Top > Enemy_Infestation
HTML convert time to 0.077 sec.


Enemy_Infestation

Last-modified: 2017-04-22 (土) 12:02:38

感染体(Infestation)の概要 Edit

<Update14の内容を反映>
テクノサイトウィルスに感染した生物やミュータリストに感染した機械の成れの果て。
エンシェント系を除き、部分的に元となったグリニアコーパスの形状を残している。
遠距離攻撃を持つものは少なく、圧倒的な数で押し寄せての近接攻撃が主体。
但し、磁気や毒、味方の回復など特殊能力が豊富で、高いシールド値を持つフレームでも油断できない。

 

まっすぐ走ってくるものが多いため、充分な継続的火力が確保できていれば迎撃は容易いが、
火力不足の状況では一気に押し寄せられ、囲まれてしまう危険性が高い。
とはいえ、射撃戦主体の本作で遠距離攻撃が少ないというのは大きな隙で、
高台に登っての一時退避や、直線通路への誘導など、地形を利用する事で有利に戦える。
基本的に、準惑星エリスOrokin Derelictミッションか、感染侵略発生時のみ戦う事ができる勢力である。

 

小型のものは火炎ガスの有効な対象が多いものの、強敵となるエンシェント系は弱点が異なる。
どこに重点を置くかによって選択すべきダメージタイプが変わってくると言えるだろう。
ただ、感染及び冷気は不利な対象が多いため、選択しない事を薦める。
アーマーやシールドといった保護手段を持たないせいか、同レベル帯の他勢力に比べるとヘルスが高め。
『Infested』『Infested Flesh』『Fossilized』『Infested Sinew』の4カテゴリを持つが、
いずれにせよ比較的ダメージを与えやすい部類である。

 

近距離で群がられると、複数の状態異常を受けてまともに応戦できない事も少なくない。
安全を重視する場合は距離をおいての銃撃で安全に仕留めたい。
何れにせよ、カバーなどは一切せずに突撃してくるため、範囲攻撃が可能な武器は近接、射撃問わず効果的。

 

感染体が主な敵勢力となるマップでは室内の照明が落ちており、地面や壁には肉でできたフジツボの様なオブジェクトが配置され空中には赤い粒子の塊が飛び交う。
フジツボオブジェクトは攻撃に対するヒット判定こそ持たないが、視界の邪魔ではある。
全体的に視界が悪くなりがちなため、より一層周囲の状況に気を払いたい。

チャージャー Edit

グリニアランサーが変化したらしき四足動物型の感染体
他の感染体と異なり犬の様な唸り声をあげるので、存在は判別しやすい。
チャージャーは敵が近接攻撃を行えない場所にいる場合、射出物による攻撃を行なう。

チャージャー (Charger) Edit

チャージャー

素早く近寄ってくる四足獣の様な敵。
後ろ足で立ち上がっての二連ひっかきは非常に攻撃力が高く、多数に囲まれると一瞬で殺されることも。
群れで出現するためにまとまった数と遭遇しやすく、また追跡も非常にしつこい。
プレイヤーの側面・背面に回ろうとする性質も強いため、
近接攻撃で応戦する場合は適度に移動しながらの方が囲まれにくい。
また、切断ダメージで倒しても他の感染体と異なり死体が千切れ飛ばず、
その場に残るので攻撃の邪魔になる等、死んだ後まで鬱陶しい敵でもある。

 

耐性は『Infested』に分類され、ガス攻撃が非常に有効。

ウォーカー Edit

部分的にコーパスクルーマンの形状を残した人型の感染体

 

チャージャーと合わせて、感染体の主力としてまとまった数で出現する傾向が強く、
一度に多数を薙ぎ払える近接武器か、継続的に十分な火力を生み出せる銃器が無いと押し込まれがち。
特にリーパーによるひっかき攻撃にはダウン効果があるため、そこを起点に一気に体力を奪われることもある。
ランナーとボラタイル ランナー、リーパーは敵が近接攻撃を行えない場所にいる場合、投擲攻撃を行なう。

 

『Infested』や『Infested Flesh』に分類され、切断火炎ガスといったダメージタイプによる攻撃が有効。

ランナー (Runner) Edit

ランナー

感染したコーパスクルーマン。
高速で移動しカギ爪で攻撃してくる。
見た目はボラタイル ランナーの色違いだが、これといった特別な能力を持たない、いわば普通のランナー。

 

