Top > ブキ > シャープマーカーネオ
HTML convert time to 0.267 sec.


シャープマーカーネオ

Last-modified: 2017-06-18 (日) 17:44:27

基本性能 Edit

シャープマーカーネオ連射間隔5F
ダメージ28〜14
キルタイム0.266s/kill*1
拡散値(ジャンプ中)2.7°(12°)*2
インク消費0.7%
移動速度0.72
その他補正弾速が他シューターの約1.1倍

シャープマーカー】のマイナーチェンジ版。マイナーチェンジ版初の「ネオ」を冠している。

セット情報 Edit

シャープマーカーネオサブウェポンクイックボム
スペシャルウェポンスーパーショット
スペシャル減少量小(40%)
射程39*3
攻撃力27
連射力75
開放条件ランク9
備考2015/07/22アップデートで追加

ゲーム内紹介 Edit

シャープマーカーのサブとスペシャルが変わり、スタイルの異なる戦い方ができるようになった。
クイックボムで相手をけん制したり、届かない距離をスーパーショットで攻撃できる。

ブキチ解説 Edit

メインのシャープマーカーネオは、
シャープマーカーに純正エンブレムが
ほどこされた マイナーチェンジモデルでし

性能はシャープマーカーと同じなので、
サブのクイックボムを当てて、その精密な
射撃をイカして、確実に仕留めるでし!

スーパーショットも使えるので、ガンガン
相手チームに切りこんで行く、攻撃的な
マークスマンにかわいがって欲しいでし!

運用 Edit

サブとスペシャルの構成がより攻撃的になったシャープマーカーのマイナーチェンジ版。立ち回りは若干オリジナルとちがってくる。
一番の違いはサブの違いだろう。オリジナルがキューバンボムと比較的牽制重視であったのに対し、このブキはクイックボムと牽制よりかは攻撃、突撃に長けていると言えるだろう。
主な立ち回りの違いは、序盤での動き方である。上記の通り突撃向きの構成となっているため、積極的に攻める形の動きをした方がよい。またオリジナルに比べて牽制力は低いため、敵を食い止めるような防衛向きではない。常に前線で暴れて行こう。

 

射程が長くなったとはいえ、所詮は短射程であることに変わりはない。特に、中射程シューターには、射程でもキルタイムでも負けている。中射程以上の相手に正面から喧嘩を売らないこと。

クイックボム Edit

運用法はスプラシューターに似ている。
メイン+ボムのコンボを狙うと結局メインが届く射程まで近づかないといけないし、そもそもそこまで近付くことができたのならメインだけで倒してもキルタイムはそんなに変わらず、何よりも消費インク量的に効率的である。
このブキでのクイボコンボは、意味が無いとまでは言えないが、少なくとも戦闘でクイックボムを使ってしまうと、相手もサブを使わない限りほぼ確実にこちらが先にインク切れしてしまうことを頭に入れておこう。
戦闘中に使うなら、明確な目的を持って投げること。

 

なお、攻撃力アップと相性が良いことで有名なクイックボムだが、シャープマーカー系のメインウェポンスプラシューター系にはない塗りの回転率の高さがあり、ヒト速やイカ速の枠を削いでまで攻撃ギアを付けるとその回転率が下がってしまうので、速度系を切ってまで攻撃を積むかどうかは考えどころ。

 

というわけで、戦闘中に、確実な効果を得られる見込みが無いのに、不用意に使ってしまうのは非推奨。
それよりも、瞬間的な壁塗り、ヒット音を利用した索敵、味方が弱らせた相手のハイエナなど、メインと絡めない使い方でも使い道は多い。柔軟な使い方をしよう。
また、スーパーショットを打っている際の足場作りにも役立つ。スペシャルを使っている間も忘れないようにしたい。

スーパーショット Edit

メインウェポンでは手が届かない相手に対する切り札。
このブキは射程で負けている相手には当然ながら弱いが、高い塗り性能でスペシャルゲージを貯めて、必殺ショットをお見舞いだ!
やっかいな位置にいる相手にキッチリと当て、反撃の狼煙としよう。

