Top > ランディングクラフト
HTML convert time to 0.049 sec.


オービター

Last-modified: 2017-05-18 (木) 06:26:45
Liset.jpg

オービターは太陽系全体のミッションに移動するためにテンノに使用されている。
また、様々な機器や武器のアーセナルを運ぶ、テンノの移動基地として機能している。
オロキンAIと呼ばれるOrdisはテンノの船のメインコンピュータとして働いている。

ランディングクラフト(Landing Craft) Edit

オービターはランディングクラフトと呼ばれる、戦闘領域にテンノを届ける小型の宇宙船を運搬している。
堅牢性と信頼性を持つランディングクラフトは宇宙空間、大気中、更には深海を含め、様々な環境を航行可能となっている。

 

テンノは船体底部のカバーの付いた搭乗口に顔を下側に向けて固定された状態でランディングクラフトに乗り、そこから直接降下することで、ミッションの開始ポイントに展開する。
ランディングクラフト脱出位置のエアロックに垂直に接舷し、そこにテンノが乗り込むための人型の凹みが固定され、踏み乗るだけで脱出できるようになっている。
また、ランディングクラフトは物体を牽引するトラクタービームを用いて後方にFomorianパワーコアのような重い貨物を運ぶことができる。

 

テンノが利用可能なランディングクラフトは4種類あり、エアリアルサポートチャージ (Air Support Charges) で要請することでミッション中にエアリアルサポート (Air Support) アビリティを使用してプレイヤーを支援することができる。
エアリアルサポートチャージで要請した際、再び要請できるようになるまで10分のチャージを要する。
プレイヤーはメインメニューエクストラランディングクラフトランディングクラフト 選択を介して利用するランディングクラフトを選択することができる。
エアリアルサポートチャージで発動できるエアリアルサポートアビリティはランディングクラフトの種類によって決定される。

 

また、エアリアルサポートチャージ、及びランディングクラフトの作成には、ランディングクラフトファウンダリモジュールの作成、インストールをする必要があり、ランディングクラフトファウンダリモジュールの設計図は、クラン DOJOの「テンノラボ」にてリサーチ、設計図複製を行うことによって入手することができる。

ライセット(LISET) Edit

Liset.png

ライセット はプレイヤーが最初に受け取るデフォルトのランディングクラフトであるため、最も一般的。
ライセットの持つエアリアルサポートアビリティはオーバーライド

エアリアルサポート: オーバーライド Edit

Ordisが敵勢力のシステムをクラッキングし、短い間セキュリティプロトコルを無効化する。

  • 警報やロックダウンが作動している時に使用可能になり、要請すると少しの間を置いてセキュリティが解除され、一定時間機能しなくなる。

マンティス(MANTIS) Edit

Mantis.png

マンティス はプレイヤーが入手できるランディングクラフトの第二のタイプ。
プレイヤーのランディングクラフトとして選択した場合は、マンティス のエアリアルサポートアビリティのメディタワーが提供される。

エアリアルサポート: メディタワー Edit

Ordisがヘルスを回復するためのメディタワーをプレイヤーの近くに投下する。

  • 設置されたメディタワーは任意にプレイヤーがコンテキストアクション( X キー)で20回まで使用でき、ヘルスを100回復させる。
  • 設置から20分が経過したメディタワーは自爆して消滅する。

製作 Edit

材料製作費製作時間即時製作
機体125,000 Cr72時間50 Pt
エンジン1
航空電子機器1
オロキンセル1
マーケット価格: 150 Pt設計図価格: 35,000 Cr
 

製作にはランディングクラフトファウンドリーセグメントが必要。

製作費: 15,000製作時間: 12 h即時製作: 25 Pt
パーツ名材料
機体サルベージ(9,000) 回路基板(4,500) オキシウム(1,800) モーフィクス(10)
エンジンポリマーバンドル(7,500) ルビドー(5,200) フェライト(7,500) アルゴンクリスタル(3)
航空電子機器ナノ胞子(11,000) 神経センサー(6) コントロールモジュール(8) プラスチド(4,800)