感染体耐久ミッションに多く出現する。
また、救出ミッションの牢から出てくることもある。
Update 12.4で追加された。

 

『Infested』に分類され、切断火炎よりもガスダメージによる攻撃が特に有効となっている。

ボラタイル ランナー (Volatile Runner) Edit

ボラタイルランナー

感染したコーパスクルーマン。
ランナーと似ているがこちらは敵を認識すると駆け寄り、
近くで頭を抱えるようなモーションをしたあと自爆して攻撃してくる。
自爆による爆発ダメージを受けた際は、よろけが発生する。
近接攻撃で倒した場合は自爆しない。爆発ダメージはLvにより増加するようになった。

 

ナイトメアモードでシールドを失っている場合は、僅かな隙でも爆発でヘルスを着実に削られてしまう為、注意が必要。

 

いったん自爆態勢に入ると、ヘルスを削り切らない限り、アビリティによる拘束なども無視して自爆する。
撃破が間に合わないと見たら、素早く離れることで爆発を回避できる。

 

ランナー系の中では唯一『Infested Flesh』に分類され、切断火炎ガスダメージによる攻撃が有効となっている。

リーパー (Leaper) Edit

リーパー

人型の感染体。ブルーの複数の目を持つ。
ボラタイルランナーと似ているが、走り寄ってきても自爆せず、一定距離で足を止め、飛びかかり攻撃を行う。
飛びかかり攻撃を食らってしまうと行動不能時間が長い強制ダウンが発生する。
チャージャー、ボラタイルランナーよりも攻撃の射程が長いため、それらの相手に気を取られすぎてダウンを取られないよう注意。
飛びかかり自体は、リーパーに対して左右方向に動けばほぼ避けられる。
なお、飛びかかりの予備動作〜着地後のもたつきまでは、与えられるダメージが10倍になる。
飛びかかりの間合いより接近した場合は、連続殴打を繰り出してくる。

 

いったん飛びかり動作を起こすと、ヘルスを削り切らない限り、アビリティによる拘束なども無視して突っ込んでくる。
VAUBANのBastille内で戦っていても、範囲外から殴り倒されるようなこともあるため油断は禁物。

 

Update 11で照準を合わせられると側転で回避するようになり、トリッキーな戦闘スタイルがより鮮明なものとなった。

 

『Infested』に分類され、切断火炎よりもガスダメージによる攻撃が特に有効となっている。

クローラー Edit

感染したコーパスクルーマンの上半身。上半身だけだが、移動速度は他の感染体より若干遅い程度。
常に上半身だけの状態がデフォルトで、下半身のあるものは存在しない。
攻撃力より特殊能力に特化したタイプで、毒ガス弾や電撃の放射、粘液を吐きかけて自由を奪うなど、
エンシェント系に勝るとも劣らない多彩な特殊能力を持つ。
低姿勢故に敵の群れなどに紛れ込んでしまいやすいので注意。
『Infested Flesh』に分類され、ガス火炎切断による攻撃が有効。

 

Update14にて移動速度が速くなったため、気付かないうちに足元まで近づいているといったことが多くなった。

クローラー (Crawler) Edit

クローラー(通常)

特殊な能力を持たないクローラー。接近すると近接攻撃をしてくる。
これに限った話ではないが、床を這うクローラー系の敵は、
感染体ステージに生えているオブジェクトに紛れ込んでしまいやすい。
ボディカラー:イエロー

エレクトリック クローラー(Electric Crawler) Edit

クローラー(電気)

Update10で追加されたクローラー。体色は青白く、電気を纏っているため見分けやすい。
感染体としては珍しく遠隔攻撃力を持ち、ある程度接近すると放電で攻撃を行う。
他のクローラーと同じく近接攻撃も持つ。
電気を纏っているが触れてもダメージはない。
コンテナの上にいても攻撃を喰らうので優先的に倒したい。

クローラー(電気) 放電

準惑星エリスミッション全般と遺跡船の防衛に出現しやすい。

 

ボディカラー:ライトブルー
放電射程:10m?

