どう見てもカウントダウn・・・
休日はアイとのコミュニケーションで信頼度や感情度を上げてあげよう。AIにだってメンタルケアは必要なんだ。

 

そうこうしているうちに最初は感情が薄かったアイも、一年を通してどんどん感情豊かになる。
奇しくも動作停止期限が近づく程、彼女は人間らしくなっていく。嬉しくも切ない複雑な心境である・・・。

[11/02/23] 【炎の料理人 クッキングファイター好(PS)】 Edit

日本一ソフトウェアの伝説的カルト作品。
全編に漂うGガンダム臭、今川監督も卒倒しそうなまでに前後不覚に陥ったテキストの数々。
いとも簡単に数行前の己の発言を覆す登場人物達。
正常な人間プロレスの頂点を目指す。
実はかなり自由なフリーシナリオ。初期の所属団体から移籍先まで任意に選んで、それによってストーリーも変わっていく。
最終的にはシリーズ通して最強の位置付けにあるダークスターカオスと対決するのだが、これまで歩んだ道筋によってエンディングは大きく変化し、中にはダークスターカオスの正体が判明するという稀有なエンディングも・・・。
SFC後期なのとタイトルが変わっているため注目度はさほど高くなかった今作だが、レッスルシリーズファンも、そうでなくとも楽しめる良作である。
何よりレスラーの育成がとても楽しく、またキャラクターも愛嬌があってとってもラブリー!
か〜よちゃ〜ん!

[11/01/24] 【SUPERレッスルエンジェルス(SFC)】 Edit

女子プロレス団体を運営しようぜ!というノリでプレイ。
PC98でお馴染みのシリーズ、レッスルエンジェルス3を基準に作られた女子プロ経営シミュレーション。
シリーズの登場キャラ達をスカウト・育成しながら自団体を最大・最強の団体に成長させるのだ。
全国にある実名の会場を周り、興行を成功させるには地方の人気が不可欠。その地方出身のレスラーを出したり、マメなサイン会を開いたり、人気の海外団体と提携し選手を呼ぶ・・・等、往年のプロレスファンにはたまらないコマンドが勢揃い。時にはTV出演やファンクラブの設立も効果的だ。
選手が強くなれば大きな会場でベルトを賭けた王者決定戦を開けば人気や集客も一気に獲得できる・・・はず。
試合はコマンド・オートが選択できるカードバトル形式。システムを理解すれば手動の方が勝率は高いのだろうが、育てたキャラを信じてオートにするのがドキドキできて楽しいぞ!
「うおぉぉぉぉッ!ゆっこちゃぁぁぁぁん!!」と大声で応援しよう。きっとその気持ちは選手に伝わるはずさ!
伝わらなかったら愛情か育成のどちらかが足りないのでせいぜい頑張ってくれたまえ。育成作業なんかでも、選手がみんな可愛いので色々捗るぞ!色々だ!
リングネームも任意に決めれるので「どんまい中林」とか「タンポン中子」なんて名前にしても問題無いのだ。選手自身がどう感じてるかは知らん。

[11/01/19] 【やきとり娘 スゴ腕繁盛記(PS)】[リスナーリクエスト] Edit

焼き鳥屋を営む父親が突如心臓発作で死亡。娘のささみは悲しみに暮れる暇もなく、店をたたむ準備をしていた・・・そこに現れたる一匹のニワトリ!それは亡き父・酉助の生まれ変わりだったのだ!(ここまで開始二分の展開です)
よくわからない喋るニワトリ(父親)に諭され、ささみ18歳(生足・巨乳・オレっ娘)の険しき焼き鳥ロードが始まる。
唯一の特技である早焼きを武器に、客に対してやきとり勝負を挑もう!※やきとり勝負という品名です。
ウチワで煽って匂いをたちこめ客の食欲を煽り、コンボで皿に乗せていく。生焼け、焦がしに気をつけろ!焼き鳥は遊びじゃねえんだ!
ちょっと急がしめのアクションパズルだが、慣れてくれば多分簡単。
人情溢れる客の面々と、ちゃきちゃきした江戸っ子ささみの性格に暖かい気持ちと股間になれるぞ!クソッ、なんだよあのおっぱい!
鶏に鶏を食わせる問題作、そしてラーメン橋に続いて視聴者の食欲を煽る激ヤバ作品であった。

[11/01/17] 【ラングリッサードラマチックエディション・ラングリッサーII(SS)】[リスナーリクエスト] Edit

ラングリッサーI&IIがセットになった一本。
今回プレイしたのはラングリッサーII。SFC版のデア・ラングリッサー準拠なので4つのルートが楽しめる。
サターン版のみ追加されたシナリオもあるのでデア経験済みの人でもちょっと新しい気持ちでプレイできるぞ。
配信では帝国ルートの攻略を行ったのだが、最初に誰もがチョイスするであろう光輝ルートとは違い、文字通り帝国からの視点で物語を進めることになる。
帝国サイドから見た光輝の末裔は、なんというか使命感に囚われ過ぎていて大局で物を見ていないような、感情的な部分が垣間見える。
帝国が悪、光輝が正義・・・という単純な構図ではないのがこの作品を名作たらしめてる点ではないだろうか。
帝国も闇を打ち払い、(多少の犠牲をもってしても)揺るがない平和の時代を築くという信念があるという点が面白く、どちらの勢力でも感情移入ができるシナリオとなっている。
かつて仲間だった光輝(スイーツw)連中をザクザク殺していく背徳的な爽快感が気持ち良いぞ!
ジェシカがあまりにも黒過ぎて笑うしかない、どう考えても戦犯だろうアイツは・・・
正史は光輝ルートなのだが、帝国視点の方が個人的には楽しめたかな。
ただ一番キチガイじみてるのは独立軍ルート、これは必見。

[11/01/04] 【バロック -歪んだ妄想-(PS)】 Edit

異形に溢れた世界、記憶の無い君は上級天使に「神経塔を上り創造神を撃て」と命令を受ける。
それが失われた記憶を取り戻す手だ、と。
不気味で奇妙、それでいてどこか親しみのある世界観に魅了されつつストーリーに置いてかれつつ神経塔を登ろう。なぜならそれしか出来ないのだから。
ゲーム内容としては3Dの不思議なダンジョン。もちろん入る度にレベルは1からで、アイテムは転送すれば持ち込めるといったもの。
愉快な姿な異形達と一緒にバロックワールドを堪能しよう。レッツエンジョイ神経塔!
※弐瓶勉先生のBLAM!はこの作品の影響を強く受けているのではないだろうか?