すべてのパーツ(および設計図)はレア、スーパーレアのストレージコンテナからドロップする。
機体はコーパス、航空電子機器はオロキンタイル、エンジンはグリニア

シミター(SCIMITAR) Edit

scimitar.png

シミター はプレイヤーが入手できるランディングクラフトの第三のタイプ。
プレイヤーのランディングクラフトとして選択した場合は、シミター のエアリアルサポートアビリティの Carpet Bombが提供される。

エアリアルサポート: Carpet Bomb Edit

設置したビーコンの位置から、Ordisが一列に爆弾を投下する。

  • この爆弾の爆風は爆発の状態異常を確定で与える。

製作 Edit

材料製作費製作時間即時製作
機体125,000 Cr72時間50 Pt
エンジン1
航空電子機器1
オロキンセル1
マーケット価格: 150 Pt設計図価格: 35,000 Cr
 

製作にはランディングクラフトファウンドリーセグメントが必要。

製作費: 15,000製作時間: 12 h即時製作: 25 Pt
パーツ名材料
機体フェライト(8,000) クライオティック(3,500) 回路基板(5,000) ニタン抽出物(4)
エンジンポリマーバンドル(7,500) ルビドー(5,200) フェライト(7,500) アルゴンクリスタル(3)
航空電子機器ナノ胞子(11,000) 神経センサー(6) コントロールモジュール(8) プラスチド(4,800)

すべてのパーツの設計図死への使者たちからドロップする。
機体はGrustrag隊、エンジンはストーカー?及びシャドウ・ストーカー?、航空電子機器はZanukaハンター

シフォス(Xiphos) Edit

Xiphos.png

シフォスはプレイヤーが入手できるランディングクラフトの第四のタイプ。

エアリアルサポート:SENTRY GUN Edit

60分間持続して視界にいる付近の敵に射撃を行う自動タレットをOrdisが配置する。

  • 視点の先の床にタレットが設置される。天井や壁を指定してもその下の床に設置される。
  • 攻撃範囲は周囲360°、距離30m、上下角60°。
  • タレットは持続時間の終了や、敵の攻撃によって壊れるまで撃ち続ける。
  • 複数設置可能。

製作 Edit

材料製作費製作時間即時製作
機体125,000 Cr72時間50 Pt
エンジン1
航空電子機器1
オロキンセル1
マーケット価格: 150 Pt設計図価格: 35,000 Cr
 

製作にはランディングクラフトファウンドリーセグメントが必要。

製作費: 15,000製作時間: 12 h即時製作: 25 Pt
パーツ名材料
機体フェライト(8,000) クライオティック(3,500) 回路基板(5,000) ニタン抽出物(4)
エンジンポリマーバンドル(7,500) ルビドー(5,200) フェライト(7,500) アルゴンクリスタル(3)
航空電子機器ナノ胞子(11,000) 神経センサー(6) コントロールモジュール(8) プラスチド(4,800)

すべてのパーツの設計図グリニア ガレオンコーパス シップリアクター妨害ミッションの3つ目の貯蔵庫からドロップする。

セグメント Edit

オービターの内部には、プレイヤーが重要な機能にアクセスするためのUIとして機能する「セグメント」と呼ばれる様々なシステムを収容している。
テンノが最初にライセットを入手した時点では、ほとんどの船のシステムが停止しているので、「Vorの秘宝 (Vor's Prize)」クエストミッションでセグメント部品を収集して復元する必要がある。
プレイヤーはセグメントの前まで歩いて、使用することによって、各セグメントにアクセスすることができる。
また、メインメニュー(Escキー)を立ち上げることで、プレイヤーは船内を移動することなく、迅速に各セグメントにアクセスすることができる。

アーセナル Edit

Arsenal.jpg

アーセナルのセグメントは、ランディングクラフト下部のオービター区画中央に設置されている最初のセグメント。
アーセナルでは、プレイヤーが自分のWarframeや装備する武器の変更、ならびにそれらの在庫を確認することができる。
このセグメントは、「Vorの秘宝」の最初のプロローグミッション完了時に取得される。

