Top > 初心者ページ > 研究・購入
HTML convert time to 0.191 sec.


初心者ページ/研究・購入

Last-modified: 2016-03-30 (水) 12:06:18

研究 Edit

戦闘を繰り返して経験値が貯まったら画面右上の[研究]ボタンをクリックするか、
車両サムネイルを右クリックして研究を選ぶことにより、
経験値で装備を研究したのちクレジットで購入して戦車に搭載出来ます。
不要になった古い装備は、アイコンを右クリックで売却して販売している半額のクレジットを得ることが出来ます。

 

車両には搭載可能な重量が設定されており、それを超えて搭載することは出来ません。
その為、主砲や砲塔を研究したのに重量オーバーで搭載できないということがあります。
搭載可能重量を増やすには基本的にキャタピラ(履帯)を研究し交換する必要があります(拡張パーツの改良型サスペンションを取り付けても積載可能重量が増えます)

 

車両が現在の装備で搭載量の余裕を見るには、
車両の装備ツリーか車両ツリーの車両を右クリックしてメニューバーの「車両詳細」で確認ができます。

 

進めていくと解るのですが、Tier4車両を使ってTier5車両の開発を行う時が一番の難関です。
Tier4車両の開発を行う場合には必要経験値が少なく比較的早く開発できるのですが、
Tier5車両の開発を行う場合には必要経験値が大きくなることに加えて、開発にあたって使用する必要があるTier4車両にはこれまでとは大きく異なる立ち回りが求められる車両が多いことが理由です。必要経験値は多くなったのに、立ち回りが分からず経験値が稼げない、、、という状態になり、「苦行戦車」の烙印を押されてしまったTier4車両は少なくありません。
しかし、Tier5車両には優秀な車両が揃っているのでTier6車両の開発はスムーズに進められるでしょう。
ですから、難関のTier4に挫けることなく頑張りましょう。

研究画面について解説 Edit

 

このセクションの内容はver0.9.14より前の内容です(そのうち更新します・・・・・・)

 

今回はソ連の初期戦車「MS-1」に登場していただきましょう。
(クリックで拡大)
MS1.PNG
ツリー画像のエンジンやキャタピラなどの右下に数値があるのがわかると思います。
その数値はその装備を研究するのに必要な経験値を表しています。


ここでは「T-26」という戦車を、研究する最短の流れで説明します。
ツリー画像をよく見るとキャタピラやエンジンなどの装備の間に矢印が書かれています。
目指す研究は「T-26!」とはいってもいきなり「T-26」を研究出来るわけではありません。
「T-26」を研究するには主砲「37mm B-3」と砲塔「MS-1 moderinized.」を先に研究してやる必要があります。
そう・・・この場合、装備の研究をせずにツリーの先は研究することが出来ないのです。
この場合では砲で30、砲塔で45、そしてT-26戦車で115の経験値が必要になってきます。
クレジットと一緒で経験値も使えば減るので地道に稼いで研究しましょう。


各パーツには装甲厚や馬力などのデータが記載されていますが
表記されていないパラメータもマスクデータとして存在しています。
例えば砲塔は説明文には記載されていませんが、基本的に耐久値が増加しますし
エンジンも表記上は同じ馬力でも、実際は加速やトルクに違いが現れたりします。火災発生率が下がる物も多いです。
こう書くと難しそうに思えますが、基本的にはツリー右側(ガレージのモジュール選びでは上側)のパーツほど性能が高く
代償となるデメリットもないと考えて差し支えありません(一部性能が落ちるパーツもありますが、メリットのほうが断然大きいと言って差し支えありません)
ただし、主砲と砲塔だけは種類によって大きく性能が異なり、用途や好みによって使い分けることになります。

次の車両にさっさと乗りたい場合は次の車両の研究、しばらくこの車両に乗り続けたい場合はモジュールの研究を優先しましょう、基本的にはモジュールのほうが次車両より経験値が極めて少ないのですが、例外として高性能なモジュールのほうが次車両へのルートより必要経験値が多い場合もあります。
必ずルートと経験値を確認して、効率が良い開発計画を立てましょう。