ロバー クローラー (Lobber Crawler) Edit

ロバー クローラー

Update10で追加されたクローラー。体色は青く見分けやすい。
こちらに気付くとTORIDのように毒ガス弾を飛ばしてくる。
ガス弾は即着弾ではなく、狙いも余り正確ではないが、
被弾するとヘルスに直接継続ダメージを受ける。
かなり遠く(50mまで確認)でも毒を飛ばし、当ててくることもある。
他のクローラーと一緒で近接攻撃もする。
コンテナの上にいても攻撃を喰らい毒ガスの継続ダメージあるため、発見したら即座に倒したい。
毒射程:?m

ノーシャス クローラー (Nauseous Crawler) Edit

ノーシャス クローラー

近接攻撃の他に、拘束効果のある体液を吐き出してくる。
体液を受けると5秒近く行動不能に陥るため、包囲されやすい対感染体ではかなりの脅威。
近付かずに銃で対処しよう。
ボディカラー:イエロー(若干見にくい)

トキシック クローラー (Toxic Crawler) Edit

トキシック クローラー

体内に毒を持つクローラー。灰緑色のガスを纏いながら這い回っている。
説明文にある通り、死ぬとその場に毒ガスを一定時間残すので、狭い通路などで倒す際は注意。
生存中は接触やトキシック クローラーによる攻撃によって毒ダメージを受ける事は無い。
ボディカラー:ブラック
ライトカラー:グリーン

機械系 Edit

オスプレイモアといった機械的なユニットに、テクノサイトウイルスが感染し変化したもの。
感染する前に所持していたShieldやRobotic特性は無くInfested Fleshとなっている。

感染したオスプレイ Edit

感染したオスプレイ

Update13.8で追加されたテクノサイトウィルスに感染したコーパス オスプレイ
クローラー系を運んできて投下した後、攻撃を加えると、「グミ゛ュミ゛ュミ゛ュミ゛ュミ゛ュ…」と気持ち悪い音を発した後、
ガスを散布しながらオキシウム オスプレイのように(自爆はしないが)突進を行ってくる。
この毒ガスはしばらく残留し、触れるとヘルスに直接ダメージを受ける。
また、一度クローラーを投下した後でも敵との距離が開くと再び近くのクローラーを拾い上げ運び始める。
ちなみに最初から運んでくるクローラーの外見は通常のものと異なり種類を問わず赤黒くなっている。
この運んでくるクローラーは掃滅ミッションの敵の数に含まれない。

 

オスプレイの特徴を持つため、スタンや拘束系のアビリティが効かない。
(EXCALIBURのRadial Blind、MAGのpull、TRINITYのEnergy Vampireなどのスタン効果、VAUBANのBastilleの拘束効果)
またVAUBANのVortexは渦の中心に引っ張れるが突進でその渦から抜け出すことが出来る。
LOKIのRadial Disarmで低空飛行にし、毒ガス散布とクローラーの投下を出来なくさせられる。

 

ガスをばら撒くため危険な上に、的が小さくフラフラした軌道で飛ぶため狙い辛く、その上エンシェントほどではないが耐久力も高めという難敵。
運んでくるクローラー系の敵は上記の6種全てであるため、クローラー系のコーデックス スキャンを行うチャンスでもある。

ミュータリストオスプレイキャリア Edit

ミュータリストオスプレイキャリア

感染体発掘及び脱出ミッションにおいてのパワーコア供給役。
感染したオスプレイと違い突進は行わないが、代わりにStingerのような針を装備している。
この針は弾速は遅いもののグリニアボンバードなみの追尾機能を持っており回避が難しい。
加えてAIの都合もあり遠距離からかすかな音で連射してくるので火力も高い。
この敵の対処法が重要な部分を占めていると言っていいだろう。

 

オスプレイの特徴を持つため、スタン系のアビリティが効かない。
さらにLOKIのRadial Disarmはダメージのみで効き目がない。
オスプレイ系に吊り上げ拘束が効くようになったので以前よりはおとなしくはなった。
また、感染したオスプレイ同様の高めのヘルスを持つ。

 

タール・ミュータリストモア (Tar-Mutalist Moa)
ミュータリストの項目に記載

 

スワーム・ミュータリストモア (Swarm-Mutalist Moa)
ミュータリストの項目に記載

エンシェント Edit

原形がわからなくなるほど長い年月をかけて捕食と成長を繰り返した結果、強力な能力を得た感染体
垂れ下がった組織を持ち、背部は硬質化した甲羅のようになっている。
普段はふらふらと低速で歩いており、他の感染体よりゆっくり移動しているが
こちらを視認すると威嚇モーションの後、猛スピードで駆け寄り襲撃してくる。

 

