Top > No152 エディンバラ

No152 エディンバラ の変更点


 *アイコン [#o23b624c]
 #attachref(./icon_152.png)
 //この画像が艦種別一覧に利用されます
 * 基本データ [#ude0618c]
 |CENTER:512|CENTER:|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
 |~画像|>|>|>|~基本情報|
 |&attachref(./Edinburgh.png,50%);|~レアリティ|>|>|☆☆☆☆|
 |~|~ゲーム内名称|爱丁堡|~翻訳名称|エディンバラ|
 |~|~所属/艦級|>|>|[[&attachref(所属団体/イギリス.png,2%,イギリス海軍);>王立海軍]]/エディンバラ級1番艦|
 |~|~本名|>|>|[[HMS Edinburgh (16)>https://en.wikipedia.org/wiki/HMS_Edinburgh_(16)]]|
 |~|~進水日|>|>|1938/3/31|
 |~|~身長|>|>|187m|
 |~|~体重|>|>|13175英t(13386t)|
 |~|~出力|>|>|82500shp&br;(83644PS,47725kW)|
 |~|~[[イラストレーター]]|>|>|E_neko|
 |~|~艦種|>|>|軽巡洋艦|
 |~|>|>|>|~艦船ステータス(初期値/最大値)|
 |~|~耐久|35|~火力|27/52|
 |~|~装甲|30/50|~雷装|10/50|
 |~|~回避|30/65|~対空|40/70|
 |~|~搭載|6|~対潜|20/60|
 |~|~速力|33.0kt|~索敵|10/20|
 |~|~射程|中|~運|13|
 |~|>|>|>|~最大消費量|
 |~|~燃料|20|~弾薬|30|
 |~|>|~艦載|>|~装備|
 |~|>|2|>|[[イギリス三連装6inch火砲]]|
 |~|>|2|>|[[黄金箱]]|
 |~|>|2|>|なし|
 |~|>|>|>|COLOR(GRAY):装備不可|
 |~|~強化経験値 (火力/雷装/装甲/対空) |18/10/15/24|~解体資源&br;(燃料/弾薬/鋼材/アルミ材)|10/16/10/0|
 |>|>|>|>|~改造チャート・必要な核心 種類/数|
 //|>|>|>|>|''{{{艦船名}}}'' → [[艦船名]]({{{Lv}}}) ({{{〜}}}核心×{{{n}}}) |
 |>|>|>|>|未実装|
 #br
 |CENTER: SD|
 |&attachref(./Edinburgh_C.png,nolink);|
 #br
 *セリフ [#jb46fb80]
 #region(セリフ)
 |~場所|~内容|
 |入手時|ロイヤル・ネイビー所属、軽巡洋艦エディンバラであります。火力も、装甲も一人前なのです!あくまで軽巡たちの中での話ですが…(小声)|
 |母港(昼間)|貴重な物資を守るため、たとえ満身創痍になろうとやり通すのです!これもロイヤルネイビーの栄誉なのです!|
 |~|これは火気管制レーダーです!対空探査レーダーではありませんよ!指揮官までお間違えになるなんて!まったく!|
 |~|フッドさんのような一人前になりたいであります!もっと努力しなければ!まずは眼鏡から…え?違いますか?|
 |母港(夜間)|星空は変わらずこんなにも美しい、ジブラルタルにいた時と同じです。|
 |~|黄金を付け狙う輩は正義の制裁を受けるのです!これは祖国の財産なのです!|
 |~|このバグパイプの音は…ベルファストですね!まったく、こんな遅いのにまだ寝ていないとは、本当に手のかかる妹です。|
 |戦闘突入|{{{戦闘突入}}}|
 |攻撃|{{{昼間攻撃}}}|
 |攻撃(夜戦)|{{{夜間攻撃}}}|
 |中破|{{{中破}}}|
 |誓約|{{{誓約}}}|
 #endregion
 #br
 *艦種紹介 [#v8084c05]
 ||LEFT:1000|c
 |~日本版|タウン級軽巡洋艦の第三型とみなされ、前型から排水量の増大と対空の改善が行われた。この級はイギリスで最初に排水量が一万トン以上となった軽巡洋艦だった。第二次世界大戦では主に護衛任務に就いており、1942年の護衛任務では、黄金を載せていた。しかし途中の戦闘で重傷を負い自沈したため、黄金も共に沈んでいった。80年代に大部分の黄金が引き上げられたが、いまだに5つの金の延べ棒が見つかっていない。|
 |~中国版|爱丁堡级属城级轻巡洋舰第三批。相比之前的批次,排水量和防空均有所甓叩该舰是英国第一级排水量过万的轻巡洋舰。爱丁堡号在二战时期主要执行护航任务,在42年的一次护航任务中,爱丁堡号搭载了38吨黄金。不过在战斗中爱丁堡号遭受重创自沉,这些黄金也随之沉没。在80年代的打捞中捞起了大部分黄金,但是依然有5根金条没有找到。|
 #br
 **入手手段/ドロップ海域 [#xb092eb6]
 建造限定[01:20:00]
 中国版:建造[01:20:00]
 日本版:建造[01:20:00]
 
 いわゆるレア軽巡だが、弾く事が出来るのは空母レシピのみであり、戦艦建造の副産物としてお目にかかる事になるだろう。
 といってもレア軽巡レシピでの獲得率は0.5%と軽巡内では[[大淀>No248 大淀]]についで下から2番目、戦艦レシピでは0.4%と[[ティルピッツ>No7 ティルピッツ]]並みに低い。
 [[ベルファスト>No153 ベルファスト]]よりレア度は低いのに獲得率は6割程度と完全なレア詐欺である。絶対[[黄金箱]]のせいだ。
 まあ急いで必要となる艦でもないので、気長に建造し続けよう。
 
