Top > 艦艇設計
HTML convert time to 0.185 sec.


艦艇設計

Last-modified: 2018-01-06 (土) 12:01:47

艦船設計はプレイヤーが艦船や軍事ステーションの武器や装甲などを変更できる場所。
作成、または編集されたデザインは既に建造された艦船ではなく新しく建造された場合にのみ適用される。
既存の艦船に適用させるにはアップグレードをしなければならない。アップグレードを命令された艦船は最も近い宇宙港に向かう。
アップグレードをされる時、艦船は現在のデザイン名と同一の名前を持っている同じ艦種の最新のデザインにアップグレードされる。
(例えば、「Victory 3」級巡洋艦をアップグレードする場合最も最近の「Victory 3」級巡洋艦のデザインにアップグレードされる。)
もし同じ名前のデザインがないのならば艦船は同じ艦種の最も最近のデザインにアップグレードする。


建造コストとパワーバランス Edit

全ての艦船デザインは建造の為の鉱物コストが必要。
必要な量は、艦船のサイズ(セクションのタイプと数)及び全ての追加されたコンポーネントによって決定される。より高度なコンポーネントはより多くの鉱物コストが必要。
さらに艦船は、様々なコンポーネントの為に電力を消費する。供給電力が必要量より過小だと設計を保存できない。
また、過剰の場合は設計を保存することができ、過剰な電力量に応じて能力がちょこっと向上する(兵装のDPS,回避能力等)。
Naval capacityの使用量は設計に依らずに艦種毎に一定で、コルベットが1、駆逐艦が2、巡洋艦が4、戦艦が8という具合に倍々になっている。

各艦船ごとの基本性能一覧(Ver.1.8.0) Edit

名前許容量サイズコスト時間船体値装甲軽減率回避巡航速度戦闘速度加速旋回速度戦闘時
コルベット11706030022.86%60.005.251.750.350.100.08
駆逐艦221601208001214.91%25.004.501.500.300.200.05
巡洋艦4436024016003029.56%10.003.751.250.250.180.04
戦艦8872048024008055.75%5.003.000.750.200.150.03
建築船01806030034.29%5.003.750.500.300.200.20
コロニー船0133036030034.29%5.003.750.500.300.200.20
調査船01806030022.86%15.003.750.500.300.200.20
輸送船0145030057.14%70.003.750.500.300.200.20
防衛プラットホーム04-10050001514.78%0.000.000.000.000.000.00
防衛ステーション08-100150003020.91%0.000.000.000.000.000.00
要塞011-100400004425.14%0.000.000.000.000.000.00
宇宙港Lv1+5836036040007552.26%0.000.000.000.000.000.00
宇宙港Lv2+6820018045008055.75%0.000.000.000.000.000.00
宇宙港Lv3+7825018050008559.23%0.000.000.000.000.000.00
宇宙港Lv4+8830018055009062.72%0.000.000.000.000.000.00
宇宙港Lv5+9835018060009566.20%0.000.000.000.000.000.00
宇宙港Lv6+108400180650010069.69%0.000.000.000.000.000.00

※サイズは装甲から軽減率を求めるために使用する内部項目
 軍事ステーションのコストは選択したセクションによって変動

基本4種艦船の特徴(Ver.1.8.3) Edit

コルベット・駆逐艦・巡洋艦・戦艦を許容量消費に対して見ると武器スロットは同等である。
しかし汎用スロットは戦艦<駆逐艦<巡洋艦<コルベットの順で許容量消費に対しての搭載数が多くなっている。
搭載数が多いと強いように見えるが、装備が増えることでコスト増加に繋がるためサイズ当たりのコストでみると戦艦<駆逐艦<巡洋艦<コルベットとなりやすい。

  • コルベット
    高い戦闘速度と回避がウリ。 下で述べる回避の仕様上、追尾が低い大型兵器に対して強い。
    兵器の追尾力は一部兵器を除いて世代を重ねても強化されず、また命中値からの引き算で命中率を計算する都合上、回避値が上がるゲーム後半になってくると大型兵器に対する対抗手段となれる。
    一方で追尾が元から高い小型兵器や、世代ごとに上昇していく対空砲・戦闘機には非常に弱い。
    また回避値の最大値が90となっている関係上どれだけ回避力を上げても大半のLスロット兵器でさえ確実に回避できるようにはならない。
    武器に関してはコスト比で魚雷が最も多く搭載できるため魚雷・ミサイルを使う場合の有力候補ではあるが、デコイとなるスウォームミサイルを搭載できないため相手の対空には気をつけたい。
    また魚雷の装甲貫通は50%しかないため対装甲能力は採掘ドローンレーザーの方が上である。
    もしコルベットを主力として運用する場合は1艦隊に編成できる艦数に500隻という上限がある点にも注意したい。
    (規模が大きくなるとそれに応じて艦隊を複数運用せざるを得なくなる=提督を多数用意する必要があるため)
  • 駆逐艦
    戦闘コンピュータが高い追尾(基本型でも10)を持つのが特徴。
    そのためMサイズ以上の武器やセンチネル対空砲をメインに運用したい。
    (コルベットの基本回避力が60のところ、大抵のSスロット兵器は60より高い追尾を持つため)
    許容量当たりの船体値も巡洋艦と並んで高いが、上位艦に比べてシールドや装甲を高くできずコルベットのような回避力もないため終盤では防御力不足になりやすい。
    もし使う場合はより前に出て戦い、駆逐艦より高い防御力を持つ巡洋艦と併用したい。
  • 巡洋艦
    全能力のバランスがよく接近戦に強い傾向からワープアウト直後の近距離開戦やバックアタックなどにも対応しやすいため扱いやすい。
    前述の通り汎用スロットの搭載可能数は多いが装甲・シールドとも搭載すると中途半端になりがちなので状況に合わせて適切な装備を選択したい。
    しかし武器スロットの運用効率はあまり良くなく、相手に突撃する挙動から被害も増えやすい。
    さらに上記スロットの関係でコストが高くなりがちなので経済的損失が大きくなりやすい点にも注意したい。
  • 戦艦
    強みは高い装甲および耐久力によって数を減らされにくい点と、LスロットおよびXスロットの大型兵器のみで武器を構成できること。
    そのため高装甲の敵大型艦に対して特に有力。
    大型兵器の射程による先制攻撃と、他の艦種と異なり積極的に前にでない挙動のため相手の低射程武器が無駄になりやすく被害を抑えやすい。
    (この挙動の差から単一艦種で運用したほうが効率がいい場面が多くなる)
    艦載機の搭載数は巡洋艦に比べて多いが、HスロットのあるセクションにはSスロットやMスロットがセットになっているため巡洋艦の方が艦載機との相性がいいと言える。
    (巡洋艦はHスロットとPスロットx2がセットであり、Pスロット兵器はSスロット兵器の約倍の性能があるのと、接近戦をする巡洋艦はPスロットを有効活用しやすいが、接近しない戦艦はP、S、Mスロットを無駄にしやすいため)
    しかし戦艦の弱点となるコルベットのような小型で回避力の高い目標に対しては艦載機やPスロット、Sスロットが有効である点は覚えておきたい。
    防御面では装甲の基本値が高くダメージ軽減率90%を簡単に達成できるため、余ったスロットにシールドを搭載して高装甲とシールドを両立したり、低レベルリアクターを大量に積むことでコスト削減ができる。
    汎用スロットがLスロットしかないためシールドとの相性はあまりよくない。
    (シールドは小型の方がシールド回復力が高いのと、発電機とのバランスが取りづらくなるため)
    しかし高装甲とシールドを両立できることから1隻あたりの防御力を最大化でき、相手次第では有効な選択肢となる。

