Top > NOVA
HTML convert time to 0.070 sec.


NOVA

Last-modified: 2017-11-09 (木) 11:09:06

NOVA

NOVAはその電磁能力を用い、危険な反物質の粒子を自在に操ることが出来る。

Null StarNull Star
NOVAの周りに反物質粒子を浮遊させ、近づく敵に自動的に射出する。
Antimatter DropAntimatter Drop
反物質を内包した球体を発射し、接触とともに爆発させる。
Worm HoleWorm Hole
NOVAの現在位置と目標位置に空間の歪みを作り、自らや仲間を一瞬で移動させることができる。
Molecular PrimeMolecular Prime
範囲内の敵に反物質の層を付与する。対象が死亡した際に反物質は炸裂する。
 
ステータス初期値ランク30値
Health100300
Armor65
Shield75225
Energy150225
移動速度1.2
MODスロットMadurai.png x 2
AURAスロットNaramon.png


全身 Edit

画像をクリックすると拡大

NOVANova Immortal SkinNOVA Cygni Skin
Nova_full_rifle.jpgwarframe_nova_imortalskin.jpgNOVA Cygni Skin.jpg
旧Ver.全身Update9.4まで

製作 Edit

完成品 375 Pt

設計図材料製作費製作時間即時製作
マーケット
35,000 Cr
NOVA HELMET125,000 Cr72時間50 Pt
NOVA Chassis1
NOVA Systems1
オロキンセル1
 
【製作費用】15,000Cr 【製作時間】12h 【即時完成】25Pt
設計図パーツ名材料
ミッション報酬NOVA HELMET合金板(150) 神経センサー(1) ポリマーバンドル(150) ルビドー(500)
NOVA CHASSISモーフィクス(1) フェライト(1000) ルビドー(300)
NOVA SYSTEMSコントロールモジュール(1) モーフィクス(1) サルベージ(500) プラスチド(600)

パーツ設計図衛星エウロパのボス抹殺ミッションのクリア報酬で入手。

概要 Edit

Update 9で実装された、反物質を操る女性型ウォーフレーム。

 

大半がダメージ目的のアビリティで構成されるダメージディーラー。
中でもMolecular Primeはダメージだけでなく、敵の被ダメージを倍化し、行動を鈍化させるDebuffとしても機能する。
Worm Holeも他の移動系アビリティとは違った移動を可能にし、更に自分以外にも効果を及ぼす事が可能。
移動速度はLOKIに次いで速く 最大エネルギー量も多い割に標準的なアーマー値を持つ。
一方でシールドは薄く、アビリティも防御面については限定的な効果しかもたないのが欠点となる。

 

主力アビリティとなるMolecular PrimeやAntimatter Dropは、実際にダメージが入るまでには若干の間が空く。
加えて、その効果を十分に発揮するには敵がある程度密集している事が望ましいという点も注意したい。

 

○公式紹介動画:http://www.youtube.com/watch?v=TxJMDv4dYIU

フレーム名の発音は、プロフィール動画の0:10付近を参照。
カナ表記としては「ノヴァ」がよく見られる。

ヘルメットスキン Edit

FLUX NOVA HELMET Edit

FLUX NOVA HELMET

FLUXは「流動」を意味する。
頭頂部に向けて6本の爪が伸び、マスク部のディテールも増したやや複雑なデザインになっている。

ARCANE版
U17以降はエイムグライドとウォールラッチの持続時間を増加し、ヘルスを減少する効果になった。
 
U17以前は最大スタミナを10%増加させる代わり、最大ヘルスが5%減少する。

QUANTUM NOVA HELMET Edit

QUANTUM NOVA HELMET

ユニークな形をしたNOVA用ヘルム。
QUANTUMは「量子」を意味する。
頬の外周パーツと後頭部が上に伸びたデザインが特徴。

SLIPSTREAM NOVA HELMET Edit

SLIPSTREAM NOVA HELMET

ユニークな形をしたNOVA用ヘルム。
SLIPSTREAMは高速移動体からその後方へ向けて発生する気流、およびその後方に生じる低気圧空間を指す語。モータースポーツなどの様々なレース競技では、前走者のスリップストリームを利用して空気抵抗を軽減するテクニックが用いられる。
その名に似つかわしいエアロパーツ風のディテールが特徴で、後頭部にはエネルギー流を噴き上げる2本のノズルが付く。

