Top > システム
HTML convert time to 0.161 sec.


システム

Last-modified: 2017-03-10 (金) 11:16:24

ESCメニュー Edit

ESCキー(コントローラーではStart)を押すことで表示されるメニュー。母船のオービター滞在時やミッション中など、場面ごとに異なる項目が表示される。特にオービターでのESCメニューは重要な機能に素早くアクセスするための手段となっている。

 

オービター滞在時とミッション中のESCメニューでは以下のような機能にアクセスできる。

 
オービター滞在時
オービター滞在時のESCメニュー上部では、自分や分隊メンバーの装備の確認や、空きがあればプレイヤーを分隊に招待ができる。また、分隊メンバーがいない場合に限り、ゲームモードの変更ができる。
 
ミッション中
ミッション中のESCメニュー上部では、自分や分隊メンバーの装備の確認や、空きがあればプレイヤーを分隊に招待ができる。

星系マップ Edit

星系マップはミッションに参加するための基本的なシステムである。星系マップにアクセスするためのコンソールはランディングクラフト区画の最前面にあり、ESCメニューからもアクセスできる。起動していないコンソールには発生中のアラートミッションや実行中のクエスト、イベントの情報が表示される。惑星はマウスの右ドラッグで回転できる。他のプレイヤーを招待するためには、マッチメーキングをソロ以外にした状態でESCメニュー左上の「プレイヤーを分隊に招待する」からおこなえる。

 

星系マップで行えることは以下のとおり。

  • 惑星内にあるミッションの選択。
  • 右上のワールドステータスパネルから、クエストアラート侵略シンジケート亀裂ソーティの内容確認と選択。
  • 自分や分隊メンバーの装備の確認。
  • プレイヤーを分隊に招待(4人未満の場合)。
  • マッチメーキングのプルダウンメニューでのゲームモードの変更(分隊メンバーがいない場合)。

ゲームモード Edit

選択できるゲームモードは現在4つある。

  • オンライン
    • マッチメーキング可能な状態でミッションを選択できる。
      マッチメーキングシステムが適切なセッションを見つけた際、3つのいずれかの状態になる:
      • 他のプレイヤーがホストのミッションロビー、またはすでに開始されているセッションに途中参加する。
      • マッチングしなかった場合、ロビーの投票が「今すぐプレイ」に変わり点滅する。これを押すとゲームを開始できる。
      • 分隊メンバーが4人以下の場合、(ミッション目的が完了していなければ)他のプレイヤーがマッチングすることで途中参加可能になる。
    • ミッション名の横のすでに開始している分隊の数はオンラインの時のみ表示される。
  • フレンドのみ
    • プレイヤーはいつでもミッションを開始できる。マッチングは行われない。
      このモードでは唯一、フレンドやクランメンバーのみが(プレイヤーの招待やプレイヤーのセッションに参加で)参加をすることができる。
  • 招待のみ
    • プレイヤーはいつでもミッションを開始できる。マッチングは行われない。
      プレイヤーが招待したプレイヤーのみが参加できる。
  • ソロ
    • プレイヤーはいつでもミッションを開始できる。他のプレイヤーは参加できない。
      他のゲームモードと異なり、ESCメニューを開くと一時停止する事ができる。

ミッション Edit

詳細: ミッション

ミッションはゲーム内におけるメインコンテンツである。最大4人のプレイヤーが同じミッションに参加することができ、ステージの開始位置から侵入し、目的(複数の場合あり)を完了し、脱出する。

アーセナル Edit

アーセナルとはWarframe武器などを装備したり、それらのアップグレードを行うためのシステムである。オービター区画の中央に配置されており、チュートリアルクエストを進めることで利用が可能になる。

 

