Top > おすすめMOD・武器
HTML convert time to 0.243 sec.


おすすめ武器

Last-modified: 2017-05-15 (月) 01:10:35

おすすめ武器 Edit

時期や用途ごとに武器を紹介する。武器選びやビルドに迷った際の参考に。

最初期 Edit

ゲームスタート時点では設計図から作成する武器は素材が足りないため、クレジットだけで買える武器がメインになる。
課金マネーでの購入は割高のほか、入手素材を除外できるためここでは割愛するが、
最序盤は購入できる武器の種類が少なく、選択肢自体はかなり控えめ。
初期の惑星を脱出し、設計図から武器を作れるようになるまでの繋ぎ、アップデートとして考えよう。

プライマリ Edit

  • BRATON
    • 25,000Crで購入可能なフルオートライフル。
      精度や反動、リロード時間といった取り回し面のスペックが全て良好。
      最初に選択できるMK1-BRATONに比べて精度は落ちているものの、威力と攻撃速度が上がり、火力面はいくらか上がっている。
      最初に武器に迷ったらBRATON兄貴に頼ってみよう。
  • STRUN - 要マスタリーランク1
    • こちらは25,000Crで購入可能なショットガン。ショットガンが好きならこちらを選ぶのも良いだろう。
      U17のショットガン全般の強化に伴い、序盤で入手可能な武器とは思えないほど高火力になった。
      その反面装弾数が少なく、リロードも一発ずつの装填ですぐ射撃に転じられるとはいえ速度自体はかなり遅い部類のため、
      立ち回りにはより工夫が必要になってくるだろう。
  • スペック比較

セカンダリ Edit

  • LATO
    • チュートリアルで入手できるピストル。10,000Crで購入可能。
      マガジンサイズが大きめでリロードが早く、精度も良好と癖がなく使いやすい。
      まずはこの武器でヘッドショットを狙うことを覚えるといいだろう。
      U14で能力が全体的に上方修正され、初期装備でありながら扱いやすい武器となった。
  • MK1-KUNAI
    • チュートリアルで入手できるスローイングダガー。15,000Crで購入可能。
      基礎ダメージが40と非常に高く、序盤のプライマリ武器に勝るとも劣らない威力を持つ。
      リロード時間も比較的短いため取り回しが良いのもポイント。
      ただし、中距離以降では重力の影響を受けて弾道が曲がるため、扱いには慣れが必要となる。
      スローイングダガー共通の例に漏れず、MaduraiMaduraiと極性が二つ付いているため、
      オロキンカタリストなどの強化がなくとも十分に使えるだろう。
    • MK1がとれたKUNAIは、威力が5高いものの、クリティカルの面では劣る性能となっている。
  • Crで入手できる武器のスペック比較

近接 Edit

  • MK1-BO
    • 近接の初期装備の中では優秀な性能をもつスタッフ。
      初期の近接武器で迷ったときは、まずこれを選択して間違いない。
      初期極性にVazarin極性を持つ。
    • MK1のとれたBOは基礎威力が5上がるだけなのでクレジットや素材に余裕が出来るまではMK1を使い続けた方がいい。ただしBOはKUNAIと共に所有していることで強力なスタッフであるTIPEDOへの乗り換えがすんなり行く。

MOD Edit

基本的には手に入れたMODを強化しつつ装着すればよい。
その中でもSerration(プライマリ用)、Pressure Point(近接用)等の基礎ダメージ上昇MODは殲滅力に直結するため、優先的に装着したい。
また、チュートリアルで入手するDAMAGED MOD(損傷しているMOD)は通常のMODの下位互換的な存在だが、
序盤を乗り切るには十分すぎる性能を持つので、能力が低いからと肥やしにせず積極的に強化・装着しよう。
プライマリのDAMAGED MODは複数手に入るため、連射力重視や弾薬重視といった自分好みのMOD構成を探してみるのも良いだろう。

ゲームに慣れてきたら Edit

※ずっと同じ武器ではマスタリーランク(以下MR)は上がらないので、多くの武器等を使う必要がある。
基本的にはランク30まで上げたら売って、使った事の無い別の武器を30にするのを繰り返してMRを稼ぎます。
せっかく育てた武器を売りたくなかったり、フォーマで更に強化したいという人はプラチナで武器スロット枠の購入が必要になる。
色々な武器を試して自分好みの武器を見つけよう。
ここではMRが2までに製作できるもので、惑星開拓序盤〜中盤までで活躍する扱い易い武器を紹介。

プライマリ Edit

  • KARAK
    • 即着弾で火力を上げたBRATONのようなフルオートライフル。
      マガジン装弾数が30と少ないものの、威力と連射速度の割にリコイルが少なく安定性が高い。
      しっかりとした指切りを心がければさらに安定性は向上する。
      初期極性にMadurai極性を持つ。
  • BOLTOR - 要マスタリーランク2
    • 威力、連射力、弾数等、基本スペックが高い水準でまとまった初心者向けライフル。
      即着弾ではない(撃ってから当たるまでにタイムラグが存在する)ため動いている敵に当てにくいという欠点があるものの、扱いやすく総合力に優れる。
      MODの充実やSOMA等の高ランク武器確保までの繋ぎとして十分な強さを発揮する一丁。
      初期極性にVazarin極性を持つ。
  • LATRON
    • 精度と単発ダメージに優れるセミオートライフル。
      プレイヤーに正確な射撃を要求するが、丁寧に弱点へ当ててゆくことで相応の戦果を挙げてくれる。
      一撃を重視するタイプの武器だが、発射速度やリロード時間といった取り回し面の性能もそれなり。
      的確に当てられるなら、単発ダメージの高さから弾持ちにも優れる。
      初期極性にMadurai極性を持つ。
      素材にモーフィクスを5個必要とするのは厳しいところ。
  • BURSTON
    • 3点バーストとなったBRATONのいわゆるマイナーチェンジ版。
      1トリガー3点射の総合的なダメージとしてはBRATONの1.5倍となり、セミオートの入門用としては十分な性能。
      それなりに反動が強く銃口が跳ね上がるため、遠距離の精密射撃にはあまり向かない。
      初期極性にMadurai極性を持つ。

セカンダリ Edit

  • LEX
    • マーケットで50,000Crで購入できるマグナム。
      AKLEXの素材にもなるため、作成前にはランク30まで上げておきたい。
      発射レートが低いものの単発威力は高めで、しっかりと狙えば十分なダメージを出せる。
      初期極性にMadurai極性を持つ。
  • BRONCO
    • ピストル弾薬を使って散弾を撃つハンドキャノン。
      マガジンはたったの二発入りだが、リロードはわずか一秒のため、ストレス知らず。
      散弾銃のため近づかなければ威力は出ないが、散弾一発あたりの威力は高め。
      性能的にはBRAKKDETRONに及ばない面もあるが、距離減衰もなく、即着弾という長所がある。