命中・回避・追尾について Edit

攻撃側には命中と追尾というパラメータがあり、防御側には回避というパラメータがある。
数式で表すと、次のようになる:

 最終命中率 = 命中 - MAX(0, 回避 - 追尾)

基本的には、回避の値が命中から引かれたものが最終的な命中率になる。
追尾は敵の回避値を打ち消す効果を持つと考えればよい。

セクションとモジュール Edit

個々の艦船はセクションにより構成されている。コルベット、建設船、植民地船は、一つのセクション。駆逐艦は二つのセクション。巡洋艦、戦艦は三つのセクション。また、要塞は四つのセクションを持っている。
個々のセクションは武器、エンジン、パワージェネレーター、及び防御のためのスペースを含む各種のモジュールのためのスペースを持っている。これらのモジュールは基本的に、Small、Medium、Largeの3段階があり、1種類の武器や装備を開発すると3つのサイズが全て使用可能になる。
ただし一部武器はSやSとMしかなかったりすることもあるので要確認。
また調査船、建設船、植民地船は武器を装備できない。

種類別特徴 Edit

種類概要
Component_Small.png小型スロット。短射程、低装甲貫通、高命中、高追尾。
Component_Medium.png中型スロット。威力・兵器の命中率ともそこそこ。
Component_Large.png大型スロット。小型スロットの逆。
Component_Hangar.png艦載機系。コルベット・駆逐艦以外使用可能。対空兵器に弱い。
Component_Point.png対空砲系。コルベット以外使用可能。
Slot_Torpedo.png魚雷系。コルベット・巡洋艦専用の高威力・高装甲貫通兵器。
Slot_XL.png戦艦専用兵器。艦首の兵器スロットがこれ1つとなるが、兵器の性能は高め。
Slot_Auxiliary.png特殊な装備。1つの艦艇につけられる数は少ない。

コルベット Edit

名称兵器スロット汎用スロット備考
船体インターセプターComponent_Small.png3Component_Small.png3Component_Medium.png2Slot_Auxiliary.png1
トーピード・ボートComponent_Small.png1Slot_Torpedo.png1前提:魚雷系技術

駆逐艦 Edit

名称兵器スロット汎用スロット備考
艦首アーティレリComponent_Large.png1Component_Medium.png3
ガンシップComponent_Small.png2Component_Medium.png1
ピケットシップComponent_Point.png1Component_Small.png2Component_Medium.png4前提:対空砲系技術
艦尾ガンシップComponent_Medium.png1Component_Small.png4Slot_Auxiliary.png1
インターセプターComponent_Small.png2
ピケットシップComponent_Point.png2前提:対空砲系技術

巡洋艦 Edit

名称兵器スロット汎用スロット備考
艦首アーティラリComponent_Large.png1Component_Medium.png3
ブロードサイドComponent_Medium.png2
トーピードComponent_Small.png2Slot_Torpedo.png1前提:魚雷系技術
船体アーティラリComponent_Medium.png1Component_Large.png1Component_Large.png3Slot_Auxiliary.png2
ブロードサイドComponent_Medium.png3
ハンガーComponent_Point.png2Component_Hangar.png1
トーピードComponent_Small.png2Slot_Torpedo.png2前提:魚雷系技術
艦尾ブロードサイドComponent_Medium.png1Component_Medium.png3
ガンシップComponent_Small.png2

戦艦 Edit

名称兵器スロット汎用スロット備考
艦首アーティラリComponent_Large.png2Component_Large.png2Slot_Auxiliary.png2
ブロードサイドComponent_Small.png2Component_Medium.png1Component_Large.png1
ハンガーComponent_Point.png2Component_Medium.png1Component_Hangar.png1
スピナルマウントSlot_XL.png1前提:XL武器系技術
船体アーティラリComponent_Large.png3Component_Large.png6
ブロードサイドComponent_Medium.png2Component_Large.png2
キャリアComponent_Point.png2Component_Small.png2Component_Hangar.png2
ハンガーComponent_Medium.png4Component_Hangar.png1
艦尾アーティラリComponent_Large.png1Component_Large.png2
ブロードサイドComponent_Medium.png2

防衛プラットフォーム・防衛ステーション Edit

名称兵器スロット汎用スロット備考
船体小型ステーションセクションComponent_Point.png2Component_Small.png2Component_Small.png1Component_Medium.png1Component_Large.png1Slot_Auxiliary.png1コスト:Minerals.png50
中型ステーションセクションComponent_Medium.png2コスト:Minerals.png50
大型ステーションセクションComponent_Large.png1コスト:Minerals.png47
ステーション用ハンガーセクションComponent_Hangar.png1コスト:Minerals.png40