各種類ごとに固有の特殊能力を持つ。
共通の攻撃手段は、グリニアスコーピオンのようにワイヤーフックで敵を引き寄せるものと、
右の触手から繰り出すパンチの2パターンあり、パンチの攻撃力は全体的に高い。
ダッシュから出してくるパンチには転倒効果があり、腕を伸ばしてくるパンチには状態異常が乗る場合がある。
攻撃の誘導性が高くリーチが長い為、常にエンシェントの接近には警戒しておきたい。
また、周囲の味方にダメージ軽減などのバフを与えるオーラを纏っているため、出現したら最優先で倒すことを心がけよう。

 

ヘルスが多い上に『Fossilized』に分類される堅い表皮を持ち、小型感染体と違い腐食爆発が有効で、冷気と毒、放射線に耐性を持つ。
他の感染体に比べて切断ダメージの効果自体はやや低いが、ヘルスに直接与えられるDoT効果の期待値は高い。

 

垂れ下がった顔面部に2倍のダメージを与えられる他に、手と脚部分も弱点扱いで3倍のダメージを与えられるが、
手脚の判定は非常に細く狙いづらくなっているため通常は顔面部を狙うのが有効。
飛び蹴りで転倒するため隙を作れるが、ワイヤーフックによるカウンターで逆に不利になることもあるので気をつけたい。

エンシェント ヒーラー (Ancient Healer) Edit

エンシェント ヒーラー

グリーンの回復波動を出すエンシェント。
攻撃系の特殊能力を持たない為、単体では特に強くはないが、周囲の味方に対して回復やダメージ軽減などのバフを与える能力を持っているので、特に高レベル帯では放置しておくとAncient系のヘルスの多さと硬さも相まって大変な事になってしまう。

 

10mの範囲内にいる仲間とリンクし、仲間が受けたダメージを対象のヘルスの100%に基づいて最大で150%まで回復する。
また、周囲の仲間の受けるダメージを軽減、さらにクラウドコントロールへの耐性を与えるオーラをもつ。

  • このリンクはエンシェント ディスラプターやトキシック エンシェントを含めた他のエンシェントには共有されない。
  • リンクされている仲間はスタン(爆発衝撃の状態異常)の影響を受けない。
  • 多くのラグドール化や捕獲を行なうアビリティは無効化、もしくは効果時間が半減するが、ダメージは与えられる。
  • リンクされている仲間に対するすべての状態異常は彼らにはではなく、エンシェント ヒーラーに発生する。
  • 回復効果を受けている仲間は輪郭が緑の蛍光色で斑点状に光る。
  • 放射線の状態異常やNYXのChaosなどで混乱状態にさせることで仲間とのリンクを断つことができる。
    • 放射線の状態異常はリンクしている仲間に発生させるだけでもエンシェント ヒーラーに転送されるため、容易にリンクを断てる。

NYXのマインドコントロールを使用するとTENNOと防衛対象のヘルスを回復し、オーラによるダメージ軽減を受けることができる。
エンシェント ヒーラーのスペクターNEKROSの召喚した影も同様に機能する。

 

ボディカラー:ホワイト
ライトカラー:イエロー(定期的にグリーン発光)

エンシェント ディスラプター (Ancient Disruptor) Edit

エンシェント ディスラプター

紫色のノイズ状オーラを覆っているエンシェント。
自身と周囲の仲間に対して、範囲ダメージとアビリティによるダメージの軽減、各攻撃によるWarframeのエネルギー吸収効果を発生させるオーラを帯びている。
また、エンシェント自身による近接攻撃は低確率で磁力の状態異常が発生し、シールドとエネルギーを枯渇させる。

 

オーラは周囲の味方に対する範囲ダメージとアビリティによるダメージを軽減させる。
ディスラプターやリンクされている味方は磁気の状態異常を受けるとエネルギーへ与えるダメージが減少する。
このリンクは放射線の状態異常によって断つことができる。

 

右の触手によるチャージ攻撃は10%の確率で磁力の状態異常が発生する。
磁力の状態異常が発生するとエネルギー枯渇とともに画面にノイズが走り非常に視界が悪くなる。
特に自分のヘルス等の表示も殆ど視認できなくなってしまうため、食らってしまったらすみやかに避難したい。
更にこの効果時間中はあらゆるエネルギー回復を無効化されてしまい、体勢の立て直しに時間がかかる。
チャージ攻撃をすばやく防ぐ方法としては飛び蹴り(空中スライディング)が有効。

