Top > > b

東方永夜抄/不具合

Last-modified: 2016-12-30 (金) 09:36:58

最新版でも発生する不具合 (ver 1.00d) Edit

custom.exe「描画1/2」「描画1/3」が正常に機能していない Edit

内容 Edit

  • 「描画1/2」を選択しても描画回数は1/2にならず、毎回描画される。処理も軽くならない。
    また、これを選択していると画面右下のfps表示がおかしくなり、最大で120fpsと表示される。
  • 「描画1/3」を選択すると描画回数は削減され処理も軽くなるが、1/3にはなっていない。1/2か、1/2と1/3の間?
    また、これを選択していると画面右下のfps表示がおかしくなり、最大で90fpsと表示される。

どちらの場合も、選択すると処理落ち率が正常に記録されない。
実際の処理落ち率よりも非常に低い値で表示される。
そのため、この値からはどの程度処理落ちが発生していたかの判断もできない。

対処法 Edit

なし

備考 Edit

効果が無く、バグによる弊害だけがある「描画1/2」を選択する必要はない。
処理を軽くしたい場合は「描画1/3」を選択するとよい。
処理落ち率が非常に低い値で記録される点に関しては、普通に遊ぶだけであれば気にする必要はない。
ただし、シビアにスコアを狙うような場合には、本来の処理落ち率を意識するとよい。

なお、実際に処理落ちが発生しているかどうかを判断すること自体はできる。
例えば「描画1/3」の場合、表示されているfpsが90のまま微動だにしなければ処理落ちしておらず、
それより低い70や40といったあたりをフラフラしているようなら処理落ちしている。
描画1/3使用時に自分の環境が処理落ちしているかどうか確認するには、
描写の激しいスペルカードアタック(デフレーションワールドや徐福あたり?)の
スペルプラクティスでFPSの変動を見てみるのが良い。

一部スペルの判定がStory Modeとスペルプラクティスで異なる Edit

内容 Edit

月眼「月兎遠隔催眠術」
Story Modeよりも、プラクティスの方が当たり判定が若干大きい。
「蓬莱人形」
Story Modeではフェニックスの部分に当たり判定があるのに、プラクティスだとなくなる。

対処法 Edit

なし

ボスの落とすアイテムの数が減る Edit

内容 Edit

Stage4A、Stage4Bにて、中ボスが使う2番目のスペルカードアタックのアイテム数が、32から17に減少する。

対処法 Edit

とどめのショットは使い魔に当てる。
本体に当てる場合、ショットを少なめにすると良い?

スペル撃破時の挙動がStory Modeとスペルプラクティスで異なる Edit

内容 Edit

各ステージラストスペルを除いた最終弾幕は、
Story Modeだと、「使い魔消滅&刻符巻き込み、約1秒間双方無敵、ボーナスアイテム回収&敵弾ボーナス」
という流れになっている。
一方スペルプラクティスでは、他の弾幕と同様、
「即時敵弾ボーナス、使い魔消滅&刻符巻き込み、ボーナスアイテム回収」という流れになっている。
このため、スペルプラクティスでは同じ弾から刻符と敵弾ボーナスを両立出来る。

対処法 Edit

なし

一部の曲にノイズが乗っている Edit

内容 Edit

見出しのとおり、以下の曲、およそ以下の部分にノイズが乗っている。
これは、再生する側ではなくWAVファイルそのものにノイズが掛かっている。

プレインエイジア0:34.905、0:59.841
ヴォヤージュ19691:23.201、1:23.320
夜雀の歌声 〜 Night Bird1:22.700
狂気の瞳 〜 Invisible Full Moon0:41.450、0:41.550
エクステンドアッシュ 〜 蓬莱人0:13.603、2:18.534
Eternal Dream 〜 幽玄の槭樹0:56.359

対処法 Edit

非公式のパッチを使用することで改善可能。
http://garakuta.homelinux.org/~nosuke/tsubo/index.php?%C5%EC%CA%FD%B1%CA%CC%EB%BE%B6%2FBGM%A4%CE%A5%CE%A5%A4%A5%BA

妖率が+80%以下であるにも関わらず、ショットが赤くなる Edit

内容 Edit

アリス単体のみ発生する。
妖率を+80%以上にし、赤くなった状態のショットを撃ったまま妖率が+80%未満まで下がっても、
サブショットの色が赤いままで元に戻らない(メインショットの色は元に戻る)。

対処法 Edit

低速ボタンを入力する。
またはショットボタンを離す。

誤表記 Edit

内容 Edit

  • マニュアル「3.プレイヤーキャラ紹介」内のページの「西行寺 幽々子」にて、
    「人間側が半分しかない」と記載されているが、
    単体時には人間側は半分にならないため、そのようなことはない。
  • マニュアル「6.プレイヤー選択画面」内の「■スペルカード選択(SpellPractice選択時)」
    にて、「本編で一度も見ていないカードは?????で表紙され、挑戦できません。」と記載されているが、
    正しくは「表示され」である。
  • マニュアル「7−は.システム スペルカード」内の「●6.プレイヤーのスペルカード」にて、
    「結界の閉じる速度は、ボムのストック数、及び刻符の取得数に比例して遅くなります。」
    と記載されているが、そのようなことはない。
  • マニュアル「7−ほ.システム 刻符と時刻」内の「●10.刻符」にて、
    刻符の出現条件が記載されているが、
    その中に「逢魔が時に敵を倒す」が抜けている。
  • 同ページ内の「●11.時刻の進み方」にて、
    クリア時のランクに「丙」があると記載されているが、
    「丙」は体験版にのみ存在し、製品版では「甲」と「乙」の2種類である。
  • マニュアル「7−へ.システム 妖率」内にて、
    得点アイテムの得点が妖率に応じて変わると記載されているが、
    人間逢魔が時以外では変化しない。
  • 同ページ内の「●12.妖率」にて、
    妖率が(正、もしくは負の方向に)増加する条件が記載されているが、
    その中に、妖率が妖怪側に近づく条件として「妖怪操術時に敵弾にかする」が抜けている。
  • マニュアル「7−と.システム 各種ボーナス」内の「◇得点アイテムボーナス」にて、
    「現在の最高得点は、妖率ゲージの上に書かれている点数ですが、逢魔が時になっていないと、その点数は得られません。」
    と記載されているが、逢魔が時になっていなくても常に最高得点を得られる。
  • 同ページ内の「◇敵弾消しボーナス」にて、
    「また、使い魔による敵弾消しと同時に起こった場合でも、両方点数が入ります。」と記載されているが、
    各ステージ内のラストスペルを除いた最終弾幕では得られない。
  • 同ページ内の「◇かすりボーナス」にて、
    妖率に応じてかすり回数が二倍、三倍になると記載されているが、
    カウントのみが二倍、三倍となっており、素点は一回分しか得られない。
  • マニュアル「7−ち.システム 小ネタ」内の「◇使い魔のエフェクトについて」にて、
    「使い魔が常に背負っている魔方陣は3種類存在します。」と記載されているが、
    正しくは「4種類」である。
  • 不具合ではなく意図的に行っている可能性もあるが、曲コメントにて、
    No.11 シンデレラケージ 〜 Kagome-Kagome
    No.14 千年幻想郷 〜 History of the Moon
    この二つの最後の行が一致している。

最新版では修正されている不具合 Edit

クリックで展開

体験版で発生する不具合 Edit

クリックで展開