Top > ストーリー
HTML convert time to 0.023 sec.


ストーリー

Last-modified: 2017-11-29 (水) 18:49:48

ストーリーモード紹介 Edit

5DX PLUSでは60話1セット構成。前作と全く変わらない。
(BGMは5、5DX、5DX PLUSの曲で構成されている)

プレイ前に原作単行本
湾岸MIDNIGHT(1) (ヤングマガジンコミックス)
湾岸MIDNIGHT(1) (ヤングマガジンコミックス)


を読んでおくとより楽しめるだろう。
またアニメも放送された為そちらも見ると良いだろう。しかしマサキ編が省かれたり*1アキオとオキとのバトルや山中とブラックバードとのバトルがなかったり一部設定が変わってたりする。頭文字Dのスタッフが関わってる。また声優陣も意外と豪華だったりする。
アニメ版オープニングテーマ
「lights and any more」
歌 - TRF
エンディングテーマ
「Talkin' bout good days」
歌 - Mother Ninja
どちらもavex所属のアーティストだがMotherNinjaは2010年に解散している。メンバーの中にはm.o.v.eのmotsuやAAAのSKY-HIもいた。

現行マキシのストーリーに登場する登場人物一覧(〔〕内はアニメ版においての担当声優。一部ゲームのみもある)詳細はWikipediaを参照。

朝倉アキオ〔小栗旬*2
島 達也〔三木眞一郎*3
北見 淳〔三宅健太*4
イシダ ヨシアキ〔諏訪部順一*5
秋川 零奈〔すほうれいこ〕
山本 和彦〔志村知幸〕
大田 和夫〔勝沼紀義〕
大田 リカコ〔田中理恵*6
RGO山中〔三戸耕三〕
マサキ〔川島得愛*7〕(ゲーム版のみ)
マーミ〔木川絵理子〕(ゲーム版のみ)
平本 洸一〔浪川大輔*8
平本 恵〔川上とも子*9
沢松(マツ)〔岸祐二〕
原田〔代永翼*10
相沢 圭一郎〔鈴村健一*11
相沢 洸一〔川島得愛〕(マサキと同じ)
竜也〔小野大輔*12〕(ゲーム版)
黒木 隆之〔高瀬右光*13
元木 康郎〔四宮豪〕
帝塚 良一〔松尾大亮〕
園田 順〔ふくまつ進紗〕
三木 安彦〔風間勇刀〕
神谷 英次〔宮本充*14
神谷 マキ〔鈴木達央*15
稲田(シゲさん)〔西前忠久〕
城島 洸一〔堀川仁*16
町田〔藤原啓治*17
林〔石井康嗣〕
オキ〔アニメ未登場〕
高木 優一〔立木文彦*18
富永 公〔千葉進歩〕
佐々木 元(ガッちゃん)〔高橋研二〕
吉岡 建一〔アニメ未登場〕
上田 義一〔アニメ未登場〕
朝倉 えりこ〔能登麻美子*19
コウちゃん〔勝杏里*20
マー〔古島清孝〕

流れ Edit

1〜10話 悪魔のZ 復活編 前編・後編

湾岸ミッドナイト原作コミックの1〜3巻をモチーフにしたお話です。
「アキオ」「レイナ」「ブラックバード」「イシダ」などの
キャラクター同士の出会いや悪魔のZの生い立ちについてのお話になります。

11〜15話 とびきりのGT-R編

湾岸ミッドナイトの原作コミック3〜5巻をモチーフにしたお話です。
平本、原田が登場する超高速湾岸線でのレースが楽しめます。

16〜20話 赤坂ストレート編

湾岸ミッドナイトの原作コミック5〜8巻をモチーフにしたお話です。
かつての首都高ランナー「マサキ」とのレースになります。
速度の乗らないC1内回りで300km/hは達成されるのか・・・?