アーセナル装置に近づき、コンテキストアクションキー(デフォルトでX)を押すことで起動することができる。また、ESCメニューのエクストラ>アーセナルからもアクセスできる。

nolink

画面左側に「テンノのビルド」「ペットのビルド」「ギア」の3項目があり、それぞれの項目ごとに区分けされている。テンノのビルドには上から順に、Warframeプライマリセカンダリ近接がある。カーソルを各項目に合わせるとその項目が広がり、現在装備してるアイテムの小項目(装備、アップグレード、外装、アビリティ)が表示され、同時に画面右側にそのアイテムの性能が表示される。小項目を選択することでWarframe武器の変更、アップグレードの変更、外観の変更、Warframe であればアビリティの確認が行える。

 

装備

  • 所持しているアイテムの中からミッションに装備して行きたいものを選択する。右下には現在のアイテムと選択したアイテムの基本性能の比較が表示される。
  • 武器の場合は「なし」を選択することで持っていかない事もできる。ただし、プライマリセカンダリ近接のどれか1つは装備している必要がある。また、これにはミッションが困難なものになる可能性がある点にも注意。
関連記事: 装備について

アップグレード

  • Warframe武器コンパニオンの性能をカスタマイズできる。性能のカスタマイズはMODと呼ばれるカード型のアイテムによって行う。ただしMODにはコストがあり、MODを装着するためにはMOD容量が足りていなければならない。基本的にMOD容量を増やすためにはアイテムのランクを上げる必要がある。
関連記事: Warframe / 武器ランク
  • 「アクション」ボタン
    • 自動装着は、一定の法則に基いて現在のMOD容量を最大限に利用するように、所持しているMODの中から自動で選択され、装着が行われる。なにを付ければいいのかわからない、といった場合にとりあえず、といった機能。
    • Warframeコンパニオンにはオロキンリアクター武器にはオロキンカタリストを装着することでMOD容量を2倍にできる。
    • 極性付与は最大ランクに達したアイテムでのみ実行でき、フォーマを使用して対象のアイテムの全ランクを引き換えにMODスロットの極性を変更する。
    • 極性交換は上記の極性付与を行ったアイテムでのみ実行でき、MODのスロットの位置を入れ替える事ができる。

外装

  • Warframe武器の配色や、シャンダナなどのアクセサリーの装着を行える。
  • 配色はメイン、サブ、細部A、細部B、ライト、といった部分ごとに行える。
  • 武器の場合、収納時に表示されるかどうかを設定する事ができ、この設定は同じ装備カテゴリの武器全体で共有される。
関連記事: Warframe の外装エクストラ/外装

アビリティ

詳細: アビリティ
  • 現在装備しているWarframe のアビリティの機能や性能が表示される。この画面でアビリティのランク、威力や効果範囲、次のランクに必要な経験値の量、パッシブといった詳細が確認できる。右下のボタンで性能の表示を、MODの効果を含めた値と基本値の表示を切り替えることができる。

ギア

  • ミッション中に使用可能な消費アイテムをセットできる。10のスロットがある。

エモート

  • ミッション中に使用可能なコミュニケーション用のアクションをセットできる。スロットは10あり、デフォルトでセットされているお辞儀などの他に拍手や踊りなどがある。
    • 瞑想や各種座り、握手は切り替え式となっており、再度同じエモートか他のエモートを使用するまでその姿勢を続ける。
    • 握手は各シンジケートごとに1つづつ、中立が1つの合計7種ある。使用すると手を差し伸べ、他のプレイヤーがそれに応じることで、同じシンジケート同士ならそのシンジケート、それ以外なら中立のアニメーションが再生される。

Warframe / 武器レベル Edit

敵を倒したりミッションを達成することで、Warframe武器アフィニティ(経験値)が貯まる。そして経験値が一定数貯まるごとにランクが上がる。Warframe武器のランクが上がるとMOD容量が増加し、複数のMODや、コストの高いMODを装着できるようになる。

 

また、Warframe はランクが上がるたびに、ヘルス +20%→シールド +20%→エネルギー +5%→ヘルス +20%→...と基礎性能があがっていき、ランク30になるとヘルス、シールドは元の3倍、エネルギーは元の1.5倍となる。

