Top > 創作シリーズ > 創作キャラクター > ストリートファイターZERO
HTML convert time to 0.014 sec.


創作シリーズ/創作キャラクター/ストリートファイターZERO

Last-modified: 2017-10-10 (火) 20:26:43
目次

ストリートファイターZERO Edit

ダン Edit

今も亡き父、火引強(ひびきごう)の息子。香港出身。ピンクの柔道着がトレードマーク。フルネームは火引弾(ヒビキ・ダン)。
実力がてんで伴わない性格からか、ミスター・サタンやスッパマンやスーパースターマン、及び魔帝ロイヤルキングダーク3世とはとことんかみ合わない。
CV:石塚堅、細井治、楠田敏之※
※キャラボイスチェンジシステムにより、声優の切り替えが可能。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

リーチが短いことも、リュウ、ケン、マリオ、ルイージとは変わらない。攻撃力、ジャンプ力、スピードの速さはそれぞれ平均レベル。初心者から上級者まで幅広く扱いやすそうに見えるが実際は中途半端な技ばかりなので上級者しか向かない。使える技はストZEROがメイン。それ以外の技が他の作品には多くなっているため大量に削除されている。

  • つかみ攻撃:つかみ頭突き
  • 前投げ:背負い投げ
  • 後投げ:サイキョー払腰
  • 上投げ:サイキョー巴投げ
    ポケットファイターの必殺投げが、上投げに昇格。
  • 下投げ:一世一代漢道(いっせいいちだいおとこみち)
    ポケットファイターの必殺投げが、下投げに昇格。下投げを喰らうと、相手は石になる。
  • 横スマッシュ攻撃:究極天地我道突き
    SVSの必殺技と同じく、「一撃必殺!!」のセリフに合わせて、正拳突きで殴る。
    それ以外の攻撃モーションは、他の格闘ゲーム作品と同じ。一部スマブラオリジナルあり。
  • B:セービングアタック
    リュウ、ケンとはモーションが違うが、ためて放せば、シールドガード不可能攻撃に変わる。
    セリフ「うおおお、せいやあ!!」
  • 上B:晃龍拳
    しょぼい昇龍拳。無敵時間はないため対空に不向きだがごく稀に出掛かりのみ全身が白く光る時があり、その際に無敵時間が発生する。ステージ復帰に。後でしりもち落下になる。
    セリフ「晃龍拳!!」
  • 横B:我道拳→我道翔吼拳
    マリオとルイージのファイヤーボールより射程が短く、威力が低くて使いにくい。SVSと同じく、Bボタンをためて放せば、"我道翔吼拳"が出る。出た後は、威力とふっとぶ距離、ヒット数が一気に上昇。
    セリフ「我道拳!!」「我道翔吼拳!!」
  • 下B:断空脚
    飛び膝蹴り→飛び2段蹴り→飛び3段蹴りに追加入力することでモーションが変化する。最大2回まで追加入力可能。
    セリフ「ダン、ダン、せいやあ!!」
  • 最後のきりふだ1:必勝無頼拳
    原作のスーパーコンボ。連続攻撃を叩き込んだ後、晃龍拳で〆る。全発ヒットでダメージが一気に増え、真上に遠くにふっとばせる。
  • 最後のきりふだ2:疾走無頼拳
    原作のウルトラコンボ。自身のダメージが120%以上あれば使える。リョウとロバートの龍虎乱舞のように、両腕を交差してから突進し、ヒット後にロックして、必勝無頼拳より多く連続攻撃を叩き込む。空振りするか、シールドガードされると思わぬ反撃にさらされる。
  • 登場演出
    前転しながら拳を突き上げて挑発した後で戦闘開始。「よっしゃー!!」
    飛び蹴りでドラム缶を壊した後、挑発して戦闘開始。「よっしゃ行くぞコラァ!!」
  • 応援
    「ひびきだん!!ひびきだん!!」
  • 被撃墜時
    (星になった時)「親父〜っ!!」
  • アピール
    しゃがみ中でも使える。「よっしゃー!!」「どしたどしたあ!?」「なめんじゃねえぞ!!」
    空中でも使える。「ヒャッホー!!」
    緊急回避中でも使える。
  • 勝利ポーズ
    「これがサイキョー流だ!!」
    「超よゆうっす。」

