Top > 物語と歴史
HTML convert time to 0.068 sec.


物語と歴史

Last-modified: 2016-04-04 (月) 17:31:21
AladV.png"次に会う時は、きっとびっくりすると思うよ。楽しみは次回に取っておこう。"
このページにはストーリーに関するネタバレが含まれています。

英wikiのStory and Historyの一部翻訳
※主にゲーム内やLiveStream内での言及を元に書かれているがあくまで推測であり、公式にストーリーについて実装される場合にこのページに書かれている内容から大きくはずれる可能性、設定等が変化する可能性も十分にあることに注意して読むこと。

 

Warframe(ゲーム)同 Digital Extreams 製作のTPS "Dark Sector (PS3/Xbox 360/PC)" のネタバレを含む。

 
 

Warframeの物語と歴史 Edit

Dark Sector Era Edit

冷戦時代の地球において、合衆国はテクノサイトウィルスと呼ばれる物を開発した。
それは数十年の間、使用もテストもされずに放置されていたが、The Agencyは感染者を乗せた潜水艦をロシア領の島 Lasariaへ送った。
恐らくは元The Agencyの一員で'ナノ技術を用いた身体強化の専門家'であるRobert Meznerは、現地の市民を使ってウィルスのテストと繁殖を行うため秘密裏にLasariaへと送られた。

 

The AgencyのエージェントであるHayden Tennoは、Meznerを暗殺するためにLasariaへ送られたが、Nemesis(テクノサイトで構成されたWarframeの試作品でRhinoとNyxをミックスした外見を持ち肩にロータスの紋章がある)を着用したMeznerの同僚の女に攻撃を受ける。HaydenはNemesisによって、Meznerが感染したのと同じ改良された菌株のテクノサイトウィルスに感染させられる。

 

このような状況下でDark Sectorのゲームの大部分は進行して行く。Haydenの体はウィルスに対して特別な反応を見せ、外見上の変異は右肩から右手のみに留まる。一方で他の人間と動物達は痛みによって発狂し、その体は機械と生物が混ざったような外見の恐ろしい怪物へと変異した。Haydenは先天性無痛症により痛みを感じなかった事も、ウィルスによる発狂を免れた理由の一つだったと考えられる。

 

物語の終盤において、HaydenはNemesisとは異なるプロトタイプのWarframe(Excaliburと同じ、または極めて似通った物)を獲得し、Nemesisとウィルスによって発狂したMeznerを打ち負かし、The Agencyの裏切りから生き延びるが、MeznerとThe Agencyの尽力によりテクノサイトウィルスは解き放たれる。

 

テクノサイトウィルス自体は空気感染しないにも関わらず、感染は地球全体に広まり殆どの生態系を吸収し生物を殺傷または変異させた。人類はどうにか生き残り太陽系内の他の星やアステロイドに移住した。この時点でHayden Tennoはテクノサイトウィルスを吸収・適応した唯一の例で、彼が子供や子孫を残したかはわかっていない。

Orokin Era Edit

数千年後(またはさらに長期間)。Orokinと呼ばれる種族があった。彼らは人類の残党によって作られた機械、超人類、または全く未知の宇宙人のいずれかだった。当時Orokinは太陽系を支配しており、大規模な前哨基地の建設と地球上の生物に対する遺伝学的な実験に膨大な時間を費やした。この点から、現在我々が持っている情報を元にしたいくつかの妥当な可能性がある。現時点ではExcaliburのCodexに記載された情報が最も詳細に富んでいる。

 

コーデックスの項目:Excalibur
"……センティエントは勝利した。彼らは我らの武器を……その科学の矛先を我ら自身へと向ける事に成功したのだ。こちらの力が増すほど、その代償はより甚大なものとなってしまう……。何か別の手段ををみつけなければ、もはや破滅は免れないだろう。躍起になり手立てを模索する中、この世の摂理すべてを歪ませんとする忌むべき領域……VOIDに我々は眼を向けた。

かの忌まわしい地より連れ戻した数体に鎧を与え、それを彼らの拠り所とした。その手には、かつて古き時代に使われた武器……剣と銃を持たせた。新たなる掟、新たなる戦士がここに生まれたのである。……忌むべき者、「テンノ」は我々の救世主へと生まれ変わった。憤怒と鋼をその身にまとった戦神たちは、想像を絶する力を持って我らの敵を打ち払う事だろう。

