Top > DQN
HTML convert time to 0.022 sec.


DQN

Last-modified: 2017-12-01 (金) 17:26:57

軽率そうな者や実際にそうである者、粗暴そうな風貌をしている者や実際に粗暴な者、非常識で知識や知能が乏しい者を指すときに用いるインターネットスラング。*1
簡単に言えば「非常識な人物・犯罪者を指す蔑称」であり*2悪質な迷惑行為を平気で行う為殺意を掻き立てるような邪悪かつ害悪な存在となっている。DQNは自己中心的で周りから注意されるとすぐに逆ギレしてリアルファイト等を持ち込む傾向が高い。
ここでは湾岸マキシにおいてDQNが行う身勝手な問題行動かつ迷惑行為について説明する。

 

具体的な例を上げると、

  • 筐体を乱暴に扱う*3
  • ゴミを筐体に放置する*4
  • 他のプレイヤーがプレイ中に、勝手にギアや乱入切り替えボタン等を操作する*5
  • 過度な口プレイ、奇声をあげる、発狂する*6
  • 回しプレイ連コイン*7
  • (対戦で負けたなどの)腹いせに荒唐無稽な言いがかりをつける、リアルファイトを持ちかける*8
  • 見ず知らずの人に粘着する
  • プレイしないのに筐体に座って雑談などをしている*9
  • プレイ中の人を無理やり退かそうとする
  • 罵声等の暴言、悪口を吐く*10
  • 自分より弱そうな人だけに難癖を付けて脅す*11
  • 電プチ*12
  • 他のプレイヤーへの暴力行為・カツアゲ*13
  • メンバーで身内対戦連コインで筐体を独占する、他のプレイヤーを排除・恫喝する*14
  • 気に入らないプレイヤーに対する晒し行為*15
  • 他のプレイヤーが使っている車に文句を言う*16
     
    ・・などである。

上記の行為は、以下の法律に抵触する。

行為抵触する法律最大刑罰備考
台パン気合いハンドルギアガン電プチ刑法第261条 器物損壊罪3年以下の懲役、又は30万円以下の罰金。その場で筐体が壊れなかったとしても、寿命を縮める行為を行った時点で法的にアウト。
ゴミの放置刑法第234条 威力業務妨害罪3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金。もし店外で定められた手順を経ずにゴミを捨てた場合、『廃棄物処理法』に抵触する。
最大で5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金又はこの併科に処せられる。
リアルファイト刑法第208条 暴行罪
刑法第204条 傷害罪
暴行罪:2年以下の懲役、若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料。
傷害罪:15年以下の懲役又は50万円以下の罰金。
暴行罪と傷害罪の違いは、人の身体を傷害するに至ったか至らなかったかである。
暴行罪は至らなかった場合、傷害罪は至った場合となる。
万が一、傷害により被害者が死に至った場合、刑法第205条『傷害致死罪』となり、3年以上の有期懲役刑に処せられる。
プレイしないのに筐体に座って雑談など刑法第234条 威力業務妨害罪3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金。意図的じゃなくとも、例えば友人が遊んでいる間にスマホをいじっていたら、気が付かない間に後ろに人が来る場合などもあるので、周りの開いている席の数には気を付けよう。
プレイ中の人を退かそうとする行為刑法第208条 暴行罪
刑法第223条 強要罪
暴行罪:2年以下の懲役、若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料。
強要罪:3年以下の懲役。未遂罪であっても同じく3年以下の懲役。
暴言軽犯罪法第1条5拘留(受刑者を1日以上30日未満で刑事施設に収容する刑罰)、もしくは科料(1000円以上、1万円未満の金銭を強制的に徴収する刑罰)。軽犯罪法第1条5の条文:公共の会堂、劇場、飲食店、ダンスホールその他公共の娯楽場において、入場者に対して、
又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、飛行機その他公共の乗物の中で乗客に対して著しく粗野又は乱暴な言動で迷惑をかけた者。
言動の程度によっては脅迫罪や強要罪、威力業務妨害罪等に問われることもある。
負けた腹いせに荒唐無稽な言いがかり刑法第222条 脅迫罪2年以下の懲役、又は30万円以下の罰金。
難癖を付けて脅してくる人刑法第222条 脅迫罪2年以下の懲役、又は30万円以下の罰金。
連コ筐体を独占。且、他人を排除・恫喝する人刑法第234条 威力業務妨害罪
刑法第222条 脅迫罪
威力業務妨害罪:3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金。
脅迫罪:2年以下の懲役、又は30万円以下の罰金。
晒し行為民法709条 不法行為 プライバシーの侵害
刑法230条 名誉毀損罪
不法行為:刑事罰は無いが、民事訴訟の損害賠償・慰謝料請求の対象となる。
名誉棄損罪:3年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金。
不法行為の賠償:ケースにより異なるが、数十〜数百万円の賠償命令となる。