 

大量の感染体を率いている場合はオーラによる周囲へのバフも相まって即、死亡につながる非常に危険な相手。
みすみす吸収を許すよりは、十分に距離をとった上で、速やかに倒してしまおう。
安定して戦えていても一気に戦況をひっくり返される危険性を持つ為、見つけ次第優先的に排除したい。

 

ボディカラー:ブルー
ライトカラー:レッド

トキシック エンシェント (Toxic Ancient) Edit

トキシック エンシェント

ガスを身に纏ったエンシェント。
口(?)から前方の小範囲に毒ガスをばら撒く攻撃によって、周囲へ毒ダメージを与える。
また、自身と周囲の仲間に対して攻撃への毒ダメージの付与と、毒とガスへのダメージ耐性を与えるオーラを帯びている。

 

周囲の味方の攻撃に毒ダメージを付与し、さらに毒とガスへのダメージ耐性を与えるオーラを持つ。
毒ダメージの付与は単属性の攻撃を行う敵の場合は複合属性になり、特にエレクトリック クローラーは高い状態異常率の腐食ダメージを放ってくるようになるため、注意が必要となる。

 

ガスはシールドを通り抜けてヘルスに直接、非常に高い毒ダメージを与え、視界不良も発生する。
MIRAGEのような低ヘルスのフレームやセンチネルを容易に殺すことができる。
ガス攻撃は近接攻撃や衝撃ダメージによるよろけや、ブラインドや拘束などのCCアビリティで封じる事が可能。

 

敵側で毒攻撃を持つ敵が、一部ボスを除き、幾つかのクローラーと感染したオスプレイの他にはこれのみなので、
Antitoxin(毒耐性)MODが活躍する数少ない場面でもある。
落ち着いて対処すれば問題はないが狭い所で会うと脅威。

 

ボディカラー:ブラック
ライトカラー:グリーン

ミュータリスト Edit

Update15.5で実装された新感染体
感染したAlad Vにより作り出されたこれらの新感染体は、感染体(Infested)と呼ばれず、ミュータリスト感染体(Mutalist Infestation)と呼ばれている。
マゴット (Maggot) 以外は全てエンシェントなどと同様の石化体(Fossilized)に分類されるため、腐食ダメージが有効。

ミュータリストモア
コーパスモアが元となっており、タールスワームの2種類が存在する。
高い移動速度を持ち、頻繁に高い跳躍を行うために射撃をかわされやすい。
また、接近するとショックウェーブモアのようにストンプを行い、発生した衝撃波でテンノを吹き飛ばして転倒させる。
モア同様にコーパスマップに設置されているキャビネットや床のハッチから出現する事がある。
石化体(Fossilized)に分類されるため、腐食ダメージが有効で、尻尾のような部分が弱点となっている。
コーパス系のステージではMOA用のキャビネットから出現することもある。

タール・ミュータリストモア (Tar-Mutalist Moa) Edit

タール・ミュータリストモア

遠距離から4wayのタール弾を打ち出し、直撃すると高いダメージを発生させるだけに留まらず、タール弾着弾と同時にタール弾が破裂し、沼を形成する。又、この沼は腐食の持続ダメージと移動速度を低下させる。特に移動速度はVoidの凍結床並の移動速度低下を誇る。
非常に厄介な沼だがローリングで素早く脱出可能となっており、沼は数秒で消滅してしまう。
又、沼には耐久値が設定されている模様。
一定のダメージを与えると破壊可能(照射系武器や近接だとすばやく破壊可能)
沼に対して範囲攻撃、近接攻撃でダメージを与えることで破壊可能。

 
Update15.5.0〜15.5.9までの仕様

(Update15.6.0)

  • タールのダメージが放射線から腐食へ変更。
  • タールの継続ダメージは時間と共に低下。
  • 防衛対象はタールの攻撃に対して耐性を持つように変更。

Update16.10.2にて沼に対して範囲攻撃、近接攻撃でダメージを与えられるようになった。

 

ボディカラー:ダークグリーン
ライトカラー:パープル

スワーム・ミュータリストモア (Swarm-Mutalist Moa) Edit

スワーム・ミュータリストモア

遠距離から3wayのナノマシンの群れを射出してくる。ダメージ:アーマー貫通21ダメージ
ナノマシンの群れに直撃するとSwarm(羽虫)に感染し、半径1mほどのSwarmエリアが発生する。
また外れても地形などに着弾してもSwarmのエリアが発生する。