アビリティ Edit

パッシブ:対消滅 Edit

ノックダウンした時、周囲6mにダメージとノックダウン効果を与える衝撃波が発生する。

Null Star Edit

NOVAの周りに反物質粒子を浮遊させ、近づく敵に自動的に射出する。
消費エネルギー25Null Star
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果範囲
アビリティ効果時間
ランク0123
ダメージ100125150200
衛星数3456
射程(m)12
  • アビリティ威力はダメージに影響する。
  • アビリティ効果範囲は射程に影響する。
  • アビリティ効果時間は衛星の数に影響する。
 

予め使っておく事で、自動的に攻撃を行ってくれる一風変わったアタックアビリティ。
発動すると反物質が周囲を衛星のように回って待機し、近づいた敵へ自動的に射出され切断切断ダメージを与える。
発動に際してAimの必要がなく、ほぼ確実な命中精度を持つのが大きな利点。
ヒットしたが死ななかった相手はよろけるため、NOVAのアビリティとしては珍しく、防御的な性質も持っている。

 

衛星はおよそ0.8〜1秒毎に1発ずつ発射されるが、範囲内に敵が複数居ても発射されるのは1発ずつであり、
1発で倒しきれなかった敵は、衛星が残っていれば再度攻撃対象になる。頭部に当たるとヘッドショット。
射程内でも射線が通っていなければ発射されないため、壁向こうの敵に無駄弾を撃つことはない。
時間経過により消滅しないものの、衛星が全て無くなるまで再使用出来ないことに注意。
低コストながらそこそこ威力は高く、切断切断ダメージということもあって感染体相手なら撃破もある程度期待できる。

 

待機&自動発射という性質から「エネルギーが余ったら取りあえず出しておく」という使い方が可能だが、
全弾発射しきるまでが長く、時間あたりの火力も低いため、本格的な攻撃用途としては力不足である。
育成中で本体の耐久力が低い場合等に、奇襲を防ぐといった用法が主になるだろう。

 

衛星の数がアビリティ威力ではなく効果時間の影響を受けるという少し変わった特性を持っており、17%ごとに衛星が増減する。

 

因みに、センチネルSHADEのGhost中でも、姿を現すことなくアビリティの使用と自動攻撃が可能という特性もある。

 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の0:27付近を参照。

増強MOD: Neutron Star Edit

詳細

Antimatter Drop Edit

反物質を内包した球体を発射し、接触とともに爆発させる。
消費エネルギー50Antimatter Drop
影響するMODアビリティ威力
ランク0123
基本ダメージ100125150200
ダメージ増加倍率x1x2x3x4
効果範囲(m)581015
  • アビリティ威力は基本ダメージと接触時の固定ダメージに影響する。
    • ダメージ増加倍率には影響しない
 

着弾地点で炸裂する反物質の誘導球体を発射するアタックアビリティ。
この球体は照準している座標に向かって飛んでいく誘導性を持つほか、
敵、自分、味方の全ての攻撃を吸収して攻撃力を増す性質を持つのが大きな特徴。
球体は何らかの物体に衝突すると爆発し、ランクに応じて倍加された蓄積ダメージを放射線放射線ダメージとして与える。
この爆風は障害物を貫通し、距離減衰しない。
射撃やリロードを阻害せず、ジップライン上でも発動できる。

 

