Top > 後藤藤四郎

後藤藤四郎

Last-modified: 2017-06-19 (月) 03:21:45
35番
なあ、なんか面白いことあった?後藤藤四郎(ごとうとうしろう)短刀粟田口
ステータス(MAX)
生存28(32)打撃19(30)
統率29(39)機動23(44)
衝力22(32)範囲
必殺37偵察35(46)
隠蔽35兵装備スロット1
装備可能刀装
投石/弓/銃/軽歩/重歩
ランクアップチャート
後藤藤四郎後藤藤四郎 特(Lv20) → 後藤藤四郎 極(Lv60)
刀帳説明
後藤藤四郎だ。うちは兄弟がいっぱいいるけど、背が高めなのが俺だ。チビどものことで困ったら俺にいってくれよな。

※ステータスは刀帳に表示されている初期値のもの カッコ内の数値は錬結・内番で強化できる限界値

CV:村田太志、イラストレーター:しきみ(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

粟田口吉光作の短刀。藤四郎兄弟のひとり。後藤庄三郎光次が所持していたことから名づけられたとされ、後に尾張徳川家に伝わる。
藤四郎兄弟の中で身長は高めの部類に入るが、もっと大きくなりたいお年頃。(公式ツイッター本丸通信12より)

現在の入手方法

  • 入手不可

過去の入手方法

イベントステージ攻略報酬
イベントドロップ


ステータス

  • 初期値
    • 短刀内で統率(他四振りと同率)が1位、打撃・衝力・偵察(他五振りと同率)が2位であり、合計値も3位と高順位。全刀剣内では偵察(他八振りと同率)が10位。
    • 機動と必殺以外のステータスが高めなため、短所と言えるようなものがほぼ存在しない。
  • 最大値
    • 同刀種内で打撃・衝力が単独1位、偵察が3位。総合値も小夜左文字と並び2位。全刀剣内では偵察が7位(物吉貞宗と同率)。
    • しかし機動が短刀でワースト2位になった。
      • まだ生存・偵察の最大値が不明な男士がいるため、判明し次第順位の変動あり。
  • ランクアップ後のステータスは後藤藤四郎 特を参照

他の刀剣男士との会話

その他

小ネタ Edit

  • 刃長九寸一分(27.7cm)と、実装されている吉光の短刀の中では自己紹介通り「背が高め」。
    • ちなみに一番刃長が長いのは平野藤四郎だが、男士の身長と刃長は連動はしていない模様。

  • 物吉貞宗との回想其の23は、「三方ヶ原の戦いで敵軍に追いかけられた家康が岩切藤四郎吉光という脇差で切腹しようとしたが腹に立たず、仕方ないので退却した後に刀を岩に突き立てると難なく立った、これぞ神君家康の強運である」という逸話(『松雲公御夜話』記載)を踏まえるとより楽しめる。
    • 上記の逸話の「岩切藤四郎」の刀剣男士がゲームに登場しないために、藤四郎代表として徳川家康ゆかりの人物が持っていた後藤藤四郎が選ばれたのだろうか?(あるいは回想相手の物吉貞宗と共に尾張徳川家に伝来した繋がりからかもしれない)また現存する岩切藤四郎は家康が所持したという来歴はない。

来歴

  • 名づけられた由来にもなっている後藤庄三郎光次が所持。
    • 金匠として、徳川家康に命じられ金座の御金改役となった人物である。金座とは江戸幕府において小判の鋳造・鑑定・検印を請け負っていた組織で、後藤藤四郎も小判には縁が深いと言えるかもしれない。
    • 「駿府記」の作者とも言われ、家康隠居後の側近の一人でもあった。大坂夏の陣では家康の側に近侍しており、大坂方に向かってしきりに野次をとばした様子が描かれている。
    • 回想相手である物吉貞宗の刀装具を拵えたのは後藤祐乗であるが、庄三郎光次は本姓が橋本あるいは山崎で、後藤祐乗の後裔である後藤四郎兵衛家の職人として働く中、五代後藤徳乗に抜擢され後藤を名乗ることを許されたという。
  • その後、老中の土井利勝に渡り徳川家光に献上されたが、家光の長女千代姫と尾張徳川家二代の光友との婚礼の祝儀として拝領された。
  • 以降尾張家に相伝され、そのまま徳川美術館の所蔵となった。
  • 昭和29年3月20日に国宝指定を受けている。

キャラクターデザイン

コメントだ!行くぜー!みんな、ついてこい! Edit

鍛刀成果の報告はレシピ報告内に、
ドロップ報告に関してはステージドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。

2015/02/02に設定されました当wikiガイドラインに基づき、入手・ダブり報告【のみ】・未入手の愚痴【のみ】のコメントはおやめ下さい。

ガイドライン周知のため、暫定的に折りたたんであります。




*1 メンテナンス後〜メンテナンス前
*2 メンテナンス後〜メンテナンス前