Top > ブキ > プロモデラーMG
HTML convert time to 0.048 sec.


プロモデラーMG

Last-modified: 2018-01-19 (金) 01:56:35
 
関連ブキ一覧元ブキ
無印プロモデラーMG
マイナーチェンジプロモデラーRG
 

ブキチの説明 Edit

メインウェポンの プロモデラーMG
飛距離と精度は それなりでしが、
連射速度は すさまじく速いでし!

サブの キューバンボムと 組み合わせて、
塗り性能だけじゃない 攻撃的な一面も
見せられる可能性を 持ったブキでし!

スペシャルの カーリングボムピッチャーも
相手をビックリさせられるので、
ぜひ手に取って かわいがって欲しいでし!

ブキ紹介 Edit

まんまエアーブラシのハンドピースのような見た目の短射程シューター

前作『スプラトゥーン』から登場しており、弾の威力は非常に低いが、反面連射力を売りにしているブキ。
かつては戦闘能力を代償とした代わりに圧倒的塗り性能を誇り、キルが苦手な初心者でも一定の貢献が可能という『塗りブキ』の代表格だったが、Ver.1.4.0アップデートにてプロモデラーRGの巻き添えを食う形で一番のウリである塗り性能を大幅に下げられてしまった。
またサブキューバンボム、SPの弾であるカーリングボムもこれまたVer.2.2.0より他のブキの巻き添えで尽く弱体化してしまった。その補填としてかは分からないがボムピッチャーの射程や持続時間はアップデートの度にどんどん伸びているものの、そのせいでこのブキの性能はとてもイビツで不安定な状態になっている。

弱体化したとはいえ腐っても短射程シューターなのでブキ全体から見れば未だそこそこの塗り性能はあるものの、射程や攻撃力との引き換えに見合った塗りとは言い難く、わかばシューターが上方修正された現在、短射程シューター内では最も塗り性能が低いという評価を下さざるを得ない。


サブスペの組み合わせとしては、メインで接近戦闘と塗り、サブキューバンボムでの中距離や高台への対応、スペシャルボムピッチャーで瞬間的な面制圧と、使い分けのバランス自体は不安定ながらも良好。
ただ全体的なスペックが低下しており立ち回りの難易度は上がっているため、いわゆる上級者向けのブキとなった。
メインだけでは他の劣化にしかならないので、短射程シューターでこの組み合わせである事に利点を見出そう。

メイン性能 Edit

※射程・距離関係の単位は試し撃ちラインの本数。
※有効射程とは、ある程度以上のキル性能を発揮できる距離のこと。

有効射程について詳しく
※塗り射程とは、カニ歩き撃ちで塗れる平均的な距離のこと。

Ver.○.○○現在

有効射程2.1確定数維持射程2.2
レティクル反応距離2.0塗り射程3.1
拡散13.0°ジャンプ中拡散°
ダメージ24.0確定数5
連射フレーム4F秒間発射数15.000発/秒
キルタイム0.283秒/killDPS360.000/秒
射撃継続時間12.121秒インク消費量(装弾数)0.55%(180発)
射撃中ヒト速0.72
非射撃時ヒト速1.04イカ速2.02
 
スプラ1からの変更点

メイン解説 Edit

横に広めに拡散する高速連射が特徴。シューター最速の連射力を誇り、正面の纏まった面積を高速で塗る事に適していたが、現在はあまり得意というわけでもなくなっている。


・戦闘力
攻撃力も低く確定数は全ブキ中最低の5。
連射力があるので確定数の割にはキルタイムはそこまで遅くないものの、このブキは後述する塗り関係の性能により接近によるリスクが半端なく高い。
よって、戦闘関係の性能は他の短射程ブキの方が優れているといえる。


