Top > ミッション
HTML convert time to 0.494 sec.


ミッション

Last-modified: 2017-03-30 (木) 19:37:28

概要 Edit

ミッションはゲーム内におけるメインコンテンツである。基本的には最大4人のプレイヤーが同じミッションに参加することができ、ステージの開始位置から侵入し、ミッション毎に決められた目的(複数の場合あり)を完了し、脱出する。ミッション開始時には各プレイヤーにそれぞれ異なるチャレンジが与えられる。

 

ミッション内部のマップは、「タイル」と呼ばれるあらかじめ用意されたデザインの部屋や通路を使用してランダムに生成される。タイルに関わらず、ミッション開始時に環境災害が発生する場合がある。

 

各ミッションでは、通常は一つの勢力、特定条件下では複数の異なる勢力がミッション中に出現し、それらと戦闘することになる。

 

マッチメーキングをオンラインにしてミッションに参加する際は、プレイヤーの総合的なランク(武器、Warframe、センチネルなど)を元に、参加可能な分隊の中から最適の隊へマッチングが行われる。

 

目標を達成して脱出することでミッションが完了し、ミッション成功報酬としてボーナス経験値やボーナスクレジット、ミッション中に拾ったMODや素材等のアイテムがプレイヤーに与えられる。

 

クラッシュまたは切断した非ホストのプレイヤーは、ホストがそのミッションを継続中で任務完了前であり、なおかつ分隊に空きがあればミッションに戻ることができる。ホスト側の切断が途切れた場合、非ホストの誰かへホストを移行し、ミッションの進行状態、マップ内の敵やプレイヤー等のキャラクターの状態、マップ内の落ちているアイテムの状態、経験値やアイテム等の拾得情報を維持した状態で再開される。

 

ミッションを中断したり失敗した場合、敵を倒した際に得た経験値は入手できるが、ボーナス経験値とボーナスクレジット、拾得したクレジットやMOD、素材など全ての報酬が得られない。

 

戦闘から15分間一切敵を倒さなかった場合、放置の有無にかかわらず強制的に失敗となる。15分間の制限が終了する20秒前になると警告が流れる。

 

ノード上にカーソルを置くと、下記のようなミッションの説明が表示される。

  • マップの種類 - 森林、シップ等のミッション内のマップ。画像として表示される。
  • ミッションの種類 - 殲滅、防衛などのミッション内容。
  • 勢力 - ミッションに出現する勢力。クロスファイアミッションが発生している場合は両方の勢力が表示される。
  • レベル - 出現する敵のレベル範囲。防衛や耐久等のエンドレスミッションにおいては初期レベルに該当し、徐々に上がっていく。
 

惑星はノードとして表示される12〜26のミッションを持つ。ミッションを完了するとノードが白くなり、それに接続されている他のミッションが青いノードとして表示される。使用できないミッションはグレーのロックとして表示される。アラートミッション侵略シンジケートミッションVOID亀裂ソーティーミッションを自身が選択する為には、使用可能なノードである必要がある。また、自身が選択できないアラートでも、星系マップ右上のワールドステータスパネルから内容を確認する事ができる。ナイトメアモードは惑星中のすべてのミッションを正常に完了した場合、選択可能になる。各アラートミッションも、他のプレイヤーに招待してもらうことで任務の遂行、報酬の取得ができる。

 

ミッションを終えてランディングクラフトに戻るとESCメニューに「前回のミッションの結果」という項目が追加される。この項目から前回のミッションで得た装備の経験値や取得した物、戦績、シンジケート地位を取得していればそのポイントを、確認できる。また、右下に「ミッションをリピート」ボタンが出ていれば、それを押すことで同じミッションに再び参加できる。一度クリアすると報酬を受け取れないアラートミッションなどは、再度参加できないことがあるが、やはりほかのプレイヤーに招待してもらえば参加することは可能。ただし、そのミッションの限定報酬を二度受け取ることはできない。

ミッションの時間制限について Edit

ミッション中、敵を最後に倒してから敵を倒さない状態が15分続くと、「ミッション失敗が差し迫っている。残りのターゲットを倒せ!」と表示され、1分のカウントダウンが始まる。この状態から敵を倒すとカウントダウンが停止しミッションを続行できるが、敵を倒さないでいるとミッションが失敗する。

ミッションへの途中参加 Edit

オンライン時では、分隊に空きがあればミッションへ途中参加することができる。しかし、参加できるミッションには以下の条件がある。

  • 目的達成前(緑色の帰還ポイントが出現する前であること)かつ、ミッションの進行度が一定より前である必要がある。
  • 耐久、防衛、傍受のときは最初の報酬が来る前であること(耐久の場合は5:00になる前、防衛の場合は5wave前、傍受の場合は、最初のミッション継続・離脱選択画面まで)。
  • 機動防衛では一つ目の防衛中か、それより前であること。潜入ではデータを一つも回収、もしくは破棄されていないこと。リアクター妨害ではセルを破壊、もしくは回収していないこと。
  • 殲滅では一定以上倒していないこと。

ミッションの種類 Edit

Warframeには現在18種類のミッションが存在する。時には追加のミッションタイプや目標がランダムに含まれることがあるが、最初のミッションが完了するまで明かされず、また実行することもできない。

妨害(SABOTAGE) Edit

妨害ミッションはプレイヤーがオブジェクトを発見し、それを破壊する事を目的とする。タイルセットによっては破壊対象や内容が異なる。

 

一般的な妨害ミッション

  • 大半のタイルセットではリアクターコアの破壊が目的となっている。
    • リアクターはスイッチを押すとむき出しになる。リアクターからせり出したオブジェクトを全て破壊すれば達成となる。グリニアとコーパスでリアクターの形状が異なるが手順は同様。
    • 脱出時に5分の時間制限が発生する場合がある。

アステロイド

  • 採掘機の破壊が目的。
    • 破壊目標となる採掘機は最大で4台出現する。
    • 採掘機は大抵メインの通路からガラスやフェンス越しに視認できる位置に配置されているので、貫通距離MODを付けた武器を持ってゆくと移動時間の短縮につながる。

感染したコーパスシップ

貯蔵庫 Edit

いくつかのタイルセットの妨害ミッションには、グリニア(またはコーパス、オロキン)貯蔵庫という白く光る特別なロッカーが3つ設置してある。このロッカーは主に隠し部屋に配置されているが、一見普通の部屋の段差や通常のロッカーに紛れていたり、あるいはレーダーに映らないような高所だったりと意外な場所に配置されていることもある。

 

開けなくてもミッション完了には影響ないが、このロッカーを開けると通常のロッカーと異なり、経験値と特別な追加報酬が得られる。入手したアイテムは「?」で表示されその時点では判らないようになっており、ミッション完了時に明らかになる。開けるごとにより良い報酬が手に入る確率が上がり、すべての貯蔵庫を発見した場合、最も良い報酬が手に入る確率が得られる。

  • 近くにある場合、キーンという独特の鐘のような音が聞こえてくるのでそれを頼りに探すとよい。
  • 音は約16m辺りから聞こえ、12mほどになると聞き慣れているのであればはっきり判別することができるほど大きくなる。壁越しでも聞こえるため、5.1chなどのサラウンドシステムがあればある程度の方向を予測できる。スピーカーだと聞こえにくい事もあるので、探す際はイヤホン等を使用すると良いだろう。
  • Thief's Witのような戦利品レーダーMODによって位置をミニマップ上に表示させることができる。
  • アラートミッションシンジケートミッションなどの特別なミッションには出現しない。
grineer_storage.pngCorpus Cache.jpgOrokin Cache.jpg
グリニア貯蔵庫コーパス貯蔵庫オロキン貯蔵庫

リアクター妨害ミッション Edit

グリニア ガレオンとコーパス シップの妨害ミッションはどちらも同様の内容となっている。ミッションの進め方には選択肢があり、それによって追加される環境災害が変化する。

 

プレイヤーは最初に2つの冷却セルを回収するか破壊することで次のステップに進む。冷却セル周辺にはセキュリティトラップが仕掛けてあり、作動させてしまった場合は冷却セルがロックされて回収が不可能になり、セルを破壊することになる。

 

2つの冷却セルの処理を完了させると、リアクターのセル投入部分の前に燃料セルがドロップし、プレイヤーは冷却セルと燃料セルのどちらかを投入することを選択できる。ただし前のステップで2つの冷却セルをすべて破壊した場合は燃料セルのみを投入できる。セルを投入したらリアクタールーム内のコンソールをハッキングする。投入したセルによってミッションの目的が以下のように変化する。

  • 燃料セルを投入した場合は露出したリアクターの燃料インジェクターを破壊するとブラストドアによって脱出ルートが封鎖されるので、目標地点のコンソールをハッキングして解除し脱出する。リアクターの暴走による高熱によってマップ上には火災が発生し、炎に触れると火炎の状態異常が発生する。破壊から一定時間がすぎた場合、リアクターの崩壊が近づくことで脱出までの制限時間が発生し、脱出が間に合わなければ失敗となる。
  • 冷却セルを投入した場合、一定時間敵からコアパイプを防衛した後に脱出する。コアパイプが全て破壊されると失敗となる。防衛が完了するとマップ上のいたるところに冷却液が漏出して極低温状態となり、冷却液に触れると冷気の状態異常が発生する。
  • 明示されていない3つ目の選択肢として、燃料セル冷却セル挿入口に投入した場合、リアクターを崩壊させるためにリアクタールーム内のコンソールをハッキングして完了するまで待つ。その間、敵がコンソールを操作してロックダウンを行い、崩壊の進行を停止させてくるので、コンソールを操作しようとする敵を倒して阻止し、ロックダウンをされたら解除して進める。防衛が完了すると重力の低下と共にマップ上に磁気フィールドが出現し、ブラストドアによって脱出ルートが封鎖されるので、目標地点のコンソールをハッキングして解除し脱出する。
    • 磁気フィールドは銃弾を遮断し、引力効果を持っており、中心部に入ると磁気の状態異常によって、視界不良を伴うエネルギーの消失とシールドの減少が発生する。外部からは障害物と認識されるため敵の視界から逃れることができる。
    • 磁気フィールドは電気ダメージの攻撃(電気ダメージを持つ武器や、VOLTのShockなど)を与えると、範囲に状態異常を伴う電気ダメージを与える爆風を発生させて消滅し、一定時間経つと再発生する。

グリニア、またはコーパス貯蔵庫

詳細は貯蔵庫を参照。

ミッション目的とは直接関係ないがマップ中には貯蔵庫が3つ配置されており、開封時に 1100 の経験値と、クリア時に追加の報酬を得る事ができる。

貯蔵庫・報酬一覧

森林の妨害ミッション Edit

グリニア森林タイルの妨害ミッションは2パートあり、まず解毒剤を注入し生体触媒を排出させてこれを破壊、その後インジェクターを起動して防衛するというミッションとなっている。

