Top > おすすめのキャラ

おすすめのキャラ

Last-modified: 2017-11-17 (金) 22:41:52

※このページではゲーム開始〜2-4突破までの初心者向けの記述を念頭に 序盤から入手できる・クエスト等で入手可能、なおかつ終盤まで使っていける艦船を中心にしております。あくまでも海域の攻略を重視するものとし、ある程度絞って紹介しておりますのでそれ以上の艦船を追加する場合、慎重にお願いします。

特に育成重要度の高い艦船は太文字表記、かつクエスト等で入手可能な艦船は斜め表記となっております。
その他の重要度の低い艦船に関しては複数の筆者の主観もあり、あくまでもその艦船の使い勝手には個人差があります。

 

初期艦について Edit

  • プレイヤーはゲーム開始直後に、下の4人から1人を選んで入手することができる。
  • どれを選んでもほとんど差は無い。迷う位なら見た目で選んでも全く問題ない。
    • 実際に差がつくのは改造を行った後の話。改造後の能力を含めて選びたいなら下の折り畳みを参照。
  • ここで選ばなくても、中盤以降の海域で全員入手可能。7日目のログインボーナスで出てくることもある
    • 2017/10/23(月)のアップデートにて、建造テーブルの整理によりこれらの初期艦が建造できなくなった。
      ドロップ確率が低い&改造後でしか入手できない装備があるグローウォームか、改造条件が重いが大器晩成な吹雪のどちらかを選択することを推奨する。
  • 初期艦はロックされていないため、チュートリアルが終わったらまずはロック操作
画像名前声優概算獲得率(2017/03)解説
建造(全30)3-1ボスS5-3ボスS
082.pngグローウォーム久野美咲0.9%0.9%1.2%4人の中でも能力は1回り低いものの、上に書いた通り大した問題ではない。
入手確率が4人の中で飛び抜けて低い。自分は運が悪いと自覚しているなら確実に手に入るこの時に確保しておくと良いかもしれない。
075.pngZ16石上静香2.0%2.2%2.9%速力は4人の中で1番高い。
細かい解説はここでは省くが、基本は早い方が良い重要な能力である。
見た目で彼女を選ぶ場合、人によっては恐ろしい罠が待っている。
093.pngギアリング黒沢ともよ2.4%2.1%3.1%全体的な能力は4人の中でも1番高い。初期装備も中々強力。
ただし、彼女自身も装備も後から入手出来る確率は最も高い。
064.png吹雪加藤英美里1.6%1.8%2.5%日本艦らしく、雷撃火力は他の3人を圧倒している。
入手確率もグローウォームに次いで低い為、艦これ別ゲー等で思い入れがあるならここで確保しておくのも良い。
改造後のスキル、評価はこちら

おすすめの各艦種 Edit

駆逐艦 Edit

敵の砲撃をよくかわし、夜戦での魚雷攻撃で火力を出す艦種、海域によっては編成に入れる必要のないところも出て来るが 序盤の戦力として、イベント海域などで、戦役の駆逐艦枠で など確実に何艦か育てておきたい艦種

 

特型駆逐艦

  • 多数が改造可能、吹雪改のスキルシナジーにより戦艦並の命中、夜戦攻撃力の上位独占、更に索敵も高く駆逐艦だけの艦隊を組みやすい等、他と一線を画す。
  • 他の同型駆逐艦群と比べ改造艦の割合が10隻中8隻と最も多く、改造艦同士のシナジーも高い。
  • 初期艦の吹雪以外は入手が容易なので、序盤から優先して使っていってよい。
    特型駆逐艦について
     

Z級駆逐艦

  • 駆逐艦の中では耐久及び装甲が高め、Z型駆逐艦隊を作った場合火力や命中を補正するスキルがある。
    ver3.1.0時点では9隻で特型に次ぐ頭数だが、日本版では入手難易度の割に改造艦が少ないのが難点。
    また、大陸版で実装されているのも含めた改造艦は建造限定艦の割合も多いため序盤では取っ付き難い。
    全体の生存性を上げるスキルも無いため入手難易度を除けば特型駆逐艦に見劣りするのは否めないが、
    特型群よりこちらの方が好みであればこちらを育ててみるのもいいだろう。
    Z級駆逐艦について
     