 

Swarmエリアを他の生物(敵味方問わず、ペットや小型敵含む)が通過すると、そこへも感染が広がる。
このため、敵が密集しているエリアなどで感染が起こると、瞬く間に周囲がSwarmエリアに犯される。
この胞子が感染体に付着するとダメージを軽減させるアーマーが付与されるので、優先的に倒したい敵である。

 

Swarmに感染すると、視界がやや暗くなり、かつ細かいオレンジのエフェクトで視界が阻害される。
また微弱な毒の継続ダメージを受ける。
一定時間経過するかローリングか近接攻撃を行う事で感染を解除することができる。
近接攻撃によって即座にナノマシンの群れを破壊でき、厄介なバフ、デバフの連鎖を断つことができる。

 

感染したプレイヤーやペットはSwarmに対して範囲攻撃、近接攻撃でダメージを与えることで破壊可能。

 

Update16.10.2にて範囲攻撃や近接武器によってダメージを与えられるように。またSwarmがプレイヤーに向かってくる時間を短縮し、空中を飛んでいる時間は6秒に。

 

ボディカラー:ダークグリーン
ライトカラー:グリーン

ブルッドマザー (Brood Mother) Edit

マゴットの産卵

敵が接近するとチャージを開始し、腹部からターゲットを攻撃するマゴットを産み落とす。
NYXのMind Controlを使用するとそのマザーから生まれたマゴットも味方になる。
ブルッドマザー自体の攻撃はエンシェントと同じで吹き飛ばし・触手攻撃。
吹き飛ばし→マゴット張り付きで少々痛いダメージを負うことになるだろう。
顔のような部分が頭部となっている。
ライトグリーンのボディカラーと涙滴型のシルエットが特徴。

マゴット (Maggot) Edit

大多数の存在感で敵を圧倒する。ダメージ:アーマー貫通20ダメージ
マゴットはブルッドマザーから出現する小型の感染体で、ネズミのように素早い動きで敵に取り付き、移動速度を低下させ、弱いダメージを与え続ける。
大量に貼りつかれると一気に体力を削られる。
取り付かれた場合はローリングや近接攻撃で外すことができる。
この小型敵の耐性だけは他のミュータリスト感染体と異なり、感染体(Infested)に分類される。
気付かないことはないと思うが、気付かなかった場合ヘルスが一気に削れているという場合があるため注意したい。

ボイラー (Boiler) Edit

ボイラー

丸みを帯びた巨体と頭頂部のオレンジのでき物が特徴。
一定の距離に近づくと でき物から卵を3〜5個噴出する。
また、死亡時にも卵を噴出する場合がある。
この卵に触れると爆発ダメージが発生し転倒させられる。
射出された卵が地面に留まると出現ポッドが即座に生成され、
そこからランダムに単一、または複数のランナー系やチャージャーが出現する。
Lephantisのマップに出現する出現ポッドと異なり、設置されるとすぐに割れて敵がスポーンする。
スポーンする前に出現ポッドを破壊する事で阻止することができる。
掃滅ミッションではポッドからスポーンする数が残りの敵の数を超えないようになっている。
本体の攻撃手段はリーチの短い近接攻撃のみだが、吹き飛ばされてノックダウンを喰らうため注意。
ダメージ倍率はないものの頭頂部中央にヘッドショットの判定あり。
余談だが、オレンジのできものを攻撃すると胞子が飛び散る。

ボス Edit

Phorid Edit

Phorid

感染拡大のボス。
詳細: Phorid

Lephantis Edit

Lephantis

遺跡船のボス。
詳細: Lephantis

 

Jordas Golem Edit

Jordas Golem

準惑星エリスのボス。
詳細: Jordas Golem

 
J3-GOLEM: 旧木星ボス。Jordas Golemのリメイク元であり、現在は出現しない。ちなみに旧エンシェントの姿をしていた。

Mutalist Alad V Edit

Mutalist Alad V

準惑星エリスのボス。
詳細: MUTALIST ALAD V

Infested Mesa Edit

準惑星のエリスのミニボス
詳細: INFESTED MESA

Juggernaut(ジャガーノート) Edit

Juggernaut

感染体勢力のミッション中に特定の条件で出現するミニボス。
詳細: Juggernaut

 

