Top > 六堂マリア
HTML convert time to 0.052 sec.


六堂マリア

Last-modified: 2011-01-16 (日) 11:55:16
004.png

基本性能 Edit

全ての攻撃に使い道があり、無駄が全然無い優良機体。
使いこなせば相当強力だと思われるが、いかんせん本体の移動性能に難あり。
ジャンプはふんわり。
ダッシュ速度は低め。
相殺性能は弱い。
安全策で立ちまわるのが良いと思われる。

基本戦略 Edit

プチタンジュは「速度がゆっくり」「寿命が長い」「誘導性能が高い」という性質を持つ。
そのため大量にばらまいておくと、相手がいつか被弾することを期待できる。

ダンスマカブルは性質の違う7種類の攻撃が出せる。

スライドCWも使ってプチタンジュを大量に散布。
戦場をプチタンジュだらけにし、十分まいた上で横ダッシュCWや前ダッシュCWを撃つ。
逃げる相手の軌道を予想し、しゃがみRWのレーザーで逃げ道を塞ぐ。
 
とにもかくにも、自分のリスクを極限まで小さくする必要がある。
相打ち覚悟や、ぶっぱなしダッシュ攻撃などは超厳禁。

マリアはブレーキ中の移動力が非常に下がるため、常に走り回っているような動きをすると隙を晒しまくってしまう。
また、ジャンプ系での回避も弱めのため「いつ危ない攻撃がきても大丈夫なよう、常にダッシュが開始できる状態をキープする」のは重要である。

覚えておきたいワンポイント Edit

RWは大抵の武器と相殺を起こさず、お互い不干渉。
ただし、爆発物を爆発させることと、メイのドリルを一方的に跳ね返すことができる。
 
LWゲージが満タンの時には以下の連携ができる。
(しゃがみLW→キャンセルダッシュ→即ブレーキ)×2 → RWかCWを撃ったりしてわずかに待つ →しゃがみLW
 
RWゲージが満タンの時は、スライドRWが二連射できる。
 
アイの後ろダッシュRWは、こちらのRWで一方的に消せる。

武器解説 Edit

データの見方 Edit

攻撃内容どの様な攻撃かを簡潔に表した項目です
銃口補正ロックしている相手を攻撃をする際に、相手の方向に弾が自動で向くかの有無を表す項目です
誘導角度攻撃が放たれた後、相手に向かって誘導する場合のおよその角度です
有効射程最大射程距離の数値です(ダッシュ攻撃はおよその数値となります)
使用ゲージ量攻撃を使用すると消費されるゲージ量です
発射可能ゲージ量攻撃を使用する為に必要なゲージ量です
ダメージ(最小*最大)与えられるダメージ値の数値です。アイの最大体力値を1000とした場合の数値になります。括弧内は距離減衰がある場合のおよその最大最小の数値となります
距離減衰距離によって威力が変動するかどうかの有無を表す数値です。変動値が50以内の場合「若干有り」それ以上の場合「有り」と表記しています
転倒値転倒する値を100%とした、攻撃を与えた際に相手に与えるおよその数値(パーセンテージ表記)です

 
基本的にここで表されている数値はアイを基準としています。
よって体力値の違い、当たり判定の違いにより他のキャラクターの場合は微妙に数値が異なる場合があります。

RW(ベルフルール) Edit

立ち Edit

攻撃内容リング弾発射
銃口補正有り
誘導角度無し
有効射程無限
使用ゲージ量9%
発射可能ゲージ量9%以上
ダメージ(最小*最大)54*54
距離減衰無し
転倒値

