Top > 更新情報 > 2012年
HTML convert time to 0.011 sec.


更新情報/2012年

Last-modified: 2017-10-11 (水) 23:47:12

2012年 Edit

12月22日 - Donner Pass Edit

アメリカ路線「Donner Pass」が更新されました。大規模な線形と風景の見直しが行われています。

情報元: TS公式

12月21日 - Train Simulator 2013 Edit

  • 少性能のグラフィックカードにおけるHUDの問題を修正
  • シナリオプロパティのXMLの肥大化の問題を修正

情報元: Steam

12月7日頃 - Edinburgh-Glasgow Edit

イギリス路線「Edinburgh-Glasgow」が更新されました。マップが拡張されています。

  • ポモントとグリーンヒル・アッパージャンクションを結ぶ、ファルカーク・グラハムストン支線
  • フォルカーク駅から北方の支線、グランジマスのインターモーダル貨物ターミナル

情報元: Facebook

12月3日 - Train Simulator 2013 Edit

主な更新内容は以下のとおり。

  • 開発者向けのアセット・青写真エディタでの読み込み時の問題を修正
  • 最小化時など、特定の動作時にクラッシュする問題を修正
  • 蒸気ボイラー圧力、安全弁などの制限値の間違いを修正
  • ディーゼル車のブレーキ表示がHUDで機能するよう修正
  • ワークショップからダウンロードしたシナリオの解凍の際の問題を修正
  • SSAA設定時に発生する点滅現象を起こさないよう修正

改善点は以下のとおり。

  • 音声が途切れる現象を除去、あるいは低減
  • ワークショップの画面レイアウトとユーザビリティの改善
  • ワークショップシナリオの最大数制限を削除

Steamからのダウンロード容量は約30MBです。

情報元: Facebook

10月19日 - Munich-Augsburg Edit

ドイツ路線「Munich-Augsburg」が更新されました。

更新内容は以下のとおりです。

  • 路線と風景の改善
    • ミュンヘンのDonnersbergerbrücke駅近くのトンネル内の線路の接続を修正
    • 沿線の遠方信号の機能を修正
    • ミュンヘンのヒルシュガルデンの単線線路の車庫建造物を設置
    • Lochhausen Westからミュンヘン・パジング駅手前まで、160km/hのLZB区間を延伸
    • 風景全般と地形の更新、改善
  • ICE 3
    • AFB、LZB、PZBの機能更新と改善
    • LZBの機能に音声を実装
    • AFBによるマスコン・ブレーキ自動制御時に鳴っていた手動操作音を除去
    • 簡易操作モードのスロットルを修正
    • 運転席の砂撒きスイッチの操作性を向上
    • LCD表示器に「HS Ein Indicator」と表示されるよう修正
  • 294形
    • 運転席の警笛スイッチの操作性を向上
    • 運転席内の逆転機を操作可能に修正
  • LZBの機能の改善
    • G灯は以下の条件をすべて満たす場合のみに点灯。
      • V-sollの減少開始時
      • 現在の速度がv-sollで30km/h以内の場合
      • 現在の速度が指定目標速度以上の場合
    • ブザー音は以下の条件のいずれかを満たす場合に鳴動
      • G灯の点灯時
      • 現在の制限速度より低い制限速度が接近した場合
      • LZB区間が終了した場合
      • 現在の速度がv-soll(5x)を超えた場合
    • AFBはG灯の点灯後すぐに列車の減速を開始
    • AFBでは、現速度とv-sollが目標速度に収束

情報元: Facebook

10月9日 - Train Simulator 2013 Edit

以下のとおり。

  • 次回登場のDLCに向けて車内信号機能の強化
  • Blueprint Editorの「Invalid Parameter」エラーを修正
  • ランキングでUTF-8文字の処理を正常化
  • 速度制限表示の非常に小さな隙間を除去
  • ワークショップタグが翻訳されていないのを修正
  • ワークショップの非ASCII文字の処理を修正
  • Not A Serialised File error の詳細情報を表示