ナビゲーション Edit

Navigation2.jpg

ナビゲーションセグメントは、アーセナルのセグメントを有効化した後に解除されるオービター第二のセグメントであり、船の上部コックピットデッキのすぐ目の前に位置する。ナビゲーションは太陽系のマップが表示され、目的地の惑星とミッションのノードを選択するために使用される。

 

最初に新規プレイヤーがナビゲーションコンソールをアンロックすると、地球へのみ向かう事ができる。他の惑星に進むためには各ジャンクションの守護者を倒す必要がある。

コミュニケーション Edit

コミュニケーションセグメントは、実際にはコーデックスシンジケートマーケットコンクレーブのディスプレイの4つの主要部分で構成されている。
コーデックスは上部コックピットデッキの左側、コンソールに表示されており、ストーリーや様々な項目の情報だけでなく、敵のステータスと弱点を確認できる。
マーケットディスプレイは、様々なアイテムや武器をクレジットまたはプラチナで購入することができる。
そして、ナビゲーションコンソールの左側にあるコンソールがシンジケート。テンノがシンジケートに関連するすべての機能にアクセスできる。
最後にコックピットデッキの右側、マーケットの横にあるコンクレーブコンソールは、PvPミッションにアクセスできる場所である。

 

このセグメントのロックを解除することでナビゲーションコンソールの右側にあるWARFRAMEのニュースを表示するニュースディスプレイを有効にします。
また、すべてのマルチプレイヤー機能が有効になり、プレイヤーがミッション中に他のプレイヤーと分隊を組む事をできるようになる。

 

地球のMantleの「Vorの秘宝」2番目のミッションにて、コミュニケーションセグメントを取得することで、コミュニケーションはアンロックされる。

MOD Edit

Mods.jpg

MODセグメントは船の下部デッキ右側に位置する。
プレーヤーは収集したMODの閲覧と売却、合成や変換をこのセグメントで行える。
MODセグメントを有効にすると、アーセナルのセグメント上でウォーフレームと武器のアップグレードで、MOD構成をカスタマイズする機能のロックを解除します。
MODセグメントは「Vorの秘宝」の地球のMarianaでDarvoを救出するミッションで入手することができる。

ファウンドリ Edit

Foundry.jpg

下部デッキ左側に配置されたファウンドリセグメントは、プレイヤーがゲームを通じて収集した材料と設計図を使用して、さまざまな武器やアイテムを作ることができる。
このセグメントは、「Vorの秘宝」の地球のCambriaの掃滅ミッションを完了することによって獲得できる。

孵化器 Edit

Incubator.jpg

孵化器セグメントは下部デッキ右側のMODセグメントとアーセナルセグメントの間に位置する。
プレイヤーのKubrowを育成と維持を行うためのさまざまなオプションを備えている。
このセグメントは他と異なり、「クブロウ捕獲クエスト(Howl of the Kubrow)」を介して取得する。

ラジオ Edit

コーデックスセグメントの後ろに位置し、Ordisが敵や味方の無線信号に盗み聞きしている模様。
いまのところラジオはプレーヤーが現在いる惑星に応じて変化する無線音声を提供する以外の目的はない。

 

隣に直接立ったとき、またはナビゲーションセグメントを使用するとき無線は最大音量になる。

無線ラジオの一覧を表示する

VOIDレリック精錬 Edit

VOIDレリック精錬セグメントは、下部デッキ船体奥へ向かう右側通路の手前(船体奥側を見たとき、アーセナルの右側)に位置する。
このセグメントでは、プレイヤーのVOIDレリック所持状況や各レリックの報酬内容、その確率を確認することができる。
このセグメントは他と異なり、地球の「火星 ジャンクション」の報酬として入手可能である。

オービターの部屋 Edit

オービターには3つの大きな部屋があり、下部デッキにはアーセナルの後方に2のランプがある。現在これらの部屋の2つだけがアクセス可能で、どちらもクエストやその他の特別な条件を経由してアンロックしなければならない。

AladV.png"次に会う時は、きっとびっくりすると思うよ。楽しみは次回に取っておこう。"
この記事にはストーリーに関するネタバレが含まれています。

トランスファレンス・ルーム

トランスファレンス・ルームを閲覧

感染した部屋

感染した部屋を閲覧

装飾 Edit

Lisetcustomize.jpg

この項目はESCメニューからアクセスできる。
ランディングクラフトは96の装飾容量を持つ。

 

