Top > ブキ > シャープマーカー
HTML convert time to 0.371 sec.


シャープマーカー

Last-modified: 2017-03-18 (土) 16:48:34

基本性能 Edit

シャープマーカー連射間隔5F
ダメージ28〜14
キルタイム0.266s/kill*1
拡散値(ジャンプ中)2.7°(12°)*2
インク消費0.7%
移動速度0.72
その他補正弾速が他シューターの約1.1倍

連射速度と集弾性の高さがウリのシューター。わかば系・プロモデラー系と比較すると、射程・精度に優れ、より対人性能が高いブキになっている。

 

また、マイナーチェンジ版である【シャープマーカーネオ】が存在する。

セット情報 Edit

シャープマーカーサブウェポンキューバンボム
スペシャルウェポンボムラッシュ
スペシャル減少量小(40%)
射程48*3
攻撃力27
連射力75
開放条件ランク7
備考2015/06/13アップデートで追加

ゲーム内紹介 Edit

上級者向けに開発されたブキ。攻撃力はひかえめだが弾のバラつきが少ない。照準をキッチリ合わせることができればこのブキの真価を発揮することができる。

ブキチ解説 Edit

メインのシャープマーカーは、職人さんの
手作業によるチリ合わせとバラスト調整で
とっても高い精度を得た シューターでし!

安定性を重視した結果 少し攻撃力が
低いでしが、連射も速いと言うオマケ付き
なので、素早くスペシャルゲージをためて

スペシャルウェポンの ボムラッシュ
キューバンボム投げまくりでし! そんな
暴れんぼうに かわいがって欲しいでし!

運用 Edit

短射程グループの中で最も、さらに全シューターでも2位の射撃精度*4を持つ。ブレ角度が小さく射程が短いため、照準そのまま当たると言っても過言ではないだろう。
インク効率の良さも全シューターの中では上位に位置する。ただ短射程シューターの中では最も悪い*5
塗り性能は数値上は並だが体感上の塗り性能は高い。高い精度、高い連射性、射程が短いことにより「隙間ができにくい」塗りができる。
インクの道を作る時、多くのシューターはイカダッシュでひっかからない程度まで塗るためにしばらく撃ち続ける必要があるが、このブキではその手間が必要なし。数発前に撃つだけで道ができる。
面を塗る時は真っ直ぐ前を向き、撃ちながらカニ歩きで塗ることで、とても綺麗に塗ることができる。
短射程の宿命で全てのブキと撃ち合いが苦手。同射程相手は互角でも相打ちになっては元も子もない。
そのため対人戦そのものを避けて …と言いたいところだが、その精度を無駄にしないために撃ち合い以外の方法で敵を倒しておきたい。

ちなみにキルまでにかかる時間は約0.34s/kである。これは理論上はスプラローラーが振り下ろすよりも若干早い。…が、実際のところ正面からローラーの振り下ろしに勝てるかというとそんなわけなく、一瞬でも遅れたり、気付かない程度のラグで一方的にやられる。良くて相打ちなので、ローラーの射程圏内でやり合わないようにしたい。単純な射程ではこちらが勝っているので、キチンと距離を取って処理すること。

他ブキとの比較(個人の感想です)

キューバンボム Edit

壁に張り付く特性を持ち、床を転がり壁にはね返るスプラッシュボムとはまったく別モノと言っていい。
設置後2秒で爆発するが、スプラッシュボムは1秒の爆発なので2倍の長さの時間がかかる。
キューバンボムの特徴はその設置のしやすさと爆発時間の長さ、それから広範囲に広がる爆風である。
できるだけ遠くに投げて敵が前線に近付けないようにけん制をするのが主な役割。また高台にいる敵に投げ、同じ土俵まで下すことができればメインウェポンで倒すこともできる。
爆風は張り付いた面に強い塗り判定が発生するため、壁に貼り付けると床はほとんど塗れない。貼り付ける向きには気を配ろう。

