Top > Maps > 雪風県
HTML convert time to 0.020 sec.


雪風県 公式ページ

Last-modified: 2016-10-20 (木) 16:57:24

目次 Edit

会社概要 Edit

会社名
陽炎交通(雪風支社)・ほか数社
設立年月日
1945年1月1日(現実世界では2016年4月29日)
代表者
久留里(Kuururi Ahojanen)
Simutransバージョン
120.1.3 (r7753)
使っているPak
pak128.japan

開発テーマ Edit

サテライト Edit

1970年1月1日現在
zoom

雪風県について Edit

概要 Edit

雪風県は、陽炎地方に属する県です。1945年1月、国が陽炎地方の未開発地域に設置しました。
複雑で入り組んだ地形の「本土」と、隣県から伸びる「荒潮半島」それに野分島など多数の島々で構成されています。
文字通り「何も無い」状態から開拓が始まった県で、まずは県内各地に村を設置するところから始まりました。
1980年までに新たに誘致した村を含む全市町村が鉄道・航路・航空路のどれかで結ばれる様になりました。

人口 Edit

人口※政令市
1945.1.1
1950.1.114万7640人00052
1960.1.157万1830人00251
1970.1.198万3540人02150
1980.1.1184万4910人021043

※Simutransの都市の人口は100人単位ですが、勝手に10人単位に脳内変換しています。

主な都市・地域 Edit

1980年1月1日現在。

雪風市 Edit

(ゆきかぜ・人口26万4310人)
雪風県の県庁所在地。「県内で最も平地が多く、今後の都市化にも対応出来るだろう」という理由から、この村を県庁所在地に指定し、県名にもなりました。
1950年代に「村」から「町」に、1963年6月に「町」から「市」になりました。市街地も賑やかになり、徐々に県都らしくなってきました。しかし「平地が多い」とはいえ、東部の吹雪市よりは市街地が狭いため、1970年代から北部の丹陽(たんよう)・袋田地区を開発。現在は徐々にオフィス街へと変貌していっています。
市街地から少し離れた場所に、雪風飛行場(KUZ)という県営の飛行場があります。ここから初霜島へ行く飛行機が発着しております。

吹雪市 Edit

(ふぶき・人口15万1540人)
本土側東部の主要都市。広い市街地を有するため、一時的に人口が雪風町(当時)を抜いたことがあります。
町の玄関口となる吹雪駅は港と直結しており、瑞鳳と並ぶ交通の要衝となっています。この港から発着する船は、那珂島の2つの港を結んでいます。
1950年代に県内2番めの「町」になり、更に1963年11月に「町」から県内2番目の「市」になりました。
1960年代からは西部の開けた土地に新たな市街地を造成。1970年代にはバス路線が開通し、徐々に商業・居住地区が形成されつつあります。

青葉町 Edit

(あおば・人口5万2080人)
雪風市近郊の町。当初は単なる小さな村でありましたが1960年代に雪風市のベッドタウン化が進行、1969年に県内3番目の「町」となりました。平地の少ない狭い町ですが、今後は内海線沿線の守谷地区を中心に宅地開発が行われる予定です。

矢矧村 Edit

(やはぎ・人口1万1570人)
県北西部にある村。村自体は小さいですが、南部に「八王子団地」という工業団地を有しており、県内の重要な産業拠点となっています。

瑞鳳町 Edit

(ずいほう・人口6万1250人)
県内有数の交通の要衝となっている町。1970年1月に「村」から「町」になりました。北には月見野港が、中心部には瑞鳳駅があり、多くの旅行客で賑わいます。町の東西に大規模な団地が建設され、今後の発展に期待が出来る町です。

荒潮町 Edit

(あらしお・人口6万8530人)
荒潮半島の玄関口となっている町。1970年1月に「村」から「町」になりました。
町の南端には駅と直結した荒潮港があり、1年を通して多くの旅行者や貨物で賑わっています。

野分島村 Edit

(のわきじま・人口1万1850人)
本土と荒潮半島に挟まれた小さな島を管轄する村です。とても1万人住んでるとは思えない島ですが、石炭が採れることから開発当初から陽炎地方の重要港湾地域に指定されています。造船所とドックも備えているため、ここで船舶の建造やメンテナンスが可能となっています。

