Top > Guide > 初心者向けガイド
HTML convert time to 0.049 sec.


Guide/初心者向けガイド

Last-modified: 2017-01-04 (水) 20:46:47

MMO初心者、ToSがはじめての人にむけたページです。

何をしていいのかわからない、どんなゲーム? Edit

  • 様々な要素のある大人数オンラインRPG(MMO)です。
    現在実装されている要素を簡単に説明すると
    ・キャラクター育成 
    (クラスビルドと呼ばれる自分だけのキャラクターを考えながら成長させていく新しいシステムです)
    ・トレハン要素
    (敵からのレアドロップ。または製造書を手に入れ素材を集めて製造などで装備を更新していく仕組みです)
    ・ストーリー    
    (ケルトを代表するような神話、ファンタジーの世界です。単に進めているだけではわからない隠された書物やクエストなどゲームブック的な要素もあります)
    ・生産、流通    
    (露店の開ける職、生産を行える職、装備強化やメンテナンスの行える職があります)
    ・ギルド・戦争   
    (特定の職が開設でき、フィールドに拠点を持てます。そこでは農場を持ったりする事が可能です)
    ・バトル・対人   
    (独自のスキルの組み合わせによって仲間と連携していく戦闘、毎日決まった時間にカジュアルな自動マッチングでの対人戦がおこなえます)
    ・フィールド    
    (様々な探索要素があります。大型ボスが存在したり、ギミックを解くことで宝箱を得られるダンジョンなども存在します)
    ・インスタンスコンテンツ
    (ミッション、ダンジョン、防衛、レイドタイプなどの自動マッチ可能なコンテンツがあります)
    ・アバター     
    (髪型、アクセサリー、コスチュームなどのアバターによってキャラクターの見た目をあなたの好きに変えることができます。)
     
    その他にも沢山の要素があり、実装を予定しているものもあります。
    気軽にフレンドを作ってチャットをしながら冒険をしてみましょう。
     
  • 最初はメインクエストを進めてみましょう!
     
    黄色い旗のクエストが主にストーリーに関わる部分のメインクエストです。
    青い旗はサブクエスト、緑の旗は反復クエストです。
    これをやった方が良いと言えるのは「オルシャ・クラペダ両都市の一番最初のメインクエスト」になります。
    (片方だけを進めるともう片方のレベルによるクエストフラグの解放が確認できなくなってしまいます。雑貨屋には両都市に転送できるスクロールが売ってありますので、それを使用してみましょう)
    そのままストーリーを楽しんでも良いですし、自由に散策してみるもよし、人との交流を楽しむもよし、PTを組んでフィールド狩りでレベルを上げるのもよし、生産職で物を作ったり、露店を出したり、レアドロップを狙ってみたりペットを育成すること等々…
    様々な要素がこのゲームにはありますので自分なりに好きなことを好きに出来そうなクラスを育ててみましょう。
    積極的に色々な人と交流し、ゲームを進めていくと段々とわかることも増えていきます。そうなるとまた自分のしたい事が増えていくかもしれません。
    わからない事や困ったときもどんどんチャットしてみましょう。
     
  • 公開PTリストをチェックしてみましょう!
    PTリスト(公開)を開くと周囲のPTやその説明が確認できます。
    自分で作るのも良いですし、募集から雑談まで様々なPTがありますので定期的に見てみる事をおすすめします。
     

クエストに詰まった、ボスが倒せない Edit

  • シルバーに余裕のある範囲で有効そうなスキルの特性をジョブマスターから上げてみましょう。
    • 例えば「効果時間延長」「特性ダメージアップ」「追加ダメージ付与」など
    • 「ダメージアップ系」はスキル特性の1レベル当たりの上昇値が低く、最大レベルが高めなので注意しましょう。
  • 敵とのレベル差、装備が適性レベルかも確認してみましょう。
    • 敵とのレベル差が大きいと絶大な与ダメージ、被ダメージ補正がかかります。
  • 一番の解決策としては、人とPTを組んで挑むことです。
    • シャウトで助けを求めても良いですし、同レベル帯の人とクエスト目的のPTを作っても良いかもしれません。
 

クラス転職、ビルドがわかりにくいです Edit

キャラクター作成時に決める4つの基本職(ソードマン、アーチャー、ウィザード、クレリック)があります
そこから上位の職業へ転職を繰り返しキャラクターの方向性を決めます。
転職の流れとスキルの割り振りの完成形を「ビルド」と呼びます。