「Excalibur」……我々は最初の戦士を、そう名付けた。"

 

Tennoは人間型の種族の中でも、テクノサイトウィルスを吸収した事により技術と接続する能力を持った唯一の種族だった。Hayden Tennoは初めてテクノサイトウィルスの吸収に成功した事から"一人目のTenno"であり、彼の血族の一人か遺伝子操作により似通った遺伝子を持つ者はTennoと呼ばれた。OrokinはTennoのためにWarframeを作り、このテクノサイトでできたボディーアーマーは様々な能力と身体的強化を与えた。これは、HaydenがWarframeのユニバースの中に存在したことを必ずしも意味するものではない。

 

コーデックスの項目:Stalker
"あの時全員が眠りについた訳ではない。貴様が眠る間、私はずっとこの世界を歩いてきた。私はまだ覚えている、あの日のことを。

そう…貴様らテンノがTerminusに舞い戻ったあの日。勝利をもたらした英雄を皇帝達は讃え、栄光のヴェールを与えた。その日祝祭のナーガが世界中から鳴り響いた。鋼の救世主を讃える美しい太鼓の音色…叩き鳴らされる十の鼓動は、そのひとつひとつが幾千万の犠牲を弔う鎮魂の音色となるはずだった…私はその光景を下級のガーディアン達と眺めていた。一つ、二つ。太鼓の音色が重なるとともに、私の心には形容したがたい恐怖が募った。何かがおかしい。

テンノ達は一言も言葉を口にせず、あまりにも冷淡に振舞っている。奴らは隙を伺っている。既に取り憑かれていたのだ。私は必死に声を上げようとしたが、口から漏れたのはかすれた呻き声だけだった。

九つ目の太鼓が叩かれた時、祝祭はテンノの放った一撃で真っ赤に染まった。太鼓の音色も、帝国も、もう二度とその栄光を歌うことはなかった。

そして今、私は貴様らを狩り立てる。暗き場所に潜み、重ねた罪を数え続けている。私は復讐の化身となったのだ。覚悟せよ…記憶は失せども、その罪を拭い去ることはできないのだから。"

 

ここから先は物事が多少曖昧になる。The Old Warとそれに続くThe CollapseによるOrokinの崩壊はTennoの責任である可能性が高い。Orokinとその技術を崇拝するCorpusがTennoを'the Betrayers'(背信者たち)と呼ぶのはこれが理由だと考えられる。

 

The Collapseの後、人類は大きく分けて4つに分裂する。Tennoは未知の理由で冷凍睡眠へ。古代の地球から存在しつづけていた、またはOrokinの敗北によって再び放たれたテクノサイトウィルスに感染した者はInfestedとして知られるようになった。Orokinがテクノサイトウィルスを模倣した物をThe Sentientとの戦争の過程で使用した可能性もある。一部の人間は軍隊を作るためにクローン技術を使い、それが元となる遺伝子の劣化を補うために機械的な強化を取り入れ、Grineerとなった。Corpusは崩壊後の人間の中では最も技術に精通しており、Merchant CultとしてクレジットとThe Old Warの遺産を崇拝している。

Warframe Era Edit

数百年後。CorpusがSolar Railsと呼ばれる交易路によって、資源・流通・商いを仕切っている。Grineerは支配を広げるためにCorpusと戦いながらも、自らの劣化し続ける体を維持する技術をCorpusから購入している。Infestedは数々の惑星のいくつもの場所に広がっている。Orokinの遺産はOrokin Voidsとして知られる危険な空間に位置する塔を残すのみとなった。

 

これが'Warframe'のゲームが位置する時期で、Tenno達はThe Lotusとして知られる集団に冷凍睡眠から覚醒させられつつある。殆どのTennoは入手あるいは自ら作成したWarframeを用いてThe Lotusのために任務をこなし、他の3つの勢力と対立している。冷凍睡眠またはその覚醒の副作用によって、起こされたTennoは殆どの、あるいは全ての記憶を失っている。

 

The Lotusは回収されたTennoの組織と指導を行っている集団で、同じくLotusの名で知られる女性のような存在を通して知られている。The LotusはAIであり、Orokinの末裔か関係者の可能性がある。The Lotusの紋章は殆どのWarframeに装飾として用いられており、Orokin EraのWarframeが作られた時期には既に存在していたと見られる。