  • 1パート目の解毒剤注入は装置手前にあるコンソールで行う。コンソールは2つあり、右側が手持ちの解毒剤を消費しないもので、通常はこちらのみ使用する。コンソールから出てきた生体触媒を破壊すると2パート目に進む。左側がギアに装備した解毒剤を消費して追加するもので、追加報酬(グリニア貯蔵庫とは別のもの)に影響する。
  • 2パート目はシセロ毒素注入装置のコンソールをハッキングし、中和が終わるまでこれを防衛する。防衛対象の装置が大きいため、油断するとすぐに失敗になるので注意。

アンチトキシン(解毒剤)について

  • ギアに装備するアンチトキシンの製作手順は、最初にマーケットのギアでアンチトキシンの設計図(再利用可)とコーデックススキャナー(消費アイテム)を購入し、地球のマップで特定の植物をスキャンすることで材料となるエキスが手に入る。あとは製作したいアンチトキシンに必要な種類と数の植物をスキャンし、ファウンドリで製作、ギアに装備することで使用することができる。材料となる植物は日中と夜間で異なり、強力なアンチトキシンを製作する際には両方必要となる。
    • アンチトキシンはすべてのプレイヤーが持ち込み使用することで最大で4つ投入することができ、おそらく投入したアンチトキシンのランクの合計値が高いほどレアな報酬が出やすくなると推測されるが、詳細は不明。
    • 植物の外見:植物一覧
解毒剤追加時の報酬

グリニア貯蔵庫

詳細は貯蔵庫を参照。

ミッション目的とは直接関係ないがマップ中には貯蔵庫が3つ配置されており、開封時に 1100 の経験値と、クリア時に追加の報酬を得る事ができる。

グリニア貯蔵庫・報酬一覧

海底研究所の妨害ミッション Edit

海底研究所タイルでの妨害ミッションは Update 16.5.0 のイベント「Regorのクローンたち」作戦と同様のミッションとなっている。このミッションは二つのフェーズから成り立っている。

 

一段階目: ポンプステーションの水没

  1. エレベータの竪穴や研究所内を進み、パイプのある部屋に辿り着く。
  2. パイプにはメンテナンスハッチが3箇所あり、このハッチを攻撃して破壊する。
  3. パイプの近くあるコンソールを起動すると水が施設を水没させ始める。この間敵が出現するのでコンソールを防衛する。
  4. ゲージが100%になると施設の下部が水没し、一段階目は完了。
 

二段階目: 遺伝子実験場への妨害

  • 二段階目は、大きく分けて2つのパターンがあり、ランダムに選択される。
  • パターン 1: 「マニック ボンバード研究施設の妨害」
    • 研究施設の中央にあるチューブにマニック ボンバードが入っており、プレイヤーが施設に侵入すると上部から下部に降りてくる。ここではこのマニック ボンバードの暗殺が目的となる。プレイヤーはマニック ボンバードと戦闘して倒すか、毒殺するかのどちらかを選べる。マニック ボンバードのドロップアイテムを狙う場合は戦闘を選ぶ必要がある。
    • 戦闘する場合: 下部には拘束されたマニック ボンバードがおり、マニック ボンバードに攻撃を加えるか、周囲のセンサーレギュレーターに検出されるとマニック ボンバード放たれるので、これをミッション目標として撃破する。
    • 毒殺する場合: 施設上部には2つの毒カプセルが落ちており、それを拾って下部の左右にある部屋に持って行きセット、コンソールを操作すると毒が注入される。
  • パターン 2: 「クローン研究施設の妨害」
    • ここでは研究員(腕が3本ある足なしの研究員3人)のコンソールとカプセル破壊が目的となる。
    • 研究員のコンソール破壊: 研究員がいる部屋のロックを解除し、中に入って、彼らの腕の先にあるコンソールを破壊する。
      • 自動破壊: 入り口下にあるダクトを通じて研究員の部屋の床下に行き、コンソールをハッキングすると監視ドローンが暴走し、しばらくすると爆発してコンソールが破壊される。ドローンがデタラメに放つレーザーによるダメージに注意。
    • カプセル破壊: 研究員がいる部屋の前の左右には二つのクローン培養モジュールがあり、コンソールを操作し、露出したクローン培養槽を全て破壊する。
      • 自動破壊: 各モジュール側にある壁際のジップライン乗り場にあるコンソールを操作すると装置が暴走し、培養槽が露出して勝手に壊れてくれる。
 

グリニア貯蔵庫

詳細は貯蔵庫を参照。

ミッション目的とは直接関係ないがマップ中には貯蔵庫が3つ配置されており、開封時に 1100 の経験値と、クリア時に追加の報酬を得る事ができる。

グリニア貯蔵庫・報酬一覧

突撃(ASSAULT) Edit

突撃ミッションはKUVA 要塞にのみ存在する特別な妨害ミッションのバリエーションである。

 

このミッションタイプは1種類のタイルセットにだけあり、クエスト「内なる紛争」を完了した後にアクセスできるようになる。

 

ミッションはいくつかの区間に分かれている:

  1. スタート地点に置かれているモルトコイル運んでゲートに取り付け、コイルによるロックの溶融を防衛し、突破する。
  2. 「大砲周辺」にて、植民地への長距離砲撃が行われる前に3つのNavar キャノンシステムを探索し、砲撃システムをハッキングし無効化する(制限時間あり)。
  3. 「司令塔」に到達し、3つのテレメトリーキーを取得して、テレメトリコンソールにセット。その後テレメトリコンソールを防衛する。
  4. 「大砲周辺」にて、近くのガレオン船に大砲を発射し、遠隔測定システムを破壊する。
  5. 「司令塔」にある砲撃のためのリアクターを破壊して脱出。

駆除(HIVE SABOTAGE) Edit

感染したコーパスシップタイルでの妨害ミッション。ステージ内に配置されている3つの「ハイブ」を破壊することが目的。ハイブは6種類のうちから3つランダムで設置される。

  • 1つのハイブにつき5つの「感染腫瘤(しゅりゅう)」が存在する。
  • 感染腫瘤がハイブにシールドを張っているため、これを全て破壊しないとハイブの破壊ができない。腫瘤を破壊すると画面左上に残りの腫瘤の個数が表示される。腫瘤は物陰や遠くに配置される事もある。
    見つからない場合はコーデックスキャナーを使うと地形越しでも見つけられる他、Enemy Senseなどの索敵レーダーMODでミニマップに表示させることができる。
  • 破壊と感染により移動困難な地形が続き、視界も不良、常に大量の感染体が襲い掛かってくるので警戒を怠らないようにしよう。
  • また、開始直後や移動途中、脱出地点では船外に出ることがある。アクシデントイベントの大気放出の状態になっているので、シールドがなくなる前に船内に移動しよう(脱出地点は船外なのでチームメンバーから離れずに行動するとよい)。
  • ハイブを破壊すると、各ハイブの種類に合わせたアクシデントやトラップが発生する。
  • ハイブ破壊時の影響
    • レーザー感染ハイブ: 地形のあちこちにある赤く光るオブジェからレーザートラップが出る。レーザの出ているオブジェクトは破壊できないので避けて進むしかない。
    • タレット感染ハイブ: 船に設置してあるタレットが攻撃を始める。こちらは破壊可能だが通常よりも耐久力が高い。
    • ガス感染ハイブ: 地形のあちこちにある赤く光るオブジェから赤いガスが周囲にひろがる。このガスに触れると感染ダメージによりヘルスが一時的に半減する。範囲がひろくガスが消えることもないので、迂回する、ダッシュやスライティングで急いで抜ける、移動系アビリティや無敵系アビリティで抜けるといった対処しかない。
    • 磁気感染ハイブ: ガス感染ハイブと似ているが、こちらはシールドとエネルギーへのダメージとなる。
    • 凍結感染ハイブ: このハイブを破壊すると、アクシデントイベントの極低温と同様に以後ミッション中のシールド容量が1/2になる。
    • 重力感染ハイブ: このハイブを破壊すると、アクシデントイベントの重力半減と同様に以後ミッションのジャンプ力が高くなり落下速度が遅くなる。
 

コーパス貯蔵庫

詳細は貯蔵庫を参照。

ミッション目的とは直接関係ないがマップ中には貯蔵庫が3つ配置されており、開封時に 2000 の経験値と、クリア時に追加の報酬を得る事ができる。

コーパス貯蔵庫・報酬一覧

オロキン妨害ミッション Edit

VOID遺跡船の妨害ミッションは、機動防衛と妨害、抹殺の3パートで構成されている。ポータルコンソールの機動防衛を行い、別MAPへテレポートしてボスを倒し、トーションビーム装置を破壊して脱出することが目的である。このミッションはUpdate 14.7.0でのイベント、「Voidへの扉」作戦と同様のものとなっている。

 

遺跡船の妨害ミッションは、マーケットから遺跡船妨害のキーの設計図を購入して、ファウンドリでキーを作成することでミッションを実行することができる。

 
  • タイルマップはVoid(または遺跡船)と他MAPとの組み合わせ
    • Void - Stribog: Void + 森林
    • Void - Marduk: Void + 氷の惑星
    • 遺跡船: 遺跡船 + グリニアのシップヤード

進行チャート

  1. Voidまたは遺跡船の中を進んで、ポータル(侵入ゲート)まで進み、たどり着いたら2箇所のコンソールを起動する。1箇所で50%、2個とも起動して100%にする。パワーが100%溜まるまで敵がポータルから出現するのでコンソール防衛する。パワーが100%溜まるとポータルが別MAPに向って逆転するので、ポータルに侵入する。
  2. 移動先の別マップにいるボスを倒すとボスエリア内に設置されている保管装置からVoidキーを取得する。このキーを運んでいる間は速度低下のデバフがかかる。Void のStribog および遺跡船は、敵勢力がグリニアとなり、ボスはVEN'KRA TEL とSPRAG の2体。Void のMarduk は、敵勢力がコーパスとなり、ボスは小型のJackalタイプの敵、 Lynx
  3. ポータルのところにあったビーム装置までもどり、キーを使って装置を壊す。30秒のカウントダウンが始まるので、それまでにVoid(または遺跡船)に戻る。間に合わなければミッション失敗となる。
  4. 脱出地点まで行き完了する。

貯蔵庫

詳細は貯蔵庫を参照。

ミッション目的とは直接関係ないがマップ中には貯蔵庫が3つ配置されており、開封時に 1100 の経験値と、クリア時に追加の報酬を得る事ができる。

貯蔵庫・報酬一覧

アークウィングの妨害ミッション Edit

アークウィングの妨害ミッションはトレンチランのタイルセットで行われ、コーパスシップのリアクターコアを破壊することが目的。リアクタールームにあるターゲットのメインパワーコアを露出させるために、8つの補助パワーコアを破壊しなければならない。各補助コアを破壊した際に発生する、十字に交差する高威力の電気属性ビームに気をつける必要がある。