[11/01/02] 【ちゅ〜かな雀士てんほー牌娘(Win)】[リスナーリクエスト] Edit

スーチーシリーズ外伝。江戸時代終わった直後の東京を舞台に、白面金毛九尾の狐を封印した殺生石を集めよう。
殺生石を持ってる8人を麻雀で倒して体中を探そう!見つかるまで徹底的にだ!どこだ?どこに隠したフヒヒヒ・・・
お馴染み声優メンバーに加え豪華メンバーが勢揃い、生天目(ぺろぺろ)さんも良演してくれてぺろぺろ。
PS2・DS・PSPにも移植されているのでどれか一つはやっておこう。お兄さんとの約束だ。

[11/01/01] 【SUPERバトルスキンパニック(PC98)】 Edit

PC88からの移植作、ガイナックス節炸裂の脱衣格闘カードバトル。
古来中国に伝わりし『裸身活殺拳』、それは精神統一により蓄積した気を体表面より一気に放出することで敵にダメージを与える恐ろしい拳法である。
よって体表の露出面積がそのまま技の威力に比例する。だから脱がねばならないし、脱がねば強くならない。つまりコレはそういうアレである!(仕方ないことなのだ!)
プレイヤー=有川ススムは裸身活殺拳伝承者の坂東ミミ(南米帰り)と共に、伝承者の証であるブルー・ロブ・スターを狙う者たちを撃退したりソレ以外の事もやったりして戦いを勝ち抜いて欲しい。

[10/12/27] 【スチーム・ハーツ(SS)】 Edit

治療なんだから仕方ないよな。だって治療しないと大変なことになるしな。
やましいことなんて何もないのぜ。
見た目に反して硬派なシューティング、難易度も丁度良く楽しめるぞ。

[10/12/23] 【バルクスラッシュ(SS)】 Edit

3Dシューティングの傑作。ロボット形態と戦闘機形態を上手く使い分けて全7ステージをクリアしよう。
ナビゲーションの女の子を育成すると的確な指示をくれるようになるが、ダメな子ほど可愛く見えるので問題ない。
操作性は抜群、連鎖破壊コンボが最高に楽しいぞ。

[10/12/23] 【キアイダンOO(PCE)】 Edit

古き良い時代のロボットアニメのノリを取り入れたシューティング。懐かしめなOPがたまらない。
5つの武器とキアイダン(各武器にキアイを込めた必殺技だ!)で勝利をつかむのだ!

[10/12/20] 【リンダキューブ完全版(SS)】[リスナーリクエスト] Edit

シナリオAのみ打開。メリークリスマス!

[10/12/19] 【プリズムコート(PS)】 Edit

弱小女子高バレー部の監督になろう!
スポーツ育成ゲームの妙作。

[10/12/15] 【キャプテン・ラヴ(PS)】 Edit

サイトへ移動

[10/11/28] 【真・女神転生デビルサマナー(SS)】 Edit

なぜかPS1に移植されなかったデビルサマナーシリーズ第1作(PSPにはあるよ)
悪魔の忠誠度を上げないと命令を聞いてくれなかったり、それぞれ悪魔の性格ごとに行動パターンが違ったりとなかなかの意欲作。
「ううっそ!なんだよ自由にメーレイできねーんかよー」って思う?思うよね?ん?
でもそれがまたイイんです。悪魔が生き生きとしている。ああ、悪魔を従えてるんだなってものすごい実感できる。だって悪魔なのに人間の命令簡単に聞くのはおかしいでしょう。
それに、悪魔は臨機応変に行動してくれるので同一ターン内でも瀕死の仲間を回復してくれたり、我侭なりに賢いヤツらなのです。
悪魔絡みの事件を私立探偵として解決していくサブイベントも楽しい。
ダンジョン難易度は、まあ・・・メガテントップクラスとだけ述べておきましょうか・・・。

[10/11/24] 【夕闇通り探検隊(PS)】 Edit

東京都下、日野市をモデルとした陽見市を舞台としたホラー(?)アドベンチャー。
「あと100日で誰かが死ぬ」興味本位で確かめた噂で本当に呪いにかけられることになった3人(と1匹)が、生徒から聞いた数々の噂話を確かめに行く。
幽霊の正体見たり枯れ尾花と言うように、真実は単なる勘違いもあり、もしくは本当に幽霊話であったり・・・。
ジュブナイルを感じずには居られない3人の日々の生活と感情。そしてどこか懐かしい街の景観に、気付けば虜になっているはず。

[10/11/14] いろいろ未整理 Edit

【麻雀学園祭DX(SS)】
【モンスターワールドIV(MD)】
【ガンスターヒーローズ(MD)】
【ガーディアンヒーローズ(SS)】
【ゲーム天国(SS)+GUNばれ!ゲーム天国(PS)】
【プライベート・アイ・ドル(PCE)】
【雀偵物語3セイバーエンジェル(PCE)】
このへんはそのうち。

[10/11/10] 【金田一少年の事件簿 〜星見島 悲しみの復讐鬼〜(SS)】 Edit

キャラゲー屈指の意欲作、自分が殺人者となり金田一の推理を掻い潜るという前代未聞のADV(今もう出せねえだろうなぁ)
主人公は男女1名ずつ、それぞれ復讐のため星見島のイベントパーティへとやってくる。
ターゲットは複数名、殺す順番や殺害方法も自分で選択できる・・・が、きちんと考えて殺害しないと証拠を残すことに。
このゲームの一番の魅力、それは「犯罪者の心理になれる」という点だ。ターゲットをどこで殺す?証拠は消したか?死体の処理はどうするか?...
そして些細な証拠、些細な仕草からワンチャンで殺害方法と犯人は自分であることを見抜く金田一君の恐ろしさを存分に味わうことになる、金田一の「・・・そうかっ!」は本当に心臓に悪い。
倫理的に問題がありそうな内容だが、プレイヤーが「犯罪は止めとこう」と心底思える作品だろう。
とはいえゲームの目的は「完全犯罪」なので、是非ガンバって頂きたいw

[10/11/01] 【クロス探偵物語(PS)】 Edit

ゼロヨンチャンプの神長豊が送る本格推理ADVの決定版。
歯ごたえのある謎解きと、動き回るキャラクター達。シリアスからコメディまでを含めた全7話はボリュームたっぷり。
推理系ADVはちょっと・・・って人には是非やってほしい。老若男女を問わず薦められる作品だ!
隠れた・・・というほど隠れてないが、間違いなく楽しめるゲームなので未プレイは勿体無い。
本作ではテキスト入力での推理があるため、総当たり等で打開できるわけではない。一つ一つのヒントを元に自分自身で推理する事が大事だ。

 

また、主人公の黒須剣のおバカ具合にも心癒されるだろう。
※まゆなは俺の嫁だが、沢田さんや神城さんも捨てがたい。幸薄系美人ってたまんねえ。
 友子ちゃんはババクサ可愛い、横山智佐の声はやっぱり元気っ娘の方がよく似合うよね。