カラーリング

  • Warframeなどと同じカラーパレットを使用して、現在使用しているランディングクラフトと内装のカラーリングを変更することができる。

ランディングクラフトスキン

  • マーケット、またはカスタマイズ画面から購入することができる。
    スキンは装飾容量を消費しない。

装飾品

  • ランディングクラフト内に飾ることができるオブジェクト。
    • ボブルヘッド: 各種フレームやボスなどのボブルヘッド人形。各35pt。
      • STALKER ボブルヘッド: Update 18のティザーサイトの日替わりミステリーコードを6つすべて獲得したプレイヤーへのボーナスとして配布された。
    • シンジケート彫像: 各シンジケートのメダルを象った彫像。それぞれのシンジケートの最高称号の提供物として50,000地位で購入できる。
    • AYATAN像: ミッション中に拾得する古代オロキンの宝物。設置しているAYATAN像はスターを取り付けたり、Marooとの取引に出すことはできない。
    • 素材: 素材や素材オブジェクトの装飾。素材は各5Pt、素材オブジェクトは各20Ptで販売している。
    • ディスプレイ
      交換
      画像の変更
      選ぶことのできる画像は各ディスプレイにデフォルトでついている初期画像のほかに、コーデックスで閲覧できるファンアートとフラグメントのコレクション画像がある。
      横線オフセット
      画像の表示領域を横に移動
      縦線オフセット
      画像の表示領域を縦に移動
      縮尺
      画像の拡大率を変更。最小に設定することで画像全体を表示できる。
      フィルターを選択
      各種エフェクト(白黒など)を選択できる。
    • その他

備考 Edit

  • 「ライセット」という名称は、実際のゲーム内に記載される以前からコンセプトアートで見ることができ、かつDevstream公式のDE開発者によって言及されていた。また、Update14のリリースノートで見ることができる。
  • テンノがランディングクラフトに掴まる方法、及びライセットの全体的な形状から、忍者が密かに目的地に移動するための凧を使用する描写を彷彿とさせる。
  • テンノが発見されずに任意の場所に近づくことができるという事実は、ランディングクラフトは検出を回避することができるステルス技術を有することを意味する。
    • Ordisのグリニア通信の傍受による裏付け: テンノ船(少なくともライセット)は、VOIDマントを持っている。これは、検出可能な「VOID質量エコー」を生成するもので、Solar Railを使用するためには解除されなければならない一方、テンノが簡単に高セキュリティ施設に侵入する方法でもあり、船の検出を非常に困難にする。
  • 多くの脱出場所では、最大4機が同じ場所にドッキングされていることを示す、脱出のための存在する複数のテンノの搭乗部が見られる。しかし、4つの大きな船はお互いに間隔が非常に近く、ランディングクラフトの船体の広さと矛盾し、このような構成では彼らの出口を持つことが不可能に思える。
    • これは単に、プレイヤーに複数脱出が可能に見えるようにするための視覚的なものであることを意味する。
  • Devstream 27にて、ランディングクラフトの外観に対して内側が広いのはボイドの技術によるものであると言及されている。
  • 同じような船のコンセプトは、過去にDigital Extremesが手がけたゲーム「DarkSector」のプロトタイプに使用されていた。その中でも、Warframeでプレイヤーが行うようにコーパススーツの掛けられたドッキングエリアで正確に任務を終了する。
  • ライセットのモデルはUpdate14のリリースで完全に改良された。以前のやや角ばった(ほぼコーパスをテーマにした)デザインを置き換え、新しいものは洗練された有機的外観のオロキン様式の船となった。「Vorの秘宝」最初のミッションでは、Captain Vorが手に持ったキーを使用して古いモデルのライセットを撃墜している。
  • ローディング画面中に移動キーを使用してランディングクラフトを操縦することができる。
  • 新しいライセットは、加速推進器を隠す外部フラップの数を持ち、これはすべての方向に高い機動性を持つことを示唆している。これらのフラップは、おそらくはエアブレーキとしても機能するとみられる。
    • 推力偏向は、現代の航空機の高機動性において重要な要因である。ライセットの推力偏向の使用は、バレルロールにその能力を見受けられ、脱出するときなどには、複数の軸回転機動を実行することができる。
  • コックピットのガラスは、その上にロータスパターンを有している。しかしガラスは、おそらくVOID技術によってライセットの外観に見ることはできない。
  • ライセットの全体的な形状とその直線アンテナは漠然とカブトガニやエイに比較されている。
  • いずれかのラジオの合間にコーパスは「女王たちへの栄光」という奇妙な発言を送信する事がある。
  • Devstream 38にて、現在のランディングクラフトの折り畳みスロープでつながっている下部区画はランディングクラフトそのものではなく、補助的な「オービター」の区画にランディングクラフトが接続していることを言及している。
    • ゲーム中では登場していないが、オービターの設定画も存在している。絵には艦首付近にドッキングしているライセットの姿が確認でき、おおよその大きさを把握する事ができる。