情報元: Steam

9月26日 - Train Simulator 2013 Edit

以下のアドオンにQuick Driveの機能を追加しました。

  • 4CIG Southern
  • Class 325 Express Mail Train
  • Class 380 EMU
  • Class 444 EMU
  • Class 70 Locomotive
  • ICE 3M High Speed Train
  • Portsmouth Direct Line
  • Northeast Corridor
  • Legacy UK Rolling Stock

以下のアドオンでも修正を行っています。

  • AEM-7 - 車種設定を更新
  • Donner Pass - Quick Driveにてコルファックスで脱線する問題を修正

情報元: SteamFacebook

9月20日 - Train Simulator 2013 Edit

Train Simulator 2013の提供を開始しました。

情報元: Steam

8月30日 - Class 57 Edit

英国車両「Class 57」が更新されました。

更新内容は以下のとおりです。

  • 雨エフェクトの実装
  • 前照灯の投射を追加
  • 運転室視点の配置を改善
  • ワイパーの動作を一新
  • 逆転機のノッチを一新 [前/中/後/OFF]
  • 機関車重量を114tに設定
  • ブレーキ力と制動・解除の速度を改善
  • 前面ガラスのモデルとテクスチャを改善
  • エンジン温度のシミュレーションを改善
  • 欠落していた運転士モデルを配置
  • キーボード操作設定の修正
  • 車外視点で窓が開閉するように
  • AWSの分離を追加
  • 排気煙の表現を強化
  • エンジン音を改良、機関始動と停止ボタンを分離独立

情報元: Facebook(更新告知更新内容

6月19日 - TS2012 SP1 Edit

Cajon PassとOxford-Paddington路線のグラフィックが大幅改善されます。ファイル構造も再編されます。

情報元: TS公式Facebook

6月14日 - London to Brighton、Southern 4CIG Edit

以下のDLCが更新されました。

  • London to Brighton Service Pack
    • シナリオの時間調整を改善
    • 377系の低速域のモーター音をより正確に調整
    • パンタグラフのアニメーションを繰り返す問題の修正
    • ヘイワーズ・ヒース駅で欠落していたAWS地上子を追加
    • レッドヒル駅の接近信号の更新と修正
    • スリーブリッジ駅のホーシャム方面分岐の信号を修正
    • ヘルプポイントのアセットの影の問題を修正
    • ガトウィック空港から「Glasgow Airport」の文字列を削除
    • アールズウッド駅の制限80mph標識の欠落を修正
    • ブライトン駅のTPWSのエラーを修正
    • East Grinstead支線に信号を追加
    • スリーブリッジ駅の上り側線に第三軌条を追加
    • ブライトンのラバーズウォーク車両基地に信号扱所を設置
    • サウスイースタン375系の制御車に「運転士なし」版を追加
    • 列車走行音を改善、更に振動音とジョイント音を追加
  • Southern 4CIG EMU Service Pack
    • 投射灯を追加
    • 高輝度の前照灯を追加
    • 制御車に「運転士なし」版を追加
    • 屋根と車体の細部の改良
    • シナリオ「Night Rider」を追加

情報元: Steam

4月26日 - Portsmouth Direct Line Edit

2011年配信の「Portsmouth Direct Line」でTS2012の機能に対応する更新が行われました。

ストアページのリリース日はその後「2012年5月18日」に変更されています。

情報元: Facebook

4月16日 - RW3: Train Simulator 2012 Edit

TS2012の小規模修正です。

更新内容は以下のとおり。

  • エディタで線路の描画速度が前回更新以降遅くなった問題を修正

情報元: Steam

3月19日 - RW3: Train Simulator 2012 Edit

「Granfield DLC」が更新されました。

更新内容は以下のとおり。

  • シナリオ「Branchline Workhorse」を修正
  • 読込中画面を更新

情報元: Steam

3月12日 - Ohio Steel 2 Edit

アメリカ路線「Ohio Steel 2 Dover & Massillon」が更新されました。

  • Free Roam Dover (Fall) Removed NS SD40 engine reference
  • シナリオ04 でドーバー操車場でのAI列車の脱線が原因のクラッシュを修正
  • シナリオ11 でマーカーの配置間違いによる編成切り離しのエラーを修正
  • シナリオ16 でドーバー操車場にて機関車が切り離す際のメッセージを修正
  • シナリオ24 でAI列車Service 1、2が逆走して衝突する問題を修正
  • シナリオ26 でシナリオ説明文の欠落を修正
  • 線路のプロパティと分岐器の描画問題を修正