ナッシュ Edit

ガイルと同じアメリカ空軍所属の軍人、ナッシュがスマブラに初参戦。
CV:森川智之、鳥海浩輔※
キャラボイスチェンジシステムにより、声優の切り替えが可能。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

リーチが短いことも、マリオ、ルイージ、ガイルとは変わらない。攻撃力、ジャンプ力、スピードの速さはそれぞれ平均レベル。初心者から上級者まで幅広く扱える。

  • つかみ攻撃:ニーガトリング(キック投げ)
  • 前投げor後投げ:ドラゴンスープレックス(パンチ投げ)
  • 上投げ:エアジャック(空中キック投げ)
  • 下投げ:フライングバスタードロップ(空中パンチ投げ)
    それ以外の攻撃モーションは、他の格闘ゲーム作品と同じ。一部スマブラオリジナルあり。
  • B:ソニックブーム(ナッシュ版)
    ガイルの時とは違い、片手から弧を描いた飛び道具を撃つ。性能はガイルと大差ない。
    セリフ「Sonicboom.」
  • B(連打):ソニックブレイク
    原作のスーパーコンボと同様、ソニックブームを最大4連発する。
    セリフ「Sonic…Sonic Break.」
  • 横B:クロスファイアブリッツ
    前進ざまに連続蹴りを繰り出し、最後にスピニングバックナックルからアッパーに繋げる突進技。フルヒット時にダメージもさることながら相手を浮かせるので連続技に重宝する。
  • 上B:サマーソルトシェル
    サマーソルトキックとは逆に、背を向けながら上昇しつつ、蹴り飛ばす対空技。無敵時間あり。上昇はするが、技後はしりもち落下になる。
    セリフ「Samersalt.」
  • 下B:ムーンサルトスラッシュ
    メテオの浴びせ蹴りを叩き込む突進技。かつて空中しか使えなかったが、ストVでは地上でも使えるようになった。スマブラではストVに準拠する。
  • 最後のきりふだ:サマーソルトジャスティス
    サマーソルトシェルを連発した後、ガイルのサマーソルトスラッシュと同じ追加攻撃で〆る(スマブラオリジナルの追加攻撃)。
    セリフ「Samersalt.」
  • 最後のきりふだ2:ジャッジメントセイバー
    自身のダメージが100%以上あれば使える。ストVから使い始める。ソニックムーブ・ハイドのような突進のヒット後にロックし、煙を発生しながら背後に回り込み、縦回転ソニックブームで振り下ろす。
  • 登場演出
    めがねを外して、戦闘開始。
  • 応援
    「ナッシュ!!ナッシュ!!」
  • アピール
    めがねをめがねふきでふく。
  • 勝利ポーズ
    勝利ポーズ1:再びめがねをかける。
    勝利ポーズ2:「Too Easy.」

ローズ Edit

ストリートファイターシリーズからローズが参戦。ジェノバにて占い師を営むソウルパワー使い。
CV:宮村優子、田中敦子、根谷美智子、渡辺明乃※
※キャラボイスチェンジシステムにより、声優の切り替えが可能。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

全体的な性能はダルシムとほぼ同じ。通常ワザはダルシムほどではないにしろ長いが、ダルシムとは異なり潰されにくい。が、隙が大きいため先端当てでチクチクいく必要がある。