 

あとは続編さえ出てくれれば文句は無いんだが・・・

[10/10/31] 【魔道物語I(MD)】 Edit

魔道幼稚園の筆記試験を運打開してしまったアルルちゃん。幸か不幸ただ一人、卒園試験のため魔道塔に登ることになったのであった!(CV:キートン山田)
アルルって『ぷよぷよ』の?って人が多いと思うので簡単に説明すると・・・
ぷよぷよは魔道物語のスピンオフ作品であり、ぷよぷよのヒットは対戦式というルールは勿論、この魔道物語のキャラクターの魅力のおかげに他ならない。
※ただし本作でのアルルは幼稚園児
魔道物語のウリはなんといっても「ファジーパラメーター」。
HPやMP、経験値などの数値の一切を省き、体力ならばアルルの表情から、魔力はアルルの自己申告、経験値は画面下部の宝石の輝きで表現している。
「アルルちゃん元気ない顔してるけど体力大丈夫なのかな・・・?」等、気にかけながらプレイしているとまるで子育てのようで感情移入がハンパ無い。
しかしこの元気のない笑顔が可愛すぎて思わず回復したくなくなるのだ!フラフラのアルルちゃん可愛いよぉぉと叫びながらプレイするのが紳士のプレイスタイルと言えよう。
ゲームシステムはWizライクなダンジョンRPGなのだが、魔法詠唱システムが凝っている。
戦闘中・移動中に関わらずレバー入力で魔法を詠唱することが出来、これによって謎解きや戦闘を同システムで実現しているのだ。つまり操作方法の習得が楽チンで、(難易度はともかく)女子供にも優しいシステムだ。
レバー入力と共に伸びや屈伸を繰り返すアルルちゃんmaji可愛いよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜!!と絶叫全裸ブリッジしながらプレイするのが紳士のプレイスタイルと言えよう。実際ホントに可愛い!たまらん!
ボイスが付いたゲームとしても最初期に当たる作品である点も評価したい。
こんな可愛いアルルちゃんで遊ばない男の人は頭がおかしくなって死ぬと思います。すぐプレイしよう!
※アルル・ナジャはコンパイルが生み出した“ボクっ娘カテゴリ”最強ユニットです。異論は認めませんので悪しからず。

[10/10/28] 【ときめき麻雀パラダイス〜恋の〜恋のてんぱいビート(SS)】 Edit

18x系突起麻雀、5人のおにゃのこと麻雀しながら告白したりされたりしながら突起やパンスジを見つめたりする大体そんな感じ。
昭和を感じる声と絵がおじさん達にはたまらない、たまらーん。と言いたいところだが・・・
脱衣麻雀で負けたくせに脱がずにセリフだけで終わらせる事があるのはどういうことだ?あ?
しかも鬼強い。天和とかやってくるわけではないが「一定以上の役を作ると上がらせないぞ」という機械の意思を明確に感じる。
こちらのアタリ牌がまず場に出ない、というより相手の手牌にも無いといった理不尽な事態が頻繁に起こる。おかげで脱衣麻雀で久々にビキることに、屋上へ行こうぜ・・・
上記2点を我慢すれば女の子自体は魅力的なので楽しめる。突起よりスジを評価していきたい。

[10/10/25] 【ラーメン橋(PS)】 Edit

1950年、終戦と共にシベリアでの兵役を終えて帰国した寿 秀蔵(ことぶき ひでぞう)・・・
死んだ父親の跡を継ぎ、ラーメン屋の二代目として昭和の時代を駆け抜けるドラマチックシミュレーション。
ナミダ横丁の人々との人情に触れ、出会いと別れを繰り返し、心を込めた一杯のラーメンをもって人々の悩みを解決していく。
秀蔵の人格形成はプレイの仕方次第で変化し、それによってシナリオ・エンディングもマルチに展開。
これからプレイしようと考えてる人に一つだけ・・・これは「チャルメラ」とは違い“ラーメン屋経営SLG”では無く“昭和の人生SLG”であることを忘れないで欲しい。
バカゲーっぽいノリを残しつつも、時にはシリアスで時には涙を誘うシナリオがプレイヤーを引き込んでいく、ただ若い人には判りづらいネタが多いかもしれない。
エンディングまでプレイすれば、きっと思い出の一本に挙げられるゲームになる・・・と思う。
この作品でしか見れない銀河万丈の怪演も外せない見所だ。

[10/10/13] 【慟哭そして・・・(SS)】 Edit

セガサターンというコンシューマー機に降り立った奇跡のようAVG。18推。
突起が出ないというのに異常にエロい。シチュエーションを駆使したエロさはサターン屈指のクオリティ。きゃんバニとタメを張る。
大まかな流れとしては、手に入る一見何の役に立つかもわからないアイテムを駆使してデッサンが狂ったおにゃのこ(※1)を殺人鬼から救おう!といった感じである。
男?勝手に死ねよwww言わせんな恥ずかしいwwwww
だがエロ老人の教科書である神田川先生のセリフの逸品さだけは必見の価値アリ。先生!どこまでもついていきます!

 

通常のエンディングでは事件の犯人や真相を知ることができない、高難度の謎解きやフラグ管理を行わないと真相が判明しないのだ。
しかし、ずいずいと引き込まれるストーリー、ほんの些細な選択肢や行動で劇的に変わる展開など、テキストタイプAVGにしては繰り返しプレイできる所が◎!
サターン史に残る、トラウマになるような女の子の死に様も◎!!先生!先生!これは素晴らしい麻袋ですよ!!
しかしノーマ増殖バグ(※2)には心臓が止まるかと思ったわ・・・。

 

※1:横田守デザインの例に漏れずキャラクターはどれも肩幅がおかしい。姉さん、これは事件です。
※2:フラグ管理バグなのか、水死体になったはずのノーマが個室で泣いてるという恐怖イベントに遭遇

[10/10/12] 【ギレンの野望〜ジオンの系譜〜(PS)】 Edit

言わずと知れたメジャーゲームなので説明は簡単に・・・
連邦かジオンかを選び、一年戦争からグリプス戦役までのifを体験する戦略シミュレーション。
ZまでのTVシリーズはもちろん、劇場版やOVA、各プラットフォームのゲームオリジナル機体までを全て網羅し、執念すら感じられる。
我々にとって一年戦争は20数年前の出来事ではないのだ!

 

配信でのプレイは連邦。シロッコ率いるティターンズを根絶やしとすべくZガンダムを量産したまではよかった・・・
敵機の数を減らすべく、余り物のジムキャノン�30数機+ガーベラ等をグリプス2に派遣し、委託で放置したところ、何と彼奴らめジムキャノン�に負けよったわ!
最後の最後を委託で勝利、Zガンダム出番なし!弱すぎるだろシロッコ!