要塞 Edit

名称兵器スロット汎用スロット備考
船体小型ステーションセクションComponent_Point.png2Component_Small.png6Component_Small.png2Component_Medium.png2Component_Large.png2Slot_Auxiliary.png1コスト:Minerals.png85
中型ステーションセクションComponent_Medium.png4コスト:Minerals.png85
大型ステーションセクションComponent_Large.png2コスト:Minerals.png80
ステーション用ハンガーセクションComponent_Hangar.png2コスト:Minerals.png65

宇宙船サブシステム Edit

艦船設計画面右側にあるオプション。基本的にはこの装備は外せない。

FTL Edit

FTLを参考。

戦闘コンピューター(Ver.1.8.0) Edit

名前種類消費電力鉱石コスト追尾命中連射レート回避戦闘速度武器ダメージ行動・その他
基本型コルベット01------
駆逐艦01+10%-----
巡洋艦01------
戦艦01------
中級コルベット52---+3%+10%-
駆逐艦52+12%--+2%--
巡洋艦52-+2%+5%---
戦艦52-----+5%
発展型コルベット104---+6%+20%-
駆逐艦104+14%--+4%--
巡洋艦104-+4%+10%---
戦艦104-----+10%
知性型コルベット206-+5%-+8%+20%-
駆逐艦206+14%+5%-+6%--
巡洋艦206-+4%+15%+2%--
戦艦206--+5%--+10%
予知型コルベット206---+11%+20%-
駆逐艦206+14%--+9%--
巡洋艦206-+4%+10%+5%--
戦艦206+5%+5%---+5%
コメント知性型は危険なテクノロジー、予知型は社会学で超能力(物質主義の場合は超能力専門家が必要)の技術が必要。予知型自体も社会学の研究で入手する。

亜光速スラスター(Ver.1.8.0) Edit

名前消費電力コスト巡航速度戦闘速度回避
化学スラスター53---
イオンスラスター104+20%+20%+3%
プラズマスラスター155+40%+40%+6%
インパルススラスター206+60%+60%+9%
コメント星系内での宇宙船の速度を決めるエンジン。回避率も高めてくれる。

センサー(Ver.1.8.0) Edit

名前消費電力コストセンサー範囲追尾
レーダー0220-
重力センサー5330+3%
亜空間センサー10440+6%
タキオンセンサー15550+9%
コメント船の視界範囲を決めるセンサー。技術は惑星センサーのものと同じだが惑星センサーに比べて視界の範囲は狭い。追尾性能も高めてくれる。

武器(Ver.1.8.2) Edit

レーザー Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
小型赤色レーザーエネルギーS2.537113.752.164090%70%15%0%-20%
中型赤色レーザーエネルギーM5615223.754.196085%35%30%0%-20%
大型赤色レーザーエネルギーL101232483.758.538080%5%60%0%-20%
小型青色レーザーエネルギーS53.58123.752.44090%70%15%0%-20%
中型青色レーザーエネルギーM10716263.754.766085%35%30%0%-20%
大型青色レーザーエネルギーL201435563.759.718080%5%60%0%-20%
小型紫外線レーザーエネルギーS7.549133.752.644090%70%15%0%-20%
中型紫外線レーザーエネルギーM15818303.755.446085%35%30%0%-20%
大型紫外線レーザーエネルギーL301639633.7510.888080%5%60%0%-20%
小型X線レーザーエネルギーS104.510143.752.884090%70%15%0%-20%
中型X線レーザーエネルギーM20919333.755.896085%35%30%0%-20%
大型X線レーザーエネルギーL401842713.7512.058080%5%60%0%-20%
小型ガンマ線レーザーエネルギーS12.5511153.753.124090%70%15%0%-20%
中型ガンマ線レーザーエネルギーM251020363.756.346085%35%30%0%-20%
大型ガンマ線レーザーエネルギーL502045783.7513.128080%5%60%0%-20%
総評-
コメント初期武装の一種、ガンマ線レーザーから粒子ランスへ派生させられる。
高めの装甲貫通がうり。ver1.8.0にて火力も射程も強化された。
シールド相手にはペナルティがあるため不利ではあるが所詮20%なので突破できないことはない。

粒子ランス Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
粒子ランスエネルギーX100501442738.8520.0310085%0%90%0%-25%
タキオンランスエネルギーX120601693318.8524.0110085%0%90%0%-25%
総評-
コメントXサイズ兵器のため戦艦の艦首にしか搭載できない。
装甲貫通が非常に高くどれだけ高い装甲があっても効率よくダメージを与えられる。
対装甲兵器としては最も強力だが、シールド相手にはペナルティがある。

プラズマ投射砲 Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均
火力
射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
小型プラズマ投射砲エネルギーS7.548144.352.154085%40%40%0%-33%
中型プラズマ投射砲エネルギーM15818274.354.146080%20%60%0%-33%
大型プラズマ投射砲エネルギーL301635614.358.288075%5%80%0%-33%
小型プラズマ加速砲エネルギーS1059174.352.544085%40%40%0%-33%
中型プラズマ加速砲エネルギーM201022314.354.876080%20%60%0%-33%
大型プラズマ加速砲エネルギーL402045694.359.838075%5%80%0%-33%
小型プラズマキャノンエネルギーS12.5611194.352.934085%40%40%0%-33%
中型プラズマキャノンエネルギーM251224384.355.706080%20%60%0%-33%
大型プラズマキャノンエネルギーL502448834.3511.298075%5%80%0%-33%
総評-
コメント装甲貫通性が高く追尾が低い為、対戦艦や要塞向けに最も効果を発揮する。通常兵装のなかで対装甲兵器としての最有力候補。
しかしSスロット兵器のなかでは採掘ドローンレーザーと小型プラズマキャノンが最終的な期待値が同程度になるため(対装甲90%および対シールド)、消費電力まで考えると採掘ドローンレーザーの方が有用であるシーンが多い。
Ver.1.8.0で装甲貫通、シールドダメージともに弱体化された。
プラズマ加速砲からアーク放射器へ派生させられる。