クリックで、知っているとお得な豆知識


要らなくなった車両を売るときの注意 Edit

車両は その車両を購入した時の価格の50% で売れます。

  • ガレージに空きがあるなら急いで売る必要はありません。
    毎日初回勝利ボーナスを利用し、経験値の取得や乗員訓練に使えます。
  • 次の車両で使える装備は外して要らない物にしてからにしましょう。
    研究して乗り替える車両に、初めから装備される装備であれば売ってしまってもいいでしょう。
    売却時の価格(セールで割引されている場合もその価格)の50%で売却されてクレジットが返金されます。
  • ある程度育っている搭乗員は、売る時に[兵舎に送る]を選んでください。
    特に、セカンダリスキルを持った搭乗員に対して[解任する]を選ぶのは勿体無いので注意。
    兵舎スロットも余裕をもたせましょう。
  • 修理が完了していない車両は売却できません。修理しましょう。
  • 兵舎が一杯になると、車両を売却する際に搭乗員のプルダウンを「Send to Barracks」にした状態では車両を売却出来ない。
  • Tier3以上の車両を売る時には、売却ダイアログ内に表示された売却額をテキストボックスに手入力します。
    誤売却防止のためです
    配布戦車や課金戦車などプレミアム戦車はTier2でも入力必須です。
  • 車両の売却は1日に5台までです。

兵の降ろし方/乗せ方 Edit

兵を車両から降ろす方法を説明します。

乗せ替え.PNG

搭乗員リストの搭乗員を、右クリックするとメニューバーが表示されます。
そこの「Send to Barracks」をクリックすると搭乗員が降ろされ兵舎に送られます。
乗せたい場合は空の搭乗員リストを左クリックして表示される兵の候補を選択すればできます。
※搭乗員を乗せた場合は能力にペナルティが発生しているとトレーニングのパーセンテージが赤色で表示されているのでトレーニングしてください。
なお、兵舎が一杯になると搭乗員は車両から降りられません。
詳しくは搭乗員のページに書かれていますのでご覧ください。

降ろした兵の解雇 Edit

赤いBattle!ボタンの下に「BARRACKS」を選択しクリックします。
兵舎に控えている搭乗員リストから解雇する搭乗員を選び。
「DISMISS」をクリックすると解雇することが出来ます。
解雇は車両から兵舎に降ろさないとできないので、「Send to Barracks」で降ろしてから実行してください。
※解雇した兵は戻ってきませんのでよく考えてから行ってください。特に、スキルが高い搭乗員は貴重なので、車両売却の際に誤って解雇しないようにしましょう。

購入 Edit

戦車はSTORE(ショップ)または技術ツリーで買います。
ショップの場合はTierや国籍などを絞り込んで選ぶことができますし、他車種とデザインなどを比較検討できます
技術ツリーの場合は技術開発の系譜が分かるので、開発順序で選ぶことができます
どちらも一長一短あるので、両方を確認してじっくり検討すれば確実です。