ダメージの蓄積上限は球体ごとに 50000 となっている。
ダメージを蓄積すると球体がライトカラーの色に発光し、蓄積量の増加と共に発光も強くなっていく。
蓄積量が上限に達すると、爆発のようなエフェクトと共に球体自体がライトカラーの色に変化し、飛行速度が上昇する。

 

球体を静止させる事はできないが、球体の飛行速度自体は遅いため、
目標地点を通り過ぎた後から、自分の足元に照準して引き戻すといった芸当も可能。
球体に照準を合わせることで速度を更に遅くすることができ、ダメージを蓄積しやすくなる。

 

また、うまく誘導する事で、複数の球体を同時に存在させることもできる。
ただし、Antimatter DropにAntimatter Dropの爆発のダメージを蓄積することはできない。

 

発射⇒射撃⇒着弾⇒爆破と、発動からダメージが入るまでに複数の手順を踏むので即効性に欠ける面もあるが、
十分に射撃を加えた後での爆発は、極めて高いダメージを叩き出す。

 

球体に対してクリティカルや状態異常は一切発生しないので、ダメージをそれらに依存しきっているタイプの、特にライフルやマシンガン系とは相性が悪い。
ショットガンやハンドキャノン等の、至近距離に大量のダメージを確実に与えられる武器を使用すると、効率よくダメージを蓄積できる。

 

装備武器の威力に大きく左右され、Aim操作も要求されるアビリティだが、Rank3での4倍増幅はかなりのもの。
そこそこの武器さえあれば手軽に大ダメージを狙うことが可能で、爆破範囲もなかなか広い。
NOVAの副砲と言うべき重要なアタックアビリティと言える。

 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の0:38付近を参照。

増強MOD: Antimatter Absorb Edit

詳細

Worm Hole Edit

NOVAの現在位置と目標位置に空間の歪みを作り、自らや仲間を一瞬で移動させることができる。
消費エネルギー75Worm Hole
影響するMODアビリティ効果範囲
アビリティ効果時間
ランク0123
使用回数1234
同時設置数1234
持続時間(秒)10121416
移動距離(m)50
  • アビリティ効果範囲はゲートの射程距離(移動できる距離)に影響する。
  • アビリティ効果時間はゲートの持続時間に影響する。
  • アビリティ威力は設置上限・使用回数に影響しない
 

発動時に照準を合わせていた場所へ向かって、ランクに応じた数までのワープゲートを眼前に設置する。
ゲートの向きに制限は無く、四角い入り口からワープ先へラインが伸びる。
射撃やリロードを阻害せず、ジップライン上でも発動できる。
複数設置して上限数を超えた場合、古い物から順に消えていく。
使用回数分使用されるか、持続時間が終わるとそのワームホールは消滅する。

 

ワープ移動のラインは照準が通ってさえいれば細い場所も通過可能。
オロキンボイドの蓮型金装飾なども通り抜けられ、タイマー部屋のショートカット等に使える。
効果範囲に特化する事で最大 140m(亀裂バフで280m) まで伸びる。
なお、進入が想定されていない場所にも行けてしまうが、スタックしてしまう事もあるので注意。
因みに敵がゲートに侵入した場合も終了地点にワープする。
使用回数に厳しさはあるものの、防衛ミッション等では進路上に設置することで敵を追い戻す事もできる。

 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の0:50付近を参照。

増強MOD: Escape Velocity Edit

詳細

Molecular Prime Edit

範囲内の敵に反物質の層を付与する。対象が死亡した際に反物質は炸裂する。
消費エネルギー100Molecular Prime
影響するMODアビリティ威力
アビリティ効果範囲
アビリティ効果時間
ランク0123
ダメージ150300500800
持続時間(秒)10152030
初期効果範囲(m)5
最大効果範囲(m)15202535
範囲拡大速度(m/s)5
範囲拡大時間(s)2346
爆風範囲(m)67810
行動速度低下(%)10%20%25%30%
ダメージ倍率(%)200
  • アビリティ威力は行動速度低下率と爆発爆発ダメージ威力に影響する。
  • アビリティ効果範囲は、影響を受けた敵を倒した際の爆風範囲にのみ影響する。
    • 初期効果範囲、最大効果範囲には影響しない
  • アビリティ効果時間はDebuffの効果時間と範囲拡大時間に影響する。
    • Moleclar Prime自体の効果範囲を広げたい場合は、アビリティ効果範囲ではなくこちらを増加させる必要がある。
 