参考資料と論拠 Edit

テクノサイト Edit

テクノサイトは生体組織に影響を与え、突然変異を引き起こすウィルスである。そして、それはしばしば機械的あるいは金属的特性を与える。Dark Sectorとの連続性は不確かであるため、はっきりとした起源は不明である。ウィルスによって突然変異した人々の大半は、知性を失い、本能に従って行動するように見え、しわがれた嘶きや暴力的な振る舞いを見せる以上の能力はほとんど見せない。Infestedのボスのように高い知性を持つ感染体の存在は否定しがたく、暗殺ミッションの間はプレイヤーのTennoに話しかけて道理を説こうと試みている。Infestedは知性が無い種として可能な域を越えて多く産み出されており、何らかの組織、あるいは集合意識がそれらを導いていることを意味する。

 

ウィルスがWarframeに存在し得る説得力の有る理由は多い。それらの幾つかは以下のとおりである:

  • Dark Sectorにあったように、ウィルスは地球上での最初の放出から生き残った。
  • Orokinは人体実験の際にウィルスを創りだした(遺伝子の操り手としてのOrokinを参照)。Orokinが滅亡した後、ウィルスは偶然に解き放たれた。
  • Sentientsと戦うために、Orokinはウィルスを故意に解き放った。
  • ウィルスは何らかの事由でVoidに現れ、Tennoによって広められた。
     
    Tennoはテクノサイトウィルスに感染、適応している可能性があり、Warframeはテクノサイト由来の材料あるいは類似した何かから作られている可能性がある。コーデックスのEther Swordの項目には、Tennoが感染した味方を介錯(恐らく人間である)する際に用いられたとある。
     

遺伝子の操り手としてのOrokin Edit

Orokinの遺伝子実験は、Livesteam 11にて特に言及された。「地球が壊滅的状態になった際、OrokinはDNAを使うことで、都合に合わせて異なる動物たちを再構築したが、一部のものについてはうまくいかなかった…」Grineer居住地のタイルセットに登場する敵であるSand Skate(アカエイ/ガンギエイ)についての言及である。

 

公式のロアでは、Tennoは地球上の「神話的」種族の子孫であるとしている。またこれは、テクノサイトによって莫大な数の人間が死亡あるいは変異した更に後のOrokin Eraの間のことだと述べている。TennoがOrokinによって作られた方法はまだ謎であるが、彼らは恐らく何らかの形でVoidと結びついている。Orokinはテクノサイトウィルスとテクノサイトに適応した人間のDNAを使用して遺伝子実験を行った可能性もある。

 

InfestedのボスであるJ3-Golemの言及では、Tennoの身体的存在はInfestedの同化した身体と全く異なるわけではないとされる。彼はプレイヤーに呼びかけることもある。「なぜ、我らを滅ぼすのか? 我らはお前の血肉である」Infestedを悩ませるウィルスとTenno自身の関係を断言するものだ。これは、TennoとInfested双方が双方ともOrokin Eraの産物であるという考えを追認する。J3は比喩的にTennoの肉体、つまりWarframeに言及するとも受け止められる。J3-Golemはその後ゲームからは削除されたものの、彼の挑発と引き合いは未だに他のInfestedのボスであるPhoridやLephantisから聞くことが出来る。

 

Cicero Crisis開始時のCouncior Vay Hekからのメッセージも、「Orokinは特別な草を設計した」と特に言及している。地球の大部分はそれらが人工物である建物を破壊する傾向にあるため、住居に適さなくなっている。Grineerは植物を汚染して惑星をより支配しやすいようにする計画を立てていたが、Tennoによって止められてしまう。

The SentientsとOrokin Edit

SentientsとOrokinに関する非常に多くの異なる事実が存在するが、現時点ではどちらの種族についても結論を下すのは難しい:

