Top > 壊れる壁

壊れる壁

Last-modified: 2013-11-04 (月) 03:41:30

壊れる壁 Edit

ここではL4Dの感染者が壊してくる壁を作る説明をします。
ここの説明は
http://www19.atwiki.jp/l4dcm/pages/80.html
からの転載でここの元英文は http://http://wikiwiki.jp//l4d/officialTutorials/Breakable_Walls.html
になります。

Left4 Deadにはいくつかの壊すことが出来る壁があります。これは感染者側が生存者側を脅かすために存在しています。たとえば、hospitalで、第4マップのエレベーター前のステージで、感染者が壊すことの出来る壁があります。

この例が、tutorial_standardsマップでもあります。

500px-L4d_hammer_breakwall_01.jpg
tutorial_standardsマップのbreakwallの例。

この壁の作成方法を説明します。

1.func_breakableを作る Edit

ブラシワーク Edit

L4d_hammer_breakwall_02.jpg
Block Creation Toolで壁のためにブラシを作製してください。
壁は、あなたのマップの既存の壁に収まるように設置してください。
まずは、これらの大きさでブラシを使って壁を作ってください。

   * 128 Units Long
   * 16 Units Thick
   * 128 Units Tall

Classを変更します。 Edit

500px-L4d_hammer_breakwall_03.jpg
ブラシを選択して Ctrl+T を押してブラシエンティティに変換してください。

プロパティウインドを表示してください。ブラシをダブルクリックすれば開きます。

Classを func_breakable に変更して下のApplyボタンをクリックして決定してください。

プロパティを変更します。 Edit

500px-L4d_hammer_breakwall_04.jpg
Material Type を"Wood"に変更してください。

Breakable を"Infected"に変更します。

Flagsを変更 Edit

500px-L4d_hammer_breakwall_05.jpg
上のFlagsタグをクリックします。

すべてのチェックが入っていないことを確認してください。

もしあなたが別の設定にしたいならかまいません。

Outputs を設定 Edit

500px-L4d_hammer_breakwall_06.jpg
上のOutputsタグをクリックします。

Addボタンを押して

   * My output  namedを "OnBreak" に
   * Targets entities namedを "breakwall_decal"
   * Via this inputを "Activate"

を入力します。

We will later add decals to turn on so that the edge of the solid wall will not look too straight.

Applyボタンを押してプロパティウインドを閉じます。

壁を設置 Edit

500px-L4d_hammer_breakwall_07.jpg
あなたが感染者が出現する所で、func_breakableを壁に設置してください。

テクスチャーアプリケーションモードになってください。

Face Edit Sheetウインドウを出して、Cameraビュー画面で壁をAlt+左クリックしてテキスチャーを選択してください。

周りの壊れない壁と同じテキスチャーを選んでApplyボタンを押してテキスチャーを変更してください。

2. Breakwall Modelを追加する Edit

Entity Creation Toolを使い、Objectsリストから「prop_static」を選んでください。

func_breakableの近くにCameraビュー画面を持っていてこのprop_staticを設置してください。

そしてプロパティ画面を開いてください。

World Model をクリックして Browse を押してください。

下のフィルターに "breakwall"と入力してください。

そして "props_interiors/breakwall_interior.mdl"を選択してください。

500px-L4d_hammer_breakwall_08.jpg

OKボタンを押します。

プロパティを変更 Edit

500px-L4d_hammer_breakwall_09.jpg
Disable Shadows を "Yes"に変更

(モデルの影を隠す設定)

Applyボタンを押してプロパティウインドを閉じてください。

モデルとfunc_breakableを重ねる Edit

File not found: "500px-L4d_hammer_breakwall_10.jpg" at page "壊れる壁"[添付]
そして先ほど作ったfunc_breakableにこのprop_staticを重ねるように配置してください。.

breakwallモデルをfunc_breakableの内部に重ねてください。

func_breakableブラシが破壊されたときに、この壊れた壁のモデルが出現します。

3.infodecalsの貼り付け Edit

500px-L4d_hammer_breakwall_11.jpg

貼り付け Edit

Entity Creation Tool を選択してオブジェクトリストを"infodecal"に変更してください

3DCameraビュー画面でこのエンティティを壊れる壁の左の壊れない壁の部分に貼り付けてください。

そしてそのエンティティをダブルクリックして右のようなプロパティ画面を表示してください

Name を "breakwall_decal"に変更 Edit

200px-L4d_hammer_breakwall_12.jpg
textureをクリックすると出る右側のBrowseボタンをクリックしてください。

下のfilterに"overlays"と入力

右のような "overlays/breakwall" テキスチャーを選択してください。

そのテキスチャーをダブルクリックしてください。 Edit

500px-L4d_hammer_breakwall_13.jpg
Applyボタンを押してウインドを閉じてください

それがfunc_breakableが配置されている壁と同じ場所を共有するように、infodecalを置いてください。

ツールボックスからinfodecalを選んで、Shift+Arrowキーを繰り返してください。 Edit

200px-L4d_hammer_breakwall_14.jpg
それをfunc_breakableの右側に置いてプロパティを開いてください。

texturesをクリックして、その右側に出るBrowseボタンをクリックしてください。

そしてfilterに「overlays」を入力すると出てくる右のような、

「overlays/breakwall_mirror」をダブルクリックしてください。

そしてApplyボタンをクリックして、テキスチャーウインドウを閉じます。

そしてinfodecalを壁の右側に重ねてください。

4.Updating the Nav Edit

感染者をきれいにprop_static中を歩くことができるように、このbreakwallを通してnavメッシュを設定します
500px-L4d_nav_breakwall_01.jpg

Tip: この壁をテストするためにまず、銃口を壁にあわせコンソールコマンドで”ent_fire !picker break”と入力することによりこの壁を壊すことが出来ます。