確保(CAPTURE) Edit

マップ内の目標地点にいる1体のターゲットを捕獲するのが目的。-プレイヤーがターゲットに接近すると逃走し始める。
逃走中のターゲットは足が速く、逃げながら装備している武器で攻撃を行なう。

  • ターゲットにはいくつかのバリエーションがあり、プレイヤーの追跡を妨害するためにそれぞれが持つアビリティを使用する。ASH の Smoke Screen ような透明化や、アークティック エクシマスのような Snow Globe を使用してくるものなどがいる。
  • ターゲットに発見されると即座にすべての敵が警戒状態となる。この警戒状態をリセットすることはできない。
  • 逃走途中にターゲットがプレイヤーのいない部屋からロックダウンを稼動することがある。
  • ターゲットはボスタイプの敵と同様に Warframe のアビリティに耐性を持つ。
    • 同じく非ターゲット型のダメージアビリティは通常通りにダメージを与え、冷気などの状態異常を与えることができる。
  • 確保ミッションのステージにはターゲットの脱出エリアが1つあり、彼らは自分の脱出エリアに向かって逃走する。
    • 脱出エリアはターゲットから遠く離れた場所に配置されている。
    • 脱出エリア内の脱出部屋に逃げこむとその部屋のドアがロックされ、しばらくするとそのまま脱出されてしまう。ターゲットと共に部屋に入るなどして、ターゲットが脱出部屋内のコンソールを操作している間に倒せば、脱出を阻止して確保できる。
  • ターゲットはヘルスが0になるとその場に倒れるので、使用キー(デフォルトでX)で捕獲する。
    • 捕獲中はしばらく操作不能になり、無防備となるので注意。
    • 捕獲したプレイヤーは250の経験値を得られる(フレームと武器に分配)。
  • 完了時に追加の報酬が付与される。
報酬テーブル

潜入(SPY) Edit

潜入ミッションは敵のコンソールをハッキングしてデータを持ち帰ることを目的とする。現在はUpdate 15.13.0でリニューアルされた、潜入 (2.0)と呼ばれるものとなっている。

 

仕様

  • 厳重な警備と高度な防御機構を備えたデータ保管庫(Data Vault)と呼ばれるセキュリティルームによって守られているデータサーバーのハッキングを成功させることが目的。ミッションには3つの異なるデータ保管庫があり、それらすべてでハッキングを試みなければならない。
    • 画面左側にそれぞれのデータ保管庫の回収状況が表示される(オンライン、成功、浄化中○○秒、失敗)。
  • データ保管庫の入り口はロックされており、ドアのコンソールをハッキングすることで開ける。
    • データ保管庫の中には複数のコンソールがあり、目的のデータサーバーのコンソールへ辿り着くには、それらのコンソールをハッキングして、扉を開けたり、仕掛けを動したりする必要がある。
  • データ保管庫内に設置された防御システムに検知されるとアラームが鳴らされる。
    • アラームが鳴らされると防御機構と敵の増援がアクティブになり、カウントダウン(難易度によって変化する)が開始される。カウントが0になるとサーバーの電源が停止され、そのデータ保管庫は失敗となる。
  • データが格納されたコンソールのハッキングをキャンセルもしくは失敗した場合、即座にアラームが鳴らされる。
  • 各部屋にはステルスでの完了を可能にするための隠された通路やトンネルが存在する。
    • 破壊可能なオブジェクトはキラリと光るエフェクトあり、何らかの方法で破壊する事で新たな経路を作り出せる。
    • 極低温のアクシデントイベントが発生している場合、通路が氷柱などで塞がれ難易度が上昇する場合がある。
  • 回収を成功させるごとに防御機構はより難度が上がり、哨戒する敵の数も増える。
  • 全てのコンソールでデータの回収が失敗すると、任務失敗となる。
    • アラートミッションでは必要なデータ数があり、ハッキングの失敗によって残りの未回収データの数が足りなくなった時点でミッション失敗となる。
  • 1つでも成功して、脱出できれば任務成功となる。
    • ミッション報酬はミッションの難易度と成功したデータ保管庫の数によって変化する。
    • すべてのデータ保管庫の状況が、浄化作業に移行したが回収に成功、もしくは失敗だった場合に掃滅ミッションに切り替わる。

防御機構

  • 防御機構はグリニアとコーパスのデータ保管庫ごとにそれぞれのものがあり、設置された防御機構に掛かるとアラームが開始される。内部を哨戒している敵も存在しており、こちらを発見した敵はコンソールを起動してアラームを鳴らそうとする。
    • グリニア
      • センサーバー: 磁気ドアに触れるとアラームが鳴ってしまう。いくつかの磁気ドアは破壊できるがそうでないものもある。
      • センサーレギュレーター: データ保管庫内を哨戒しており、それらはプレイヤーを発見、または破壊に至らないダメージを受けると警報を作動させる。
      • 増援: アラームが鳴らされると敵の増援が出現する。増援の中にはスパークという名前の特殊なグリニア ボンバードが存在する。
      • ミニボス: Lynxが吊るされているデータ保管庫があり、警報が鳴ると動き出しTennoとグリニアの両方に攻撃してくる。
    • コーパス
      • 監視カメラ: 発見されるとアラームが鳴らされる。
      • レーザーフェンス: 至る所に張られてあり、フェンスに触れると転倒させるとともにアラームが鳴らされる。
    • オロキンムーン
      • Void の裂け目: オロキンムーンの保管庫には、現在の状態と保管庫が本来の状態だった時期の過去との時間軸を往復できるVoid の裂け目がある。プレイヤーは以前の状態に戻るために別の開いているVoid の裂け目を探す、あるいは閉じているVoid の裂け目を攻撃して開く必要がある。いくつかの経路やパズルはコンソールにつながる仕掛けを動かすために過去と現在を移動する必要がある。
      • オロキンスペクテーター: センサーレギュレーターと同様に保管庫を哨戒している無人偵察機で、それらはプレイヤーを発見、または破壊に至らないダメージを受けると警報を作動させる。
      • レーザートラップ: オロキンデータ保管庫は放射線ダメージを与えるレーザートラップを持ち、プレイヤーにヒットすると保管庫の警報を作動させるとともに、ダメージと状態異常を与える。多くのレーザートラップはプレイヤーに破壊されないようになっている。破壊できるものは警報を作動させることなく安全に破壊することができる。
  • プレイヤーがデータの抽出に成功するか失敗すると退出が容易になる: グリニアとオロキンのデータ保管庫は出口につながる通路が開放され、コーパスの場合はレーザーフェンスが解除される。

関連記事

報酬一覧 Edit

MODかクレジットパックのいずれかに加え、3つすべて成功すれば高確率でVOIDレリックを1つ得る事ができる。奪取成功数と同じ数の報酬が得られる(例えば3回成功でレリック1つとMODかクレジットパックが2つ)。クリア報酬の内容はステルスでの成功かどうかに関係なく選ばれる。

 

イベントMODやレリックの種類はミッションの難易度ごとに割り当てられている。

報酬一覧
難易度別アイテムの場所
オロキンムーン報酬一覧

掃滅(EXTERMINATE) Edit

掃滅ミッションは撃破する敵の数が指定されており、脱出するためにはその全てを倒すことが必要である。残りのキル数はミニマップの下に表示されており、脱出地点から最も遠い位置にいる敵の位置がマーカーで表示される。必要数の敵が撃破された後も敵は出現するが、戦意を失いプレイヤーから逃走するようになる。

  • 残っている敵は脱出地点の近くに移動してくる。
  • 野生のクブロウデザートスケートなどの原生生物やレギュレーター、監視カメラなどのトラップは掃滅対象にカウントされないので無視しても良い。
    • 死への使者やミニボス、シンセシス ターゲットもカウントに含まれない。
  • 敵が半数以上倒されている場合、プレイヤーは進行中のミッションに参加することはできない。
 

KUVA 要塞掃滅のグリニア貯蔵庫

詳細は貯蔵庫を参照。

KUVA 要塞の掃滅にはいくつかの妨害のように、ミッション目的とは直接関係ないがマップ中には貯蔵庫が3つ配置されており、開封時に 2000 の経験値と、クリア時に追加の報酬を得る事ができる。

グリニア貯蔵庫・報酬一覧

抹殺(ASSASSINATION) Edit

抹殺ミッションは特殊な敵のボスを撃破し、脱出することが目的となっている。

  • 他の惑星をアンロックするためのジャンクションの課題となっている場合は、次の惑星に進むために抹殺ミッションをクリアする必要がある。
  • ボスはレア素材を高確率でドロップするため、素材集めを目的としてミッションを周回するプレイヤーも多い。

救出(RESCUE) Edit

救出ミッションは捕らえられているNPC(人質)を救出する事を目的とする。人質にはヘルスが設定されており、ヘルスが尽きるとプレイヤー同様にダウンし、そのまま死亡した場合ミッション失敗となる。

 

人質の仕様

  • 人質がダウンした場合は分隊のプレイヤーと同様に救助できる。
  • 人質を脱出地点まで連れて行かなくとも、プレイヤー全員が脱出地点に到達した時点でクリアとなる。しかし人質はわりと脆いので万全を期すならちゃんと護衛するように。
  • セカンダリを持って来ている場合は使用キー(デフォルトでX)でセカンダリ武器を渡せる。
    • 敵が近くにいる場合、遮蔽物にカバーする。射撃はあまりしない。
    • 人質によるキルはチーム経験値ボーナスが発生し、渡した武器にも経験値が入る。
    • プレイヤーについてくるよりも戦闘を優先してしまう事があるので渡さない方が良い場合もある
    • 自分のセカンダリを持っている人質に使用キーで武器を返してもらえる。
  • 人質はプレイヤーからある程度離れると側にワープしてくるので常に道中の敵はある程度倒すかCC系アビリティで無力化しておくと安全。
    • マルチプレイの場合、脱出位置に最も近いプレイヤーの側にワープする。
    • まれに部屋の角などに引っかかり進まなくなるが、人質を無視して進めばそばに移動してくるので、周りの敵をきちんと倒してから先へ進めば問題ない。
  • 侵略ミッションでは支援する勢力のユニット(バリスタやクルーマン)が人質となる。
  • ギアのスティムで強化することができる。

救出 2.0 Edit

タイルセットが感染したコーパスシップ以外の救出ミッションに適用されるミッション。NPC救出時に看守や処刑システムの起動といった妨害がある。

  • 発見されずに看守を倒し、時間内に人質を救出することが目的。なるべくステルス性を保ち、敵から発見されないように進行しなければならない。
    • 留置施設内の看守以外には見つかっても良い。
  • 留置施設のある待機エリアにはベースとなっているユニットが強化されたワーデン(看守)が徘徊しているので、先に倒しておく。エリア内にいるすべてのワーデンという名前の敵を倒すとポイントが加算される(ポイントについては下記のミッション報酬を参照)。
    • 看守に気づかれると牢獄の中にいる処刑執行人が自動処刑装置を起動させてカウントダウンが開始されてしまうので、なるべく看守に気付かれないように倒す。処刑装置が起動してしまった場合は、カウントが終了するまでに牢獄の扉をハッキングしてロックを解除して人質を救出しなければミッション失敗となる。
      • 看守は通常の敵と異なり、背後からのステルスアタックを行うと属性MOD分を省いた基礎ダメージの64倍のダメージを与えられるので、気づかれずに倒しやすい。
  • 留置施設の前にはコンソールがあり、解除すると留置施設の扉が開かれる。
    • 留置施設への侵入経路は他にもあり、エアダクトなどからも忍び込める。
  • いくつかの施錠された独房をハッキングして捕われている人質を救出する。
    • たまに人質の入っている独房とは別の独房に感染体が入っていることがある。

