Top > DS > Str

ダブルスポイラー/基本戦略

Last-modified: 2017-10-28 (土) 10:25:53

前作「東方文花帖」からの変更点 Edit

ファインダーカーソルの可動化
高速時は自機の動きに合わせて左右に振れ、低速時はボスの方向を向く(追尾)
これにより、前作よりも正面を位置取る必要性が減った
回転モードの追加
遠射を狙うときは縦向き、そうでなくとも慣れないうちは縦向きメイン推奨
撮影&低速同時押し状態から低速ボタンを離しても撮影しないように
前作では撮影になった。今回は撮影ボタンを押しなおす必要がある
姫海棠はたてが自機として参入
後述

弾幕の遷移 Edit

ある枚数撮ると、弾の種類が変わるタイプ
今までの弾が消えるので、体勢を立て直すチャンスがある
一枚ごとに徐々に弾が増えていくタイプ
後半ほど細かい制御が要求されるが、避け方を変える必要はない

弾幕のリズム Edit

攻撃に緩急がある
攻撃が緩いときがシャッターチャンス。厳しいときは空撮りで安全を確保する
攻撃が一定
ある程度距離を置いてフィルムを巻き、近づいて写すのが基本

画面内の弾が増えすぎる場合は、空撮り→本命の連射を狙う

弾幕の種別 Edit

  • 奇数弾、自機狙い
  • 回転、振り子タイプ
  • 移動範囲制限タイプ
  • 自機方向バラマキタイプ
  • 全方位バラマキタイプ
  • 回避不可能タイプ(あらかじめカメラで道を作る必要がある)

戦略の補足 Edit

  • 移動して良い時間が限られる
  • 大きく移動し続けないといけない
  • 小刻みにチョン避けしないといけない
  • カメラで逃げ道を作らないといけない

撮影ボーナス Edit

加算系 Edit

Base Point
基本点。範囲内の弾の点数の合計。
Risk Bonus
プレイヤーに近い敵弾の数により加算。+160〜2000
Clear Shot!
ボスが鮮明に写っている。ボスの当たり判定内に弾の当たり判定が無い事。+600
Solo Shot
ボス及びプレイヤーのみで、弾が一切写っていない。+100
Red Shot
同じ色の弾がそれなりに同時に写っていること。+300
Yellow Shot
〃+300
Green Shot
〃+300
Cyan Shot
〃+300
Blue Shot
〃+300
Purple Shot
〃+300
Orange Shot
〃+300
Colorful Shot
3色以上の弾が各々そこそこ同時に写っていること。+900
Rainbow Shot
7色の弾がある程度同時に写っていること。+2100
Macro Bonus
ボスに自機が近いほど高得点。+?〜1000
Front Shot
正面から撮影する。+100
Side Shot
側面から撮影する。+200
Back Shot
背面から撮影する。+300
Cat Bonus
お燐の猫の状態を撮影する。+666

乗算系 Edit

Empty Shot
ボスもプレイヤーも弾も写っていない。x0.00。色んな意味で無意味。
Self Shot!
プレイヤーが写っている。x1.20。ボスは写っていないのでこれが出るなら得点にはならない。
Boss Shot!
ボスが中央に近いほど高倍率。x2.00〜x1.20
Two Shot!
ボスとプレイヤーが写っている。x1.50
Nice Shot!
シャッターチャンス時に撮影。x1.50〜x1.25?
Angle Bonus
カメラの向き。完全な横向き〜完全な縦向きでx1.30〜1.00。プレイヤーの位置が基準で、移動による角度のずれも加味される。はたてはx1.70〜x1.00。

合計 Edit

Result Score
合計点。

姫海棠はたて Edit

LvSPOILERにて、新キャラの姫海棠はたてが敵として現れる。
Scene1〜4をクリアすると今度ははたてが自機となり、更にScene5〜9をクリアすると全シーンではたてが使えるようになる
はたての自機性能は(文基準)

  • フィルム巻きの速度が文の約2倍
    • 総じてフィルムチャージの開始が文よりも高い
  • 高速・低速関わらずカメラがボスを向く
    • 文は高速時にカメラが移動方向を向くが、はたてにはそれがない
  • 遠射能力が低い(画面半分程度)
    • シャッター押しっぱなしの望遠で、撮影範囲の縮小とカーソルの移動速度が殆ど無い
  • 撮影範囲がやや狭い
    • 文のカメラは4:3に対しはたてのカメラは16:9。しかし、最大長は同じなので…
    • ただし、横長で撮影した時の倍率補正(Angle Bonus)は文より高い
      となっている。
      ついでに、はたてのカメラの向きは縦長が初期状態である。

はたてが有利となる場面 Edit

  • ボスに接近する必要があるシーン
  • 連続撮影で多くの弾を消すor速攻する必要があるシーン

はたてが不利となる場面 Edit

  • ボスと距離を取らざるを得ないシーン
  • 弾が自機を四方八方から囲んでくるシーン

移動速度 Edit

単位はドット/フレーム。斜め移動の場合、約ルート2分の1倍になる。

   高速低速超精密
文、はたて5.02.30.5

うまく撮影できない人へ Edit

  • ショットキーと低速キーを同時押しにした状態から低速キーだけを離して撮影してみる(前作ではできたが、今回はできない)
     慣れてきたら同時押しする時間を短くしていけば、割と楽にボスの方を撮れる
  • 空打ちする
     ピンチだと思ったらすかさず速攻でシャッターを切りましょう。
     空打ちしても弾幕の数に応じて文なら最大55%、はたてなら最大75%までフィルムが即回復するのですぐに立て直せます。
  • シャッターチャンスを狙う
     高得点のチャンスでもありますが、空打ち以外で最も弾幕を多く消せるチャンスでもあります。
     ある程度撮影の目安にすると撮影後が比較的楽になります。
  • ラスト1枚は後を考えずに撮る
     最後の1枚を撮ってしまえばクリアなので速攻で敵を撮って終わらせましょう。