 
とても大きなリングレーザーを射出。
連射性能、当たり判定ともに優秀だが速度がとても遅い。
見た目と違い壁で消えにくい。
 
また、このゲームでは珍しくキャンセルして立ちLWを出すことができる。
 
密着距離で撃つと非常に強力。
このゲームの仕様として、RWを押しっぱなしにしていると近接距離に入っても撃ち続けられる。
密着すれば弱点の「速度の遅さ」に意味が無くなり、当たり判定の大きさが存分に活かせる。
連射性能も高いため、相手をノックバックし続けさせることも可能。
良いことづくめに見えるが、当然リスクもあるので注意。
RWは大抵の武器を相殺しない。

しゃがみ Edit

攻撃内容レーザー発射
銃口補正無し
誘導角度無し
有効射程無限
使用ゲージ量60%
発射可能ゲージ量60%以上
ダメージ(最小*最大)158*158
距離減衰無し
転倒値100%(ダウン確定)

レーザー射出。置き攻撃として非常に優秀。
弾速が非常に速く、消費量もレーザー類の中では少なめ。
転倒値も高い。
言うことなしの超優良武器。
 
CWやLWで追いつめ、レーザーで逃げ道をふさぐと強い。
 
旋回する際歩きRWをまきながら行うと、こちらの向いている方向が非常に視認しづらくなる。
旋回レーザーする際はRWを目隠しに使おう。

スライド Edit

攻撃内容リング弾連射
銃口補正有り
誘導角度無し
有効射程29.90m
使用ゲージ量9%
発射可能ゲージ量54%以上
ダメージ(最小*最大)39(x6)*39(x6)
距離減衰無し
転倒値

大量のリングレーザーを撃つ。
当てやすく、クリーンヒットするとなかなか良いダメージ。
 
リングレーザーのくせに弾速がそこそこ高く、相手を拘束する時間も長い。
また、上空まできっちり誘導する。
相手のジャンプに合わせると、相手が無傷で切り抜けることは非常に困難。
 
前ダッシュCWとの組み合わせは鬼連携と言える。

前ダッシュ Edit

攻撃内容リング弾連射
銃口補正無し
誘導角度無し
有効射程約25.00m
使用ゲージ量15%(x4)
発射可能ゲージ量60%以上
ダメージ(最小*最大)77(x4)*77(x4) ※
距離減衰無し
転倒値

リングを数発射出。
消費量が高いが、相手にカスらせやすい。
むしろ初弾からクリーンヒットさせると、相手がノックバック無敵で体勢を立て直して反撃をくらう。
 
発射までが遅いので早めに出さなければならず、そのわりに初弾からヒットさせると反撃確定という非常に使いづらい武器。
しかし、マリアの旋回速度を理解した上で、先だししつつ3発目くらいから当てられる状況と故意に作れるようになると非常に強力。
それでなくとも前ダッシュCWからの連携などで強さを発揮する。
 
※ 連続ヒットさせると3発目でノックバック無敵になる為、最後の一発が無敵状態に吸われる。その為、231ダメージが最大ダメージとなる。

横ダッシュ Edit

攻撃内容3Wayリング弾連射
銃口補正無し
誘導角度無し
有効射程約15.50m
使用ゲージ量17%(x3)
発射可能ゲージ量51%以上
ダメージ(最小*最大)39(x3)*39(x3) ※
距離減衰無し
転倒値

3方向に3発のリングを射出。
射程が短く近距離専用だが、連続ヒットすればそれなりのダメージを見込める。
 
相手のダッシュ攻撃をかわした後、そのままダメージをとる。というような使い方が主。
 
※ 全体の弾数は9発だが、3Wayの間隔が広い為、実際にヒットするのは最大でも3発が限界となる。

後ダッシュ Edit

攻撃内容3Wayリング弾連射
銃口補正無し
誘導角度無し
有効射程約20.00m
使用ゲージ量12%(x4)
発射可能ゲージ量48%以上
ダメージ(最小*最大)51(x4)*51(x4) ※
距離減衰無し
転倒値