アーク放射器 Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
アーク放射器エネルギーX1205011848.6010.76100100%100%100%100%-100%
収束アーク放射器エネルギーX1206012218.6012.91110100%100%100%100%-100%
総評
コメントXサイズ兵器のため戦艦の艦首にしか搭載できない。装甲・シールドの影響を全く受けずに直接船体値へダメージを与えられる。命中・追尾ともに非常に高いためどんな敵にも攻撃を命中させることができるが、ダメージの最小値が1と低いためダメージが安定しない。
また、Xサイズのスロットを使うにも関わらず時間あたり火力が非常に低く、またその他の兵装に同様の特性を持つものがないため、どの兵装とも相性が悪く非常に扱いづらい。

ディスラプター Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均
火力
射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
小型ディスラプターエネルギーS7.54483.601.54090%70%0%0%200%
中型ディスラプターエネルギーM1588183.603.076085%35%0%0%200%
大型ディスラプターエネルギーL301619353.606.008080%5%0%0%200%
小型イオンディスラプターエネルギーS1055103.601.884090%70%0%0%200%
中型イオンディスラプターエネルギーM201010223.603.786085%35%0%0%200%
大型イオンディスラプターエネルギーL402023453.607.568080%5%0%0%200%
小型位相ディスラプターエネルギーS12.566123.602.254090%70%0%0%200%
中型位相ディスラプターエネルギーM251212263.604.496085%35%0%0%200%
大型位相ディスラプターエネルギーL502427543.609.008080%5%0%0%200%
総評-
コメントレーザーとは異なりシールドへの高いダメージボーナスを誇る。
しかし装甲には一切ボーナスがなく火力も低いため扱いづらい。
ディスラプターから陽子魚雷へ派生させられる。

陽子魚雷 Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
陽子魚雷エネルギーT401513024021.257.847090%0%0%0%200%
中性子魚雷エネルギーT602018033021.2510.807090%0%0%0%200%
総評-
コメントディスプラプターから派生した武装で魚雷スロットに搭載できるが実体のないエネルギー兵器のため対空装備に迎撃されない。
Mスロット相当のTスロット装備にしては非常に高い攻撃力を誇り、対シールドに高いダメージボーナスを持つが、消費電力とクールダウンもかなり高い。
また攻撃力は高いが装甲貫通はないため注意したい。

事象崩壊砲 Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均
火力
射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
小型事象崩壊砲エネルギーS151013193.853.244078%60%50%50%-50%
中型事象崩壊砲エネルギーM302025433.856.626075%30%50%50%-50%
大型事象崩壊砲エネルギーL6040551003.8514.908074%5%50%50%-50%
総評
コメントクライシスの1つ、招かれざる客で登場する異次元艦隊の主力兵装であり、そのデブリを回収調査することで研究が可能になる。
元々の火力も高く、シールドおよび装甲の両方に対して貫通効果を持つためどのような相手でも一定の効果は期待できるが若干コストと消費電力が高い。
またシールドに対しては貫通でありシールドを削る能力は高くないため、これ以外の装備と併用する場合は注意したい。

採掘ドローンレーザー Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
小型採掘用切断レーザーエネルギーS7.548144.351.894075%60%100%0%0%
中型採掘用切断レーザーエネルギーM15818274.353.623070%30%100%0%0%
総評特殊--
コメントドローンからのデブリ調査で取得できる武装。
序盤から使える可能性があり、Sサイズで装備可能な100%の装甲貫通を持つという希少な武装。
特に高装甲の戦艦を狙うコルベット用の装備としては、ゲーム後期に開発できる他のあらゆるS武器を凌駕する圧倒的な性能となる。
またMサイズになるとSサイズより射程が下がるという変わった特徴があり、Mサイズを選択する意味がないため実質Sサイズ専用と考えてよい。

クラウドライトニング Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
クラウドライトニングエネルギーM1031274.353.2250100%100%50%0%-25%
総評-
コメントヴォイドクラウドからのデブリ調査で取得できる武装。
命中・追尾ともに高いが最低ダメージが低く安定しない。
アーク放射器をレーザー寄りに劣化させたような性能となっている。

エネルギー吸収装置 Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
エネルギー吸収装置エネルギーS1036123.602.054082%60%0%0%150%
総評-
コメントティヤンキのスペシャルプロジェクトおよびデブリから取得できる武装。
ディスラプターの廉価版と言った内容の性能になっている。

ミサイル Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程
攻撃射程
命中率追尾装甲貫通シールドダメージ耐久値回避速度
最小最大
小型核ミサイル爆発S2.538124.352.37020100%70%15%15%10%10
中型核ミサイル爆発M5613274.354.69025100%40%25%15%20%10
大型核ミサイル爆発L101230504.359.211030100%10%50%15%40%10
小型核融合ミサイル爆発S53.59144.352.647020100%70%15%15%110%10
中型核融合ミサイル爆発M10716304.355.299025100%40%25%15%310%10
大型核融合ミサイル爆発L201437574.3510.8011030100%10%50%15%610%10
小型反物質ミサイル爆発S7.5411154.352.997020100%70%15%15%220%10
中型反物質ミサイル爆発M15819344.356.099025100%40%25%15%420%10
大型反物質ミサイル爆発L301642654.3512.3011030100%10%50%15%820%10
小型量子ミサイル爆発S104.512174.353.337020100%70%15%15%230%10
中型量子ミサイル爆発M20921394.356.909025100%40%25%15%530%10
大型量子ミサイル爆発L401848724.3513.7911030100%10%50%15%1030%10
小型マローダーミサイル爆発S12.5514184.353.687020100%70%15%15%340%10
中型マローダーミサイル爆発M251025404.357.479025100%40%25%15%640%10
大型マローダーミサイル爆発L502050834.3515.2911030100%10%50%15%1240%10
総評---
コメント初期武装の一つで非常に長い射程と高い命中精度を持つ。表記を省いたがシールド貫通はしない。
発射から命中までのタイムラグがある他、母艦が撃沈されるとミサイルは消失する。また対空砲で迎撃が可能であり対策なしでは完封されることもありえる。Ver.1.8.0にて再ターゲッティングが可能となった。
単純な時間当たり火力は高いのだが、対空火器の有無によって大きく有効性が変わる。
核融合ミサイルから宙間魚雷へ、量子ミサイルからスウォームミサイルへ派生できる。