・塗り能力
また、最大の特長である塗りは、弱体化により他ブキに抜かれている。
塗りたいなら似たような塗り形状のわかばやボールドの方が適任。
単純な塗り面積は並だが、問題はその塗りの特性であり、高い拡散値に対して塗りの飛沫の大きさが釣り合っておらず、正面を数ショットだけで塗った際に隙間ができる。普通に塗るだけだと塗り跡が汚く、整地できないのだ。イカダッシュ時に引っかかる為、塗り面積ほどの実質的な陣地形成力が無い。射程は全然違うが、ジェットスイーパーで塗る時の感覚(塗りポイントは稼げるが、綺麗に塗れないため整地能力が低い)に似ている。
接敵時も咄嗟に進行方向を塗って逃げようとしても、普通に塗ると隙間ができるので、イカダッシュで引っかかったり逃げ道を塗るのに時間がかかったりと行動が遅れるので死にやすく、生き延びて塗り続けるという塗りブキの基本行動が弱いという欠点がある。
着弾点がよく塗れるがその間が塗れないことが多いので、他のブキにも言えるが照準を下から上に動かしながら撃つなどして塗ると安定した道は作れる。
イカダッシュでたびたび引っかかってしまうような中途半端な塗り固めだと味方も動きにくくなるため、是非マスターしておきたい。


・撃ち合い
短射程・低攻撃力・高拡散なので撃ち合いはかなり弱い。真正面から自ら殴り掛かるのは禁物。
近距離戦では拡散する弾がほぼ全弾命中し、確定数の多さも連射力で相殺するので懐に潜り込んでさえしまえばキルは取れなくはない。
ただし、塗り弱体化の影響で接近のリスクや難易度は跳ね上がっている。無理に戦闘を狙う動きをするならボールドマーカーを使った方がマシであるため、よほどのチャンスや切羽詰まった状況でもない限りは基本的に戦闘は狙うべきではないだろう。
戦闘を狙う際はボールドやわかばと同じく側面や背後からの奇襲が基本。接近さえしてしまえば基本有利ではあるが、前述2種よりも攻撃力が低いので近距離でも一方的な展開の押し付けはやりにくい。
歩行速度が別段早くなく、飛んでも飛ばなくても弾が拡散しまくりであることを考慮すると、逃れられない撃ち合いになってしまったらぴょんぴょんしながら撃つほうがよい。


わかばシューターとの比較
射程の近い塗りブキとしてのわかばシューターとの比較をすると、
わかばシューターよりも射撃精度が低く拡散する分、有効射程もこちらの方がわずかに短くなっている。
燃費も1発のインク消費量が多く、連射も速い分射撃継続時間には大きく差がある。
塗りにおいて重要な整地能力もわかばシューターに負けている。
以上の理由より、塗り・戦闘・燃費・射程全てにおいてわかば/もみじシューターには性能差がかなり開いている。

残念ながらメインの性能だけではどうにも覆すことの出来ない差であるため、あちらとは異なるサブスペシャルを駆使して戦うほかに道は無いだろう。

運用 Edit

他の短射程より塗り性能も戦闘能力も弱いため、絶対にまともに戦ってはいけない。正面からヨーイドンで撃ち合えばまず間違いなく負けてしまう。
他の短射程と比較した時、プロモデラーMGを採用する利点として挙げられるのはやはりボムピッチャーになるだろう。
唯一無二のカーリングボムピッチャーが使える上に、その要求SPは160と破格。
平地に限定されるがその瞬間的な制圧能力は他の追従を許さないレベルである。プロモデラーを極めたいと思うのならばこのスペシャルと、このスペシャルで強引に作り出した瞬間的塗り優位状況に活路を見出そう。
塗ってSPを素早く貯め、ボムピッチャーを放ってから逃げ、また塗って貯めて…という動きが基本になる。
逆にいえば、それ以外の立ち回りの場合は他のブキの下位互換になってしまうことを十分留意すること。
(勿論状況に応じて下位互換であろうとも他の立ち回りが要求されることはある。あくまでメインの立ち回りの話だということは分かっていてほしい。)

 

ただ、塗って高速でSPを溜めるにしても塗り性能が然程高くないために見た目の数値ほど高速回転できない点には注意。
後方でSPを溜めて前線に放つのが基本だが、自分が安全圏の塗り残しを片っ端からSP変換してしまうと、劣勢時の味方のSPを溜める場所を奪ってそのままストレート負けしやすくなるという間接的なデメリットがある。(特にガチマッチで起きやすい)
状況が拮抗している場合はキューバンボムを遠くから投擲し、前線の敵インクを削り取るようにしてゲージを蓄積していくとよい。一つにつき最大30ポイント前後塗れるので適切な位置にポイポイしていけばすぐに溜まる。