[10/10/05] 【ならず者戦闘部隊ブラッディウルフ(PCE)】 Edit

アツイセ゛ アツイセ゛ェー!アツクテ シヌセ゛ェーッ!

 

オレタチハ ナラス゛モノ セントウフ゛タイ BLOODY WOLF!
ナイフ ト マシンカ゛ン カ゛ アレハ゛
フ゛ツリホウソク ヲ ムシシタ DECOシ゛ャンフ゜ テ゛ ト゛コヘタ゛ッテ ノリコムセ゛!
キス゛ク゛スリ テ゛ イタミ ハ キエル... DLUG ハ スハ゛ラシイナ!
テキチ テ゛ ヒロッタ キンニクソ゛ウキョウサ゛イ コイツァ... DELICIOUS!
カエンホウシャキ タ゛ッテ オチテヤカ゛ル コイツァ... THANKS!

 

マッタク... センシ゛ョウ ハ シ゛コ゛クタ゛セ゛ー!

 

コマッタトキハ ヨンテ゛クレ!
オレタチハ ナラス゛モノ セントウフ゛タイ BLOODY WOLF!

[10/09/27] 【シャイニング・ザ・ホーリィアーク(SS)】 Edit

シャイニング・ザ・ダクネスの系統を継いだWizライクRPGの傑作。シャイニング・フォース�より10年前のエンリッチ国が舞台である。
プレイヤーは傭兵アーサーとなり、計7人の仲間達と共にヒュードルに奪われた「邪悪を詰め込んだ聖櫃(ホーリィアーク)」を取り戻す運命の旅に出ることになる。

 

ホーリィアークの魅力その1:「視点」
ホーリィアークはWizライクゲームのセオリーに違わず、移動や行動は全て一人称視点で行われる。
だが、それはあくまでも「主人公」だけに限られている。
戦闘中は敵に駆け寄って攻撃を行う仲間の後姿を確認することができ、自分の攻撃時は一人称視点のまま敵に接近するという徹底ぶり。
プレイヤー=主人公であるというRPGの根幹を押さえつつ、仲間の個性を大事に扱っているのが体感できるだろう。
この「行動を起こしている自分」という表現は、言葉にすればありきたりだが、実現するのは本当に難しい事だと思う。
シャイニング・ザ・ホーリィアークでは自分の足で歩く、自分の目で見る臨場感を心から実感できるはずだ。

 

ホーリィアークの魅力その2:「演出」
3Dゲーム黎明期であるにも関わらず、ダンジョン内のほぼ全ての出来事がシームレスに展開される。しかもびっくりするほどロードが無い!
(SF3でもそうだが、キャメロットの「ユーザーの快適さ」を重視した制作ポリシーにはつくづく舌を巻く)
シームレスであることを生かした仕掛けや謎解きが面白く、数多くのゲームを体験してきている人間でも「こんな仕掛けの作り方があったなんて!」と驚愕する程のクオリティ。
敵の登場演出一つ取っても、上下左右中央色んな方位から色んな現れ方をする、同一の敵であっても登場方法が違う!なんてことも多い。
エンカウントもシームレスなので、歩いていたらビックリするような演出で敵が!そんなサプライズを味わえると共に、その登場シーン中にピクシーアタックを仕掛けることで戦闘を優位に進められるといった凝ったゲーム性が、移動一つ取っても飽きさせない。
臨場感の演出にかけて、この作品を越える物が世の中にどれほどあるだろうか?
まさに「ダンジョンを歩く」とはこういう事なのだろう。
(当然ながら桜庭統のサウンドも臨場感に一役買っている、特にボス戦のBGMは気分の高揚と精液が止まらないよぉっ!)

 

続編の出る見込みが無いことを本当に本当に残念に思う・・・。
販売数が多かったためかワゴンで見かけることが多かったが、安価でこのクオリティが体験できるのはとても幸せなことです。是非プレイしよう!
そんなことよりアカネの転職前の生尻と転職後の縦スジがあぁあぁあああっあああああっっっアカネアあカネあかねあかんせあぁkkなえあなねあかn11

[10/09/24] 【対戦ホットギミック快楽天(Windows)】 Edit

基本システムは変わらないが、キャラクターをCOMIC快楽天の作家がデザインしている同誌とのコラボ作品。
[参加作家一覧]
文月晃/時坂夢戯/かるま龍狼/森永みるく/いのうえたくや/久我山リカコ/OKAMA/道満晴明/加藤礼次朗/琴吹かづき/SABE/陽気婢/中村博文/司淳
個人的には金髪幼女をデザインしたOKAMAとペンギン虐待娘のSABE(故人)が好きでした・・・。

[10/09/24] 【対戦ホットギミックフォーエバー(Windows)】 Edit

物理エンジン搭載と言われても信じてしまうようなπ揺れで中高生のオティヌス棒を刺激した名作脱衣麻雀シリーズ最後の作品。
司淳渾身のイラストが素晴らしい、特にアバラ付近の表現が◎。
シリーズ全体通してなのだが、全体的にバクヌーが多めなのは製作者の好みだろうか?
別進化を遂げた生物を見ているような感覚、これがガラパゴスパイオツ(ガラパイ)ってヤツか・・・。

[10/09/24] 【シャイニング・フォースIII シナリオ3〜氷壁の邪神宮〜(SS)】 Edit

長きに渡るシャイニング�、三部作もこれで最後となりました。
シナリオ3ではシナリオ1、シナリオ2での行動に合わせて若干ストーリー展開や仲間の面子が変わる、複雑なシンクロニシティシステムもここで全てが終結する。
シナリオ1から続けてデータコンバートを行っていれば、それぞれのキャラクターのレベルやアイテムが持ち越されるので、やりこむならシナリオ1からの綿密な計算が必要。
よくぞここまで作り上げたなキャメロット!と賞賛を贈りたい。
これまでの総プレイ時間130時間の中で愛着を持ったキャラクター達全てが結集し、同時に進軍する様は圧巻の一言。
長丁場のシリーズにも関わらず、最後の最後でも「嗚呼、もっとプレイしていたい」という気持ちが芽生えたのは数あるゲームの中でもこの作品しか無いだろうなぁ。
サターンの良心と呼び声は伊達じゃない、期待以上の面白さだよ脳天直撃セガサターンだよ!