ヴォークラン改

  • 改造条件が比較的楽な割に、改造後の性能は総じて高く、特に速力・回避の性能がレア艦であるル・ファンタスクに次ぐ高さを誇る。
  • スキル【大型駆逐艦】は自身と自身の両隣の駆逐艦の火力・雷装を上げ、自身の雷撃時の回避値を上げるものとかなり優秀。前者の効果は国籍による制限もない。
  • 欠点は大型駆逐艦故の修復時間の長さと耐久値。耐久値の詳細は個別ページを参照。
     

ラフィー改

  • 建造限定の駆逐艦だが最低値のALL30レシピでも入手可能なため、潜水艦最低値レシピと同時に狙える。
  • 改造後のコストは若干重いものの、対空補正の高い電深・強化弾のVT信管を持ってくる。
  • スキル【神風に恐れず】はレベルが上がるにつれ昼戦のペナルティ補正無視・耐久値に応じてクリティカル率上昇、そして中破時は航空攻撃を無効化する。
  • 特型ほどの夜戦火力は持たないが対潜能力は高く、運を含めて駆逐艦の中では高水準のステータスを持つ。
    • スキルの性質上、空母・潜水艦の混合編成に目一方に強く、クリティカル率上昇によりソナーなしでも対潜能力は他の駆逐艦に譲らない強さを持つ。
  • また、駆逐艦2位の運の高さは限定海域イベント及び通常海域での分岐条件に運値が関わるものが登場したため、とりあえずは装備目当てだけでも育てておきたい。
     
2-4突破以降の駆逐艦について

軽巡洋艦 Edit

単純な戦力としては重巡を入手するまでで、軽巡・重巡でも次回砲撃が可能となる特別な装備ソ連三連装180mm火砲(通称キーロフ砲)が揃わないうちは昼戦において若干の火力不足に陥りがちとなるため通常は第二章前半までが主戦場、魚雷による追加攻撃、掃討の役目は駆逐艦に準じ 戦役;困難の軽巡洋艦枠としても数艦育成は必要
その後活躍できるのは潜水艦が出始める第5章以降、または改造によって強力なサポートスキルを得る艦のみだが、巡洋改造コアは獲得が難しく大器晩成型ともいえる。

 

ヘレナ

  • 提督Lv20報酬で必ず入手でき、改造Lv30と低く、お手軽である。
    • 改造後は耐久、装甲、火力は軽巡最高で、夜戦攻撃力も戦艦並み。耐久以外は重巡並みの優秀なステータスを持つ。
  • 味方全員の索敵値&命中値アップする優秀なスキル1【情報分析】であり、海域分岐にも適用されるため艦隊全体で最大+30の索敵値を得られる。
    • スキル2【6inch機関銃】は夜戦限定かつ確率発動で、複数の敵を攻撃を行う。発動すれば強力なのだが発動確率が低すぎて使い物にならず、前者のスキルが汎用性が高いため、'間違って習得しないように注意スキル変更するときにも最大強化を消費するので…
  • なお、準同級のオヒギンズ(ブルックリン改)はスキルで大きな差があるため、ヘレナの完全な代用はできない。

アトランタ

  • 1-4からドロップするが、軽巡としては入手時期が遅いため、戦力ではなく強化で対空値を強化する素材として認知されやすい艦。
  • だが改造後のスキル【対空防御】は自身と自身前後の味方二人の対空を30、すなわち対空強化MAX分上昇させる強力なもの。巡洋困難戦役等での駆逐艦の護衛からスフバートルのお守りまで重宝する。
  • ヘレナの後継艦だけあってステータスも高く、軽巡最高の対空と全艦最高の対潜を誇る。
    そして火力もヘレナ改、オヒギンズに次いで3番目と重巡並で、夜戦でも活躍できる。
    2人目の軽巡戦力として申し分ない。
艦隊補助型艦

