Top > 戦争
HTML convert time to 0.003 sec.


戦争

Last-modified: 2017-12-02 (土) 10:26:37

Ver1.8.0

Stellarisの戦争は宇宙艦隊同士が星系内で戦闘を行う宙間戦闘、地上軍同士が植民地の地表で戦闘を行う地上戦の2種類がある。
戦争の流れとしてはまず宙間戦闘で相手の艦隊を叩き、残った艦隊で敵の植民星を爆撃して惑星の防御を削ぎ、そこに地上軍を送り込んで占領する、というものになる。
戦争は和平交渉がまとまるか、どちらかが消滅するまで続く。なお戦争の終結権限を持つのは、直接宣戦布告した帝国・された帝国のみである。

宣戦布告 Edit

戦争は、通常は一方の帝国(侵攻側)がもう一方の帝国(防衛側)に対して宣戦布告を行うことで開始される。
この外交行動は瞬時に伝達され、防衛側の返答が待たれることはない。
宣戦布告に際して、侵攻側は初めに戦争目標を定める必要がある。(後述)
また防衛側は、開戦後に侵攻側と同様に戦争目標を定めることができるが、これには時間制限がある。

戦争目標 Edit

戦争を始める側は、開始時に必ず戦争目標を設定する必要がある。
これは戦争の結果として求められるもので、平たく表現すれば敵国につきつける要求である。

戦争目標には主なものに

  • 惑星(植民地)を譲渡する
  • 惑星(植民地)を解放する(=それらの惑星で自国に親和的な独立国を建国させる)
  • 惑星(植民地)を"浄化"する
  • 従属国を解放する
  • 従属させる(属国/進貢国)
  • 国内政策の変更を強要する
  • 屈辱を与える
    などがあり、それぞれに戦勝点コストが定められている。(戦勝点については後述)
    戦勝点コストの合計が100を超えるような戦争目標を設定することはできない。
    この上限はいかなる手段をもっても引き上げられないが、テクノロジー伝統によってひとつひとつの要求の戦勝点コストを引き下げることは可能。
    また、志向政策によっては選ぶことのできない要求も存在する。
    戦争目標は一度定めると変更することができない。
    しかし、和平交渉の際に全てを実現せず、一部の要求のみを突きつけることはできる。
    そのため、最初の要求時には上限の許す限り多くの目標をたてておいた方がよい。

戦勝点と和平交渉 Edit

戦勝点 Edit

戦勝点は、戦争を優勢に進めることによって得られる点数のことであり、帝国の戦果を表す。
戦勝点は以下の行動によって獲得でき、最大100点まで累積されるが、逆にこちらの帝国が以下の行動を受けると同量マイナスされる。

  • 宙間戦闘に勝利する(艦隊、ステーション、要塞など相手は問わないが獲得点は異なる)
  • 地上軍を降下させ、植民地を占領する(軌道爆撃だけでは戦勝点は得られない)

和平交渉 Edit

宣戦した帝国/された帝国は、画面右下の「進行中の戦争」アイコンからいつでも和平交渉を開始することができる。
和平交渉画面では左右にそれぞれの帝国の戦争目標が表示され、どの要求を突きつけるか、あるいは受け入れるか選択することができる。
ここで、選んだ要求の戦勝点コストの合計値が現在獲得している戦勝点を上回っている場合、要求が呑まれることはない。
また、開戦直後である、まだ戦力に余力を残している、有力な同盟国が存在するなどの条件は、和平交渉をまとまりにくくする。

降伏 Edit

どちらかの帝国が、艦隊を全滅させられる、主要惑星をほぼ制圧されるなど、圧倒的不利な戦局になった場合、相手に対して降伏する場合がある。
これは現状の戦勝点に関わらず、相手の戦争目標を全面的に受け入れる行動であり、戦勝した帝国は要求の全てを実現できる。
NPC帝国は、勝ち目がないと悟った場合、戦勝点が60程度しかなくても降伏してくる場合がある。

コメント Edit

  • 更新ありがとうございます。 -- 2017-10-04 (水) 20:12:30

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White