 

三部作の全てを揃えて5000円未満(シナリオ2だけ高い)なので、「プレイするゲームがない」と嘆く前に購入してみよう!
そんなことよりケイトとプリムラとヘドバとイザベラとアイリン※とマスキュリンとシバルリィとシンテシスとマーキィが可愛すぎて生きるのが辛いのでみんなも生きるのが辛くなればいいと思った。
※ただしプレミアムディスクに限る

[10/09/13] 【シャイニング・フォースIII シナリオ2〜狙われた神子〜(SS)】 Edit

シャイニング�・三部作のシナリオ2、こちらの主人公は帝国第三王子メディオン。
シナリオ1が共和国側からの視点であったのに対し、今度は帝国側からの視点とはいえメディオン王子は帝国の中でも異端児である。
道中で前作主人公シンビオスと共闘することもあり、互いに友情を深めるのだが・・・
今シナリオでは共和国と帝国の戦争の糸を引いてる人物にクローズアップされる。シナリオの盛り上がりも中々で、止め時を失うような展開が多い。
シナリオ1からの絡みも多いので、時間を空けずに続けてプレイしたほうがいいかもしれない。
ポリゴングラフィックとモーションの大幅改善と、帝国のイメージに合う壮大なBGMも魅力◎
前作で滝壷に落ちた情けないアイツも帰ってくる。
シナリオ1のラストシーンとシナリオ2のラストシーンのリンクとその後は本当に胸熱だと思う。是非シナリオ1からプレイしよう。
そんなことよりシンテシスが可愛すぎて生きるのが辛いのでみんなも生きるのが辛くなればいいと思った。

[10/08/31] 【シャイニング・フォースIII シナリオ1〜帝都の巨神〜(SS)】 Edit

キャメロット高橋兄弟が手がける最後のシャイニング・フォース。
それぞれのシナリオにより立場の異なる3人の主人公を操作し、互いの行動が複雑に絡み合うストーリーを進めていく。
シナリオ1〜3の総プレイ時間は初見なら軽く150時間を越えるだろう。

 

シンクロニシティシステムにより、シナリオ1で取った行動がシナリオ2で影響を及ぼしたり、それによって仲間になるキャラクターが変化するぞ!
ここまで読んだ君はおそらくすでに中古ゲームショップに走っているだろう。
まだ走り出してないすくたれ者は続きを読み、猛省せよせよせよせよせよ(残響音含む)
「玉木絵が良かった」「2Dの味が無くなった」など当時から未熟な批判があったが、ロクにプレイをしなかった輩の寝言と断言する。これがシャイニング・フォースの集大成だ。
少ないポリゴンでありながらキチンとシャイニング・フォースの雰囲気を出しているし、戦闘演出も爽快感がある。何よりロードが少なくノンストレス。丁寧な作りにスタッフの思い入れを感じることができる。

 

過去のシャイニング・フォースシリーズから大きく進化した箇所を挙げてみよう。
・武器熟練度の上昇により固有の必殺技を覚えていくため、同職業でもキャラクター毎に個性がある。
 または様々な武器を使わせる楽しみやメリットがある。
・仲間同士が同一敵を攻撃したり回復等を行うことで友情度が変化し、聖戦の系譜のような支援効果を得られる
 (効果絶大、支援の有無で難易度がかなり違ってくる)
・しんくろにしてぃししゅてむぅ・・・しんくろにしてぃしゅごぃのぉぉぉぉ!!!
 なのでプレイ毎に展開や仲間にするキャラクターを変えて楽しむことができる。このボリュームで何週もする人も少なくない。

 

戦闘バランスもSLG初級者から上級者まで幅広く満足させられるのではないだろうか。
シナリオ1の主人公は共和国の若き将シンビオス。未熟ながらも人望があり優秀な部下が揃っている。
初期仲間のケンタウロスがまさかここまで強いとは・・・ケンとかヒューイとかいう予後不良な薬殺候補共とはわけが違うな!!
和平会議をブチ壊した嫌疑をかけられたり、ブルザム教団や帝国の陰謀に巻き込まれたり、途中で「親の敵のガルムをぶっ殺す!」と息巻いている田舎者を滝壺に突き落としたりして共和国首都奪還を目指す王道ストーリーだがそんなことよりマスキュリンが可愛すぎて生きるのが辛いのでみんなも生きるのが辛くなればいいと思った。

[10/08/19] 【エルフオールスターズ脱衣雀3(WinXP)】 Edit

ドラゴンナイトと下級生以外知らねぇのに買ってしまい、即詰みゲーと貸していた押入れの神様。
ゲームの流れはイカサマ無しの4人麻雀、自分より下の順位のおにゃのこに脱衣や行為を行うことができる。
条件を満たせば脱衣HやコスプレHもできるという素晴らしさ・・・ただ、フルボイスだが1枚絵だ!古いゲームなんだから文句言うな!
収録タイトル:ドラゴンナイト4・明日の雪之丞2・下級生2・らいむいろ流奇譚X・河原崎家の一族2・御神楽少女探偵団。
「オラのひまわりがロリババアになって喘いでるゾ!」状態を目撃、ころみ最強論が再浮上した。
マリアン(ドラゴンナイト4)の病気全開テキストが見もの。ガン引きするほどのmjkt。

[10/08/19] 【アイドル雀士スーチーパイ3(Win95)】[18x] Edit

あちこちで言われていることではあるが、やはりスーチーパイの最高傑作はサターン版2であると再確認。不満点は下記。
・OPで歌が流れない←これが一番許せない
・アニメ尺が減った
・ボイスが少ない
・突起シーンで画面の上下移動ができない
・対戦相手が少ない
・みゆりちゃん不在
でもスチパイ4には興味アリ。買った人の感想が聞きたい。

[10/08/16] 【フェーダ・リメイク(SS)】 Edit

ケモノだらけのシミュレーション。とにかく機械やケモノばかりが仲間になる。人間の仲間は主人公含めてなんと2名(カオスルートだと4名?)
SFC版のリメイクだが色んな意味で評価が分かれる。
[良い点]
見所は無駄に豪華な声優陣と独特のテキスト回し、アインのセリフはいちいち惚れる。
敵も「きてはぁ!」「ゴボゴボゲボハ!」等の迷台詞が垣間見え、ネタゲーとしては悪くない。
戦闘はターン制ではなく交互に1ユニットごと動くため、通常のSLGとは違った戦略が必要になる。これは楽しいと思う。
[悪い点]
ROMカセットのくせしてロードがあったSFC版より長くなったロード時間が若干のストレス。イベントシーンは基本紙芝居。
ロウルート:称号フェダーインでプレイすると鬼難易度にハネ上がるのも特徴か。

[10/08/16] 【川のぬし釣り2(SFC)】 Edit

少年まじきちの眼に映るは獲物。彼ら水生生物達との狂乱の宴が今、始まる―ッ!
自慢の竿を駆使して獲物を仕留めるフィッシュハンターまじきち、釣り上げた後は涙を流すとして“クライング・アングラー”と呼ばれている。
時には野生動物と、時には宿屋のおかみと数々の戦いを経て、少年は何を想うのか。
「釣り師に安息の地はない」そう言い残して彼は村を去った。
そう、まだ見ぬヌシを探す旅へ―。
川のせせらぎと虫の声の二大監督が演出する、サイレントスペクタクルファンタジー。