スウォームミサイル Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程再攻撃射程命中率追尾装甲貫通シールド
ダメージ
耐久値回避速度
最小最大
スウォームミサイル爆発M25158122.104.7610015100%50%30%10%3020%11
ワールウィンドミサイル爆発M302010152.105.9510015100%50%30%10%4020%11
総評--
コメント量子ミサイルから発展した武装、Mスロット専用。
ミサイルと比べて攻撃力は低いが、その耐久力のために対空装備に対するデコイとして機能する。これ単体では効果を発揮できないが、他のミサイルや魚雷、艦載機と組み合わせるとよい。

宙間魚雷 Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程再攻撃射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
耐久値回避速度
最小最大
宙間魚雷爆発T101012021520.858.036015100%0%50%100%20%8
装甲魚雷爆発T151214028020.8510.076015100%0%50%100%40%8
破壊魚雷爆発T201418034020.8512.476015100%0%50%100%60%8
総評----
コメント核融合ミサイルから発展した武装で、消費電力が低く非常に高い攻撃力を誇る。
また高い装甲貫通とシールド貫通を持つため、相手がどのような防御方法を選択していても影響を受けにくい。
その攻撃性能は全兵器中でも最高と言えるが、他のミサイルと比べても射程が短く、また弾速も遅いため迎撃されやすい。

スカージミサイル Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程再攻撃射程命中率追尾装甲貫通シールド
ダメージ
耐久値回避速度
最小最大
スカージミサイル爆発L503052905.3513.2712040100%80%50%10%2075%12
総評---
コメントクライシスの一つ、ボイドの災厄で登場するプレスリン艦隊からのデブリ調査で取得できる武装。1.8.0アップデートにより強化された。

マスドライバー Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均
火力
射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
小型マスドライバー実体弾S2.534173.502.284576%60%0%0%33%
中型マスドライバー実体弾M568363.504.536572%30%15%0%33%
大型マスドライバー実体弾L101221743.509.098567%5%30%0%33%
小型コイルガン実体弾S53.55193.502.614576%60%0%0%33%
中型コイルガン実体弾M10711393.505.146572%30%15%0%33%
大型コイルガン実体弾L201425843.5010.438567%5%30%0%33%
小型レールガン実体弾S7.546213.502.934576%60%0%0%33%
中型レールガン実体弾M15813443.505.866572%30%15%0%33%
大型レールガン実体弾L301630923.5011.688567%5%30%0%33%
小型発展型レールガン実体弾S104.57233.264.294576%60%0%0%33%
中型発展型レールガン実体弾M20915493.506.586572%30%15%0%33%
大型発展型レールガン実体弾L4018361003.5013.028567%5%30%0%33%
小型ガウス砲実体弾S12.558253.503.584576%60%0%0%33%
中型ガウス砲実体弾M251017533.507.206572%30%15%0%33%
大型ガウス砲実体弾L5020411093.5014.368567%5%30%0%33%
総評-
コメント初期武装の1つ。射程が長めでダメージの平均値も高く、シールドに対してボーナスも持つ。
装甲に対してはボーナスがあまりないため高い装甲を持つ相手は苦手とする。
序盤から積極的に戦争をする場合、マスドライバーが最も効率的と言えるだろう。
コイルガンからオートキャノンへ、発展型レールガンから実体弾砲へ派生できる。

実体弾砲 Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
実体弾砲実体弾L50251062188.0014.1810070%0%20%0%33%
大型実体弾砲実体弾L60301212398.0015.7510070%0%20%0%33%
総評-
コメント発展型レールガンから派生した武装、Lスロット専用。
消費電力は高めだが高い火力と長い射程を誇り、対シールドでダメージボーナスも持つ。
しかしLサイズ兵器の中では装甲貫通が高くないため、高い装甲を持つ相手は苦手。

メガキャノン Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
メガキャノン実体弾X10050923007.8522.4712090%0%50%0%33%
ギガキャノン実体弾X120601213507.8527.012090%0%50%0%33%
総評-
コメントガウス砲から派生した武装、Xスロット専用なので戦艦の艦首にしか搭載できない。
全武器中最高の射程を誇り、高い命中、高い火力、高めの装甲貫通とシールドボーナスを併せ持つバランスの取れた兵器。

オートキャノン Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
小型オートキャノン実体弾S543152.353.142082%65%0%0%0%
中型オートキャノン実体弾M1086312.356.304080%35%10%0%0%
大型オートキャノン実体弾L201616662.3513.096075%10%20%0%0%
小型リッパーオートキャノン実体弾S7.554162.353.662083%65%0%0%0%
中型リッパーオートキャノン実体弾M15108332.357.324080%35%10%0%0%
大型リッパーオートキャノン実体弾L302021672.3513.886075%10%20%0%0%
小型ストームファイアキャノン実体弾S1065172.354.012084%65%0%0%0%
中型ストームファイアキャノン実体弾M201210352.358.04080%35%10%0%0%
大型ストームファイアキャノン実体弾L402426702.3515.06075%10%20%0%0%
総評--
コメントコイルガンから派生した武装。
射程が短いが、消費電力が低く、短いクールダウンで小さくないダメージをばらまくため、射程にさえ入れば安定した活躍が期待できる。
装甲ボーナスが低いため高装甲の相手は苦手。

対空砲 Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
最小最大
センチネル対空砲対空,実体弾P53020.33.123075%10%0%0%0%
バリアー対空砲対空,実体弾P7.54030.34.683075%20%0%0%0%
ガーディアン対空砲対空,実体弾P105140.36.253075%30%0%0%0%
対空砲対空,実体弾P7.55020.33.753075%50%0%0%0%
重対空砲対空,実体弾P106130.34.993075%60%0%0%0%
総評--
コメント敵のミサイルと艦載機を迎撃できる火器。 片手間に普通の敵も狙ってくれるので、通常火力が低下する心配はそれほどしなくていい。
対空砲はリッパーオートキャノンから派生する。火力と追尾の関係上センチネル対空砲は対ミサイルを、対空砲は対艦載機を主目的とする。
1.8.0アップデートにより対空砲は全てPスロット限定となり、クールダウン、射程、命中が統一された。
極端に短いクールダウンのために特に第二世代以降の最終的な火力はかなり高く(純粋な火力はSスロット以上、Mスロット以下)、相手がミサイルや艦載機を使っていない場合でも無駄にならなくなった。
なぜかシステム上の戦力評価点数が低く装備すると戦力数値がガタ落ちするが、気にせず装備しよう。
1.8.2アップデートにより対空砲・重対空砲の火力・コストが下げられたため、回避の低い相手(ミサイルや魚雷、駆逐艦以上の艦船)にはガーディアン対空砲が、回避の高い相手(艦載機やコルベット)には重対空砲が有効となるようになった。

艦載機 Edit

名前タイプサイズ消費
電力
コスト攻撃力クール
ダウン
平均火力射程命中率追尾装甲貫通シールド
貫通
シールド
ダメージ
耐久値回避ユニット数ユニット
生産
最小最大
スカウト対空,軍用機H2010122.504.80870%10%0%0%0%3040%80.13
戦闘機対空,軍用機H3020232.508.001070%20%0%0%0%4060%80.13
改良型戦闘機対空,軍用機H4025342.5011.201070%30%0%0%0%5070%80.13
発展型戦闘機対空,軍用機H5030452.5014.401070%40%0%0%0%6080%80.13
総評-----
コメントスカウトおよび戦闘機は相手に張り付くセンチネル対空砲と言った性能で、単体のダメージは小さいが多数のユニットが一斉に攻撃するため総ダメージは低くはない。
純粋な対空性能はかなり高く、射程の短さもその機動力で補えるが、遠距離から発艦すると相手に到達するまでかなりの時間を要するためどちらかと言えば近距離から接敵したい。
1.8.0アップデートによって戦闘中もわずかに回復するようになった。(実測で1スロットごとに1機/50日程度)
対空砲に弱く、またミサイルと同じで搭載していた艦船が撃墜されると無効化されてしまう。
爆撃機軍用機H3020162410.0016.0015100%0%50%100%-100%6050%80.13
改良型爆撃機軍用機H4025203010.0020.0015100%0%50%100%-100%7060%80.13
発展型爆撃機軍用機H5030243610.0024.0015100%0%50%100%-100%8070%80.13
アメーバのフラゲーラ軍用機H303016245.0016.002070%0%50%100%-100%5050%40.13
スウォーム攻撃機軍用機H606019218.0025.0020100%0%66%100%-100%10080%100.13
総評-----
コメントアメーバのフラゲーラは宇宙アメーバからのデブリ調査、スウォーム爆撃機はクライシスの一つ、ヴォイドの災厄で登場するプレソニアン艦隊からのデブリ調査で取得できる。
爆撃機は高い装甲貫通とシールド貫通能力で非常に高い攻撃性能を誇る。
対空兵装に弱い等の特徴は戦闘機と同じ。

ユーティリティ Edit

装甲(Ver.1.8.0) Edit

名前種類消費
電力
コスト装甲
ナノ複合装甲S022
M044
L088
セラミック金属装甲S032.5
M065
L01210
プラスチール装甲S043
M086
L01612
デュラスチール装甲S053.5
M0107
L02014
ニュートリニウム装甲S064
M0128
L02416
龍鱗装甲S07.54.5
M0159
L03018
コメント装甲は高めるほどダメージ自体を軽減するが、バリアへの被ダメージには影響しない
装甲貫通性能が高い武器が多いエネルギー系の兵器には弱い
龍鱗装甲はリヴァイアサンの1つ、エーテルドレイクが守っている巣を所持していると発生するイベントから入手可能。
(あるいはこれを装備した艦隊のデブリ調査でも可能)

装甲のダメージ軽減率は以下の式で求められる。

軽減率75%以下:

 ダメージ軽減率 = 装甲値÷(70×(1+(ShipSize−1)×0.15))

軽減率75%以上:

 ダメージ軽減率 = 75%+(装甲値−軽減率75%に必要な装甲値)÷(140×(1+(ShipSize−1)×0.15))

簡単にいうと75%を越えると軽減率を上げるのに必要な装甲値が2倍になる。
上記式から各艦種が軽減率75%および軽減率90%を達成するのに必要な装甲値は以下のとおり(各艦種の初期装甲は考慮に入れていない)。

艦種軽減率75%軽減率90%
コルベット52.573.5
駆逐艦60.37584.525
巡洋艦
防衛プラットフォーム
76.125106.575
戦艦
防衛ステーション
107.625150.675
要塞131.25183.75

艦船の設計時には装甲値が上記をオーバーしすぎないように注意しよう。
オーバーした分は完全に無駄となってしまうため、装甲のレベルを下げる・搭載数を減らすなどしてコストを下げたほうがより多くの艦船を運用できるようになる。
特に戦略資源や技術等で得られる装甲値へのボーナスは艦船設計の画面では反映されないことに注意したい。
建造した艦船にカーソルを合わせて表示されるツールチップから実際の装甲値およびダメージ軽減率を確認しよう。

シールド(Ver.1.8.0) Edit

名前種類消費
電力
コストシールドHPシールド回復
デフレクターS2.5220+1.2
M5440+2.4
L10880+3.6
改良デフレクターS3530+1.8
M61060+3.2
L1220120+4.6
シールドS7.5445+2.4
M15890+4.0
L3016180+5.6
発展型シールドS10570+3.0
M2010140+4.8
L4020280+6.6
ハイパーシールドS12.56105+3.6
M2512210+5.6
L5024420+7.6
不可解なデフレクターS157.5150+4.6
M3015300+6.6
L6030600+8.6
サイオニックシールドS1515150+4.6
M3030300+6.6
L6060600+8.6
コメントシールドはHPの残る限り船体値の代わりに攻撃を受け止めてくれる。
シールドは非戦闘時に自然回復するが、シールド蓄電器がなければ戦闘中は回復しない。
シールドをすり抜けてしまう宙間魚雷やシールドに高いダメージボーナスを与える陽子魚雷等には弱い。
また電力を膨大に消費するため高位のリアクターが多く必要になるために機体コストが高くなってしまう。
不可解なデフレクターはリヴァイアサンの謎めいた要塞の報酬の一つであり、PSIシールドはシュラウドで手に入れることができる。

エネルギー源(Ver.1.8.0) Edit

名前種類発電量コスト
原子炉S105
M2010
L4020
核融合炉S1510
M3020
L6040
常温核融合炉S2015
M4030
L8050
反物質反応炉S2520
M5040
L10080
ゼロ点反応炉S3025
M6050
L120100
不可解なパワーコアS3530
M7060
L140120
コメント艦船を動かすために必要なエネルギーを作り出す発電システム
武器やシールド、その他システムは全て電力を消費し、発電機でそれ以上のエネルギーを生産する必要がある
高レベル兵器やシールドをたくさん搭載するには高位のリアクターが必要になるだろう。
不可解なパワーコアはリヴァイアサンの1つ、謎めいた要塞の報酬の一つ。
またVer1.8.0時点で大型常温核融合炉のみコストが中型の倍になっていない(バグの可能性あり)。

装備品(Ver.1.8.0) Edit

名前種類消費電力コスト効果
結晶含有装甲A010船体値+5%
結晶鍛造装甲A020船体値+10%
再生加工船体A015毎月船体値回復+2%,戦闘中船体値回復
シールド蓄電器A205シールド回復+50%,戦闘中シールド回復
アフターバーナーA104戦闘速度+25%
発展型アフターバーナーA206戦闘速度+50%
不可解なエンコーダーA105回避+15
不可解なデコーダーA105命中率+5,追尾+5
コメントAスロットに装備することで様々な追加効果を発揮させる
装備品の効果はその効果に関わらず複数装備すれば重複する。例としてはシールド蓄電池2つあればシールド回復量は+100%され、結晶鍛造装甲が2つあれば船体値は+20%される。
不可解なエンコーダーとデコーダーははリヴァイアサンの謎めいた要塞の報酬の一つ

装備の戦略 Edit

いくつか、覚えておくと有用なことを記載する。

足せば足すほど加速度的に強くなるパラメータ Edit

例えば普通のレーザー武器は、2倍の数を積めば火力が2倍になる。 これは当たり前。
しかし一部の装備には、2倍積むと2倍よりもっと強くなるようなものがある。

  • 装甲
    装甲は、ダメージ軽減率が75%を超えるまでは装甲値とダメージ軽減率が比例する(75%を超えても比例のままだが、軽減率の上昇が半減する)。
    そのため、装甲はダメージ軽減率が75%に達するまでは積めば積むほど効率が良くなる。 元のダメージ軽減率が高い戦艦などで顕著。
    もちろん装甲貫通特化武器にはあまり効かないので一長一短の面はあるが、それでも積むほど効率がよくなるという性質は同じ。
  • 回避
    対低追尾武器限定ではあるが、命中値からの引き算を行なう関係上高回避になればなるほど1%あたりの影響が強力になる。
    100%の命中率が95%になっても大して変わらないが、10%の命中率が5%になれば被ダメージが半減である。
    もっとも意図して上げる手段がほとんどないので、あまり意味はない。
  • ミサイル・魚雷・爆撃機
    敵の対空砲の火力分だけ撃墜されてしまうため、対空火力の範囲内では大して強くならないのだが、
    敵の対空火力の限界量を突破すると途端に強くなる。 これらの武器は中途半端に積むのではなく、特化を目指して大量に積むのが正解だろう。

射程を合わせる Edit

Ver.1.8から艦船ごとにXスロット兵器を除き同一対象に対して攻撃するように変更されているが、対象が射程内にいない場合は射程内の異なる対象を攻撃するようになっている。
そのため火力の分散が起きやすく効率が悪くなってしまう。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • コメントページを別に作りました -- 2017-10-26 (木) 18:00:31
    • 前バージョンのコメントはコメントページに移動させました。 -- 2017-10-26 (木) 18:02:40
  • 序盤の動き方についてはミサイルか実体弾レーザーどれか一つに研究を絞った方がいい。個人的には実体弾。攻撃可能距離は他に劣るが、AIに対しFLT後の戦闘を作為的に起こせば同等戦力でも全滅は避けれるので。 -- 2017-11-05 (日) 15:12:28
    • 俺はレーザーの方がおすすめかなー。装甲が少ないコルベットや駆逐程度ならともかく、戦艦が出てきても通用する汎用性の高さがいい。実体弾系はどうしても装甲に弱すぎるのが問題だな。ターゲットもシールドに分散しやすいし。てか攻撃可能距離はミサイル>マスドラ>レーザーだし、実体弾は攻撃可能距離は劣らないだろ。 -- 2017-11-05 (日) 17:17:05
    • Xスロット解禁まではレーザー前提で進めるのが効率いいんじゃないかな? -- 2017-11-06 (月) 16:58:39
  • ↑単純に初期武器の系統が無難な性能してるというのと派生で高射程の対シールド武器&低射程高威力の対装甲武器という組み合わせがやりやすい。(陽子魚雷+プラズマのコルベットとか)いや、 -- 2017-11-06 (月) 17:02:53
    • このゲームで重要なのは基本的に対装甲能力。対シールド兵器はそれを補佐する役割でしかない。陽子魚雷は消費電力高すぎてコスパ悪い+コルベットが現状ほぼ死んでるから微妙だな。レーザーは対装甲もそれなりにあって、シールドにも弱くないから対シールド兵器で補佐しなくても十分な効果を発揮できるから強い。最終的には対シールド兵器で補佐したプラズマの方が使い勝手は良くなってしまうけどね。 -- 2017-11-07 (火) 00:15:30
      • 陽子魚雷は巡洋艦に1門だけ搭載するといいよ。対シールド火力を補える上に戦艦を優先して攻撃するようになる -- 2017-11-12 (日) 21:05:26
      • おー、それ面白そうだなー!と思ってattackallfleetsやってみたけど大型実体弾砲と比べても何とも言えない感じ。接近してから強いシールドなら実体弾砲の方が遠距離で撃ち負けないから強くて、逆に装甲構成になると中性子魚雷の方が相性よさそう? なんにしても中性子魚雷使うならセットになるSスロットが鬼門だからドローンレーザーがほしいところね。 プラズマは弱体化で特にM以下が微妙になったからなあ。 あとは戦艦につながらない中性子魚雷をわざわざ開発する必要を感じるかどうかね。 -- 2017-11-12 (日) 23:15:25
  • 大分見やすくなった.お疲れ様です. -- 2017-11-29 (水) 04:30:59
  • 出先なのでとりあえずコメントだけ。ブラズマなどでターゲッティングが示唆される内容になっているけど、X以外の兵器は艦船ごとにターゲッティングするようになっているので(ver.1.8から)誤った情報になってしまっています。 -- 2017-11-29 (水) 11:24:20
    • 目についた範囲でターゲッティングについて削除or修正。先頭の種類別特徴や曖昧な表現も修正しました。 -- 2017-11-29 (水) 20:58:31
    • 艦船ごとにターゲティングってもうちょっと具体的にどういう意味? 敵の艦船? 味方の艦船? -- 2017-11-30 (木) 00:28:23
      • 以前なら同じ艦に実体弾砲とプラズマを積んでいてもそれぞれが違う敵を攻撃していたのが、Ver.1.8からは同じ敵を攻撃するようになった。そのときその艦が搭載している兵器のバランスによってターゲッティングのアルゴリズムが変わる。例えばディスラプターばかり積んでればシールドをはがし終わったら別の艦を攻撃するけど、プラズマ5にディスラプター1程度ならシールドはがし終わった後もそのまま同じ対象を攻撃し続ける。ただしその中にXスロット兵器は含まれず、Xスロット兵器のみ独自のターゲッティングを行っている。参考動画参考記事。 -- 2017-11-30 (木) 00:51:24
      • あ、参考動画まちがえた。こっちが正しい参考動画。 -- 2017-11-30 (木) 00:52:56
      • へぇーなるほどなるほどありがとう -- 2017-11-30 (木) 05:56:06
  • なんか戦艦の特徴の最後にシールドを悪く書きすぎているから修正したんだが戻された。確かに効率は良くないが相手次第でシールド乗せた方がよっぽど効率よくなる例が多いから今の書き方は行き過ぎているから修正する方がいいと思う。 -- 2017-12-01 (金) 22:39:48
    • というわけで改めて更新、ついでに表記ゆれ等の修正含めて書き換えました。 -- 2017-12-02 (土) 19:27:07
  • プラズマ投射砲について弾速が遅くて云々と追記がありましたが削除しました。現バージョンまでミサイル以外の兵器は着弾にタイムラグがなく、弾のエフェクトは遅れて表示されているだけです。なので弾速が遅いから無駄が発生している、ということはありません。 -- 2017-12-03 (日) 10:05:07
    • その他複数で実態と異なる内容やあいまいな表現などがあったので修正しました。 -- 2017-12-03 (日) 11:02:47
  • 採掘レーザーのコメントを分かりやすいように少し修正しました。 -- 2017-12-28 (木) 20:42:33
  • シールドに対する魚雷の効果を修正 -- 2017-12-28 (木) 20:46:35
  • レーザーやプラズマキャノン主装備でシールド軽減を何とかしたい時は対シールド補助武装として何がいいんかね?とりあえず駆逐艦とかコルベットにディスラプター載せたり、巡洋艦に光子魚雷のっけてみたりしてるが… -- 2018-02-08 (木) 12:06:15
    • ディスラプターはあまりにも通常火力が低すぎるからマスドラ系か大型実体弾砲がおすすめ。陽子魚雷は弱くはないけど、巡洋艦がそもそも強くないのと他の艦のターゲットが揃わないから意味がない。てかレーザーオンリーで十分シールドは突破できるけどね。 -- 2018-02-08 (木) 18:23:54
      • ありがとう参考になった。ディスラプターは下ろしてみるよ。陽子魚雷意味ないんか…… -- 2018-02-09 (金) 00:50:20
      • 陽子魚雷は相手がシールド多くて紙装甲の時は非常に優秀なんだよね(異次元艦隊やコンティンジェンシー)。ただ、発射間隔が長すぎるからシールドHP回復に弱くて他の武器を補助するのに向いてないという。艦ごとにターゲッティングすることと合わせて現環境と合ってない感じ。 -- 2018-02-09 (金) 07:08:43
    • も戦艦は戦艦、巡洋艦は巡洋艦みたいに同サイズ艦を優先的に狙う設定(コルベのみ大型艦優先設定)があるから、プラズマ種装備の艦が戦艦ならシールド破壊用の艦も戦艦にしないといけないと思う -- 2018-02-09 (金) 00:37:36
    • 各船は射程内で一番自分が火力を出せる相手を選ぶので、ディスラプター艦もシールド持ちがいる限りはきちんと活躍できるからアリだと思うよ ただディスラプター艦の比率上げすぎると効率悪そうだけど -- 2018-02-09 (金) 00:39:08
      • ディスラプターの問題はほかにもあって、シールドの一番強みであるシールドHP回復をカバーできないこと。実体弾系なら回復したシールドを削りつつ、シールドHPの回復が少ないなら船体値も削れるが、ディスラプターだと船体値までダメージを届けられないことが多すぎる。そしてシールド削りに専念するということはシールドの強みであるシールドHP回復効果を最大限発揮させるということ。対シールド艦を分けるより、対装甲兵器の中に対シールド兵器を混ぜる方が効率よく船体値を削ることができる。 -- 2018-02-09 (金) 06:59:36
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White