  • つかみ攻撃:ソウルドレイン
  • 前投げ:ソウルフォール
  • 後投げ:ソウルループ
  • 上投げor下投げ:ソウルフェイド
  • B:ソウルスパイラル
    腕にマフラーを包み、踏み込みざまに突きを繰り出す技。多段ヒットするうえ喰らった相手は吹っ飛ぶ。
  • 横B:ソウルスパーク
    ソウルパワーの塊を発射する飛び道具。牽制に有用だが後隙が大きいので通常ワザが届かない間合いから撃つのが基本。
    下記のスマッシュ入力版ソウルリフレクトで飛び道具を吸収すると、次のこの技が"オーラソウルスパーク"に変化。
    こちらは多段ヒットしダメージが大きくなるうえ、ヒット時にダウンを奪い、さらに後隙が少なくなる。
  • 上B:ソウルスルー
    斜め上にジャンプし、空中の相手を投げ捨てる技。ステージ復帰に役立たなくもないが、空振った場合は後でしりもち落下になる。
  • 上B(スマッシュ):オーラソウルスルー(Ver.スーパーコンボLv.2)
    その場でアッパーを放ち、ヒットすると相手をロックして追いかけ、"ソウルスルー"で追撃する対空技。出掛かり無敵なので対空や切り返しに有用。
  • 下B:ソウルリフレクト
    マフラーを広げて攻撃する技。ダメージはさほど高くはなく吹っ飛ばしもあまり望めないものの、飛び道具を跳ね返すのでそちらの用途がメインとなる。
    スマッシュ入力だと飛び道具を吸収する技に変化。前述の通り次の上記の"ソウルスパーク"を強化する。
  • 最後のきりふだ:イリュージョンスパーク
    マフラーを伸ばし、ヒットすると相手をロックしてソウルパワーを流し込む技。言わば波紋疾走(オーバードライブ)のローズ版と言ったところ。
    やはり何人でもまとめてロックするほか、決まるとかなりの距離を吹っ飛ばす。

ストリートファイターZERO2 Edit

さくら Edit

ストリートファイターシリーズよりさくらが参戦。(CV:福圓美里)。フルネームは春日野さくら。
リュウに憧れてストリートファイトの世界に飛び込んだ女子高校生。リュウの見様見真似で修業を行い、波動拳を初めとする各種必殺技を会得としたというトンでもない才能の持ち主。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