近接 Edit

  • AMPHIS
    • 威力、振りの早さがともに優秀で初期極性も持っている優秀なスタッフ。攻撃範囲もそこそこ。
      ただし、スタンスMODなしでの構え格闘は3段目が非常に遅いので、クイック格闘メインでの使用がオススメ。
      ジャンプ攻撃には確定で感電効果があるが、ダウンを取れないという欠点もある。
      初期極性にNaramon極性を持つ。
  • DUAL ZOREN - 要マスタリーランク2
    • デュアルソード系武器。
      かつてジャンプスライディング格闘による高速長距離移動が可能であった頃は移動手段として特に有名だった。
      攻撃面も多少低めの攻撃力を攻撃速度とクリティカル周りの高さで補っており非常に優秀。
      作成素材にモーフィクスを4個必要とすることには注意。
      初期極性にVazarin極性を持つ。
  • ETHER SWORD
    • ロングソード系武器。
      ランク0で作成でき、必要素材も序盤の惑星で集められる。
      ジャンプ攻撃で放射線異常を与えられるのも特徴的。序盤のお供に持っておいて損はない。
  • NAMI SOLO
    • マチェット系武器。
      序盤のクエスト(Vorの秘宝、博士の計略)中にアルゴンペグマタイトを見つけることさえできれば、地球と金星のコモンな素材で作ることができる。地球の敵がドロップするスタンスSundering Weaveもかなり入手しやすい。
      地球や金星の潜入ミッションでVicious FrostとVolcanic Edgeを入手できれば状態異常確率を55%まで上げることができる。

武器のビルドについて Edit

序盤は武器の基礎威力である程度なんとかなるが、敵のレベルの上昇や大型の敵の出現により、だんだんと敵の固さに苦労するようになる。
そこで、武器の基礎的な強化に加えて、各種ダメージMODにより敵との相性を考える必要が出てくる。
ダメージに関してはダメージの仕組み、ダメージMODの構成に迷ったときは構成例を参考に。

 

また、基本的にMODの効果は割合によって強化されるので長所を伸ばすようにMODの適用をするのがよい。
状態異常確率の高い武器には、かつてイベントで配布された属性と状態異常確率を上げるMODとの相性がよく、現在では潜入ミッションなどですべて入手することが可能となっている。
状態異常については各ダメージタイプの追加効果詳細を参照。

マーケットで買えるオススメ武器 Edit

基本的に開拓している時期は、荷物にならないよう1つはしっかりと鍛えた武器やフレームを持って行きながら
育成も同時進行で行ってランクを上げておくと効率がいい。
素材の入手が困難なものもあるため、手の届く範囲で作ってみたいものを試してお気に入りを探すといい。

 

ここではショップで設計図を買うことができる良・強武器の類を紹介しているが、
しっかりと強化すれば大抵の武器でどこでも十分に戦える。
ゆえに気に入った武器にカタリストを挿すのにそれほど深く悩む必要はない。

 

一つ注意する点としては、セカンダリとプライマリの相性をきちんと考えるということ。
BRATONなどの弾をばらまくことで火力を発揮する武器は弾切れを起こしやすいため、
セカンダリには単発高威力の武器を持って新しい弾薬を取得するまでの間を保たせたり、
スナイパーライフルのように大量の敵を捌きづらい武器を持った場合は、
瞬間火力の高い武器を用意して急場を凌ぐようにしたりと、状況に応じたチョイスが重要。

 

特に、救出ミッションを除いたほとんどのミッションでは敵の群れを処理するシーンが多発するため、
連射力やリロード速度に問題のある武器は敵に押し込まれやすい。
フレーム本体のパワーやセカンダリ・近接攻撃を上手く組み合わせ、穴のない構成を心がけると実際安心できる。

プライマリ Edit

ライフル系フルオート

  • SOMA - 要マスタリーランク6
    • ベースダメージは低いものの、倍率3.0 発生率30%というクリティカルに特化した仕様のため、実際の火力は高い。
      また、頭部などの弱点へのダメージ補正とクリティカルがスタックするため、強化しきった際の威力は抜群。
      マーケット品ながらもMaduraiMaduraiと極性を2つ持ち、育成のストレスも少ない。
      バリアなどのクリティカルが出ない対象には非力なので注意しよう。
  • GRAKATA
    • 基礎威力は低いものの、高レベルの敵を相手にするには重要なクリティカル性能と状態異常付加率が高い。
      さらに、高い連射力と所持弾数ボーナス(ライフル弾を750発まで所持可能)という長所もある。
      銃単体での火力よりMODの受け皿としての性能に優れており、
      十分に育ったMod類を用意し、カタリストとフォーマを注ぎ込むことで本領を発揮するベテラン向けの銃。
      そのため、それらが十分に揃わぬうちは「グラカタならぬガラクタ」と揶揄される性能でもある。

ライフル系セミオート

  • HIND
    • バースト銃。リコイルが抑えられており初心者にも扱いやすく、基礎威力もなかなかのもの。
      発射速度を上げる事でバーストの間隔も短縮される上に、リコイルも抑えられてより扱いやすくなる。
      欠点としては素材にニューロードを6個使うため、初心者向けといいつつ初心者には作りにくい。

ショットガン

  • DRAKGOON - 要マスタリーランク3
    • バラマキ発射と一点集中発射を切り替えることができる特殊なショットガン。
      弾速があるがショットガン特有の距離減衰がなく、チャージした場合はかなりの高威力+オブジェクト貫通効果がつく。
      一撃必殺が好きなショットガンナーのあなたに。
  • TIGRIS - 要マスタリーランク4
    • 異常なまでの火力を誇る水平二連ショットガン。
      射撃モードが特殊なダブルバレルタイプとなっており、射撃ボタンを押した時と離した時で1発ずつ発射する。
      リロード速度は比較的早いものの、マガジンは2と非常に少なく取り回しが悪い。
      だがそれを補って有り余るほどの高い火力が魅力の一品。
      初期極性が無いことと、自慢の火力を存分に生かせる高レベル帯以外では取り回しの悪さばかりが目立つことが難点か。
      MOD構成はリロード速度を重点的に強化し、残りは火力系MODを入れるのが良いだろう。
      上位版としてシンジケート武器となったSANCTI TIGRISとPrime版のTIGRIS PRIMEが存在するが、そちらは要求ランクがそれぞれ12、13と非常に高い。
  • KOHM - 要マスタリーランク2
    • スピンアップとともにペレット数が増加する特殊なフルオートショットガン。
      ペレット数の増加とともに集弾率が大幅に下がるため、ばら撒いて使うことになりやすい。
      更には消費弾数も増加してくので、何も考えず連射すると大容量マガジンもすぐに空っぽになってしまう。
      そのため適度に指切りしてスピンアップを調整する必要がある。
      即着弾、距離減衰有り、1mオブジェクト貫通。
      VOIDでのみ入手可能なアルゴンクリスタルを素材とするのも厳しいところか。
      初期極性にVazarin極性を持つが、この段階だと人によっては邪魔かもしれない。
  • HEK - 要マスタリーランク4
    • 4連銃身式のセミオートショットガン。U17で威力が大幅に上昇した。
      スティール・メリディアンの増強MODを使用することでさらに威力が大幅に向上する。
      集弾率が高く中距離からも積極的に狙っていける。
      一方、装弾数は4と少なめなので何らかの対策はしたいところ。

スナイパーライフル、ハンティングボウ

  • VECTIS - 要マスタリーランク3
    • 一発ごとにリロードを行うスナイパーライフル。
      一見いかにも取っつきづらそうな性能に見えるが、
      これ以外のスナイパーライフルが常に悩まされる、発射レートの低さや長いリロード時間から解放されており、
      純粋に威力が上がるMODだけを詰め込んでいくだけで強くなれるという扱いやすい銃。
      完全な単発式だが、初期極性にMadurai極性を持ちベースダメージもぶっちぎりと、低ランクのうちから強い。
      製作にニューロード4個とオロキンセル4個を使うのが面倒ではある。
       