情報元: Steam

2月16日 - RW3: Train Simulator 2012 Edit

更新内容は以下のとおり。

  • SSAAで、シェーダ設定をLowまたはMedium Qualityとした際のパーティクルの描画順序の問題を修正
  • ラッパーオプションのAAスライダーのツールチップにおける間違った言語を修正

情報元: Steam

2月10日 - PRR K4 Edit

アメリカ車両「PRR K4 Steam Locomotive DLC」が更新されました。

更新内容は以下のとおり。

  • 車輪が飛び跳ねるアニメーションを修正
  • 機関車の下の影の強度を減少
  • 3D運転台でラベルが表示されない問題を修正
  • DLCのマニュアルを更新
  • シナリオの問題を修正
  • 運転室内の明るさを修正

情報元: Steam

2月8日 - RW3: Train Simulator 2012 Edit

TS2012の大規模更新です。

更新内容は以下のとおり。

  • アンチエイリアスのMLAAをFXAAに置き換え
  • グリルの浮遊を修正
  • Kuju RailSimulator Bridge Lofts を修正
  • Kuju RailSimulator Digital Clocks の夜間照明が点灯しない問題を修正
  • 編集視点でタイムスライスでなく実際のフレームタイミングを使用、フレームレートを視点の動きと一致
  • Shift + Z のFPS表示で不適切なフレームレートが出る問題を修正
  • レンダリングで2フレームがキューイング時にコマンドバッファをフラッシュすることで、高いFPSでのGPU停止を現象
  • カメラでのフレーム時間の更新をアンクランプよりアンステップに
  • Player RVジオメトリと物理運転席心の物理変換の補間
  • HUDでブレーキ管圧力の正確な表示が可能に
  • クラックに対する保護の向上
  • 重連の蒸気機関車が燃料を使い果たす問題を修正
  • 重連機関車が向かい合った際のsteam fightingを修正
  • パーティクルの最適化
  • マルチコアの改善
  • 3D線路にカントの設定が可能に
  • 低設定で光が小さくなる問題を修正
  • タイルファイルの読み込みををスムーズな表示に最適化
  • Emitterシェーダーの読み込みを1回のみに
  • スムーズな汚れたネットワークでスタッターを止めるための建物
  • SSAA有効時にFXAAのサンプルを低減 - ぼやけにくく
  • 駅ホームの人々の動きを最適化
  • 不適切な水のクリッピングを修正
  • パンタグラフのない第三軌条集電の実装
  • ガントリツールで高さのオフセットを可能に
  • PS2.0でHWインスタンスがオフになる問題を修正
  • シナリオエディタで昼夜を切り替えてもライトの昼夜が切り替わらない問題を修正
  • cScriptManagerアップデートのクラッシュを修正
  • TSXで風景デカールが間違って点灯する問題を修正
  • 季節による点灯時間
  • 不可視のデカール
  • 雨のAAの問題を修正
  • 昼夜のライト点灯がランダムで逆転することのある現象を修正
  • フライアウトのプロパティのみ変更時、ポイントライト・スポットライト・水の変更が保存されない問題を修正
  • 16進数の色解析・表示の修正
  • キャリアモードのチートで終了時、TrainBumpSpecMask シェーダーが鏡面マスクを無視
  • 風景のストリーミングにおける滑らかさの向上

情報元: Steam

2月2日 - Class 390 Edit

Class 390アドオンが更新されました。TS2012の機能への対応です。

更新内容は以下の通りです。

  • 機能追加
    • 新たなサウンド
    • 客室視点の照明効果の改善
    • 前照灯
    • ワイパーと雨エフェクト
    • TMSスクリーンの速度計
    • パンタグラフの火花
  • 修正点
    • 加速度の改善
    • 衝突判定の範囲が長かったのを解消
    • 時速125マイル到達後のブレーキの速度変化を滑らかに
    • 定速運転の速度指定を時速5マイル単位で切り上げ
    • 車体傾斜機能の改善
    • 運転者が車両と一緒に傾くように
    • 加速を滑らかに

情報元: Facebook