リュウと似たような各種必殺ワザを持ちつつも、リュウよりもインファイトを得意とするスタンダードタイプ。
憧れの人でもあるリュウと比較して、歩きやダッシュ、ジャンプ力を初めとした機動力に関する能力全般が優秀。通常ワザも動作速度などは優秀で、持ち前のスピードにものを言わせた近距離でのラッシュ力はリュウどころかケンよりも上。必殺ワザはリュウと比較すると少しクセの強い仕様だが、そこまで使い手を選ぶほどではない。このため高い攻撃能力とある程度の扱いやすさを兼ね備えたキャラとなっている。
ただし一発あたりの攻撃力はどうしても他のキャラに劣るため、前述の通り手数でカバーしていく必要がある。このほかリュウと比べると各種攻撃のリーチや判定の強さでも見劣りしてしまう。体重が平均より若干軽めなのも弱点だが、こちらはあくまで若干の程度でそこまで致命的な弱点ではない。
・B:波動拳
前方に気弾を飛ばす飛び道具。タメ可能。
タメることで気弾が大きくなり、ダメージとふっ飛ばし力も増加する。が、反対に射程が短くなる。最大までタメると気弾は身の程も大きくなるが、目の前で消失してしまう。タメなしの状態でも他のキャラの飛び道具と比べると射程は短め。発生も若干遅いため、飛び道具としては少々使い辛い感がある。
・B(空中):蒼空波動拳
斜め下に向けて片手を突き出し気弾を飛ばす。
タメは不可能だが射程が長くけん制や攻撃手段に使いやすい。攻撃後は反動で後ろに下がりつつ着地する。ジャンプの軌道を変えるという手段にも使えるが硬直が大きいので読まれると危険。
・横B:波動掌
波動拳と同じモーションで前方へ両掌から飛ばない気をフラッシュのように放つ。
発生がやや遅く、目の前の相手しか攻撃できないもののダメージとふっ飛ばし力は高い。後隙も小さめ。また、放出している気は飛び道具判定のため、相手の攻撃潰しやすいというメリットもある。が、同時にサイマグネットに吸収されてしまう。リフレクターにも反射されるが飛距離がないため密着から反射されない限りは安全。因みに空中では使用不可。
・上B:咲桜拳
前方に突進しつつ拳を振り上げて飛び上がる。空中で使用しても基本的に性質は変わらない。
発生はやや遅いが突進部分は連続ヒットする性質があり、総ダメージは優秀。最後のアッパーはふっ飛ばし力もそこそこ。とはいえ攻撃後はしりもち落下になるので乱用は危険。このほか、地上で使用した場合のみ突進の最中は飛び道具系の必殺ワザに対してのみアーマー効果が付属する性質がある。そのため飛び道具で攻撃してくる相手に対して強引な接近手段として使えるのも覚えておくといい。
・上B(スマッシュ):紅桜拳
上記の"咲桜拳"の類似技でこちらはその場で飛び上がらないアッパーを放つ。
発生が早く原作と異なり出だしに無敵時間が存在する。このためこれまでのさくらでは叶わなかった防御面の改善がなされている。ちなみに咲桜拳と違い空中では使用不可。
・下B:春風脚
前方へジャンプしつつ回転し、蹴りを繰り出しながら放物線を描いて着地する。
発生は若干遅いが前後に攻撃判定が出るため乱戦で有効。ダメージとふっ飛ばし力は大したことはないが、攻撃後の隙も少なく使いやすい。空中で使用するとマリオのスーパーマントのように一度だけ浮力を得てふわりと浮きあがる。このため復帰手段の一つとしても活用していくことができる。
・最後の切りふだ:真空波動拳
前方に巨大な気弾を打ち出す。射程は無限で、必ず画面外まで飛んでいく。
発生が速いうえにダメージとふっ飛ばし力も大きい。気弾の弾速はかなり速く、相殺判定を持たない。そのためどんな飛び道具と衝突しても干渉することなく突き進んでいく。様々な場面で役に立ってくれるであろう万能技だ。
・最後の切りふだ2:春爛漫
自身のダメージが100%以上で使用可能。前進ざまに連続で下段判定の回転足払いを繰り出した後、蹴りで打ち上げ、最後にさくら落としで〆る乱舞技。
ダメージが高くヒット時に強制ダウンを奪うので、一対一の状況で十分決定打になり得る。
・登場演出
慌てた様子で定位置へ飛び込んできて、ブレーキしつつ構える。「いっそげー!よっと」
・キャラ選択時のボイス
「よろしくお願いします!」
・アピール
上アピール:腰を低くしつつ両拳を握りしめる。「ワクワクして来ちゃった!」
横アピール:前方を指さして笑う。この時突き出した指先にも攻撃判定がある。「あはは♪」
下アピール:前方を向いて肘を伸ばしつつ屈伸を行う。「本気で行くよ!」
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:画面手前を向いて拳を真上に突き出し、満面の笑顔を浮かべる。「アッハハ!」
勝利ポーズ2:眼前に掲げた拳を握りしめ、画面手前へ向き直りつつポーズ。「もっともっと、強くなる!」
勝利ポーズ3:勢い余って転びそうになりつつ画面手目へ笑顔でガッツポーズ。「ありがとうございました!」
勝利ポーズ4:(最後の切りふだで勝利)リュウの真似をして腕組をしながら斜め上を見つめて佇む。
・特殊勝利台詞
(敵にリュウがいた場合)「うわ、嘘みたい、一勝できちゃった!忘れないうちにもう一本お願いします!」
(敵にケンがいた場合)「今回は私の勝ちですね!ケンさん!といってもギリギリでしたけど、あはは」
(敵に春麗がいた場合)「今度職場見学させてくださいね!約束ですよ!」
(敵に豪鬼がいた場合)「…何だろ、今の…。自分でも、どうやって勝ったか覚えてないや…」
(敵にリリがいた場合)「リムジンで家に帰る人って他にもいるんだ…。神月さんだけかと思ってた」
(敵にパックマンがいた場合)「これってパック…。そ、そんなわけないよね」
(敵に草薙京がいた場合)「ね、その技教えてよ!…え?そんなのは1人でこりごり…?」
(敵にテリーがいた場合)「どうですか?あたし『おっけー』ですか?」
(敵にロックがいた場合)「悩みなんてさ、ストリートファイトでスッキリ忘れちゃおうよ!」
(敵にリョウがいた場合)「あの人と似ているようだけど、やっぱり全然違いますね!」
(敵にトロがいた場合)「猫が喋ってる!うわ〜可愛いなぁ!」
(敵にキュアハッピーがいた場合)「ねえ、それただのぬいぐるみじゃないよね」
(敵に相川摩季がいた場合)「“エアマスター”…私と同じ年頃で、こんなに強い人がいたんだ」