 なお、イベントの轰隆轰隆大作战では道中でもドロップした。
 *性能や運用について [#yc652880]
 -未改造かつ軽巡ということで、戦力としては厳しい。
 -[[黄金箱]]を装備しているため、集めておくといざという時に使えるだろう。
 *ゲーム内において [#u0135953]
 *元ネタ解説 [#x6d1675d]
 |~艦型|>|タウン級軽巡洋艦10番艦(エディンバラ級2番艦)|
 |~名前の由来|City of Edinburgh.(スコットランド エディンバラ市)|5代目|
 |~建造所|>|Swan Hunter, River Tyne, Tyne and Wear&br;(スワン・ハンター社 タイン・アンド・ウィア州タイン川) |
 -ゲーム内ではエディンバラ級1番艦となっているが、正確には2番艦。就役がベルファストより早かったため艦級名だけエディンバラの名前が使われている。
 -エディンバラはタウン級というグループの中のエディンバラ級に属している。
 
 -1936年度計画軽巡洋艦として建造が決定。1936年12月30日、ウォルセンド・オン・タイン造船所にて起工。1938年3月31日に進水し、1939年7月6日に竣工した。竣工後、本国艦隊に編入。
 -1939年9月3日、第二次世界大戦が勃発。エディンバラは第2巡洋艦隊に所属していた。10月16日、ドイツ空軍によるロサイス爆撃が行われる。
 エディンバラの損傷は軽微だったが、3隻の船舶が攻撃され16名が死亡。44名が負傷した。
 10月23日、ノルウェーのナルヴィクへ向かう船団を護衛して出港。ところが11月23日、護衛を担っていた特設巡洋艦ラワルピンディがドイツ戦艦シャルンホルストに撃沈される。
 これを受け、エディンバラはシャルンホルストの捜索を行ったが失敗。護衛任務に復帰する。
 -1940年3月18日より本国で修理を受ける。半年後の10月18日に出渠。第18巡洋艦隊に転属し、哨戒任務に従事した。
 11月8日、フリータウンまでWS4B船団を護衛。12日にスカパフローへ帰投した。クリスマスの直前、北大西洋に現れたドイツの襲撃艦を攻撃するため僚艦とともに出撃。
 1週間ほど遊弋していたが、いつまで経っても会敵できなかった。実は報告書に誤りがあり、襲撃艦なんていなかったのだ。大晦日に本国へ帰投。
 -1941年3月、ロフォーテン諸島の警護に従事。5月7日、ヤン・メイヤン島北方で僚艦のバーミンガムとともにドイツの気象観測船ミュンヘンを捕捉。が、逃げられた。
 5月23日からはあのビスマルク追撃戦に参加。ドイツの補給艦レヒを拿捕する活躍を見せた。その後、ビスマルクの大西洋進出に備えてアゾレス諸島方面に回航。
 7月10日、フリータウンに向かう軍隊輸送船WS10の支援をロンドンから引き継ぎ、地中海方面に向かった。11月からはソ連向けの船団を護衛している。
 #br
 -1942年4月22日、ソ連に支払う金塊93箱(延べ棒465本)を積載し、駆逐艦6隻に護衛されてムルマンスクへ向かった。だが、行く手にはUボート7隻が待ち構えていた。
 30日、空中偵察でQP船団の位置を知ると、まずU-88が現れた。雷撃も行われたが、全て外れた。バレンツ海でU-456とU-436に襲われ、U-456が発射した魚雷を喰らって艦尾を喪失。
 曳航されつつムルマンスクへ向かっていたが、5月2日にドイツ駆逐隊の襲撃に遭う。
 曳航していた駆逐艦フォアサイトと三隻の掃海艇は曳航索を切り離して一目散に逃げ出し、エディンバラの主砲塔は混乱して右往左往するさまに、ドイツ海軍はほくそ笑んだ。
 しかしそれはイギリス人らしい周到な罠だった。曳航索はエディンバラが自ら切り離していたのだ。
 Z7、Z24、Z25の3隻がエディンバラを確実に沈めるべく同航戦で絶好の射撃位置についた。特にZ24とZ25は15cm砲を搭載しており、強力な砲火力を持ってすれば大型軽巡洋艦は撃沈できると信じていた。
 しかしまさに発砲しようとしたその瞬間、ドイツ海軍は恐ろしいことに気がついた。さっきまで右往左往していたはずのエディンバラの主砲が、全砲門を正確にこちらに向けていたのである。
 6インチ三連装砲4基合計12門の火力が先頭のZ7ヘルマン・シェーマンに降り注いだ。第二斉射の時点で夾叉をうけたZ7は1分もしないうちに直撃弾多数で火だるまになった。
 更に逃げたと思ったフォアサイトと掃海艇は退路を塞ごうと回り込んでいた。ドイツ海軍は魚雷を発射して逃走し、Z24が発射した魚雷がエディンバラに命中、大破する。
 命中箇所はちょうどU-456の魚雷が命中した反対側であり、竜骨1本で船体が僅かに繋がっただけのエディンバラは到底曳航に耐えられないとして、
 目的地を前に撃沈処分される事となり、駆逐艦フォーサイトの雷撃で沈められた。
 ドイツ側もZ7が被害甚大により自沈処分されている。
 -1981年5月16日、沈没位置が確認され、9月16日から金塊の引き揚げ作業が始まった。431本の金塊が引き揚げられたという。
 #br
 #include(国別艦種一覧表)
 *コメント [#ra0ce76e]
 
 #pcomment(reply)