関連 Edit

TheLiset.com: Update 14のティザーサイト。


元記事: http://warframe.wikia.com/wiki/Orbiter

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • マンティス安くなってたのでフレンドにギフトで送ったんですけど、受け取ったのにマンティスが選べないみたいなんです。なんででしょうか? -- 2016-12-31 (土) 05:59:00
  • nidusのクエストクリアしてないけど、感染部屋は入れたダス…… -- 2017-01-15 (日) 22:09:42
    • 腫瘍切除の件は知ってます? -- 2017-01-15 (日) 22:21:31
      • 今取ってきました。イベントクリアしてなくてもピンクいの取れるようになったですね -- 2017-01-15 (日) 22:30:14
      • 記事更新 -- 2017-01-15 (日) 22:36:22
  • マンティス機体設計図はエリス駆除ミッションの隠された3つのストレージから出る。 -- 2017-03-18 (土) 04:28:45
    • おそらくコーパスのレアコンから入手したものだと思われます -- 2017-03-18 (土) 06:56:24
  • 既出ならあれだけどルア掃滅貯蔵庫からもシフォスエンジンでました。 -- 2017-04-01 (土) 12:57:20
  • 今日、コーデックスをいろいろ見てたらいきなり通信が始まり、見たことのない人物が現れて語り始めました -- 2017-04-05 (水) 13:40:55
    • 途中失礼、名前欄にはOrdisと出ましたが外見は影に包まれた人、で後ろには炎が燃えていました(Rukと同じ)、一体これはなんだったんでしょうか -- 2017-04-05 (水) 13:42:35
      • ネタバレ項目だからここでは答えられないから、メニューコーデックスフラグメントを参照ね、繰り返すけどネタバレ項目だからわかってもここに書き込まないでねb -- 2017-04-05 (水) 13:47:49
      • なるほど…こんなことが……、答えていただきありがとうございました -- 2017-04-05 (水) 15:46:08
      • いえいえ、こちらもしっかりと答えられず申し訳なかったですorz -- 2017-04-05 (水) 15:54:10
  • シフォスのタレットってナリファイアのバリア壊せる? -- 2017-05-31 (水) 19:17:38
    • 壊せるけどタレット自身が非常に脆いのでエンシェント等で対策が必要かな -- 2017-05-31 (水) 22:42:42
  • エアリアルサポートって4人別々に使えますよね?一人使ったら10分は誰も使えないってんじゃなくて -- 2017-06-09 (金) 08:35:59
  • オロキン的な装飾の施されたライセットを見たことがあるのだけれど、ファウンダー特典か何かかな -- 2017-08-06 (日) 14:45:38
    • Valkyr PrimeのアクセサリーパックにLiset Primeスキンがあったからそれの事かな -- 2017-08-06 (日) 17:05:50
  • 感染した部屋に初めて入ったけど、プランターのある辺りはちょっとナウシカっぽいな -- 2017-08-08 (火) 21:37:03
  • 船内にオペレーター座ってることがあるけど何かあるの? -- 2017-09-03 (日) 20:57:09
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White