Top > WRX STI(GVB)
HTML convert time to 0.014 sec.


WRX STI(GVB)

Last-modified: 2017-11-17 (金) 09:07:40

基本スペック Edit

駆動方式[4WD]/ミッション[6速]
初期馬力[308ps]/カーナンバー:19-94
subaru_01.jpg

全長:4,580mm
全幅:1,795mm
全高:1,465mm
最高速度:349km/h

モード別カテゴリー称号
ST無敗【】
ワンメイクバトル【GVBキング】
エンジン形式バトル【ボクサー4選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説の】
期間限定首都一TA・2【俺のインプ】

備考:2015年10月のアップデートにて登場。

5の全国1位争奪戦が初開催された頃に公式サイトでの説明に使われていた
ランキング用画像の車種名にステージアとともにこの車が載っていた(後程訂正された)が、 ようやく解禁された。
満を持して登場しただけに、操作性は良好。
特に、コーナーの安定性がバツグンで、RX-8と同等と思われる程アンダーがほとんど出ない。
加速力も申し分無し、初心者でも十分に扱える。ただし、最高速は4WDラリー車の例に漏れずあまり伸びない。
接触能力は普通より若干強め。若干フロントの当たり判定が厳しく感じる。
全長、全幅がR34に近いため、対戦では車幅を活かしてブロックし、持ち前の性能を武器にし、擦り抜けに注意すれば活躍が期待できる。
平たく言えばエボ召寮能を良くした感じ。だがインプレッサシリーズにしては珍しく、ブーストが弱い。
アザーカー等に当たるなどという致命的なミスをすると一気に置いていかれ、追いつくのに時間と距離が結構かかる。


選択可能カラー Edit

WRブルー・マイカ
サテンホワイト・パール
オプシディアンブラック・パール
スパークシルバー・メタリック
プラズマブルー・シリカ

subaru_01_color.png


追加カラー Edit

1回目ライトイエロー21回目ブルーメタリック
2回目ペールブルー22回目パールホワイト
3回目レッド23回目ブラック
4回目グリーン224回目ライトシルバー
5回目オレンジイエロー25回目ダークブルーメタリック
6回目ペールグリーン2メタリック26回目ピンク2
7回目ライトレッドメタリック27回目マルーン2
8回目オレンジメタリック28回目ライムグリーン2
9回目ライトパープルメタリック29回目ブルーグリーン
10回目ピンク30回目ダークオレンジ2
11回目イエロー331回目オリーブメタリック
12回目ワインレッド32回目スカイブルー
13回目グレーメタリック33回目パープル2メタリック
14回目ゴールドメタリック34回目ダークブルー2
15回目ライトブラウン35回目ダークパープル2メタリック
16回目ダークグリーン236回目フロッググリーン
17回目ダークパープル437回目ペールピンク
18回目ペールグリーン38回目ブロンズメタリック
19回目ダークレッド39回目オレンジ2
20回目オリーブ40回目ミントグリーン

エアロパーツセット Edit

A:フロントバンパーはCHARGE SPEEDのエアロキットに似ている。
GVBエアロA%20フロント.png
GVBエアロA%20リア.png

B:ラリー仕様。フロントバンパーを交換、マッドガード(赤固定)が装着され、ルーフにインテークとダミーカメラが付く。
よく見るとリアウイングも若干形状が変わっている。
リサイズBF.jpg
リサイズBR.jpg

C:リアバンパーはDAMDのリアバンパーに似ている。
リサイズCF.jpg
リサイズCR.jpg

D:サイドステップはCHARGE SPEED、リアマッドガードがS-craft(ないる屋)のエアロキットに似ている。
リサイズDF.jpg
リサイズDR.jpg

E:ナンバープレートが内側に傾く。
フロントバンパーがGDB-Fのエアロに似ているため、見る角度によってGDB-Fに見えなくもない。
リサイズEF.jpg
リサイズER.jpg

F:まとまりがあり、エアロHに比べてコンパクトなレーシングエアロになっている。
GVBF.jpg

G:フロントバンパーがスバルらしくない感じが出ている。
どちらかというと外車のスポーツカーみたいなバンパーになる。
エアロG フロント リサイズ.jpg
エアロG リア リサイズ.jpg

H:ニュルブルクリンク24時間耐久レースに出場しているレース車両のようなエアロ。
実際のGVBはノーマルのエアロをベースにレース向けに改造しているため、エアロHのようなエアロをつけたGVBはレースに出場していない。
エアロH フロント リサイズ.jpg
エアロH リア リサイズ.jpg

ダクト付きボンネット Edit

A:両サイドにエアスクープが追加される。ボンピン付き。
GVBボンA1.png

カーボンボンネット(ダクト付)1:
[添付]

B:GDB-C(涙目インプ)のFRPボンネットBの排熱ダクトが変わったような形状。
ボンピン付き
GVBボンネットB1.jpg

C:GDB-CのFRPボンネットBと本車のFRPボンネットBを合わせたような形状。
ボンピン付き。
GVBボンネットC1.jpg

D:
GVBボンネットD1.jpg

カーボンボンネット(ダクト付き)2:
[添付](画像求む)

カーボンボンネット(ダクト付き)3:
[添付](画像求む)

車種専用ウィング Edit

A:限定車「ts」「S206」に採用されていたリアスポイラー。
車種別AWing.jpg

B:かなり派手な形状。
GVB車種別B1.jpg

C:LBのようなダックテール。
GVB_WING_C.jpg

エアロミラー Edit

ラリーカー等で使用されている角ばった不思議な形のミラー。
GVBミラー1.jpg

カーボントランク Edit

[添付]

ワークスステッカー Edit

この画像は画像掲載ガイドラインに違反しています。
早急に画像掲載ガイドラインに準拠する画像への差し替えご協力お願いします。

wrx_works.jpg

雑記 Edit

  • 5ドアのGRBと同じ3代目にあたるがこの車より途中から「インプレッサ」の名が外れている。
    (ただし正式車名ではインプレッサWRXSTIである。ドリフトスピリッツでは正式車名になっており車名のロゴも変わってる。なお次期モデルはインプレッサから完全に独立したモデルとなる。ちなみに次期モデルはデザインが似ている影響でレヴォーグセダンと揶揄されることもある)
    _20171117_085842.JPG
  • ストーリーモードではそれがもとなのか「インプレッサ」ではなく「WRX」と呼ばれている。
  • GVB型はインプレッサがフルモデルチェンジしてから後に登場した4ドアセダンのアネシスのWRX仕様とも言える
  • 実車では2リッターモデルに加え5ドアとともに2.5リッターモデルの「A Line」も用意されている
  • 本来ならば純正色のはずのダークグレーメタリックが何故か収録されていない。GRBには収録されてるだけに残念である。
  • WRXとはGC8のインプレッサの頃WRC出場車を開発していたがそれを隠すためにWRCという表記を避けて開発中であることを発表まで隠す目的があったと言われている。
    • また、WRCとレオーネのスポーツグレードのRXを組み合わせたとの説もある。
  • カラーラインナップからして収録モデルはD型かと思われるが、純正装着ホイールは何故かE型の物が装着されている。

 ミッション切り替え音:ブローオフ「シャーン」