  • Orokinは人類とは別の種族である。OrokinがTennoに滅ぼされたのに対し、人類は現代(Warframe Era)まで生存し続けている。
  • Sentientsは、Orokinと戦った。その名付けからすると、SentientsとOrokinのどちらか一方が非感情的な知性体であったことを暗示する。今のところ恐らくは、感情を持つ存在と理解できる何かを排した何らかの人工知能あるいは宇宙人であり、それらは我々の定義では感情を持っていると思われない存在である。そのような宇宙人がいる証拠は存在しないが、Warframeにおいては一定の感情を持つ人工知能の登場例が多数存在する。
  • SentientsはOrokinテクノロジーを凌駕しているが、テクノロジーに優れた手腕を発揮していたことを示唆する。
  • Orokinは遺伝学や生物/コンピューターとの混成に優れた手腕を発揮していた。これは、Orokin施設内にいるCorruptedの敵が証拠である。Corruptedは「マインドコントロールされた」生物(Grineer、Corpus、Infested)と機械的/科学的(MOAなど)のクリーチャー群であり、神経科学とテクノロジーについて先進的な知識があることを示している。Neural SentryというOrokinがデザインした人工知能がCorruptedを支配しており、それらを使役してOrokinの施設を守るという使命を果たしている。
  • Orokinが罹患した動物/植物で実験していたということは、テクノサイトを恐れていなかった。
     
    Livesteam 11では、開発者たちは、作品内の将来のミッションのOrokin大型汎用コンピューター内の「仮想空間」で生じることについて検討していた。人工知能が支配する場でのTronスタイルの戦いになるであろうということだが、恐らくはNeural Sentryであり、Orokinは少なくとも信じられないほど洗練されたAIを開発できたことを意味する。
     
    一つのロアの要素であるStalkerのコーデックスの項目はこの説に疑問を持ち込んだ(下記参照)。Old Warの終焉を直接的に述べるものであり、Tennoは勝利の太鼓を打ち鳴らし、その九回目、Tennoはそのスタジアムにいた人々を処刑して血まみれにした。Orokinの実体を殺したのか、Orokinによって作られ使われた義体を殺したのか、未だにOrokinに忠誠を誓っていた人間たち/Tennoを殺したのか、あるいはStalkerは誇張を言っているのかははっきりしない。現在もなおOrokinを崇拝する人間たち(Corpus)がいることがわかっており、同様にGreat Warの際もそのような体制支持者たちが存在した可能性は十分にありえる。StalkerはTennoの謀反の瞬間を語っているが、Tennoが彼らの製作者たちに背いてOrokinを殺害した際、Orokinは新任のTenno兵士たちの何らかの勝利を祝っていた可能性もある。

Orokinの終焉 Edit

Corpusは様々な場所で、Orokinと彼らのテクノロジーを崇拝している描写があり、Tennoを「Betrayers」とゲームの至るところで述べている。WarframeはOrokinの制作物であるため、TennoがOrokinを裏切ったことは理にかなっている。Tennoは「The Sentients」と戦うためにOrokinによって作られ、そして結局は、彼らがOrokinを殺害したことが周知されている。謀反はOld Warを終わらせ(OrokinとOrokin Eraを終わらせ)、The Collapseといわれる時代の始まりとなった。

 

Stalkerのコーデックスの項目は、今はOrokinとGreat Warの終焉について最も多くの情報を提供している:

 

コーデックスの項目:Stalker
"あの時全員が眠りについた訳ではない。貴様が眠る間、私はずっとこの世界を歩いてきた。私はまだ覚えている、あの日のことを。

そう…貴様らテンノがTerminusに舞い戻ったあの日。勝利をもたらした英雄を皇帝達は讃え、栄光のヴェールを与えた。その日祝祭のナーガが世界中から鳴り響いた。鋼の救世主を讃える美しい太鼓の音色…叩き鳴らされる十の鼓動は、そのひとつひとつが幾千万の犠牲を弔う鎮魂の音色となるはずだった…私はその光景を下級のガーディアン達と眺めていた。一つ、二つ。太鼓の音色が重なるとともに、私の心には形容したがたい恐怖が募った。何かがおかしい。

テンノ達は一言も言葉を口にせず、あまりにも冷淡に振舞っている。奴らは隙を伺っている。既に取り憑かれていたのだ。私は必死に声を上げようとしたが、口から漏れたのはかすれた呻き声だけだった。

九つ目の太鼓が叩かれた時、祝祭はテンノの放った一撃で真っ赤に染まった。太鼓の音色も、帝国も、もう二度とその栄光を歌うことはなかった。

そして今、私は貴様らを狩り立てる。暗き場所に潜み、重ねた罪を数え続けている。私は復讐の化身となったのだ。覚悟せよ…記憶は失せども、その罪を拭い去ることはできないのだから。"