3方向にとてもゆっくり進むリングを数発射出。
まだ使い道開拓中。
至近距離で相手がジャンプした際などに使えそうだが…。
 
※ 全体の弾数は12発だが、3Wayの間隔が広い為、実際にヒットするのは最大でも4発が限界となる。

ジャンプ Edit

攻撃内容リング弾連射
銃口補正無し
誘導角度前方約30度
有効射程約65.30m
使用ゲージ量6%(x4)
発射可能ゲージ量24%以上
ダメージ(最小*最大)168(x4)*168(x4) ※
距離減衰無し
転倒値

4発リングを射出。
威力が高くノックバックしやすい。
旋回を混ぜて広範囲にまける。
とても強力。
メイなど、遠距離で誘導性能が高い武器を持っているキャラ相手にはご法度。
明確な反撃手段を持たないキャラ相手には積極的に狙って良い。
 
※ 1ヒットでノックバック無敵状態になる為、実際には1ヒットが限界で4ヒットしない。

LW(プチタンジュ) Edit

プチタンジュの特殊誘導と生存時間について Edit

射出後、各設定距離まで飛んだ後、前方約180度以内で相手方向をサーチして移動開始する。
相手がそれ以上の角度にいる場合は、前ダッシュ版以外は相手方向に近い角度へ前方約180度限界まで曲がり、その後、30度程度の緩い誘導を相手に当たるか消滅するまで繰り返す(最初に旋回し画いた円より内側には曲がらない程度の旋回)。
前ダッシュ版のみ、最初の誘導しか存在せず、誘導角度から外れた場合そのまま最大角度まで曲がったあと直進する。
プチタンジュの最大生存時間は約17秒。勿論、障害物に当たった場合などはその場で消滅する。
 

立ち Edit

攻撃内容プチタンジュ発射
銃口補正無し
誘導角度特殊誘導
有効射程70m以上
使用ゲージ量16%
発射可能ゲージ量16%以上
ダメージ(最小*最大)64*64
距離減衰無し
転倒値

羽の生えた光る弾を1発射出。一定距離だけ速く進み、その後一旦停止してからゆっくり動きだす。
ボタン押しっぱなしで連射可能。
また、このゲームでは珍しく、キャンセルして立ちRWを出すことができる。

しゃがみ Edit

攻撃内容3Wayプチタンジュ発射
銃口補正無し
誘導角度特殊誘導
有効射程70m以上
使用ゲージ量40%
発射可能ゲージ量40%以上
ダメージ(最小*最大)64(x3)*64(x3)
距離減衰無し
転倒値

プチタンジュを3発同時射出。
射出後一旦上空へ行くので、壁を越えやすい。
 
ゲージの大半はこれにまわして良い。
すぐダッシュすれば隙も少ない。
 
しゃがみLW→キャンセルダッシュ→ブレーキ→しゃがみLW→…
は黄金連携。

スライド Edit

攻撃内容3Wayプチタンジュ発射
銃口補正無し
誘導角度特殊誘導
有効射程70m以上
使用ゲージ量40%
発射可能ゲージ量40%以上
ダメージ(最小*最大)64(x3)*64(x3)
距離減衰無し
転倒値

しゃがみ同様で、かつスライドしている方向へ向かって3発同時射出。
スライド中は移動速度が速くなるため、比較的安全に撃てる。
後ろに下がりながら撃つと、後ろダッシュするより速く移動できるため重宝する。
プチタンジュが飛んでいく方向がスライド方向になるため、しゃがみとは違った軌道を描ける。

前ダッシュ Edit

攻撃内容プチタンジュ連射
銃口補正無し
誘導角度特殊誘導 ※
有効射程70m以上
使用ゲージ量20%(x2)
発射可能ゲージ量40%以上
ダメージ(最小*最大)164(x2)*164(x2)
距離減衰無し
転倒値100%(ダウン確定)

2発前方へ射出。
アイの前ビの短い版のような使い方ができる。
 
振り向き性能も高く、つい使ってしまいがちだが、隙はでかいので注意。
転倒値が高く、それは一旦停止してしまってからも変わらないもよう。
通常のプチタンジュに混ぜてまいておくのも手。
 