重巡洋艦 Edit

安定した火力・装甲と、艦によっては魚雷も積め、燃費もそこそこな準万能型な艦種。戦艦・巡洋戦艦が揃ってくると若干器用貧乏にも見えてくるが第二章などでは誰でも主力となるので、好きな艦を活躍させられる。
しかし戦艦や空母、改造駆逐艦が充実すると軽巡同様にスキルでの差別化が重要となる。
軽巡同様にキーロフ砲が如何に早く揃えれるかで、運用を左右される。

 

ウィチタ

  • 2-4レベリングや建造で容易に獲得できる重巡。だが改造前は撃たれ弱いという弱点から他の重巡と比べて別段運用しやすいわけではない。
    • 他と比較して火力が高い重巡ではあるが、実際のところスキル無しでは他の重巡と同様、硬い敵艦相手への決定力にはなれない。
  • コストはかかるが改造すると、クリティカルの確率上昇とその際の攻撃力も上昇させるスキル【パワー全開】を習得でき、他の重巡が手出しできない硬い敵でも砲撃で撃沈可能な唯一の重巡になれる。
  • 艦隊の矛、と呼ぶにはそれでも力不足だが、編成候補としてはプリンツ・オイゲンに引けを取らない。

プリンツ・オイゲン

  • 2-4レベリングや建造でそこそこ容易に獲得できるレアリティ詐欺気味な重巡。ステータスバランスも良く、初期なら即戦力となる。
  • 改造も容易で、隣接する味方への攻撃を庇う最強の護衛スキル【戦線防衛】を習得することで艦隊の盾となる。
 

クインシー

  • 入手も改造も容易で、序盤の即戦力となる。しかし、ウィチタを改造した時点で火力面では大分差のついたNo.3となるため、火力要員というよりは耐久力と選択可能なスキルで運用を差別化することになる。
  • スキルは与ダメージ上昇の【高速射撃】、旗艦に必中攻撃を行う【旗艦殺し(無意)】とどちらも砲撃時に一定確率で発動するもの。どちらも一癖あるが汎用性を考えるなら前者で良い。

高雄型4姉妹

  • 序盤から頻繁にドロップし即戦力となる。改造後は魚雷とバランスの良い重巡用主砲を持ってくる。
  • 改造後は対空能力が低い以外は全能力がハイレベルという非常に優秀な重巡で、即戦力になりやすい。
  • 高雄改は自身の雷装値が割合強化されるスキル【魚雷再装填】を持ち、他の高雄型と違い単体でも運用可能。

巡洋戦艦 Edit

簡単に言えば少し打たれ弱い簡易戦艦。航行速度は戦艦より若干速い傾向にある。だが艦種は「戦艦」ではないため、海域での編成で"戦艦"の制限を受けない。
そのため戦艦の代わり、というだけでなく育てておくと編成の幅ができるので損はしない。
以下の2人は序盤から入手可能かつ難関イベントでも活躍する。というより戦艦と比べ改造艦が少なく、Ver3.3現在もそこまで増えておらず他の巡洋戦艦とこの2人の格差がとても大きい。

 

フッド

  • 早ければ1-4、多くの場合は2-4で入手可能かつ改造前から主力となりえる。
  • 改造後のスキル2【帝国巡遊】は「旗艦時に艦隊全体の速力を上げる」ものであり、高速艦隊が求められる海域分岐にて有効。ネルソン・ロドニー改などとのシナジーから戦術迂回まで大活躍。
    • ただし、艦種ごとに受けられる速力補正は異なるため速力の速い駆逐艦等の小型艦よりも、上記のとおり低速戦艦や空母&潜水艦編成の組み合わせが良い。
  • その活躍できる幅の広さ・汎用性から、フッドを手に入れるまで2-4レベリングを続ける価値があるとも言えるほどの存在。