      Prime版が存在しており、そちらは基礎ダメージが大きく強化され、またマガジンが2発になっている。
      リロ速アップ・マガジンダウンのODMOD、Depleted Reloadを装着することでリロ速を上げつつマガジンサイズを1にできる。
  • CERNOS
    • マーケットで買える弓の中では優秀。
      静音武器で単発威力に優れるため、ステルスが重要になるミッションでは使える。
      弾速があるがチャージにより、威力アップとオブジェクト貫通の効果が見込める。
      もっとも、ストーカーがドロップするDREADが入手に運が絡むものの店売りのどれよりも優秀なため、
      できれば店売りの弓はお試し程度に触っておき、カタリストやフォーマの強化は早まらないことをオススメ。
      MUTALIST CERNOSの素材となる
      初期極性にMadurai極性を持つ。

射出系

  • PENTA - 要マスタリーランク6
    • 遠隔起爆式のコーパス製グレネードランチャー。
      基礎火力が高く、範囲攻撃可能で自爆判定を持つ
      爆破のタイミングを任意にコントロールできるので、自爆判定を持つ武器の中では、比較的扱いやすい。
      曲射するため射程に限りはあるが、障害物越しに敵を空爆することも可能。
      あまり動かず大量の敵を捌く防衛系ミッションと相性がいいが、通常ミッションでも曲射の特性はなかなか便利。
  • TONKOR - 要マスタリーランク5
    • 放物線軌道の低速弾を射出するグリニア製グレネードランチャー。
      直接敵に当てることで起爆する、敵に当たらなかった場合は地形にバウンドし3秒後に起爆、自爆判定を持つ
      取り回しは最低クラスだが、基礎威力、クリティカル性能共に高く、対高レベルで頼もしい殲滅力をみせてくれる。
      当てにくいが当たりさえすれば高火力と如何にもロマン枠の武器に見えるが、その余りある高火力を背景に取り回し系MODに枠を割く選択も採りやすい。
    • Update20の調整で、自爆死率の高い危険な武器と化した、移動系ミッションでの運用は絶望的なものとなっている。

セカンダリ Edit

セミオートピストル

  • VASTO
    • リロード・装弾・威力・精度・クリティカル関連と、どこをとっても弱点がない。
      Naramon極性のModで基礎性能を補填することなく、威力を重視していけることも含めて、使いやすさはご安心。
      さらに初期極性にMaduraiがあるので、強化もしやすい。
      必要素材は量こそ多いものの、いずれも『Vorの秘宝』クリア直後から集められるため、ニューロード以外は開拓を進めれば自然と集まっていることだろう。
      アキンボスタイルにしてリロードを犠牲にするよりも、1丁のまま使う方がいい場合もあるので、
      アキンボとの違いをみて自分に合った武器をみつけるといい。
    • プライム版にVASTO PRIMEがあり、威力、クリ倍率及び状態異常確率が強化されている。
  • TYSIS - 要マスタリーランク4
    • 店で設計図を買える。今のところゲーム中最も状態異常が高く、100%以上にすることも可能。
      基礎威力が腐食なので複合属性を3種類にすることも可能。
      ただし弾速が遅めなことと能力を発揮するためのMODの入手が限定的。
  • AKBOLTO
    • 貫通ダメージ特化の矢弾を高レートで発射可能。
      マガジンの容量が初期で30発と大きく、発射レートも高いことから、集団に対処しやすい。
      クリティカル率が高くないのでヘッドショットを狙うより、腰だめ狙いでばら撒いて使う武器。
      素材とクレジットを結構な量消費するのが難点。また即着弾でないので慣れが必要。
      初期極性にVazarin極性を持つ。
    • シンジケート武器にTELOS AKBOLTOがあり、威力、クリ率及び状態異常が強化されている。
      そちらは初期極性にVazarinNaramon極性を持つ。
  • AKLEX
    • 貫通に重点を置いた高いベースダメージとクリティカル率を備えており、単発威力に優れたアキンボピストル。
      他と比べて発射レートは控えめだが、一発が重いので数を打ち込む必要が少なく弾保ちが非常に良い。
      しかし、強過ぎるリコイルのせいで連射すると二発目以降が当たり難いので、高い命中精度を生かし距離を取ってからの単発撃ちで弱点を狙撃するか、逆に一気に距離を詰めて身を隠しながら高威力の弾丸を叩き込もう。
      シングル版の弱点だった部分はリロード速度を除いておおむね補強されているため、強化版といってもいい。
      弱点を狙い撃つことができればワンショットワンキル出来るレベル帯が広く、腕に自信のあるプレイヤー向け。
      クレジットさえあればオロキンセルだけで作成することができるのも大きな長所。
  • AKMAGNUS
    • リロードが長く、製作にもやたらと時間がかかるが
      クリティカル、状態異常確率ともに高くバランスが良い。
      また、なぜか2丁になるとリコイルがおさえられており、リロード以外では良好な使い勝手。
      精度が低くヘッドショットは狙いにくい。
      状態異常とダメージを両立させたいプレイヤーにオススメ。
  • AKVASTO
    • VASTOの長所であるバランス性を受け継いだアキンボピストル。
      リロード速度が伸びたものの、発射レートの高さとマガジン容量の高さで弾幕を張ることで敵集団を処理出来る。
      気安く弾をバラ撒ける特性上、AKLEXほど射撃精度に依存しないのも魅力。
      結構な素材と時間が掛かるのがネック。
  • SONICOR - 要マスタリーランク2
    • 弾速のあるエネルギー弾を発射する特殊な武器。エネルギー弾は一定距離飛ぶか直接ヒットで爆発し、高確率でラグドール化か衝撃によるノックバックを与える。
      エネルギー弾が壁や天井などに当たると反射して飛ぶ。
      特筆すべきはそのCC能力。比較的早めの射撃速度によりばら撒くだけで敵を散らす事ができる。ゲーム内説明文にある通り「非常に満足」できるだろう。
      問題点としては敵を散らしすぎる事と飛距離の短さ。遠距離に対しては手も足も出ない上、適当に撃つと味方が倒そうとしている敵をあらぬ方向へ吹っ飛ばしてしまい、余計な手間がかかるだけとなる事も。
      PTプレイ時には特に使用に注意しよう。

フルオートピストル

  • TWIN GRAKATAS
    • 「GRAKATAを 2丁持ったら セカンダリ」という謎理論のツインフルオートライフルピストル。
      カテゴリ内でのクリティカル性能はダントツ、発射速度も2位タイ、しかし状態異常率はなぜか減少した。
      GRAKATAと同様に、カタリストとフォーマを惜しみなく投入し、十分に育ったMODを装着することで真価を発揮する大器晩成型の銃である。
      プライマリにもGRAKATAを装備して三丁流でミッションに出てみるのもいいだろう。GRAKATAガンブレードはよ
      合体にフォーマを要するのがネック。

スローイングダガー

  • KUNAIHIKOU - 要マスタリーランク2
    • 古式ゆかしいニンジャアトモスフィアを醸し出す、音も無く敵を葬るステルス投擲武器。
      フルオートだがリロードが0.8秒と圧倒的に速く、取り回しがきく。
      また、初期極性がMaduraiMaduraiで強化しやすい。
      ランク2になったらひとまずどちらかを作っておくと長い間活躍してくれる。
      欠点は弾速が遅く、弾道が重力の影響を受けるため当てるのに慣れが必要。
      発射レートが遅めなKUNAIで扱いにくさを感じたら、手数で当てにくさを補えるHIKOUを選ぶと良い、ただしその分弾薬効率は悪くなる。
      生産材料がかなり多い(入手自体は序盤の星系)ので作るには少々の根気が必要。
    • KUNAIの上位互換であるDESPAIRは、プラチナ購入かストーカーからのドロップのみ。
      手に入りにくいが、手に入れば戦闘は大幅に楽になるので、STALKERが出たら是非とも倒そう。