 

Warframe の各アビリティはランクに応じてアンロックされるようになっている。

詳細: アビリティアンロック要求ランク

ビルドオプション Edit

アーセナルには、目的別の組み合わせを(例えば1stビルドに常用のものを、2ndビルドでは特化型装備といったように)装備スロットに武装セットとして保存できるシステムがある。武装セットにはギアとエモートを除く装備したアイテムとそのアップグレードの構成、外装が保存される。

 

アーセナル画面左上のボタンには、初期状態ではデフォルトの「初期ビルド」と表示されている。武装セットを追加するとボタンを押した際に武装セット変更メニューが表示される。そして、目的の武装セット名を選択することで、そこに保存されている装備に切り替えることができる。

 

各装備アイテムは武装セット毎に管理されているので、例えば2ndビルドでアイテムを変更したとしても、その度に変更内容を手動で保存するといった作業は必要はなく、そのまま保存される。アップグレードと外装はそれぞれの持つA・B・C設定のどれを選んでいるか、という情報のみが保存されるため、例えば、1stビルドWarframeEXCALIBURでアップグレードがC設定、2ndビルドでも同じくEXCALIBURでC設定の場合に、アップグレードのC設定の構成を変更すると、1stビルドのものも変更されてしまう点に注意が必要となる。

 

この武装セットを保存するための最大スロット数はマスタリーランクで決定され、ランクが 2 上がるごとに最大セット数が1つ増えてゆく。マスタリーランクが2の場合は1つ、ランク4で2つ、ランク10で5つ、ランク16で8つ……、といったように。

 

ビルドオプションの管理は、画面右下にある「ビルドオプション」ボタンから行える。ボタンを押すと現在選択している武装セット名と「名称変更」「ランダム」「削除」などの選択肢が表示される。

 
  • 名称変更: 装備スロット名を変更できる。
  • ランダム: 現在選択している武装セットを所持しているアイテムからランダムに選択して構築する。アップグレードの設定はAのみが選択される。
  • 削除: 選択している武装セットを削除できる。ただし、所持している武装セットが1つだけの場合は削除はできない。
  • コピー(〜スロット使用可能): 選択している武装セットの内容をコピーして、新たな名前の武装セットを作成できる。マスタリーランクが2以上で、1つ以上空いているスロットがある必要がある。
  • 追加のスロットを購入する: 20Pt で最大5つまで装備スロットを購入して追加できる。

モードの選択 Edit

画面右下にある「モードの選択」ボタンを押し、出てきたメニューの項目を選ぶことでアーセナルを各モードに切り替える。

 
  • 協力プレイ
    • 通常のミッションで使用するWarframe などの装備アイテムの変更を行う。
  • アークウィング (Archwing)
  • 対人戦
    • コンクレーブで使用する装備アイテムの変更を行う。対人戦ではほぼ全てのPvE用のMODが使用できず、性能も対人戦用に調整されている。ビルドオプションもこのモード専用となっており、コンクレーブ シンジケートでのランクによってスロット数が増える。Lunaro で使用されるARCATAの外装のカスタマイズはこのモードでのみ行える。

ファウンドリ Edit

設計図素材を利用して新たなアイテムを製作できる。

 

設計図(Blueprint)は、マーケットで購入したり、アラートミッションの報酬で受け取ったり、あるいは特定のミッションのクリア報酬や、特定の敵のドロップアイテムとして、入手することが可能である。製作には必要な素材とクレジットや、マスタリーランクなどの条件を満たしている必要がある。すでに所持しているアイテムを再度製作することが可能(武器スキンなどの例外あり)で、異なるアイテムであれば同時に複数製作することも可能。

 

製作を開始すると一定時間待つことになるので、製作可能な状態になったら早めに開始するといいだろう。プラチナ(Pt)を消費して即時製作を行うとすぐにアイテムを入手することができる。即時製作の費用はアイテムによって異なる。また、製作中のアイテムの進捗が 50% 以上進行している場合、半額のPt で即時製作を行える。