 

しかし、スーパーショットも当初に比べるとかなり弱体化しているため、射線が通る場所で撃つこと。せっかく発動したのに倒せないのはカナシイ。
また、遠距離の敵ばかりに目を奪われていると、他の敵にやられてしまう。ターゲット以外の敵にも目を配り、状況によってはより近い敵に狙いを切り替えることも大切だ。横から近付こうとする相手には、突然振り向いて近距離スーパーショットを当ててやろう。

 

忘れてはならないことは、スペシャル発動中にもサブは使用可能であること。足元が敵インクに染まっていたら即座にサブで塗り返そう。
また、スーパーショットは1発撃つとしばらく撃てなくなるが、その撃てない間にもクイックボムで攻撃することは可能。
スペシャル発動でインクは全回復する。スパショの準備は隙だらけなのでインク回復手段としては微妙だが、発動さえしてしまえば必ずクイックボムが使えることは覚えておいて損はない。

おすすめギアパワー Edit

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

 
  • 攻撃力アップ
    クイックボムとの相性が特によく、防御ギアを積まれると確4ではなくなってしまうメインとの相性もよい。
    メインの確定数の悪さをサブとこのギアパワーで改善できる。
    ただし上記の説明の通り、ガン積みするのは非推奨。積むのなら調整程度に積むのが良いだろう。
     
    57表記で12積むとクイックボム中ダメージ(38.7)+メイン2発(30.9×2)で合計ダメージ100.7。
    16積むとクイックボム直撃(68.2)+メイン1発(31.8)で合計ダメージ100.1。
     
    防御30の相手に確4を維持するには攻撃6が必要。
    防御57の相手は攻撃13で確4を維持できる模様。
     
  • 安全シューズ
    接近戦を挑むことが多いブキの定番ギア。ただ、このブキ自体足元は塗りやすいので、必須というわけではない。
    それでも、移動時の敵インクの引っ掛かりや戦闘時の敵インクを踏む際の影響を少なくしてくれるので、役立つだろう。
     
  • イカダッシュ速度アップ
    綺麗に塗れるというメインの特徴を生かしやすいギアその2。
    綺麗に塗れるのでイカダッシュ速度も生きる。素早くこちらの射程内に相手を入れるために。
    イカニンジャで減速した速度を補うために付けるのも良いだろう。
     
  • スペシャル減少量ダウン
    短射程なので、平時の戦闘では前に出なければならず、デス数はどうしても嵩んでしまう。
    スペシャルゲージが貯まっているか否かにかかわらず、デスした時のゲージ減損を抑えられるのは魅力的。
    「スペシャル使えなくなるから、発動できそうなタイミングまでは前線で無茶はできない…」から、「ここではスパショを使わずに前に出て対処しよう」が可能になる。
     
    メインウェポンそのもののスペシャル減少量が少なくなったため、簡単にスペシャルメーターの減少を0まで抑えられるようになった。
    以前は57積むことでデスペナ0になったが、これからは33〜34積むことでデスペナが0になる。また、メインに1つ積むだけでも減少量40%を減少量約25%に抑えられる。
    スーパーショットを温存する立ち回りと、相手に近づく必要がある短射程の相性は良い。
     
  • スペシャル増加量アップ
    塗り性能が高いので、必要ポイントの多いスーパーショットのゲージも貯めやすくなる。
    スーパーショットを即切りする立ち回りとの相性が良い。スパショをガンガン使いたいトリガーハッピーな人はこちら。
    もちろん、スペシャル減少量ダウンと組み合わせて使ってもいい。

コメント Edit


旧コメント欄




*1 Ver.2.6.0まで
Ver.2.7.0で変動あり 要検証

*2 Ver.2.7.0で変更
Ver.2.6.0まで地上バラツキは3.0°、空中バラツキは変更なし

*3 Ver.2.7.0で変動あり