レナウン

  • 2-1からドロップし、フッドと同様に序盤の即戦力、改造後は戦艦レベルの対ボス能力と、長く付きあう艦の一つ。
  • 改造要求コア数・資源は高めだが、要求レベルはPOW・ネルソン並に低くコアさえあれば活躍が見込める。
  • それゆえに中国サーバー曰く「アフリカ戦神」、つまり運に恵まれない提督たちの救世主。
  • スキル1【最後の栄光】は「スタート地点から一マス進む毎に自身の各能力値が上昇していく」BUFF、
    スキル2【29ノットのネルソン】は「初回砲撃時に戦艦・空母等の大型艦への攻撃を優先、かつ火力・命中増加BUFF」とどちらも優秀なスキルである。
    • 通常海域での運用なら4戦目以降の燃料・弾薬の減衰ペナルティを実質無視出来るスキル1、防衛戦・演習・戦役等の短期決戦にはスキル2が向いており、どちらも一長一短であるため選択に迷ったら2隻目を育てるのも良い。

戦艦 Edit

ボス戦、限定海域イベントでの切り札から高難度海域での周回要員までこなす汎用性、エースの艦種。
艦隊に居るだけで火力を大幅に増強できるので手に入った戦艦からガンガン使っても問題ないのだが、改が存在するかどうかなど、戦艦が複数入手できた場合一応優先した方が良い基準はある。
改造戦艦は有用なので数をそろえるほど戦術の幅が広がるが、通常海域攻略に限ればLvUP報酬とドロップ艦で事足りるので、建造は不要だったりする。

 

プリンス・オブ・ウェールズ

  • 通称PoW。提督レベルが50になれば報酬として簡単に手に入れられる、運営からの贈り物。
  • 艦種は戦艦だが速力が29ktと巡洋戦艦並に速いので、速度によるルート分岐があるステージにも連れて行ける。
  • 無改造でも能力は高い上に、改造後のスキル1【大西洋憲章】は自身を含めた艦隊にいる米英艦の命中値を上げるものと強力なので終盤でも通用する。
    • さらに旗艦時には自身のBUFF効果が2倍になるため他の艦船が育つまでお世話になるだろう。
       

伊勢日向

  • 第二章から道中ドロップする。特に2-1、2-2での日向が最初に入手する戦艦となる提督も多いだろう。
  • Lv.20になれば低コストで航空戦艦に改造でき、分岐・防衛戦での艦種制限を受けない独自の地位を確保できる。
    一軍戦艦が揃うまでの繋ぎとして、レベリングを兼ねてどんどん使おう。
  • 改造後のスキル【敵機駆逐B】(【敵機駆逐T】)は敵空母からの爆撃機(攻撃機)の命中率を減少させる。
  • ただし、航空戦艦に改造するとただの戦艦と運用は若干異なる。砲撃戦の威力は少し落ちるため、序盤では他の戦艦が少なければ無改造のままにしておくのが良い。
  • 航空戦艦で運用する場合は、演習特化にしない限りはボーキを消耗する航空機装備は控えておき、他の戦艦同様の運用すると良い。
 

ネルソンロドニー

  • ビッグセブンの英国艦2隻。入手も改造も比較的簡単、PoWのスキルと改造後の高命中・スキル【BIGSEVEN】によって最高級の破壊力を持つ。弱点は速力23.5ktであり低速戦艦であること。
    • 破壊力で太刀打ちできるのは、Ver3.3時点ではミズーリのみである。
  • 第二章のボス、第三章から道中でドロップし、ロドニーのみ建造でも入手可能。
    • 特にロドニーは2-1-ボスでボス直行1.6%ドロップと、ウィークリークエストついでに入手できるかも。
  • 改造前後とも活躍し、多くの提督にとって一軍戦艦として長く付き合う事になる。
建造限定戦艦

軽空母 Edit

ゲーム初期においては空母不足を補ってくれるが、3隻目の航空母艦を獲得した後は通常海域攻略での出番がほぼなくなる。
その後はレベリングのお伴や防衛戦での対潜要員が主であり、
改造の優先度が航空母艦の方が上であるため、最終的な育成は終盤の対潜レベリングまで後回しになりがちである。
しかしレベリング中にドロップし、それをレベリング補助で使って…というサイクルで軽空母はそろっていくので、ここでは特別な軽空母のみ紹介する。