救出 2.0のミッション報酬 Edit

詳細な記事: Warframe スペクターの入手方法

救出のミッション完了時に報酬としてWarframe スペクターの設計図が与えられる。この設計図によって AI の Warframe を製作することができ、ミッション中に味方として出現させたり、Dark Sector 抗争での防衛を行なわせることができる。

 

Warframe スペクターの設計図には4種類あり、ミッションの難易度や救出時の条件によって得られるものが変化する。

感染体の救出ミッション Edit

準惑星エリス感染したコーパスシップタイルでの救出のミッション。複雑なステージと処刑システムなどによる妨害がある。

  • 留置施設内には複数のエアロックがあり、それらを塞いでいる腫瘍を破壊し、人質を救出する事が目的。
    • 腫瘍を破壊すると出てくる扉はハッキングなしで開けられる。
  • 留置施設内に張り巡らされているレーザーに触れるか、エアロックの前を見張っているエンシェントディスラプラーに見つかると、処刑のカウントダウンが開始されてしまい、救出が間に合わなければミッション失敗となるため、触れないよう注意。
    • 警報が作動するとステージ全体に磁気トラップが発生する。
  • クリア報酬は他の救出と同様にスペクターの設計図となっている。
  • 感染体の救出ミッションはUpdate 14.1で実装された。

機動防衛(MOBILE DEFENSE) Edit

機動防衛ミッションはスタート地点に置かれているデータマスを指定された場所まで運び、その後防衛するのが目的である。

  • 防衛対象は複数あり、まずいずれかの端末にデータマスを運んだ後、数分間端末を防衛する。防衛後に端末前にデータマスが再出現するので、別の端末まで運搬し、再度防衛する。
    • 防衛対象のヘルスは 防衛オブジェクトの数と難易度に合わせて上昇する。
    • 防衛時間はミッションの難易度に合わせて変化する。
    • 一つの防衛を完了する毎に難易度に応じた経験値をもらえる。
    • ミッションごとの防衛オブジェクトは2つから3つあり、合計防衛時間が分割される。
    • 最後の端末でデータマスは消滅する。
  • アステロイドマップでは端末防衛だけでなく、2パネルを同時操作して線路上に呼び寄せた冷凍カプセル防衛もある。
  • データマスを運んでいるプレイヤーはプライマリが使用できなくなるため注意。
    • 武器持ち替えキー(デフォルトF)でデータマスをその場に置く事ができる。近接に持ち替えた場合は持ったまま。
    • セカンダリを撃ち尽くして自動的にプライマリに持ち替えたとき、また所持者がダウンするとその場に落とすため拾い忘れのないように。
  • 放置対策として1分以上操作していない場合、持っているデータマスをその場に落とす。

アークウィングの機動防衛

  • 墜落した衛星を防衛し、貴重な情報の安全の確保が目的。
  • 防衛対象は複数あり、プレイヤーが衛星の範囲内に入ると敵の襲撃が始まるので、一定時間防衛する。

機動防衛の敵の沸き方

  • 機動防衛の敵の沸きは最大数が50〜70に設定されている。
  • 敵を倒したらその最大数になるように沸く。
  • また、沸きポイントに近づくと沸きが止まるように設定もされている。
  • そのため遠出して障害物に引っかかる敵を増やすより、防衛対象近くでこっちに来る敵を倒し続けるほうが効率的に沸く

感染したコーパスシップでの環境災害

  • 感染したシップの機動防衛タイルの2つあるターミナルの片方では、腐食属性の腐食ガスが充満しており、シールドにダメージを受け続け、確率で8秒間の腐食の状態異常がプレイヤーのみに発生する。腐食の状態異常は時間経過と共に減少していく(腐食異常の場合、アーマー値がほぼ1/10になる)。
     
    この腐食ガスは近くにあるガス排気パネルを操作し換気することで、一時的に消散させ腐食の状態異常を0にまで戻すことができる。エアロックを一時的に開くというものであるため、それによる大気放出状態でのシールドやヘルスの減少に注意。また、この大気放出状態は敵にもダメージを与える。腐食状態になったら、エアロックを解放して状態異常を回復させるか、状態異常を回復させるアビリティ(OBEONやTRINITYの回復アビリティ)や状態異常を無効とするアビリティ(RHINOのアイアンスキンなど)を使うことで対策が取れる。腐食ガスはプレイヤーのみに影響を与え、ペットやスペクター、防衛対象のコンソールには影響を与えない。

ハイジャック(HIJACK) Edit

ハイジャックは奪取目標のオブジェクトをウォーフレームのシールドを動力として吸収させることで前進させ、敵に破壊されないように守りながら、回収地点まで警護するミッションである。奪取目標のオブジェクトは、グリニアミッションではフォーモリア戦艦のパワーコア、コーパスではカーゴローバとなっている。プレイヤーはそれらが保管してある部屋にあるコンソールを起動することで、移動を開始させることができる。

 

オブジェクトを回収地点まで移動するとランディングクラフトがトーションビームで回収し、ミッション完了となる。

  • コンソール起動後からオブジェクトは1秒に10ずつヘルスが減少する。
  • オブジェクトはプレイヤーが一定距離に近づくと、プレイヤーのシールドを吸収して移動する。
    • シールドを持たないINAROSは例外として、シールドの代わりにヘルスを消費し、ヘルスが100になると、ヘルスを消費せずにコアを運搬できるようになる。
    • (何故か)オペレーターに転移すれば何も消費せずに移動させられる。
  • シールドの供給が止まると、オブジェクトも移動を止める。
    • 一定距離オブジェクトから離れると逆走し始める。
  • オブジェクトは敵の攻撃などでヘルスが低下する。
  • オブジェクトのヘルスは回復できない。
  • オブジェクトのヘルスが0になると破壊されてミッション失敗となる。
  • オブジェクトの上に登ることで一緒に移動できますが、周りからの攻撃に注意が必要。

追跡(PURSUIT) Edit

追跡ミッションは敵の船を無力化し、ブラックボックスを入手することが目的である。

 

進行


追跡を開始すると輸送船を発見することを要求される。これはそれほど時間はかからず船はしばらくすると出現する。それをみつけたら船のシールドジェネレーターを4つ無効にする必要がある。輸送船のゴンドラの内側・前方・側面に黄色く光るピストンがジェネレーターとなっている。船が移動している間ジェネレーターにはほとんど攻撃することができない。しかしシールドは船のスラスターの排気口を保護していないため、排気口へ十分なダメージを与えることで、砲塔やジェネレーターを破壊するために距離を詰め、船のエンジンを停止する。

 

輸送船は追跡モードでは鈍足化、エンジンが停止している際は高速ホーミングボムといった2種類の機雷を使用する。

 

報酬一覧

開く

ラッシュ(RUSH) Edit

ラッシュミッションは制限時間以内に3隻のコーパス輸送船すべてに脱出される前に1隻でも多く破壊することが目的である。

  • 3隻すべてを破壊するとレリックが得られる。
  • 2隻破壊するとEndoを得られる。

報酬一覧

開く

防衛(DEFENSE) Edit

防衛ミッションはウェーブ単位で襲ってくる敵から防衛対象を守ることが目的である。

  • 最初の5 Wave までなら途中参加可能
  • 防衛対象が破壊されるか全滅で失敗となる。
    • 5 Wave ごとに拾ったMODや素材などが保存されているため、5 Wave 以降で失敗になった場合は、直前の5の倍数の Wave までに拾ったアイテムを持ち帰ることができる。
    • 防衛対象のヘルスは難易度に合わせて上昇する。
  • Wave が進むにつれて敵のレベルや種類が増加するため引き際が肝心。
  • 敵は変な所に引っかかっていたりするのでその場合はレーダーのマーカーを頼りに探そう。
  • 敵の沸きポイントに近付き過ぎるとそこからは出現しなくなるため要注意。
  • 5 Wave 毎に続行か撤退かの選択肢が表示され、撤退を選んだ場合は表示されている防衛報酬が獲得できる。
    • ミッション開始時の投票とは異なり多数決ではなく、3人が続行を選んでいる時に自分が撤退を選ぶと自分だけ退出できる。
    • 続行を選択した場合は撤退に表示されているアイテムは保存され、完了時に全てのアイテムを入手できる。
      • 途中参加ができなくなるので、残ったメンバーだけでミッションを進めることとなる。
      • ホスト主(通信処理の中心プレイヤー)が退出するとホストが切り替わり、切り替わったプレイヤーでミッションが続行できる。しかし、遺跡船 の場合はホスト主=キー提出者なので、ホスト主が撤退すると残りのメンバーは強制退出となり失敗扱いとなる。
  • Wave クリア報酬は防衛報酬にまとめ中

WAVE防衛

  • アラートミッションなどにおける防衛形式で、こちらはWAVE数がミッション毎に定められた有限(殆どの場合、10WAVE)で終了する。
    • 特にこちらと区別する場合、通常ミッションの防衛はエンドレス防衛と呼ばれる。
  • 最終WAVEの殲滅終了直後にミッション成功処理が発生してしまうため、アイテム回収は最後の敵を倒す前に行っておくこと。

