Top > カオスメモ
HTML convert time to 0.006 sec.


カオスメモ

Last-modified: 2017-08-18 (金) 16:38:40

概要 Edit

  • カオスメモとは、主にドナルドやムスカなどが登場する無茶苦茶な展開のメモの総称である。
    カオスバトルやカオスキャラの茶番など、カオスキャラを使った作品はとても多い。

登場キャラクター Edit

  • 「カオスキャラ」とも言う。
    ドナルド最も登場率が高い。主人公的な扱い。布教和音を奏で、自然に体が動いちゃう。マクドナルドのキャラクター。
    ムスカ主にドナルドのライバルとして登場する。何度でも蘇る。天空の城ラピュタからの登場。
    パズー&シータ天空の城ラピュタより。基本的にコンビで登場。「バルス!」でムスカ以外にも無双する。むしろほぼそれしか言わない。
    カーネル主にドナルドのライバルとして登場する。ケンタッキーの支配者。
    キボクラ正式名称キーボードクラッシャー(KBC)。常に暴走している。うるさい。因みに意外と知られてないがキャラは演技によってできたもの。
    松岡修造熱いキャラ。オーラで地球を温暖にすることが可能。『もっと熱くなれよ!』
    闇サトシポケモンのサトシの画像ではあるが、セリフは遊戯王のバクラ。闇のゲーム開催を宣言する。
    闇デントポケモンのデントの画像だが、セリフはDEATH NOTEの夜神月。かにみそ氏のメモでムスカに「ゴモラ」と名付けられて以来、通称ゴモラ。デスノートを使うが、タラちゃんと違い宝の持ち腐れに終わることが多い。
    あいさつの魔法。東北震災で一躍有名になってから登場。楽しい仲間と言いつつ、戦闘では容赦ない。あいさつ坊や、さよなライオンなど。
    フグ田マスオ『びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ』基本的に戦闘力は無く、これだけ言い残して爆散する。サザエさんより。
    フグ田タラオセリフは主にYouTube作品の「タラちゃん神になる」より。デスノートで大量殺戮を行う。
    ヴェルタースオリジナルCMに出て来るあのおじいさん(4歳)。ひたすらキャンディの素晴らしさをアピールする。
    架空請求の山田実在する業者の声が元。ほとんどの発言が暴言だが、必殺技っぽいセリフが無いので滅多に勝たない。
    ドラえもん22世紀の青ダヌキ。ひみつ道具に頼らず、己の拳や現代兵器を使う。大体の作品で、のび太君を助けるどころかトドメを刺したりする。
    野比のび太「ドラえもん」の主人公。他のキャラにいつも泣かされている。
    ブロリー伝説の超サイヤ人。圧倒的なパワーで他キャラを消し飛ばす。使う作者が限られるレアキャラ。ドラゴンボールZより。
    JR駅のホームの構内放送。『危ないですから、黄色い線の内側までお下がりください』カオスメモでは大抵、黄色い線自体が危ない。
    泉研昔の低予算アニメ「チャージマン研」の主人公。「よくもこんなキチガイメモを!」等と食ってかかるが、奇声を発したり理不尽な理由で攻撃したり、キチガイはお前だと言いたくなる。武器は光線銃・アルファガン。時々ボルガ博士で空爆する。
    引っ越しおばさん騒音おばさんとも呼ばれる、何時ぞやニュースで話題になった女性。「さっさと引っ越し!しばくぞ!」などと大声でまくし立て、自分の周囲からの立ち退きを迫る。
    必須アモト酸創価学会の教団ビデオにおける、久本雅美へのインタビュー動画。「エア本さん」とも言う。「パァアアアアアン」という擬音が有名で、主に音MADに用いられる。
    創価学会男子部の石川教団ビデオに登場する勧誘の人。何度追い払われても、あるいは殺されても勧誘に来る執拗さの持ち主。ビデオ冒頭の「こんばんはー」は、音MAD作者に好んで用いられる。
    バトルドーム超☆エキサイティン!な3Dアクションゲーム。ボールを相手(のゴール)にシュゥゥゥーッ!して倒す。画像はバトルドーム本体だったり、CMに登場する少年(通称・えなり)だったりする。
    野々原渚通称ヤンデレ妹。兄への執着が異常で、邪魔者を手にかけることや、場合によっては心中も厭わない。兄役は作品によってまちまち。原作では家事全般が得意だが、料理が絶望的に下手な設定が多い。
    野々村竜太郎政務活動費を使い込み、記者会見で泣き喚きながら弁明した元・西宮市議会議員。うるさくて意味不明。音MADにもよく使われる。
    ルイージDSi時代のとあるマリオネタで使われた、「キモい。」が唯一のセリフにして攻撃手段。本来のルイージのボイスを使う人は滅多にいない。
    ワクワクさん伝説となったNHKの工作員。お得意のストローロケット3号を発射して攻撃する。
    ゴロリワクワクさんの相棒。ワクワクさんの作ったおもちゃを作った本人以上に使いこなす。攻撃に一切の躊躇いが無いが、当人は遊びのつもり。

カオスバトル Edit

上の登場キャラクターを含む多数キャラクターのバトルを、カオスバトルと言う。

  • 基本的に参戦するキャラクターの画像は動かず、台詞のみの口喧嘩。別作品のキャラクター同士をいかに自然に言い争わせるかが作者の腕の見せ所。
  • 技を繰り出したときは多少のエフェクトが付けられることもある。上記の通り台詞だけの作品なので、技の台詞が無いキャラクターは勝ちにくい傾向にある。
  • 敗北したキャラクターは大抵爆死するが、その時はYouTube動画「タラちゃん神になる」冒頭の爆発のイラストが用いられることが多い。爆音は人類滅亡シリーズから。
  • 最後まで生き残ったキャラクターの勝ち鬨で締めくくられるのが普通だが、大どんでん返しが起きる作品も少なくないので最後まで油断できない。
  • 複数のキャラクターが一度に出てきてバトルロワイヤルするパターン(途中参加あり)と、主役が「カオスチーム」と呼ばれる他キャラ連合と一人ずつ戦い、勝ち抜いていくパターン(たまにカオスチームVSカオスチームもある)がある。
  • 最近のカオスバトルの傾向ではサムネ、文字が目立つものが多い。最近話題の人を取り上げたりし、カオスバトル参加者にしたりするので、カオスバトルの可能性は無限大である。

代表的な作者 Edit