Top > Enemy_Grineer
HTML convert time to 0.076 sec.


Enemy_Grineer

Last-modified: 2017-09-15 (金) 11:36:29

海外のWikiを参考に名称だけ追加 
http://warframe.wikia.com/wiki/Grineer

グリニアの概要 Edit

グリニア兵は全身が厚い装甲で保護され、ダメージが軽減される。精度の高い武器を使用し、なるべく2倍のダメージを与えられるヘッドショットを狙うと戦いやすい。逆にピンポイントで狙いづらいショットガンなどは、MODが育っていない間は苦戦を強いられる場面もありうる。

 

グリニアには Teleport や Switch Teleport、拘束ワイヤー、盾といったアビリティや、火炎放射器やロケットランチャーなどの高いダメージを与える武器を使用するユニットが存在する。中には多数の敵と戦う際に食らうと危険な状況に陥る場合もあるので、そういう敵は優先的に倒すといいだろう。

 

主な耐性としては、ヘルス部分の『クローンの肉体 (Cloned Flesh)』、一般的な装甲『フェライトアーマー (Ferrite Armor)』、高耐性の合金製アーマー『アレイアーマー (Alloy Armor)』の3種類がある。ごく初期を除き、基本的にどのレベル帯でも厚い装甲持ちの敵を相手にすることになる。レベルに応じて装甲が増強されるため、とくに高レベルの場合は、装甲部位に対して有効なダメージを与えられるMOD構成でないと、殆どダメージを与えられないような状態になりがちである。二種類の装甲はどちらも物理ダメージでは貫通貫通が有効なため、基礎ダメージの貫通貫通が高い武器は頼りになる他、高い切断切断ダメージと状態異常確率を持つ攻撃は、装甲を無視してダメージを与える切断出血状態を引き起こしやすいため効果的である。

 

最も一般的な色のグリニア兵の他に、森林に出現する森林迷彩を施したフロンティア、セトルメントに出現する砂漠戦仕様のアリッドなどのバリエーションが存在するものがある。バリエーションは基本ステータスや行動は通常と同じだが、武装が異なる場合がある。

 

銃火器を使用するユニットは 、Radial Disarm などによって近接攻撃を行なう際はダガーのSHEEVを使用する。

軽装クラス Edit

近接攻撃を仕掛けてくる白兵戦タイプが多いクラス。軽装故に移動速度の速い者も多く、最も軽装で最もテンノに肉薄する猛者たちである。見た目どおりに重装甲を着込んでおらず、耐久性が低め。ただしアーマーが全く無い訳ではない。倒すのは容易だが攻撃力は非常に高く、うっかり攻撃を受けてしまうと一発で甚大なダメージを蒙る事も。

グリニア ブッチャー (Butcher) Edit

グリニア ブッチャー

鉈を振り上げて一直線に走ってくる近接タイプの基本兵士。

 

敵を見つけると一直線に走って攻撃してくるだけのため、基本的には見つけたら撃てば良いだけだが、地味に待ちぶせをするAIを持っており、障害物の影に隠れて待ち構えていたり、扉を開けて部屋にはいると飛び出してきたりする。とは言え、耐久力はそれほど高くないため、不意に襲われても冷静に引き撃ちすれば良い。

 

ボディカラー: 黒
武装: CLEAVER(片方だけのDUAL CLEAVERS
※かつては回転ノコギリを装備していたが、ノコギリの音が非常にうるさかったためか、バージョンアップが入り武器をナタに持ち替えた。おかげで現在は静音である。

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
フロンティア ブッチャー森林CLEAVER黄緑の迷彩
アリッド ブッチャーセトルメントCLEAVERブラウンの迷彩
ドレーカル ブッチャー海底研究所CLEAVER青と白の迷彩
クバ ブッチャー小惑星要塞CLEAVER

グリニア フレイム ブレード (Flameblade) Edit

グリニア フレイム ブレード

火炎火炎ダメージを与えるデュアルソードのTWIN BASOLKで攻撃してくる近接型。基本パターンはブッチャーと同じで走ってきて斬りかかるという非常に単純なものだが、Teleport を使用することができ、不意に目の前/真後ろに出現することがある。

 

武装: TWIN BASOLK
アビリティ: Teleport
※かつては火炎ダメージを与える警棒を装備していたが、Update 18.5で(炎のパワーが欠けているということで)武器がTWIN BASOLKに変更された。

グリニア パワーフィスト (Powerfist) Edit

グリニア パワーフィスト

紫に光る感染ダメージが付与されたガントレットで攻撃してくる近接型。

 

攻撃動作は遅いが、シールドを貫通してヘルスに直接ダメージを与えてくる。また、確率で感染の状態異常が発生する。シールド重視タイプのWarframeは、1発で甚大な被害を受ける事もあるので要注意。また、スラムアタックによって地面を殴ってショックウェーブを発生させる事がある。ショックウェーブはダウンこそしないものの、若干のノックバックと電気電気の状態異常が発生するので注意。
武装: 片方だけのFURAX
アビリティ: ショックウェーブ

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
クバ パワークロウ小惑星要塞RIPKAS
ナイトウォッチ パワークロウハンターアラートRIPKAS赤とグレーの迷彩

グリニア スコーピオン (Scorpion) Edit

グリニア スコーピオン

大鉈のMACHETEとワイヤーを携えた特殊な近接型女性兵。

 

こちらを射程内に捉えるとワイヤーを撃ち出す Rip Line を行い、ヒットすると強制ノックダウン、行動不能のままワイヤーが巻取られ、引き寄せ終わると大鉈を振り下ろしてくる。ワイヤーの飛翔速度は遅い為、大抵の場合は横に逸れるなりして回避可能。当たり判定がそこそこ広いので結構大きく回避しないとヒットする。

 