殺意の波動に目覚めたリュウ Edit

ストリートファイターシリーズから殺意の波動に目覚めたリュウが参戦。
シリーズにごとに若干設定の違いがあるものの、基本的にリュウが"殺意の波動"に目覚めた姿であるとされている。通常のリュウと同様デフォルトではスパIVの凶悪な外見だが、カラーチェンジで従来の普通のリュウ寄りの姿にデザインを変更できる。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

通常のリュウと比較して遥かに高い攻撃性能を誇る、外見同様凶悪な攻めが可能なテクニカルタイプ。
一応同一人物であるためか、基本的に通常のリュウのモデル替えキャラ。そのため、通常ワザや必殺ワザは一部の攻撃を除いて同じモーションである。が、単純な技のダメージやふっ飛ばし力がリュウよりも目に見えて増しており、その攻撃力はリュウの比ではない。また、リュウよりもジャンプ力が高くなると同時に上昇下降の速度も増しているため、上方向にふっ飛ばした相手に対する追撃が強力でコンボ火力も異様に高い。歩きやダッシュの速度もリュウと比較して若干だが増しており、リュウよりもアグレッシブに攻めていける。これらの特徴から、一度攻めに回ればどんな相手も強引に捻じ伏せる暴力的な攻めが可能。必殺ワザの内容はリュウとほぼ同じのため、リュウと同様にある程度のバランスの良さもある。このほか、豪鬼同様に前後の緊急回避で原作の阿修羅閃空を披露する。やはり無敵時間が長く逃げの手段として活躍する。
しかし、攻撃力の代償として体重はリュウどころかプリンなどの最軽量クラスと比較しても劣っているという有り様。上記のように空中での落下速度が速いことから復帰力もリュウより悪く、攻めの強力さに反して逆に受けに回るとあっさりとやられてしまう危険性も持ち合わせている。また、一部の通常ワザのモーションの変化によりリュウより若干クセの強い仕様になっているため誰にでも扱いやすく万人向けだったリュウとは正反対に、扱う人を選ぶ上級者向けのキャラクターになっている。
・B:竜爪脚
弧を描くように振り上げた足を一気に振り下ろして勢いよく地面を踏みしめる。タメ可能。
発生は若干遅めで、僅かながら踏み込んで攻撃するもののリーチは短い。その割に後隙も大きめのため、使い勝手は悪い。その分ダメージとふっ飛ばし力は強烈でメテオワザとなっている。また振り下ろした足以外にも地面を踏みしめた瞬間に周囲の地面に目に見えない攻撃判定が出るため、自身の背後にいる相手にも攻撃が当たる。タメが可能でそれによって高い威力をさらに引き上げることが可能なほか、技後の隙も減少する。
・B(空中):天魔空刃脚
斜め下に向けて蹴りで突撃する。
空中で使用した場合のファルコンキックとほぼ同様の技で、あちらと比較するとダメージとふっ飛ばし力が劣る代わりに発生が速く着地際の隙も少ないため使いやすい。その性質から空中から攻め込む際にも便利で、何かと頼りになる。
・横B:波動拳
前方に突き出した両掌から気弾を撃ち出す飛び道具。殺意の波動の影響か気弾の色が青から紫に変化している。
リュウの同名の技と比較して発生が速くなっており使い勝手が増している。一方で殺意リュウの技の中では珍しくリュウのそれよりダメージが低下しているため、リュウのように遠距離でこの技を主軸に戦うような真似は難しくなっている。とはいえ飛び道具を一切持たない相手に対しては大きなアドバンテージになることは間違いない。
・横B(スマッシュ):灼熱波動拳
文字通り炎の波動拳を放つ。リュウの同名の必殺ワザとは若干性質が違う。タメ可能。