転職の考え方。 Edit

  • スキルは「パーツ」、クラスはパーツを収めた「箱」である。
    • 転職して「箱」を入手し、その中の「パーツ」を選んで自分に追加していく形です。
  • 上位職の転職条件は「転職回数」(ランク)である
    • 各基本職には上位職が2系統x7ランク=14種類(と隠し職)あります。
    • 基本的に該当ランクに達するまで転職回数をこなしていれば転職クエストに挑戦できます
    • よって再修練(後述)をすれば更に上位のクラスに転職できる。ということです
    • 必ず転職ルートが何択かの組み合わせである、既存MMO(RO)などとは考え方が全く違います。
  • 同じクラスを再修練をすることで強いスキルを得られる。
    • 転職済みクラスにもう一度転職(再修練)すると上位スキルの取得や既存スキルのレベル上限が上がります。
    • 転職条件に合致していれば順番は問いません。
    • 再修練の段階は「3段階」あり、これをサークル(C)と言います。例:「ソードマンC2」
    • 現時点では6回転職できるので、R6解放クラスはC2、R7解放クラスはC1までです。
    • 基本的に再修練スキルがビルドの基礎になるので1〜2職再修練したほうが強くなります。
  • 後悔しないために
    • 様々な人が「自分のプレイスタイルにあっているか」「クラス間でどんなスキルの組みあわせが有用か」「最終的にやりたい事で無駄なスキルが発生しないか」を考えながらこれを日々ゆっくりと研究し試行錯誤をしています。
    • 公式のスキルシュミレータ:http://tos.nexon.co.jp/players/gameguide/simulator/ を参考に、ビルドを作ってみましょう。
    • わからないときは他の人のビルドを真似してみるのも良いかもしれません。
    • もしキャラクターを作りなおす事に抵抗がなければ、100レベルくらいまでは比較的レベルが上がりやすいのでまずは自分でどのようなものか試してみるのもありでしょう。

おすすめの職(クラス、ビルド)は? Edit

初心者向けにコレを一つ選べばいい。というおすすめはありません。
このゲームにかぎらず自分の性格や趣向からクラスを選んだ方が長く遊ぶ事が出来るはずです。
見た目で選んでも構いませんし、好きなスキル、やりたい事から選んでいってもかまいません。
やりたいことが決まったけど、どうすればいいか分からない。そういうときは、
ゲーム内やコミュニティでたくさんの人に聞く、スキルを見ながら自分で試してみるのが一番のおすすめです。

アドバイス:出費からも考えてみよう Edit

もし本当に「このキャラクターと添い遂げるんだ!」という自分なりのビルド、スキルのキャラを考えている場合
キャラクターを強化するための投資費用は非常に高額になると予想されます。
その場合まずは出費が少なく、楽に育成できるキャラクターを作っておくといいでしょう。
このゲームでは複数のキャラクターの育成しチーム(アカウント内)レベルの累積数に応じて、経験値が増える
「チームレベルボーナス」があるので、育てるほどに育成が楽になります

  • 例1:1stキャラクターで「育成の手軽さと出費」から考えるクラス
    • 自分で回復やダメージを減らし、高額装備なしでダメージに期待出来そうなスキルを持つクラス
      • 攻撃型クレリック系(自己回復と魔法攻撃):回復でき、一定回数のダメージを無効化できる
      • アーチャー系やウィザード系:移動しながら離れて攻撃することでダメージを減らす。
    • とりあえずLv100のキャラクターが1体いればインスタンスダンジョンでのお金の収入も期待できます。

また「金策」を行いお金を稼ぐことのできるキャラクターから作れば、後続の育成が楽になる事もあるはずです

  • 例2:1stキャラクターで「金策」から考えるクラス
    • 「素材、消耗アイテムを生産して稼ぐ」売れる商品を集めたり、作ったり出来るクラス
      • 消耗アイテムの生産はアルケミスト、バードナーなど専用スキルを持つクラスが必要です
      • 装備は製造書(レシピ)と素材アイテムをもっていれば誰でも作ることができます
      • ドロップ率を上げるなど、高額なレア素材を出しやすくするスキルを持つクラスもあります
      • 売るときはマーケットや取引を使う事が前提になるのでトークンを購入し、適用しておきましょう
    • 「露店で稼ぐ」露店を出して時間を有効活用しながらコツコツ稼ぐクラス
      • 露店はログアウト中、他キャラ操作中もお店を出すことでお金を稼ぐことが出来ます。
      • これらはゲーム遊んでいない間や他のキャラクターを動かしている間でもお金を増やすことができます。
      • 露店はアルケミスト、バードナーなど、専用スキルを持つクラスが必要です