強制的に無防備にされるうえに拘束時間もかなり長いので、他の射撃タイプの敵と組み合わさると危険性が格段に高まる。複数のスコーピオンに襲われると、ワイヤーで綱引きの様に盥回しされる事も。

 

なお、単体であれば引き寄せ完了から殴られる前に動ける様になるので、鬱陶しいだけで脅威度は低め。また、ワイヤーは1発しか撃てないため、一度かわせば後は普通に攻撃して倒せば良い。特に高レベルの場合、切断の状態異常が発生した際の出血ダメージは油断できないため、常に回避するように注意したい。

 

ボディカラー: 黒、青と白の迷彩(ドレーカル)
武装: MACHETE
アビリティ: Rip Line

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
ドレーカル スコーピオン海底研究所MACHETE青と白の迷彩
クバ スコーピオン小惑星要塞MACHETE赤と黒の迷彩

グリニア ガードマン (Guardsman) / プロセキューター (Prosecutor) Edit

グリニア ガードマン

帯電したスタッフのAMPHISを構えて攻撃してくる近接型。

 

Update 13で実装された、準惑星ケレスタイルセットシップヤードミッションにのみ出現する敵で、近接武器で防御しつつ、一直線に近づいてくる。射撃を防御してくるので遠距離では倒しにくい敵である。

 

近づいて攻撃してくるようになれば防御がとけるので、すこし下がりながら撃つか近接攻撃で問題なく倒せる。攻撃はスタッフをその場で振り回す攻撃ですが、3回目の攻撃だけは振りかぶって突き出してくるので間合いが少し長い。ヘルスはスコーピオンと同じ、装甲値はブッチャーと同じなのでそれほど手こずる相手ではない。

 

武装: AMPHIS
アビリティ: 近接ブロック

 
プロセキューター
エクシマスは別名が付いており、プロセキューターと呼称されている。火炎火炎・冷気冷気・電気電気・毒毒の4タイプが存在する。名前と同じ属性が弱点となっており、複合属性を含むそれ以外のダメージタイプからはダメージを受けない。また、オーラによって周囲の仲間に同様の効果を与える。装備した武器に弱点属性が無い場合、弱点属性ほどではないが切断切断ダメージによってダメージを与えられる。JAVLOKの製作素材となるJavlok Capacitorを100%の確率でドロップする。

グリニア シールド ランサー (Shield Lancer) Edit

グリニア シールド ランサー

軽装クラスとしては数少ない射撃を行なうユニットであり、VIPERピストルを使用する。また、大型の盾で攻撃を防ぎつつ、近距離にいる敵に対しては駆け寄り、盾による突き飛ばしを行なって転倒させる。シールド ランサーはフェライトアーマーを持つ。

 

盾は前方180度ほどの方向からの射撃や近接攻撃を完全に防ぎ、リーチの広い近接武器も通さない。しかし背面は無防備で、通常通りにダメージを与えられ、また、爆発物やアビリティによる範囲ダメージも防ぐことはできない。射撃を行なう際は盾からはみ出た頭や足を狙うと良い。一見殆ど頭が見えなくても、頭頂部にヒット判定がある。また、シールドの覗き穴からもダメージを当てる事が可能。貫通距離を持つ武器であれば盾を通り抜けてダメージを与えることができる。

 

空中スライディングによる飛び蹴りやスラムアタック、バレットジャンプの爆風で転倒させることで容易に防御を崩させる事ができる。

 

余談だが、この盾は正面に構えている間はオブジェクト扱いらしく、よじ登りをする事が可能。
Update 9.0にてTENNO製武器のSICARUSを持ってるのは世界観と矛盾しているという理由でVIPERに変更された。

 

武装: VIPER
アビリティ: 防弾盾

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
クバ シールド ランサー小惑星要塞MARELOK赤と黒の迷彩
ナイトウォッチ シールド ランサーハンターアラートVIPER赤とグレーの迷彩

クバ ジェスター (Kuva Jester) Edit

...

LV別パラメータ一覧 Edit

...

一般クラス Edit

装甲服を着込んでいるグリニア兵で、最も数多く出現するタイプ。このクラスのユニットの装甲タイプは基本的に『フェライトアーマー』であり、高貫通貫通ダメージの武器や腐食腐食ダメージが効果的。貫通貫通ダメージ以外全てへの耐性が高いが、顔面はマスクの有無やヘルメットに関わらず共通の弱点になっている。

 

ランサーやトルーパーなどはブラントと呼ばれるエアバッグ式の防壁を背中に携帯している。

グリニア ランサー (Lancer) Edit

グリニア ランサー

グリニア一般兵。最も数が多い。GRAKATAによる中距離攻撃が中心。

 

中距離で戦闘を行っていると時折プラズマグレネードを投擲してくる。グレネードの爆発は転倒させられる可能性があるため注意。

 

GRAKATAによる攻撃は状態異常確率が高く、受け続けると頻繁に切断出血状態が発生するため、なるべく避けたほうがよい。単体ならば大した脅威ではないが、複数から十字砲火を浴びると危険。大人数と交戦する場合はとても1人で一気に打開できる状況ではないので、遮蔽物を利用して撃ち合うか、範囲アタックアビリティでまとめて処理する事になる。

 

ボディカラー: ライトブルー
武装: GRAKATA、プラズマグレネード

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
フロンティア ランサー森林GRAKATA黄緑の迷彩
アリッド ランサーセトルメントGRAKATAブラウンの迷彩
ドレーカル ランサー海底研究所GRAKATA青と白の迷彩
クバ ランサー小惑星要塞KOHM赤と黒の迷彩
ナイトウォッチ ランサーハンターアラートGRINLOK赤とグレーの迷彩

グリニア エリート ランサー (Elite Lancer) Edit

グリニア ランサー エリート

グリニアランサーの上位タイプ。本体の外見はほぼ変わらない。武装がHINDに変わっている。

 

