Top > 戦艦少女と戦艦少女wikiの歴史

戦艦少女と戦艦少女wikiの歴史

Last-modified: 2017-05-30 (火) 08:36:25

暫定的に書いてみました。

皆様の追記・修正お待ちしてます。

2014年 Edit

9月 Edit

  • 23日
    中国本土において戦艦少女のサービスがスタートする。当初の戦闘システムは艦これと同じ(通称短冊ゲー)であった。
    運営も開発を担当する「幻萌」と他にも幾つかの中国国内向けゲームを運営する「派趣」(通称P7)の共同運営という形だった。

11月 Edit

  • 1日
    初のファンミーティングが開催される。
    まだ知名度が高くない時期に実施されたため、参加者は数名、コスプレイヤーも普通のセーラー服を着た女性1人と寂しいものであった。
    この時行われた抽選会で、参加者1人にリシュリューが贈られる
    リシュリューは当時全サーバーに1隻しかいなかったため、リシュリューを手に入れたプレイヤーは「初代欧皇」と呼ばれた。
  • 4日
    改造が実装される。
  • 10日
    サーバーが正式サーバーと、テスト用サーバー(ZEROサーバー)に分かれる。

12月 Edit

  • 24日
    初のイベントである、クリスマスイベントが開催される。
    この時プリンツ・オイゲンのサンタ衣装が配布される。
    このイベントのラスボスは闇堕ち大和であった。

2015年 Edit

1月 Edit

2月 Edit

  • 12日
    好感度・誓約システムが実装される。

4月 Edit

  • 11日
    第2回ファンイベントが実施される。
    前回とは打って変わって、事前に用意してた100人分のチケットが1分足らずで完売するという盛況ぶりだった。
    またこの時行われた抽選会で、参加者1名にライオンが贈られた。

6月 Edit

P7が自社製のゲームと戦艦少女のコラボを発表する。
しかし、コラボ先のゲームは中国本土でも非難が相次ぐほどの悪質なパクリゲーであり、しかもコラボはP7が勝手に決め、幻萌には一切伝えていなかったため、大炎上に発展する。
また、P7が幻萌に無断でローディング画面に「このゲームを反ファシズム戦争勝利70周年に捧ぐ」という一文を挿入してた事が発覚した。
以上のように中国本土では大炎上中だったが、海外ではE3への出展を果たし、英語版のリリースも発表される。

7月 Edit

P7が幻萌に対し、今まで未払いだった報酬を絶対払わないと一方的に通告
俗に言う幻萌・P7戦争の勃発である。なおこの騒動には決まった名称が存在しないので、こう仮称しておく。
この時P7が発言した「ニラなんて刈ってもまた生えてくる」(プレイヤーが離れても新しい萌ゲーを出せばまたプレイヤーを獲得できるという意味)から、0v0が生まれる。

上記の騒動から約一週間後、P7がiOS版戦艦少女を乗っ取り、独自に運営を開始する。
その2日後、iOS版でイベントが開始されるが、幻萌側が作成したプログラムを無理やり弄ったせいか、大量のバグが発生し、史上最悪のクソイベとして記憶されるようになる。

  • 27日
    幻萌側の戦艦少女にて新サーバーである、台湾サーバーがオープンβテストを開始する。
  • 月末
    幻萌がP7と交わした契約を打ち切る旨の通知書を送る。
    これにより、法律に基づきP7版戦艦少女は60日以内に自社が運営しているサーバーを閉鎖しなければならない状態となった。

8月 Edit

  • 月末
    幻萌が以前からApple社に申請していたappstoreからのP7版戦艦少女の削除が実行される。
    同日、幻萌版戦艦少女にて大規模アップグレード、通称「Project R」が発表される。

11月 Edit

  • 12日
    幻萌版戦艦少女にて以前より予告してた大規模アップデートが実行される。
    ほぼ作り直しとなった部分もありタイトルも「戦艦少女R」と変え、
    戦闘演出が特に大きく変わり、従来の短冊形からSDキャラが動いて戦うものになった

2016年 Edit

6月 Edit

  • 23日
    昨年7月より続き、裁判沙汰にまでもつれた幻萌・P7戦争が、双方の和解という形で終結。

9月 Edit

  • 1日
    P7側の戦艦少女がサービス終了。
  • 23日
    1年に渡って続いた戦争が終わり、無事2周年を迎えられたため、多くの二周年記念イラストが投稿される。
    またこの頃日本語版のリリース告知がされる