ホールド

  • ATOMOS
    • グリニア製試作兵器、火炎ビームを照射し照射対象の周囲の敵にも連鎖する。
      素の状態では射程、連鎖距離共に短く扱いづらいが、照射距離を延長するMOD(Ruinous Extension)を入れると劇的に性能が向上する。
      精度が悪く狙ったところにビームが飛ばないのが玉に傷。

近接 Edit

  • DUAL CLEAVERS - 要マスタリーランク3
    • DUAL ICHORと同じDUAL SWORDカテゴリの猛者。
      攻撃速度も状態異常発生率も下がっているが、初期極性がより扱いやすいMaduraiでダメージタイプも切断ダメージ。
      生産素材もやさしめなうえ、必要ランクも低いので、早い段階からお世話になることが出来る。
      またスティール・メリディアンの増強MODを使う事で火力が大幅に上昇する。
      欠点としては攻撃速度が低い事が挙げられる。近接MODのBerserkerを入れるなどして対策しよう。
      上位版としてPRISMA DUAL CLEAVERSがある。問題点だった攻撃速度が上昇しており、増強MODも装着出来るため入手できたら乗り換えよう。問題はまれにしかVOID商人が売ってくれない事。
      Update18.4.1の新Mod、Blood Rushの登場で大幅強化。確定赤クリティカルによるクリティカル倍率乗算ですさまじい火力を出す。
  • OBEX
    • 攻撃速度とクリティカル率に特化した格闘武器。
      リーチが短い代わりに攻撃速度が異常に早く、ヒットする間合いでは驚きの速度でコンボ数が増えていく。
      特にModを注ぎ込むことなく、ベースの性能だけでボコボコに出来るだけの瞬間火力は持っているため、
      取りあえず殴って倒せる相手には安上がりで強力。
      状態異常発生率も悪くないため、腐食を持たせればアーマ削り性能も高い。
      Update18.4.1の新Mod、Blood Rushの登場で、瞬く間にコンボ数を稼ぐ確定赤クリティカルの高火力撲殺兵器と化した。
  • TIPEDO - 要マスタリーランク3
    • スタッフでありながら、切断メインの近接武器。攻撃範囲も広く扱いやすい。
      基礎威力はAMPHISにわずかに劣るものの、クリティカルと状態異常の点は勝っている。
      ただ、素材にBOKUNAIを使うので、まずこれらをランク30まで育ててから製作することをおすすめする。
      初期極性にVazarin極性を持つ。
      下記で紹介するLESIONの素材になる。
  • GALATINE - 要マスタリーランク3
    • 火力はカテゴリ内で中堅だが、速度と範囲に優れ扱いやすい。
      ヘビー(AXES)カテゴリのスタンス、Cleaving WhirlwindとTempo Royaleが非常に優秀、スタンスの持つモーション倍率が飛びぬけており、桁の違う火力を広範囲に出力する。
      Update18.4.1で登場した新Modの影響で近接の勢力図は変わりつつあるが、良好な使い勝手と、その威厳ある外観からも愛用者が多い。
      NEKROS PRIMEと同時にPrime版となるGALATINE PRIMEが実装された。
  • LESION - 要マスタリーランク7
    • ポールアームの中では高い火力と状態異常確率30%、更に状態異常発生時に6秒間性能強化という特殊能力を持ち合わせている。 ただしスラム範囲が3mと同カテゴリではかなり短い。
      Update 19.2.0で実装されたmod、Condition Overloadを装着すれば状態異常発生で近接ダメージボーナスが発生し、更に状態異常バフによって性能が向上するため、最強クラスの近接武器と言っても過言ではない。

頼りになるコンパニオン Edit

Warframeには、プレイヤーに随伴して火力支援や補助を行ってくれるコンパニオンが存在する。
コンパニオンの種類は大別してセンチネルとペットの2種類に分かれており、前者はマーケットから現物や設計図を購入でき、後者はクエストのチュートリアルとして1匹目のクブロウを獲得できる。

  • センチネルは浮遊する小さなドローンである。多彩な共通プリセプトMODやセンチネル武器などによる幅広い支援が魅力的だが、耐久力は低めの傾向にある。
    また、センチネル武器の使用には、射撃プリセプトMODを装着する必要がある。
  • ペットは狼や猫などのような見た目の獣を連れ歩くことができる。健康度と忠誠度に応じてヘルスと攻撃力が変動し、健康度が0%になるとDNA崩壊によって完全に死亡し、ロストしてしまう。
    こちらは射程内の敵を自動的に追い掛け回し、爪や牙による鋭い近接攻撃を仕掛ける。各ペットの専用プリセプトMODで、更に強力な攻撃行動や支援行動を取らせることもできる。

センチネル Edit

  • CARRIER
    • マーケットで設計図を購入できる、袋に掃除機が組み合わさったような形のセンチネル。
      専用プリセプトAmmo Caseは、プライマリ及びセカンダリの弾薬所持量を増加させ、更に一定秒数毎に未使用弾薬を変換する。
      弾薬消費が激しい武器の継戦能力を高めてくれる。トリガーハッピーなテンノにもオススメ。
      ヘルスと装甲値が強化され、生存能力が格段に上がったPrime版が存在する。
  • 付属の武器SWEEPERは、敵をよろめかせるほどの強力な散弾を放つセンチネル武器である。
    CARRIER PRIMEを入手すると、元武器から多方面で強化されたSWEEPER PRIMEも付属される。
  • HELIOS - クラン武器
    • エネルギーラボの研究で設計図が手に入る、複数の浮遊パーツで構成されたセンチネル。
      専用プリセプトInvestigatorは、ギアスロットに装備しているコーデックススキャナーを使って付近の敵を自動的にスキャンしてくれる。
      戦いの最中でも情報収集を欠かさないテンノにオススメ。がんがんスキャンして、コーデックスを充実させよう。
      ただしシンセシスターゲットに対してはスキャンを行わないため、自力で対処しよう。
      ヘルスと装甲値が強化されたPrime版が存在する。
  • 付属の専用武器DECONSTRUCTORは、ブーメランのようにパーツを飛ばして攻撃する近接武器である。
    射撃プリセプトTargetingReceptorを強化することで、飛ばすパーツの数を増やすことができる。
    HERIOS PRIMEを入手することで、元武器から基礎ダメージが強化されたDECONSTRUCTOR PRIMEも付属される。
  • SHADE
    • マーケットで購入できる、クラゲのようなセンチネル。
      隠密性能に長けており、専用プリセプトGhostで付近の敵から身を隠すことができる。また、射撃プリセプトは攻撃を受けた時にしか動かないため、いっそのこと他のプリセプトに換装してしまうのもアリか。
      MODが貧弱な序盤から活躍でき、特に潜入、妨害のミッション周回に大きな適性を見せてくれるだろう。
      Baro Ki'teer限定販売のPrisma版が存在する。
  • 付属の武器BURST LASERは三点バーストのレーザー弾を発射するセンチネル武器である。
    PRISMA SHADEを入手すると、ダメージと状態異常率が強化されたPRISMA BURST LASERも付属される。
  • TAXON
    • 長き眠りから目覚めたテンノが最初に手に入れるであろう×字型のセンチネル。
      必要素材やクレジットなどが非常に低コストであるため、非常に手に入れやすくなっている。
      テンノたちの護衛として設計されたこのセンチネルは、専用プリセプトMolecular Conversionで与えたダメージをフレームのシールドに転換してくれる。
      転換されたシールドは最大1200のオーバーシールドとして蓄積することができ、序盤での生存能力を飛躍的に高めてくれる。
  • 付属の武器ARTAXは冷気ダメージのビームを発射し、敵を氷漬けにするセンチネル武器である。
    武器自体の基礎性能は非常に低いが、攻撃対象にビームが掠っただけでも確定で冷気の状態異常を与えることができる。
    この冷気異常は元々の属性とは別枠で発生するため、感染&冷気など冷気絡みの複合属性と冷気の状態異常を共存させることも可能である。
  • 設計図は地球の、金星ジャンクションのクリア報酬として手に入る。