1話〜20話は1話クリアごとに1個チューニングポイントが進む。
20話で600馬力(ステップ20)となり、基本チューニング完了。
マキシ5DXでは第19話以降ブラックバードのベース車両がRUFRCTに変更されている。


21〜30話 モンスターマシン編 前編・後編

湾岸ミッドナイトの原作コミック8〜13巻をモチーフにしたお話です。
「相沢圭一郎」の乗るスープラに熱い情熱を注ぐ
おやじチューナー達の熱い走り(語り)にも注目です。
クリア数最大馬力(ステップ)
22話MAX620馬力(ステップ21)
24話MAX640馬力(ステップ22)
27話MAX660馬力(ステップ23)
30話MAX680馬力(ステップ24)

31〜40話 R200CLUB編 前編・後編

湾岸ミッドナイトの原作コミック13〜16巻をモチーフにしたお話です。
「R200CLUB」メンバーとのレース、
「黒木」の33Rに対する情熱を堪能することができます。
クリア数最大馬力(ステップ)
33話MAX700馬力(ステップ25)
36話MAX720馬力(ステップ26)
40話MAX740馬力(ステップ27)

41〜50話 阪神高速環状編 前編・後編

湾岸ミッドナイトの原作コミック16〜20巻をモチーフにしたお話です。
大阪の走り屋、「神谷エイジ」のランサーエボリューションとの
レースが楽しめます。阪神高速環状でのレースも必見です。
クリア数最大馬力(ステップ)
43話MAX760馬力(ステップ28)
46話MAX780馬力(ステップ29)
50話MAX800馬力(ステップ30)

これで、実戦チューニング完了。


51〜60話 幻のFC編 前編・後編

湾岸ミッドナイトの原作コミック20〜24巻をモチーフにしたお話です。
旧世代の車と言われるFC3S型RX−7にひときわ
こだわりを見せる「城島(キジマ)」とのレースを楽しめます。
クリア数最大馬力(ステップ)
54話MAX815馬力(ステップ31)
59話MAX830馬力(ステップ32)

59話クリア時点で「地獄のチューニング完了」となりフルチューン(ステップアップ完成)となる。
60話目クリア時点で途中有敗・無敗によって報酬分岐が行われる。

ストーリー攻略のコツ Edit

  • ストーリー無敗達成は難易度がかなり高い。まずはコースに慣れよう。車種によってはストーリーの難易度の差があるので解説を読んだりして攻略しよう。
  • 以下のように、普段分身乱入対戦では使わないスタートランプも存在するのでご注意。
  • 9話の攻略ポイントは、辰巳JCTの右カーブを曲がった後、湾岸線に合流する。ここで悪魔のZが左端に寄せて急激に失速するので、湾岸線に合流する前に、右に寄ろう。しかし失速している悪魔のZにブロックされたら負け決定。
  • 30話の攻略ポイントはゴール手前に赤S字コーナーがあるのでブレーキを確実に踏むこと。ミスすると、抜かれて負ける可能性がある。また相手車両のバチコン(ロケット)にも要警戒。
  • 34話の攻略ポイントは園田の被せやブロックをいかにかわせるかがポイント。プレイヤーが先行していると、鬼ブーストを発動させて猛追してくるうえ、コーナーでバチコン(ロケット)も容赦なく仕掛けてくる。とにかくでかい車両は要警戒が必要なステージ。
  • 37話の攻略ポイントはゴール手前の赤コーナー。ブレーキを確実に踏もう。また相手車両のバチコン(ロケット)にも要警戒。壁ヒットしたり、バチコン(ロケット)を喰らってしまうと、負けになりかねない。それでもプレイヤーがバチコン(ロケット)を決めればかなり有利になる。
  • 48話の攻略ポイントはパワーよりもHGセッティングの方が楽にコーナリングできるうえ、早く曲がれる。江戸橋JCTでバチコン(ロケット)に成功すれば、かなり有利になる。
  • 58話の攻略ポイントはゴール手前の赤コーナー。 ストーリー58話動画ブレーキを使ってコーナリングしよう。相手車両のバチコン(ロケット)やコーナーを抜けた後にトラックが並んで走ることもあるので要警戒。バチコン(ロケット)喰らえば負けることもあり得る。 馬力設定は800馬力以上がよいと思われる。(ブラックバードをあらかじめ離しておくため)
  • 最終ステージの60話の攻略ポイントは、残り700m位になると悪魔のZに補正がかかり、ブーストを発動させてくる。ここでミスすると、負ける可能性もある。馬力設定は760馬力以上はほしいだろう。
  • ストーリー無敗攻略のポイントは馬力設定よりも「アザーカー避けや壁ペナのない堅実な走り」である。あまりお勧めしないが、CPU車両に対して被せコーナリングも活用するのもあり。これならただでさえ速いコーナリングを見せるCPU車両以上のコーナリングスピードでコーナーを抜けることが可能。
  • リタイア設定を(有り)にしてリタイアした場合や乱入された場合は未完走扱いとなり勝敗が付かず、連勝記録を維持できる。(残り1km辺りアザーカーにぶつかった時などに便利)大いに活用しよう。
    また、新作になると、一律無敗から再スタートになるため、途中からでも60話まで無敗なら、レースメーターと無敗称号が手に入る。
  • ブラックバード(島達也)は主に真ん中を走る。上手くガリして遅れさせよう。
  • 1周目は、時間帯とBGMとアザーカー配置が固定される。
    2周目からは、5の倍数以外のステージが無条件で解放され、時間帯とBGMが自由に選択でき、アザーカー配置がランダムになる。そのため1周目より難易度が高くなり、運が悪いとゴール直前の最終コーナーでアザーカーに阻まれて負けになることも。
    更に3周目以降はアザーカー配置が厳しくなるため、難易度が一気に跳ね上がり、周回を重ねるたびにアザーカー出現台数が増加し、配置位置もだんだん厳しくなっていく。たまにライバルカーもアザーカー飛ばしも行うこともある。