車両は一種につき1両だけです。

ショップでは、戦車(以下、車両と記す)やモジュール・弾薬・拡張パーツ・消耗品を売っています。

もっとも購入行為自体は、あちらこちらの画面からシームレスで出来ますので、
既に開発したモジュール購入や弾薬補給等で経験済みと思われます。

どの車両を選べばよいかわからないという方は、以下の記述は軽く目を通してから初心者ページ/どの車両を選べば良いかに進んで下さい。

車両を購入するに当たって、確認すべきこと Edit

  • 購入する車両は研究済みか?
    研究完了していない車両は購入出来ない。
    技術ツリーを見て、プレイしたい戦車の開発系譜ルート上にある戦車をどんどん開発して行こう。
    経験値をガンガン稼ぐしかないが、課金のフリー経験値を購入するのも有効手段である(開発が終了してエリート化した戦車に余剰経験値があればの話だが)
  • 購入する車両を配置する 車庫(ガレージ) は空いているか?
    空いていなかったら、いらない車両を売って車庫を空ける。
    ゴールドがあればガレージスロット購入も良い。
  • 購入する車両のクレジットは貯まっているか?
    クレジットがないなら、稼いでくること。
    クレジットも多少は余裕を見ること。
    「車両は買えたが、弾が買えない」という最悪の事態は避けたいものだ。もしクレジットが足りなくなれば0クレジットで買えるTier1初期戦車を購入するしかない(つまり、ふりだしに戻るということだ)
    モジュールも高性能にしないと性能が低くて足を引っ張るぞ
  • 搭乗員の人数と役割
    購入する車両の人数と構成を調べて(研究画面や技術ツリーの車両アイコンの上で右クリック→「特性」を選択、「搭乗員」タブをクリック)、「車両購入時に新規搭乗員を一括雇用する」のか、「車両購入時に搭乗員を一括雇用しないで、兵舎(寝台)にいる余剰搭乗員を再訓練して搭乗させる」のか事前に決めておこう。
    車両載せ替えのペナルティや訓練を含めて検討すること、詳しくは搭乗員ページを参照すること。
    国籍は同じでなければ載せ替えできない
    兵舎に待機させている乗員の国籍と役割とスキルなどを確認し、適材適所に配置しよう。
  • 車両のモジュールと性能(装甲、主砲、砲塔旋回速度、エンジン出力や出火率、最高速度、履帯重量や旋回速度、視認範囲や無線通信範囲など)、重要数値だけでも知っておこう
    できれば、このまとめwikiで耐久力のHPなども知ろう
  • 搭載できる拡張パーツ、塗装、消耗品など
    本体と比べれば安い(例外で本体より高いものも多い)が、クレジットやゴールドをかなり消費する。
    特に高Tier帯(Tier7以上)になると弾薬費や修理費が高額で、クレジット収入だけでは賄いきれず赤字になることが多い
  • 標準アカウントかつ通常戦車のみで高Tier車両を運用する場合は、中Tier(Tier5付近)のクレジット稼ぎが良い戦車を別途保持する形が基本だ。

購入方法 Edit

  • 方法1
    ガレージ画面上部のショップをクリック→研究済みの買いたい車両を選んで買う
    左のプルダウンで国別に絞り込んだり、オプションボタンで車両のタイプを絞り込むことも出来る。
    車両の右側に出ている数字が値段である。クリックで次画面「搭乗員の雇用」が表示される。
    • 値段が白色:クレジットで購入可能。
    • 値段が赤色:クレジットまたはゴールド(課金通貨)が足らない。
    • 値段が金色:ゴールドで購入可能
  • 方法2
    研究の画面で該当の買いたい研究済み車両を右クリックし車両の購入を選ぶ。
    次画面「搭乗員の雇用」が表示される。
  • 方法3
    車庫の空いているスロットをクリックすると、ショップ画面を呼び出すことが出来る。
    車両を購入する条件の”車庫が空いていること”が確実に達成される。

搭乗員の雇用 Edit

車両を購入する時に、同時に搭乗員を一括雇用出来る。
クレジットがない場合、速成コース(プライマリスキル50%:無料)を選ぶことになる。
「搭乗員は車両購入後に自分で一人ずつ雇用する」方や「搭乗員を個別に雇用・再訓練・搭乗させたい」方は、
「搭乗員なしで戦車を購入」のチェックボックスを選択すること。
一応、1日に新規雇用出来る搭乗員は20人まで。
buy_T-26.jpg
購入 ボタンで、車両が貴官の車庫に配備される。おめでとう。
...
「ゴールドが必要」と言われた?
車庫の空きがない状態で、車両を購入しようとするとそうなる。
...