ペット Edit

  • HURAS クブロウ
    • 静かに素早く獲物を狩ることに長けたクブロウ種。
      専用プリセプトStalkは、近くに敵がいる時に自身と飼い主を透明化させる。
      センチネルSHADEのGhostと同じだが、こちらは感知範囲が広く、また透明化中にクブロウが攻撃することがある。
      妨害や確保など、周回系のミッションに連れて行くといいだろう。
  • SAHASA クブロウ
    • 野生のクブロウが行う穴掘り遊びを戦術的に活用させたクブロウ種。
      専用プリセプトDigは、穴を掘ってオーブや弾薬を補給してくれる。最大まで強化するとエネルギーオーブを2〜3個供給してくれるようになるため、エネルギー切れの心配が少なくなる。
      特に定点に留まる必要のある防衛系のミッションで活躍できるだろう。
  • SMEETA キャバット
    • マイペースだが強い力を秘めるキャバット種。
      専用プリセプトCharmは、ミッション中レア素材のドロップ率を上げてくれるだけではなく、一時的にレッドクリティカルを発生させたり、リロードを即時完了させたりと、飼い主に様々な幸運が降りかかる。
      福を招く猫のように、このキャバットを願掛けに連れ歩いてみてはいかがだろうか。

おすすめMOD Edit

  • Animal Instinct - ナイトメアMOD
    • コンパニオンに装着するエネミー・アイテムレーダー。コンパニオンが生存している限り、効果を発揮する。
      最大ランク時のエネミー感知範囲は18m、アイテム感知範囲は30m。

センチネル

  • Enhanced Vitality, Calculated Redirection, Metal Fiber
    • それぞれセンチネルのヘルス、シールド、装甲値を増加させる。
      うちシールドを強化するCalculated Redirectionは、シールド容量の多いセンチネルがほとんどないため
      割に合わない感があるが、Sanctuaryを強化できる点が一番のメリットである。
  • Sanctuary
    • ダウンした味方を復活させる時にバリアを貼り、被弾を阻止してくれる。シールド強化MODでバリアを強化できる。
      ランク10であるため強化に手間がかかるが、強化しきれば対高レベルでもほぼ無傷で蘇生させることができるようになる。
  • Guardian, Medi-Ray
    • 前者はプレイヤーのシールドが尽きた時に瞬時にシールドを貼り直し、後者はプレイヤーのヘルスを徐々に回復させる。
      プレイヤーの生存能力を格段に高めてくれるプリセプトであり、後者は特に『因果応報の戒律』第1ステージなどで活躍できる。
  • Regen
    • センチネルが壊された際に一度だけ復活できるMOD。センチネルの低い生存能力を補える。
      Baro Ki'Teer限定販売のPrime版があり、こちらは最大3回まで復活できるようになる。
  • Vacuum
    • 秘めたVacuum HF2で共通プリセプトMODとなったVacuum。センチネルの制作完了時に付属される。
      最大ランクで12m以内のアイテムを吸引する。

ペット

  • Link Health, Link Shields, Link Armor
    • 装備中のWarframeのヘルス、シールド、装甲値をペットのステータスに加算するMOD。
      使用するフレームの耐久力が高いほど大きな効果を発揮する。
  • Pack Leader
    • プレイヤーが近接攻撃でダメージを与えると、ペットのヘルスを回復させるMOD。
      ペット版LifeStrikeに似たような感じだが、前述のとおりプレイヤーの近接攻撃がキーとなる。
  • Loyal Companion, Medi-Pet Kit
    • ペットのダウンタイマーを延長するMOD。
      ペットは一度死亡するとそのミッション内で復活できず、忠誠度が下がって火力も落ちてしまう。
      それを防ぐためにも、ダウンタイマーの延長による生存率強化は重要であるといえる。
      後者はヘルスを徐々に回復する効果もある。
  • Bite, Maul
    • ペットの攻撃力を強化するMOD。前者はクリティカル性能を、後者は近接ダメージを高める。
      しかし、MaulはともかくBiteの入手確率がてんで低いことに注意。
  • Shelter
    • ペット版Sanctuaryと言ってよいMOD。こちらもシールド強化MODでバリアの強度を高められる。

入手が特殊な武器 Edit

開拓中でも手を伸ばせば手に入る範囲でのオススメ武器や、用途が特別だったりクセが強いがオススメできる物をまとめる。
入手にクラン加入が必須だったり、オロキンボイドで設計図やパーツ集めが必要になるものもあるが、
武器によっては最上位でも通用するものも存在する。入手難易度=強さではないため注意。

Prime武器 Edit

プライム武器は自力で集めるのが大変だが、トレードですぐ手に入れることも可能である。
通常版よりも性能がひと回り強化され、中には非常に性能が高く設定されているものもある。
製作にはいずれもオロキンセルが大量に必要になるため注意。

 

プライマリ

  • BRATON PRIME
    • BRATONの使い勝手はそのままに、基礎威力の大幅アップ、発射速度とクリ関係が強化されている。
      フルオートライフルのなかでもGRAKATAと同様状態異常確率が高い。
      基礎威力の高さからGRAKATAとは差別化できているといえる。
      ただし所持弾数が減少しているため、残弾数には常に気を配る必要がある。
  • BURSTON PRIME
    • 通常版のBURSTONよりも威力・連射速度・状態異常確率が向上しており、攻撃性能が高まっている。
      バースト射撃故に理論上の火力は出し辛いが、高精度に低リコイルでかつリロードが2.0秒と大変扱いやすい。
      また、シンジケートmodが存在し発射速度UPに「真実」による範囲攻撃と回復が付き有り難い一品へと昇華する。
      難点としてクリティカル関連の低さと状態異常が15%と特化するには少し物足りない点がある。
  • SOMA PRIME - 要マスタリーランク6
    • 攻撃力と状態異常確率が強化され、更に強くなったSOMA。
      加えてマガジンと所持弾数が大幅に増加しており、スピンアップ速度も改善されている。
      バリアなどのクリティカルが出ない相手に対して非力なのは変わっていないので注意。
      初期極性にMaduraiMadurai極性を持つ。
  • PARIS PRIME - 要マスタリーランク4
    • クリ率のMODを入れることでクリティカルが100%を越え、大きなダメージが期待できる。
      同じくクリティカルが100%を超える武器のDREADとの違いは、DREADが切断主体であるのに対して、こちらは貫通主体の基礎ダメージとなる。
      弓をつがえる速さや弾速に差があるようだが体感するのは難しい。
      初期極性にMaduraiNaramon極性を持つ。