[10/08/02] 【ルナティックドーン 〜前途への道標〜 (Win95)】 Edit

ARTDINK最盛乾鵑世茵宗��
せめて動物がもっと多ければよかったと思う、荒野が広すぎてあまりにも寂しい印象。LSDと同じ臭いがするのだがなぁ・・・

【ゼロヨンチャンプ Doozy-J Type R(PS)】 Edit

ゼロヨンシリーズにトドメを刺したとシリーズ最悪の評価のこのゲームだが、つまらないわけではないです。
強制RPGパートとか習慣スケジュールの導入等は煩わしさを感じるところではあるが、メカニックの女の子がとても可愛い。
レースパート自体は過去シリーズと遜色無し。パーツの種類が増えたので若干細かい調整ができるか。
女の子は全シリーズ最高と言ってもいいし、ポニィはボクっ娘最強と言っても過言ではない。何あの萌えチュゥ!
でも今回の攻略はリスナーの圧倒的多数票によりエレミーちゃん、横アングルのパイオツ最強でした^^
あと水着の恥丘部が軽く湿っていたのは俺が魅力的すぎるせいかな・・・///

【ふぁみこん昔話 新・鬼ヶ島(FCD)】 Edit

様々な日本昔話をモチーフとした、はぁとうぉ〜みんぐ系アドベンチャー。
任天堂初のテキストアドベンチャーゲームだがザッピングシステムを導入している。
監修は宮本茂氏。ファミコン探偵倶楽部と合わせ、後世に伝えたい一本。
エンディングは下ネタに走る隙が無いほどの素晴らしさ。涙とおしっこは同じ味だった。

【シャイニング・フォースII 〜古の封印〜(MD)】 Edit

ポコチン(亀?)に笑顔で手招きしたり「ごめんね、今日はポコチンと遊んであげられないの(原文ママ)」と真顔でのたまうエルフ娘サラをマスターモンクにして半ケツを眺める紳士のゲームである。
転職前主人公の頭部の形状は、もはや言い訳が立たぬ程の男性器そのものであり、前述のサラの前で自慰行為に耽るホビットなど・・・このような性のメタファーで溢れた今作を多感な幼少期にプレイできたのはある意味幸福であったと言えよう。
Iと比べての評価:ゲームテンポ○ 戦闘アニメ× BGM○ キャラクター△(牝は○) グラフィック△ ワールドマップ× カズンの存在× ストーリー△

【シャイニング・フォース 〜神々の遺産〜(MD)】 Edit

メガドライブの3大キラーソフトの一つ。ちなみに残りの二つはソニック・ザ・ヘッジホッグとピットファイター。
CMで見たダイナミックな戦闘アニメーションと重厚なサウンドに惹かれ、お小遣いをかき集めてメガドライブを買いに走った少年期(Vo.武田鉄也)。
内容はファイアーエムブレムのような戦略SLGだが、町の探索などRPG要素も強い。
死んだキャラクターは蘇生できるが全体的に難易度は少し高め。ただ救済策はいっぱいあるので身構える必要は無い。
SLG苦手な人が軽い気持ちで手を出しても、きっと最後までプレイ出来ることでしょう。
クリア後注記:俺が苦戦してたのはLv10転職縛り&レベル上げをあまり行わなかったからだよ!
ちゃんとレベル上げて、ステージの特性に合わせた選抜を毎回行えばそこまで辛くないです、ホントに。

【スーパーリアル麻雀PVI(SS)】 Edit

スーパー突起色リアル麻雀シリーズの6作目。
紳士諸君も納得のX指定なので色褪せた突起物を存分にご堪能できます。
アニメーションのクオリティは高まったが、どうやらキャラに人気が無かったため売り上げ不振に終わる。ただしタマミちゃんは◎。
おまけゲームの「搾乳でポン」の破壊力がネーミングや内容共に凄まじい。
「女の子に白いの飲ませておいしいって言わせちゃいましょう」といった狂気の企画会議を想像するに難くない。つまり一見の価値アリ。

【心霊呪殺師 太郎丸(SS)】 Edit

テンゲン最後の作品、通称ノンストップサイキックアクション!(何ソレ超かっけぇ・・・)
2Dと3D背景の素晴らしい合成、やり込む程に深みを増すアクション性、BGMと画面演出がテンゲン独自の世界観を創造した。
このゲームの内容をテンゲンマニュアル風に説明すると
『敵は怨霊、魑魅魍魎に“なさけ むよう!”母の想いを背に受けて、悪鬼どもを体内から念で爆散させよ!Cボタンを押すのだ!
 ただしこのゲームは現在プレミア高騰中、欲しければ相応に覚悟めされい!(←なぜか武士口調)』
↑このようになる。事実、プレミア価格の半分はマニュアル代である。

【スーパーリアル麻雀PV(SS)】 Edit

通称:スーパー突起色リアル麻雀。なぜかって?それは二つの突起の色にリアルを追求しているからなんだよ!わかったらもう寝ろ!!
4順目リーチ、5順目ツモは当たり前!100円入れたら即テンホー!
俺のおこづかい返して!とゲーセンでむせび泣いたセピア色の思い出がフラッシュバックする。
鬼雀士、早坂晶(CV:丹下桜)の「もう・・・負けない」におじさん達が嬉ション状態。
コンシューマーでもX指定なので勿論突起アリ。※丹下桜の突起ではありません

【アイドル雀士スーチーパイII(SS)】[18x] Edit

上記の続編、当然X指定。2枚組ディスクの内1枚が丸ごとオマケディスク。
ミニゲームからボイス、ムービーまでを詰め込んだ、ジャレコのファンに対する姿勢に素晴らしいのひと言。
あと、かないみかマジ天使。

【アイドル雀士スーチーパイRemix(SS)】[18x] Edit

X指定だから突起がある。突起があるはジャスティス!
初代のリメイクのためアニメーションはしないが立ち絵CGは◎!園田健一絵はまだまだ通用するのだ。
あと、かないみかマジ天使。

【Wizardry#5(PS)】 Edit

Lv14でソーンに突っ込んだ時のフルボッコっぷりは軽く尿漏れ。ノーリセでクリアできる人は尊敬しますマジで。
リドルは思ったより簡単だったが、作中でも最も簡単な部類と言われるフェニックスの問いで詰まった時はリスナーからクエスチョンマークが飛びまくった。頭悪いのだろうか?

