Top > > 5

東方天空璋/Stage5

Last-modified: 2017-10-10 (火) 18:50:41
Stage4≪    ≫Stage6

道中は自機狙いと撃ち返しが多めだが、弾道の規則性は低くやはり事故を誘発しやすい。
全体的にショット範囲の狭い機体は苦戦を強いられるのでボムは惜しみなく使っていく。

ボスは2体同時戦闘で、最初と2枚目のスペルは通常の撃破相手によって分岐あり。
弾速が速めかつ変則的な軌道の弾幕が多いため、難易度・事故率ともに非常に高い。パターン化で安定するスペルも少ない。
弾密度自体は全体的にやや薄めだが、裏を返せば季節解放をあまり活用できないと言うことでもある。
ボムで突破できる場面では決めボムを、解放が有効な場面ではガンガン解放していき、とにかくまともに弾を避けないよう立ち回りたい。

道中1 Edit

開幕の陰陽玉は粗い自機狙い+撃ち返しで正確な自機狙い。
左下で待機し、粗い自機狙いを打ち始めたら反時計周りに画面全体を大きく回ると安定する。

ステージタイトル表示後に陰陽玉3波。
左右どちらかの端で前に出て、陰陽玉を倒しつつL字を描くように反対側の下端に逃げ込み、
撃ち返しが避けられないなら季節解放。撃ち漏らしがあればボム。
Eでは左右端は撃ち返しに対する安置になっている。

次に怨霊地帯。
N以下では怨霊の設置した弾はまっすぐ落ちていく。自機の前の怨霊を倒しておけば安全。
H以上では設置した弾が自機狙いになる。左右どちらかに寄って自機より左/右の怨霊を倒しきる。
自機狙いは季節解放で切り返し、きつくなったらボム。
季節解放とボムが使えない状況では、画面左上辺りから少しずつ自機狙いをちょん避けしていき画面全体を回り切って抜ける。

陰陽玉は角度のみ自機依存の固定レーザー。
大量のレーザーが来る所で季節解放かボム。高難易度や夏装備は季節解放の無敵時間を過信しない方が良い。
ここは避けられる人とそうでない人で大きく違ってくる。
最小限の動きでかわして真ん中にいれば最後は当たらないのだが、慣れないうちはそれがとても難しい。
最後は交差してくるので、真ん中は絶対に安全。避けられる人にとっては虚仮脅しに過ぎない。

中ボス前の怨霊地帯は粗めの自機狙いが大量にばら撒かれる。ボム推奨。
N:ボムが使えない場合、大きく動いてでも怨霊を倒して弾数を減らした方が避け易くなる。
左上から下に行き、時間を稼いで、最後に、右の怨霊が一番下まで来ないうちに
遅すぎないタイミングで一番下を一気に右に行くと、当たる前に弾が消える。
動き方がよければ右に行った後上にすぐ出られるぐらい。
H以上でも基本的な避け方は同じだが、弾量が非常に多くなるため移動は最小限に留める。

中ボス通常攻撃(爾子田 里乃) Edit

斜め軌道の緑札弾の後に自機狙いの紫中弾を放って来る。
角速度が大きいので下がり過ぎると戻って来る札弾に轢かれる。

Eでは戻って来る弾に轢かれないよう少し前に出ることだけ意識して流れに沿ってかわせばOK。

Nでは前に出て札弾の流れに沿って中に入り、弾が一列に揃ったら上に抜ける。H以上よりも難しいのでボム推奨。

H以上では交差する札弾の隙間に入って、札弾の射出角度の変化と共に少しずつ下がっていく。
札弾や中弾が避けられなくなったら季節解放。最初からボムでも良い。
Lでは札弾が速いため、軌道は読みにくいが中弾が同時に来ることはない。

これを撃破すると1UP貰えるので絶対に時間切れはしないように。

道中2 Edit

早回しでレーザーをばら撒く陰陽玉が出現。

米粒弾を展開する向日葵妖精が中央に2回、次いで左右対称に2匹同時に3回現れる。
最後の片方1匹を除いて速攻。上手く行かなければ季節解放かボム。
敵の出現にあわせるように季節解放を当てるのも有効。特に夏。

最後に陰陽玉地帯。
撃ち返しは正確な自機狙いなので左右どちらか一方向に移動しつつ、粗い自機狙いを避ける。
撃ち漏らすと厳しいので、攻撃範囲の狭い機体は無理せずボム。
或はあえて撃ち返しを避けてノーショット。

