Top > Algerie
HTML convert time to 0.015 sec.


Algerie

Last-modified: 2017-10-28 (土) 18:17:45

アルジェリー級重巡洋艦 Edit

Algerie001.jpg

性能諸元 Edit

編集時 ver.0.0.0.0

・基本性能

Tier7種別ツリー艦艇
艦種巡洋艦派生元La Galissonniere
国家フランス派生先Charles Martel
生存性継戦能力(A) 29,700
(B) 35,600
装甲16-110mm
・防郭 40-110mm
・艦首・艦尾 16mm
・砲郭 22-110mm
・装甲甲板 22-80mm
対水雷防御ダメージ低減16%
機動性最大速力31.0ノット[kt]
旋回半径660m
転舵所要時間(A) 13.4秒
(B) 9.5秒


隠蔽性 通常副砲主砲火災煙幕
海面発見距離13.9km--15.9km8.18 km
航空発見距離8.0km10.0km12.1km11.0km-


射撃管制装置船体モジュール主砲射程最大散布界
A-Bmod.116.3km146m
mod.217.9km157m


主砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填180度旋回弾種
A-B203mm/504基×2門HE弾 2800(15%)
AP弾 4800
12.0秒25.7秒OEA Mle 1927
OPf Mle 1936


副砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填射程
A-B100mm/45 Mle 19316基×2門HE弾 1400(6%)4.0秒4.5km


魚雷船体口径基数×門数(片舷)最大ダメージ装填射程雷速発見
A-B550mm 23DT2基×3門(3門)1483390秒9.0km60kt1.3km


対空砲船体口径基数×門数秒間平均ダメージ射程
A13.2mm/76 Mle 1929
13.2mm/76 CAQ Mle 1929
37mm/50 Mle 1933
100mm/45 Mle 1931
4基×1門
4基×4門
4基×2門
6基×2門
10
20
9
41
1.2km
1.2km
3.0km
5.0km
B25mm/60 CAD Mle 1939
37mm/70 ACAD Mle 1936
100mm/45 Mle 1931
6基×2門
4基×2門
6基×2門
34
48
41
3.1km
3.5km
5.0km


・アップグレード

スロットAスロットBスロットCスロットDスロットEスロットF
搭載可能アップグレード

・消耗品

搭載可能消耗品

ゲーム内説明 Edit

アルジェリーは、フランス海軍用として建造されたものとしては最後の重巡洋艦であり、ヨーロッパ最高の重巡洋艦のひとつです。当時の巡洋艦としては強力な装甲と極めて良好な対水雷防御を備えていた点が特徴でした。

解説 Edit

フランスTier7巡洋艦。本艦から主砲口径が8inch(203mm)を超える重巡洋艦となる。
 

  • 主砲
    計8門の203mm砲で、Tier7重巡として基本的な分間40発の投射数を発揮する。取り回しやすい素直な砲である。
    特長は、Tier7の巡洋艦で最高となる17.9kmの射程。最大射程に敵が見えているなら、格上の戦艦であっても対等以上の駆け引きが可能となる。
    弾速は同格と比べて微妙に遅い。また、HE/APで着弾時間にずれが生じる。ただ、どれも計らなければ気づかない程度の誤差にすぎない。
    HE弾は低威力で発火率高め。飛びぬけて強力な妙高と比較すれば見劣りするがしかたない。
    AP弾の貫通力は口径相応に高く、軽巡に対しては積極的に狙っていきたい。

 

  • 魚雷
    片舷3門、元気な戦艦に当てても倒しきれない。
    射程は9kmと中途半端。届くかどうかは別にして射角が広いので無理なく置いていくことができる。
     
  • 対空
    一応の自衛ができる程度にすぎず、空母から見れば与しやすい部類。孤立を避けよう。
     
  • 機動力
    鈍重と言わざるをえない。消耗品のエンジンブーストを使ってようやく普通に戻るぐらいの感覚なので、毎ゲーム使い切るつもりで焚いていくとよい。
    舵は重いが、ショールスのように最大射程でも回避に不安があるほど酷くはない。
    隠蔽が良くない上に、最高速度の割に旋回半径が悪いという点が厄介であり、戦艦にマークされると意外に早い段階で退路を失って詰んでしまう。妙高に比べれば曲がると思っていると危険。
     