※ これのみ挙動が他のプチタンジュと異なる。上記「プチタンジュの特殊誘導と生存時間について」を参照。また、確定ダウンする為に連続ヒットしないので、2発とも当てる事はできない。

横ダッシュ Edit

攻撃内容プチタンジュ連射
銃口補正無し
誘導角度特殊誘導
有効射程70m以上
使用ゲージ量20%(x3)
発射可能ゲージ量20%以上 ※
ダメージ(最小*最大)64(x3)*64(x3)
距離減衰無し
転倒値

3発射出。
相手から離れつつまけるが、しゃがみLWに比べて消費量が大きい。
近い距離で相手を転ばせた後、離れつつまきたい。というような場合に有効。
限定状況っぽく見えて、結構頻度は高い。(レーザーで転ばした後などが多い)
 
相手がフリーの状態で使うと、置き攻撃の的。
 
※ 総ゲージ量20×n%以上で1〜3回発射可能

後ダッシュ Edit

攻撃内容プチタンジュ連射
銃口補正無し
誘導角度特殊誘導
有効射程70m以上
使用ゲージ量20%(x3)
発射可能ゲージ量20%以上 ※
ダメージ(最小*最大)64(x3)*64(x3)
距離減衰無し
転倒値

高い位置に向けて3発射出。
横ダッシュと同様の使い道だが、移動速度が遅いため使いづらい。
 
※ 総ゲージ量20×n%以上で1〜3回発射可能

ジャンプ Edit

攻撃内容プチタンジュ連射
銃口補正無し
誘導角度特殊誘導
有効射程70m以上
使用ゲージ量20%(x3)
発射可能ゲージ量20%以上 ※
ダメージ(最小*最大)80(x3)*80(x3)
距離減衰無し
転倒値

3発射出。
マリアの空中制動はお世辞にも良くは無いので、これをばらまき続ける戦術はリスクが大きい。
消費量も大きめなので、あまり使いたくはないが、相手の真上でまくと色々予想外に当たったりする。
 
※ 総ゲージ量20×n%以上で1〜3回発射可能。また、2発でノックバック無敵になる為、3発連続ヒットしない。

CW(ダンスマカブル) Edit

ダンスマカブルの挙動について Edit

前ダッシュCWを除けば、ロックしていなくても問題なし。
(前ダッシュCWも振り向き性能が高いので、実質問題なし)

複数発の弾を発射するモードでは、1発ごとに相手の位置を追いかけて発射する。
そのため相手を長い時間拘束できる。

ダンスマカブルが返ってくるまで、次のダンスマカブルは発射できない。

立ち Edit

攻撃内容ダンスマカブル射出
銃口補正特殊サーチ
誘導角度無し
有効射程無限
使用ゲージ量60%
発射可能ゲージ量60%以上
ダメージ(最小*最大)98(x6)*98(x6) ※
距離減衰無し
転倒値

相手の頭上から6回攻撃してくれる。
消費が少なく射出も早い。
代わりに相手を拘束する能力もそこそこなので、追いつめられた時に使う武器か。
 
※ 2発でノックバック無敵に移行する為、全弾ヒットはしない。

しゃがみ Edit

攻撃内容ダンスマカブル射出
銃口補正特殊サーチ
誘導角度無し
有効射程無限
使用ゲージ量75%
発射可能ゲージ量75%以上
ダメージ(最小*最大)185*185
距離減衰無し
転倒値100%(確定ダウン)

通称ハウス。
現在の相手の頭上に移動した後、その場所に固定。真下に向けて大型のリングレーザーを延々と射出。
(つまり、相手を追いまわさない)
射出されている間、敵はその空間に入れない(入るとダメージをくらって転倒するので)。
 