高Lvマップでは通常のランサーの代わりに出現し、装備以外の行動・攻撃パターンはランサーと同じ。但し、HINDは通常のランサーが持つGRAKATAに比べて高火力なうえに、切断ダメージに特化しているため出血Procが発生しやすく厄介。舐めてかかるとシールドを抜かれたりするので注意したい。

 

更に厄介な点として、アーマーが『Alloy Armor』に変更されている。ランサーと同様に時折プラズマグレネードを投擲してくる。

 

ボディカラー: ライトブルー
武装: HIND

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
フロンティア エリート ランサー森林KARAK黄緑の迷彩
アリッド エリート ランサーセトルメントHINDブラウンの迷彩
ドレーカル エリート ランサー海底研究所HARPAK青と白の迷彩
クバ エリート ランサー小惑星要塞GRINLOK赤と黒の迷彩

グリニア トルーパー (Trooper) Edit

グリニア トルーパー

ショットガンのSOBEKを装備した一般兵。

 

距離を離せば大した脅威でもなくなるが、接近戦ではごっそり削られる事もあるので注意。また、接近戦に対応する為か装甲が厚い。ランサーに比べると格段に硬いので注意。射撃音が独特で存在は認識しやすいが、弾道が表示されないので位置がわかりにくい事もある。

 

ボディカラー: オレンジ
武装: SOBEK

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
フロンティア トルーパー森林SOBEK黄緑の迷彩
アリッド トルーパーセトルメントSOBEKブラウンの迷彩
ドレーカル トルーパー海底研究所SOBEK青と白の迷彩
クバ トルーパー小惑星要塞HEK赤と黒の迷彩

グリニア シーカー (Seeker) Edit

グリニア シーカー

KRAKENピストルによる射撃と、小さい球形のデバイス「ラッチャー」を投げてくる特殊な敵。状態異常に耐性がある。

 

ラッチャーはプレイヤーを非常にしつこく自動追尾してくる為回避しづらい。このラッチャーは体に貼り付いてから一定時間後爆発してダメージを受けるが、ローリングで外しその場に落とせる。威力も高く無い。但し、外れても無力化される訳ではなく、時限で爆発し範囲ダメージを与えるので注意。
張り付かれる前にラッチャーを破壊すると高めの経験値を得られる。また、ラッチャーは本体と同じドロップテーブルを持っているらしく、エネルギーや星系資源、MODなどを落とすため、破壊するとちょっとお得である。

 

本体は一般クラスながらKRAKENピストルの高威力と高精度なAimで、距離を問わず火力がかなり高い。ヘビークラスに比べ発射レートが高いので短時間で大ダメージを食らう事も。どちらにせよ後回しにしておくと厄介であることに変わりはないので、見つけたら優先的に倒そう。

 

武装: KRAKEN
アビリティ: ラッチャー召喚
※実装当初は、Nervoと呼ばれる強力な地雷を使用していた。これはプレイヤーを行動不能にすることができるもので、ゲームバランスの観点から廃止され、現在のラッチャーを使用するようになった。

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
フロンティア シーカー森林VIPER黄緑の迷彩
アリッド シーカーセトルメントVIPERブラウンの迷彩
ドレーカル シーカー海底研究所VIPER青と白の迷彩
クバ シーカー小惑星要塞KRAKEN赤と黒の迷彩
ナイトウォッチ シーカーハンターアラートMARELOK赤とグレーの迷彩

グリニア スコーチ (Scorch) Edit

グリニア スコーチ

火炎放射器を装備したタイプ。ランサーに比べると若干耐久力が高い。

 

火炎放射器という武器の特性上、距離さえ離しておけば攻撃を受ける事は無いが、射程に捉えられてしまうと、止め処なく火炎を垂れ流すので被ダメージは馬鹿にできない。火炎まみれにされると視認性が落ち、個人差はあるが周囲を把握し難くなるという面もある。また、バグは仕様かわからないが壁などの一切の遮蔽を無視する。

 

武器の射程が短いため、一般クラスの中では積極的に詰めて来る。此方からは無闇に近寄らず、距離をおいて射撃で仕留めてしまうのが良いだろう。

 

LV100を超えるとシールド・ヘルスそれぞれ600以上を2秒以内で溶かす火力を持ち、重装クラスと違いロータスの警告も無く一般クラスに紛れているので注意しよう。

 

ボディカラー: ライトグレー
武装: IGNIS

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
クバ スコーチ小惑星要塞IGNIS赤と黒の迷彩

グリニア バリスタ (Ballista) Edit

グリニア バリスタ

Update 7より追加されたVULKARを扱うスナイパータイプのグリニア女性兵。遠距離から高精度な狙撃をしてくる上に火力が非常に高く危険で、ケレス等の高レベル帯になると防御系MODが不十分な場合1発ダウンもありえる。幸い耐久力は大したことがないので発見次第最優先で処理すべき相手。

 

攻撃手段は銃撃のみで、近寄っても他のグリニア兵の様に近接攻撃を行わないうえ、至近距離への射撃精度は大幅に低下するので接近戦に弱い。バリスタが射撃を行なう直前には独特の発信音が聞こえるとともに、ターゲットに照射されるレーザーサイトの光線が見えるため発見しやすい。

 

ボディカラー: オレンジ
武装: VULKAR

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
ドレーカル バリスタ海底研究所VULKAR青と白の迷彩
クバ バリスタ小惑星要塞VULKAR赤と黒の迷彩

グリニア イビスレーター (Eviscerator) Edit

グリニア イビスレーター

Update 9.3から追加されたグリニア兵。Eviscerator とは残忍な殺し屋という意味。

 

装備しているMITERは鋸刃を発射し、鋸刃は壁に当たると数回反射する。狭い空間で使われるとこの反射によって連続ヒットするうえ、ダメージ自体も非常に高い。切断出血が発生すると一気にヘルスを削られる事もありえるので見つけたらすぐに始末したい。すぐに始末できないのであれば、広い空間へ誘導するか、最悪でも距離をなるべく離したいところ。