攻撃前に専用の構えが入るせいで発生は遅いうえに後隙も大きいものの、撃ちだされた炎の波動拳は多段ヒットする性質があり通常の波動拳よりもダメージが大きい。加えてタメが可能でそれによってそのダメージと弾速をさらに引き上げられる。遠距離戦では適度に通常の波動拳と使い分けるといい。
・上B:昇龍拳
拳を突き上げて飛び上がる。
リュウの同名の技と違い、多段ヒットするように仕様が変更されておりどちらかというと豪鬼の"豪昇龍拳"に近い技となっている。とはいえ発生が非常に速いうえに出始めが無敵になっているのはリュウの昇龍拳と同様。また、ダメージは初段が、ふっ飛ばし力は最後の一撃が最も強くなっているため、根元からまともにヒットさせれば大きなダメージを与えたうえで大きくふっ飛ばすことが可能。とはいえ技後はしりもち落下になるため空振りなどしてしまうと死を見ることにもなりかねない。
・下B:竜巻旋風脚
回転しながら蹴りを繰り出して前方へ突進する。
基本的な性質はリュウの同名の技と同様だが、あちらより一発あたりのダメージが増していると同時に全体的なふっ飛ばし力が低下している。このため連続ヒットさせやすく、初段から全ての攻撃をヒットさせられれば大きなダメージを見込める強力な攻撃手段になっている。が、やはり打点が高いためサイズの小さなキャラなどにはヒットさせにくい。
・最後の切りふだ:瞬獄殺
片足を掲げた独特のモーションで前進、その最中に他のキャラに触れると技が成立。
基本的な性能は豪鬼の同名の技とほぼ同様で技が成立すると画面が暗転し、一瞬で相手に無数の打撃を叩き込む。技後は必ず相手がその場にダウンした状態になるため撃墜を狙える技ではないものの、そこに秘められたダメージは非常に強烈。発生が速いうえに移動速度もそこそこ優秀なため、敵が近くにいれば避けられることはまずない。
・最後の切りふだ2:滅殺豪昇龍
自身のダメージが100%以上で使用可能。発動すると前進しつつ昇龍拳を三回連続で放つ。
三回目の昇龍拳を根元からヒットさせると演出が変化、空中へ吹き飛ばした相手を掴んで地面へ叩き付ける。攻撃範囲は狭く複数人にヒットさせることは難しいものの、発生が速くダメージとふっ飛ばし力も驚異的なそれを誇る。加えて上記の演出に移行した際はその威力がさらに引き上がるため尚更強力。ただし、トドメに相手を地面に叩き付けるという性質上相手を撃墜する手段としては機能しなくなるためその点は留意したい。
・登場演出
胸に手を当てて殺意の波動を噴出させて構える。「心の臓、止めてくれる!」or「拳が血を求めている!」
・キャラ選択時のボイス
「絶!」
・アピール
上アピール:天を仰いで拳を掲げる。「貴様の血潮、枯らしてくれる!」
横アピール:身体を大きく開いて地面を踏みしめ、頭上に滅の文字が浮かび上がる。「滅殺!」
下アピール:自身の両手を呆然と眺める。「この力がオレの道か…?」
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:画面手前に背中を向けたまま仁王立ち。「我、拳極めたり!」
勝利ポーズ2:正面を向いたまま両足を大きく開いて地面を踏みしめる。「勝利とは!滅する事なり!」
勝利ポーズ3:胸元を押さえてうずくまった後、天に向かって絶叫する。「ぐぁああああっ!これが俺の望みだ!」

ストリートファイターZERO3 Edit

かりん Edit

かつてはストZERO3、CFJ、ストVのプレイヤーキャラとして勤めていた。フルネームは神月かりん。神月財閥のお嬢様。
CV:山田美穂、遠藤綾
キャラボイスチェンジシステムにより、声優の切り替えが可能。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