 

また、武器Warframeセンチネルアークウィングはそれぞれに専用インベントリスロットがあり、それらのアイテムをファウンドリから取得するためには対応するスロットに空きが必要である。適当に片っ端から作って取得していると所持枠が一杯……、ということになり得るので注意。それぞれのインベントリ スロットの拡張にはPt が必要である。

 

なお、ファウンドリで製作中のアイテムはプログレスバー横の X ボタンを押すことで製作をキャンセルでき、アルゴンクリスタルを除く消費したクレジットと素材を取り戻すことができる。製作を終えてしまった場合キャンセルは不可能だが、完成しても受け取らずにファウンドリ内で保管しておくことが可能。インベントリスロットや素材に余裕のない内は計画的に製作することをお勧めする。

 

素材に武器が含まれるものは製作時に所有している武器から自動で選ばれるわけではなく、武器を選択する画面が表示され、その中から素材として使用するものを選択する必要がある。また、それによって素材となる武器が含まれる装備カテゴリ内の武器が0になる場合は製作を開始することができない。そのため最低一つは同じカテゴリの武器を所有している必要がある。例えばAFURISセカンダリカテゴリのFURISを2つ素材に使用するが、2つのFURIS以外のセカンダリ武器を所有していない場合、AFURISの製作を開始できない。

 

関連記事: Warframe / パーツを集めて製作

インベントリ Edit

インベントリは所持しているWarframe武器外装、素材などをカテゴリーごとに確認したり、クレジットと引き換えに売却することができる。

 

インベントリ画面上部のカテゴリーを選択することで、そのカテゴリーに含まれる所有アイテムが表示される。アイテム一覧は右上のドロップダウンメニューから、名前や売却額、所持数の順に並べ替える事ができる。

 

Warframe武器センチネルアークウィングにはそれぞれ専用のスロットがあり、ファウンドリで製作したそれらのアイテムを取得するためには必要なスロットが空いている必要がある。空きスロットがない場合は、不要な装備を売却するか、課金通貨のプラチナ(Pt)で追加スロットを購入することで空きスロットを増やす事ができる。ただし、課金で購入したり、イベント報酬などで完成品が贈られてきた場合は追加スロットもセットとなっているので、あらかじめスロットを購入しておく必要はない。

 

スロットの購入方法は、インベントリのタブからスロットを追加したいカテゴリーを開き、一覧の先頭にある「スロットを購入」、または、マーケットのエクストラのスロット、あるいはスロットに空きがない状態でファウンドリで受け取る際、スロットの購入をするか確認されるので、そこから購入を行える。

 

スロットの購入に必要なプラチナ

売却の際はアイテムを選択し、複数あれば数量を入力して決定することで、画面下部の売却タブに並び、売却タブ右上に合計の売却額が表示され、右下の売却ボタンで売却を完了する。売却したくないアイテムが売却タブ内にある場合はそれを選択することで所持品タブに戻せる。

MOD Edit

詳細: MOD

MODWarframeコンパニオン武器といった装備アイテムの性能を強化するためのカード型アイテムであり、ダメージの上昇や、追加効果の付与など様々な効果を持つものがあり、戦闘を有利にする上で必要不可欠なものとなっている。MODは倒した敵からのドロップやミッション報酬などの入手方法がある。各MODにはコストが設定されており、アイテムのMOD容量の範囲内であれば自由にカスタマイズできる。また、合成によってランクを上げることでMODの性能を強化できるが、同時にコストも上昇する。

 

所持しているMODの確認や管理はオービター区画の、アーセナルからみて右側にあるプレス機のような装置を使用する、またはアーセナルのアップグレード画面右下の「MOD」ボタンや、ESCメニューからも行える。MOD画面では以下のことが行える。