 

実際にDQNのこういった行為による筐体の破損も多い。
余談だが滋賀県のとあるゲームセンターが施設内に貼りだしたとされるDQNに対してのメッセージが話題になったと言う。そこには、店内設置の機械が男子中学生らによって蹴りつけられて警報が鳴ったこと、それにより機械が破損して修理代などによる損害が出たといった事実関係と共に、
「髪を汚い色に染めて虚勢を張って、一人じゃ何もできないから群れを作って、アホ面で公衆の面前に出てきてギャーギャーうるさい鳴き声をあげて、自身がゴミのくせに食べかすやゴミを散らかして恥を晒している暇があったら、社会のマナーやルール、モラルを少しでも学びましょう。それができないのなら家から出てこないでください。迷惑です。」
という挑発的な内容ともとれる文面、さらに、
「もしあなた方に少しでも常識と良心があるのならこの文面を見て自身自を恥じ、誠心誠意謝罪をしに来なさい。ふざけた頭はしっかりと丸坊主にして来るように。」
と、坊主頭での謝罪を求めていたことで、大きな波紋を呼んだ事例もあった。*17

 

これらの行為から分かるように、公共の場で自分本位の身勝手な解釈及び行動で周りを不快にする輩は、純粋に楽しみたい湾岸マキシプレイヤー、他のゲームをプレイしに来た人達にとっては、害悪以外の何者でもない。公共の場で他人に不快な思いをさせる、迷惑行為をする者は、湾岸プレイヤーとして、ゲーマーとして、人として失格である。湾岸マキシのみならず他のゲームであっても、ゲームをプレイをする時は、節度ある行動・モラルを心がけてほしい。当たり前のコトはしっかり守ろう。

 

なお、DQNは上記のように粗暴な者また、非常識で知識や知能が乏しい者を指す言葉であるが、たまにヤンキーでも無い人がDQN染みた行為をする可能性もあるので注意。
また、あまり容易にDQNだと騒いだりすると、名誉毀損、プライバシー侵害、誹謗中傷としてみられたり、最悪リアルファイトになることもあるので注意が必要である。*18*19

 

もしあまりにも迷惑行為が酷い場合は店員にお願いして注意して貰う方が良い。それでも駄目な場合は警察に通報することも考えるべきである。店側に迷惑行為を行うプレイヤーを出禁にしてもらうことも有効である。*20

 

最後に、一度でもDQNに絡まれると後が怖い他、非常に危険なので、以下の事を心がける事をオススメする。*21

  • DQNに絡まれたらその店には今後行かない事。*22
  • 乱入対戦をする場合、参加する前に相手をよく見てから参加する。*23またDQNに占領されている場合はターミナルスクラッチだけ引いて後にするのも1つの手である。
  • 絡まれても決して弱腰もしくは強気な態度・行動は見せず、軽く流す感じで謝り、相手にしない事。必要であれば謝った後すぐに対戦から離脱し、店を後にする事。*24
 

人生を棒に振りたくないなら迷惑行為、問題行動は今すぐやめましょう。自己中かつ身勝手な行動は自分の首を絞めるだけでなく身内にも迷惑かかります。ゲームのルールと社会のルールはしっかり守りましょう。

 