攻撃力、ジャンプ力、スピードは平均レベルだがリーチと防御力が低く、飛び道具がないので中級者向け。

  • つかみ攻撃:焔投げ
  • 上投げ:スマブラオリジナル
  • 下投げ:浴びせ社崩し
  • 前投げ:社崩し
  • 後投げ:荒熊いなし
    必殺投げが、後投げに昇格。
  • 横スマッシュ攻撃:崩掌
  • ダッシュ攻撃:無尽脚
    それ以外の攻撃モーションは、原作がベース。一部スマブラオリジナルあり。
  • B:紅蓮拳
    左右の掌底を3発繰り出す技。スティック入れ+AかBで追加攻撃モーションと技が変化。
  • 上B:烈殲破
    前方に山なりに飛び掛かり、メテオチョップを放つ突進技。飛び道具への奇襲に使えるが後隙が大きい。
  • 上B(スマッシュ):神月流皇王拳
    上記の"烈殲破"の体制で回転しつつ斜め上に飛び上がる対空技。出始め無敵なので対空や切り返しに。復帰にも使えるが後でしりもち落下になるのは痛い。
  • 横B:烈尖頂
    踏み込みざまに肘打ちを2連発繰り出す突進技。
  • 下B:夜叉返し
    カウンター技。普段は上段だがスマッシュ入力で下段に変化。
  • 最後のきりふだ:神月流神扉開闢(かづきりゅうしんびかいびゃく)
    連続攻撃を何度も叩き込む。全発ヒットで莫大なダメージを与えながら遠くに吹っ飛ぶ。
  • 最後のきりふだ2:神月流 覇道六式 覇者の型
    自身のダメージが100%以上あれば使える。ストVから使い始める。
    エルボー→掌底→膝蹴りの順に繰り出し、膝蹴りがヒットすると相手をロックして回転させ、掌底で〆る技。
  • 登場時の台詞
    「オーッホッホッホ!!」
  • 応援
    「かーりーん!!」
  • 勝利台詞
    勝利台詞1:「このかりんに勝てると思って??」

レインボー・ミカ Edit

ストZERO3、ストVから女子プロレスラーのレインボー・ミカが参戦。本名は七川 美華(ななかわ みか)。
CV:竹内順子、五十嵐裕美※
※キャラボイスチェンジシステムにより、声優の切り替えが可能。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

投げキャラながら打撃技が豊富とZERO3がペースだが、通常ワザの発生が早くなっていたり投げ技が増えていたりと、一部ストVの要素を取り入れている。
攻撃力が高いながら機動力とジャンプ力は平均レベルで体重も女性にしてはやや重い方。またジャンプの距離が長いので飛び込みやすい。とにかく接近戦がメインとなる。

  • B:パラダイスホールド
    前方に側転し、足で相手を挟んで叩き付ける移動投げ。
  • 横B:シューティングピーチ
    ヒップアタックを繰り出す突進技。奇襲や連続技に最適だが、技後は尻をさするのが災いして後隙が甚大。
  • 横B(スマッシュ):フライングピーチ
    前方にステップしてからヒップアタックを放つ、上記の"シューティングピーチ"の類似技。こちらはステップのせいで発生が遅い代わりに後隙が全く無い。
  • 上B:ウィングレスエアプレーン
    斜め上へ飛び、空中の相手にヒットすると落下ざまに尻で相手の顔を叩き付ける対空投げ(つまりストV仕様)。
    言わばエリアルロシアンスラムのような技で、掴めなかった場合はこのタイプの技にありがちなしりもち落下はなくある程度の行動が可能と、性能もほぼ同じ。
  • 下B:レインボータイフーン
    ストVから使用する、ジャイアントスィングを仕掛ける投げ技。発生が早く投げ間合いが広い。
  • 最後のきりふだ:レインボーヒップラッシュ
    肉薄ざまにパンチを数発繰り出した後、シューティングピーチを二連発する乱舞技。連続技に強力だが、技後はシューティングピーチ同様尻をさするせいで後隙が大きい。またステージから落下して自滅と言うリスクもあるので使いどころには細心の注意を払う事。
  • 最後のきりふだ2:バッドリーピーチ
    自身のダメージが100%以上あれば使用可能。
    自身の尻を叩いた後にジャーマンスープレックスで相手を放り投げ、受け止めた相方の大和ナデシコがジャイアントスィングで上空に放り投げ、落ちてきた相手に2人同時にシューティングピーチで〆る、ストVから使用する投げ技。
    投げ間合いが広く、ダメージ・吹っ飛ばし力共に絶大。

