Top > No22 赤城

No22 赤城

Last-modified: 2017-11-30 (木) 10:35:02

アイコン Edit

icon_22.png

基本データ Edit

画像基本情報
赤城.pngレアリティ☆☆☆☆☆
ゲーム内名称赤城翻訳名称赤城
所属/艦級大日本帝國海軍/赤城型1番艦
本名赤城(あかぎ)Akagi
進水日1925/4/22
身長(1938)260.67m
体重(1938)36500英t(37086t)
出力(1938)133000shp
(134845PS,99178kW)
イラストレーターcowinsky
艦種航空母艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久69火力0/40
装甲30/55雷装0/0
回避30/50対空27/57
搭載76対潜0/0
速力31.2kt索敵46/71
射程10
最大消費量
燃料60弾薬55
艦載装備
21零式艦戦21型
18九九式艦爆
27九七式艦攻
10未装備
強化経験値 (火力/雷装/装甲/対空) 0/0/15/27解体資源
(燃料/弾薬/鋼材/アルミ材)
30/40/60/40
改造チャート・ 改造に必要な物資(燃料/弾薬/鋼材/ボーキサイト) 必要な改造コア 種類/数
赤城赤城改 (Lv77) 500/0/3000/1200 空母改造コア×20
 
SD
Akagi_C.png
 

セリフ Edit

セリフ
衣装「赤城&風乃」専用セリフ

衣装 Edit

 

艦種紹介 Edit

日本版最初は帝国海軍天城型巡洋戦艦二番艦として建造されたが、条約の制限のため正規空母に改造された。完成した当時、珍しい三段式飛行甲板を装備したが、あまり実用性がないと証明され、1935年の大改装で一般的な全通飛行甲板に替えた。1941年、赤城は帝国海軍の旗艦として真珠湾攻撃に参加した。1942年、ミッドウェー海戦で赤城はエンタープライズの急降下爆撃機の攻撃を受け、魚雷と爆弾を誘爆され、その後自力航行不可能と判断され、翌日日本海軍により自沈した。
中国版原本是日本海军天城级战列巡洋舰2番舰,后因条约限制改建成为舰队航母。建成时拥有特别的三段飞行甲板,不过这个设计被证明并不实用。35年的大改装中拆除了这个不实用的设计,变为常见的全通飞行甲板。41年赤城号作为日军的旗舰参加了偷袭珍珠港。42年的中途岛海战中赤城号遭到企业号俯冲轰炸机的攻击,诱发了堆放的鱼雷和炸弹,次日由日军自沉。

入手手段/ドロップ海域 Edit

中国版:DBドロップのみ(3-3,3-4,4-2,4-4,5-1,5-3,5-5,6-3,6-4)
日本版:建造[4:30:00]、ドロップ
Ver3.3アップデート後より、建造テーブルが整理され建造できなくなった。

  • 通常海域ドロップ
    • ボスマスのみ:3-3、3-4、4-2、4-4、5-1、5-3
    • 道中、ボスマス:5-5、6-3、6-4
  • 限定海域イベントでのドロップ

性能や運用について Edit

  • 日本の正規空母。3-3以降、後半海域のボスマスなどでドロップする。
  • 正規空母としての性能はそれなりだが、火力40の4スロ10機なので開幕フル出撃は出来ない。
  • 大陸版では16/12/08、日本版では17/08/28に改造が実装された。改造後のスキルはどちらも強力であり、持参装備の性能も高いという非常に優秀な空母になっている。
    • 大陸版では建造テーブルから除外され、日本語版でもVer3.3アップデート後の調整により、ドロップのみの入手となった。