発掘(EXCAVATION) Edit

発掘ミッションは掘削機を起動してパワーを供給し、発掘を成功させることを目的とする。

  • ミッションの手順
  1. ミッション開始から10秒ほどでMAPに分散するかたちで1箇所の発掘現場が出現するので発掘ポイントに向う。
  2. 掘削機の防衛およびパワー供給を行う
  3. 次の発掘現場が出現する
  4. 脱出もしくは発掘を継続する
  • 掘削機について
    • シールドとヘルスを持つ防衛対象で、破壊されるとその場所での発掘は失敗する。
      破壊されても採掘時間に応じたクライオティックが採掘され加算される。
      失敗はあくまでその場所だけの事なので、ミッション失敗にはならない
    • 残り採掘時間が0になるとその場所での発掘が終了し、クライオティックが採掘完了時に惑星ごとに設定された1基あたりの最大採掘量とミッションポイントが加算される。
      また1基完了ごとに追加報酬(クレジットパック、MOD、VOIDレリック)などが得られる。
    • 残りパワーが0%になると、パワーが供給されるまで採掘が中断される。
    • パワーの消費は1秒毎に1%である(パワーセル4個で掘りきれる)。
    • 最も近くの発掘現場から始まって順番に出現し、次の発掘現場はある程度採掘が進むと現れる。
    • 次の発掘現場は採掘中の掘削機から離れた位置に出現する。
      複数同時に掘削する場合は防衛する難易度が上がるため、プレイヤーの判断が必要となる。
  • パワー供給について
    • グリニア・コーパス・感染体のパワーキャリアを倒すとパワーセルを100%ドロップする。このパワーセルはNEKROSのDesecrateとHYDROIDのPilferingSwarmで再ドロップさせることができる。
    • パワーセルは同時には1つしか運べず、データマス運搬時と同様にプライマリが使用できなくなる。
    • 掘削機のそばまで持って行くと自動的に使用される。パワーが20%供給され、同時に掘削機のシールドが回復する。ヘルスは回復しない。
    • 遠い場所でドロップしたパワーセルは消失し、プレイヤーや発掘現場の近くに再出現する。
    • ドロップしたパワーセルの位置はアイテムレーダーの有無にかかわらずマップ上に固有のアイコンで表示される。
  • ダークセクターの発掘ミッションは惑星のレベル帯よりも高いレベルの感染体が出現勢力となっている。
    • 地球 (Tikal Lv. 5 - 15)
    • 金星 (Malva Lv. 10 - 20)
    • フォボス (Zeugma Lv. 22 - 32)
    • エウロパ (Cholistan Lv. 27 - 37)
    • 冥王星 (Hieracon Lv. 35 - 45)
  • Tips
    • 敵のLevelはクライオティック採掘数に応じて上昇する。
    • 1箇所でも発掘に成功すれば脱出可能になる。
    • ミッション完了時に採掘したクライオティックが入手できる。途中参加した場合は、途中からの採掘量になる。
    • パワーセルは携行した状態で装置に接近すると自動で使用される。

報酬

  • 報酬テーブルは耐久ミッションと同じもの。1個の掘削完了が5分相当にあたる(つまり3個で15分経過と同等)。
  • 報酬テーブルのTierは出現する敵の最低レベルによって3段階に分かれている。
    • Tier 1: レベル 1 - 10
    • Tier 2: レベル 11 - 20
    • Tier 3: レベル 21+
  • 報酬はA・B・Cのローテーションとなっている(4回掘削完了するごとにサイクルする)。
    • ローテーション A: 1回, 2回; 5回, 6回; 9回, 10回; etc.
    • ローテーション B: 3回; 7回; 11回; etc.
    • ローテーション C: 4回; 8回; 12回; etc.
  • 各惑星の報酬テーブルのTierは以下の通り
    • Tier 1: 金星 (E Gate Lv. 6 - 11), 地球 (Lua Lv. 1 - 6)
    • Tier 2: フォボス (Stickney Lv. 16 - 21)
    • Tier 3: フォボス (Wendell Lv. 20 - 25), エウロパ (Lilith Lv. 21 - 26, Valefor Lv. 23 - 28), 海王星 (Triton Lv. 26 - 28)

耐久(SURVIVAL) Edit

耐久ミッションはスタート地点のターミナルをハッキング後に5分以上生存し、脱出する事を目的とする。

  • ハッキング後、左上に残り生命維持システムと耐久時間が表示される。
    • 生命維持システムは1分につき40%ずつ減っていく。
  • 生命維持システムが0になった場合:
    • 5分未満の場合は即失敗となる。
    • 5分経過している場合はシールドが徐々に減りシールドが枯渇、その後ヘルスが最大ヘルスの1%まで減る。脱出はまだ行える。
    • 耐久時間は生命維持システムが0になった時点で停止する。
  • 生命維持システムは以下の方法で回復することができる。
    • 敵を倒した際に確率でドロップする生命維持カプセルを拾う(+4%)。
      • 生命維持カプセルの形をした黄色のマーカーで位置が表示される。
      • マーカーは一定時間経つと消えるが、アイテム自体はマップに残っている。
      • NEKROSのDesecrateなどによる追加ドロップアビリティの対象。
    • 定期的に現れる生命維持装置を起動する(+30%)。
      • 生命維持装置の形をした黄色のマーカーで位置が表示される。
  • 経過時間とともに敵の種類が増え、敵のレベルが上昇する。高レベルマップの場合は最初から全種類の敵が登場する。
    • ミッション開始後5分時点でエクシマスタイプの敵が出現し始めるようになる。5分経過後は時間とともに、出現する敵がエクシマスになる確率が徐々に増加する。この確率は0%から始まり、50〜60分経過時点で最大20%まで増加する。
  • 報酬にはVOIDレリック、MOD、クレジットパックがランダムで手に入る。
    • 5分経過ごとに報酬が1つ追加される。報酬はクリア時に"全部"手に入れることができる。例えば30分経過後にクリアすると6個の報酬が手に入る。
      • 5分、10分:ランク1報酬
      • 15分:レリック
      • 20分:ランク3報酬
      • 25分以降 上記4つの報酬をループ(35分に2度目のレリック)
    • ナイトメアの場合は通常の報酬とナイトメアMODの両方を手に入れることができる。
    • アラートの場合はアラート報酬のみで、時間経過による報酬は無し。
  • ナイトメアとアラート、侵略、シンジケート、ソーティ、VOID亀裂の耐久ミッションは10分(あるいはより長時間)から始まるカウントダウン形式となる。
  • 途中参加は5分経過するまで可能となっており、5分経過後に脱出ポイントが表示されると途中参加はできなくなる。
     
    耐久の心:こちらには長時間耐久に向いた攻略法が収められている
     
    旧耐久ドロップテーブルv10.3.0

傍受(INTERCEPTION) Edit

傍受ミッションは4つのタワーを占領し、敵より先にパーセンテージを100%にするのが目的である。

  • 4箇所制圧により2秒で約1%の速度で進み、100%まで凡そ3分かかる。
  • 各ラウンドの始めは敵が支配をしている状態で始まるが、どこか1箇所をプレイヤーが占領するまで敵側の%は動かない。
  • 100%にした後、30秒経過すると残った敵がすべて消え、ラウンド達成となる。
  • 敵のパーセンテージが100%になった場合はミッションは失敗となる。
  • タワーの範囲に入っている間は%が表示され、敵の占領の解除及び占領ができる。
    • 敵がタワー範囲内にいる場合は排除しないと占領が進行しない。
  • 敵はタワーごとに2箇所ある端末を操作することで範囲内にプレイヤーがいるかに関係なく、占領してくる。
    • 端末を操作されている間はタワーの光の輪が点滅する。
    • 端末を操作している敵を殺害か吹きとばせば阻止できる。
    • 敵は一度に一箇所のタワーのみを目標とし、敵側の傍受が完了するか一定時間阻止されると次のタワーに目標を切り替える。
    • 敵の数が増えることで複数のタワーを占領し始める。
  • 防衛ミッションと同様にクリアするごとに続行か撤退を選び、続行する度に報酬はスタックされる。
    • 報酬は防衛ミッション同様ローテーション形式となっており、クリア回数によってTierが変わる(ローテーションは A, B, B, C)。
    • チームの平均キル数が200を超えている場合、4ラウンド目の報酬にNatural Talentが出現する。
    • アークウイングの傍受では、アークウイング関連のMODか難易度に応じた量のEndo、4ラウンド目の報酬にはアークウイングやアークウイング武器のパーツが出現する(詳細は各ページへ)。
  • 特殊なミッションでは必要なラウンド数が設定されており、アラートミッションナイトメアモードの場合は2ラウンド、ソーティーミッションでは3ラウンドの達成が必要となる。
  • ラウンドが進むごとに敵のLvや出現ペース、最大数が増え、敵のパーセンテージがたまりやすくなる。
  • 防衛と違いミッション開始時にはすでに敵が出現しているが、こちらに気づいていない状態となっている。
  • 分隊の人数によって占領に掛かる時間、敵の数が変わる。したがってソロモードの場合、ファーミング効率は野良マルチより良好。
  • タワーを占拠、均衡化、支配(全タワーの独占)することで経験値が入る。
  • エクシマスユニットの出現確率が他のミッションより高いのか頻繁に登場する。

アリーナ(ARENA) Edit

アリーナコンクレーブのものを基にしたマップで、対戦相手の一定数が敗北するまでプレイヤーが特殊な敵を倒す必要があるゲームモードである。最初に特定のスコアに達したチームが勝利となる。テンノは脱出する必要が無く、ミッションは勝利、または敗北で終了する。

  • スポーンしたテンノは自動的にペットとギアが未装備になり、ミッション中の敵を有利にする特殊なモディファイアが提示される。ミッションはチーム全滅と同様に復活タイマーの後に復活し、エネルギーとヘルス、弾薬が配置されているが、コンクレーブとは異なり、Warframe武器はそのMOD構成が維持される。

モディファイア

  • モディファイアに用意されているものはスピードブーストを除き、いずれもテンノの敵にとって有利なものとなっている。
    モディファイア効果
    エネルギー減少プレイヤーのMOD込みの最大エネルギーが 50% 減少。
    ヘルス減少プレイヤーのMOD込みの最大ヘルスが 50% 減少。
    シールド減少プレイヤーのMOD込みの最大シールドが 50% 減少。
    バンパイアプレイヤーのヘルスが5秒間に100失われる。敵を倒すことでプレイヤーのヘルスは全回復する。
    重力低下重力が低下し、空中での操作に影響を与える。
    クイックリスポーン敵とプレイヤーは通常8秒のところ2秒で復活する。
    アビリティ時間減少プレイヤーのアビリティ持続時間が大幅に減少。
    スケーリングエネミー敵のレベルが時間経過とともに上昇し、耐久性と攻撃力が高まる。
    増援戦闘に執行人が追加される。レベル20=1体追加、レベル40=2体追加、レベル60=3体追加、レベル85=4体追加。
    スピードブーストプレイヤーのダッシュ速度が上昇する。
    敵強化敵のヘルスと装甲値が60レベル以下で50%、60レベル以上で100%増加する。

種類 Edit

グリニア Rathuum (Grineer Rathuum)

  • Rathuum小惑星セドナ上で行われる戦闘裁判であり、見世物としてKela De Thaym 配下の死刑執行人によるテンノの分隊の虐殺を帝国全体に放送している。執行人は常に参加しているテンノの分隊数を上回る数が追加される。

コーパス インデックス (Corpus Index)

  • インデックスは Nef Anyo と セファロン Sark が海王星で主催する投資ゲームである。テンノはクレジットを賭け、勝つために相手のブローカーよりも多くのインデックスを集める必要がある。Rathuumとは異なり、マッチは他の参加者がいない場合テンノ スペクターが出現し、常に4v4になる。
    伝説のクルーマン、インデックスに現る

報酬 Edit

感染回収(INFESTED SALVAGE) Edit

感染回収は、感染したシップから積荷目録を回収することを目的とするエンドレス形式のミッションである。

 