ユーニ Edit

かつてはストZERO3のプレイヤーキャラとして勤めていた。キャミィのコンパチブルキャラにして、シャドルーの女下っ端。
CV:沢城みゆき(オリジナル)

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

攻撃力、スピード、ジャンプ力は高いが、リーチと防御力が低い。体は平均サイズ。

  • つかみ攻撃:つかみチョップ
  • 上投げ:アースダイレクト
    必殺投げが、上投げに昇格。
  • 下投げ:フランケンシュタイナー(地上と空中のキック投げ)
  • 前投げ:フライングネックハント(空中パンチ投げ)
  • 後投げ:フーリガンスープレックス(パンチ投げ)
  • 緊急回避:マッハスライド
    それ以外の攻撃モーションは、原作がベース。一部スマブラオリジナルあり。
  • B:アクセルスピンナックル(オリジナル)
    上中段飛び道具をすり抜けながら殴れる。
  • 上B:キャノンスパイク
  • 横B:スパイラルアロー
  • 下B:フーリガンコンビネーション
  • 追加で何も入力しない:レイサーエッジスライサー
  • 追加で相手の下半身orしゃがんだ相手に密着してB:クロスシザースプレッシャー
  • 追加で相手の上半身or空中の相手に密着してB:フェイタルレッグツイスター
  • 空中下B(下B中にA):キャノンストライク
  • 最後のきりふだ:ジャイロドライブスマッシャー(オリジナル)
    キャミィと同じく、スピンドライブスマッシャーの強化版。
  • 最後のきりふだ2:CQC(キャミィクイックコンビネーション、オリジナル)
    自身のダメージが100%以上あれば使えるカウンターきりふだ。キャミィと同じく、相手の攻撃を受けとめると、プロレス風関節技の連発をして、相手を骨折させる。
  • チーム最後のきりふだ:サイコローリング
    ユーリとユーニがそれぞれスタンバイ中だけ使える。体を丸めて体当たり。
  • チーム最後のきりふだ2:デスクロスダンシング
    ユーリとユーニが1人でもダメージが100%以上あって、2人ともスタンバイ中に使える。肘打ちのヒット後にロックし、猛スピードでボコボコのギタギタに挟み撃ちにする。

ユーリ Edit

かつてはストZERO3のプレイヤーキャラとして勤めていた。キャミィのコンパチブルキャラにして、シャドルーの女下っ端。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

攻撃力、スピード、ジャンプ力は高いがリーチ、防御力が低い。体は平均サイズ。
攻撃と投げモーションは、原作がベース。一部スマブラオリジナルあり。

  • B:アクセルスピンナックル
  • 上B:キャノンスパイク
  • 横B:スナイピングアロー
  • 下B:フーリガンコンビネーション(オリジナル)
  • 追加で何も入力しない:レイサーエッジスライサー(オリジナル)
  • 追加で相手の下半身orしゃがんだ相手に密着してB:クロスシザースプレッシャー(オリジナル)
  • 追加で相手の上半身or空中の相手に密着してB:フェイタルレッグツイスター(オリジナル)
  • 空中下B(下B中にA):キャノンストライク(オリジナル)
  • 最後のきりふだ:ジャイロドライブスマッシャー(オリジナル)
  • 最後のきりふだ2:CQC(キャミィクイックコンビネーション、オリジナル)
    自身のダメージが100%以上あれば使える。
  • チーム最後のきりふだ:サイコローリング
    ユーリとユーニがいて、2人ともスタンバイ中だけ使える。
  • チーム最後のきりふだ2:デスクロスダンシング
    ユーリとユーニがいて、1人でもダメージが100%以上あって、2人ともスタンバイ中だけ使える。

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/創作シリーズ/創作キャラクター/ストリートファイターZERO?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White