Top > TRINITY
HTML convert time to 0.025 sec.


TRINITY

Last-modified: 2016-12-11 (日) 21:49:54

TRINITY

支援向きのプレイヤーに最適のWARFRAME。ヒーリングテクノロジーを備え、テンノたちが窮地に陥った時の強力なサポートとなる。

 
Well Of LifeWell Of Life
敵のヘルスを高めて拘束し、その敵を攻撃したプレイヤーのヘルスを回復させる。
Energy VampireEnergy Vampire
敵を行動不能にしてダメージを与え、その敵から一定範囲内のプレイヤーのエネルギーを回復させる。
LinkLink
効果中は受けるダメージを軽減しつつ、近くの敵にダメージを返す。自身にのみ有効。
BlessingBlessing
発動時にアフィニティ共有化範囲内の味方のヘルスとシールドを回復し、一定時間ダメージカットのbuffを付与する。
 
ステータス初期値ランク30値
ヘルス100300
装甲値15
シールド100300
エネルギー150225
移動速度1.00
MODスロットVazarinVazarin
オーラスロットVazarin


全身 Edit

TRINITYTRINITY STREGA SKIN
ライフル系TRINITY STREGA SKIN.jpg

製作 Edit

完成品 225 Pt

設計図材料製作費製作時間即時製作
マーケット
25,000 Cr
TRINITY ニューロティック125,000 Cr72時間50 Pt
TRINITY シャーシ1
TRINITY システム1
オロキンセル1
 
【製作費用】15,000Cr 【製作時間】12h 【即時完成】25Pt
設計図パーツ名材料
ミッション報酬TRINITY ニューロティック合金板(150) 神経センサー(1) ポリマーバンドル(150) ルビドー(500)
TRINITY シャーシモーフィクス(1) フェライト(1000) ルビドー(300)
TRINITY システムコントロールモジュール(1) モーフィクス(1) サルベージ(500) プラスチド(220)

パーツ設計図は ケレス の抹殺ミッションクリア報酬で入手。

概要 Edit

チームのヘルス回復、ダメージカット状態の付与、エネルギー回復のアビリティを持つ女性型 Warframe。
味方を支援するアビリティが充実している反面、直接ダメージを与えるアビリティに乏しい。
武装の充実や味方の戦力がカギとなるフレームである。
拘束能力はあるが単体に限られており、単体の強敵に強い一方で、大軍を相手取る戦いは不得手な部分がある。
チームプレイでは、Energy Vampireで強敵の足止めと味方へのエネルギー供給を行いつつ、
ここぞというときにBlessingでチームを回復、保護することが重要になるだろう。

 

純粋な範囲攻撃アビリティを持たないため、雑魚の処理速度は遅くなりがち。
爆発系の銃器や重近接武器を使ったり、範囲攻撃アビリティを持つ味方にエネルギーを供給するなどで補いたい。
強力な防御アビリティを持ち、かつエネルギーやヘルスの能動的な回復が可能なので、ソロ攻略に適したフレームでもある。

 

一対一の状況には極めて強いため、ソロでのボス討伐も充分に可能。
ソロであれば、Energy VampireやWell of Lifeによる補給も、進行速度を気にせず行える。
なお、極性スロットは2つとも防御MOD用ではあるが、本体の防御力自体はかなり低く、足も速くはない。
その為、防御はアビリティによる保護が主になる。
アビリティの切れ目は命の切れ目なので、発動時の状況確認やエネルギー管理はしっかりと行いたい。

 

○公式紹介動画

Error: Flash Player Cannot Installed.

フレーム名の発音は、プロフィール動画の0:11付近を参照。
カナ表記としては「トリニティ」がよく見られ、「トリ」という略称もよく見られる。
ちなみに英語クライアントでの略称には「Trin」がよく見られる。

ヘルメットスキン Edit

AURA TRINITY HELMET Edit

AURA TRINITY HELMET

外見的には後頭部に配された大きなリング構造が目を引く。
AURA(オーラ)という名前もあいまって、さながら光輪の様でもある。
無機的なフェイス部分もサブカラーが十字になるのでTRINITYのテーマに合う。
如何にもヘルメットという形状であったデフォルトと比べると、かなり印象が異なるだろう。