 
  • 合成: 最初に強化したいMODを1つ選択して合成を開始し、+-ボタンでMODのランクを目的の段階に調整する。合成には合成用の素材であるEndoクレジットが必要となる。
  • 変換: ランクなしのMODを4つのみ選択することで変換を行える。選択したMODクレジットを消費してランダムにMODが1つ手に入る。
  • 売却: 選択したMODを売却してクレジットを得られる。
  • 分解: 選択したMODを分解し、そのMODのレアリティやランクに応じた量のEndo を得られる。
  • AYATAN像: 所有しているAYATAN像の管理を行える。
 

関連記事: MOD一覧

マーケット Edit

ゲーム内通貨のクレジット(Cr)および、課金通貨のプラチナ(Pt)を利用して、Warframe武器、その他のアイテムなどを購入できる。設計図クレジットのみ(レア素材設計図を除く)、アクセサリ類と大半の完成品購入はプラチナのみとなっている。

 

マーケットで任意のアイテムを選択すると最初に詳細タブの画面が表示される。ここではアイテムに関する基本情報とプラチナでの購入、および他のプレイヤーへのプレゼント、また(マーケットで設計図が販売している場合)その下にあるボタンでクレジットでの設計図の購入が行える。詳細タブの隣りに製作タブがある場合、選択することでクレジットでの設計図の購入、もしくは設計図の入手先が表示される。右端にある関連アイテムタブではそのアイテムに関連したアイテムがいくつか表示される。

 

プレゼントはプラチナ購入ボタンの横にある、プレゼントボックスのアイコンを選択することで、「Vorの秘宝」クエストをクリアしている他のプレイヤーに対してプラチナを支払って送ることができる。プレゼントを送られた側は受信ボックスにて受け取ることができ、アイテムの開封が行われると送った側に受信ボックスを通じて伝えられる。

 

マーケットの項目は以下の通り

  • ピックアップ
    • マーケットのトップページで、最近実装したWarframe武器外装や限定商品などが取り上げられている。
  • Warframe
  • 武器
  • エクストラ
  • パック
    • いくつかのアイテムを組み合わせたセットアイテムでバラバラに買うのより安くなっている。外装のパックや大型アップデート時のWarframe武器などがセットのバンドル、クレジットパックやカラーパレット、ギアのアイテムセットなどがある。
  • Steam
    • プレイヤーによって作成され、 Digital Extremes によって選ばれたアイテムを、Steamを経由して実際の通貨で購入できる。
  • プラチナ購入
    • クリックするとブラウザが連動して起動し、公式サイトのプラチナ購入ページへ誘導される。
  • PRIME ACCESS
    • 期間限定の最新のPrime 版の Warframe と武器などのパック販売サービス。販売期間中のみ表示される。クリックするとブラウザが連動して起動し購入ページへ誘導される。
Darvoのマーケット
Darvo_sale.png
リレーには商人のDarvoの商店があり、日替わりで最大90%のランダムな割引でのセールをしている。ランディングクラフトのマーケットからではセールの値段では買えないので直接リレーの二階にある彼の店舗に向かう必要がある。日本時間で2時に更新、数量限定なので目玉商品は即売り切れということもある。マーケットでのセールはイベントとして行われることがあり、その際には開始の数日前に公式サイトなどで告知が行われる。
TENNOGEN
Tennogenlogo.png
WARFRAMEコミュニティ仲間のテンノによる武器のスキン(またはプロフィールアイコン)のコレクション。これらの作者であるプレイヤーは売上の25%を受け取る。2015年1月10日に追加されたDEの武器スキンコンテストの優勝作品のパックと、2015年10月15日に追加されたデザイン評議会で選ばれたプロフィールアイコンパックがある。

通貨 Edit

通貨は、プレイヤーがアイテム、またはサービスの取得することを可能にするお金の様々な形式である。現在、WARFRAMEでは異なる取引市場に応じて、4種類の通貨が使用されている: CrクレジットDuデュカットPtプラチナ、そしてSt地位課金での購入かトレードでのみ入手できるプラチナ以外の通貨は、ゲームプレイの中で獲得することができる。

