Top > ブキ > クラッシュブラスター
HTML convert time to 0.015 sec.


ブキ/クラッシュブラスター

Last-modified: 2017-12-01 (金) 22:05:08

ブキイメージ

使用イメージ

 
関連ブキ一覧元ブキ
無印クラッシュブラスター
マイナーチェンジ
 

ブキ紹介 Edit

クレヨン型の特殊触媒を用いることで、連射に特化したブラスター。
射程は短いが、高連射に加え爆発による攻撃範囲も少し広い。
「連射力と爆発で相手を近寄らせない」との宣伝文句だが、適当な立ち回りではまず戦果は挙げられない。
爆風での範囲・回折攻撃に特化した上級者向けのブキといえる。

メイン性能 Edit

※射程・距離関係の単位は試し撃ちラインの本数。
※塗り射程とは、カニ歩き撃ちで塗れる平均的な距離のこと。

Ver.○.○○現在

直撃射程1.9
爆風射程1.1〜2.7塗り射程2.2
拡散°ジャンプ中拡散°
ダメージ(直撃)60.0確定数(直撃または爆風)2〜4
ダメージ(爆風)30.0
ダメージ(着弾飛沫)15.0
連射フレーム22F秒間発射数2.727発/秒
キルタイム(確2)秒/killDPS(直撃)163.636/秒
キルタイム(確3)秒/killキルタイム(確4)秒/kill
射撃継続時間9.167秒インク消費量(装弾数)4.00%(25発)
射撃後硬直時間F(秒)射撃後インク回復不能時間F(秒)
射撃中ヒト速0.65
非射撃時ヒト速1.04イカ速2.02

メイン解説 Edit

直撃射程はボールドマーカー以上プロモデラー未満、爆風射程はスプラシューター程度。
射程が短いことがデメリットにしか見えないかもしれないが、長射程だと中・近距離で爆発が起こらず直撃させるくらいしか対応法がなくなって不利になるので、その点で見れば優れている。
なお、同じく射程の短いブラスターであるノヴァブラスターと比べると、塗り射程は同じでそれ以外の射程はノヴァよりも長い。

 

Ver.1.4.0までのアップデートで爆発の塗り範囲が全体的に強化された。この塗り範囲で一定距離の敵の足を取り続けることも非現実的ではなくなった。
弾が通った軌道に隙間が開くため一発で完全な道は作れない。

 

連射はホットブラスターの2倍以上で、ラピッドブラスター系よりも速い。
Ver.1.4.0までのアップデートで爆発のダメージ範囲が約14%広くなった。
初期は全ブラスターの攻撃範囲が横並びの状態だったので、範囲攻撃の面では頭一つ上といえる。
ただし、一発当たりのダメージは非常に低い。直撃で60、爆風は30。
ラピッドブラスターよりもダメージで劣っており、爆風+直撃でも相手を倒すことができない。
メイン一本で相手を倒すには、直撃+直撃で2発、爆風+爆風+直撃で3発、爆風+爆風+爆風+爆風で4発必要。
このためキルタイムは遅い。最短の直撃+直撃で2発で倒したとしてもそのキルタイムはわかばシューターシャープマーカーと同じくらい。3発以上掛かるならジェットスイーパーより遅くなる。

 

燃費に関しては、ブラスターの中では良い。ただし確定数が多いため消費が激しい。

運用 Edit

射程の短さとキルタイムを加味すると、平地で正面からの撃ち合いに持ち込まれるとほぼ全てのブキ相手に不利になってしまう。
ラピッドブラスター系列のような連射での牽制も、短射程のため平地ではただの的と化してしまう。
既存のブラスターともまた違った、繊細な立ち回りが求められるブキだ。

 

運用において最も重要になるのは隠れて戦う小狡さである。
広い爆風の範囲と連射力から、平地でも2発程度爆風を当てるだけなら容易。
初めから残り体力がその程度の相手なら簡単に狩れるという寸法だ。

 

