Top > ぼこ
HTML convert time to 0.030 sec.


ぼこ

Last-modified: 2018-02-13 (火) 21:17:25
◆ Ustream / Justin での活動
配信ページchecker 内配信ページIRCチャンネル名BOTホスト
Ustreambokonokoぼこ#bokonokokurimugan_KSKbokonoko
Justinbokonoko
◆その他
twitter
bokonoko

ぼことは Edit

ポケモンch 初期に配信を開始した配信者。
自称育成の修羅。ポケモントレーナー、ブリーダー、デジモンテイマーを兼業。最近はもっぱらドラクエ10。
うんこ。若々しい。格ゲーや遊戯王も嗜む。正にぼこってる(正ぼこ)
なお、新井さんがいると配信ができないので、配信は新井さんがいないときだけ
しかし、もう新井さんはいません。
2018/1/21新新居さんの存在を暴露。
橋本さん(新新居さん)まとめ
可愛くて美人
家事ができる
声がかわいい
黒髪ロング
年下(ポケモン初代世代)
4回目のデートで告白(本当は3回目の予定だったけど怖気づいた)
もうエッチはした
箸の持ち方をフォローしてくれた
優しい
水族館デートでカワウソをみた(これは嘘本当はイルカしかみてない)
彼女が手をつなごうと差し伸べてくれた手の方向に551の豚まんがあり「肉まんがどうしたの?」という天然ボケをかました
多くのゲームを購入し配信するが最後までプレイせずに積むものも非常に多く、視聴者からよくネタにされる。

配信内容 Edit

ゲーム配信が主。Wii や PS などの据え置き機の他、ニンテンドー3DSの偽トロを使って配信することもある。

最近プレイしてるソフト Edit

  • 貰った卵のみでウルトラサンムーンのストーリー攻略
    2017/11/17
    ウルトラサンムーン卵縛り開始日。
    マイナーチェンジ版とはいえ初の初見プレイでの卵縛りとなった。
    前作での知識を逆手に取られ、予想だにしないぬしポケモンや手持ちが変わったしまキング達が次々に襲いかかる。
    しかし、シングル最強格のげきさむ(ミミッキュ)や突破力に優れたたくや(ルカリオ)、後ろには威嚇持ちのちょもす(ハリーセン)と耐久に優れたかめあたま(ドダイトス)が控え、ウラウラ島まで損害を軽微に済ませていた。
    2017/11/21
    そこらへんのモブトレーナー戦で事件が起こった。カプの村で悪戯に話しかけたベテラントレーナーのコウキのガバイトが不意にアイアンヘッドを放ち、げきさむが即死。程なくして別のベテラントレーナーのドンカラスに急所を貰いちょもすが死亡。たくや(ルカリオ)もぬしミミッキュと相討ち、それまで誇っていた安定感を一夜で失った。
    2017/11/23
    いかがわしき屋敷のグズマ戦。前作では一匹も死ななかった箇所だがレベルも高くなり手持ち数も増えたグズマは一味も二味も違った。先発のグソクムシャをZワザ使用して退けるも続くアメモースが一切止まらず手持ち6匹全員が完全破壊。ウルトラサンムーンでも全滅を喫してしまった。
    2017/11/25
    ほぼ24時間配信となるポニ島攻略配信が始まった。今作の目玉であるウルトラネクロズマをいとひいてる(アリアドス)の襷と命を賭した確定毒で倒し、最難関試練であるマツリカの試練をゆきみだいふ(ハピナス)がギリギリで抑え、ポケモンリーグへと歩を進めた。
    ポケモンリーグでは新顔のマーレインのメタグロスにげっしるい(ビーダル)、カヒリのドデカバシにろこぜき(キュウコン)を落とされながらも玉座に向かい、チャンピオンを賭けてハウと最後の戦いを繰り広げた。
    最後にハウの執念でうちw(キテルグマ)が撃墜されるも、全滅後からずっとエースの座にいたあたしw(アシレーヌ)がラス1のケケンカニを打ち取り二度目の卵縛りアローラチャンピオンの座に輝いた。
    生き残ったポケモンはあたしw(アシレーヌ)・ちゃみん(ルガルガン)・ゆきみだいふ(ハピナス)の三匹。
    3DSでは最後となるポケモンを歴代最小犠牲数の22匹に抑えた。

殉職者リスト(2017/11/26完結)

