Top > > 4

東方紺珠伝/Stage4

Last-modified: 2017-10-13 (金) 12:20:19
Stage3≪    ≫Stage5

道中は粗い自機狙い弾、速度の速いレーザーと、事故りやすいので注意。

ボスが用いる陰陽玉は全てボスの体力と連動しており、陰陽玉に与えたダメージはいくらかフィードバックする。
ボス自身の体力もかなり低めに設定されているので、基本的にはどの弾幕も1ボム程度あれば安全に突破可能。
特に、陰陽玉ごと本体を貫通して攻撃できる鈴仙は相性が非常にいいと言える。
一方、早苗は集中ショットが強制的に陰陽玉に吸い寄せられるため、拡散ショットも上手く併用する必要がある。
ある意味早苗殺しと言えるが、拡散ショット自体は広範囲の陰陽玉をまとめて殲滅できる高い性能を持つため、
高速メインの避け方に慣れさえすれば実際そこまで相性が悪いわけではない。

弾幕は通常とラスト以外はそこまで難しいものはなく、体力の低さも相まって、強敵揃いの紺珠伝ボスの中では比較的マシな部類。

道中1 Edit

チャプター 1/3 Edit

粗い自機狙い五方位弾を撃つ陰陽玉が現れる。
陰陽玉の数はN以下で4個、H以上で8個。
高難易度ほど自機狙いが粗い。

チャプター 2/3 Edit

レーザーを放つ陰陽玉が現れる。
レーザーの最初の角度は全て自機依存なので小さくチョン避けしていればかわせる。
ただし、自機の場所を撃つまでにかなりのタイムラグがある上、
出現して暫くすると動くものは狙いがずれていくので注意。
高難易度ほど陰陽玉の数が多い。

チャプター 3/3 Edit

荒い自機狙い弾を撃ってくる赤陰陽玉、自機狙い三方位弾を撃つ緑陰陽玉、自機狙いの光弾を撃つ緑陰陽玉が現れる。
これらはN以上で、打ち返しにかなり荒い自機狙い米粒弾を撃ってくる。自機付近で倒すと打ち返しが避けづらくなるので注意。

自機狙い三方位弾は、Eでは間隔が狭いので大きく避ける。
N以上では間に入って打ち返しに気をつけつつ避ける。また、ノーショットならばチョン避けだけで突破可能。

中ボス通常攻撃(稀神サグメ) Edit

陰陽玉が札弾を出しながらサグメの周りを回り、やがて画面外へ移動する。
陰陽玉を破壊すれば札弾の密度は低くなる。
陰陽玉が画面外に移動する際に破壊できていないと急な角度で重なった札弾が飛んでくる。
札弾の流れに沿って避けると良い。

撃破後ボムを落とす。

道中2 Edit

チャプター 1/2 Edit

右上から陰陽玉が現れ、赤鱗弾を飛ばしてくる。真下で速攻推奨。
その後は全方位レーザーを放つ陰陽玉が現れる。
レーザーは自機外しのあと一瞬遅れて自機狙い(Eは自機外しのみ)。全てちょん避けだけで回避可能。

チャプター 2/2 Edit

道中1チャプター1で出て来た陰陽玉6体×4セット。
数が多いのも合わさって高難易度で優曇華、魔理沙だと苦戦を強いられる

ボス通常攻撃1(稀神サグメ) Edit

中ボス通常攻撃と似ているが、傾きの異なる弾列が二種類ある。N以下では弾列が交差する。
N以下はサグメの下で普通に避ける。
H以上では、流れに沿って避けるとすぐに画面端に追いやられてしまうので、弾列を抜けてかわすと良い。

玉符「烏合の呪」(E/N)
玉符「烏合の逆呪」(H)
玉符「烏合の二重呪」(L)
Edit

少し時間が経過すると自機狙い弾になる札弾を出しながら陰陽玉が落ちてくる。
H以下では本体から固定光弾が発射される。Lでは発射されないが、陰陽玉が二重に連なって発射される。
サグメの下辺りで真上の陰陽玉を破壊しつつチョン避け。
陰陽玉が先に落ちる方向に向かって避けつつ破壊していけば詰みにくい。H/Lでは場合によっては上下移動も加えつつ避ける。

ボス通常攻撃2 Edit

中ボス通常攻撃と大体同じ。中ボス通常攻撃に比べて札弾が垂直な角度で飛んでくるため、若干避けやすい。

玉符「穢身探知型機雷」(E/N)
玉符「穢身探知型機雷 改」(H/L)
Edit

自機の周りに出現した陰陽玉が自機にまっすぐ向かってくる。
陰陽玉は破壊されるか時間が経過すると青米粒弾の塊を残していく。
N以上で時間経過で青米粒弾が出た時、同時に青札弾も放たれる。
画面下で待機し、陰陽玉が来たら上へ移動、反時計回りに陰陽玉を避けるか、最初から反時計回りでサグメに撃ち込むと良い。

Normal安置

ボス通常攻撃3 Edit

通常攻撃2に似ているが、弾数が格段に増え、密度が高くなっている。レガシーではボム推奨。

玉符「神々の弾冠」(E/N)
玉符「神々の光り輝く弾冠」(H/L)
Edit

破壊されると札弾を出す金色の陰陽玉を全方位に放つ。時間経過で激しくなる。
陰陽玉に遮られてダメージを与え難いが、本体の体力自体は極めて低い。魔理沙・鈴仙だと速攻で撃破可能。
早苗の場合、低速メインでは殆どダメージを与えられず、かといって高速メインでは撃ち返し弾の密度が凄まじいことになる。後述の安置を用いるのが最も無難。

安置

「片翼の白鷺」(E/N/H/L) Edit

画面中央左へ移動→レーザーを放ちながら右上へ移動→画面中央右へ移動→レーザーを放ちながら左上へ移動、を繰り返す。
レーザーの軌道は敵依存の固定弾幕。サグメの最初の移動距離によって変化がある。画面下端より少し上は僅かに薄くなるため、上下移動も交えて避けると若干楽か。
レーザーは敵正面ほど角度変化が小さく、ある程度纏まっているため、なるべく敵の移動に沿いつつ一本のレーザーを回避…という感覚を意識すると避けやすい。
Lはサグメの移動が速く、撃ち込みにくい上に大量のレーザーが降ってきて難しい。相応の避け能力が求められるだろう。

 
Stage3≪    ≫Stage5