社会のルールを守れず迷惑行為、問題行動をやめられないならゲームをプレイしないで貰いたい






*1 余談だが、読み方は「ディーキューエヌ」ではなく「ドキュン」。語源は、1994年から2002年までテレビ朝日で放送されていた番組『目撃!ドキュン』が由来とされる。元は2ちゃん用語
*2 要はヤンキー(不良、非行行為する人の方。不良行為少年、非行少年も同様)、低俗、低脳、下衆、チンピラ、ならず者、ろくでなし、古めかしい言い方だと匹夫・匹婦、塵芥、下朗。ギャル男やギャング(ストリートギャング、カラーギャング、ギャングスターも同様)やチーマー等も該当する場合もあり、これ等全てをDQNと呼ぶ場合もある。
*3 台パン気合いハンドルギアガチャ等。DQNは力加減が出来ない、加減を知らない者が多い。このような行為は筐体の損壊に繋がり器物損壊罪にあたる。実際にステアリングシャフトが折られる、シフトやアクセルペダル等が壊されるなどの被害にあっている店も少なくない。
*4 主に空のペットボトル、空き缶が多い。悪質な場合ではタバコや飲食店のゴミを放置する者もいる。
*5 トラブルの原因になるがDQNは他のプレイヤーが気にくわなければこのような行為を平気で行う。
*6 身内プレイでも大声を頻繁に出す行為はバカ丸出しのキチガイと思われてもおかしくない。
*7 他のプレイヤーが待っている、並んでいる事に気づいていても無視して平気で行う。注意しても逆ギレする事が多い。
*8 DQNリアルファイトは無関係な一般人巻き添えも上等の為湾岸全くやらない付き添い人の人も巻き込まれる危険性が高い
*9 回しプレイ連コインと同様に、こちらも注意するとすぐに逆ギレする者が多い。
*10 独り言も含む。間接的・直接等は問わない。
*11 DQNは自分より弱い人間に対しては強気になり虐め等を行う傾向がある。当然ながら弱い立場の人間の口等聞く耳は全くない。弱い者虐めを平気で行い乱入対戦などで撃墜星を稼ぐ事を目的にゲスト狩りなどの初心者をいじめる行為を平然と行う。相手が子供、子供の親がいてもカツアゲや暴力を振るう非常に凶暴なDQNもいれば子どもを人質に取ったり親に対して暴力振るう危険なDQNもいる。
*12 悪質なプレイヤーが対戦で負けそうになった場合に電源を強制的に切る行為。最悪筐体を破損させることもあり、その場合は器物損壊罪にあたる。店側から損害賠償等を求められる等、警察・裁判沙汰となることも有り得る。
*13 傷害罪、脅迫罪にあたる。またバナパスを奪って折る悪質なDQNもいる。余談だが、湾岸マキシNETにバナパスポートを登録しておけば、こういった破損・紛失が起きても別のカードへデータを移行させることができるため、対策になる。
*14 たとえ空いている台があっても排除する。集団の場合は最悪の場合集団リンチに遇う可能性もある為非常に危険。
*15 プレイ中の様子を写真にとってインターネット・SNS上にアップロードする。乱入対戦で負けたなどの腹いせに行うことが多い。逆にDQNによる悪行がSNS上に出回る事がある
*16 主に車種やドレスアップ内容など。
*17 しかし逆に言えば、それだけゲームセンター側を悩ませている事も事実である。筐体が壊されて膨大な修理代がかかる、100円2クレジットなどのプレイ料金を安くすることで多くの客を取り込みプレイ料金を稼ぐサービスを行っている場合はサービスが行えなくなる事で営業に大きな支障が出てしまう。実際DQNによって被害が深刻になり2クレサービスを終了してしまった店も出てる。
*18 プロバイダ責任制限法の関連の情報を伝えるプロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会が、2007年2月に策定・2011年9月に改訂した発信者情報開示関係ガイドラインの中で、DQNがその他の表現と並んで「いずれも侮蔑的な表現を使って原告を誹謗中傷する内容であると認められ、原告の社会的地位を低下させるものであると認められる」(東京地裁平成15年(2003年)9月17日判決、控訴審東京高判平成16年(2004年)1月29日も結論を維持)と判示され、初めて司法の場によってDQNが侮蔑語として認められたことが示されている。
*19 DQNの中にはDQNと言われるのを嫌い極道等と呼ばせようとする暴力団のチンピラ組員のような奴もいる
*20 だがDQN出禁を無視することもあり、凶暴かつ悪質なDQNだと店に対する報復行為(考えられる行為としては強盗、器物損壊、最悪の場合は放火等)もあり得る為、根本的な解決は非常に難しい。
*21 たとえそれが不本意な事であってもである。非常に凶悪なDQNに絡まれた場合、カツアゲ等だけでは済まなくなり最悪リアルファイトどころか本当に殺されるような取り返しのつかない事になる危険性もあるためである。
*22 運悪く再会した場合、前回の事を蒸し返される恐れがある。
*23 プレイスタイル・風貌・人格など。
*24 弱みを見せたり、挑発に乗ってケンカ腰になってしまうと相手の思う壺である。たとえDQNを店から追い出したとしても現代の暴力団のようにお礼参りで後々倍返しで報復してくる非常に危険なDQNもいる為、相手にしない、無関心でいる事が一番無難である。