積荷目録を回収するためには、解読のパーセンテージが100%になるまでA・B・Cの3つのバーポライザー(Vaporizer)に抗体を供給し、データコンソールに付着してLotusからのアクセスを妨げている感染体を除去し続ける必要がある。

  1. 防衛と同様に部屋の中央のリングに入ると開始される。
  2. 敵を倒すことによって、青いバッテリーのような形をした抗体(Injecter)がドロップする。
  3. 抗体は最大3つまでストックでき、バーポライザーにコンテキストアクションキーで使用することでAntiserumフィールドを発生させる。
    • 1つの抗体につきAntiserumフィールドは1段階拡大される。最大で3段階まで拡大することができ、コンソールを包み込むには最低でも2段階まで拡大する必要がある。
    • バーポライザーのチャージ状態は、フィールドのサイズから推測する他に、バーポライザー側面の水色のゲージでも確認できる。
    • フィールドは時間経過で縮小する。
  4. Antiserumフィールドの範囲内にコンソールが包み込まれるとコンソールを侵していた感染体が除去され、パーセンテージが進行していく。
    • 感染体が除去されているコンソール数に応じてパーセンテージの進行速度が変動する。3つのコンソールすべてから感染体が除去されることで高パフォーマンスとなり、進行速度が最高になる。
    • コンソールにはヘルスが設定されており、感染体に汚染されている間はヘルスが減少し続ける。Antiserumフィールドに包み込まれている間はヘルスが回復していく。
    • コンソールのヘルスが0になるとそのコンソールは破壊され使用できなくなる。3つすべてのコンソールが破壊されるとミッション失敗となる。
      • コンソールのヘルスは画面左上にすべての端末について表示されるほか、直接コンソールをターゲットすることで灰色のバーとして確認できる。画面左上のステータスアイコンでは、感染体が除去されているものは青、除去されていないものは赤、ヘルスが0になり使用不可となったものは灰色で表示される。
  5. 進行度が100%になり目録の回収が完了したら、マップ内にいる敵を掃滅する。ラウンドが完了されると報酬が表示され、脱出か継続の選択が現れる。
    • ラウンドを継続するごとに10%程度コンソールのヘルスが回復する。破壊されたコンソールが復活することは無い。
  • プレイヤーがAntiserumフィールド外にいる間は腐食によってプレイヤーの装甲値が減少し、0になった状態でAntiserumフィールド外に居続けるとヘルスに毎秒5の持続ダメージを受けるようになる。
    • 抗体を一つ消費して部屋の中央にあるコンソールをアクティベートすることで装甲値を全回復させることができる。
    • Antiserum Injector(トライアル「Jordas の審判」で使用するものと共通。クラン DOJOのエネルギーラボで研究することで設計図を複製できる)をギアに装着している場合、ギアから使用することで抗体を1つ消費し装甲値を全回復させることができる。
      • 感染回収ではAntiserum Injectorの製作に使用する素材の「抗体注入器の破片」を敵が(緑色の球体として)ドロップする。
      • Antiserum Injectorは、Jordas の審判にて必須となるギアで、素材の「抗体注入器の破片」は、感染回収以外ではJordas の審判のミッションでのみ収集可能となっている。将来的にJordas の審判に参加する予定であれば、あらかじめここで素材を集め、Injectorを製作しておくと良いだろう。
  • 現在2種類のタイルが用意されており、階層化されているタイルには中央にあるアビリティオーバーロードコンソールをアクティベートすると敵を一掃する波動が放たれる。一定時間のクールダウンが存在する。
  • U19.5現在、エリスのOESTRUSでのみプレイできる。WarframeのNIDUSのパーツがローテーションCの報酬に含まれる。
  • ローテーション報酬のサイクルはA→A→B→Cの模様(要検証)。
    報酬テーブル (U19.5時点)

クロスファイア(CROSSFIRE) Edit

クロスファイアミッションは侵略ミッションと異なり、交戦中の複数の敵勢力両方を相手とする。

  • クロスファイアミッションとなっているノードではミッションの説明の勢力欄が複数になっている。
  • Hotfix 15.13.8にて実装された。
  • アラートミッションとシンジケートミッションとしても発生する。
    • クロスファイアモードのシンジケートミッションではメダリオンが入手可能。

クロスファイアミッション

合計6つのクロスファイアミッションがある。
惑星ミッション名ミッションタイプ勢力レベル
地球Plato掃滅コーパス vs. グリニア25 - 30
火星Arval掃滅コーパス vs. グリニア8 - 10
火星Silvanus掃滅コーパス vs. グリニア8 - 10
火星Ultor掃滅コーパス vs. グリニア8 - 10
火星Vallis救出コーパス vs. グリニア6 - 8
火星Hellas機動防衛コーパス vs. グリニア6 - 8

ジャンクション(JUNCTION) Edit

詳細: ジャンクション

ジャンクションミッションをクリアすることで次の惑星へ進むことができる。

侵略(INVASION) Edit

詳細: 侵略ミッション

侵略ミッションは星系マップ上でランダムに発生し、プレイヤーは星系マップのステージ上で発生している2勢力間の争いにどちらかの味方として介入し、ステージの奪取、または防衛を補助する。

  • プレイヤーはミッションを選択する度に味方する勢力も選択する。後述するイベント報酬に影響する。
    • 侵略率はグローバルなものとなっており、プレイヤーがミッションを成功させる毎に与した勢力側へ進捗する。
    • 感染体の侵略(感染拡大)ではそのステージを支配しているグリニアorコーパスに味方し、感染体を駆除するというものになる。
  • 実際に達成すべき内容がミッション開始時にLotusから指示される。
  • 係争が終了するとそのステージ本来のミッションに戻る。
  • グリニアvsコーパスの侵略の場合、侵略している勢力が勝利するとそのステージの勢力が侵略側に入れ替わる。
    防衛側は勝った場合はそれまでどおりとなる。
  • 両勢力はステージ毎に報酬を提示しており、係争終了時に規定回数の貢献があれば報酬を入手できる。
    • ミッションを成功させる度に味方した側への貢献度が加算され、敵対した側への貢献度が減算される。
      貢献の進捗は勢力選択画面で確認でき、中央からのゲージの伸び具合で示されている。
    • 感染体の侵略では駆除が目的となっているため、貢献度は加算のみで感染体がそのステージを支配することはない。
    • 報酬受領時は受信ボックスにメッセージが送られ、受領したことが分かるようになっている。
    • アイテムは与した勢力の勝敗にかかわらず入手できる。

VOID亀裂(VOID FISSURE) Edit

VOID亀裂VOIDレリックを使用して財宝を手に入れることができるミッションである。

 

開始


星系マップのワールドステータスパネルにある炎のアイコンのタブを選択するとVOID亀裂ミッションの一覧が表示される。マークの数で LITH, MESO, NEO, AXl の4種類に分類されている。これらのミッションはアラートミッションと同様に通常のミッションのノードと関連付けられており、開始するためにはアンロックする必要がある。アラートとは異なり何度も繰り返すことができる。

 

VOID亀裂ミッションの開始時、プレイヤーはVOIDレリックを装備することができる。装備してミッションを完了させた場合、プレイヤーは自分や他のプレイヤーのレリックから報酬を選ぶことができる。装備しない場合でも亀裂が出現するためトレースを集めることができる。

 

ミッションの進行


VOID亀裂ミッションは割り当てられた内容(掃滅や潜入など)に、「反応物質収集」という目的が追加され、ミッション中は常時灰色がかった色彩に覆われ、敵集団の近くにオレンジ色の炎のような亀裂が出現し、一定時間経つと自然消滅するといった現象が繰り返される。亀裂からは一定数のオロキンユニットとそのエクシマスの分隊が出現するだけでなく、亀裂に近づいたほとんどの敵もコラプト化する可能性を持つが、スキャンを行なう際は通常の敵として扱われる。

 

プレイヤーはオロキンユニットやコラプト化した敵を一定数倒すごとに1つドロップする黄色く輝く反応物質*1を収集する必要があり、目標数まで拾うとレリックが開放され、プレイヤーは放電エフェクトを纏い、装備しているレリックのエラに基づいた持続時間を持つコラプションと呼ばれるバフが発生する。この時点でそのプレイヤーはミッション完了時にVOID報酬を獲得できるようになる。プレイヤーは10個の反応物質を収集した際、6から30までのランダムな数のVOIDトレースを得られる。

 

脱出時にプレイヤーは自分のレリック、または他のプレイヤーのレリックの中から報酬を選ぶことができる。自分のレリックから出現した報酬を他の分隊員が選択した場合、ボーナストレースとして一人につき1個与えられる。レリックは報酬選択の時に消費し、選択時に接続が切れた場合は最後に選んでいた物がインベントリに入る。ミッションの失敗や反応物質が集めきらなかった場合等はレリックを消費しない。

 

詳細


  • Lith亀裂は常に水星・金星・地球・火星のどこかにのみ発生する。
  • VOID亀裂からは一定数のヘビーユニットが多くスポーンするため、Warframeや武器のレベル上げに向いている。
  • コラプト化した敵はヘルスとシールドが強化される。
  • 殲滅ミッションは敵が有限の為、場合によっては殲滅速度を下げて亀裂を発生させる必要がある。
  • 反応物質は自身が居るタイル内で画面の外に落ちている場合、画面上に距離と共にアイコンが表示される。その為、カメラを真上や真下に向けて移動することで集めやすくなる。
  • 分隊メンバーの拾った反応物質の個数は、画面右上に表示されている分隊メンバー一覧の横に表示される。

亀裂のエンドレスミッションタイプ Edit

各インターバルでレリックを選択し開放することが可能です(必要な反応物資を集めている場合のみ)。
必要な反応物資を集めレリックを開放した場合、ボーナスが適用され次のインターバルで新たなレリックを選択可能となります。
新たなレリックを選択できるタイミングは次のとおり。

  • 防衛:5Wave
  • 傍受:1ラウンド
  • 耐久:5分
  • 発掘:200 クライオティック
     

また、レリックを解放するごとに以下のボーナスが発生し、これらのボーナスは累積していきます。

  • 第1インターバル: アフィニティ1.25倍
  • 第2インターバル: クレジット1.25倍
  • 第3インターバル: リソース1.25倍
  • 第4インターバル: リソースドロップ率1.25倍
  • 第5インターバル: ランダム級の「特別な」レリック1つ(同ミッションで開放可能)
  • 第6インターバル: アフィニティ1.5倍(第1インターバルと交換)
  • 第7インターバル: クレジット1.5倍(第2インターバルと交換)
  • 第8インターバル: リソース1.5倍(第3インターバルと交換)
  • 第9インターバル: リソースドロップ率1.5倍(第4インターバルと交換)
  • 第10インターバル: 高ランクランダムの「完璧な」レリック1つ(同ミッションで開放可能)
  • 第15インターバル: ランダム級の「光輝な」レリック1つ(同ミッションで開放可能)