ARCANE版
アビリティ持続時間を25%延長させる代わり、ヘルス最大値が5%減少する。
 
Continuityのランク4コスト8相当の能力を追加できる有用なヘルメット。
アビリティ全てが何らかのBuffやDebuffである為、こんな旨い話があるのかと疑いたくなるほど好都合な性能を持つ。
アビリティ再使用の手間が減り、間接的にエネルギーを温存する結果にもなるため、恩恵は極めて大きい。
デメリットであるヘルス減少も、Blessingによる回復でカバーできるため殆ど不都合にはならない。

MERIDIAN TRINITY HELMET Edit

MERIDIAN TRINITY HELMET

後頭部に付くエアロパーツの様なディテールが目を惹く。
また、フェイスとメットがきっちりと分けられており、鋭角で構成されたフェイスはバイザーの様でもある。
相変わらず無機的ながら、中に人間が入っていてもおかしくは無い印象を受ける。

ARCANE版
シールド容量を15%増加させる代わり、アビリティ効率が5%悪化する。
 
TRINITY本体は耐久性に欠ける為、シールド最大値の増加そのものは有難い。
しかしながら、防御の要である肝心のアビリティについて、エネルギー効率が悪化してしまう。
装備時消費エネルギー一覧

アビリティ Edit

パッシブ:救命術 Edit

TRINITYはより離れた位置から、20%早く味方を蘇生できる。

  • 他フレームの5秒に比べ、4秒で蘇生できる。

Well Of Life Edit

敵のヘルスを高めて拘束し、その敵を攻撃したプレイヤーのヘルスを回復させる。
消費エネルギー25Well Of Life
ランク0123
効果時間(秒)791012
回復効率(%)30354045
最大回復量150250350400
キャスト射程100m

POWER RANGE(アビリティ効果範囲)はキャスト射程に影響する。ヘルス回復可能な距離には影響しない。
POWER STRENGTH(アビリティ威力)は回復率、最大回復量に影響する。
POWER DURATION(アビリティ効果時間)は効果時間に影響する。

 

空中発動不可。アビリティ使用中の再使用不可。
敵に照準を合わせて使用すると相手を空中に浮かばせて一定時間拘束する。
拘束された敵を攻撃することで、攻撃したプレイヤーのヘルスが回復する。
攻撃したダメージの一定割合の分をヘルスとして回復する。
1回あたりの回復するヘルスの最大値はランクによって決まっている。
拘束された敵は空中に拘束し無力化され、ヘルスが全回復し10倍になる。(シールドについては変化しない)
効果が終わっても生き残っている場合、敵のヘルスはアビリティをかける前の値に戻るため、
Well of Life効果中に与えたダメージは無かったことになる。
(Well of Lifeをかける前に受けていたダメージはそのまま残っている)

 

Well of Life効果中の敵にEnergy Vampireを使用するとEnergy VampireのDoTも10倍になるが、Well of Lifeの効果時間終了と共にDoTが再計算されるため、この方法で10倍のダメージを与えることはできない。

 

低コストではあるが、味方への回復手段としてはその当人に撃たせる必要があるため確実性に欠けており、
拘束としても敵強化のないEnergy Vampireの方が使いやすくはある。
チームプレイの場合、回復にはBlessingを使おう。

 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の0:29付近を参照。

増強MOD: Pool Of Life Edit

詳細

Energy Vampire Edit

敵を行動不能にしてダメージを与え、その敵から一定範囲内のプレイヤーのエナジーを回復させる。
消費エネルギー50Energy Vampire
ランク0123
効果時間(秒)5679
効果範囲(m)10172025
回復量10152025
回復回数4
ダメージ敵ヘルスの25%
キャスト射程100m
  • POWER STRENGTH(アビリティ威力)はエネルギーの回復量とダメージに影響する。
  • POWER RANGE(アビリティ効果範囲)はエネルギー回復の効果範囲とキャスト射程に影響する。
  • POWER DURATION(アビリティ効果時間)は効果時間に影響する。
     