NOVAの代名詞的なDebuffと範囲攻撃を兼ね備えた複合アビリティ。
アビリティを発動するとNOVAを中心に球形のエフェクトが発生し、それが時間をかけて広がっていく。
球形エフェクトの範囲内に入った敵の身体に反物質の層を付与し、敵の被ダメージを増加させ、動きを鈍らせる。
更に、この反物質が付着した状態の敵を倒すと反物質と同色の爆発が発生し、爆風範囲内に爆発爆発ダメージを与える。
この爆風で反物質が付着した敵が死んだ場合は、そちらからも爆風が発生する為、結果として連鎖爆発が起こる。
爆風そのものの威力はさほど高くないが、被ダメージ増加のDebuff効果がある事と爆風が重複する事から、密集した敵集団には壊滅的なダメージを与える。
パーティにNOVAがいるとこのアビリティで敵の群れが消し飛ぶのをよく見かけるはず。
爆風1発で倒せない強敵でも、周囲に複数の雑魚が居れば爆風の重複ヒットに巻き込んで始末してしまえる。

 

Debuffの効果は強力で、与ダメージ増加のほか、行動速度(移動と攻撃の速度)を低下させるというもの。
雑魚は勿論、強敵に対しても「敵の行動を遅くしつつダメージを倍にする」Debuffとして使う事が可能だ。

 

Update 13.4.0の変更で、この行動速度の低下率にはアビリティ威力によって加減算されるようになった。
例えば、ランク3(30%)にアビリティ威力+20%だと、30% + 20% = 50% の行動速度低下となる。
この行動速度低下率には上限があり、アビリティ威力145%で最大の75%に達する。
Overextended により行動速度低下率をマイナスにすることも可能であるが、その場合これまでとは逆に敵の行動速度が増加するようになる。
これは主に感染防衛敵の進行を速めてミッションの進行速度を上げるといったことに利用されている。
ただし使い所を間違えると味方の処理能力を超えた敵が押し寄せるという状況を引き起こす事もあるので、運用には注意が必要。
なお、ランク0の方が多く加速できるが、範囲拡大時間が短い・効果範囲もかなり小さいと非常に使いにくい。
(そもそも現在の仕様ではアビリティのランクを任意に変更できないので、そういう意味でも実用的では無い)

 

MODの影響がややこしく、
アビリティ効果範囲はMolecular Prime自体の効果範囲に影響しないのに対し、
アビリティ効果時間は範囲拡大時間を増加させ、より長い間範囲が拡大するようになるので、
最終的な範囲を広げるためにはアビリティ効果時間MODを付ける必要がある。
そのため Narrow Minded によってアビリティ持続時間を上げると、アビリティ効果範囲が下がっているにも関わらず最大範囲は広くなる。
ただしNMを採用した場合、効果範囲の減少により爆発の範囲が狭まり、連鎖爆発しにくくなることには注意。

 

Debuffのヒット判定
地形を無視するが、爆風は地形に遮られる為、入り組んだ地形では思う様な連鎖爆発が起こらない事もある。
また、効果範囲拡大中に連続使用すると古い波が消失し(すでに敵に付与されているDebuffの効果は残る)新しい波に置き換わる。
そのためDebuffを広範囲にかけたい場合は、効果範囲が広がりきったのを確認してから再度使用するようにしたい。

 