【パンツァードラグーン ツヴァイ(SS)】 Edit

言わずと知れたセガの名作3D STG。グラは古くとも画面演出は最高峰クラス。ストーリーは全然わかんねw
最終決戦の天地逆転のグルグルとした疾走感は古今例を見ないレベル。ロックできねぇよ。

【探偵神宮寺三郎 灯火の消えぬ間に(PS)】 Edit

Jazzyな曲に載せて様々な事件を追う楽しさが味わえる。あと天沼かすみが最高にエロティックプラズマ状態。
雰囲気ゲーと言われているが、まさにテキストやストーリーは逸品。探偵物小説が好きなら是非プレイを。

【みつめてナイト(PS)】 Edit

恋愛シミュレーションとシリアスな戦争物ストーリーが合わさりすなわり最強に見える。逆にみつめすぎると頭がおかしくなって死ぬ。
タイトルで損してると思う隠れた名作。ゲーム性はまんまときメモなのだが、ツンデレのあるべき姿が見れるという点でこちらが0.5ゲーム差で優位か。

【エリーのアトリエ(PS)】 Edit

童貞といえば錬金術!錬金術といえば童貞!でおなじみの(?)アトリエシリーズ第2作。
N澤M樹さんが自信を持ったが故に悲劇を生んだ感動のエンディングソングは必聴感涙尿漏れモノ。

【蒼天の白き神の座(PS)】 Edit

Q:なぜ山に登るのでしょう? A:高いとこ好きだから!
7000m超の山に挑め!登山SLGの最高傑作。BC出て50mで滑落・遭難・凍死のコンボはゆとりゲーマーを完膚なきまで叩きのめすゾ!
『山をなめるな』と言われた回数は10から先は覚えていない。

【ダンジョンマスター(SFC)】 Edit

ハインナィとイン・ランという二人の姉妹がダンジョン奥深くに双頭ディルドを探しに行くという割とタイトル通りのゲームだよ。

【ウィザードリィ#4(PS)】 Edit

「泡、泡、母さんの手!」に代表される英語直訳系テキストがゲームブックっぽさを抜群に表現!
そのせいでリドルの難解さはシリーズ最高峰。さすがに最後の問いはリスナーにヒントいただきました・・・
ちょっと哲学的すぎやしねーか?

【俺の屍を越えてゆけ(PS)】 Edit

邪気眼一家の大冒険。交神相手はリスナーが指示縛り。3代続けて四夜子を食べ続けた近親一族に光あれ。
またプレイする予定。

【ワンダープロジェクトJ】 Edit

○○○がピンピーン!等と卑猥な単語ばかりを話すギジン(ロボット)少年を操ってティンカーのおしっこを集め、マニアックな村人に売るゲーム。

【シャドウラン(SFC)】 Edit

日本の精霊信仰観を取り入れた(?)サイバーパンク洋ゲー。
ウィリアム・ギブスン好きならプレイ必須。ただし死にゲー故覚悟せよ。

【月下の夜想曲(PS)】 Edit

今更語ることもありませんね。アクション性、自由度、やり込み、BGM、どれ一つとっても妥協無し。

【UFO 〜A day in the life〜】 Edit

見えない君を探す僕には、六畳一間は宇宙の広さ

【ぼくの夏休み(PS)】 Edit

『ただの夏休み、誰もがそう思っていた・・・』
ボク君の精神世界が現実に侵食しているのか? ―いや、それとも何かが見せた幻だろうか?
狂っているのはボクか、世界か? 廃村に満ちた悪意・・・夏はまだ、終わらない―。
ソニー・コンピュータエンタテインメントが贈るサイコホラーアドベンチャー!

【ベイグラントストーリー(PS)】 Edit

ストーリーが厨二のチラ裏レベルなので完全においてけぼり。やり込み要素の充実振りは頭おかしいレベル。
仕方ねぇので炎殺黒龍剣メギドとかいう厨二武器を命名したりして現実逃避。

【ネオアトラス2(PS)】 Edit

中断中です、ごめんなさい。大航海時代を舞台に世界を創造していくSLG。貿易により二次加工品を作るのがハマる。

【初代熱血硬派くにおくん(SFC)】 Edit

大阪は日本のヨハネスブルグであると改めて再確認することができる。
地下鉄の線路の上を普通に歩いてるサラリーマンを見た時は戦慄を覚えた。しかもそのまま惹かれて死んでた。

【海のぬし釣り(SFC)】 Edit

長男のみクリア。名前は『まじきち』。
タイノエとオオグソクムシ(知らない人はググろう)の話ばかりしていたせいで寄生虫配信者と呼ばれる。

【フロントミッション(SFC)】 Edit

ハフマン島を舞台とした新型兵器に纏わるダークな紛争物語。こっちはSLGだから注意。
戦闘中に発動するスキルの気持ちよさはクセになる。シナリオは皆のトラウマ。

【ガンハザード(SFC)】 Edit

フロントミッションシリーズの一つ。ヴァルケンスタッフが送るATG。
ショットガンを打てば薬莢は飛び、バーニアを吹かせば排熱シリンダーが動く。メカの重厚な動きを見事なドットで再現。

【大航海時代2(SFC)】 Edit

航海系SLGのド定番、ジョアン編・ピエトロ編をクリア。
各地に伝わる伝説上の怪物や遺跡を発見した時の排尿度は麻薬にも似る。

【ウルティマ6(SFC)】 Edit

不思議と心地良い孤独感を煽るBGM、リアルタイムで変化する人々の生活・・・
自由度はバカみたいに高く、RPGの定石であるラスボスなんてのも居ない。グランドツーリングRPGここに極まれり。
ウルティマシリーズの最高峰!と勝手に思ってます、異論は認めません。

【ウィザードリィ外伝4(SFC)】 Edit

謎のシュゲンマニアが登場、なんで?
グラフィックも向上し、古参ファンで外伝系を敬遠してる人は勿体無いと思う程の出来。

【ライブアライブ(SFC)】 Edit

オルステッドの童貞っぷりに同情せざるを得ない。スクウェアが別の方面に本気を出してきた作品。

【ゼロヨンチャンプRR-Z(SFC)】 Edit

2作続けてプレイ。基本はRRと同じだがオマケモードの充実がすごい。ストーリーも◎。
未プレイ者は人生の3割を損してる。RRと合わせたら6割だ!該当者は猛省して今すぐプレイ開始せよ。

【ゼロヨンチャンプRR(SFC)】 Edit

今更語ることも無いだろうが、直線400mのラップで女にモテたい。そんなゲーム。
アルバイトのRPGのボリュームがすげえことになってる事で有名。未プレイ者は人生の3割を損してる。