 

見た目は細身だが装甲が厚く耐久力が高い。更に耐性の強化された『アロイアーマー』を装備している厄介な敵。弱点ダメージは異なるが、あくまで一般兵クラスなので重装兵クラスよりは倒しやすい。

 

ボディカラー: 黒
武装: MITER

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
フロンティア イヴィスレイター森林MITER黄緑の迷彩
アリッド イヴィスレイターセトルメントMITERブラウンの迷彩
ドレーカル イヴィスレイター海底研究所MITER青と白の迷彩
クバ イヴィスレイター小惑星要塞MITER赤と黒の迷彩

グリニア ヘリオン (Hellion) Edit

グリニア ヘリオン

ジェットパックによる飛行能力を有しており、距離を詰めると跳躍機動を行ったり、十分な広さと高さのある場所では空中にホバリングしての攻撃も行う。中程度のレベル帯以降のミッションやエンドレス系ミッションをある程度進めると出現する。

 

GRAKATAによる射撃に加え、滞空時には6発のホーミングミサイルを一斉に発射してくる。ミサイルは高威力でホーミングしてくる上、発射数が多いので注意。ミサイルが直接ヒットした場合、爆発爆発による転倒が発生し、状況次第では脅威となる。近接はGRAKATA重視、遠距離はミサイル重視なので近寄ったほうが幾分か楽に戦える。近接武器のスラムアタックの範囲が広ければ空中にいてもダウンさせることができるため、近接装備時でも即座に引きずり落とせる。背中のジェットパックは本体とは別に当たり判定とHPを持ち、破壊されると地上ではダウン、空中では墜落する。空中にジャンプ中に倒されると、制御を失ったジェットパックがミサイルの様にプレイヤー目がけて飛んでくることがある。飛行できなくなった後はランサーと同様の行動パターンになる。

 

ボディカラー: ライトブルー
武装: GRAKATA
アビリティ: ホーミングミサイル

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
フロンティア ヘリオン森林GRAKATA黄緑の迷彩
アリッド ヘリオンセトルメントGRAKATAブラウンの迷彩
ドレーカル ヘリオン海底研究所GRAKATA青と白の迷彩
クバ ヘリオン小惑星要塞GRAKATA赤と黒の迷彩

グリニア パワーキャリア (Grineer Power Carrier) Edit

グリニア パワーキャリア

グリニアの発掘ミッションに出現する。背中に発掘ミッションを進行する上で必要なパワーコアを背負っており、倒すと必ずドロップする。装備はランサーと同様にGRAKATAとなっており、基本的な行動パターンもランサーと同様だが、ヘルスがかなり高いために硬い。

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
グリニア パワーキャリア森林GRAKATA
ヘリオン パワーキャリアセトルメントGRAKATA, LATO

重装クラス Edit

グリニア ヘビー ガンナー (Heavy Gunner) Edit

グリニア ヘビー ガンナー

重装タイプではおそらく最初に遭遇するであろう、GORGONを持った女性兵。GORGON設計図をドロップする場合がある。

 

大型アーマーで補っているのか、GORGONの反動制御もかなりできていて、まともに連射を浴びるとかなり痛い。持っている武器がGORGONなので、高速連射までにスピンアップを必要とする。遮蔽物に隠れるなどで射線を切れば射撃を止めるので、火力を発揮させない戦い方も可能。マガジン内の弾薬を撃ち切ると長めのリロードを行うため、隙ができる。このクラスの敵の中では出現しやすく、複数出る場合もあるので注意。見かけたら最優先で倒しておこう。フェライトアーマーを持つ。

 

ボディカラー: 白
武装: GORGON
アビリティ: ショックウェーブ

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
フロンティア ヘビー ガンナー森林GORGON黄緑の迷彩
アリッド ヘビー ガンナーセトルメントGORGONブラウンの迷彩
ドレーカル ヘビー ガンナー海底研究所GORGON青と白の迷彩
クバ ヘビー ガンナー小惑星要塞DRAKGOON赤と黒の迷彩

グリニア ナパーム (Napalm) Edit

グリニア ナパーム

ナパーム(焼夷)ロケット弾を発射する特別仕様のOGRISを装備した重装タイプ。

 

ナパームロケット弾の弾速は遅いが、着弾すると爆発で広範囲に高ダメージを与える上に一定時間炎が残る。炎に触れても勿論ダメージを受けるので注意が必要。早めに倒さないと辺りが火の海になる。この着弾地点に残る火炎のエフェクトは、プレイヤーの視界を遮り敵の視認性を低下させ、一方で敵はエフェクトの影響を受けずに正確に撃ってくるため非常に厄介である。

 

装備しているのはアレイアーマーで、弱点ダメージは放射線である。放射線で攻撃して上手く混乱させれば他の敵を始末してくれる事もあるため、持っているのであれば積極的に攻撃していきたい。

 

高レベル帯ではボンバードと並び、非常に恐ろしい敵であり、特に高レベルアラート等で出現するレベル50近くのナパームが発射する炎は一瞬で死ぬレベルにまで強化されているため、出現するMAPでは最優先で排除しよう。

 

ボディカラー: 辛子色と赤の迷彩
武装: OGRIS
アビリティ: ショックウェーブ

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
クバ ナパーム小惑星要塞TONKOR赤と黒の迷彩

グリニア ボンバード (Bomberd) Edit

グリニア ボンバード

追尾ミサイルを発射する特別仕様のOGRISを装備した重装タイプ。

 

ミサイルの弾速自体は非常に遅いが、高い追尾性能を持つため避け難く着弾と共に高威力の爆発を起こす。かなりの遠距離からも反応してミサイルを撃ってくるため、いきなり視界の外から撃たれることもある。ダメージが非常に大きい上、爆発の追加効果であるノックダウンも危険。また、直撃した場合着弾と爆風で2回ダメージが発生するため、高レベル帯では1発で即死もありうる。近くに遮蔽物があるときは盾にしながら戦うのが有効だが、厚みが少ないと爆発ダメージが貫通することもあるので、カバーに密着しない方が良い。