 

全てのOrokinが殺害/破壊されたのか、処刑を免れて未だに生き延びている者が存在しているのかどうかは不明である。

Lotusの実在/AIとの関連 Edit

Livesteam 11にて、開発陣は将来のミッションではプレイヤーが浮遊するロボットドローンの中に存在する「The Lotus」(実体)を護衛することがあると述べた。ドローンとミッションは個人が「The Lotus彼女自身」を護衛し、ドローンに宿っている彼女が危機に陥っているとされている。

これは後に機動防衛ミッションとなった。プレイヤーがデータマスを目標のコンピューター端末に挿入すると、The Lotusは「どうにか私を端末に挿入できましたね。私がGrineerネットワークに進入する間、防衛してください」と効果についての何かしらを言う。The Lotusは何らかのプログラムであることを示唆するが、これは単純に彼女がネットワークにアクセスできることを指すものであるか。

The Lotusはある任務の終わりにて、「よくやりました。貴方の仕事に満足しています」と言うが、これはThe Lotusが実体であるという重大なヒントである。

 

Warframe Edit

WarframeはTennoが扱うことが可能な一組の鎧であり、テクノサイトに適応したTennoの能力を利用してテクノロジーと連動させ、彼らのパワーを強化するためにOrokinが作り出したものである。Grineerのエンジニアによると「ナノテクノロジー」で作られており、テクノサイトまたは類似した材料である可能性もある。それらは「反応崩壊」と呼ばれるセキュリティシステムが備えられ、実験が引き金となって、人間種(すなわち、CorpusとGrineer)から技術的な機密を隠蔽する。Alad Vは最近になって(Gradivusの窮地を参照)、自己崩壊メカニズムを作動させることなくWarframeを操作して実験を行う手段を確立した。彼のWarframeの部品を使って作ったハイブリッドであるZanukaは、Orokin Warframeに部分的に手を加えて非Orokinのものとして仕立てあげた最初の成功例である。

 

WarframeはDark SectorのプロトWarframeであるExcaliburとNemesisを基礎とした可能性がある。Excalibur Proto-Armor Skinが発売された際の説明には、このように書かれている。「最近になって発見された精巧なプロトタイプの装甲スキン。古代のものと思われるが由来ははっきりせず、Orokin時代よりも古いものであると推測される」鎧はDark Sectorの後半のイベントの際にHayden Tennoが着用した鎧とほとんど同一である。Dark Sectorとの連続性が判然としないが、少なくともWarframeのアイデア、特にExcaliburのデザインは、Orokinよりも前に考えられたということが分かる。

考察 Edit

感染体についての考察 Edit

ゲームのロアでは、Infestedは地球の歴史に存在するDark Sectorの終わりに始まったテクノサイトのアウトブレイクと著しい類似性を持つ伝染病に由来すると特に言及している。Infestedが同じウィルスであるか、古代地球に存在したテクノサイトに由来するものである可能性がある。Old Warの際、OrokinはSentientsを止めるために感染した生物を使って優位に立とうとして、太陽系にテクノサイトウィルスを再放出した可能性もある。もう一つの可能性としては、Old Warの後、テクノサイトの実験でOrokinはどうにかして拡散させてしまい、OrokinはコントロールすることができずにInfestedをつくってしまったというのもある。

 

Infestedは肉体の大部分がDark Sectorと同質の金属的物体で構成されているため、Orokinが地球のテクノサイトウィルスを再構築した可能性は非常に高い。だが、再構築した目的は不明である。

Tennoについての考察 Edit

Warframeユニバースの中で人間が未だ存在していること、そしてTennoは基本的にテクノサイトウィルスに適応し、Voidに送られて戻ってきた後の人間であり、Warframeを適切に使いこなすことのできる唯一の種族であることが周知されている。Warframeの旧救出1.0ミッションでは人間的な容貌の男性と女性がThe Lotusのシンボルを身につけているが、明らかにゲームの中においては一番「自然な」人間である。救出2.0の捕虜の肌は完全に覆われているため、彼らの身体的外見は定かではない。アップデート12にて、旧救出の捕虜たちは防衛ミッションや機動防衛ミッションにて冷凍睡眠装置に入っているところが見られるようになった。

 