もちろんお金のことは気にせず、1stキャラクターで好きな職を選んで、ある程度育ててから2ndキャラクターで金策を考えても遅くはありません。インスタンスダンジョンで得られるお金はばかになりませんし、一緒に得られるキューブの中身にも高額になるレアアイテムがあり、それを売ればお金は増えて行くからです。

自分なりのコンセプトを考えたら、「弱い」とよばれるビルドになってしまう… Edit

気にする必要はありません、そのコンセプトを楽しむのが一番です。

このゲームにはコレだけあれば良い…「最適解」というものは存在しません。
状況に応じて「出来ること」が「各クラス、スキル」に多様に分散されています。

  • エンドコンテンツに挑むためのスキル選択
  • 他人の補助、手助けなどに特化したスキル選択
  • フィールドボスに特化したスキル選択
  • ギルド立ち上げ、露店、金策を考えたスキル選択
  • ソロプレイを考えた時のスキル選択
  • 対人、ギルド戦もこなすスキル選択

それぞれが独立していますので現実と同じように1職ですべてがこなせるというビルドデザインはありません。
そしてそれぞれのビルドを持つキャラクターたちがこの世界の経験値、お金、モノを循環させています。
※例:素材を狩るビルド→それを生産するビルド→その生産品を使って戦いに行くビルド→その報酬をマーケットから購入し金策をするビルドetc..
ひとつの場面で判断できるものはありませんし、様々なコンテンツにも相性があります。
仮にあなたの選択肢を「弱い」と言うユーザーが居たとしてもそれは
「特定のユーザーが居るコンテンツや狩場」での適性状況に対しての場合がほとんどです。

 

自分のやりたい方向性、多少レベリングが難しいという選択肢でもあなたのコンセプトが活かせる場面は必ずどこかにあります。
また、特性のシミュレーションをすると、思っていた以上に強いという事などもあります。
オンラインゲームの世界ですので、仲間を集って成長にチャレンジしてみましょう。
他人のビルドに対しても「レベリング途中」「試行錯誤中」「独自のコンセプト」という事を意識してみると見え方やマナーが変わってくる場合があります。

 

無料TPって何?どれに使えばいいの? Edit

  • TPとはゲーム内で使用する有料ポイントです。電子マネーなど現実のお金を払ってチャージします。
    • 基本的に有料アイテムはTPを消費しますが、無料TPというお金を払わなくても使えるポイントもあります。
  • 無料TPは4時間(ログイン中でもそうでなくても)につき1TP加算され、最大5TPまで溜まります。(チーム共有)
    4TP〜5TP溜まったら積極的に交換すると無駄使えます。
    シャウトで必要なメガホン(1TP)を使って質問、募集、フレンドを作ったり
    ソロでのプレイでクエストに詰まってしまったときに即時復活のソウルクリスタル(4TP)を使うなど、
    便利な有料アイテムを無料で使うことが出来ます。
    また、ワープスクロールは代替手段として、転送書や女神像から移動があるので優先度は低いですが、高レベルフィールドボスなどに臨むなどになった場合は有用な選択肢かもしれません。
    いずれにしてもTPは長く遊んでいればすぐ貯まるので、急がずその時々、自分にあったものを購入しましょう。
     

頭上に募集やメッセージを表示できますか?今日のIDの残り回数を確認できますか?カードバトルの仕方は? Edit

  • チャット欄に [!!(内容)]で頭上にメッセージを表示できます。
  • チャット欄に [/indun]でID回数ウィンドウを開くことができます。
  • チャット欄に [/cardbattle]でカード対戦ステージを設置する事ができます。
  • その他にも、マップ画面でCTRLキーを押しながら右クリックでチャット欄に現在位置を伝えるマーカーリンク。
    同じ要領でチャット欄へアイテムリンクを添付も可能です。
    PTウィンドウを開いた状態で招待タグ入力でチャットからほかの人が参加できるPTリンクを添付可能です。
  • 露店のウィンドウにはhtmlタグを使った装飾なども行えます。

フィールドボスやIDボスを倒したときに頭の上に出る数字は? Edit

貢献度とよばれる独自の仕組みでの順位です。
単純に火力(ダメージ量)だけではなくコンテンツや場所によって様々な動きが数値に反映されるので
フィールドボス、ワールドボスなどからドロップがほしいという時以外は特に気にする必要はありません。