【ソウルブレイダー(SFC)】 Edit

アクトレイザーに続くクインテットの名作カニ歩きアクションRPG。模型ステージが大好き。

【イーアルカンフー(FC)】 Edit

ケルナグールから続けてプレイ。間合いとタイミングが命。アーケードとはまったく別物です。ACプレイした人居るかな?こっちはタオのみ×

【ケルナグール(FC)】 Edit

頭突きの判定を見切るのだ!ナムコが生み出したおつかいアクションRPGの祖。BGMは一生頭に残るレベル。タオのみ○

【アルゴスの戦士(FC)】 Edit

アクションRPGって言っていいのかな?一応経験値を詰むと強くなる。操作性良。これもBGMに中毒性アリ。

【ワンダーモモ(PCE)】 Edit

Huカード版、5ステージしかないのですぐ終わる。歌は良し。

【スーパー忍者くん(SFC)】 Edit

サテラビュー限定ゲーム、知名度低すぎ?名作アクションのリメイク、だがBGMは阿修羅ノ章には負けているか。

最近はじめたサミタのスロ配信 Edit

[11/08/14] 装甲騎兵ボトムズ Edit

キリコが銃を磨いたり水筒から水ゴクゴク飲む姿を眺めることが出来て本当に嬉しいですね^^
しょっちゅう「何だ?」とか言って空を仰ぎ見たりもしてくれます。意外と神経質なんですね。
このキリコちゃんは生まれつき体が弱いのでちょっとATで殴りあうとすぐ気絶しちゃうハムスターのような子です。

[11/08/13] リオデカーニバル Edit

リオちゃんはこの時が一番かわいい。リオちゃんはこの時が一番かわいい。リオちゃんはこの時が一番かわいい。リオちゃんはこの時が一番かわいい。リオちゃんはこの時が一番かわいい。

[11/08/12] スカイラブ Edit

5号機初期に出たSNKプレイモアの名機。
100G毎に訪れるチャンスゾーン(CZ)とチャンスゾーン中にチェリーより先にベルを引くことで突入する33G完走型RTのトレジャータイムを備えた高いゲーム性。
逆押し手順の赤7下段止まりが熱い。

リスナーからのありがてぇ頂き物 Edit

「シャイニング・ザ・ホーリィアークより」

癒しの術アカネ版

  アカネの癒しの術とは極薄ラバーパンツによる顔面騎乗ではないか?といった紳士の憶測を見事に体現した!
  この恥じらいの表情があるからこそ癒されるのだ!だからこそ我々は明日も戦えるのだ!
  レベル1でこれならレベル4はどうなるのだ!詳細はやくたのむ

 

「シャイニング・フォース�より」

ヘドバとダビデ

  不釣合いカップルNo.1、ヘドバとダビデ。ヘドバ最終職の衣装はエロすぎる。

 
撲殺ウリュド

  身の程知らずにも俺たちのシンテシスと[ラブラブ]になった家畜野郎ウリュド。事あるごとに殴られる仕事に任命した。

 
ウィズ風タイトル

  ウィズっぽいタイトル頂きました。スーチーパイ付属でナニが多い日も安心。

今後の配信ゲーム投票場(この項目もう要らなくね?だめ?誰だよツインゴッデスとか投票したの・・・) Edit

 

【リクエスト配信済】
・マイケルジャクソン・ムーンウォーカー(10/10/29) ※クリア
・おまかせ!退魔業(10/10/31)※あまりのアレさに未打開。罰ゲーム用にリベンジ予定
・麻雀学園祭DX(10/11/4) ※クリア
・モンスターワールド4(10/11/10) ※クリア
・夕闇通り探検隊(10/11/24) ※クリア
・リンダキューブ完全版(10/12/20) ※Aシナリオのみクリア
・ちゅ〜かな雀士 てんほー牌娘(11/01/06) ※全員クリア
・やきとり娘 スゴ腕繁盛記(11/01/19) ※ストーリーモードクリアささみかわいいよささみ
・ラングリッサーII[SS版](11/01/24) ※クリア ※IIIは心が折れましたごめんなさい

選択肢 得票数 得票率 投票
レーシングラグーン 21 18.6%
FIST 20 17.7%
アストロノーカ 19 16.8%
ネクストキング 恋の千年王国 8 7.1%
女神天国 7 6.2%
ランドストーカー 6 5.3%
ブレスオブファイア 5 4.4%
エターナルメロディ 4 3.5%
アリシアドラグーン 3 2.7%
ダークシード1,2 3 2.7%
ツインゴッデス 3 2.7%
ブレスオブファイア 2 1.8%
制服伝説〜プリティ・ファイターX 2 1.8%
東方見文録 2 1.8%
VS雀士ブランニュースターズ 1 0.9%
アポなしギャルズお・り・ん・ぽ・す 1 0.9%
エッガーランド 1 0.9%
ザ・マスターズ・ファイター 1 0.9%
シルエットミラージュ 1 0.9%
スーチーパイめちゃ限定版disk3のADVパート 1 0.9%
南方珀堂登場 1 0.9%
虹のシルクロード 1 0.9%
エル・ヴィエント 0 0.0%
その他
投票総数 113

スレの傾向と対策 Edit

  • 「習うより慣れろ」古の賢人の言葉に学ぶか嘲笑うか.君はこのwikiを編集してもいいし、削除してしまっても構わない.<245へ>
  • カードキーにち○こを認証させるHENTAIが登場。
  • スレ1000オーバーでもスルーがデフォ。謝罪配信を要求しよう。
  • エロの源泉はコズミック・ファンタジー。

事件、出来事 Edit

2010年11月23日午前0時57分、突如としてnicocastのオートリロードがストップしてしまう。
しかし、それに気づかずリスナーを置いてけぼりにし、黙々とデビルサマナーを進めるワードナ。実況スレではリスナーの不安と期待、そして世紀末野郎共の叫びが入り乱れる。
そこから30分以上の放置、レス218個を過ぎた所でまさかのnicocastの復活。と同時に
我らのミユリちゃんの発狂(ご褒美)により、ワードナとリスナーに霊障と脳溶かしのシャクティーパットを浴びせられた。(一部住民はテントをビバークしたとの報告有り)
なお、ワドナ曰く「配信のレスは気にしない」らしいが、反応が無い配信では、明らかに声の張りも弱くなり徐々に寂しそうな配信になっていた。

  • 祝!24時配信達成!
    2011年1月15日午後10時頃から程なく配信を始めたわーどな。しかし、ラングリッサーの終わりどころが無くそのままずるずると配信時間が延びていくことに。
    気づけばラングリッサー打開時点で配信時間が22時間をまわっており、せっかくだからとそのままロリゲー(メタモルV)をやって無事に24時間配信を達成した。
    配信中、誰に頼まれることもなく断食も同時並行して行っていたようでドーナツを少しかじった以外は休憩無く配信を続けるという荒行を行った。
    なお、これ偉業を達成した間のリスナーはフットサルを楽しんだり友人との楽しい食事、また恋人とのデートを楽しんでいたようだ。筆者もパソコンの電源を切り、鍋料理に舌鼓を打っていたことを忘れてはならない。