ボムラッシュ Edit

上記のただでさえ強力なキューバンボムをたくさん投げることができる。被ダメージ範囲が広いため、驚異的な牽制力と制圧力をもつ非常に強力なスペシャルである。ただし効果時間の終了に気づかずRを連打していると、インク切れを起こしてしまうので注意すること。
適当に投げるだけでも強いが、1つ1つを意味のある場所へ投げ込むと無類の強さを発揮する。
陣地を広げるために横に広がるように投げる・手前から遠くへと徐々に投げる・バリケードを作るように投げる等…
爆発までの時間が長いため特攻してくる敵もいる。ボムラッシュ発動中に自分の足元に一つボムを置いておけば、道連れに持ち込むことができる。
基本は敵に発見されておらず、できれば味方が一人以上カバーしてくれる時に発動するのが望ましい。
同じ場所でR連打でボムを投げ続けているだけだと、チャージャーなどの良いまとになってしまうので、数個ボムを投げたら場所を移動してからまた投げると倒されにくい。
ボムラッシュ発動中にもメインウェポンは使用可能。「時間がもったいないからR連打」していてメインで攻撃すれば倒せた相手に倒されるのは本末転倒。終了後に生き残るまでがボムラッシュである。
意識していれば、ボムラッシュ中にも瞬時にメインに切り替える判断もしやすいだろう。

 

また、スペシャルウェポンは発動した瞬間、インク残量が全回復するのでラッシュの前に1つ投げておけばその分お得である。

ガチマッチ Edit

ナワバリバトルではメインウェポンによるきめ細かな塗り、およびボムラッシュによる瞬間的な陣地確保により活躍が見込めるが、
ガチマッチにおいては対人性能は決して高くはないため、苦戦を強いられるかもしれない。
わかば、ボールドはインクがある程度拡散するが、シャープマーカ―は集弾率が良いため自身のエイムが正確でないと相手を倒すことができない。

 

キューバンボムラッシュの塗り能力は非常に強力だが、使う目的を誤らないこと。ガチマッチの勝利条件はナワバリバトルと違い、塗りよりもカウントが正義。もちろん塗りで相手の行動を制限できるのは確かだが、相手にそれを塗り返されることで相手にSPゲージを献上して逆転の糸口になってしまう。
キューバンボムで塗る」ことを目的とするのではなく「相手の行動範囲をなくす」手段として塗ることを忘れてはいけない。

 

ガチエリアにおいては、ボムラッシュで一時的にエリアを確保することはできても、その後相手を倒せなければ容易に塗り替えされてしまう。
対して、ガチヤグラやガチホコでは「瞬間的にカウントを進める」目的でボムラッシュを使えば勝利に大きく貢献することができるだろう。
特にガチホコでは、ボムラッシュで相手陣地を自分のインクに塗った後、すぐさまホコを持つことで単独でカウントを進めることも可能。キューバンボムの2秒後に爆発する仕様とも相性が良い。

オススメギアパワー Edit

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

 

情報・その他 Edit

雷神ステップも一応はできる。

それよりも重要なテクニックはサブウェポンステップ。
イカ移動からサブウエポンを使用すると、その時点で慣性が消え、サブウエポンは再度のイカ化でキャンセルできる為、そのまま方向転換が可能になる。
キューバンボムを使う分のインクがなくても、Rを押しながらZLで隙なく使える。要練習。

足元が塗られていないと意味が無いが、地盤を固めるシャープマーカーで活用しやすいテクニックだろう。

コメント Edit


旧コメント欄

最終更新日時:2017-03-18 (土) 16:48:34





*1 Ver.2.6.0まで
Ver.2.7.0で変動あり 要検証

*2 Ver.2.7.0で変更
Ver.2.6.0まで地上バラツキは3.0°、空中バラツキは変更なし

*3 Ver.2.7.0で変動あり
*4 1位はL3リールガン系、H3リールガン系、同率3位はプライムシューター系、ジェットスイーパー系。ブラスター系は除外。
*5 シャープ系、ボールド系は0.7%消費、同じく短射程のわかば系、モデラー系は0.5%消費。中射程シューターで最もインク消費量が少ないのはN-ZAPで、0.8%。