さぁ出撃・・・の前に Edit

  • 互換性のあるモジュールの換装
    開発元の車両で使用していたモジュールを流用出来るかもしれない。研究画面を開いてみよう。
  • サービスの確認
    購入した車両は、サービスの内容が初期化されている。
    また、Tier2車両からはTier1車両になかった修理・補給の概念が導入される。
    Tier2からは、車両を修理しないと戦闘も売却も出来ない。弾薬が切れたら補充しないといけない。
    弾薬は最大数量を積まないと、戦闘開始を選択時に弾薬不足とメッセージが流れる。
    これらの修理・補給を自動で行わせることが可能だ。
    (修理費と弾薬費は戦闘直後にクレジットで支払う。いくら掛かったかは戦闘結果の詳細画面で確認出来る)
     初心者ページ/ロビー画面の見かたの「SERVICE」を見て、
    自動修理チェックON・弾薬の自動補給チェックON・消耗品自動補充チェックONを
    忘れずにおこなっておこう。
    高Tierになると、弾薬費と修理費が高額になって戦果のクレジット収入だけでは賄いきれず赤字になるというのは車両購入前に確認することで記述されている通りだ、クレジット収支計画など綿密に立てよう。
  • 弾薬の搭載割合の確認
    新しい砲を載せたり砲塔を変えた結果、弾薬は通常弾(徹甲弾と榴弾)が適当な割合で設定されている。
    徹甲弾と榴弾を装備できる砲の場合は、ほとんどは徹甲弾で榴弾が少々の割合になっている。
    自分が望む割合になるように、弾薬を降ろしたり載せたりして調節しておこう。
    なお、砲弾の弾数上限は合計量であって、各砲弾をそれぞれ上限まで搭載できるわけではない。
    課金弾である硬心徹甲弾や対戦車榴弾などは、ゴールドまたはクレジット(ゴールドの400倍)で購入が可能である。

技術ツリー Edit

研究するには時代順や技術順で開発系譜がつながっているので、低tierから順に開発する必要がある(例外として同じTier同士で開発系譜がつながっている形式もある)
また、クライアントソフトのバージョンによって強さの等級であるTierが変更されることもあるので、ツリーの系譜も入れ替わることがある
初期戦車のTier1の車両はモジュール開発から開始(イベントのミニゲームはプレミアム車両なので除く)である。
最短ルートでわき道のモジュール開発を無視しても、最短コースでも最低限必要な経験値数が決まっている