セカンダリ

  • AKSTILETTO PRIME - 要マスタリーランク5
    • AKSTILETTOの強化版。
      基礎威力と状態異常率が元の2倍という破格の強化が施されており、その射撃性能はプライマリのBRATON PRIMEに引けを取らないどころか勝っている部分が多い。
      発射速度こそ大きく下がったものの、大抵のビルドでLethal Torrentを挿れるので無問題。むしろ、指切りでの弾数・リコイル制御がしやすくなったと考えれば…
      初期極性にMaduraiNaramon極性を持つ。
  • LEX PRIME
    • 通常版LEXから基礎威力・クリティカル率・状態異常確率、全てが大幅に上がっている。
      さらには発射速度もほぼ2倍となり、通常版に比べ驚くほど使い勝手が良くなってると感じるだろう。
      同じく高水準なMARELOKと比べると、リロード速度・状態異常確率には負けるが
      クリティカル関係・精度・低リコイルで勝っており、
      その癖の少なさからどんな場面でも活躍出来る安定さを備えた銃である。
      また、各パーツは全てコモン枠であるため、オロキンセルさえあればお手軽に作れる所も魅力的。
      初期極性にMadurai極性を持つ。
  • SPIRA PRIME - 要マスタリーランク3
    • ドリルのような見た目をしている、SPIRAのPRIME版。
      基礎威力は元武器から若干落ちたが、クリティカル率とクリティカルダメージはセカンダリでトップを誇る。
      スローイング武器特有の弾道に慣れていれば、クリティカルヘッドショットは容易いだろう。

近接

  • ORTHOS PRIME - 要マスタリーランク2
    • ORTHOSの強化版、攻撃速度が改善されており非常に使いやすい。
      コンボ一段目の横薙ぎ(クイック・メレーモード共通)とスライディング格闘の範囲が非常に広く、MODで範囲を強化すれば、表示上は刃の届いていない距離の相手も容赦なく斬り捨てる。
  • DUAL KAMAS PRIME - 要マスタリーランク6
    • DUAL KAMASの強化版。威力、状態異常、クリティカル、攻撃速度のどれもが、もはや元の面影を感じさせないほどの高水準で纏められている。
      スピンアタックも非常に強力で、範囲を強化すれば多数の敵を一回りで葬れる。
      初期極性にMadurai極性を持つ。

その他

  • KAVASA PRIME チョーカー
    • ペット枠にクブロウを装備している人にとっては重要な外装。
      これを装着させることでクブロウのヘルスとシールドを10、装甲値を100強化できる。
      特に装甲値の強化量は非常に大きく、クブロウの生存率を高めてくれる。

照射系 Edit

照射系の特徴は、無反動で精度100(一部例外有り)と抜群の当てやすさであるが、照射距離に制限がある。
貫通Modを入れて、低レベル帯を薙ぎ払ったり、高精度無反動を活かし硬い敵の弱点を集中攻撃したりするのが得意。

  • IGNIS - 要マスタリーランク4・クラン武器
    • 広範囲攻撃が可能な火炎放射器。前方広範囲はもちろん、自キャラ側面や背面まで焼き払う謎の攻撃判定を持つ。
      範囲攻撃武器としての使い勝手は指折りで、広い攻撃判定に加えて2mのオブジェクト貫通も持つため、ミニマップの赤点の方向を向いて吹かしていれば敵を一掃できるほど。コンテナ破壊ツールとしても優秀で、素材集めにも活躍する。
      反面、一点を集中攻撃できずクリティカル関連の性能も低いため、同じMOD構成の高集弾武器より敵単体の処理は遅れがちになる。基礎ダメージ自体は27.0と基本的な実弾系フルオートを超える値だが、垂れ流しを要求する性質上、弾消費の問題もクリアする必要がある。総合的には、惜しみない投資の上で真価を発揮する大器晩成型の一丁と言える。
  • PHAGE - 要マスタリーランク6・クラン武器
    • 触手で攻撃する照射系武器。
      撃ち始めは開いているが、照準を合わせると収束して一点集中で攻撃することができる、使い勝手に癖があるが、その分収束時の火力が高め。
      ショットガンの弾を使うが弾持ちはかなり良い。基礎ダメージが感染で複合属性3種にすることが出来る。
      武器限定ソーティでショットガン限定時に照射武器を持ち込めるといった利点がある。

初期極性にNaramon極性を持つ。

  • AMPREX - 要マスタリーランク5・クラン武器
    • 周囲の敵に攻撃が伝播する特性と高クリティカル率で敵集団を焼き払う武器。
      また、集団相手に状態異常を大量かつ同時に引き起こすことができるのでCC兵器としての役割を持つ。
      耐久や防衛といった敵が団子になって突撃してくるミッションでは見事な火力を発揮する一方で、
      初期極性がなく、初期攻撃力も電気のみだが数値はたいへん控えめ。また、弾消費の激しさもトップクラス。
      育ちきったModの所持とフォーマをつぎ込める状況になってから目をつけるといい。
      製作に必要なフィールドロンx8が相当きつく、フェライト9000も貯めるのは結構手間なのが難点。
  • QUANTA - 要マスタリーランク4・クラン武器
    • 照射系最高の射程と弾持ちの良さを持つ武器。なんと50mと非常に長い(上記のAMPREXは20m)
      威力もそこそこあり、さらにセカンダリファイアとして威力の高いキューブを発射する(消費弾薬10発)
      貫通系のMODをつけることで遠くから安全に敵を薙ぎ払う対集団戦兵器にすることが可能。
      使用感覚としては上記のPHAGEと似た部分が多く、そちらよりも扱いやすさに特化したような性能。
      初期極性にVazarin極性を持つ。

プライマリ Edit

フルオートライフル

  • ATTICA - クラン武器
    • フルオート式のテンノ製クロスボウ。
      威力が125、クリティカル率が25%、素の火力がとんでもなく高く、貫通が高いのでグリニアやVoidの敵にも対応可能。
      初期極性Maduraiもついており、フォーマが必要だが他クラン武器と比べてもかなり作りやすい。
      ただし遅いリロード速度や多くはない装弾数に加え、弾が放物線状に飛ぶボルトと、連戦や中〜長距離戦は苦手。
      レアMODであるThunderboltを装着することで、爆撃兵器に変化する。
      爆風ダメージは250固定で高lvには通用せず、自爆が痛いので使うフレームに合わせて装備しよう。
    • 同じ連弩のジャンルではZHUGEが存在する。こちらはニタン抽出物を使うもののマーケットで購入可能。
      こちらと比べ基礎威力は低いがリロード速度と状態異常に優れる。好みで選択しよう。

セミオートライフル

  • SYBARIS - 要マスタリーランク5・クラン武器
    • LATRONよりさらに高い一発あたり70ダメージ・二点バースト、25%の高クリティカル率。
      初期極性こそないものの、基礎性能自体がそこそこの水準を満たしているため、プロからニュービーまで広く使える。
      もっとも、その真価を発揮するのはクリティカル率とベースダメージを活かした最終的な破壊力。
      アーマーでガチガチになった高レベルのグリニアヘビーを一発でブチのめしたい、プロテンノの求めるライフルである。

セカンダリ Edit

ハンドキャノン

  • DETRON
    • ハーベスターのドロップから製作することができるハンドキャノン。
      弾速があり、弾がかなり散るが距離減衰はないので遠くから雑魚を大量に処理できる。
      また基礎威力が放射線なので複合属性3つにすることができ、リロードも1秒。
      質的にはかなり変わった銃だがどこでも活躍できる性能。
    • Baro Ki'teerが稀に販売する、マガジンサイズと発射速度が強化されたDETRON MARAという強化版が存在する。
  • BRAKK
    • The Grustrag Three(通称G3)のドロップから製作することができるハンドキャノン。
      距離減衰があり、弾もかなり散るので遠くの敵を処理するのには向かないが、
      近距離での高いDPSを誇る、リロードも1秒、初期極性もMaduraiMaduraiで育てやすい。
  • PYRANA - 要マスタリーランク3・クラン武器
    • フルオートのハンドキャノンで距離減衰も弾速もない。
      クリティカルの性能が高いため、セカンダリの中でも高い性能を有する。
      もっとも、リロードやマガジン、リコイル等に癖がある。