多くの「Tenno製の」武器も、The Lotusのシンボルをつけている。

TennoとOrokinとThe Lotus Edit

これら三者の関係は判然としないにもかかわらず、Warframeにおける証拠はそれら全てが何らかの繋がりを共有していることを明白に示している。第一に、OrokinがTennoのためにWarframeを制作したことが知られている。Tennoがそれらを使いこなすことのできる唯一の存在だからである。第二に、多くのWarframeにはLotusのシンボルがつけられている。冷凍睡眠装置からの蘇生の後に加えられた可能性もあるが、Warframeのトレイラーを例にすればそうとも言い切れない。新たに蘇生したExcaliburのヘルメットをはっきりと写したショットにはThe Lotusのシンボルがあり、Tennoが冷凍睡眠に入ったOrokin Eraの終焉からそうなっていたことを意味するものである。これはThe Lotusが少なくともOrokin Eraから存在した重大な証左であり、生き延びてTennoに密接に関連があるものだとすると、Old Warの終わりにて「The Sentients」に味方したと分かる。第三に、The LotusはTennoを蘇生させて、太陽系を支配する三つの勢力に介入させることに関心を向けていることが分かっている。ついでに言えば、旧チュートリアルでは、プレイヤーは補助滑走路のような場所で目覚めるが、恐らくは感染したOrokinの前哨基地であり、Lotusはホログラムとエナジーディスペンサーを添えてアクセスを行う。他勢力にとってOrokin Securityを破ることは不可能ではないものの(Sling-StoneやDragon Keyを参照)、WarframeにおいてはOrokinのテクノロジーの適合に成功した存在は今のところ二つしかない(ZanukaとSeerを参照)。

 

残念なことに、これが現在の唯一の信頼できる情報であるため、三つの勢力の関係について正当な結論を出すことは難しい。最も確実そうなのは、LotusはOrokin Eraの際にTennoに何らかの責任があり、彼女が「均衡を保つ」と言うように、現在再び彼らに指示を出そうとしているということだ。Lotusの通信は、太陽系における勢力の均衡を維持するような指示をTennoに出しているものが大半であるのだが、The Lotusの真の動機あるいは計画を知ることは不可能である。

 

The Lotusについて言及する最後の一つに、彼女のエンブレムがDark Sectorの至るところに登場するというのがある。何故、そしてどのようにこれがWarframe Eraにまで関係するのかは定かではない。

奇妙なもの(KURIA)の伝承 Edit

1 失われていた話だ 宿命によって取り戻された 二人の姉妹の物語 同じ顔を身に着けて
2 ある静かな朝に生まれた 大いなる戦いの最中 すべての長老たちが集められた この新しい生命の夜明けに
3 困惑し当惑した 長老たちは姉妹を悪しきものとし 決して証明することはなかった 同じ姿の二人
4 鏡のように瓜二つ そうして姉妹は生まれ落ちた 父の遺志によって 命を狙う刃から守られ続けた
5 姉妹の同一性は忌まわしいものとされ 奴隷のように虐げられた 姉妹は除け者にされ 何者からも拒絶された
6 姉妹は成長し 絆をより深いものとした 同じ威厳 同じ感覚、同じ強さを持っていた
7 蜂起が始まった それは瞬く間に広まった コピー人間の軍隊 残忍で無秩序
8 海のように広大で 津波の様に押し寄せる 長い間、姉妹は戦い続け 我々は生き続けた
9 石を刻むように 戦争は双子を形作った 群衆を蹴散らした者が 姉妹を伝説とした
10 姉妹は強い力を持っていた それは両者から溢れた 他の無数のコピーたちとは違う 同じ姿だが兄弟ではない
11 そのコピーたちでも見ることができた 姉妹もそれを切望していた 姉妹がそれをできたなら おそらく他のものにもできるだろう
12 その姉妹は達成したのだ 全てを超えた何かを 一つの本物の理解 二つの互いに持つ魂の
13 コピーたちは信者となり 一人ずつ双子に頭を下げた そして彼らの新たな主によって導かれ コロニーを壊滅させた
14 力は後に続く 争われる力ではなく 戦争の灰から 双子の女帝が創られた

 