 

特徴的な色のアーマーに加え、図体がでかいため遠くからでも非常に目立つ。『Alloy Armor』を装備しており、放射線がよく通るのに加えて混乱させてしまえば、仲間のグリニア兵士に向けてミサイルを撃ってくれる事もある。

 

ちなみにミサイルは射撃や爆風で起爆することができる。もし飛来してくるミサイルが見え、回避の余地が無いならば試みるのも手。

 

ミサイル発射後、ASHの Smoke Screen やLOKIの Invisibility 等で姿を消すと、その時点でミサイルは誘導性を失う。

 

ボディカラー: ライトグレー
武装: OGRIS
アビリティ: ショックウェーブ

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
クバ ボンバード小惑星要塞OGRIS赤と黒の迷彩
ナイトウォッチ ボンバードハンターアラートOGRIS赤とグレーの迷彩

グリニア コマンダー (Commander) Edit

グリニア コマンダー

GRAKATAを装備し、Switch Teleport を使用する重装クラス。

 

Switch Teleport を使用されるとプレイヤーとコマンダーの位置が入れ替わり、プレイヤーは困惑状態で1秒間ほど行動不能になる。敵陣のど真ん中に入れ替えされられる場面が多いため警戒しよう。

 

ボディカラー: ダークグレーの迷彩
武装: GRAKATA
アビリティ: Switch Teleport

グリニア マニック (Manic) Edit

グリニア マニック

警報時に高笑いと共に出現し、透明化と高速攻撃で急襲する暗殺者。

 

マニックは警報が鳴り警戒レベルが上がった時にのみ出現する。また、通常の敵と異なり掃滅ミッションですべての敵を倒したあとでも出現する。出現時には高笑いが聞こえ、しばらくした後に姿を現して襲い掛かってくる。
透明化しながら移動し、動きがとても素早く捕らえることが困難である。
攻撃を行う際には姿を現し、両手のRIPKASで背後や死角からジャンプ攻撃で襲い掛かってくる。この攻撃は非常に高い切断ダメージを持ち、出血procが発生した場合、ヘルスの少ないプレイヤーは犠牲になってしまう。
マニックは回復能力を持っており、ダメージを受けていない間は7秒間毎に最大ヘルスの2%を回復する。
攻撃を行う際にLIMBOのRift Walkなどの無敵化能力を無効化し、致命傷を負わせることができる。
また、Warframeのアビリティに耐性を持つ。

アビリティ耐性について
 

マニックはプレイヤーを行動不能にさせ、大ダメージを与える追撃攻撃を行う事がある。これはプレイヤーが移動するかマニックをスタンさせてノックバックさせることで失敗させられる。成功するとマニックは重いダメージをプレイヤーに数回与える。

  • ターゲットになっているプレイヤーのWarframeには電流エフェクトが表示される。
  • 捕まったプレイヤーは攻撃やアビリティの使用ができず、他の敵からも攻撃を受ける。
  • プレイヤーは空中にいても捕まり、浮いた状態で攻撃を受け続ける。
  • ラグドール状態のマニックと空中で接触した場合にも捕まる場合がある。
  • 他のプレイヤーによる叩きつけ攻撃やアビリティによってノックダウンされているプレイヤーから引き剥がすことができる。また、マウント中のマニックはスキャンする事ができる。

JAT KITTAGや拳武器の広範囲の叩きつけ攻撃によってノックダウンさせることができる。ダウンからの復帰は早いがその間に追撃が可能。

 

マニックが出現したらGキーでマーカーを設置することで位置を把握しやすくできる。ただし透明化中はマーカーも消える。
広い部屋では移動範囲が広いためプレイヤーは不利になるので通路などの狭い部屋におびき寄せると倒しやすい。マニックはドアを開けることができないため、ドアが開いた状態を維持して誘導するとよい。
NOVAのMolecular Primeや冷気の状態異常などによる鈍足化が有効なため、攻撃やスキャンをしやすくなる。FROSTのSnow Globe内での戦闘も有利。

 

グリニア マニックは「テンノの敵コンテスト」にて優勝したユーザーによる案を元にしデザインされ実装された(オリジナルのコンセプトアート)。

 

ボディカラー: 黒
武装: クロー
アビリティ: テレポート

 

バリエーション

名称出現タイルセット武装カラーリング
ドレーカル マニック海底研究所クロー青と白
ナイトウォッチ マニックハンターアラートクロー赤とグレー

マニック ボンバード (Manic Bombard) Edit

マニックボンバード

GORGONを装備している改造ボンバードで、海底研究所の妨害ミッションTyl Regor 抹殺ミッションに出現する。

 

マニックよりは頻度は少ないがテレポートと透明化によりダメージを避ける。多くの場合は、標的との距離が近すぎた場合にテレポートする。また、拡散グレネードを投げる能力を持つ。このグレネードは投げられると複数の小型グレネードに分裂し周囲にダメージを負わせる。他の重量級グリニアと異なり、ショックウェーブは使ってこない。

 

ボディカラー: 白
武装: GORGON
アビリティ: テレポート、拡散グレネード

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
ドレーカル マニック ボンバード海底研究所GORGON青と白の迷彩

ドラーク マスター (Drahk Master) Edit

ドラーク マスター

ジェットブーメランのHALIKARを装備しており、ドラーク(グリニアが飼いならしているクブロウ)を複数召喚することができる。

 

HALIKARによる攻撃はプレイヤーが装備しているプライマリ・セカンダリを強制的に奪い、ドラークマスターの足元に落とす能力があるため、それなりの優先度で倒したい。落とされた武器は使用キーで拾うことができる。

 