エレナのように、ガンガン近づいてくるキャラ相手に使うと良い。
自分にとってだけ安全な地帯が出現するのはとても有利。
 
現在、これを出した後に相手をなんとかノックバックさせて、無理やりヒットさせるという擬似連続攻撃が開発されつつある。
なかなか美味しいダメージが入る。

スライド Edit

攻撃内容ダンスマカブル射出+プチタンジュ発射
銃口補正特殊サーチ
誘導角度特殊誘導 ※
有効射程無限
使用ゲージ量65%
発射可能ゲージ量65%以上
ダメージ(最小*最大)64(x6)*64(x6)
距離減衰無し
転倒値

相手の頭上でプチタンジュを6つ射出。
プチタンジュを大量にまく戦術のお供に。
ただしスライド中は移動速度がとても遅いので隙はでかい。
 
しゃがみLWなどのばらまきとともに、併用して使うとステージの中に大量のプチタンジュを散布できる。
隙の大きさは強力さの裏返し。
 
また、相手の頭上をふさぐ形になってくれるため、相手のジャンプを抑制する効果もある。
 
※こちらの特殊誘導については、LWの「プチタンジュの特殊誘導と生存時間について」を参照。

前ダッシュ Edit

攻撃内容ダンスマカブル突撃
銃口補正特殊サーチ
誘導角度無し
有効射程無限
使用ゲージ量75%
発射可能ゲージ量75%以上
ダメージ(最小*最大)179(x2)*179(x2) ※
距離減衰無し
転倒値100%(確定ダウン)

自分の左右に2つの「突撃弾」が作られる。
しばらく後、相手に向かってそれらが突っ込んでいく。
 
見えづらく誘導性能が高い。
また、爆風なども抜ける。(アヤカの爆風のみ抜けない)
さらに「しばらく後」飛んでいく性質のため、相手と完全にすれ違うように撃ってもきちんと相手に向かって飛んでいく。
 
初期は非常に猛威をふるったが、流石に今はきちんとかわされてしまう。
しかし最近になって、この攻撃をからめた新しい起き攻めが開花しつつある…?
 
小技として、発射後ジャンプすることによって発射地点を上に若干移動させることができる。
これによってちょっと高めの壁も越えていく。
 
※ 1発でダウン状態に移行する為、全弾ヒットはしない。

横ダッシュ Edit

攻撃内容ダンスマカブル射出
銃口補正特殊サーチ
誘導角度無し
有効射程無限
使用ゲージ量80%
発射可能ゲージ量80%以上
ダメージ(最小*最大)185(x6)*185(x6) ※
距離減衰無し
転倒値

相手の頭上から細いレーザーを6発射出。
拘束時間が長く、威力もなかなか。
この攻撃で相手にダッシュさせ、レーザーで逃げ道をふさぐのはマリアの基本中の基本の連携。
 
※ 1発でノックバック無敵に移行する為、全弾ヒットはしない。

後ダッシュ Edit

攻撃内容ダンスマカブル射出
銃口補正特殊サーチ
誘導角度無し
有効射程無限
使用ゲージ量60%
発射可能ゲージ量60%以上
ダメージ(最小*最大)160(x6)*160(x6) ※
距離減衰無し
転倒値

相手の頭上からリングを6発射出。
発生までが非常に速く、また速やかに手元にビットが戻ってくる。
いつもと違うタイミングで襲いかかるため、たまにまぜると非常に威力を発揮する。
 
※ 1発でノックバック無敵に移行する為、全弾ヒットはしない。

ジャンプ Edit

攻撃内容ダンスマカブル射出
銃口補正特殊サーチ
誘導角度無し
有効射程無限
使用ゲージ量100%
発射可能ゲージ量100%
ダメージ(最小*最大)213(x6)*213(x6) ※
距離減衰無し
転倒値100%(ダウン確定)