ストーリーモード専用のスタートランプ一覧 Edit

  • 一部の話において以下のような、コース情報?にあるスタートランプと違って普段走らないスタートランプが存在する。
  • 以下は分身乱入と違って、各スタートランプの逆向きスタートなので惑わされないように注意しよう。

C1エリア Edit

内回り 芝公園ランプ
20・24・57話に存在する。
こちらはC1内回りの汐留ランプの延長線上のようなもの。
スタートランプ直後の赤カーブがあるだけで、基本的に汐留スタートとあまり変わらないので、橋脚には注意しよう。
25話に存在する。
こちらは、C1内回りの神田橋ランプの中間スタートのようなもの。
ここから、台場線を通り湾岸線に行くルートに使われる。

外回り 汐留ランプ
6・16話に存在する。
こちらは横羽線下りの芝浦ランプの延長線上のようなもの。
C1外回りTAのスタートランプでもあるが、C1方面に行かずに横羽線を通るので、横羽線下りのロング版と意識して走ろう!

新環状エリア Edit

新環状右回り 有明ランプ
2・12・17・21話に存在する。
こちらは、湾岸線西行きの臨海副都心ランプの延長線上のようなもの。
ちなみに、湾岸線西行きのTAのスタートランプでもある。
ここから台場線に行くことはないので直線区間を楽しもう!
47話に存在する。
こちらは、新環状右回りの木場ランプの中間スタートのようなもの。
ちゃんと台場線を通るので、橋脚・浜崎橋JCT前のアザーカーに注意。

新環状左回り 木場ランプ
35話・41・50・59話に存在する。
こちらは、新環状左回りの有明スタートの中間スタートのようなもの。
ここから、C1へ行くルートに使われる。
35・50・59話は橋脚に注意。41話は江戸橋JCT直進でストーリーモード史上最短距離である。

湾岸線エリア 湾岸線西行き 大黒ふ頭ランプ Edit

28・33話に存在する。
こちらは、横羽線の汐入ランプの延長線上のようなもの。
高架上の大黒ふ頭スタートが楽しめる。
52話でもこの表記をするが、いつも通り(分身・乱入・TAでは東行き)のスタートランプと全く同じである。
ただし、道順的には西行き方面を通るのであながち間違いではない。

横羽線エリア Edit

横羽線上り 芝浦ランプ
14・15話に存在する。
こちらは、C1内回り 汐留ランプの延長線上のようなもの。
ちなみに、首都高1周(東京)のスタートランプでもある。
ただし、首都高1周(東京)と違い、浜崎橋JCT直進なので橋脚に注意しよう!