敵に照準をあわせて使用する。空中では発動不可。

  • 対象となった敵はスタン状態(行動不能)になり、一定間隔でパルス(継続ダメージ&周囲プレイヤーへのエネルギー回復)を発生する。
    • アビリティ発動直後に最初の1回目のパルス(回復&敵へのダメージ)が発生し、以後効果時間の1/4が経過するごとにパルスが発生する(つまりパルス発生は全体効果時間を4分割したときの頭に発生する)。
    • スタンさせられない敵でもDoT及びエネルギー回復は発生する。
    • DoTはシールドと装甲を無視するFinishingダメージを与える。
      (Hotfix 15.5.8以前はシールド+ヘルスへの切断ダメージのダメージだったが、装甲無視のヘルスへの基礎ダメージとなった)
      ダメージは敵の残りヘルスの25%で計算され、そのダメージが4回のパルスに分割して発生する。
      1回あたりのパルスダメージは最低でも5ダメージ発生する。
      例:
      最大100の敵に掛けた場合、((100*0.25)/4=6.25ダメージ)が1回のパルスで発生する。
      その後75までヘルスが減っている敵に再度かけると、今度は((75*0.25)/4=4.68ダメージ)となるが、
      最低5ダメージが保障されているので1回のパルスでは5ダメージとなる。
  • ダメージ発生に合わせて、その敵を中心とした一定範囲内のプレイヤーのエネルギーが回復する。
  • 効果中の敵を撃破した場合もエネルギーは回復し、こちらも十分な回復量を持つ。
    • 効果中の敵を倒したとき、以下の以下の計算で算出されたエネルギーの回復パルスが発生する。
       [総回復量*(残り時間/総効果時間)=撃破時の回復量]
      例えばランク3(9秒,1回25エネルギーx4回=総エネルギー100)で残り6秒経過時点で倒した場合は、
       100*(6/9)=66.67
      の回復が行われる。
  • 無敵効果を持つ敵(一部ボスなど)に対しては使用することは出来ない。(例:Jackal)
  • Trinity が複数いた場合、1体の敵から同時に複数人がエネルギーを吸収することは出来ない。
  • Nyx の Absorb や Mesa の Peacemaker を使用中のプレイヤーは、エネルギーを回復することができない。

エネルギー回復手段としても、手軽にスタンを取る手段としても使え、汎用性が高い。
ランクアップで回復量と回復範囲が強化され、効果時間も伸びるが、回復とダメージの発生は4回で固定である。

 

スタン効果が非常に強力で、一部(オスプレイやグリニアローラー)を除きボスを含む大半の敵に効く。

 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の0:40付近を参照。
「EV」と略記される例が英語クライアントでは特によく見られ、リクルートなどに「EV Trin」といった文面があったら、「エネルギー供給役としてEnergy Vampireを強化したTrinityを求む」の意。

 
変更履歴

増強MOD: Vampire Leech Edit

詳細

Link Edit

効果時間中に受けるあらゆるダメージを付近の敵に与える。
消費エネルギー75Link
ランク0123
ダメージ軽減率(%)50607075
ターゲット数123
効果範囲(m)12141720
効果時間(秒)681012
発動時間0.6秒
  • POWER DURATION(アビリティ効果時間)は持続時間に影響する。
  • POWER RANGE(アビリティ効果範囲)はターゲット範囲に影響する。
     

空中発動不可。
発動中は被ダメージを軽減しつつ、近くの敵に被ダメージの一部を与えるアビリティ。
対象となる敵は範囲内から自動で選択される(複数可)。
よろけ、転倒、状態異常なども対象に押し付ける事ができ、更にダメージは相手のヘルスに直接与えられる
効果中は自身と対象の敵にライトカラーを反映したオーラが付き、その色のラインで結ばれるようになる。
このラインによって、障害物の向こうなどにいる対象の位置を知ることもできる。ちなみにStalkerはLinkの対象にはならない
ダメージを移せる距離には限界があり、範囲内に敵が居なければ効果を発揮しない。
また、対象が死んだり、距離が離れるなどで途切れた場合、再度対象が選択されるまで若干の無効時間がある。

 

Blessingによるダメージ軽減Buffと併用する事で、爆発物による自傷ダメージを敵に押し付ける運用も可能。
ただし非常に手間がかかり、運用性という意味では以前ほどのものではなくなっている。

 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の0:51付近を参照。

増強MOD: Abating Link Edit

詳細

Blessing Edit

Trinityの経験値取得範囲内にいる味方のヘルスとシールドを回復させ、ダメージカットを付与する。
回復量が多ければ多いほどカット率も増加する。
消費エネルギー100Blessing
ランク0123
効果時間(秒)35710
ダメージ軽減率(%)25304050
回復量(%)40507580
発動時間0.5秒
効果範囲50m(経験値共有範囲内)
  • POWER STRENGTH(アビリティ威力)は回復量とダメージ軽減率に影響する。
  • POWER DURATION(アビリティ効果時間)はダメージ軽減Buffの効果時間に影響する。
     