...
  • 貰った卵のみでサンムーンのストーリー攻略
    2017/1/28
    サンムーン卵縛り開始日。
    歴代最高難易度になることはあらかじめ予想されていたが、序盤野生ポケモンのおいうちにより1ターンも動くことなくポケモンが昇天したことから、サンムーン卵縛りの難易度の高さを再認識させられる。
    2017/01/29
    最難所候補のマオの試練に到達する。草食シママを持っていることから余裕を持って挑むも、ぬしラランテスがシザークロスを所持していることが判明し戦況は一転。ぬしに呼び出されたケララッパが重いことも相まって、あれよあれよという間に蹂躙。サンムーン卵縛り初の全滅を喫した。
    2017/02/04
    v(モウカザル)をはじめとするポケモンの活躍でぬしラランテスに復讐を果たし、続くしまクイーンライチも楽々撃破。甚大な被害を出しながらもアーカラ島を突破する。
    第三の島ウラウラ島に足を踏み入れた瞬間、ポケモントレーナーハウの強襲にあい、懸念していた天敵のアローラライチュウとオシャマリによってパーティの殆どを失ってしまう。
    2017/02/12
    第四の島ポニ島。飛行ポケモンが一匹もいないことから苦戦を強いられることが予想されていた地面使いしまクイーンハプウが立ちふさがった。数匹の犠牲も覚悟で相手の切り札バンバドロを落とそうとするも、犠牲を払ってまで与えた毒状態をぼこが守るタイミングで回復される等厳しい条件が重なり、バンバドロが獅子奮迅の6タテ。サンムーン卵縛り二度目の全滅を喫した。
    2017/02/26
    全滅の恨みをまきぐそ(ジャローダ)に込め、しまクイーンハプウを圧倒し、ウルトラスペースまでノンストップで辿り着く。そこで迎えたルザミーネ戦でリフスト外し等不運が重なり、とり(ドードリオ)が殉職してしまうも、被害はなんとかその一匹に留めた。
    ポケモンリーグでは、ひかしぼう(カビゴン)とまきぐそ(ジャローダ)を軸とした試合運びで四天王を突破。チャンピオン決定戦では、ポケモン博士ククイのガオガエンがちんご(サニーゴ)を倒し、全てのポケモンに対して有効打が取られる状態まで持ち込まれたが、とり(ドードリオ)の代わりに加入したなかまをうる(グソクムシャ)がオボンのみ込みでなんとか受けきり、返しのアクアブレイクとアクアジェットでガオガエンを撃退。残りのポケモンもいす(クレベース)が討ち取って、ついにアローラのポケモンリーグを制覇した。

生存したポケモンはひかしぼう(カビゴン)・まきぐそ(ジャローダ)・いす(クレベース)・なかまをうる(グソクムシャ)の四匹。戦死したポケモンの数は1ボックス分を越える36匹。歴代卵縛り最多の戦死者数となった。

殉職者リスト(2017/2/28完結)

...

2015/11/13

  • 貰った卵のみでオメガルビーのストーリー攻略
    これが三回目となる一年半越しの卵縛りプレイ。
    序盤のタイプとして優秀なマリルやブルー、カゲボウズらを引き当て2バッジを取り楽勝ムードに思えたが、突然の釣り人のメノクラゲによって主力のブルーが葬られてしまう。
    そして迎えたキンセツジム。前作でも電気ジムで全滅を喫する因縁深いタイプだったが、今作でも大苦戦。
    テッセンの切り札のレアコイルにパーティのうち5体を葬られ、相手の舐めプに近い形でマリルリのみ命を拾う。
    しばらくは安定していたものの、エースマリルリを天気研究所のマグマ団幹部ホムラ戦で不運によって失い、事態は混迷を深める。
    事前に予想されていたナギやゲンシグラードン、ミクリといった難所を何事もなく突破し、このまま何も起こらずにクリアかと思われていたが、四天王攻略の計算に入れていたニューラがまさかのユキメノコのめざましビンタで即死。続くミツル戦も犠牲者を出さなかったものの、かなり危険な戦いを強いられた。
    ついにたどり着いたポケモンリーグ。カゲツフヨウを軽く突破したものの、四天王三番手プリムによってメガボスゴドラ・ビーダル・ランプラーが葬られ、ゲンジ攻略が絶望的となり、そのままORAS初の全滅を喫する。
    後日、全てを失った状態からパーティを一新してポケモンリーグに臨む。道中プリムの冴えた交換読みでプテラを一撃で葬られるが、続くゲンジをラプラスで完封。チャンピオンのダイゴも3回撒かれたまきびしに苦しみ、ベトベトンとラプラスを失うものの、ナットレイを主軸としたパーティ回しで勝利。エンディング後のライバルの奇襲も、なんとか裁ききり、ストーリーに一区切りを入れる。最後に残ったポケモンはタブンネ(ケンケン)・ケンタロス(まつやすきや)・ナットレイ(しろいたて)とどこかXY最終メンバーを想起させる構成だった。
    エピソードデルタは保留とのこと。後日卵縛りで共に戦ったポケモンでレートに潜る宣言をした。