クレジット Edit

CrクレジットWARFRAMEの基本通貨である。これは設計図や装備、いくつかの武器をマーケットで購入するために使用される。これらはファウンドリで設計図からアイテムを製作するためのコストとして使用される。また、MODの合成や変換でも使用される。

 

通常、プレイヤーはミッションを完了するたびに、ミッションの難易度に応じたクレジット報酬を与えられる。プレイヤーは基本ミッションボーナスにチームメイトの数が乗算されたチームクレジットボーナスを得られる。アラートミッションは多くの場合、通常よりも高いクレジット報酬が付いている。

 

クレジットはまた、敵を倒したり、コンテナの破壊、ロッカーを調べることによって得ることができる。耐久などのミッションではボーナスのクレジットパックが提供され、ミッション完了時に得られる。他にはMOD武器Warframeセンチネル、ボスシジルタイタンエクストラクター、および設計図をプレイヤーのインベントリから売ることで得ることができる。

 

クレジット ブースター


プラチナで購入できる以下のアイテムは、ゲーム内で拾って得られるクレジットの量を倍増させる事ができる。

CREDIT_BOOSTER.png
  • 3日間ブースター Pt 40
  • 7日間ブースター Pt 80
  • 30日間ブースター Pt 200

フレンド Edit

フレンドは他のプレイヤーを登録する事によって、そのプレイヤーとのやりとりを行いやすくすることができる機能である。フレンドの管理はEscメニューのプロフィール - フレンドにて行える。

フレンド
登録したフレンドに対して、通信、ゲームに参加、招待、削除、プロフィール、といった操作を行う事が可能。相手の状況に応じて実行できる項目が表示される。上部タブにオンライン、保留中、オフラインがあり、それぞれのタブでその状態のプレイヤーを確認できる。保留中のプレイヤーがいる場合、それを伝えるメッセージや右上のアイコンが表示される。
参加可能なセッション
フレンドが行っているセッションで参加可能なものが順番に表示される。表示上にある点を選択することで任意のセッションの内容を表示できる。参加したいミッションを選択することで、フレンドのミッションに途中参加が可能となる。
フレンド追加
相手の名前(エイリアス名)を知っているなら、フレンド追加からフレンドリストへ追加することも可能。無条件に追加はできず、相手の申請が必要で、相手が了承することで初めて一覧へ追加される。
最近一緒に遊んだプレイヤー
最近プレーしたプレイヤーに対して、プロフィール、ブロック、通報する、フレンド追加、クランへ招待、を行うことが可能。「ブロック」は相手からの通知を無視する。ブロックの解除は「受信」を実行することで行える。相手が一覧に無い場合はチャットウィンドの地域全体などからグレーアウトされている名前を探し、右クリックすることで項目が表示される。
友達にゲームを紹介
公式HPの友達紹介システムへ誘導される。紹介した人数に応じて様々な特典を得られる。

クラン Edit

クランとは目的を一緒とする集まりである。

 

クランに所属している場合、星系マップのDOJO、またはESCメニューのコミュニケーション→クランからクランの情報パネルを表示できる。

 

クラン情報パネル

  • クランメンバー一覧(左枠)
    • 「オンライン」「保留中」「オフライン」の各項目で、所属メンバーが表示される。
      エイリアス(名前)を右クリックすることで、「通信」「ゲームへの参加」「プロフィール」「フレンドへの追加」の操作が可能。
      自分の場合のみ「クランからの脱退」が可能。
  • 本日の一言(右上)
    • Warlord(クラン代表)のみがメッセージを記入・変更できるもの。その上にはクランの規模と現在のクラン情報パネル閲覧者数が表示される。
  • Dark Sector
    • Update 13で追加されたDark Sectorの開発状況などが表示される。
  • DOJOに入る
  • 参加可能なセッション
    • フレンドの項目のものと同じで、クランメンバーが参加しているミッションで参加可能なものがあれば表示される。
  • クランログ
    • 研究の進捗などのクランの活動について表示される。
  • クランデータ
    • クランメンバーの総合データを確認できる。画面背景にはクランショーケースとしてランダムなクランメンバーのWarframe が4体まで表示される。
  • クラン管理
    • 招待: 採他プレイヤーをクランに招待できる(採用の権限をもつメンバーのみ)。
    • 職位名変更: 職位名と各職位の権限を変更できる(Warlordのみ)。
    • 本日の一言: クラン情報パネルに表示される本日の一言を編集できる(Warlordのみ)。
    • Dark Sector 報酬上限: Dark Sector の抗争に貢献したプレイヤーに支払われる報酬クレジットの上限などを変更できる(Warlordのみ)。
    • 連盟を結成する: 名称を入力することで連盟が結成される。