ブースターは各インターバルセットで上昇し、2倍が上限。
第15インターバル以降、5インターバルごとに「光輝な」レリックを入手
レリック開放ごとにトレース入手

KUVAサイフォン Edit

KUVAサイフォンはグリニアの採掘装置であり、星系マップ上でKUVA 要塞が隣接する惑星の限定ミッション内で発見でき、それを破壊することでKUVAを入手する事ができる。

 

最大6つのミッションが発生し、完了したものはクールダウンに入る。5つのミッションは敵のレベル帯が25-35の範囲に変更され、さらに6つ目のKUVAフラッドと呼ばれるミッションはレベル帯が80-100となり、取得KUVA量が2倍になる。このミッションはクエスト「内なる紛争」クリア後にアクセスできるようになる。

 

KUVAサイフォンはプレイヤーの武器やアビリティによってダメージを与えることはできず、KUVAガーディアンとKUVAジェスターを含むグリニアの増援に護衛されている。

 

KUVAの入手方法


KUVAサイフォンは星系マップ上にKUVAアイコンで示されたノードで発見できる。これらのノードは星系マップ上を移動するKUVA 要塞に隣接する惑星に表示される。

 

KUVAは以下の過程でKUVAサイフォンから入手できる。

  1. KUVAのアイコンでマークされているマシンを探し、プレイヤーが接近すると画面が赤みがかった色調になる。HUDも更新される。サイフォンの稼働が始まるとそれについてLotus やワームが通信を行ってくる。
  2. マシンが特徴的な音を出し始めるのを待つ。4つの三つ編みの一つがこの時点で動き出す。サイフォンの三つ編みが持ち上がり、出現してくる雲に差し伸べるのでその先を探す。
  3. 部屋のどこかからマシンに吸い寄せられ、独特の音を放ちながら近づいてくる赤黒の雲を見つける。この際、KUVAガーディアンとKUMAジェスターに加え、グリニアのKUVA兵が三つ編みを守るために次々とテレポートしてくる。
  4. オペレーターに切り替え、VOIDダッシュで雲を通り抜けてそれを奪取する。これによって作動している三つ編みが破壊される。
  5. サイフォンの三つ編みごとにこれを4回繰り返す。

すべての三つ編みが破壊されるとKUVAサイフォンは爆発し、すべての分隊メンバーに550から700のKUVAが配られる。プレイヤーはサイフォンの稼働中に雲の確保への貢献の度合いに関わらず同じ量のKUVAを受け取ることになる。

 

サイフォンは、それが破壊される前に8つのKUVAの雲を吸収して格納した場合は消えてしまい、分隊メンバーは唯一225までのKUVAを受け取る。三つ編みが一つも破壊されなかった場合、報酬は無い。

 

サイフォンが破壊されたり消えた後もジェスター、KUVA兵はミッションに居残り続ける。
KUVAガーディアンは、サイフォンが壊された瞬間に消滅する。

 

ヒント

  • リソースブースターやSMEETAキャバットのCHARMにより、サイフォンから得られるKUVAが2倍になる。これらは重複し、2つ以上のCHARMが同時に発動した場合も重複する。取得数は乗算され、2倍、4倍、8倍…となる。(取得数2倍のCHARMが発動する確率は高くないため過度の期待は禁物)
    • リソース「ドロップ」ブースターでは増えない点に注意されたい。
  • エネルギーリーチ エクシマスはオペレーターの保有エネルギーに影響をおよぼすため、ガーディアンや他の敵よりも大きな脅威をもたらす可能性があるので、優先して対処する必要がある。
  • オペレーターは高レベルグリニアの武器によってすぐに倒されてしまう可能性があるため、活動時間を稼ぐためにクラウドコントロールが可能なWarframe の装備が好ましい。
    • これは通常の敵に対しては有効だが、ガーディアンはアビリティに耐性を持つため、それらを倒すことは依然として理想的である。
    • 別の方法としては、頻繁にオペレーターが倒されても生き延びられるように高い装甲値やヘルスを持つWarframe を装備するとよい。
    • FROSTのSnow Globe は外部からの敵の攻撃からオペレーターへのダメージを防ぐことができるため、KUVAの収集を行いやすくできる。さらにChilling Globe で増強することで、内部に侵入しようとする敵を凍結によって無力化でき、オペレーターの保護を強化できる。
    • 範囲と持続時間に特化したIVARAは、Quiver の影縫いの矢をクラウドコントロールに、隠れ蓑の矢をIVARAとオペレーターを敵の視界から隠すことに使用でき、ソロでのKUVAサイフォン狩りでより安全にKUVAの雲の確保を可能にする。必要であれば隠れ蓑の矢をKUVAガーディアンに設置して安全に同行することができる。
      (オペレーターは隠れ蓑の矢の影響を受けることはできない)
    • LIMBOが異次元にいる間はKUVAガーディアンを含め全ての攻撃を受けないため、ソロでの収集や救出ターゲットの保護、仲間の復活で活躍できる。
  • 視線の通らない位置にあるKUVAの雲はコーデックスまたはシンセシス スキャナ、Enemy Sense等で把握できる。

脱出(RECOVERY) Edit

隠しミッションの脱出は、Zanukaハンターに敗北して狩られたプレイヤーのみが開始できる。プレイヤーは奪われた武器を回収しながら木星ガスシティ内にあるZanukaプロジェクトの工場から脱出を目指す。

コンクレーブ(CONCLAVE) Edit

詳細: コンクレーブ
コンクレーブとはテンノ同士が対戦を行なうPvPのゲームモードである。

廃止されたミッション Edit

この記事は廃止されたバージョンのアーカイブです。
重要なゲーム内情報としては、この記事を参照しないでください。

救出 1.0

詳細

工作(DECEPTION)

詳細

潜入 1.0

詳細

奪取(RAID)

詳細

環境危険因子 Edit

ミッション中には、船体の損傷や乱入などの危険因子が環境要素としてランダムな確率で追加され、難易度が高まる場合がある。

ミッションによるもの Edit

戦闘被害 / 自己崩壊 Edit

炎上する瓦礫がマップ上に散らばっている。

  • 1秒以上火の上にいるプレイヤーや敵に火炎ダメージを与える。
    • この炎上する瓦礫は冷気ダメージを持つ攻撃を当てることで、消火することができる。
  • 敵は(テンノがまだ発見されていない場合でも)、ミッション開始時点から警戒状態となっており、敵がロックダウンを開始するまで警報を解除することはできない。
  • マップ内には所々にルート死体があり、一部のコモンコンテナが配置されている場所にみつけることができる。
  • 侵略ミッションでは確実に発生する。

極低温 Edit

マップ全体が凍りついており、敵味方関係なくミッション中はシールド容量が50%減少する。

  • シールド容量の減少は、MODの Warm Coat で抑制することが可能。
  • 床や壁などの地形表面にみられる氷は物理的な接触判定を持つ。
  • 氷の上はスライディングを加速させるが、凹凸があるために思うように滑ることができない場合がある。

低重力 Edit

重力が半減し、ジャンプ力が高くなって落下速度が遅くなる。それ以外に大した弊害はないが、ジャンプの操作が少し難しくなる程度。

勢力争い Edit

まれに、ミッションに出現する敵勢力が徐々にもう一つの勢力に切り替わり、他勢力同士で争いが始まる。

  • このアクシデントが発生している場合は火災を伴っていることが多い。
  • 遺跡船火星はこのアクシデントが発生しやすい。

船体破損 Edit

感染したコーパスシップでみられる。これらの破損区画は宇宙空間に暴露しており、真空状態によって以下にある減圧と同様にシールド、ついでヘルスにダメージを受け続ける。これらの区画はコンソールを操作して封鎖することができない。ドアを通過して隣接する区画に移動することで真空状態から脱することができる。

落雷 Edit

グリニア・シップヤードタイルセットの広い屋外エリアに立っていると、敵やテンノに雷が落ちる可能性がある。落雷によるダメージはやや高く、耐久力の低いテンノを殺す場合がある。

プレイヤーや敵が引き起こすもの Edit

減圧 Edit

コーパスシップの「強化」ガラスが破損すると、大気が宇宙空間へ放出され減圧状態となる。これはプレイヤーと敵のどちらによっても引き起こされ、他の区画の気密を保つために、ガラスの割れた区画は即座にドアがロックされる。封鎖された区画内では音の聞こえが鈍くなり、時間経過とともにじわじわとシールド、ついでヘルスにダメージを受け続ける。ガラスが割れた際、プレイヤーはよろけ状態になる。この状態は付近にある端末をハッキングし、防護壁をおろすことで解消される。

 

減圧は確保ターゲットの逃走を妨げるために活用することができる。敵の追跡から一時的に逃れるための手段としても使用できる一方で、敵を閉じ込めて窒息死させようとする場合、とくに高レベルでは非常に時間がかかることになる。

 

減圧はコーパスシップでのみ引き起こされ、似たような窓をもつグリニアガレオンなどでは減圧現象を引き起こすことはできない。

強襲 Edit

特定の条件を満たすことで、ミッション中に突然ロータスや謎の人物から通信が入り、しばらくするとターゲットとなっているプレイヤーの近くに死への使者などのミニボス、またはシンジケートの刺客が出現して襲ってくることがある。いずれも強敵揃いとなっている。

 

関連記事:

ナイトメアモード Edit

ナイトメアモードはランダムな試練の追加によってミッションの難易度が高まる見返りとして、クリア報酬に特殊なレアのナイトメアモードMODを得られるゲームモードである。最初からは出現せず、その惑星のすべてのノード(DarkSectorおよび海王星のインデックスを除く)をクリアすると出現するようになる。
nightmarenode.jpg
該当するノードは各惑星毎に1つが選ばれ、8時間ごとに変更され、画像のように赤くなり、ノードのアイコンが渦マークに変わる。ナイトメアが発生しているノードでは、プレイヤーは通常のミッションかナイトメアモードのミッションを選択できる。1度クリアしたナイトメアミッションは再度プレイできず、次のサイクルまで同じ惑星には出現しない。トライアルのナイトメアモードはナイトメアモードトライアルキーを製作することで開始できる。

 

ナイトメアモードMODが報酬となっているナイトメアアラートがあり、ミッション内もナイトメアモードとなっている。

ナイトメアモードの追加要素 Edit

通常のミッションの条件に、以下の要素が加わる。

  • 難易度が高くなる。
    • 全ての敵の与ダメージが3倍になり、場合によっては本来出現するものより上位のユニットになる。例えばグリニア ランサーが出現するマップではかわりにエリートランサーが出現するといったように。
    • ハッキング時にサイファー使用不可
      • ハッキングの失敗(コーパスの時間切れ、グリニアの3回ミス)時に高い電気電気ダメージを受ける。
    • プレイヤーが出現させたスペクターは敵になり、プレイヤーや防衛対象を攻撃する。
    • 環境災害が高い確率で発生する。
    • 掃滅ミッションでは敵の総数が増加する。出現数は最大500の上限を持つ。また、ミッション開始時点から警戒状態となっており、敵がロックダウンを開始するまで警報を解除することはできない。
    • グリニアハイジャックではコア運搬途中の扉が全てロックされている。
  • エンドレスタイプのミッションは以下の様に変化する;
    • ナイトメア防衛は10WAVE終わらせることでミッションを完了できる。
    • ナイトメア耐久は10分終わらせることでミッションを完了できる。
    • ナイトメア傍受は2ラウンド終わらせることでミッションを完了できる。
    • ナイトメア発掘はクライオティックが500個以上になるとミッションを完了できる。
 