ドラークを使ってステルス中の敵を追跡する事ができる。周囲にドラークが居なくなると追跡しなくなる。

 

ボディカラー: こげ茶色
武装: HALIKAR
アビリティ: ドラーク召喚

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
クバ ドラーク マスター小惑星要塞HALIKAR赤と黒

ハイエッカ マスター (Hyekka Master) Edit

ハイエッカ マスター

火炎放射器のIGNISを装備しており、ハイエッカ(グリニアが飼いならしているキャバット)を複数召喚しながら攻撃してくる。また、ハイエッカを使って透明化しているプレイヤーやキャバットを検出することができる。

 

近寄るとIGNISによる攻撃、離れるとハイエッカに攻撃を指示したり、焼夷手榴弾を投げ、足元を火の海にする強力な攻撃を仕掛けてくる。油断するとみるみると体力を奪われていくので、優先して倒したい。

 

焼夷手榴弾の炎は敵味方関係なくダメージを与えるため、味方のハイエッカを自分の攻撃で倒してしまう事も。

 

ボディカラー: クリーム色
武装: IGNIS
アビリティ: ハイエッカ(召喚)、焼夷手榴弾

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
クバ ハイエッカ マスター小惑星要塞IGNIS赤と黒
ナイトウォッチ ハイエッカ マスターハンターアラートIGNIS赤とグレー

ノックス Edit

NOX
NOX

STUGに似た武器を装備した重装クラス。
この武器は射程が短く、放物線を描いて飛翔するため、ある程度離れるとプレイヤーを攻撃するのが難しくなる。
弾が付着している場合は動きが遅くなる追加効果がある。ローリングで剥がすことができる。
また、死亡したときに毒ダメージのガスを一定時間その場に残す。
このガスはトキシック クローラーと比較してダメージが8倍近く高く、状態異常発生率も高いので注意。
幸いなことにこの毒ダメージはレベルによるスケーリングの対象外である。

 

NOXへの攻撃はダメージキャップがあり、装甲を消し去ってもダメージは僅かにしか変わらない。
また、火炎を除くすべてのDoTの影響を受けない。
フィニッシャー攻撃すらキャップで軽減するが、Covert Lethalityによる即死は有効で一撃で倒せる。

 

弱点は頭部で、ヘルメットを攻撃することで破壊し、頭部を露出させる事ができる。
頭部を露出させるとトキシック エンシェントと同様に周辺に毒ガスを撒き散らす。
この状態になると体当たりを繰り出すようになり、ノックダウン状態と毒ガスのコンボでプレイヤーのヘルスを削る効果的な攻撃をしてくるので注意。

  • ヘルメット破壊前の状態でも、判定はヘッドショット扱いなのでDUAL TOXOCYST等の効果は発動する。
  • 露出した頭部はダメージキャップがなくなる。

ベイリフ (Bailiff) Edit

ベイリフ

ハンターアラート「緊急脱出」で実装された近接タイプの重装クラスで、現在はKUVA 要塞に出現する。カスタマイズされたJAT KITTAGを装備し、ホッケーのゴールキーパーのような鎧を身に着けている。

 

ベイリフは時折、敵に向かって突進し、転倒させるほか、スラムアタックで敵を吹き飛ばす衝撃波を放つ。また、正面からの攻撃を近接ブロックで防ぐことができる。

 

ボディカラー: 白と赤
武装: JAT KITTAG
アビリティ: 突進、衝撃波

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
ナイトウォッチ ベイリフハンターアラートJAT KITTAG赤とグレーの迷彩

グリニア ワーデン (Grineer Warden) Edit

グリニア ワーデン

グリニアの救出で看守を担当しているヘビーガンナー。GORGONVULKARのどちらかを装備している。

 

通常のヘビーガンナーよりも攻撃力が高く、ヘルスが2倍に強化されているが、その一方で背後からのステルスアタックに非常に弱い特性を持つ。高確率でヘルス吸収攻撃や移動速度強化を兼ね備えたエクシマスタイプが出現する。

 

ボディカラー: 黄色に青いライン
武装: GORGONVULKAR

クバ ガーディアン (Kuva Guardian) Edit

...
 

ユーティリティ Edit

ブラント (Blunt) Edit

ブラント

携帯可能な対火器防具。ランサーなどが背中に背負っており、戦闘時に地面に設置すると即座に簡易防壁が作られ、カバーリングされる。かなり固いが破壊可能。

ランパート (Rampart) Edit

ランパート

ダブルバレルキャノン武装のタレット。マップ上に設置されており、一般クラスのグリニア兵が使用する他に、プレイヤーも乗り込んで射撃を行なうことができる。

  • 弾薬はアークウイング武装と同じく自動補充されるので弾数無限だが、連射し続けるとオーバーヒートする。X軸に対しては360°稼動可能だが、Y軸に対しては射角制限がある。
  • 正面からのダメージを無効化するが、貫通距離をもつ武器や爆発物の爆風は使用者にダメージを与えられる。操縦席側からはダメージを与えることが可能で、破壊時に小ダメージの爆風が発生する。

グリニア ローラー (Grineer Roller) Edit

グリニア ローラー

ボール型で転がって移動するグリニアの兵器。こちらに突っ込みながら、内蔵したノコ刃を突き出して体当たり攻撃してくる。

 

攻撃を受けるとよろける上、一度に複数出現する場合が多く、下手をするとハメられるので甘く見ると危険。攻撃後の通り過ぎた瞬間を狙ったり、連続近接攻撃の縦振りを上手く当てるといい。また段差があれば登ってこれないので一方的に駆除できる。よろけを無効化しつつ攻撃できる近接が有効。当然、範囲攻撃アビリティも非常に有効。銃器ではフルオート武器やショットガン、散弾やIGNISのような範囲攻撃が当てやすい。

 