この状況を実現するために最も手早いのは味方に隠れて戦うこと
常に一緒にいるというよりは、味方の位置を把握しながら戦闘が始まったら横入りするような動きが望ましい。
近くに味方がいることがわかっていれば、数発当てて退くのも良い。相手が「撃ち合いで勝てるヤツ」とナメて追いかけてきたら、こちらの思うツボだ。

 

もう1つの方法は有利な状況からの自己完結
まず一人でキルを取る大前提として、先制・地形有利を取ることがある。
撃ち合って勝とうと思うなら、直撃2発を当てる意気込みでないと上手くいかないだろう。
大雑把かつ回り込みが利く爆風をイカして脇や後ろから初撃を取り、相手が振り向くまでにもう1発、相手が迎撃態勢に入ったところで物陰や段差に逃げつつもう1発、追ってくるか逃げる相手にもう1発。といったストーリーが一度の戦闘のセットになる。余裕があるタイミングで直撃を混ぜてキルタイムを縮められるとなお良い。

 

先制・牽制にスプラッシュボムを使う手もある。
遠当てでも直撃1+爆風1〜爆風3に確定数を下げられるので、致命的に遅いキルタイムを補うには重要となる。
遮蔽のない平地に投げて相手の居場所を絞り、得意の遮蔽戦に持ち込むことも考えたい。
ただしスプラッシュボムを投げた後はあまり弾を撃てず、孤立すると暴れることすら叶わないのがこのブキ、頻繁に狙うコンボではない。
アップデートによりメイン効率が大幅上昇。ボムメインのコンボに余裕ができたため、攻撃手段として組み込むことの有用性がアップした。

サブスペシャル Edit

スプラッシュボム Edit

地面を転がり、接地から一定時間で爆発するボム。
メインで届かない位置をカバーしてくれる。
カス当たりの威力は30しかないため、メインと組み合わせても容易にキルは取れないが、コンボは考慮に入れる価値がある。

ハイパープレッサー Edit

壁を貫通する高圧インクを放つ。
遠距離の相手にも牽制攻撃ができるが、メインやサブが使えなくなるため自身の隙が大きくなるうえ、当てたとしても素早くは倒せない。
近辺の安全をメイン・サブで確認してから発動した方が良い。
ガチマッチで護衛のいるガチホコ持ちに攻撃したり、ガチヤグラに撃ってカウントを止めるなど、タイミングを選べば活躍の可能性は十分ある。
特にガチヤグラでは、長押しの衝撃波でヤグラ上全体を攻撃できるためカウントを止める性能が高い。発動中にやられなければ延長戦をほぼ確実に終わらせられる。

ギアパワー考察 Edit

  • インク効率アップ(サブ)
    高性能なスプラッシュボムをより使いやすくする。メインとのコンボもしやすくなる。
  • サブ性能アップ
    スプラッシュボムでの対応距離が伸びる。前線に飛び込んでいける性能ではないので後方支援を重視したい場合に。
  • ヒト移動速度アップ
    発射中の移動速度が速い点をより活かす。ただ射程がないので平地での引き撃ちはあまり有効ではない。次々と遮蔽を渡るカニ歩きの強化に。
  • イカ移動速度アップ
    基本的に相手の付近をイカ状態で動きながら削っていく戦闘スタイルなので積んでおくと対面が強くなる。
    有利なポジションにいち早くたどり着きたい時にも快適。
  • イカニンジャ
    イカダッシュ半倒しよりは素早く隠密移動できる。こちらはひっそりポジショニングをしたいイカ向け。
    ただしいざという時の戦闘でイカダッシュの足を引っ張るので、奇襲からの撃破に専念する必要がある。
  • 復活ペナルティアップ
    ハイパープレッサーは状況を選ぶスペシャルのため、焦って溜める機会はあまり多くない。
    一方的に敵を攻撃できる性質から、型にはまれば意外と相手への打撃になるかもしれない。
    ガチではルールやステージによって採用を考えるのもいいだろう。
    ただし気を付けたいのが、クラッシュブラスターの得意ポジションはかなり敵にやられやすい位置にあること。相打ちではこちらが損するだけなので、より慎重な立ち回りが求められる。

コメント Edit