出現場所やドロップアイテムについて Edit

コーデックスを参照してください。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • オスプレイキャリア超強化されてね?連射力半端ねえ -- 2016-07-11 (月) 07:20:33
    • やっぱそうだよね・・・。発掘で掘削機壊されまくる。トキシックにでもやられたのかと思った。 -- 2016-07-16 (土) 18:31:55
  • ランナーはテンノの位置が遠く離れてると弾を投げてくるのね -- 2016-08-21 (日) 18:09:25
    • 「投げてくる」じゃなくて「投げてくるようになった」だよ(銀の果樹園以降な -- 2016-08-21 (日) 19:23:17
  • エンシェントの防衛対象への往復ビンタで画面真っ赤になって目が痛いんだけど設定のせい? -- 2016-08-22 (月) 01:57:54
  • 感染体相手のミッションでたまにスリップダメージが止まらなくなってどうしようもなくなるんだけど、あれは仕様なのかバグなのか・・・ -- 2016-11-22 (火) 07:27:34
    • 足元に黄緑色のオーラがついていたらベノマスエクシマスの仕業 最優先で殺すべし -- 2016-11-22 (火) 07:36:55
      • はじめは毒の何かかと思ってたんだけど毒っぽいエフェクトは無かったし、敵が居ないところまで逃げてみても延々と続いてて耐久40分ずっとセンチネルのシールド回復に助けてもらってた -- 2016-11-22 (火) 09:40:20
      • シールドにダメージ入ってるってことはマゴットに取りつかれたのかな -- 2016-11-22 (火) 10:06:05
    • マゴット.今は -- 2016-11-22 (火) 11:07:03
      • oh... ミス。 今はバグでマゴットが何しようが取れなくなってる -- 2016-11-22 (火) 11:08:24
      • なるほどやっぱりあれはバグなのね。ありがとうtenno -- 2016-11-22 (火) 13:41:58
      • 自分も散々やられてる。ダウンから復活 -- 2016-12-06 (火) 09:46:47
      • 続)復活してもとれないけど、死んで復活ユニットを使うと正常に戻った。 -- 2016-12-06 (火) 09:48:31
      • これの恐ろしい所は重複する所かな。5体ぐらい張り付いてる状態になったらもう終わり。PC版は修正きたらしいけどCS版はまだあるはず。体感かもしれないけどHIERACONで頻発してる気がするんだよね -- 2016-12-29 (木) 19:00:46
      • 首に付いててきもいから取りたいんだけど、取る方法ないのか… -- 2017-01-05 (木) 15:17:33
      • ↑それは恐らくNIDUSのページを見るべきかもしれない -- 2017-01-05 (木) 15:27:39
    • なるなる。マゴットが悪さしてると思うんだけど、死ぬまで止まらないのよね。体内に入って内部から食われてるんだ。 -- 2017-01-06 (金) 11:07:21
  • これはNIDUSのせいだったのね。教えてくれてありがとう -- 2017-01-05 (木) 15:46:40
  • チャージャーとかの雑魚感染体も原型を残さない変異しきったエリートクラスが欲しいとこだな。アフィニティーの増加も込みで -- 2017-01-08 (日) 21:17:39
  • ソーティのLephantisの画像ってJ3-GOLEMだったのか -- 2017-03-05 (日) 19:20:21
  • PS4版なんだけどチャージャーって毒液みたいなの飛ばしてこない?遠距離攻撃してきてた気がするんだけど見間違えかなぁ -- 2017-03-14 (火) 02:38:45
    • チャージャーの説明よく読め「チャージャーは敵が近接攻撃を行えない場所にいる場合、射出物による攻撃を行なう。」 -- 2017-03-14 (火) 07:17:03
      • チャージャーカテゴリの説明では射撃する、チャージャーの説明では遠距離攻撃手段は一切ない。古い文章が残ってるのね -- 2017-03-14 (火) 21:28:38
      • とりあえず問題の箇所だけ削りました。 -- 2017-03-15 (水) 00:49:37
  • チャージャーの元になったグリニアが仮面付けてて本当に良かったとペットの犬を見て思う。あのしわくちゃおっさん顔がぶら下がっていたら… -- 2017-03-14 (火) 02:56:23
  • エンシェント系の手足には3倍のダメージが入ると書かれていますが、具体的に手足のどの辺りを撃てば良いのでしょうか?動きを止めた上で何箇所か試し撃ちしてみても、他の非弱点部位と同じダメージしか出ません。 -- 2017-07-18 (火) 14:30:36
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White