Top > > 2

東方妖々夢/Stage2

Last-modified: 2014-08-14 (木) 18:23:13
Stage1≪    ≫Stage3

道中は気泡の様な物に包まれている妖精よりも、毛玉を優先した方が密度が薄くなる。高難易度では結構重要なので覚えておこう。
橙は2面ボスの中では密度が高い方なので、油断していると詰む。

道中1 Edit

2面で急に出現する妖精には出現予告があって、大きい丸が出現→黄色い小さな丸に分裂→その後出現となっている。
出現が近い場合は、上部回収は行わない方が吉。
 
Lでは、開幕が地味に難しい。
しっかり画面端までを使って弾を誘導しないと速攻で終了するので、冒頭でのアイテム回収には執着しない。
 
その後は「左右からの毛玉」「上部の妖精」がそれぞれ一定ペースで出現しつづける。
両者のタイミングを考慮しつつ、打ち込み&アイテム回収を行っていこう。

中ボス通常攻撃(橙) Edit

道中前半の最後に弾が消滅するが、上部回収を行ってはいけない!
というのも、この中ボスの通常攻撃の緑弾は自機狙いであるため、下手に動くと難易度が上がってしまうからである。
アイテム回収は諦め、落ち着いて緑弾を引きつけたうえで、軽くチョン避けしよう。
その後の弾丸レーザーはランダム。気合で避ける。

仙符「鳳凰卵」(E/N)
仙符「鳳凰展翅」(H/L)
Edit

半交差弾。速度はそれほどでもないので、片側ずつ抜けること。
高難易度だとそこそこ難しいため、結界を使ってかっ飛ばせると吉。

道中2 Edit

中ボスを倒した速度により、この場面の長さが変わる。
これ以降は桜点のパターン化が難しくなるため、積極的にアドリブも取り入れていこう。
 
道中前半と同じく、今度は「上からの毛玉」&「上部の妖精」が一定ペースで出現する。
毛玉は左右交互に出現するため、それを逐一撃墜できるようにすると簡単になる。
最後の妖精弾一斉発射は弾数が多いのでびびるかも知れないが、単なる自機狙いである。

ボス通常攻撃その1(橙) Edit

緑弾は自機狙い。鱗弾と重ならないよう注意。
Lの鱗は画面左端から真ん中に戻るように動いて避ける

Lunatic

式符「飛翔晴明」(E/N)
陰陽「道満晴明」(H)
陰陽「晴明大紋」(L)
Edit

E/Nは二回ごとに弾道が変化し、H以上では一回ごとに弾道が変化する。
交差系の弾幕であるので、こういう弾幕は二種類の弾を同時に見ずに一種類ずつ処理していくこと。
Lは丸弾の密度の薄いところに行くことを意識すると楽かも
また、時符の高速ボムで桜点が2万5千ほどたまるのでボムうっといた方が何かと得

ボス通常攻撃その2 Edit

固定弾&自機狙い→ばらまきの繰り返し。
固定弾&自機狙いは、基本通り固定弾だけを見てチョン避けでOK。
ばらまき弾は下に行けば行くほど速度が速くなるため、積極的に上へと抜けていく。

天符「天仙鳴動」(E/N)
翔符「飛翔韋駄天」(H)
童符「護法天童乱舞」(L)
Edit

天仙鳴動は基本的には薄いところを抜けるだけでいい。橙が次にスタート位置にする部分へ先回りするとより早く終わる。
ちなみに、奇数回目は右から、偶数回目は左から画面上の方に逃げると白弾をほとんど避けなくていい

飛翔韋駄天と護法天童乱舞は完全パターン。やはり薄いところがあるのでそこを抜ける。
橙の動きは自機に依存する
奇数回目の3波(黄色の弾を吐く時)に右寄りにいると、橙が左を通っていくので左右から挟まれて辛いことになるから
左の方で避けること
難関であるため、苦手ならボムを使って終わらせる。2ボムでも構わない。

仙符「屍解永遠」(E/N)
鬼符「鬼門金神」(H)
方符「奇門遁甲」(L)
Edit

速度が異なる鱗弾のばらまき。
基本的には上を見て抜けていけば良いのだが、高難易度モードでは密度が濃いため詰みやすい。
危なくなったらさっさとボムで終わらせるべし。


過去の東方攻略wikiより

 
Stage1≪    ≫Stage3