一方、敵の移動速度をも落としてしまう事から、防衛ミッション等では余裕があるのに敵が来なくて、無駄に時間が掛かるといった状況を引き起こす事もある。
加えて発動モーションがやや長い事、使って即敵が倒せるというものでは無い事から、若干即効性に欠ける。
強力かつ優秀なアビリティである事は間違い無いが、上記の様な欠点もあるので、防衛ミッションでは効果時間を控えめにして局所的運用に留めたり、なるべく敵を引きつけてから使うなど、運用法には注意したい。

 

余談だがMAGのPolarizeとは相性が良く、シールドやアーマーによる爆風の吸収を防ぎつつ、敵本体に爆発を叩き込むことが可能だ。
ほか、爆発によって倒された敵は消滅するようなエフェクトを伴うが、内部的には死体はその場に残っている。
その為、短時間ではあるがNEKROSのDesecrateでアイテムを発生させることもできる。

 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の1:03付近を参照。

 
(Update 18.13.0の変更点)
(Update 13.4.0の変更点)
(Update 14.5の変更点)

NOVA PRIME Edit

NovaPrimeAccess.jpg

NOVA PRIME
 
ステータス初期値ランク30値
Health100300
Armor65
Shield100300
Energy175262
移動速度1.2
MODスロットMadurai.png x 3
AURAスロットNaramon.png
 
アジャイルモーションノーブルモーション
アジャイルノーブル

クリックすると拡大

 

製作素材がノーマルと異なっているものがある

パーツ名材料製作費製作時間即時製作
NOVA PRIMENOVA PRIME HELMET(1),NOVA PRIME CHASSIS(1),NOVA PRIME SYSTEMS(1),オロキンセル(1)25,000Cr72h50 Pt
NOVA PRIME HELMETプラスチド(500) 神経センサー(1) ナノ胞子(400) ルビドー(200)15,000Cr12h25Pt
NOVA PRIME CHASSISモーフィクス(1) ポリマーバンドル(1000) 回路基板(300)
NOVA PRIME SYSTEMSコントロールモジュール(1) モーフィクス(1) フェライト(600) 回路基板(200)

設計図入手先>ボイド亀裂報酬入手先まとめ

 

アップデート15.7.0にて追加されたNYX PRIMEに次ぐPRIME版warframe。
以後、VOID亀裂ミッションの各ステージ報酬にてパーツを得られ、それらをファウンドリで製造して取得できる。

 

設計図から作成する場合はオロキンリアクターも未使用状態で枠も消費。
課金での入手も可能であり、PRIME ACCESSでセットを購入する必要がある。
この場合はオロキンリアクターが使用されており、枠も追加されている。

 

青みのある黒を基調としており、頭頂部や肩甲骨の部分のアーマーがひらひらと揺れる。
このギミックはアビリティ使用中、ダッシュ中、近接攻撃のチャネリング中に展開する。

頭頂部と肩甲骨部分のギミック

首回りに輪が連なったようなディテールは色々な意味でユニーク。首長族
また、Ver.15.7.0で追加されたPRIME品の特徴で金装飾部の色変更が可能となっている。

 

性能としてはまずシールドが水準値まで強化され、耐久力のデメリットはなくなった。
またエネルギー容量も増強され、LOKI PRIMEと並ぶ大容量となった。
MOD極性はMadurai.pngの3枚積みという一点特化仕様。
ただし、Overextendedを利用した「加速Molecular Prime」型の構築にはやや邪魔になり得るかもしれない。
フォーマを利用した育成をする場合はその点をよく考慮したい。

 

公式フォーラムへのフィードバック Edit

フレームについての議論、改善案等が有る方は公式フォーラムから直接DEへフィードバックが可能です。

書き込む際には上記の「フォーラム使用のルール」「フォーラムの使い方」を良く読んでからご利用下さい。

コメント Edit

過去ログ1, 過去ログ2, 過去ログ3