 

レンジャー

  • 1-4などのドロップ入手もあるが、初回チャージボーナスで簡単に入手できる事が大きい。
  • 軽空母としては頭一つ抜けた性能を誇り、序盤の航空母艦代理として存分に活躍する。レキシントンサラトガが居ても次いで強化を優先してよいほどである。
    • 改造すると艦種は航空母艦になり、任務で軽空母のレンジャーが一隻手に入る用になっている、ただし改造後の立ち位置も航空母艦代理に近く、空母が充実すると若干物足りなく思えるかもしれない。
 

高速軽空母 / 祥鳳瑞鳳レンジャープリンストン

  • 軽空母と27ノット以上が同時に必須な海域はイベント含めて存在しないが、高速であることに一応意義はある。
  • 特にプリンストンは最速かつ将来改造もできるので有用であるが、海域でドロップし始めるのが5-3以降のため序盤では建造でしか入手できないのが難点。
     

飛鷹 隼鷹

  • 海域でのドロップでは第二章のボスマスでのみ入手可能な軽空母*1。建造でも入手可能。
  • 低回避・航速が25.5ノットと少し遅い代わりに、高耐久・航空機の搭載数が多めで運よく序盤で入手できれば空母代理として活躍できる。
    • しかし低速艦ゆえに、海域での分岐条件により編成から外されることもあるため、過信は禁物。
  • 改造後は耐久・搭載数がさらに上昇し、それぞれダメージ上昇系スキルを持つため、終盤でも対潜可能な空母代理として運用できる。

最序盤で手に入る軽空母について
アーガスラングレーボーグ

  • 最序盤から海域で手に入るが、彼女たちは性能的にはどうなのだろう、という方のために一応記述する
    以下折りたたみ

航空母艦 Edit

選ぶのを悩むほど航空母艦は簡単には入手できない。
建造で1隻でも獲得できれば、即戦力となる。開幕航空戦で軽空母より安定してダメージを与え、味方の損害を未然に防げるため
海域攻略でもレベリングのお供としても重宝され、レベルは勝手に上がっていく傾向にある。

 

レキシントンサラトガ

  • レベルアップボーナスで誰でも初期から入手可能、かつ末永く使える点で他を圧倒する。
    能力のバランスが良く、通常海域の攻略だけならこの2人で賄える。入手次第、ここで紹介される他の艦すべてより優先して強化してよい。
  • 改造後両者が習得可能なスキル【航空戦術の先駆者】は自身に加え、隣接する空母の艦上機性能を上げるという非常に強力なもの。
  • さらにサラトガは艦隊内の空母の数によって自身の性能を上げる【ロビン】というスキルを選択できる。
 
建造などで入手可能な空母

潜水艦 Edit

選択ではなく、入手に悩む提督が多い艦種。潜水艦戦役困難に挑戦するには3人必要、というのが困難以前のハードル。
Ver3.3現在、建造で入手可能な2隻以外の入手方法は以下のとおり(現在入手不可のものも含む)
I.2016年末限定クエスト報酬:U505
II.第六章及びヴァルキューレ作戦ドロップ:U47U81、第七章ドロップ:U156
III.1周年記念イベントEx-3パスタの戦い 突破報酬:U96

 

序盤で運よく入手してもLv11までは先制雷撃できない、中盤以降は対潜攻撃に打たれ弱い、対潜能力無しの敵艦編成だと他の味方水上艦への被弾が増え、
足を引っ張りがちなので終盤までの戦力が揃うまでは前線に出すのは控えておいたほうがいいだろう。
このため、焦って入手する必要は殆どないのだが終盤以降の建造はレア戦艦より潜水艦。となる

 

つまり、初心者には必要はないのだが入手できたらちゃんととっておきたい艦種とだけ覚えておこう。
2-5で掘りを行うためなど3人は必要なので、間違って強化餌にしたりしないように*2
細かい運用は潜水艦の各ページ、攻略ページを参考にしよう。