相手の頭上から太いレーザーを6発射出。
威力が高く、拘束時間が長い。
自分のジャンプの着地ごろには相手へのレーザー射出が始まっているため、比較的安全に出せる。
 
あえて相手の近くに着地し、敵の反撃を誘うのも一興。
上手くやれば「相手が勝ち誇ったとき、そいつは既に敗北している」の状況を作り出すこともできる。
 
また、お互いがステージ端にいる時がおもしろい。
このゲームは、空中と地上の間でも体での押しあいができる。
相手がジャンプCWを察知してダッシュしたところを、自分の体でそれを阻害。
結果として移動力が鈍った相手にジャンプCWがヒットするという面白い現象が起こせる。
 
※ 1発でダウン状態に移行する為、全弾ヒットはしない。

近接 Edit

RW Edit

攻撃内容打撃
有効射程2.99m
ダメージ182
転倒値

一回転しながら右手でアッパー。
発生が早めだが威力が低い。

LW Edit

攻撃内容打撃
有効射程3.59m
ダメージ182
転倒値

一回転しながら左手でアッパー。
発生が早めだが威力が低い。

CW Edit

攻撃内容光の槍召喚
有効射程4.99m
ダメージ258
転倒値100%(ダウン確定)

地面から光の槍を何本も生やして前方を攻撃。
ジャンプやガードでキャンセルした後も1、2本程度出るようで、面白い使い方が発見されそうである。
 
なんと踏み込み中(といってもこの技は踏み込みはしないのだが)射撃に対して無敵があることが発覚。
アイ、エレナのように、近接からバックダッシュRWなどをしかけてくる相手に非常に有効であることがわかった。
祈りの最中は神の御加護があるということか。

武器の名前 Edit

ベルフルール:フランス語で「美しい花」という意味
プチタンジュ:フランス語で「小さな天使」という意味
ダンスマカブル:フランス語で「死の舞踏」という意味

前ビカーニバル訓練法 Edit

概要 Edit

とあるマリア使いによって提案された、マリア使い訓練法。
回避よりバラマキを優先してしまう子を矯正するためのトレーニング。
これを乗り越えて、やっとマリア使いのスタートラインに立てる。

準備 Edit

対戦相手にお願いしてアイを使ってもらう。
その際、アイには

  • 前ダッシュRW
  • 前ダッシュLW
  • 前ダッシュCW

のみ使うようにしてもらう。(前ダッシュは前3方向いずれか)
全て撃ち終わりに最速再ダッシュをしてもらう必要があるため、アイ使いはそこそこ慣れている必要がある。

説明 Edit

アイがダッシュ攻撃をしている限り、マリアのCWは前ダッシュCW以外一つも当たらない。
よって、必然的にその他の武器で止める必要が出てくる。
当然LWでは止まらないため、立ちRW、スライドRW、しゃがみRWを駆使する必要があり、すなわちその訓練である。

アイ側の注意点 Edit

アイ側は勝つ事が目的ではないことに注意。
あるタイミングによっては、マリアの攻撃を食らうのが確定な場面もある。
が、気にせず前ダッシュ攻撃を行う。対処できたマリア側の成長と言えよう。
とにかくワンパターンで攻めてあげるように。
 
前ダッシュ攻撃時は、なるべくステージ端に引っかかって静止状態になることの無いよう注意する。
前ダッシュ攻撃は基本的に最速撃ちだが、マリアの甘いジャンプの着地を刈れそうな時などはある程度タイミングを調整してもよい。
 
前ダッシュキャンセルは使わないこと。
それはこの訓練が終わった後、次にやるべき内容。(前ビカーニバルII訓練法)

マリア側の注意点 Edit

RWを有効に使うこと。
前ダッシュ攻撃をかわす時以外に、自ら能動的にジャンプをするのは控えること。
前ダッシュCWを有効に使い、前ダッシュしてくるアイとすれ違うことによって距離を離すのに慣れること。
スライドCWやしゃがみLWは、完全に安全な場面のみ使うこと。