ゲーム内において Edit

  • 本国版では一度、立ち絵と中破絵が差し替えられている。
    赤城改では哈路卡氏が引き継いだ
  • 戦艦少女の中では珍しくしっかりとした公式設定がある
    原文は中国語であるが興味のある人はGoogle翻訳などで翻訳しながら読んでみるといいだろう
    【人物设定】赤城-起 赤城-结
  • 立ち絵について
    • 赤城が持っている弓は和弓(大弓)という日本古来から使われてきた武器。
      一見シンプルな見た目をしているが複雑の工程で生み出されている。標準的な和弓の大きさは大弓の場合七尺三寸(221cm)であり世界の弓と比べても非常に大きい。
    • 腰に装着している艤装は大改装後の横出し煙突を表現している。
    • 矢筒に刺さっている矢は色から九七艦攻。
    • 大破時の甲板へのダメージはミッドウェー海戦で命中した2つの爆弾の着弾位置と一致している。
  • セリフについて
    • 昼の母港セリフの一つに烈風について語られているセリフがある
      赤城は建造されて沈むまでに烈風を搭載することができなかったことから、日本の次世代艦上戦闘機となるはずだった烈風を大切に思っているのかもしれない。
  • 性格について(艦R百科 简要人设翻訳)
    • 子供の頃から加賀と一緒だった。二人が戦場にいる場合はこの二人を命令できる者は誰一人いない(それぐらいの力の持ち主であり存在である)。
      最近は後輩が主力として頑張っているため戦場から離れ、港で過ごすことが多い。
      普段は加賀とお茶をしたり、時々後輩の訓練を手伝ったりする。
    • 新しい装備を非常に喜んでいる。特に烈風は金色のようだと評価している。
      赤城は「いつかこんな新型の戦闘機を自分の甲板から飛ばしたい」と言い、再び戦場に戻れる日を待っている。
  • 設定は上記の通りだが、ゲームでは普通に前線へ投入できる上に、 赤城改になれば強力なスキルも得ることができる。存分に活躍させてあげよう。

元ネタ解説 Edit

艦型天城型巡洋戦艦2番艦→天城型航空母艦2番艦 *1
名前の由来赤城山(群馬県)2代目
建造所呉海軍工廠(広島県呉市)

日本海軍の航空母艦であり、素体は八八艦隊に基づいて建造中だった天城型巡洋戦艦の2番艦「赤城」である。世界初の空母機動部隊である第一航空艦隊の旗艦にして、後に聯合艦隊司令長官となる山本五十六が艦長を務めた艦でもあり、数ある日本空母の中でも屈指の人気と知名度を誇る。

・八八艦隊とは
八八艦隊とは、第一次世界大戦中に発生したユトランド沖海戦の戦訓を元に、日本海軍がかねてより思案していた艦齢8年未満の戦艦8隻と巡洋戦艦8隻を中核戦力とし、所要の補助艦艇並びに第一線を退いた艦齢8年超の主力艦群を主軸として整備する建艦計画。
同時期に列強各国も同じようなことを考えており、アメリカの「ダニエルズ・プラン」、イギリスの「対独二倍構想」、フランスの「装甲艦28隻整備構想」等が特に知られる。
なお艦齢8年未満の艦を第一線に、ということは、8年を超えた艦も第二線級として保有し続けるということであり、当時想定されていた主力艦運用年数は24年であることから、帝国海軍は最終的に48隻の主力艦を整備・運用し、毎年2隻の新造艦を起工し続けることとなる。これが八八八艦隊となれば毎年3隻、総数72隻の戦艦・巡洋戦艦となり、特に財政面で当時の日本の国力限界を遙かに超えるものであった。
しかし、列強各国が同時期に大規模な軍拡競争を際限なく繰り広げたため各国の国家財政を大きく圧迫することとなり、ワシントン海軍軍縮条約を皮切りに世界は一旦軍縮へと向かっていった。同時に八八艦隊も中止となり結局計画通りに竣工したのは長門型戦艦2隻のみだった。