9月 Edit

  • 26日
    日本語版戦艦少女のPVがYOUTUBEにて発表される。

10月 Edit

  • 23日
    日本語版戦艦少女が正式リリースする。
  • 31日
    日本語版では初となるミニイベント「ハロウィンミニイベント」が開催。

11月 Edit

  • 7日
    ゲーベン追撃戦準備クエスト開催。大鳳が先行実装された。
    この際のクエスト内容は「空母100隻撃沈」や「軽空母50隻撃沈」などシビアであった。
  • 11日
    ゲーベン追撃戦クエスト開催。ゲーベンが日本版に実装された。
    最初の期間限定任務のみ終わらせれば、残りは制限時間無しのクエストであった。
    一方で「残りのクエストも期間限定任務なのか」と勘違いするプレイヤーも少なからずいた模様。
  • 14日
    日本語版のDL数20万突破を記念に限定イベント開催。
    達成条件の緩い限定任務のクリアで資源が配布された。
  • 18日〜25日
    日本語版で初となる建造イベント開始。
    多くのプレイヤーが建造イベントの洗礼を受ける。

12月 Edit

  • 2日
    日本語版初のイベント、パスタの戦いが開始される。
    このイベントのE-4はレア艦の宝庫で多くの提督が突撃したが、何故かコサックのドロップ率が高く設定されており、掘りをしている提督の前に何度も現れる事態となった。
    煽っているような入手台詞に、餌にしても不味い事からヘイトを集め、一躍ネタキャラとなってしまった。
  • 16日
    大陸版の限定海域イベント「ガラガラ大作戦」開催。報酬艦として信濃が実装された。
    某コナミの潜入ゲームをパロディにした海域や、初のジェット戦闘機実装など話題をさらった。
    その一方で難易度の高さやタフィ3の駆逐艦掘りに難航するプレイヤーも多かった。
  • 24日
    日本語版初となる戦利品イベントが年末年始イベントの一環として開催。
    補給艦のパンツが日本語版でも剥ぎ取られるようになる。
  • 31日
    年末年始イベント開催中の日本語版で午前中にかけてサーバー落ちが2度発生。
    運営からお詫びとして戦利品計10枚が配られたため「侘びパンツ」というスラングが生まれる。

2017年 Edit

1月 Edit

  • 11日
    日本語版が2.8.0にバージョンアップされる。
  • 16日
    日本語版に新海域6-1が実装。
  • 23日
    日本語版の30万DL突破を記念して限定イベントが開催。
    任務報酬としてノヴゴロドが配布された。

2月 Edit

  • 1日
    大陸版にて二回目の防衛戦イベント「砲火の弧線」が開催。
    初のソ連戦艦ソビエツキー・ソユーズが実装された。
  • 3日
    日本語版にてイベント、地獄群島攻略作戦が開始される。
    最上瑞鶴堀りが原因でツイッターや本wikiを中心に阿鼻叫喚の嵐が巻き起こる。
    最終海域のE-4は対空装備が必要になると告知されており、運営の配慮かアラスカ型のドロップ率が高めに設定されていた。ボフォースの量産に成功した人は多かったが、
    同じ金背景である瑞鶴やホーネットだと思って、ぬか喜びさせられた人も多かった模様。

3月 Edit

  • 6日
    中国版にて初のミサイル艦となるレシーテリヌイの改造と、ミサイルが実装される。
  • 9日
    以前から噂されてた、ボイスの実装が発表される。
    多くの歓声が上がる反面、「ボイスに力を入れすぎて、他の部分がおざなりになるのではないか」等の不安がる意見も多数見受けられた。
    これ以降公式ツイッターにてボイスが発表されるようになり、いつしかボイス発表を「爆弾」と呼ぶようになり、耳に自信のある提督が声優特定に尽力を尽くす光景が見られるようになる。
  • 15日
    日本語版が2.9.0にバージョンアップされる。
  • 23日
    防衛戦イベントを前に運営から難易度調整アップデートのアナウンスが行われる。
  • 24日
    日本語版初の防衛戦イベント、南洋基地防衛戦が開催される。
    あまりの難易度の高さから、E-2で諦める提督が続出した。
    一方で未改造艦縛りプレイでクリアする猛者や、ダメコンの使用でE-4をギリギリで突破するプレイヤーも現れた。
    この時実装された龍驤の中破グラが話題になる。

4月 Edit

  • 1日
    エイプリルフールイベントが開催される。
    このイベントは一日限定の建造イベであったが、頭に鍋を載せた龍驤と胸が大きくなったヴィットリオ・ヴェネト、0v0に乗っ取られる公式ツイッター、さらには不具合で改造可能になり結局改造が実装されたボーグチェイサーラフィーなど色々とネタの方でも充実したイベントであった。
  • 2日
    臨時メンテナンスにより、装備と艦艇の性能が調整される
    特に九七式艦攻の性能調整は今まで語呂合わせで九七艦攻を重宝していたホモ達を悲しませた。
  • 10日
    日本語版の新海域に2-5が満を持して実装。(上ルートと中ルートのみ)
    念願の日本の大型艦、雪風・島風の入手が可能となるも多くのプレイヤーがランダム分岐や掘りの洗礼を受ける。
  • 17日
    ビリビリ動画の公式生放送にてVer3.0.0が公開される。
    ボイスの実装のみならず、SDキャラを使った箱庭要素の追加という予想の斜め上を行く新要素に多くのユーザーが驚いた。
  • 26日
    Ver3.0.0のアップデートが発表される。
    予想外の速さから日中両方のユーザーは驚きを隠せなかった
  • 28日
    Ver3.0.0のアップデートが実行される。
    宿舎やボイスの実装などの新要素は多くのユーザーから受け入れられた。
    しかし大型アップデートの余波で暫くの間、不具合が続出するようになり、運営への不信感も一時的に高まる結果となった。
  • 29日
    日本語版で建造イベント開催。
    この際にパスタの戦い限定のドロップ艦・突破報酬艦と大鳳が建造可能艦に追加。
    日本語版では初となる艦船の建造落ちが実現した。

5月 Edit

  • 12日
    大陸版で限定イベント「恐れ無き海の決戦」開催。ゲーム内では初のWW1モチーフのイベントとなった。
    突破報酬艦として戦艦ヒンデンブルクが実装。他にドロップ艦も複数追加された。
  • 16日ごろ
    大陸版限定イベントでドロップ限定艦U96のドロップ率不具合とそれに関する問題が発生。
    プレイヤーに対し過去最高となる万単位のお詫び資源が配布される。
    また、この一件に関して幻萌側から「今後のランダム分岐条件、並びにドロップ条件・方法などを全面的に見直す」と声明が発表される。

参考にしたページ Edit

アニヲタwiki 旧運営問題
中国版艦これ「戦艦少女」 サービス開始から半年間の歩みをまとめてみる

戦艦少女wikiの歴史 Edit

ページ容量節約のため折り畳み

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • いろいろあったんだなぁ(小並感) -- 2017-03-10 (金) 04:42:25
  • 艦Cの電風ってだれだよ -- 2017-03-10 (金) 11:31:28
    • 「電」風の、つまり電のようなってことじゃないんすかね -- 2017-03-10 (金) 11:58:14
      • あっ、そういうことか..。 -- 2017-03-10 (金) 19:08:25
      • 途中送信してしまった 艦Cは○風っていうふうに後ろに風が付くキャラクター多いから書き間違えたのかなって勘違いしちゃったんですよ あと電のとこにカッコつけて分かりやすくしてくれた人ありがとう -- 2017-03-10 (金) 19:11:15
      • 分かった!ドラ○ンボ○ルみたくフュージョンしたんだ!という事は、ビスマルクとエセックスがフュージョンしたらウォーシップガ○ナーの超兵器並みに強いスーパー航空戦艦ビスックスに・・・冗談だよ。 -- 2017-03-12 (日) 22:17:03
  • wikiの歴史とか流石に臭すぎませんかね… -- 2017-03-10 (金) 15:16:17
    • 確かに臭いけど、承認欲求に囚われてコテ付きで痛い自分語りや自演オナニーして、規制された後もまたしれっと戻ってきてるらしい奴や荒らしよりはマシでしょ、前者は今度こそ反省しただろうし、どっちにしてもスルーすればいい話だが -- 2017-03-10 (金) 15:46:15
      • と思ったけどあいつまた性懲りもなく自分語りしてるから反省してなさそう。banされたのに戻ってくるなんてネット上で公開オナニーしなきゃ生きていけない病気か何か? -- 2017-03-11 (土) 13:38:48
      • まだ居座るつもりでいるから草も生えない いよいよ通報も視野に入れないといけませんね… -- 2017-03-11 (土) 16:27:12
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White