セミオート

  • MARELOK - 要マスタリーランク5・クラン武器
    • 射撃するたびにくるくると回すのが特徴的なシングルタイプのピストル。
      セミオート系のピストルの中ではダントツで基礎威力が高く、クリティカルやリロードも高水準。
      極めつけに状態異常確率が非常に高く、その上そこそこ連射も効く。
      強いて言えばリコイルがちょっと激しいのがクセ
      初期極性にMadurai極性を持つ。
  • VAYKOR MARELOK - 要マスタリーランク6・シンジケート武器
    • 単純にMARELOKの強化版。なかでもマガジン数の増加は大きい。
      初期極性にMaduraiVazarin極性を持つ。

フルオート

  • AKSTILETTO - 要マスタリーランク2・クラン武器
    • 威力が低く、撃ち始めの反動が大きいため頭を狙いづらいなど高レベルでの運用には少し難があるものの、
      クリティカル率が高めでリロード速度もかなり速く、加えて状態異常確率はフルオートの中では単独トップの数値を誇り適当に撃っているだけでバシバシ出る。
      フルオートピストルの中では群を抜いて取り回しがよく扱いやすいといえる。
      初期極性にNaramon極性を持つ。
      • この武器を素材として作製できるAKSOMATIは性能が尖っており、使用感がガラリと変わったように感じることもある為、 既にカタリストやフォーマを使っている場合はもう1つ作製してそちらを素材にすると良いだろう。

ホールド

  • SYNOID GAMMACOR - 要マスタリーランク6・シンジケート武器
    • GAMMACORのシンジケート版でありながら、全く違う武器といっても過言ではない性能。
      実装当初は設定ミスかと思われるほど桁違いの火力を有した壊れ武器だったが、
      後の調整で、DPSは高いが弾薬消費量が激しいという一長一短の武器となった。
      長時間の運用にはあまり向いてないが、照射系トップクラスの瞬間火力で太く短く生きるのも一興。
      初期極性にVazarinNaramon極性を持つ。

近接 Edit

入手難易度の高い武器はMelee2.0のアップデートで全体的に性能が向上した。
そのためどれを作ってもそれなりの働きをしてくれるだろう。ここにあげているのはあくまで一例である。