  • 抗堪性
    前級に引き続き装甲が「ある」。すごい。
    ただしTier7巡洋艦の例にもれず攻撃力の上昇に防御が釣り合っておらず、簡単にHPを削られてしまう。艦長スキルのアドレナリンラッシュを取っておいて損はない。
    80mmの装甲甲板は、理不尽なバイタル貫通を受けにくくしてくれる。ヨルク・ショールス・ペンサコーラと差別化される点である。
    対水雷防御を備えており、ないよりはましな効果を上げてくれる。
    舵が壊れやすいという弱点があるので、アップグレードや艦長スキルで考慮するといい。
     
  • 隠蔽性
    隠蔽13.9kmは良くない値。早期にロックオンされてしまい、駆逐艦に援護射撃を送るのが難しくなる。
    巡洋艦としての仕事を果たすには艦長スキル隠蔽専門家が欲しい。
     
  • 総評
    T7巡洋艦は、近接して乱打するタイプと、遠くから炎上させるタイプに大別でき、アルジェリーは後者である。
    しかし投射量ではショールスと妙高に、運動性ではヨルクとペンサコーラに劣るこの艦では、強みを押し付けていく戦いにならず、もどかしい思いをする場面もある。
    ただ、まともな装甲・対水雷防御と長射程という組み合わせにより、ヨルクやショールスの宿命である「遠距離から防御姿勢を抜かれて即死」とか「流れ魚雷を踏んで即死」といった理不尽がましになっているため、派手な戦果は出にくくても、位置取りと偏差を練習しながら丁寧に動かしていれば勝率に結びつく艦と評価できる。

 

史実 Edit

 

小ネタ Edit

 

編集用コメント Edit

編集用のコメントはこちら

コメント欄 Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • このコメントの少なさwで乗ってみたが、端的に言ってつらい。何でもできるが何にもできない。 -- 2017-10-24 (火) 17:12:20
  • ここの記事を読んでフランス艦noT6で終了しました -- 2017-10-24 (火) 19:32:50
    • もったいない。アルジェリーは弱くはないぞ。シャルル・マルテルで一気に強くなるってのに -- 2017-10-24 (火) 19:48:21
  • 15〜17kmでコンスタントに敵戦艦にHEを投げられる空間的、時間的余裕がある状況なら強い。ただ現環境だと敵ベルファランタの近接支援を止める手段がないので、相対的には辛い立場か。苦手分野で張り合ってもしょうがないので、射程という強みを押し付けていこう。敵のヘイト稼ぎつつ与ダメを稼げるかどうかが勝負という、仏巡らしい仏巡。仏巡は次のT8で主砲性能が化けて面白いほど与ダメ取れるようになるので、頑張ってクリアしよう。 -- 2017-10-25 (水) 01:16:05
  • 舵脆い、ブースト使って並レベルという足の遅さ、旋回も良くない、艦が硬いわけでもない、HEの威力も強くない。芋るしかない艦 -- 2017-10-30 (月) 12:24:40
  • 長射程で威力弱め、そこそこ避けれる耐えられるっつーのが特徴、よって持久戦向き。少ない方で避けながら戦艦燃やして時間稼ぎするときが一番輝く。そんな船(楽しくはない) -- 2017-10-31 (火) 00:08:41
  • AP弾が素直に飛んでバイタルをパスパス抜いてくれるので対巡洋艦もし易く戦艦も引き撃ちでしっかりダメを与えれる。ばらけなさ過ぎて駆逐相手が難しいけど全体的にガリソニエールよりかなり強くなった。 -- 2017-11-01 (水) 18:14:24
  • ガリソニの方が成績良かったんだよなあ。何しても中途半端と言うのが合わないわ。煙幕にそれなりの密度で魚雷流し込める妙高、放火魔ショールスとかに比べて出来ることが少なすぎる。。。 -- 2017-11-02 (木) 09:19:27
  • ちょっと辛かったガリソニエールを卒業して乗り始めたけど、結構強くて気に入ったが故にエンジンブースト改良UGが欲しくなるね。確実に手に入れる方法はないものか・・・。 -- 2017-11-02 (木) 15:26:00
    • フランスはエンブ改良あるなら全艦付けたくなるからもっと欲しくなるぞ -- 2017-11-02 (木) 15:53:33
  • 米擦ら乗り換えでやっと仕達・・・・良さげですね。 -- 2017-11-03 (金) 15:59:17
  • 遅いのかこれ?敵だけど駆逐艦かよって速さだったぞ -- 2017-11-21 (火) 17:39:47 New!
お名前: