Top > MARK II TOURER V (JZX100)
HTML convert time to 0.015 sec.


MARK II TOURER V (JZX100)

Last-modified: 2017-11-03 (金) 21:53:21

基本スペック Edit

駆動方式[FR]/ ミッション[5速]
初期馬力[280ps]/カーナンバー:24-91
toyota_13.jpg

全長:4760mm
全幅:1755mm
全高:1400mm
最高速度:350km/h

モード別カテゴリー称号
ST無敗【首都高無敗】
ワンメイクバトル【マークIIキング】
エンジン形式バトル【直6選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説の】
期間限定首都一TA・2【俺のマーク供

備考:型式番号から分かるとおりチェイサーの姉妹車にあたるが、性能面ではチェイサーとは大幅に相違点がある。
性能は190Eにかなり似ている。加速性能は悪くなく、
コーナリング性能も安定している。しかし、ブーストがかなり弱めな点には注意。
特筆すべきは驚異の粘りである。厨車バチコンしても何食わぬ顔で耐えてしまうので、似たような車体サイズを持つ車種(チェイサー等)と比べても、長めの車体は大きなデメリットとまではならないか。


選択可能カラー Edit

(左から)

ホワイトパールマイカ
フォレストナイトトーニング
シルバーメタリック
スーパーホワイトII
ダークブルーマイカ
ダークグリーンマイカP.I.O.
プレステージャスパールトーニング

toyota_13_color.png


追加カラー Edit

1回目オリーブ21回目パールホワイト
2回目マルーン222回目ダークグリーン×ライトグレー
3回目ペールピンク23回目ライトシルバー
4回目イエロー324回目ホワイト
5回目オリーブメタリック25回目ダークブルーメタリック
6回目パープルメタリック26回目ダークグリーン2
7回目ピンク27回目ホワイト×ベージュ
8回目ライトブルーメタリック28回目ガンメタル
9回目グリーン229回目ゴールド
10回目レッド×ブラック30回目ライトベージュ×ダークレッド
11回目ライムグリーンメタリック31回目ブルー
12回目ピンク232回目ダークブロンズメタリック
13回目トパーズイエロー33回目オレンジイエローメタリック
14回目ダークパープル434回目パープルシルバーメタリック
15回目ダークオレンジメタリック35回目ライトパープル
16回目ダークパープル236回目ダークブルー2
17回目アストラルブルーオパール37回目ダークオレンジ
18回目イエロー×ブラック38回目レッドメタリック
19回目ダークピンクメタリック39回目ベージュメタリック
20回目ブルーグリーンメタリック40回目ホワイト×ブラック

エアロパーツセット Edit

A:ドリ車エアロ。チェイサーのエアロAに似ていると言うよりフロントは同形状。チェイサーと同様純正バンパーをベースに加工した感じに見える。サイドとリアはVERTEX似。しかしマフラーが小型の為少々物足りない部分もある

mk2A.jpg

B:ドリ車風なエアロ。ルーフウイングは他ウイングを装着すると外される。

mk2B.jpg

C:まとまりのあるエアロ。フロントはZ34のタモンデザイン似のエアロ(エアロC)の要素を取り入れたワンオフエアロか。スポーティーVIPな雰囲気に。グリル全体が黒くなる。このエアロ以降マフラーは砲弾2本又は4本となる

mk2C.jpg

D:刺々しいエアロ。実車にはないVeilsideのエアロをマーク桐僂縫錺鵐フ製作したようなエアロ。ウィングも80スープラの車種別Aに似てる

mk2D.jpg

E:GTカーチックなエアロ。車高がこれでもかというほど下げられ、カナードが装着される。黒系の色にしカスタムGTウィング装着するとD1グランプリに参戦したSUNOCO MONSTER MARK兇砲笋篁せられる

mk2E.jpg

F:R34の要素を取り入れたエアロ。ウイングはR34のモノを流用している。

mk2F.jpg

G:不思議な表情をしたエアロ。マフラーが極太4本出し。

mk2G.jpg

H:エアロBとはまた一線違ったドリ車風エアロ。
リアウイングの根っこがトランクステッカーに被ってしまう。フロントはガレージマックのエアロブランドMスポーツの物をベースに少し加工した感じか

mk2H.jpg

ダクト付きボンネット Edit

A:

mk2ボンネットA1.jpg

カーボンボンネット(ダクト付)1:
mk2カーボンボンネット1-1.jpg

B:

mk2ボンネットB1.jpg

C:

mk2ボンネットC1.jpg

D:

mk2ボンネットD1.jpg

カーボンボンネットダクト付き2

mk2カーボンボンネット2-1.jpg

カーボンボンネットダクト付き3:

mk2カーボンボンネット3-1.jpg

車種専用ウィング Edit

A:インプレッサの本棚ウイングから仕切りを何枚か撤去した形状。

mk2車種別A1.jpg

B:巨大なアーチ型ウイング。

mk2車種別B1.jpg

C:小ぶりの汎用リアスポイラー。

mk2車種別C1.jpg

エアロミラー Edit

MARK2_MIRROR.jpg

カーボントランク Edit

mk2トランク1.jpg

ワークスステッカー Edit

トヨタ車御用達いつものTRDステッカー

mk2ワークス2.jpg

サイドステッカー Edit

mk2サイド1.jpg

雑記 Edit

  • この100系マーク供Εレスタ・チェイサーのマークII三兄弟は、スポーツ・ドライビング(主にドリフト)で使われる機会が多い為、走り屋からの人気が高いセダン車である。理由としては
    • 中古車両が非常に多く出回っている上、流通しているアフターパーツも多い
    • 直6・FRというパッケージと、ハイパワーで耐久性・チューニングの発展性の高い1JZ-GTEエンジンが搭載されている
    • 似た機構を持つ2JZ系列へのエンジンスワップが、比較的簡単に行える
    • etc……
      しかし、それに比例して事故も多かったりするので、保険料の引き上げや相場の高騰等が発生してしまった。
  • マークIIは高級感も兼ね備えてる事からVIPカー仕様としてカスタマイズされる事もある
  • マフラーは、かなり細身のモノに交換される。「純正,A,Bエアロ」では、マフラーの大きさが細身のままなので、好みが分かれるだろう。
  • 競合車種として、日産・ローレルもそれに該当し、こちらも同じくMTへの換装が簡単だったり、アフターパーツが多かったり、D1グランプリで優勝して、走り屋からの人気が更に高まったりした。更にカーアクションで、チェイサー、マーク凝が頻繁に使用されており、その結果需要が高まり、値段の高騰が発生している。
  • ホイール交換を行うと、これでもかとインチアップされる。目測だがおそらく19インチ。
  • マークIIはかつてコロナマークIIと言う車名だった。当時の小型セダン“コロナ”をよりスポーティに高級化した車 という開発コンセプトにより、端的にはその二次的車種という意味で“マークII”と命名、上級車志向のコロナオーナーを意識し、ジャガーMk−IIなどの英国車のモデルチェンジやグレード変更によく使われる方法からこの車名が採用された。後にコロナの持つファミリーカーのイメージを払拭し、コロナから独立した車種となる(61系まではコロナマークIIだったが71系から完全に独立した。71マークIIは国産車で初めてツインターボエンジン(1G-GTE)搭載された車でもある)。高級車としてのイメージを確立。一方コロナは1度だけコロナプレミオと言う車名だったがその後コロナの名が外れ、プレミオとなり現在に至る。
    エンブレムはコロナと同一的コンセプト(中心から光を放つ)の意匠で、最終型の110系まで世代ごとに デザインの変更を重ねながら用いられた(後継はマークX。133系のG'sはドリフトスピリッツに収録されてる。エンジンも直6ではなくV6になってる)。