ボス通常攻撃1(丁礼田 舞&爾子田 里乃) Edit

ジグザグに飛んでくる紫札弾(舞)と斜め軌道で飛んでくる緑札弾(里乃)。
舞と里乃どちらかを倒せば次のスペルに移行する。どちらを倒すかによって次のスペルが変わる。
この通常攻撃に限り、里乃の方が体力が低く設定されている。

紫札弾の流れに沿いつつ、緑札弾の列を抜ける。
舞の下だと自機の周囲で紫札弾が曲がるうえ、緑札弾がほぼ真横から来るので、里乃の下で避けることを推奨。
次スペルも季節開放前提なら里乃の方が易しい。

竹符「バンブースピアダンス」(E/N)
竹符「バンブークレイジーダンス」(H/L)
Edit

ジグザグに飛んでくる紫札弾と直線レーザー。
通常攻撃1で舞を倒した場合こちら。

レーザーと同時に次に飛んでくる札弾の方向も変わるので、これらが来るのに合わせて季節解放。
直線レーザーはかなり画面に長く滞留するので、季節開放でも消しきれない場合がある。
滞留するレーザーのせいで、以降のレーザーと札弾の発射周期も大幅にズレる。決めボム推奨。

茗荷「フォゲットユアネーム」 Edit

斜め軌道で飛んでくる緑札弾とへにょりレーザー。
通常攻撃1で里乃を倒した場合こちら。

舞のスペル同様、レーザーと同時に次に飛んでくる札弾の方向も変わるのでこれらが来るのに合わせて季節解放。
レーザーはすぐに画面外へ消えるため、解放の無敵時間中に札弾の間に入れば後は流れに沿って避けるだけ。
苦手なら決めボムでも良い。

ボス通常攻撃2 Edit

通常攻撃1と同じくどちらを倒すかで次のスペルが変わる。
通常攻撃1の弾速が上がり自機狙い中弾が追加されたバージョン。
この通常攻撃に限り、舞の方が体力が低く設定されている。

流れに沿って避ければ中弾にも当たらない。
段々2人の攻撃の周期がずれてくるのできつければボム。軌道が読めないなら最初からボムでよい。
次スペルの難易度的にこちらも里乃への撃ち込み推奨だが、後ろからくる弾が苦手なら舞狙いでも良い。

笹符「タナバタスターフェスティバル」 Edit

通常攻撃2で舞を倒した場合こちら。
不規則なジグザグを描きながら落ちてくる星弾。
軌道が非常に読み難く難しいので、ボム推奨。

冥加「ビハインドユー」 Edit

通常攻撃2で里乃を倒した場合こちら。
楔弾が降って来て画面下端で自機狙いに変化する。
基本的に楔弾だけを見て左右どちらか一方に避けていく。切り返しの際は季節解放が有効。

夏装備の場合:上からの楔弾に注意しつつ、ボス前で解放×3。自機狙いが来る前に撃破。

ボス通常攻撃3 Edit

どちらかを倒せば次のスペルに移行するが、どちらを倒しても次のスペルは変化しない。
里乃と舞が上下に並び、弾速遅めのジグザグ紫札弾と斜め軌道の緑札弾を撃つ。
最初は2種の札弾が同じ向きに流れるが、徐々に舞と里乃の攻撃の周期がずれていく。
ずれて来たら紫札弾に沿って緑札弾を抜けることを推奨。前2つの通常に比べると弾速が遅い分、軌道は読みやすい。

舞符「ビハインドフェスティバル」 Edit

ジグザグ星弾+画面下で自機狙いに変化する楔弾。前の2スペルをそのまま合わせたような弾幕。
ただでさえ軌道の読み難い星弾に楔弾と自機狙いも加わり、とてつもなく難しい弾幕。ボム推奨。

夏装備の場合:ボス前で解放を3〜4回で撃破。ただし弾密度が高く事故死しやすいので注意。

狂舞「テングオドシ」(E/N)
狂舞「狂乱天狗怖し」(H/L)
Edit

ジグザグ紫札弾と斜め軌道の緑札弾+直線レーザーとへにょりレーザー。
最初の2スペルをそのまま合わせたような弾幕だが、こちらはレーザー2回につき札弾1回の発射周期。ただし、この周期も時間経過で段々ずれてくる。
1つ前のスペル同様、こちらもかなりの難所。クリア目的ならとにかくボムを惜しまないこと。
春か冬のレベル6季節解放を画面中央付近で使用すると、大量の素点が稼げる。

 
Stage4≪    ≫Stage6