Top > ブキ > L3リールガンD
HTML convert time to 0.239 sec.


L3リールガンD

Last-modified: 2017-03-18 (土) 17:00:16

基本性能 Edit

L3リールガン連射間隔4F*1
ダメージ29〜14.5
キルタイム未確定
拡散値(ジャンプ中)1°(6°)
インク消費1% (1トリガー3%)
移動速度0.50
その他補正手動連射式、クールタイムあり
ガチホコバリア補正+20%

L3リールガン】のマイナーチェンジ版。

セット情報 Edit

L3リールガンDサブウェポンクイックボム
スペシャルウェポンダイオウイカ
スペシャル減少量中(60%)
射程60
攻撃力40
連射力65
開放条件ランク13
備考2015/08/29アップデートで追加

ゲーム内紹介 Edit

L3リールガンにメーカーのロゴがあしらわれた
特別なデザインのモデル。
倒しきれなかった相手を攻撃するサブと
直接相手を攻撃できるスペシャルを持つ。

ブキチ解説 Edit

メインウェポンの L3リールガンD
L3リールガンに メーカーのエンブレムが
あしらわれた 特別モデルでし!
メインの性能は同じなのでしが、構成が
クイックボムダイオウイカに変わって、
より アグレッシブになってるでし!
クイックボムで ダメージをあたえたところに
ショットをうちこむ! あつかいやすいので
L3リールガン初心者にも オススメでし!

運用 Edit

メイン性能については【L3リールガン】のページを参照されたし。
サブ・スペシャルが万能のクイックボムと無敵のダイオウイカに変更されたブキセット。

 

塗り性能は高いが、直接戦闘力がいまひとつなメインだったが、
メイン+クイックボムで瞬時にキルを取れるようになったのが無印にはない強み。
発射隙のある3点バーストを二度当てる必要がなくなり、攻撃性が増した。
さらに無敵のダイオウイカがあるため、サポートだけでなく単独で前線に出て戦うことが可能になった。
クイックとメインを絡めた万能性はスプラシューターも同様だが前述のダイオウイカ
そしてテキ撃破後の陣地確保力がずば抜けているのでそれこそがこのブキの最大の強みだろう。
ただしメガホンレーザーがなくなった分、対応距離は近〜中距離に限られてしまう。

 

クイックボム Edit

接触した時点で即爆発する軽ボム。インク消費は40%。
戦闘ではメインウェポンの足りない火力を補える。

  • メイン→クイックのコンボ。
    3点バーストを全弾命中させた後ならクイックボム外周の爆風でも100ダメージを越える。
    (相手が防御を二つ以上積んでいると倒しきれなくなるので注意。)
    射程外へ逃げられた相手への追い討ちに。
    単純にヒットがしやすく、キルタイムも早くなるためメイン→メインより有用。
  • クイック→メインのコンボ。
    主に接近戦になった場合に使用する。
    センプクから奇襲時など、気づかれていない相手にはクイック直撃をとりやすい。
    そのためクイックから先に投げることで、よりアドバンテージを稼げるだろう。
    当てやすいクイックでセンプクした相手を索敵し、相手の足場を奪えば追撃のメインが当てやすくなる。
    地面当てであればこちらの足場を確保できるのも強み。
    メインのインク消費が軽いため、二個投げた後でもとどめのメインを発射できる点を覚えておこう。
  • 遠くに飛ばすことでのけん制。
    基本的にこれ単体ではキルするまでに至らないことが多い。
    しかし単純にメインの届かない長射程の相手にダメージを伴ったけん制ができる。
    苦手な相手に遭遇した場合に、とりあえず投げることで足止めでき、安全に距離を離せる。
    そのまま足止めしつつ手前側を塗ることで相手は容易には近づけないだろう
    ダイオウイカが溜まるまではこれでゲージを溜めつつ慎重に攻めるのもいいだろう。
    あまり乱用するとインク効率が悪くなるので、けん制程度に留めよう。
    どうしてもキルを狙うのであれば連続で集中して投げたい。
    味方と交戦している敵めがけてサポートとして投入するのも良いだろう。
  • 塗りとして使う。
    メインウェポンの苦手な壁塗りに大いに活躍してくれる。
    使用したインクは壁を登る間にほぼ回復するので気軽に塗っていこう。
    足場を塗られてもその場に叩きつけることで即移動可能になるなど汎用性は高い。
 