チャット Edit

詳細: チャット

チャットはほとんどの場面で使用することができるプレイヤー間の通信機能である。ゲームプレイ中はTキー、メニュー画面ではデフォルトで左下にあるチャットウインドウをクリックすることで入力ができるようになる。

コーデックス Edit

詳細: コーデックス

Warframe武器MOD、ゲームプレイに関する情報など様々なデータを参照できる。マーケットのエクストラのギアで販売しているコーデックス スキャナーをギアに装備し、ミッション中に敵を複数回スキャンすることで弱点やドロップするアイテムをコーデックスで確認できるようになる。また、クエストの実行もコーデックスから行う。

プロフィール Edit

プロフィールでは自分や他のプレイヤーの情報を閲覧することができる。自分のプロフィールは、ESCメニューのプロフィールや、ESCメニュー、または星系マップ起動時の左上の分隊メンバー一覧にカーソルを合わせ、展開した情報の中からプロフィールを選択する、などの方法で閲覧できる。他のプレイヤーのプロフィールの場合は、上記にある分隊メンバー一覧からや、チャットのプレイヤー一覧、フレンドやクランの画面、あるいはミッション中のチームメイトに照準を合わせて「I」キーを押す、などの方法で閲覧できる。

 

各タブの内容

  • プロフィール
  • エクストラ: Warframe武器コンパニオンなどの使用率(装備してクリアした回数)やレベル上げの進捗を確認できる。
  • ステータス: 参加したイベントやミッションの成績、プレイ時間、果てはミニゲームの最高スコアまで、様々なデータを確認できる。
  • シンジケート: 現在の各シンジケートの称号と地位を確認できる。自船内のシンジケートコンソールと違い、コンクレーブシマリスの地位も確認することができる。
  • チャレンジ: ゲーム内で特定の条件を達成することでアンロックされる様々なチャレンジの進捗を確認できる。各チャレンジを選択することで詳細な達成条件と進捗度が表示される。このチャレンジはSteamやPS4、Xbox Oneの実績やトロフィーと連動している。

マスタリーランク Edit

詳細: マスタリーランク
Mastery_Rank_Bar2.png

マスタリーランク(MR)とはキャラクターの強さではなく、プレイヤーがどれだけやりこんでいるかを示す数値である。ESCキーを押したときの画面左上のエイリアス名(プレイヤー名)の横や分隊表示のアイコン上に表示され、プロフィール内でより詳しい進捗度を見ることができる。

リーダーボード Edit

全プレイヤーの撃破数や防衛ミッションの最高WAVE数、耐久ミッションの時間の長さ、さらにはミニゲームのスコアまで、様々なミッションの成果をランキング形式で表示することができる。各ランキングは個人ログと所属クランのランキング、所属クラン内でのランキング、そしてトップでは全プレイヤーと規模ごとのクランの上位16位までが表示される。集計期間中にそのミッションに参加していない場合はランクなしとなる。

 