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • KURIAの伝承では女帝は双子っぽいけど、全然そうは見えなかった。どういうことなんだろう -- 2016-11-16 (水) 01:25:26
    • 改造による長寿命化の時期や技術の違い、あるいは別の体に乗り換えたのか、かな -- 2016-11-16 (水) 07:41:01
    • KURIAの伝承から常にオロキンに狙われていたこと、自分たちはオロキンでありテンノに力を与えた存在だというクエスト中の言動、サンクチュアリの知識から、グリニアに拉致された最後のオロキン高官がグリニアの体に移し替えさせられて女帝の影武者にさせられたんじゃないかなと妄想した。ただKURIAって誰が書いたんだろうね?Lotusは両女帝の存在を信じてなかったし。 -- 2016-11-16 (水) 09:51:14
    • そもそもグリニア帝国は本当にグリニアの帝国か? -- 2016-11-20 (日) 17:45:22
      • 途中で送信しちゃった。クエ中の「醜いグリニアの体は懲り懲り」やサンクチュアリの内容からしてグリニアという人種か国自体はオロキンの時代から確かにあったんだろうけど、同時にクエ中では老いて死にゆくオロキンと契約だの、自分がまるでオロキンであるかのような発言といったワードもある。オロキンの残党が滅亡を免れるためにグリニア女性の体を奪い取ってグリニア帝国を作り上げ、あたかも忌み子の双子が作り上げた帝国であると吹聴するためKURIAを捏造したんじゃないかと -- 2016-11-20 (日) 17:56:35
    • kuvaミッションでもテンノを子供っていってるし、比喩じゃなくほんとに彼らが作ったとするなら、グリニア兵士たちとkuvaとは機密レベルが違うんだろうな。Vorおじさんもたぶん知らない何かがあるんだろう -- 2016-12-12 (月) 06:54:13
      • Vorさんはそれを知ったから見限ってVoidの妖精やってるのかもしれないな -- 2016-12-19 (月) 10:46:35
  • グリニアは要塞あるけど、コーパスの場合どうなんだろう。本社って言った方がカッコイイか。セキュリティとかとんでも無さそう -- 2016-12-19 (月) 06:07:49
    • 宇宙労働基準局の指導を逃れるために、出退勤が定刻から大幅にはずれた社員には入館ゲートを匍匐前進で通過させていた疑いが……。 -- 2016-12-19 (月) 10:50:55
    • そいえばテンノ、グリニアと来たから次のシネマクエストはコーパス関連になるんかな? -- 2016-12-30 (金) 19:16:54
      • 感染腫瘍が大流行してるから感染体方面から来てもおかしくないよね -- 2016-12-30 (金) 19:47:45
      • コーパスにも感染体にも精通してる奴がいるじゃろ? -- 2017-04-17 (月) 20:14:53
  • テンノは崖とかから落ちたりモグラに食われたりと本来死ぬべき状況で短いカットシーンが入り、「無かったことになっている」から、ゲーム的なご都合主義もあるだろうけどVoidを通じて因果律、あるいは時間にある程度干渉できるのかなあ、とも思うこの頃 -- 2017-01-09 (月) 11:38:43
    • 描写から察するにそれらすべてはテンノの中(精神世界?)で起きてた事なんじゃないの。だから内なる闘争なんだろうと思ってるけど。 -- 2017-01-30 (月) 06:45:40
      • クエスト中分からない点が色々あったけど、そう考えると納得できたよ。ありがとう -- 2017-02-18 (土) 17:55:29
    • ランディングクラフトで二度目覚めてるからね。一度目はえだ1でいう精神世界だったって考えたほうが自然な気はする「本来死ぬべき状況で短いカットシーンが入り、「無かったことになっている」」って「神は言っている。ここで(以下略) -- 2017-01-30 (月) 13:16:01
  • このページの読みごたえすごいな。二番目の夢と内なる紛争の考察も読んでみたい。 -- 2017-03-20 (月) 13:10:23
  • 初めてしっかりこのページを読んだけど素晴らしいな! 設定とかわからないところ多々あったから助かるわ ところでランディングクラフトとロビーの船って一緒なのかな?分隊組むとその人のランディングクラフト見えるけどロビーの船結構広いからミッションとかリレーのやつ見ると大きさ合わなくね?と思う -- 2017-03-20 (月) 18:15:11
    • オービターの備考欄曰く、Voidテクノロジーらしい。やっぱすげぇなオロキン! -- 2017-03-20 (月) 23:44:00
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White