ヘルスは機械というカテゴリに分類されているが、耐久力は非常に低く、気がついたら壊れていたという事も多いため、特にダメージタイプ/耐性などを気にする必要はない。

 

武装: ノコ刃

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
アーマード ローラーKela De Thaym 抹殺ノコ刃
クバ ローラー小惑星要塞ノコ刃赤と黒

グリニア レギュレーター (Grineer Regulator) Edit

グリニア レギュレーター

森林タイルとセトルメントタイルのミッションに出現する、大音量でグリニア帝国のプロパガンダ音声を垂れ流す騒音機械。

 

単に大音量で敵の存在に気づきづらくなるだけではなく、近くにいるグリニア兵士の攻撃力と速度を向上させる効果を持っているため、残していると非常に厄介。見つけたらすぐ破壊するようにしよう。効果を受けている敵は山吹色に発光して見える。セトルメントに出現するフロンティア レギュレーターはバフに加え、プレイヤーのミニマップに障害を発生させる。

 

現在のグリニア勢力の敵としてはボス以外では珍しい『Shield』+『Machinery』という構成になっているが、シールドも本体の耐久力も非常に脆いためダメージ耐性を気にする必要は特に無い。

 

浮いてる間は複数種のアナウンスを流しており、Vorらしき人物のものもある。うるさい。森林に出現するフロンティア レギュレーターの場合はVEY HEKのアナウンスを流している。フロンティア レギュレーターは女性(おそらく女帝のもの)のアナウンスを流している。※グリニア帝国は双子の女帝が支配している。勢力参照

 

アビリティ: レーダー障害(セトルメント)、周囲のグリニアユニットに攻撃&速度上昇付与

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
フロンティア森林-黄緑の迷彩

センサーレギュレーター (Sensor Regulator) Edit

グリニア センサーレギュレーター

グリニアの潜入ミッションにて、データルームに出現する哨戒兵器。見た目はカラーリングがオレンジ色になり、小型化されたグリニア レギュレーター。センサーカメラで前方を監視しながら決まったルートを巡回している。センサーカメラに検知される、あるいは破壊に至らないダメージを与えられるとデータルームのアラートを作動させる。
未発覚状態の場合はオレンジの光線を出しており、発覚時には光線が赤くなる。

 

即死させれば感知される事は無いがフェライトアーマー300と装甲が厚く、ヘルスもマシン100と中々のもの。下手なグリニア兵より頑丈な上、データルームの地形やセンサーの都合から攻撃できる角度も限られがち。回避せずに破壊して対処するつもりならば、OPTICORなどの単発高威力な武器を持ち込みたい。

 

アビリティ: センサーカメラ

GRINEERの密告者 (Grineer Informar) Edit

GRINEERの密告者

過去のイベント限定のユニット。2013/07/05〜の週末イベント「Grineer Deployments」にて登場した兵器。特定の範囲内にプレイヤーが近付くと姿を現し、1発で仕留めないとそのドローンは姿を消してしまい2度と出現しなくなる。何も攻撃はしてこず浮いているだけだが、25m以内に近づくとミニマップのレーダー表示にノイズが走り索敵ができなくなる。このレーダー障害はEnemy_RaderやEnemy Sence使用中も発生するので何も見えなくなる。20m未満まで近づくとノイズが激しずぎて何も見えない程。センチネルはドローンを攻撃対象にしないので無駄に逃がすことは起きない。一発で仕留めろと公式記述だが実際は一発で仕留めなくても、消えるまでにほんの少し時間があるので削りきれば良い。現状だとLv15固定の模様。シールドを持ってはいるが、データ上ものすごくヘルスが低い。

 

アビリティ:レーダー障害

ドラーク Edit

ドラーク

ドラーク マスターの召喚するクブロウ。突進攻撃を仕掛けてくる厄介な敵。ステルス中の敵を感知する能力を持っている(臭いで探知か?)。

ハイエッカ Edit

ハイエッカ

ハイエッカ マスターの召喚するキャバット。爪による攻撃や、突進で攻撃を仕掛けてくる。ステルス中の敵を感知する能力を持っている。

ドラッジ(Drudge) Edit

Drudge

グリニアが使用する宇宙船の建設や修理を行なう非戦闘員。グリニア・シップヤードタイルセットに出現し、基本的に攻撃しない限り無害な存在である。

 

非戦闘員であるDrudge ユニットは通常時は辺りを歩いたり、与えられた作業を行い、周囲のプレイヤーを無視する。彼らはまた、プレイヤーへの攻撃や警報機の作動を行わない。プレイヤーが彼らを攻撃した場合、Drudge ユニットは敵対的になり、手に持った工具で近接攻撃を行ってくる。

 

Enemy Radar などには敵として検出されるが、掃滅ミッションでは敵としてカウントされない。

 

バリエーション

名称タイルセット武装カラーリング
GrineerDrudgeBrazer.jpg ドラッジ ブレーザー(Drudge Brazer)グリニア・シップヤード溶接工具エメラルドグリーン
GrineerDrudgeForeman.jpg ドラッジ フォアマン(Drudge Foreman)グリニア・シップヤードツールハンマーエメラルドグリーン
GrineerDrudgeScrapper.jpg ドラッジ スクラッパー(Drudge Scrapper)グリニア・シップヤードグラインダーツールエメラルドグリーン