 

カーリングボムピッチャーは平地での制圧力は高く、纏まった面積を一瞬で取り返す事ができるが、ステージ依存度が高く、SP依存としては不安定なのがネック。また「ボムピッチャー」自体の持続時間は長いが、「カーリングボム」1発毎の性能は並であり、懐が留守になりやすく安易に敵の眼前に飛び出てばら撒くと撃ち抜かれる。


活躍できるルールは基本的にナワバリとエリア。
ヤグラもいけなくもない。キューバンボムで降ろし、乗っているときはカーリングボムラッシュで下を阿鼻叫喚にしたいところ。
ガチホコは相性が悪く、無策では厳しいものがある。
(ボムピッチャーを適切なタイミングで発動し、スティールを決める事が出来る技量があるならば一考の余地はある。ただしこの戦法はリーグマッチ向きである。)

 

カーリングボムピッチャーが活躍しやすいのは以下のようなステージ。活用困難なステージでは諦めて他のブキを使うのも手。

・主戦場が平地(ただし長射程が強いステージは危険。坂道が主戦場になっている場所はカーリングが見えづらく強い)
・主戦場があまり広くなく、乱戦になりやすいところ
・高所に逃げづらいところ(台の上に乗っている敵には全く圧力をかけられないので)
・反射を読みづらくしたりできる壁や障害物が多いところ
・ボムが水に落ちづらいところ

ホッケふ頭フジツボスポーツクラブコンブトラックあたりは比較的活躍しやすい。
その中でもホッケふ頭カーリングボムの脅威度が跳ね上がるステージであり、ここならば存分にそのスペックをイカしきれるため、出来ればホッケが選ばれている時を狙って行きたい。
逆にチョウザメ造船エンガワ河川敷などはあまりオススメできない。


なんにせよメインもサブスペシャルも、一人で敵を撃ち倒し、一人で打開できるようなものではない。
味方の立ち回りを塗りでサポートし、塗って相手の足回りを悪化させ、見つかったら逃げて相手の攻撃を誘うことで味方を有利にし、キューバンボムで相手の妨害をして、スペシャルで一気に均衡を崩していく…というのが基本になる。
味方の後ろや物陰から思う存分カーリングやキューバンボムで嫌がらせをしまくろう。

サブスペシャル Edit

キューバンボム Edit

プロモデラーMGの要。こちらが実質上のメインウェポンといっても過言ではない。
あらゆる場所にくっつき、一定時間で爆発するボム。中距離の牽制や逃げる時に設置するなど汎用性が高い。
メインのキル性能や塗り性能を補いつつ、低リスクで味方の支援が出来る。
この辺りはわかばシュータースプラッシュボムの関係と似ているが、あちらのペアと違ってこのサブで積極的にキルを狙うのはやや難しい。キル性能を積極的にイカしたい時にはスペシャルウエポンとの連携を視野に入れておこう。

ボムピッチャーを使うとき、キューバンボムを移動する予定の場所や、狙撃してきそうな場所においてから使ったほうが格段に安全になるのでぜひやっておきたい。

有利状況になり、安全に塗れる所がなくなってしまった場合はこれで牽制しまくるのが無難。
マップをチラチラ確認して、どこから来るのかを確認しながら貼り付けておこう。

このブキはキューバンボムに頼らなければならない場面がとても多い。可能ならギアで回転率を向上するなりしておくことをおススメする。

ボムピッチャーカーリングボム Edit

カーリングボムを連射する。このブキの存在意義ともいえる大事なスペシャルである。
サブウエポンのカーリングボムとは逆に、構える時間が長いほど長距離に届く。

ver1.4.0からチャージしていない状態の球速が50%増加した。
とはいえむやみにRボタンを連打するより遠距離にも投げていくほうが塗れる場合が多く、また速度がバラバラな方が避けづらくなる。
敵とカーリングの動きを予測し、広範囲を塗り広げたり自衛に使ったり敵の逃げ場を潰したりなど、カーリング一つ一つにある程度の計画を立てながら戦線を押し上げよう。
また球速が上がり手前に配置できなくなった都合上、ローラーなどに接近されたときに潰されやすくもなった。視認している範囲に近距離ブキがいたときにはキューバンボムを置いてから発動すると護身になる。