次ページ:初心者ページ/どの車両を選べば良いか

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 今、Tiger lを使っててTiger llの研究はしたんですけど、クレジットが足りなくてTiger l売却するとクレジットが足りるのですが、Tiger lなしにTiger llは買えますか? -- 名無し? 2014-07-28 (月) 17:58:53
    • 大丈夫ですよ、車両(ティーガー供砲慮Φ罎終わっていてガレージに空きがあるなら買えます。 -- 2014-07-28 (月) 18:23:23
  • T-34の改良エンジンがT-34-85の初期エンジンなんだけど、これってT-34-85研究すれば開発したことにはならんのかね? -- 2014-07-29 (火) 15:13:56
    • (続き)例えばT-34-85で改良エンジン作ったら余りをT-34に使うとか -- 2014-07-29 (火) 15:15:21
    • 続きの分は理解できなかったが、T-34-85を研究すればT-34のV-2-34エンジンは研究したことになると思いますよ。 -- 2014-07-29 (火) 15:49:56
  • ありがとうございます。(続き)のはもし研究済にならないなら、T-34-85で使わなくなった初期エンジンを未研究でも互換でT-34に使えるのかってことでした。研究済みになるなら問題ないです。 -- 2014-07-29 (火) 16:22:23
  • 技術ツリーでM4A3E8からジャクソン開発しようとすると、必要経験値51900(ウルヴァリンからだと21850) フェルディナントをP虎から開発しようとすると必要経験値150000(ヤクパンから開発すると77500)、T-34の開発に必要な経験値はA-20からが一番安い(本体価格の話でモジュールとかはめんどいから計算してない)。 といった具合に、同じ車両でもどの車両から開発するかで必要経験値が違う。 っての最近気づいたんだけどうまくまとめれないから誰か何とかしてくれるとうれしいあと既出だったらごめん。 -- 2014-10-03 (金) 17:31:46
    • tte,研究画面に付いて解説のとこもっかい見直したら書いてたごめん。 ざっと見て無さそうと思って書き込んでしまった。 -- 2014-10-03 (金) 17:42:04
  • 必要★数ってよくわからん。初回ボーナス倍率と見間違う。必要経験値と修正願います。 -- 2015-01-03 (土) 12:53:30
    • お、そうだな。必要★数って表記になった経緯も必要性も分らないので修正、他もちろっと弄った -- 2015-01-03 (土) 13:15:20
  • 戦車の売り方がわかりません。すみません こんな初心者な質問で (T-T -- 2015-03-29 (日) 22:32:07
    • 画面上のメニューバーにある倉庫では車両を含む今所持しているアイテムやモジュール、砲弾などを表示することができ、そこから売却することができます。ガレージ画面でも下部の車両選択のボタンを右クリックするとその車両のメニューが出てきてそこからも売却可能です。序盤はどんどん売っていかないとすぐにガレージがいっぱいになるので、乗らないと思ったら売ってしまっても構わないと思います(特にTier1) -- 2015-03-29 (日) 23:07:06
  • 自走砲って案外つかえませんね (--; -- 2015-03-29 (日) 22:33:01
    • 確かに他の車種に比べて癖のある性能であるかもしれませんが、扱いこなせば戦場の支配者となることも可能です。特に高Tierのものはダメージが1発1500ダメ以上が当たり前になってきます。とはいえ、その扱いにくさは変わらないので、まずは中戦車や重戦車に乗ってみて、ゲーム全体の流れなどをある程度理解してから自走砲に乗ることをお勧めします -- 2015-03-29 (日) 23:11:46
  • これって上位主砲が先に開発できてる場合、中間砲を開発しなくても載せれる? -- 2016-03-13 (日) 21:05:52
    • 今その開発状態にある車両がないので記憶でなんだけど、そのようなケースの中間モジュールの開発は必要だったような気が(つまりいきなり載せられない) -- 2016-03-13 (日) 21:39:28
      • 載せられますよ。AT8の最終砲をアーチャーで開発したら、載せられたのを確認しています -- 2016-03-13 (日) 21:58:28
      • そうですかすみません。どうも、いいかげんな記憶はいかんな。 -- 2016-03-13 (日) 22:09:45
      • 基本的に砲、エンジン、無線機に関しては中間を飛ばして載せられます。しかしツリーの間に砲塔の開発が挟まっていた場合、上位砲塔にしか載せられない砲ということで砲塔開発が必要になります。 -- 2016-03-13 (日) 22:47:26
  • FV207からFV3805を開発しました。207の初期砲を売ってしまい持っていません。207最終砲のみあります.3805の開発を行ったら207の初期砲と同じもので強化砲も互換性があり搭載したいのですが207も3805も砲を一個しか持っておらず交換ができません。207の方で初期砲を購入するか3805で強化砲(207最終砲)を買うしか交換する方法はないでしょうか?買わずにお互い交換する方法などがあればクレジットがうき助かるのですが… -- お茶? 2016-04-21 (木) 02:24:51
    • その通り、方法はない。クレジット的には207初期砲を買うところでしょうが。今後木主が207をどうしたいかで、207の初期砲を追加購入するか3805中間砲を追加購入するか決まるのでは? -- 2016-04-21 (木) 02:43:45
  • すいません、A-20の研究をしていて経験値を払ってからお金が足りなかったんでいらないモジュウールを売ってから買おうとしたら「オペレーションは現在ご利用不可能です」と出たのですがどうしたらいいでしょうか? -- 2016-08-16 (火) 18:15:26
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

MODを導入した方の質問は、外部掲示板のMODスレにお願いします。






*1 例えばT-34は3両いる派生元のうち、史実でのT-34の発展元のA-20からが一番必要経験値が少ないなど。関係性が高いほど必要経験値が少なくなる傾向にある