現時点での殉職者(2015/11/13時点)

...

2014/01/27

  • 貰った卵のみでXYのストーリー攻略
    過去に苦戦しながらも同縛りでBWのストーリーをクリアしたが、今作も最初から苦戦。
    初日で2匹のポケモンを失ってしまう失態を見せる。
    2014/01/30
    ミアレジムにてモンメンのセフィロスが死んだことを皮切りに、電気耐性が著しく低下し、直後のマルマインの猛攻により貰った卵のみでXYプレイ初の全滅を喫した。
    2014/02/03
    死んだポケモンの持っていたアイテムは使えないルールだったはずだが、何故か過去に失ったしあわせタマゴをゴーストのなすびが持っているところが配信上に映ってしまった。
    2014/02/08
    事前に今日中に終わらせる予告をするも、四天王のガンピ戦でパーティの内3匹を失い全滅の窮地に立たされる。
    しかし、視聴者のOパワーの支援もあり、最後に残ったタブンネ(おもち)・アーケオス(ベートードン)・バッフロン(ぎゅうほ)が快進撃を見せ、その後のズミとチャンピオンを撃破。貰った卵のみでXY攻略を果たした。
    戦死したポケモンの数は29匹。多大なる犠牲の元に成り立ったクリアだった。

卵縛り概要
・皆さんから貰った卵のみでストーリーをクリアします
・瀕死になったポケモンは使用禁止
・学習装置使用禁止
・勝ち抜きバトル
・なるべくレベルは上げすぎないというポリシー
・卵は頂けるなら次の町に着いた時に頂きます
・強化アイテム使用禁止
・ポケパワーはお任せします(妨害してもらってもいいよ!)
・死んだポケモンの持っていたアイテムは使えなくなります

殉職者リスト(2014/02/08完結)

...
  • パワプロ14(栄冠ナイン)
    栄冠ナイン初プレイ。監督名はやわらか蒲鉾。お菓子食いながら物凄い勢いでLRトリガーを押す係。
    就任初年と二年目では貧打に喘ぐが、キャプテン紅米水(クレベース)率いる三年目でようやく打線が開花。
    ギリギリの戦いを制し続け、見事甲子園出場を果たす。しかし、一回戦から総合評価Aの飯能一(埼玉)と当たってしまい3-10と完敗。紅米水世代の夏がここで終わる。その後の江門俄(エモンガ)、切刈刀(ギルガルド)世代はともに秋大会を一回戦で敗退し、夏大会を準々決勝敗退した。更なる飛躍が待たれる。続く世代が夏・秋大会を一回戦で落とし続け一時期は評判を弱小まで落としてしまう。しかし、斧野屑(オノノクス)を始めとする部員の活躍もあってかなんとか地方大会準決勝まで駒を進め評判をそこそこに戻す。数人(すうにん)を数人(かずひと)と読んだぼこ将の挑戦は続く。

卒業生進路(2014/4/03)

...
  • ファイアーエムブレム 聖魔の光石
    • 3DSのアンバサダー・プログラムで手に入れたもの。エイリークルートで進行中。本人は烈火の剣クリア済みとのたまっているが、あまりにも残念なプレイングにシリーズ初見疑惑が絶えない。
  • ドラゴンクエスト10
  • クロノトリガー
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ3D
  • 王将キャッチャー

過去にプレイしたソフト Edit

懐かしのPS育成モノを好んでプレイする

  • モンスターファーム1(クリア)
  • モンスターファーム2(クリア)
  • &s(){ギャングウェイモンスターズ(禁句)}
  • デジモンワールド(クリア)
  • ポケモン→ポケモンchwiki:ぼこ
  • チョコボスタリオン
  • スーパーマリオRPG
  • ドラゴンクエスト6(DS版)

棒読み対応している音声一覧 Edit

...