 

メインと連携しにくい以上カーリングボム一つ一つは大した制圧能力を持たないが、それが大量に飛んでくるのであれば瞬間的な制圧力を持つことになる。
ただ、これ単体では瞬間的な制圧で終わってしまい大した戦果は得られない。
プロモデラーMGの真価は『味方が戦線をあげる時、イカにこの瞬間的制圧力を叩き出すか?』という点に全てがかかっているといっても過言ではない。味方がアメフラシを使った時やハイパープレッサーを使った時、そろそろ裏取りに行ったイカが奇襲を開始しそうな時…などなど、その場のタイミングを読んだ使用が求められる。

 

ボムピッチャー共通の注意点として効果時間の間は本来のサブが使えなくなるという弱点がある。
他のピッチャーならそれぞれのボムでどうにでもなるのだが、地面を滑るカーリングボムと射程が短いこのブキの場合だと高台の敵に対して無力極まりない存在となる。
必ず発動前に敵の高台の状況を確認し、可能であれば高台にキューバンを放り込んでから使用したい。
またボムピッチャーが終了した後、少しの間はどちらのボムも出すことが出来ない。
再三繰り返すがこのプロモデラーMGのメインそのものは最弱クラスのブキである。
しかも終了後に出せるのは即効性には欠けるキューバンボムであり、その性質上スペシャルで発動していたカーリングボムは手前に配置できていない
要するにこの瞬間だけは「最弱のメインだけで戦わなければならない時間」であり、同時にカーリングボムピッチャーを使ったことで位置がバレバレになっている時間」となってしまうのである。
連打に夢中になって適当に投げまわるだけでなく、終了直前は自分の位置取りに注意することを肝に銘じるべし。

ギアパワー考察 Edit

  • スペシャル増加量アップ・減少量ダウン
    現在ではとにもかくにもカーリングボムピッチャーに全てが掛かっているブキなので、当然スペシャルの回転率を大幅に上げるこのギア群は最高に相性がよい。
    死にやすいブキなので増加量アップも減少量ダウンもどちらも恩恵は大きい。
    ギアパワーは数値が高くなるほど効率が悪くなる傾向にあるので、よほど死なない立ち回りができる人以外は好みに合わせながらバランスよく入れていく方が無難。
  • サブ効率アップ・サブ性能アップ
    いくら160ポイントで使用できるとはいえ、スペシャルが無い状態での立ち回りのメインはキューバンボムになる。そのためサブに関係したギアをある程度積んでおかなければチームへの貢献がしにくくなる。
    高所を抑える必要があるステージなど、キューバンボムが活躍する場所はあると立ち回りがとても楽になる。
    またサブ効率アップに関しては35で2連投できる。ボムピッチャーの発動前に2つ置けるようになるととても安心。
  • カムバック
    死にやすいブキな上に、打開はボムとスペシャル頼りになりやすい。
    不利状況を返しやすくできるこのギアの恩恵は大きいと言える。
  • スペシャル性能アップ
    ボムピッチャーの時間が伸びるので、投げられる個数を増加させることができる。
    以下はギアパワー値と投げられる個数の一覧。
    スペシャル性能アップのコメントページにある有志検証を引用。
    最速連打 ( 遅いボムが出る )
    0 : 11 個
    3-? : 12 個 ( 6 は確認。9 が不明 )
    10-? : 13 個 ( 16 は確認。18,19 が不明 )
    20-33 : 14 個 ( 34 以上不明 )
    押しっぱなし ( 最速ボムが出る )
    0-? : 7 個 ( 6 は確認。9 が不明 )
    10-23 : 8 個 ( 24,25 は不明 )
    26-33 : 9 個 ( 34 以上不明 )
    10 積みが実用的か。
  • イカ速度アップ
    短射程にとってはグッと近づいて撃ち殺すためのギアではあるのだが、
    プロモデラーにとってはそれよりも次なる塗り箇所への移動力と撤退成功率の向上のために役立つギアになる。
    イカ移動でスイスイ移動しやすいステージや復帰まで結構泳がないといけないステージだと特に価値があがる。

コメント Edit