おすすめの特定艦同士のシナジー Edit

上記は単独でも強力だったり、シナジー相手をあまり選ばない艦が中心だが
特定の艦同士のシナジーで力を発揮するケースもある。
割りと序盤から狙えるものもあり、これを狙って育成の方針にしても良いのだが
改造が前提であり、初心者向けというよりは応用編といえるので、折りたたんで残しておく

シナジー
 

その他 Edit

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 2-4までだと、そもそも改造どころか強化もレベリングもいらなくて、手に入った中でステータスが高いのを並べたら攻略できてた気がする。その後をみこしてのお勧めでいいんじゃなかろうか -- 2017-07-03 (月) 01:58:41
  • ぶっちゃけ2-4までならば「好きな艦艇を育てろ」で十分事足りるんだよなぁ。その点を踏まえて重巡を削れー、だとか伊勢型を削れー、だとかは旧おすすめページでどうぞって感じ -- 2017-07-07 (金) 10:27:20
  • というかここって「手に入ったら《後々のために》育てておくといいよ」っていう艦の紹介じゃないのか。2-4「まで」に使える艦ってんなら適当に戦艦空母強化して並べておけばクリアできる気がするけど -- 2017-07-10 (月) 02:06:21
    • 3-4開放するまで、グローウォーム以外強化もしてなかったな…… -- 2017-07-10 (月) 11:48:55
  • このページにおけるPoWのスキルの説明、バフ値じゃなくて自身の素の命中が2倍になるように読み取れるし書き換えた方が良いのでは -- 2017-07-13 (木) 07:15:05
  • 改造とかスキルを本気で考慮するなら2-4とかじゃなく5章攻略とかになるだろうな 下手に2-4突破まで向けってすると此処で詰まった初心者がここを見て今まで育てた艦を放って上記の艦に鞍替えして二度手間って罠もありそうだし -- 2017-07-16 (日) 13:33:48
  • 最初は特型6隻揃えて吹雪と白雪から改造するのがいいと思う。駆逐困難の他、ウィークリー任務が駆逐だけ or 多めでクリアできるようになって報酬が大黒字になる -- 2017-07-17 (月) 22:35:43
    • その次に綾波ですかねぇ。ただ綾波ゲー化するのは否めませんが -- 2017-07-26 (水) 20:26:14
      • 綾波は通常海域だと6-4や7-1でもオーバースペックなので、汎用性の高い響や暁を先に改造した方がいいかな、と思います -- 2017-07-26 (水) 23:26:36
  • 潜水艦とかぜってえむり -- 2017-08-24 (木) 17:58:21
  • 潜水艦をなるべく早く入手するためにも、キーロフ(軽巡)レシピはある程度こなした方がいいよ。自分は3つ入手まで続けて、その間にアーチャー入手出来た。でもそれから戦艦レシピと空母レシピで2つ出てしまったから、2つ入手までで良かったかなとも思うけどね。 -- 2017-10-09 (月) 15:13:05
  • ぶっちゃけデイリーは全部キーロフ狙いにしとけばたまに潜水艦も出る -- 2017-11-17 (金) 21:51:53 New
  • 特型は吹雪筆頭に4隻くらいまでのが良いかなって思うようになった。浮いた2隻でラフィーとかギヤリングのがウィークリー用としてもイベント用としても両立しやすい -- 2017-11-18 (土) 15:10:19 New
    • と書いたけど、ギヤりゅんはまあまあ手に入るというだけで昼戦は補佐レベルだし索敵力を追加したりオンリーワンではあるけど最強とは言えないかな。やっぱり駆逐艦に欲しい能力はボスまで死なずについてきてくれる力なんだけど、このゲームでは4n、次に回避と対空って感じだし。 -- 2017-11-18 (土) 15:29:11 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 2-5・2-6を除く
*2 改造により入手できる潜水艦用魚雷が強力であり、牧場価値も非常に大きいため