横羽線下り 汐入ランプ
13・27・38・53話に存在する。
こちらは、横羽線下りの羽田ランプの中間スタートのようなもの。
話によってはみなとみらい内回りの東神奈川ランプの延長線上でもある。
ここから、大黒線に行く13・53話や、横羽線下りのみなとみらい回りに行く27・38話が楽しめる。

横浜エリア みなとみらい内回り 新山下ランプ Edit

36話に存在する。
こちらは、みなとみらい内回りのみなとみらいランプの中間スタートのようなもの。
もし、湾岸線東行きのTAがここスタートなら走りやすいだろう。
というくらいの直線コースが楽しめる。

今作の報酬について Edit

《メーター類》
※メーター画像はこちら

・有敗/無敗関係なしにストーリー1周目クリア
cont07_01.jpg

・有敗/無敗関係なしにストーリー2周目クリア
cont02_01.jpg

・有敗/無敗関係なしにストーリー3周目クリア
cont03_01.jpg

・有敗/無敗関係なしにストーリー4周目クリア
cont04_01.jpg

・有敗/無敗関係なしにストーリー5周目クリア
cont05_01.jpg

※特記事項※

  • 上記は上から順に獲得しなければならない。
  • 既に持っている場合は、その次の特典が入手可能。例えば、マキシ1&2のBGMは獲得済みの状態で3周目クリアすると、湾岸RBGMが貰える。
  • 前作までに獲得済みの特典はそのまま引き継ぎ。
  • 無敗特典は負けても次周で無敗ならば入手可能。

ストーリーモードのトリビア Edit

  • 34話の最後のライバルが出る前に「残り5km」と表示されるせいで隠れていてもバレバレという。
  • 58話のFCは原作ではこの段階ではGTウイングがついてないはずなのになぜかついている。
  • 58話のみ早朝と深夜でイベント(林との会話シーン)が変化する。 深夜←港 早朝←ガレージ
  • 赤坂ストレート編にて登場するRGOのFDはɛ̃fini RX-7なのに、バサーストR表記になっている。(なお、登場してるFDはɛ̃finiのエンブレムが付いている)(ドリフトスピリッツには頭文字Dのコラボ車として収録されてる為アプデによって追加があれば修正されるかもしれない…)

参考プレイ動画
WMMT4ストーリーモード480話(8周目60話)






*1 PS3版ではちゃんと収録されておりマサキにも声があてられてる
*2 声優としては劇場版どうぶつの森でとたけけ等
*3 主に頭文字Dの藤原拓海やポケットモンスターシリーズのコジロウ等。実際にAE86所有している
*4 僕のヒーローアカデミアのオールマイト等
*5 Fateシリーズのアーチャー/エミヤやユーリ!!onICEのヴィクトル等
*6 ガールズ&パンツァーの西住まほや家庭教師ヒットマンREBORN!のビアンキ等
*7 アニメ版サルゲッチュのウッキーブルー等
*8 家庭教師ヒットマンREBORNのボンゴレ祇い箜社員のハマグリ等
*9 AIRの神尾観鈴やジンキ・エクステンドのエルニィ立花等。故人
*10 カードファイト!! ヴァンガードの先導アイチやアイドリッシュセブンの和泉三月等
*11 おそ松さんのイヤミや銀魂の沖田総悟等
*12 おそ松さんの松野十四松やデュラララ!!の平和島静雄等
*13 頭文字Dのスマイリー酒井等
*14 Fate/Apocryphaの黒のキャスター /アヴィケブロンや文豪ストレイドッグスの森鴎外等
*15 黒子のバスケの高尾和成やFree!の橘真琴等
*16 頭文字Dの秋山延彦等
*17 頭文字Dの庄司慎吾やクレヨンしんちゃんの野原ひろし等
*18 新世紀エヴァンゲリオンの碇ゲンドウや世界の果てまでイッテQのナレーション等
*19 魔法少女リリカルなのはViVidのアインハルト・ストラトスや地獄少女の閻魔あい等
*20 とある魔術の禁書目録の土御門元春等