メイン単独ではインクを持て余しがちなので気軽に使っていこう。
ただしメインが有効な場面でもクイックに頼るような使用は極力避けたい。
前述通りクイックには当てやすさはあるがメインを当てたほうが威力は安定するし
足場塗りに至っても若干隙は大きくなるがメインでもできる。
クイックに頼るほどにメインの燃費の良さがなくなり、強みの塗り性能も弱まってしまう。
クイック1個で13トリガー分の面積を塗れなくなることは意識しておこう。
このブキらしさを発揮するにはあくまで「サブ」ウェポンであることを忘れないようにしよう。

 

ダイオウイカ Edit

無敵のダイオウイカに変身する。
現状のダイオウ持ちの中ではメインの塗り性能が高いため、他の武器よりも発動頻度は高い。
(ダイオウ持ちにスプリンクラーのブキセットがないため、メインの塗り性能が直結してくる。
L3D以上に塗り性能が高い武器にパーマネント・パブロプロモデラーPGがある。L3Dは長距離から安全に塗り返しが可能と言う点で有利である。ただしL3DのSP減少量は60%(中)なので抱え落ちには気を付けよう)
他のブキと違い、このスペシャルを溜めてから攻めるのでも遅くはない。
無敵と言う特徴から、突撃中の保険にすることでさらに積極的に攻めることができる。
試合の要所で有効に発動できればかなりの貢献ができるだろう。

 

オススメギアパワー Edit

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

 
  • 攻撃力アップ
    相手の防御力アップ対策。クイックボムにも効果がある点に注目。
    メイン2つ(あるいはメイン1サブ3)でメインウェポンの威力が頭打ち
    一発33.3ダメージ。3点バーストで99.9になるため疑似3確も視野に入る。
    防御力アップへの対抗としてはメイン1サブ2で大まかな確定数の増加は抑えられる。
    また、これだけ攻撃を積めば相手が防御アップなしの相手に
    「クイック直撃+リールガン1発」や「クイック爆風+リールガン2発」の命中パターンが確定に変わる。
     
  • ボム飛距離アップ
    ダメ押しの一撃以外でもクイックボムを多用したいのなら。
    飛距離だけでなく弾速も上がる。
    攻撃力アップと併用することで長射程シューター対策にもなる。
     
  • インク効率アップ(サブ)
    クイックボム後のメインの発射回数増加が見込める。
    もしくは、インクが減った状態での遭遇戦でクイックボムを投げられる回数が増える。
    基本的に戦闘する際はクイックボムを絡めることが多い。
    そのためこのブキにとっては攻撃性を強めることにもつながるだろう。
    同じ攻撃性を強める攻撃力アップとの違いは手数、試行回数を増やせる点にある。
     
  • インク回復力アップ
    クイックボムでそれなりにインクを消費するので相性はまずまず。
    インク回復する余裕があるのであればメインにも恩恵があり、
    塗り能力の向上、SPゲージの溜めやすさなど、副次的な効果は多い。
     
  • スペシャル増加量アップ逆境強化
    スペシャルゲージが稼ぎやすくなるギア。
    塗り能力の高さを生かし、ダイオウをとにかく発動することを目指す型に。
     
  • イカダッシュ速度アップ
    ダイオウイカ時の速度上昇が主な目的。
    逃げる相手に追いついたり、弾き返しに多少強くなったりなど。
    メインに一つあるだけでかなり逃げられづらく、ダイオウでキルが取りやすくなる。
    スペシャル増加などでダイオウ特化する場合には必須ギアとなるだろう。
    平時でも逃げやクイックボム足元叩きつけ後の攪乱などに有用。
     
  • ヒト移動速度アップ
    最速の移動撃ちスピードをさらに押し上げる。
    塗り性能も向上し、引き撃ち時など、撃ち合いに有利になる。
    ただ、キルタイムが縮まった影響で無印ほど撃ち合う時間は少なめ。
    かつ、本ブキではクイックコンボ用に1トリガーで3発まとまった当て方をしたいため、レレレ撃ちしづらい。
    またイカダッシュ速度アップと効果が若干被り、こちらにはダイオウ強化がない。
    そのため無印と比較すると優先度は低いか。
    とはいえリールガンとの相性は抜群であることは明らかなので、余裕があれば積んでおきたい。
 
  • 安全シューズ
    相手インクを踏んでも軽快に立ち回れる。
    クイックボムがあるため即座に足元は塗れるものの、
    無印より前線で立ち回る都合上その隙もない場合もある。
    とりあえずあって損はないだろう。
 

情報/その他 Edit

ちょっとした小技や小ネタを募集中。

余談

リールガンのDって?

  • 根拠としては薄いけど、イカすアートブック初版では「L3リールガンデコ」と誤植されている。
    つまり開発中は普通に「デコ」だったはず。
  • ドルフィンの頭文字の可能性

コメント Edit


旧コメント欄





*1 クールタイム含めず