  • DRAGON NIKANA - 要マスタリーランク8
    • 近接武器中最強クラスの攻撃力に加え、攻撃速度・クリティカル率などにも恵まれた悪魔のようなカタナ。
      さらにVazarinMaduraiの極性を持ち、育成段階もしっかりサポート。
      設計図そのものはマーケットで購入することができるものの、素材にクラン武器であるNIKANAが必要で、それと合わせるとオキシウムとアルゴンクリスタルが相当数、更にフォーマが必要となるためコストが重い。
      だがそれらの苦労を経験してでも手に入れる価値のある実際強い武器。
      Update18.4.12より、更に一回り強くなったNIKANA PRIMEも実装されているため、狙ってみるといいだろう。
  • DUAL ICHOR - 要マスタリーランク6・クラン武器
    • なにより素晴らしいのは、25%という破格のクリティカル率と3.0倍のクリティカル倍率。
      さらに、毒をベースダメージとし、15%という高い状態異常確率も魅力のひとつ。
      Vazarinの極性はLifeStrikeを手に入れるまでは正直邪魔だが、
      素の状態で使ってもかなりの火力を発揮するほか、高レベル帯では有用な腐食ダメージを作りやすい。
      Update18.4.1の新Mod、Blood Rushの登場で一躍最強近接候補へ、確定赤クリティカルによるクリティカル倍率乗算ですさまじい火力を出す。
  • DARK SPLIT-SWORD - 要マスタリーランク5・クラン武器
    • スタンスによってヘビーブレードとデュアルソードに切り替えられる近接武器。
      特にデュアルソード形態はカテゴリ内2位タイの基礎ダメージにかなり高いクリティカル性能を備え、更に攻撃速度も状態異常率も高水準でまるで隙が見当たらない。
      グリニア絶対殺す剣としての地位を不動のものとするだろう。
      ヘビー形態?状態異常率は高いけどそれ以外が…
      なお、制作素材でミュータジェン マス10個を要するため、感染拡大ミッションをこなすなどして集めておこう。
  • TELOS BOLTACE - 要マスタリーランク9・シンジケート武器
    • アービターズ・オブ・ヘクシスによるカスタムが施されたBOLTACE
      最高威力のスピンアタック、x2.0/10%のクリティカル性能、スピンアタックをトリガーとする特殊効果が特長。
      Maiming Strikeでスピンアタックが確定クリティカルになるので、BerserkerやNaramonの受動フォーカスなどと相性がいい。
    • 特殊効果は1度目のスピンアタックで敵を引き寄せ、2度目で吹き飛ばす、といったもの。
      実装当初を知るものからしたらnerfもいい所だが、とにかくスピンアタックをぶち当てるという運用法で間違いはない。
  • TONBO - 要マスタリーランク3・クラン武器
    • 注目すべきなのは、ポールアーム特有のスピンアタックの攻撃範囲と25%という状態異常確率。
      攻撃範囲と状態異常確率を強化すれば、複数の敵をまとめて状態異常にかけることも可能だ。
      低レベル相手には範囲と威力に任せてすれ違いざまにキル数を稼ぐことができる。
      高レベル相手には感染と放射線又は腐食と爆発で敵の弱体化やCCをするといい。
  • BROKEN WAR - 要マスタリーランク3・天王星のアンロック
    • 強力なDRAGON NIKANAをも凌駕する90の基礎ダメージと、使いやすいMaduraiNaramonの極性を併せ持つとんでもないソード。
      入手にはクエストNatahと二番目の夢の完了が必要でやや手間が掛かるが、
      それらをクリアするだけで貰える上に武器の所持枠とオロキンカタリストまで付いてくる。財布にも優しい。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • GALATINE P追加されてるけどランク13までやってればおすすめなんてされなくてもあれが強いのは流石に分かるし、目標として書いたんだとしても須田志村みたいなシンジプライマリもランクの高さから記述しなかったんだからわざわざこのページに項目作る武器じゃないきがする -- 2016-10-11 (火) 07:51:05
    • MR13になっても「他人が強いって言ってるし数値高いっぽいから強いに違いない」とかいう低レベルな奴は履いて捨てるほど多いよ。むしろ「その武器が何故強いのかその理屈を理解できてる」奴が飛びぬけて優秀って言えるほど、世間って奴はレベルが低いんだ -- 2016-10-11 (火) 18:38:20
      • 本文とログ読み直したんだけどあくまで開拓中でも手を伸ばせば手に入る範囲って書かれてるんだよね ランク13でまだ開拓終わってないって事は無いだろうしシンジプライマリも開拓中に手に入れる武器じゃないっていうのが理由だった 一応今載ってるのにAXIレア枠が関わってくるのもあるけど要求ランク自体は低いからトレなりフレに手伝ってもらえば入手出来なくはないけどやっぱりGALATINE Pだけは浮いてるかな -- 2016-10-12 (水) 12:50:38
      • 太字は前に色々一悶着あったから極力控えようね -- 2016-10-12 (水) 15:22:30
      • 太字赤字が問題だったんじゃなくて、そのやたら目につく文であおるから問題だったんだけどね。まあえだぬしは若干あおってるから結局該当するんだけど。あと、これはえだぬしに言うけど、世間のレベルとかしらねーけど、解説することに対する需要と、その余地があるなら解説するのがうぃきだと思うんだが。お前の論調じゃ極論としてうぃき不要まで行きかねないぞ。うぃきは情報が必要な人が見る場所である以上、その情報がなければ意味がない -- 2016-10-12 (水) 15:39:55
      • ↑全く一切読解できずに無駄長文レスしてるのはよく分かった。むしろこっちの論調に合わせるなら「(レベルが低い方に合わせるために)ガラプラどころかもっと多くの武器について、馬鹿でも分かるように(もとい馬鹿が読む前提で)丁寧かつ詳しく記述すべき」という事になるわけだが? -- 2016-10-12 (水) 16:08:42
      • 分かり易く例を挙げるなら「MR22制限であってもオススメできる品なら必要で、インスコ最中の新規プレイヤー(小学生)でも良く分かるくらいに書く」を理想形にしろ、ってこったw -- 2016-10-12 (水) 16:16:35
      • どうしてそう必要最低限のラインをバカみたいにゆがめるのかね。そもそもの話きぬしに対する返答としてえだぬしの返答が謎っていうのがあるんだけど。「このページに項目作る武器じゃない気がする」→「低レベルな奴はいっぱいいる」「世間のレベルが低い」の流れがそもそも意味不明 -- 2016-10-12 (水) 23:35:16
      • 荒れるし以降はスルーするね。(葉の3,6) -- 2016-10-12 (水) 23:36:06
    • 全く関係ない話に逸れてるから枝改めるけどこのページってどうしたいの? GALATINE P載せるなら本文の記述書き直して他の高ランク武器も書けるようにするのかあくまで開拓中の初心者向けにしておきたいのか これもう編集議論で聞いた方がいいのかな つーかもうGALATINE追加した奴がちゃんとやってくれよ -- 2016-10-13 (木) 04:32:09
      • 開拓中の初心者向けにするならプライムとかクラン武器なんて載せる必要ないだろうしなぁ・・・ -- 2016-10-13 (木) 09:04:06
      • そもそも「開拓中の初心者」ってのが曖昧すぎてどうしようもない感あるよね・・・。もう単純にMR3以下で作れるオススメ、同じく6以下、9以下、10以上、とかで分類しちゃうとか?入手難易度も例えば低(店売り)、中(プライム以外のドロップ、クラン、クエスト)、高(プライム、シンジケート)とか決めて明記してさ。あとは現状の各項の序文と「MOD」「武器のビルドについて」あたりを統合して「大体どの武器もちゃんと鍛えれば長く使えるよ。そのためにはMOD構成が大事だよ。基本的な考え方はこうだよ。より詳しく知りたい人はダメージの仕組みページも見てみてね」とかトップにくっつけたり。つかクソ長文になったわごめん -- 2016-10-13 (木) 11:21:40
      • 何で初心者向けにしたり、入手難度でオススメ躊躇するのか。初心者向けの項作ったり、入手難度高いことを明記すりゃいい話じゃないの?武器ごとに詳細ページがあるけど、全部チェックするのは難しいし、オススメで絞り込みができるだけでも価値があると思うけど。 -- 2016-10-14 (金) 03:14:00
      • 木主です 自分は高ランク武器もオススメしてもいいとは思うのですが今のままだと本文中の記述と食い違うからちゃんと編集してほしかっただけです 直近で須田志村が話題になった時は高ランク武器も書くとページ容量がきつい、別個に高ランク武器のページを作るとそれ以外駄目みたいな空気になるのが嫌、という事でシンジプライマリの記載をしなかったようです -- 2016-10-14 (金) 11:06:04
  • コメントを参考にLESIONを追加しました。何が間違っていたらすみません😣💦⤵ -- 2017-02-03 (金) 21:23:02
  • Prime武器に Akstilette Primeは乗っているのにTigris Prime, Galatine Primeが載ってないぞい -- 2017-02-03 (金) 23:47:31
    • 二つ上をよく読みなされ。STILETTOはランク5から作れるがその二つはどっちもランク13。まあおすすめ武器をランク云々でここに載せるか載せないかで上の木は荒れたわけだが -- 2017-02-04 (土) 00:07:43
  • SYNAPSEは頑張って4フォーマまで育てたけど全然強くなかった気が…ps4だしヘッドショット下手だからかな?他の方はこの武器どう思ってるんだろう。 -- 2017-02-23 (木) 22:44:26
    • なんのバグかわからんけど10個くらい同じのを連投してしまったので削除しました。ひどかった -- 2017-02-23 (木) 22:47:28
    • SYNAPSEが強かったのは太古の昔でインフレの進んだ現在では、お勧めから外したほうが良いかもね。 -- 2017-02-24 (金) 15:13:36
      • STUGも今は外した方が良いかもしれない -- 2017-02-25 (土) 08:02:01
    • だよねやっぱり。STUGとSYNAPSEをコメントアウトしてみます。 -- 2017-02-25 (土) 13:27:02
  • 折れたWarについてですが要MR3と記載されていますがMR1でも理論的には入手可能なはずです(U19.13)。おそらくNATAHクエの条件がMR3以上の分隊員という部分と間違えたものと考えます。NATAHクエ自体はMR0で進行可能なことは検証で判明しております。よって天王星ジャンクションの条件であるMR1以上の武器製作が入手に求められるMR制限であると仮定できます。(なお、特殊な手段による回避が見つかった場合はその限りではない) -- 2017-03-13 (月) 13:41:02
  • TELOS BOLTACEさんリストラじゃない? -- 2017-05-09 (火) 01:34:21
    • あの鬱陶しい棘が出なくなっただけだからまだ現役張れる。 -- 2017-05-09 (火) 10:05:45
  • TONKORの記述にUpdate20での変更を追加、トン子さんもリストラ候補かな? -- 2017-05-09 (火) 09:48:54
    • ogris&penta「むしろ自傷武器は一歩間違うと床ペロする火力であるべきなのだよトンコ君」 -- 2017-05-09 (火) 10:08:33
    • トンコは低MRで簡単に火力を出すことができる武器としてはまだ健在じゃない? -- 2017-05-09 (火) 16:01:59
  • 武器火力のインフレが進んでいるので、ページ全体的に「トップクラスのDPS」といった表現を使っている部分を、すこし抑えた表現に変更しました。 -- 2017-05-09 (火) 10:39:55
  • ゲームに慣れてきたらの項にPANDERO(要MR7)を追加されていたのでCOしました、理由は「ここではMRが2までに製作できるもので」とあるためです -- 2017-05-10 (水) 01:22:03
  • なんつーかここのコメ欄見てると初心者に対することなんてどうでも良くてMR制限がどうとかどうでも良いことで騒いでるのな
    一個上のpanderoのとか見ると他の項目に移せばいいだけなのにこのページを良くしたいからとかじゃなく単純に自分が気に入らんから消してるようにしか見えん -- 2017-05-23 (火) 13:44:17
    • そう思うなら君が本文書き直して雛形作ればいいんじゃない? -- 2017-05-23 (火) 15:04:33
      • 俺もう初心者じゃないし正直初心者向けページとかどうでもいいから感想述べただけだよ 初心者が困ろうが別に俺には関係無いからどうにかしたいと思う奴がどうにかすればいいんじゃね -- 2017-05-23 (火) 15:14:57
      • それだったら書き込むなよ、人をディスるような感想なんか求められてないんだからさ… -- 2017-05-23 (火) 15:26:24
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White