アークウイングの敵 Edit

アークウイング専用ミッションに出現する宇宙戦型のグリニア兵と兵器。

オグマ (Ogma)
グリニアの戦闘用ポッド。破壊力のあるキャノンと掘削用ドリルを搭載している。腕は部位破壊可能。
オグマ エリート (Ogma Elite)
グリニアの戦闘用ポッド。破壊力のあるキャノンと掘削用ドリルを搭載している。外観がオグマとは少し違う。バロール・フォーモリア船の襲来イベントで実装された。
ドレッグ (Dreg)
グリニアのオスプレイ。こちらの周囲を旋回しながら弾速のある射撃攻撃を行う。
テンポラルドレッグ (Temporal Dreg)
グリニアの静止オスプレイ。トラクタービームを放ち、ターゲットの移動を妨害する。
ランサードレッグ (Lancer Dreg)
グリニアのレーザーオスプレイ。極めて正確なレーザービームを照射する。
ダージン (Dargyn)
グリニアの小型船。ダージン系の基本形。こちらを視認すると射撃攻撃しながら接近してくる。また、ODONATAのSeeking Fireに反応し、周囲にフレアを撒いて妨害する性質を持つ。ヘッドショット判定があり、稀に装甲が剥がれる。
クバ ダージン (Kuva Dargyn)
小惑星要塞に出現するダージン。宇宙空間から地上にいるプレイヤーを攻撃する。
シールドダージン (Shield Dargyn)
グリニアの小型シールド船。
正面からの射撃を無効化する防御用シールドを搭載している。近接は有効だが接触すると電気ダメージを受けるため注意が必要。射撃で倒す場合は側面や背後を撃つ必要があるが、爆発物(GRATTLERなど)やFLUCTUSなら正面からでも通る。
ヘリオンダージン (Hellion Dargyn)
グリニアの小型ミサイル船。ターゲットを追跡し大ダメージを与えるミサイルを発射する。
シールドヘリオンダージン (Shield-Hellion Dargyn)
グリニアのミサイルとシールド搭載の小型船。防御用シールドを搭載したヘリオンダージン。シールドの特性はシールドダージンと同様だが、火力が高い上に固いため近接での処理はリスクが高い。
キャノンバッテリー (Cannon Battery)
グリニアのスペースタレット。ダメージは中程度だが発射速度が高い。
ミサイルバッテリー (Missile Battery)
グリニアのスペースミサイルタレット。ホーミングミサイルを発射する。

水中の敵 Edit

天王星の水中ミッションの水中に出現するグリニア兵と兵器。

ドラガ(Draga)
水中に出現する一般的なグリニア兵。HARPAKを装備しており、高い攻撃力を持つ。通常は水中をゆっくりと移動するが、戦闘状態になるとアークウィングのプレイヤーに対面し、上下方向に緊急移動による回避行動を取る。
ドレーカルドラガ(Darek Draga)
KULSTARを持ったドラガで、炸裂する爆弾を撃ってくる。また、視界を遮る墨を辺りに噴射する。
ショックドラガ(Shock Draga)
鋭い槍のようなテーザーコードを持つドラガで、近接攻撃してくる。テーザーコードは電気ダメージをもち、こちらを一時的にスタン状態にする。
シクラ(Sikula)
水中機雷を敷設してくる小型のドローン。周囲に小型機雷を散布し、またシラクを破壊したときも小型機雷を周囲にばら撒くので近接攻撃するときは注意が必要。

ボス Edit

Captain Vor Edit

Captain Vor

水星と準惑星ケレスを掛け持つボス。
なにかと大きな作戦を任されているあたり重要なポジションの人物とみられる。
詳細

Councilor Vay Hek Edit

Councilor Vay Hek

地球のボス。グリニアの政治家。
詳細

General Sargas Ruk Edit

General Sargas Ruk

土星のボス。
詳細

Tyl Regor Edit

Tyl Regor

天王星のボス。自称未来のグリニアの父。劣化したグリニアの遺伝子を修復するための研究を行っている。
詳細

LT Lech Kril Edit

Lieutenant Lech Kril

火星と準惑星ケレスを掛け持つボス。
詳細

Kela de Thaym Edit

Kela de Thaym

小惑星セドナのボス。グリニアボスの紅一点。
詳細

バロール・フォーモリア(Balor Fomorian Edit

Balor Fomorian

Councilor Vay Hek によって建造されたグリニアの新型戦艦。
詳細

ミニボス Edit

Grustrag隊 Edit

Grustrag Three
主要な記事: Grustrag隊

侵略ミッションでコーパスに協力したプレイヤーに送り込まれる死への使者。

Ven'kra Tel & Sprag Edit

Ven'kra Tel & Sprag

VOID妨害ミッションに二人一組で出現するグリニア女性兵士の姉妹。
詳細

出現場所やドロップアイテムについて Edit

コーデックスを参照してください。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 既出かもしれませんが、ボンバードのスタンスMODのドロップ率ってどれくらいですかね…? -- 2017-07-23 (日) 22:14:18
    • Crimson Dervishのことなら0.5% ここで公式のドロップテーブルが見れるから今後活用してみたら良い -- 2017-07-23 (日) 22:49:23
  • セドナのボスが倒せません。全くダメージが通らない上にこちら側は2発で殺されます。なにか対処法はありますでしょうか? -- 2017-08-05 (土) 21:47:19
    • フロストで中央に3番使っておこう。そうすれば落下中にかまくら入ると鈍足かかります。そこに更に2番使って(増強あればなお良い)冷気による鈍足をかけよう。あとは腐食積んだ武器で撃つだけです。 -- 2017-08-09 (水) 15:54:58
      • あ、ソーティーじゃないならそこまで装甲高くないので弱点の放射線乗せた方がいいです。 -- 2017-08-09 (水) 16:15:55
  • ハイエッカマスターおばあちゃんの「ホホォテンノォ!」っていう声がなんかノリノリで好き -- 2017-08-18 (金) 23:44:57
  • Kuvaジェスターのデータ追加、ついでに古い武器を持ってる奴らの画像を差し替えてみました。 -- 2017-08-27 (日) 21:02:06
  • アリーナの連中のデータって無いのかな?常時無敵のボンバードみたいな奴の倒し方が分からん… -- 2017-09-10 (日) 10:57:20
    • アリーナ連中に常に無敵の奴はいないはずだけど…会ったことあるならコーデックスに登録されてるはずだから、そいつの名前とか分かる? -- 2017-09-17 (日) 01:28:32 New
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White