週間ランキング

  • 一週間毎に更新される。
  • ミッションタイプの場合はステージ別になっている。

記録

  • イベントでの獲得ポイントのランキング。

グリフ Edit

グリフは自分のアバターアイコンとしてゲーム内の分隊リストに表示されるほか、フォーラムのプロフィールアイコンとしても使用される。また、ギアにグリフ プリズムを装備することでミッション中、グリフを任意の地形やオブジェクトなどの表面に設置することができる。最初から所有しているものとしてEXCALIBURRHINOTRINITYVOLTのアイコンがある他、(別のアイコンを選択している場合)初期選択のLotus マークアイコンを無料で購入できる。

  • Warframe とそのヘルメットスキンのアイコンには明暗2種類の背景のものがあり、10Pt で購入できる。
  • デラックススキンや敵や味方のキャラクターのアイコン、ユーザー製作アイコンコンテストの入選作品を各15Pt で購入できる。

オプション Edit

詳細: 設定

コントロールやグラフィック、オーディオなどの設定が行える。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • ファウンドリの完成品って、受取期限とか無かったよね? 期限の記載はなかったと思うのだけど、放置して消えるかどうかとか試した事がないからふと気になった -- 2016-03-16 (水) 21:16:28
    • 1年以上前にDragonキー作って放置してるけど消えてないし、期限はないんじゃないかな -- 2016-03-23 (水) 04:36:50
      • 書いてから上を確認したら保管可能って記載あったね、恥ずかしい -- 2016-03-23 (水) 04:39:13
  • ある人のプロフィールを見たらマスタリーの上にDISCIPLEという枠があり、中にはwarframeファウンダーという物が写ってました。クリックしてみるとLOTUSがあなたの活躍で云々と誉めてくれます。これってなんなんでしょう? -- 2016-07-08 (金) 15:09:21
    • ファウンダーパックの購入プレイヤーのプロフィールに表示されるものだよ。詳細は課金#founderへ -- 2016-07-08 (金) 15:27:40
    • funder(資金提供者)の意味が分かれば想像できるだろうし自分で検索すればわかることだと思う。ここ見ればわかるけど、もう終わった話。 -- 2016-07-08 (金) 15:30:52
      • funderじゃなくてfounderな。 -- 2016-07-08 (金) 16:09:23
      • 資金提供者(funder)だと思ったけど、創設者(founder)だったか、ごめん。 -- 2016-07-08 (金) 16:19:05
  • ps4版のビルドオプションについてです。ビルドを増やそうと思いコピーをしたんですが、何を入力しても無効な文字と表示されて受け付けず、増やすことができません。初期ビルドの1つだけしか使えないのでしょうか?ランクは12です。 -- 2016-07-19 (火) 22:49:26
    • ビルド名に全角文字を使っているか、R2ボタンで入力確定していないのが原因だと思います。 -- 2016-07-20 (水) 00:00:47
      • 半角英字で入力できました!助かりました、ありがとうございます! -- 2016-07-20 (水) 17:29:28
  • シンジケートの昇格のために武器primeパーツの現物が必要なのですが、ファウンドリ覗いてもprimeのパーツが表示されません。なぜでしょうか? -- 2016-11-10 (木) 23:28:21
    • インベントリのPrimeパーツから確認した?Primeフレームのパーツとは違って、武器のPrimeパーツは最初から現物 -- 2016-11-11 (金) 00:27:15
    • 解決しました。どうやらWarframeのパーツとごっちゃになってたみたいですね。ありがとうございました。 -- 2016-11-12 (土) 20:43:53
  • マスタリーランクを3-4に上げたのですが、その後のミッションでエネルギー ヘルス マップが表示されません。機種はPS4で、 -- 2016-11-18 (金) 06:29:58
    • フレームはVOLT 武器はGALATINEです。 -- 2016-11-18 (金) 06:31:12
    • それ多分設定のUI表示がoffになってるからonにしてくると大丈夫なはず。それでも直らなかったならバグですね -- 2016-11-18 (金) 07:58:28
      • 木主です。HUD表示がOFFになっていました。解決していただき本当にありがとうございました。 -- 2016-11-18 (金) 16:33:19
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White