空中発動可能。効果時間内の再発動可能。
発動するとスパイやセンチネル等を含む味方のヘルスとシールドを回復させ、一時的にダメージを軽減するbuffを付与する。
発動モーションが早く、また効果範囲も50mと広いので離れた味方のピンチにも臨機応変に対応できる。
また、キャスト中にダウンしてもアビリティ効果は発動する。
エネルギー消費は100と重いため、FlowやStreamlineなどでエナジーに余裕を持っておきたい。

 

ヘルス回復量はランクMAXでも80%回復のため、完全に回復するにはアビリティ威力上昇MODで強化が必要となる。
ヘルスを全快するにはランクMAXの場合、アビリティ威力125%(0.8*1.25=1.0)以上が必要となる。
逆にアビリティ威力をマイナス(Overextendedで-60%)した場合、ランクMAXでも32%(0.8*(1-0.6)=0.32)しか回復しなくなる。

 

ダメージ軽減率はアビリティ威力の影響を受ける。ダメージ軽減は最大で75%。
つまり軽減率を最大にするにはアビリティ威力150%以上が必要となる。
LinkのダメージカットとBlessingのダメージカットは重複する。(Linkのダメージカット75%、Blessingのダメージカット50%が両方掛っている場合、1-(1-0.75)*(1-0.5)=87.5%の軽減率となる)

 

常に分隊ステータスを表示(初期設定ではZキー。あるいはオプションにてデフォルトで表示にする)しておくと、分隊員がアビリティの効果範囲(経験値共有範囲「テンノアフィニティ」)内にいるか、また、ヘルスダメージがどれくらいであるかを確認できる。

 

アビリティ範囲の影響は受けないものの、有効範囲は使用者の経験値共有範囲に依存しているため、
VAZARINの受動フォーカスであるDISCIPLINED APPROACH(経験値共有範囲拡大)を発動することで最大67mにまで範囲を拡大することができる。
また、経験値共有範囲内にいてもafk判定を受けた対象には回復やダメージカットを行うことができない。

 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の1:03付近を参照。

 
変更履歴

増強MODの入手先 Edit

ペリン・シークエンス または ニュー・ロカ

TRINITY PRIME Edit

TRINITY PRIMEステータス初期値ランク30値
ヘルス100300
装甲値15
シールド150450
エネルギー150225
移動速度1.10
MODスロットVazarinVazarinMaduraiNaramon
オーラスロットVazarin
TRINITY PRIMEは強力な回復アビリティによって堅固な要塞のように味方を守ることができる。
MOD極性が追加されているため、より多彩なカスタマイズを施すことができる。
 
アジャイルモーションノーブルモーション
アジャイルノーブル
 
パーツ名材料製作費製作時間即時製作
TRINITY PRIMETRINITY PRIME ニューロティック(1),TRINITY PRIME シャーシ(1),TRINITY PRIME システム(1),オロキンセル(1)25,000Cr72h50 Pt
TRINITY PRIME ニューロティックオキシウム(450) 神経センサー(2) ナノ胞子(9,000) ルビドー(1,100)15,000Cr12h25Pt
TRINITY PRIME シャーシアルゴンクリスタル(2) オキシウム(500) 回路基板(1,200)
TRINITY PRIME システムコントロールモジュール(3) オロキンセル(1) クライオティック(9,000) 回路基板(1,350)

設計図入手先>ボイド亀裂報酬入手先まとめ

 

Update 17.6にて実装。本体と各パーツの設計図をVOID亀裂ミッションの報酬として入手可能。

 

通常版に比べシールドとダッシュ速度が強化されている。
MODスロットの極性はPolaritiesPolaritiesの2つが追加されている。
外見は基本カラーが黒とグレー、金を基調としたものになり、各部のパーツがなめらかな流線型に変化している。
頭部にあしらわれているオロキン風のリング装飾とたなびく二本のケーブルがプライム版の大きな特徴となっている。

 

PRIME版の特典としてVOIDのデスオーブに接近すると、周囲のメンバー含めエネルギーが250回復する波動がオーブから放出される。

 

公式フォーラムへのフィードバック Edit

フレームについての議論、改善案等が有る方は公式フォーラムから直接DEへフィードバックが可能です。

書き込む際には上記の「フォーラム使用のルール」「フォーラムの使い方」を良く読んでからご利用下さい。

コメント Edit

過去ログ1,過去ログ2