 

フィールドボス、ワールドボスの場合、貢献度上位5位のプレイヤーのみドロップアイテムの獲得権利があります。
その場合パーティを組んだりすると貢献度が稼ぎやすくなる傾向があるようです。

経験値の独自仕様がわかりにくいです。 Edit

確かにわかりにくいですが、簡単に言うと

  • マップやダンジョンの適正レベルから離れすぎている(強すぎるor弱すぎる)敵からは経験値はもらえない。
    • 適正レベルを見て今のレベル±20に収まるようにしましょう。
    • 経験値カードが貰えるクエストは適正レベル-10を満たすと発生するようになっています。
  • 一定レベル毎に次のレベルに必要な経験値が(一旦)減るので、レベルが上がりやすいタイミングがある。
    ということを覚えておけば問題ありません。

経験値ルールについて詳しく教えて Edit

  • レベル補正により、敵のキャラクター経験値、クラス経験値どちらも低下します。
    敵のレベルが-20≦自分のレベル≦+20 までは経験値は変わりません。(ちなみに海外版では-4≦自分のレベル≦-10までの範囲)
     
    しかし敵のレベルが自分よりー21になってからは5%ずつ減っていき-40レベルで最終的に0になってしまいます。
    (例)自分がレベル41の時、レベル20の敵からは通常の95%の経験値。自分のレベルが60で敵が20なら経験値0。
     
    また、敵のレベルが自分より+21になってからも5%ずつ減っていき+40で最終的に経験値0になります。
    (例)自分がレベル42の時、レベル63の敵からは通常の95%の経験値がもらえる
     
  • 経験値テーブル
    単純にレベルが高くなると必要経験値が増える、というわけでありません。
    特定のレベルで必要経験値量が減少する(テーブル)リセットのタイミングがあります。
    簡単にですが、46、86、136、186、236、286(未実装)のタイミングでリセットされ必要経験値量が下がります。
    (リセット後は再び必要経験値が上がっていきます。)
    自分のプレイスタイルにあわせてこれらのタイミングを覚えておくと楽になることがあるかもしれません。
    具体的な必要経験値量

休憩してる人がいた。焚き火の設置方法は? Edit

キーボードの[Insert]キーを押して休憩。休憩モード中のコマンド「焚き火を設置」にクリック、または指定のキー(初期設定だと[X]キー)を押す事で焚火休憩になります。
数字の1〜9のどれかを押すように表示されるので押すと焚き火がつきます。(たまに数字は表示されない)
また、クラススキルの中にも簡易キャンプ、本格的なキャンプのようなものは存在しています。

 

死亡したらどうなるの? Edit

武器、防具の耐久が通常よりも下がる。
特定地域では持っているジェムを全部落としてしまいます。その場で復活できれば回収できます
シルバーをいくらか落とす地域も存在します、回収は不可能です。
他のMMOのような経験値減少などはありません。

戦闘中にジャンプしている人は? Edit

  • 連続ヒット、必中魔法などの攻撃を除くジャンプ中は敵の攻撃に当たりません。(接地判定攻撃への回避行動)
    連続ヒット攻撃の場合でも、タイミングよくジャンプをすると運よくノーダメージで済むこともあるので
    どうしようもないときはジャンプ連打することでどうにかなる場面もあります。
  • ウィザードなど特定のクラスでは通常攻撃をジャンプ攻撃することにより、モーションキャンセルが起こり硬直が少なくなる等の理由によりジャンプしている場合もあります。

コンパニオンは買ったほうが良いの? Edit

メリットを感じるのであれば、購入することをおすすめします。

  • プレイヤーのあとをついてきてくれる。
  • 敵を攻撃出来る(そこまで強くはない)
  • 餌やりや経験値によるレベルアップなど育成ができる。
    • コンパニオンのレベルはチームレベルに反映されます
  • 条件を満たせば騎乗して移動速度があがる。
    • シルバーで買えるコンパニオンは特定のクラスのみが騎乗可能。
    • TPで購入可能なコンパニオンはどのクラスでも騎乗可能。
    • 騎乗しながら攻撃は特定クラスのみ

コンパニオンはチームのバラック(キャラクタースロット)を1枠を使います。
4人キャラクターを作成済みの場合は取得時にTPを支払う必要があるので注意しましょう。

将来的にはコンパニオン専用装備なども実装されるようです。
自分のプレイスタイルにあわせて検討してみましょう。