・天城型巡洋戦艦とは
八八艦隊で8隻の建造予定であった巡洋戦艦として、最初に計画されたのが本型である。41cm主砲10門という加賀型戦艦と同等の攻撃力を持ちながら速度は30ktの高速を発揮するよう設計されており、その結果装甲は加賀型より若干薄くなったものの、それでも尚、長門型戦艦よりも強力な防御力を持っていた。どこが巡洋戦艦なんですかね?
ワシントン海軍軍縮条約締結時に「天城」「赤城」「高雄」「愛宕」の四隻が建造されていたが、起工後間もない「高雄」と「愛宕」は解体され、既に船体が殆ど完成していた「天城」「赤城」の二隻は巡洋戦艦としての高速力を買われ、空母に改装されることが決定した。しかし、改装中に関東大震災が発生し天城が造船ドッグ内で大破し修復不能と判断されたため廃棄された。代わりに廃棄予定だった加賀型戦艦の「加賀」が空母へと改装された。同様の経緯で建造された空母に米海軍のレキシントン級航空母艦がある。

・航空母艦「赤城」
当時、まだ空母という艦種そのものが生まれたてであり、赤城を空母に改装するにあたっては数々の試行錯誤(迷走ともいう)が行われた。
空母の命ともいえる飛行甲板はイギリス海軍の改装空母フューリアスの第二次改装を参考にして三段式(フューリアスは二段)となっており、最上段を着艦専用とし、中段を戦闘機等の小型機用、下段を攻撃機等の大型機の発艦専用として各段を目的別に使い分けることで着艦と発艦が同時にできるように考案された。しかし実際には、中段には20cm連装砲2基と艦橋が設置され飛行甲板としては使用できなかった。しかも下段は短すぎてほぼ使われていないという有様だった。そのため着艦と発艦は専ら最上段の発着甲板で行い、下段飛行甲板は小型機の発艦に使用された。当時の航空機は複葉で航続距離も僅かだったため空母にも砲撃戦の機会がありうるとの判断から赤城と加賀は上述の20cm連装砲2基に加え、艦尾両舷にそれぞれ同単装砲を3基ずつ据え合計で20cm砲を10門装備し、額面上は妙高型重巡洋艦と同等の砲撃力を持つ。しかし実際に運用してみると、砲撃時の爆風で飛行甲板が破損する危険性が高い20cm砲は三段甲板ともども無用の長物であると判明し、後の大改装の一因となっている。このほか、建造当時は各国が空母の煙突の処理の仕方について模索していた時期であり日本においても加賀がイギリス海軍の空母アーガスを参考にした集合煙突を採用したのに対し、赤城は後の日本空母のトレンドとなる湾曲煙突を採用しており様々な模索を行っていたことが窺える。

 ⇒竣工当初の三段甲板時代の赤城。中段に搭載された20cm連装砲が確認できる【https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b9/Akagi_1929.jpg
 ⇒大改装前の赤城と当時最大の戦艦だった長門。赤城の巨大さがよくわかる【https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/93/Akagi_and_Nagato.jpg

様々な不具合に加え劇的な進化を遂げる航空機の性能に次第に対応できなくなってきたことを受けて、先に大改装を行っていた加賀を参考に1935年11月15日〜1938年8月31日にかけて全通式の飛行甲板に延長するなどの近代化改装が佐世保海軍工廠で施された。中段・下段の飛行甲板が撤去されたことで格納庫の拡張も行われ、搭載機数も大幅に増え1941年12月7日時点では常用66機 補用25機となっている。しかし慢性的な予算不足によって赤城の改装は加賀の改装と比べると、飛行甲板の仕上げが雑であったりと丁寧ではなく略式なものにとどまり、対空火器の更新も見送られ旗艦でありながら真珠湾攻撃に参加した六隻の空母の中でも対空能力は最も貧弱であった。また、各種の改装によって排水量が1万tほど増加したにもかかわらず、機関出力はあまり向上しなかったため、速力は32.1ノットから31.2ノットに低下した。航続距離もあまり延長されなかったため、遠距離外洋航行が問題になる真珠湾攻撃作戦の計画段階では蒼龍、飛龍とともに作戦から外されることが検討されたこともあった。
艦橋は大改装後の加賀とは違い左舷中央部に設置され、外見上の最大の特徴となっている。これは将来艦上機も単葉、大型化するであろうために滑走距離も長くなる、着艦距離はワイヤーで制止されるため誘導設備が発達すればむしろ短くできるとの予想から、前寄りの位置では邪魔になると判断されたためである。しかし右舷のままでは煙突と重なるため、世界に類例のない左舷に艦橋が配置されることとなった。
左舷艦橋には
 ・煙突と反対側に配置されるため船体が左右均等に近くなりバランスがよい
 ・士官室からの艦橋への交通が有利となる
 ・格納庫の形状が良好となる
といった利点があり日本海軍は後の空母にも左舷艦橋を採用するつもりだったが、実際に運用すると煤煙が艦橋に流れ込む、気流が乱れて着艦しづらくなる等のデメリットが判明したため、竣工直前の飛龍はやむなく左舷艦橋で竣工したものの、同じく左舷艦橋で設計されていた翔鶴型は急遽右舷艦橋に設計変更され、後の空母では二度と採用されることは無かった。

