Top > ブキ > ケルビン525
HTML convert time to 0.015 sec.


ケルビン525

Last-modified: 2017-12-29 (金) 06:29:58
 
無印ケルビン525
マイナーチェンジ
 

ブキ紹介 Edit

メイン性能 Edit

※射程・距離関係の単位は試し撃ちラインの本数。
※有効射程とは、ある程度以上のキル性能を発揮できる距離のこと。

有効射程について詳しく
※塗り射程とは、カニ歩き撃ちで塗れる平均的な距離のこと。
※SL=スライド(Slide)。

Ver.2.1.0現在

有効射程確定数維持射程
有効射程(SL後)
レティクル反応距離塗り射程
拡散ジャンプ中拡散
拡散(SL後)
ダメージ36.0確定数3
ダメージ(SL後)52.5確定数(SL後)2
連射フレーム9F秒間発射数6.667発
連射フレーム(SL後)秒間発射数(SL後)
キルタイム0.317秒/killDPS240.000/秒
キルタイム(SL後)0.167秒/killDPS(SL後)350.000/秒
射撃継続時間8.25秒インク消費量(装弾数)1.8%(55発)
射撃継続時間(SL後)8.25秒
SL移動距離1.05SLインク消費量8.0%
SL開始〜射撃までの時間28F(0.47秒)SL後硬直時間24F(0.40秒)
SL開始〜次SL開始までの時間20F(0.33秒)
射撃中ヒト速0.50
非射撃時ヒト速0.96イカ速1.92

メイン解説 Edit

普段はデュアルスイーパーより少し短い射程とスパッタリーと同じダメージを持つが連射力と塗りが非常に低いため、キルタイムは遅め。
だがスライド射撃となると.52ガロンに匹敵するイリョクに化ける。
スライドの移動距離は試し撃ちラインおよそ1本分あるため、敵のエイムをかいくぐりながら脅威の攻撃力で反撃に転ずることが可能である。

運用 Edit

スライド前のメイン性能は非常に低いため、基本的にスライド状態で撃ち合うことになる。スライドで相手を惑わし、反撃される前にこちらのキルタイムを押し付けていこう。
スライド前の射撃は精度も連射性能も劣悪で、L3リールガン並みの射程を生かして牽制をするのがせいぜいである。塗り能力も高くないので、牽制もそれほど得意なわけではない。だらだらと通常射撃を続けている間に中射程シューターの距離に入ってしまい、低い射撃精度のおかげでそのまま撃ち負けてしまうこともしばしば。

スライド後のケルビン525は、キルタイムと精度を維持するためにはスティックを倒さずその場に留まる必要がある(マニューバーの基本的な仕様だが移動入力によってスライド後射撃から通常射撃に戻ってしまう)。スライド後に相手に照準を合わせられなかった場合、あらぬ方向に銃を向けるただの的と化してしまい、倒されることは必至である。スライド後の照準合わせをしっかりと練習しておきたい。
撃ち合いにおいてはその場に留まらなければならないという性質から、.52ガロンなどの中射程シューターに対して理論上の射程は少し勝っているものの、歩き撃ちのできるあちらとの射程差はあってないようなものだと考えるべきであろう。

.52ガロンなどのシューターとの差別化点として、地味にマニューバー中最も長いスライド距離をイカして相手インクを無理やり突破することができるという点が挙げられる。シューターでは姿を晒して塗ってからしか関与できない場所にもスライドから素早く奇襲をかけることができる。有利な塗り状況をいいことに高台から姿を晒している長射程ブキなどを、スライドからの速いキルタイムで反撃の隙を与えず葬り去れる。
ただし、相手インクの中で後隙を晒すことになるので、周囲の敵の数などにもしっかりと注意を払いながら奇襲を仕掛けていきたい。

現状、ガロン系統などのシューターを凌ぐような強みがあるとは言いがたいが、スタイリッシュなスライドからたった2発で相手が溶けていく快感は他では味わえない。
普通のブキでは物足りなくなってきたイカたちは一度手に取ってみてはイカがだろうか。

サブスペシャル Edit

トラップ Edit

メインが苦手な塗りを補う手段となる上に、マーキングによってスライド後の狙いをつけやすくなり、撃ち合いの強化にもつながる。
トラップの塗りはスペシャルの回転率にも寄与するところが大きいため、相手が踏みやすい場所にしっかりと設置していきたい。
同時に2つまで設置できるので、ガチエリアや裏取りルート、ステージ中央の高台などの重要な地点に絶え間なく設置し、うまく起爆させていこう。

ジェットパック Edit

このブキ唯一の遠距離攻撃手段となるスペシャルウエポン。
ただしあくまで遠距離攻撃手段であり、遠距離ブキへの対抗手段ではないことはハッキリさせておこう。下手をするとただの空飛ぶ棺桶である。
多少無理矢理な場所で発動してもスライドでリカバリーが可能……であることもあるので、他のブキ程には発動場所は選ばない。発動直前にトラップをおいておけば万が一の時にも置き土産が可能。
ダメージを組み合わせてのコンボがあるわけではないので、発動直後は直撃を狙い、その後は爆風で牽制しておこう。

ギアパワー考察 Edit

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

  • インク効率アップ(メイン)
    継戦能力のアップが見込めるようになる。
    どのマニューバーにも言えるが、マニューバーの肝であるスライドはメインインクの範疇であるため重要なギアパワーである。
    このブキはスライド射撃の攻撃力がウリなため多めに積んでおきたい。
  • スペシャル性能アップ
    ジェットパックを生かすならほぼ必須のギア。爆風の範囲が大きくなり、キルを取りやすくなる。
  • サブ性能アップ
    索敵・ダメージ範囲が広がり、マーキング時間も伸びる。センサーを長引かせることで、相手に狙いをつけやすくなる。

コメント Edit