交通 Edit

県内の主な交通は主に陽炎交通(雪風支社)が運営。那珂島・望月島・翔鶴島内の交通はそれぞれの旅客会社が運営し、航空路は県が運営しています。

交通機関一覧 Edit

1980年1月現在

陽炎交通(雪風支社) Edit

支社所在地:雪風市
県内の広域輸送を担う運輸会社です。県内の鉄道路線のほか、本土と島嶼部・荒潮半島を結ぶ旅客・貨物船と、雪風市・吹雪市・青葉町など幾つかの地域でバスの運行を行っています。

鉄道路線 Edit

本土

雪風本線
瑞鳳港線
内海線
能代線・袋田線
山雲線
雲龍支線
秋月線
鈴谷線
長良支線
平針支線
荒潮半島
荒潮東線
荒潮西線
幌延支線

航路 Edit

野分島・荒潮半島

  • 瑞鳳(月見野港) – 野分島(野分港) – 瑞鳳(月見野港)

吹雪・那珂島

  • 吹雪(岩村港) – 那珂島(那珂西灘港)
  • 吹雪(岩村港) – 那珂島(龍田東灘港)
  • 那珂島(龍田東灘港) – 三島(榴岡港) – 望月島(望月港)

その他

  • 青葉(守谷港) – 夕立島(夕立港)
  • 雲龍(長野港) – 翔鶴島(翔鶴港)
  • 響(響港) – 初霜島(初霜港)
  • 大鯨(一之江港) – 葛城島(葛城島港)

バス路線 Edit

雪風市・吹雪市をはじめとしたいくつかの市町村でバス路線を運行。
※休止中の町もあり。

那珂島軽便軌道 Edit

本社所在地:那珂村
その名の通り、那珂島の島内を走る軽便軌道です。1950年現在島内唯一の交通機関で、那珂村と龍田村を結んでいます。
島の発展にあわせて路線網を拡大していく予定です。
旅客列車は当初、小型蒸気機関車けん引による客車列車でしたが、コスト削減のため1950年代に気動車に置き換わりました。

路線一覧 Edit

  • 那珂島北線:那珂・西灘港 – 伐採所入口 – 龍田・東灘港
  • 伐採所支線

望月軌道 Edit

本社所在地:望月村
望月島内の各村を結ぶ軽便軌道で、1951年に開業しました。
県内の軽便軌道で初めて気動車を導入した会社でもあり、その後、那珂島・翔鶴島の各軌道にも同じモデルの気動車が導入されました。
1979年からはバス路線も運行開始。望月村と新たに誘致された陽州敷波村を結ぶバス路線を運営しています。

  • 望月軌道線:望月港 – 西院 – 満潮 – 飛龍

翔鶴島内交通 Edit

本社所在地:翔鶴村
翔鶴島内の各村を結ぶ目的で設立された軽便軌道で、1952年に翔鶴 – 熊野間が開業。1964年に熊野 – 叢雲間が開業して全通しました。県内の軽便軌道では最も開業の遅い軌道ですが、驚異的な成長を遂げており、現在は県内3軌道の中で最も多くの車両を保有し、(離島の割には)高頻度で運転しております。

  • 軽便軌道線:翔鶴港 – 熊野 – 叢雲

雪風県営航空 Edit

本社所在地:雪風市(雪風県庁)
雪風県内の各地域を結ぶ目的で出来た航空事業者です。県の交通部門が運営しています。
今のところ1950年代後半に試験的に開設された雪風飛行場(KUZ/KRYZ) – 初霜飛行場(YHS/KRSM)間を結ぶ路線のみです。また、雪風駅 – 雪風飛行場間と初霜島内でバス路線も営んでいます。
1970年代からは県外路線も開設しようと考えているのですが、如何せん雪風空港が小さい上に諸事情で拡張も困難であることから、当面は無理そうです。
機材は新旧のYS-11型を1機ずつ保有。新しい方のYS-11は1976年に購入したもので、現在はこの1機で運用。旧型のYS-11は予備として普段は整備場の留守番をしています。

IATAICAOコールサイン
8YYMAYUKIKAZE AIR
  • 保有機材:YS-11 2機

関連動画リンク Edit