 ⇒大改装後の赤城。独特の三段甲板からオーソドックスな一段甲板に改装された【https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3b/Japanese_aircraft_carrier_Akagi_01.jpg

・主な戦歴 日中戦争〜太平洋戦争直前
赤城は長らくドックで改装を行っていた為、日中戦争における戦歴は龍驤、鳳翔や先に改装を終えていた加賀とは大きく差がある(加賀の活躍は個別項目を参照されたし)。不運なことに赤城が改装を終えた時には既に戦域が内陸に移行しており、航空作戦は陸軍航空隊や海軍基地航空隊の手に移り航空母艦からの航空作戦は本来終了していた。1939年、日本本土に戻った加賀と入れ替わるように第一航空戦隊旗艦となり、米内光政海軍大臣や草鹿龍之介軍令部第一課長等が主導する海南島攻略作戦に参加する。2月3日、香港島万山諸島万山湾に投錨。その後、南支方面艦隊と共に2月10日の海南島制圧作戦を実施した。ここで赤城の航空隊は水上機母艦千代田、特設水上機母艦神川丸、陸海軍基地航空隊と協力し、海軍陸戦隊や陸軍部隊の上空掩護、地上支援を行った。南島制圧作戦をもって日中戦争における赤城の出番は終了し、有明湾に帰投して飛行機隊の訓練にしばらく従事した。
1941年では9月12日に内示された昭和17年度海軍戦時編制では最新鋭の翔鶴型航空母艦を第一航空戦隊に配備し、従来の一航戦の赤城と加賀は第五航空戦隊に再編成される予定たったが、完成直後の翔鶴を訪れた第一航空艦隊司令部は翔鶴型の飛行甲板にたいして不満を持っており、その影響もあってか赤城・加賀が第五航空戦隊に配属されることはなかった。翔鶴型の飛行甲板は艦の長さより15m以上短く、他の空母と比べて著しく短かった(赤城、蒼龍、飛龍の飛行甲板は艦体より約10m短く、加賀の飛行甲板は艦体より約1m長い)。

1941年4月、真珠湾攻撃の準備のため世界初の空母機動艦隊となる第一航空艦隊(長官は南雲忠一中将)が編制され、赤城は加賀および駆逐艦二隻とともに第一航空戦隊として編入された。第一航空戦隊所属の艦上機部隊は、艦上攻撃機隊64機が海軍航空隊鹿児島基地、艦上爆撃機隊45機が海軍航空隊富高基地、第一航空戦隊ならび第二航空戦隊所属の艦上戦闘機隊72機は海軍航空隊佐伯基地を訓練基地とし、錦江湾や志布志湾、佐伯湾で演習を行い、11月16日佐世保基地にいた加賀以外の第一航空艦隊(南雲機動部隊)空母5隻は佐伯湾にて艦上機部隊を各陸上基地から離陸させて着艦収容した。この時期の第一航空艦隊搭乗員の練度は最低でも飛行時間が1000時間、最高練度の者は2000時間に達するような怪物級であり、その練度は『世界最高峰』と評され、また事実であった。