各ミッションごとに以下のチャレンジが最大2つまで発生し、追加要素は等しい確率で選択されるものと思われる:

追加要素内容備考
シールド枯渇シールドが0になる。ハイジャック以外のナイトメアアラートの場合は必ずこのチャレンジが適用される。
タイマーミッション遂行に5分の制限時間が加わり、敵を1体倒す毎に3秒程度延長され、制限時間内にゴールに辿り着けないと失敗扱いになる。• 環境災害などによるプレイヤーのキル以外で敵が死んだ場合はタイマーは延長されない。
• コーパスのミッションではカメラやタレットを破壊した場合もタイマーが延長される。
• デザートスケートや野生のクブロウなどの原生生物を倒してもタイマーは延長されない。
• 防衛、機動防衛、抹殺、耐久といったミッションタイプではこの追加要素は無視される。
ヴァンパイアミッション中徐々にヘルスが最大値の1.5%ずつ減少。敵を1体倒す毎にヘルス最大値の12.5%回復する。この効果自体によってプレイヤーが死ぬことはない。ボラタイル ランナーの自爆でも回復する。
• Rumblersのようなアビリティ由来の味方によるキルは回復に貢献する。
エネルギー減少プレイヤーのエネルギーが毎秒 5 減少していく。• Energy Siphonを装備しているとエネルギー減少を遅くする事ができる。
ハイジャックのナイトメアアラートの場合は必ずこのチャレンジが適用される。
致死性爆発バレル爆発バレルのダメージが更に上昇し、致命的なダメージを与える。• これが適用された場合、さらに他の追加要素が与えられる。
リロード速度低下リロードする時間が約50%増加する。• これが適用された場合、さらに他の追加要素が与えられる。
低重力重力が低下する。• 空中にいるプレイヤーや敵、戦利品全ての運動に影響を与える。
死体爆発敵が死亡時に爆発し、微弱な範囲ダメージを発生させる。• 範囲ダメージは微弱であり、パーセンテージのよるものか直接的なものかは要検証。

ナイトメアモード報酬 Edit

現在19種類のナイトメアモードMODが報酬として用意されており、ミッションの難易度ごとに3段階の報酬テーブルが用意されている。

難易度ごとの報酬テーブル

ナイトメア攻略 Edit

  • 基本的な注意点
    • ペナルティごとに見ると、重力低減、死体爆発、ヴァンパイア、タイマーは比較的簡単。ヴァンパイアに至っては、敵を倒すとヘルスが回復する分、殲滅力さえあればむしろ有利とも言える。
    • 死体爆発の場合は実質、敵のレベルが上がっているだけになるので、「当たり」と言える。
    • 戦術を極端に制限されるエネルギー減少は、フレームを問わず厳しい。有効な対策は基本的になく、クリアは武装と運(敵の湧きなど)に左右される。シールド枯渇も厳しいが、防御系のアビリティを持つフレームならある程度フォローは利く。後の2種類を引いてしまったら、ソロであればリスタートするのも手ではある。
  • オススメフレーム
    • ASH, LOKI: 透明化すれば戦闘もスルーも容易。
    • RHINO: シールド枯渇状態でもIron Skinでカバー可能。
    • TRINITY: シールド枯渇状態でもBlessingでカバー可能。
    • VALKYR: シールド枯渇状態でも高い装甲値とHysteriaでカバー可能。
  • オススメ敵
    • 感染体
      • 銃撃がないので相手にしなければほとんどダメージを食らうことがない。スルーも比較的容易。準惑星エリスはすべてミッションが感染体専用マップとなっている。駆除ミッションは大量の感染体が際限なく湧いてくるためやや難度が高い。
  • オススメミッション・タイルセット
    • 掃滅
      • 一定数の敵を倒すだけなので落ち着いて処理していけば安全に進められる。使用武器のセカンダリ縛りもない。追加ミッション(残業)が発生しないのもポイント。
    • 確保
      • クリア時間は短く済む部類。ただしシールド枯渇状態では、強力な武装を持つターゲットは侮れない敵になる。
    • 妨害
      • 目的がリアクター破壊のみのタイルセットの場合はデータマスなどのミッションオブジェクトを持つ必要がないのでプライマリで戦うことができ、すぐに終わるため容易。アステロイド海底研究所の場合は目的が複数ありやや面倒。

チャレンジ報酬 Edit

チャレンジ報酬はミッション開始時にランダムに与えられるチャレンジを完了することで与えられる報酬である。チャレンジはミッション開始時に画面下部に表示され、ESCメニューを開くことで確認することができる。達成時にボーナス熟練度が装備全体に与えられる。

 

チャレンジ一覧

チャレンジ名内容備考熟練度
キラー30キルする手段は不問5,000
ライフルマンプライマリで30キルする。プライマリであれば良い(アークウィング ガンはプライマリ扱いではない)。5,000
ピストルマスターセカンダリで20キルする。セカンダリであれば良い(アークウィング ガンはセカンダリ扱いではない)。5,000
ソードマン近接で10キルする近接武器であれば良い(アークウィング メレーでも可)。1,000
スタイリッシュキルスライディングキルを5回。これには武器かWarframeのアビリティ、自分のコンパニオンのいずれかによって達成したキルが含まれる。1,000
スピードキル10秒以内に3キルする。タイマーは最初のキル時に開始される。10秒以内の任意のキルでチャレンジが進捗する。3キルが10秒以内に達成されていない場合、カウンターは0にリセットされる。5,000
ステルス気付かれることなく10キルする。特定の条件によって警戒状態の敵の撃破であってもカウントされる。詳細は下記備考を参照。5,000
ヘッドハンターヘッドショットキルを10回するヘッドショット倒した敵がカウントされる。5,000
ハッカーコンソールを1つハッキングする。データ端末のハッキングはカウントされない。エリアのロックに繋がるコンソールのハッキングのみがカウントされる。1,000
みなぎる力1番目のアビリティを5回発動する。発動させるだけでカウントされる。1,000
内なる力4番目のアビリティを1回使用する。発動させるだけでカウントされる。1,000
コレクターエネルギー回復を4つ集める。エネルギー回復を取得しないとカウントされない。1,000
トレジャーハンターMODを1つ見つける。1,000

備考

  • 特定の状況下や特定の敵の撃破によってステルスチャレンジを完了することができる。
    • ダウン中にキルした場合。
    • 自分を発見していない防犯カメラとコーパスタレット。
    • ミュータリスト オスプレイがまだおろしていないクローラー。
    • ブルッド マザーのマゴットやグリニア シーカーのラッチャーがスポーンした瞬間。
  • キル系ミッションはセンチネルなどのコンパニオンによるキルはカウントされない。
  • チャレンジ報酬は時折、得られない場合がある。例えば防衛ミッションでハッカーのチャレンジを得た場合など。
    • アークウィングミッションで顕著であり、ヘッドハンターは困難であり、またハッカーは完了する手段がない。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • KUVAサイフォンミッションで4本ある吸い込み口のうち一個が最初から吸い込んでるモーションになってて、kuvaサイフォンが破壊できないんだけど、みんななってるのかな?(PC版 -- 2017-03-02 (木) 23:11:32
    • 解ってるかもしれないしそうなら悪いがサイフォンは撃っても壊れないぞ。 モール(サイフォンの吸入口)の方向から来るKUVAにオペレーターでVoidダッシュするだけ。 解ってて別の原因ならバグだろう -- 2017-03-03 (金) 02:54:03
      • うんKUVA4回とないと破壊できないのは解ってる。症状としては上に書いた通り吸い込み口が一本吸い込みモーションにはなってるけど、KUVAがいつまでたっても現れないんだ(残りの3つはちゃんとKUVAが出てくる)。昨日3回くらいサイフォンミッションやったけど、3回とも同じ症状が出てサイフォン破壊できなかったから、さすがに気になったんだ -- 2017-03-03 (金) 07:28:00
      • 前同じ状況になったけど、変なところに引っかかってたからよーーく探すと見つかるかも -- 2017-03-03 (金) 07:41:19
  • リアクター妨害で冷却抜き燃料入れルートで火の床に当たってなくても燃えはじめて死にそうになったんだが何が原因だろう? -- 2017-03-08 (水) 00:35:55
    • どうやらエリアが高温状態になっているらしく、フレームが自然発火してる模様 -- 2017-03-08 (水) 00:54:04
    • 画面が真っ赤になる部屋にいると床の状態にかかわりなく火炎状態になってごりごり削られる。さっさと逃げるしかない -- 2017-03-08 (水) 14:13:32
    • 燃料セルをリアクターに投入して破壊すると、リアクター部屋?を中心に時間経過とともに隣接している部屋に火災が広がって高温状態になっていく。高温状態になった部屋は、そこにいるだけで敵味方を問わずに火炎の状態異常になって継続ダメージを受け続ける。あと燃料セル投入後のリアクター破壊から一定時間経つとカウントダウンが開始されて、その間に脱出しないとミッション失敗になる。 -- 2017-03-08 (水) 15:13:49
  • 亀裂発掘ミッションでのことです。掘削機がマップや画面に表示されず、エリア中回っても見つからなかったのですが、バグですか? -- 2017-03-23 (木) 03:13:21
    • 亀裂に関わらず進行不能のバグ -- 2017-03-23 (木) 03:26:35
      • ありがとうございます -- 2017-03-23 (木) 13:07:24
  • KUVAサイフォンで掃除機が壁際に設置されてて壁向いて吸い始めるんですがどうしたらいいんでしょうか? -- 2017-03-24 (金) 10:39:29
    • U20のアプデ以降、ノズルの位置とKuvaの湧く位置は合ってるがノズルが向く方向が違うバグが発生してるので反応したノズルに応じた出現位置とルートを憶えればなんとかなる。アプデ前からあるKuvaが壁の中等に出現し吸い続けるバグの方ならどうしようもない -- 2017-03-27 (月) 16:15:20 New
  • 耐久で2個目(10分)からの報酬が貰えないんだけどバグ?同じ人いる? -- 2017-03-28 (火) 14:09:32 New
    • 同じく貰えない。このままじゃOCTAVIA作れん... -- 2017-03-29 (水) 00:14:57 New
    • 一時的なものだったな。 -- 2017-03-29 (水) 12:27:20 New
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 英語表記ではReactant