各艦船は機動部隊としての行動をごまかすため、11月18日午前4時、第一水雷戦隊旗艦阿武隈と駆逐艦9隻が動き出したのを皮切りに、時間をずらしてバラバラに佐伯湾を離れ、艦隊が最終集結する千島列島の択捉島単冠湾を個別に目指した。赤城は同日午前9時に動き出し、単冠湾へ向かった。11月19日、八丈島沖で飛行甲板上に全飛行機搭乗員が集められて真珠湾攻撃が訓示され、艦隊集結予定日通り11月22日の朝に単冠湾へ入る。各艦打ち合わせと兵器整備の後、11月26日に単冠湾を出港し、南雲機動部隊の旗艦として一路ハワイ・真珠湾へと向かった。

国別艦種一覧表

国別艦種一覧表

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • スキルを運命の五分間にしたとして、艦攻か艦爆かのどちらか一方だけ搭載、ってんでも効果発動する…んだよね? -- 2017-09-27 (水) 21:22:08
    • そうだね、下がるものがないから有用なスキルになると思うよ -- 2017-09-27 (水) 22:05:26
  • ちょwwwwwwwwwまだ取ってないのに建造除外とか運営が弾いちゃらめえええええ -- 2017-09-28 (木) 00:12:52
    • スキルの強さが強さだから今後始めるプレイヤーの為にも建造可能のままの方がいいですよね。 -- 2017-09-28 (木) 00:19:58
    • ど、ドロップ箇所も多いしほら…赤城だけなんか特別枠っぽいからそういうことなんだろうなぁ、と -- 2017-09-28 (木) 10:06:25
  • 偶々なんだとは思うけどやたら赤城の攻撃の命中率が低い…他の空母が重巡とかにヒットさせてる中駆逐にすらミスするし… -- 2017-10-03 (火) 17:09:56
  • 限定衣装のSDキャラがデカくて違和感がある -- 2017-10-04 (水) 07:20:55
    • 赤風スキン自体は奇襲感あってすごい好きなんだけどやっぱデカく見えるよねこのSD レキシントンと比べると一回りデカい -- 2017-10-06 (金) 08:07:19
  • 5分間赤城はレキサラで代用がきくから個人的にはオンリーワンの奇襲をオススメする -- 2017-10-24 (火) 11:00:09
    • 奇襲のほうが使ってて楽しいしね -- 2017-10-24 (火) 11:00:44
  • 自分はスキルを五分間にして爆撃機3のトールボーイで積んでるんですが、攻撃機とMotobombaで運用してる方かいらっしゃれば感想を聞かせて頂けないだろうか?装備編成悩んでまして・・・ -- 2017-10-27 (金) 02:18:35
    • 開幕の命中率は大したもの。ばらつくけどダメージも悪くない。トールボーイはレンジャー専用と思ってる。編成のうえでは安定周回向きの赤城か重爆一発大逆転のレンジャーで二択になると思う。 -- 2017-10-28 (土) 00:34:38
  • 建造除外された後に6-4でドロップしてついにっこりしてしまった (^_- -- 2017-11-01 (水) 08:49:03
  • 7日目のボーナスで出てきました -- 2017-11-07 (火) 02:49:20
  • フレンド訪問「あら、貴方でしたのね。お出迎えも出来ず、失礼いたしました。」 -- 2017-11-28 (火) 01:19:26
    • 改造後「あら?どちら様ですか?」 -- 2017-11-28 (火) 01:33:24
      • 耳が生えてるんで赤城改のセリフだと思いますが、コラボ衣装の方のセリフかもしれません。 -- 2017-11-28 (火) 01:34:47
  • ↑のフレンド訪問のコメント 改造前と改造後でセリフが逆になっています -- 2017-12-13 (水) 22:36:58 New
    • 改造前が「あら?どちら様ですか?」、改造後が「あら、貴方でしたのね。お出迎えも出来ず、失礼いたしました。」ということでしょうか。 -- 2017-12-14 (木) 01:36:45 New
      • そうです。また、赤城&風乃の衣装によるセリフの変化はありませんでした。 -- 2017-12-14 (木) 17:55:25 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 赤城型1番艦とも言われる